毎日の院長

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

収穫の春

庭の収穫祭。

サクランボが急に赤くなった。こうなると、鳥との競争。私が木の下でつまんでいると、電柱でヒヨドリとムクドリが鳴いている。
DSC01587.jpg






食べきれない分はジャムに。
DSC01584.jpg







けっこう、出来るんですねえ。稲穂じゃないけど、身が詰まってくると下を向くらしい。
DSC01586_20150429113420e82.jpg






いつだったかの強風で折れまくりました。残念。それでもそこそこ、毎日収穫。
DSC01585.jpg






  1. 2015/04/30(木) 20:36:03|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

ポール・ウォーカーに捧ぐ

気合を入れて連休初日は遠出の予定を立てたのに、入院が入ってすべてキャンセル。
朝にちょこっと仕事。ずっと気になっていた、バイクのオイル交換。コウモリ資料の整理。ネコトイレの大掃除。
まあ、何かと用事を片付ける。
せっかくの休日なんで、映画へ。

ワイルドスピード

最後に、ポールに捧ぐ、のテロップ。映画じゃなくならないのに、現実では自動車事故で・・・・。

さあ、何作目なんだろう?前回のは映画で見たのか、テレビで見たのか、内容もうろ覚えで話が読めないところが多い。
ただ、車が走り回り、ひっくり返るのを楽しんでいただけのような気もする。

まあ、60点くらい?
  1. 2015/04/29(水) 19:22:25|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

世間はゴールデンウィーク

世間はゴールデンウィークらしい。まあ、こちらも何日かは休めるので恩恵が全くないわけじゃない。さらに預かりも入っていないので少しは気分が楽。(って、数日前にあらかじめ予定稿として書いたら、入院が入った。)

泉陽高校。創立記念日が5月1日で休みだった。何をもって高校の創立記念日と決めるのかはよく知らぬが。
という話を病院でスタッフとしていたが、最近は創立記念日はあっても学校は休みにならないらしい。
ずいぶん前に聞いた話ではゴールデンウィークの間の平日は授業があるのが当然だが、勝手に休む学生が多くて授業にならないからいつのまにか休日になっている、という話を聞いたことがある。これは誰も知らない、って。こっちは都市伝説だったんだろうか。


さすがにこの季節、仕事が遅くなって帰り道。何気なく信号の向こうを見ると、刑務所の収容棟にこうこうと灯りが灯っている。さあ、受刑者も作業中止とか、ゴールデンウィーク、ってあるのかな。
開業した何十年か前は灰色の受刑服を着たおっちゃん、兄ちゃんをよく見たけどなあ。刑務所の周りの草抜きとか、もっと昔は官舎の引っ越しの手伝いなんかをやっていた。出所が近い「模範囚」を外で作業させているらしかった。いつだったか、ヘリコプターが低く飛び回っている時があった。そうやって外部で作業していたおっさんがいなくなったんだって。もちろん、半日ほどで捕まったけど。なんだか、かわいそう。内部の作業だけしていりゃそんな気も起らなかっただろうに。
  1. 2015/04/28(火) 20:43:38|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

ネチネチと

小学校と言えばウサギとニワトリが定番だったが、最近、ニワトリのいる小学校はほとんどないんじゃないかなあ。せいぜい、ウサギだけ。
ウサギも小学校によって多かったり、少なかったり。昔は、たいていは何々ちゃん、って名前もついていたのだが、最近は子供に世話をさせない学校もあるのか、子供自体に興味がないのか、あまりかわいがっているという雰囲気がない。
指導要綱で生き物に接する事も必要らしく全く飼育をやめるというのもできないらしい。教育委員会的に、学校で飼育をさせるなら飼育についての予算化とか、エサ代、治療に対する対応も決めておくべきじゃないか。獣医師会側も一応は「学校飼育動物」を診療する獣医師を指定してはいるが診療指針もなけりゃ、こっちも予算は組んでいない。

埼玉県だったか、校医制度を作って獣医師が学校へ獣医師を派遣して動物飼育の話をしているらしい。獣医師会として県と交渉してかなりの金額を予算化してもらい、活動している。堺市獣医師会でその担当者をお招きして講演もしてもらったんだけど、市や教育委員会と対等に話し合うところまでは行ってない。

文句ばっかり言うんじゃなく、お前が先頭に立ってやれ、って?ごもっともです。
  1. 2015/04/27(月) 20:19:18|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

京都府レッドデータブック

京都在住のNさんの情報によると、京都府レッドデータブックというのが発刊されたらしい。前回発行は2002年だから、13年ぶり、という。前回は千地万造さんが責任者になっている。つい最近、お亡くなりになった。
各府県のコウモリ情報は気になるので、レッドデータブックは当然、真っ先にチェックしていた。2002年版では、
・キクガシラ ごく少数が限られた生息地にいるだけ 繁殖未発見
・ユビナガ 未発見
・モモジロ 未発見
となっている。

京都府某所にはユビナガもモモジロも数百頭生息している。廃トンネルがあるとほとんどキクガシラがいる。廃坑、戦争遺跡でも散発的にキクガシラがぶら下がっている。
ということで京都に絞った論文を書いたらそれを引用して、キクガシラコウモリはランクが下がったみたい。反面、ユビナガコウモリは絶滅寸前種に入っているといううわさ。これはこれで疑問。

さあ、誰が論文を集めて改訂版に反映したんだろう?私ら以外の論文も早く見たいなあ。
博物館には蔵書交換か何かで入ると思う。それまで待つか。
買えって?ごもっともです。

  1. 2015/04/26(日) 19:41:03|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

友の会60周年

博物館で講演会。友の会60周年だという。
思い起こせば私自身も友の会歴25年くらいになるのかなあ。娘が幼稚園に上がる前だったかと思う。さあ、何で知ったのかもよく覚えていない。
子供が博物館のハイキングなんかに付いて来なくなった頃、おっさん一人でハイキングもなあ、と思っていたらそれまでに頻繁に子連れで参加していたのが功を奏したか、評議員に推薦され、めでたく「堂々」と一人で参加できるようになった。
当時は若手の評議員だったんだけど、今となっては上から数えられるほど年を取ってしまった。

友の会の歴史、これから、てな話もあったが、さあ、よくわからん。
まあ、楽しく過ごしましょう。自分が楽しくなけりゃ、参加者も楽しくないでしょう。

DSC01538.jpg







  1. 2015/04/25(土) 20:20:56|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

集金

NPOの会議かなんかで寄付の集め方みたいな話があった。うちのNPOがそうしようというのではなく、雑談の中での一般論。

月いくら、というのがお金をもらう(集める)時の基本なんだって。年24000円と言われると高いように思えるが月に2000円と言うとまあええかなあ、てな感じになるらしい。

私自身、大昔、有線放送に加入していた。毎月おっちゃんが2000円ほどだったか、もうちょっと高かったか、集金に来ていた。毎月の集金は大変だろうからと年払いに変更したら(当然)何万円の請求書が来て、その金額に驚いてすぐに加入自体をやめてしまった。

NGOでの寄付集めも一日いくら、で募金を呼び掛けているところがちらほらある。年いくらじゃ集めにくいんだろうなあ。

  1. 2015/04/24(金) 20:14:32|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

怪しいと思うけどなあ

昨日、野次馬仕事で儲けそこなった話を書いたところ。今日は300万円。

300万円が無料です、って言われて喜ぶ人はどれくらいいるだろう?
東芝の「関連会社」(という時点で怪しい?)と名乗る兄ちゃんが、太陽光発電のモニター住宅を募集している、って来た。無料で取り付ける代わりに、モニターとして広告に使ったり、見学してもらったりするのだという。売電分はもちろんこちらの収入。あんたねえ、正直、そんなええ話、誰が信じるの?、って言った。ちゃんと会社名とハンコの付いた文書で契約内容を書いたものを持ってこいというと、工事の者をよこすという。それと相談して欲しい、って。

だからさあ、話だけでは信用できないしあんたの会社の名前もわからんのだから、信用しろという方がおかしいんじゃないの?、とりあえず今はネットの時代、あんたの会社のHPとか評判を調べてから連絡するから名刺置いて行け、っていうと、名刺は持っていません、って、そんな営業マンおるの?
で、300万円を儲けそこないました、のかなあ。

ちなみに、太陽光発電って、興味はあるけど、まだペイしないんじゃないの?
  1. 2015/04/23(木) 20:09:24|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

大赤字

何年も前の話。知り合いにアセス屋さんがいて、タヌキに麻酔をかけるのを依頼された。道路拡張工事に伴う調査で、タヌキにテレメーターを付けたい、という事だった。捕獲檻ごと持って来られ、外から麻酔薬を注射して一件落着。

しばらくすると今度は、サルに麻酔をかけたいという。獣害調査のためにテレメを付けて生息域を調べるのだという。ただ、今度は据え置きの大きな檻で捕獲するので移動なんてできない、さらに動き回って外からの注射は出来ないがどうすればいいか、相談された。相談って言われても、じっとさせてくれりゃ麻酔くらい何とかするけど、どうやって保定するの?
思いついたのが「吹き矢麻酔」。動物園なんかでもよく使っている。もともと、北海道の共済組合の獣医さんが放牧中の牛をおとなしくさせるために考案した道具。で、大動物臨床用に某社が市販しているので、それを用意してもらった。
私の仕事は注射筒に麻酔薬を詰めるだけ。狙いを付けて発射するのはその友人。何度も練習したらしく、見事に一発で当たってこっちも一件落着。
2頭だったか、3頭だったかに処置して予想以上に処置費用を戴いた。

次もまたサルの麻酔を頼まれた。今度はその友人ではなく、同じ会社の別部署の方。同じように麻酔薬を注射器に詰めるだけ。今度は捕獲頭数も多く(といっても、4頭だったか、5頭だったか)捕獲期間も長かった。一定数を処置したので精算をお願いしたが、一頭いくらかの相談をしていなかった。まあ、適当に、って言うと、適当な金額が振り込まれてきた。
まあそんなもんか、と思ったけどよく計算すると交通費にガソリン代分くらい。これじゃ日当も薬代も出ていない。
「余分」に捕獲したサルを「有害駆除」してもらって帰ったので、まあ、ええか。といっても博物館が喜んだだけで私にはメリットは無かったんだけど。

なんでも、発信機と契約期間が残っているので3月中に新たに捕獲を試みる、という話だったので、今度はきっちり**円でお願いします、って言ったのにもうすでに4月も中旬。年度が変わったということは、この話、消えたんだろうなあ。
あ~あ、最後に儲け損ねた感じ。
  1. 2015/04/22(水) 20:19:54|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

謝られてもねえ

お昼に、上司と思しき先生からお礼の電話が来た。向こうは「純粋」にお礼の電話のつもりだったらしいが、いわゆる火に油。
経緯を簡単に説明して、今回の事はもう終わってしまったことで仕方ないし謝ってもらっても起こってしまったことは何もかわらない、もう今後は診療しない、診療するなら教育委員会をとおして、ってブチ切れた。

夕方に校長先生、上司と思しき先生、連れて来た本人が謝りに来た。診療中だったので追い返そうかとも思ったがさすがにそこまでは出来ず、診療の合間に対応。

もう、学校で生き物を飼うのはやめたらどうですか?校長先生も、教育委員会と現場の先生との板挟みで、校長先生に謝ってもらっても意味ないし、ウサギを連れてきた先生は後ろの方で頭をうなだれているだけ、まあ、ぶっちゃけ、いまさら、ってかんじだし。

よく言われることだけど、今どきの「若者」、怒られたこともないんだろうなあ。そもそも、何でこっちがそんなに怒っているのかも理解できてないんだと思う。好きで「ウサギ担当」になったわけじゃない、本来の仕事じゃないのにわざわざ病院へ連れて行ったのに、てな事を思ってるんだろう。


まあ、一件落着、とはならないが、一区切り。
  1. 2015/04/22(水) 20:14:47|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

人の道・・・・激怒

もうずいぶん前だけど、橋下さんは、公明党と、選挙区に維新の候補を立てない代わりに都構想の住民投票に賛成する、てな密約を結んでいたのにいざ議会での採択では公明党が反対に回って採決が頓挫し、それに激怒、次の選挙では橋下さん自体が公明党の対抗馬として選挙区に出る、てな話まで出ていた。最終的には(たぶん)東京で指導部と話し合いをしてとりあえず都構想の住民投票には賛成する、てな事になって5月を迎えることになった。その時に橋下さんが発したのは「人の道」

まあ、橋下さんの主張すべてに賛成、反対するわけではないが、政治の前に「人の道」を持ち出してそれに沿って仕事を進めるのには賛成できる。こないだのわけわからん姉ちゃんの騒ぎだって、結局は「人の道」的な判断すりゃ、破門だわなあ。


金曜日に小学校のウサギが来た。食事をしているかどうか、動きがどうかなんてことを聞くがわからないという。まあ、よほど生き物が好きな先生じゃないとそういうのがわからない、というのは、学校ではよくあること。聞くだけ無駄というか。
低体温、脱水、衰弱。これ、無理かもしれませんよ、って伝えた。
今日は金曜日だし、土日は誰も生き物の世話はしないというので入院させてもいいけど、万が一亡くなるようなことがあれば亡骸をお返しするのか(昔は、動物の飼育小屋の後ろには何々ちゃんのお墓というのが並んでましたよねえ)、このご時世なんで死んだ生き物を敷地に埋めるというのはできないということなら、こちらで処理していいのか、校長なり教頭先生と相談してすぐに返事を、といって預かった。
が、その日に電話はなかった。

それどころか、月曜日も連絡がなかった。何度も、事情が事情だから日曜日までは入院させる、月曜に迎えに来い、って話ししたんだけど。生きてるかどうかも心配じゃないということか。

月曜は私は休みをもらっていたので、連絡もないと知った火曜日の朝に、わざわざ学校まで持って行って用務員のおっちゃんに、元気になったからお返しします、って渡してきた。
が、病気の問い合わせ、お礼の一つの電話もない。

これ、って、「人の道」を外れてるよねえ。
そんな兄ちゃんが子供を教育?

朝から激怒。
もう、そこの学校のウサギは診療拒否。

(あ、当然、診療費ももらわず。最初から、診療費の事は聞かれもせず、ですわ。)
  1. 2015/04/21(火) 20:33:35|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

選挙

選挙期間中に立候補者の応援をしたらなんか問題があるんだっけ?個人のブログだから何もないか。
北海道のニセコ町。大動物臨床をしていた時に診療に回っていた。
共済組合の先輩。東京出身ですごく優秀な獣医さんだった。北海道を離れて30年近くになるが共済に友人が残っているので、いろいろ、情報だけは懐かしくもらっている。私が一緒に働かせてもらっていた時はもちろん仕事一本で、政治に興味があるなんてこれっぽっちも考えられなかったが、前回の選挙、4年前に町議会選挙に立候補して当選されていた。
何をきっかけに知ったのか忘れたが、(あ、この情報は私が先に何かで見つけて、驚いて友人に確かめた)共産党員のまま立候補して当選、って、他の人はみんな「無所属」ってなっているのに、田舎じゃ珍しいんじゃないのかなあ。共産党のHPでも「党員の現役議員さん」なんで、検索すると出てくる。
前回は178票で当選。トップの人でも600票ぐらいだったか。
奥さんと、(可能性は少ないかもしれないが)もし子供が残っておられるのなら4票で、都合、家族で6票、残りの投票者も「顔」がみえるくらいの選挙なのかもしれない。
で、また何気なく検索してたら今回の統一地方選挙、第2弾に当たってて、再立候補されている。
当選されればいいけど。遠い地から応援してます、先輩。
  1. 2015/04/20(月) 20:53:28|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

書けないことばかり

とある業界の裏話をいろいろ聞いてきた。
事実は小説より奇なり、というが、なるほどなあ、って納得することも多く、なんで?、って思っていたことがいろいろ氷解した。こんな面白い話、独り占めするのももったいないし、えてしてこういう内緒話は誰かにしゃべりたくなるんだけど、さすがに書けない話だからこそおもしろいのであって、自分の日記代わりのブログといえども、一度書いてしまうとおしまいやなあ。
どうしても知りたい方はどうぞ、個人的に聞きに来てください。
まあ、内緒話というのは結局は別ルートから流れてくることもあったりするんですけど。

数年前のブログに文句(一応はコメント、という形だが)を言ってくる人がいた。しつこく、何度も。
最近はこなくなったなあ。諦めたのか、ほかのブログに出没しているのか。
  1. 2015/04/19(日) 20:39:42|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

やっぱり、歩くだけ

鳥の会で岩湧山へ。といっても普通に鳥を見るんじゃなく、3時に歩き始めて岩湧寺で日暮れを待つ、その後、夜に飛ぶであろうムササビを観察して、夜に鳴く鳥の声を聞いたり、あわよくばタヌキなんかの獣類と会えればええなあ、てな感じの行事。
博物館友の会でナイトハイクを箕面で数年やっているんだが、飽きて来たのでこちらで実施できるかどうかの検討も兼ねている。
集合後の往路こそ(当然)周りが明るいのでいろんなものを観察しながらちんたら歩けるんだけど、帰りは真っ暗闇。2,3度鳥らしきものが飛んだ時には少し盛り上がったが、それ以外の時はひたすら歩くだけ。特に獣類にも会えず、鳥もあまり鳴かず。
まあ、夜道を歩くこと自体が非日常的な出来事で、それだけで楽しめると言えなくもないが歩き自体を楽しむのは博物館友の会に必要な行事でもないように思う。
たいした距離でもないんだけど、なんだか疲れました。

あ、穴から顔を出すムササビの写真が撮れました。
これは大収穫でした。

DSC01488-2.jpg






  1. 2015/04/18(土) 22:53:30|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

どこのおっさん?

facebookをあちこち見ていたら、大学の同級生のページを見つけた。さかのぼっていくといつだったかの、同窓会の写真が掲載されていた。遠目に見るとおっさんばっかり。画質がいまいちで、顔がよくわからないが見覚えのある顔はせいぜい2,3人。まあ、ほとんどの人は30年会っていないんで、そんなもんかなあ。
ちなみに、大学の同窓会は10年ごとに行われていたけど、次はいつなんだろう?個人的な友人とは会いたいなあと思ってはいるが、全体となるとどうでもいいような気もする。

大昔は大学の先生が大阪なんかの地方試験に来られた時に同窓生に集合がかかっていたが、卒業生が増えすぎて「地方組織」も取りまとめる人がおらず、そんな事もなくなった。だいたい、学生の時に教えてもらった先生方もほとんど退職したり、亡くなったりしているんじゃないかな。

同級生の一人、小動物開業なんだけど肝硬変(かなあ)で、生体肝移植したという事が書かれていた。私たち、開業といえば「自営業」なんで、たいへんだろうなあ。
心配していたら、その県で生体肝移植を手掛けている某病院の成績が極端に悪い、って報道があって、さらに心配になった。手術したのがそこじゃないといいけど。
  1. 2015/04/17(金) 21:57:11|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

コアラ

天王寺のコアラが亡くなったという。残りは一人。天王寺ではもうコアラの飼育はしないそうだから、あの広いスペースに一匹だけ?なんか、意味のない飼育だなあ。さっさとヨソの動物園へ移動させて繁殖に使えばいいのに。
「鳴り物入り」で何億円もかけて動物舎を作り、毎年何千万円をエサ代につぎ込み、さあ、この10年だか20年は何だったんでしょうね。
この子、天王寺生まれだしこれから先は入手できないだろうから動物園側で剥製にでもするんだろうか。天王寺動物園で訃報があるたびに博物館がそわそわするんだけど、今回は無理だろうなあ。

  1. 2015/04/16(木) 22:46:02|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

たけしの映画

たけしの、なんちゃらという映画。最近、ずっと宣伝しているのん。試写会が当たったので行ってきた。
今まで、たけしの映画は見たことがない。食わず嫌いなんかなあとも思ってて、ちょうど良い機会かと思った。たぶん、これもお金を出してまで行くつもりもなかったし。

微妙。というより、さっぱり。
頑張っても、タダで見せてもらったことを考慮しても20点くらいかなあ。

これだけを見てこれまでの映画を否定することは出来ないし、今回はちょっと路線が違うらしいから、今回のは特別にはずれだったんだろうか。
笑いを取ろうとしているのはわかるが、無理が多い。話に連続性がない。配役ももったいない使い方。ストーリーも単純。一番いらんのはたけしの出演、だったかも。
  1. 2015/04/16(木) 22:06:41|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

広島空港、って、

まあ、大阪にすんでりゃ飛行機で広島なんて考えるはずもない。一県に一つの飛行場、てな事を言ってるような気もするので広島に飛行場があっても当然なんだろうけど、ヒマなんで調べてみた。
広島空港、って、よくある話で議員さんが誘致した空港なんですな。空港へ降りて5分でゴルフ場へ行けるように、って、山中に作ったという話もあるとかないとか。
それまで市内からすごく便利なところに飛行場があったのに、それを廃止して新しく作ったんだとか。山中に作ったもんだから霧がすごく多くて欠航も多く、そのため、電波で着陸を誘導するような設備も必要なんだとか。市内からのアクセスも非常に悪くて、バスで1時間以上、それも季節によっては渋滞で間に合わないケースもあるみたい。

まあ、昔は国会議員がいりゃ、飛行場でも新幹線の駅でもすぐにできた。そういえば、神戸空港も扇千景が持ってきた空港。作ってからの大赤字なんて、だれも責任を取らないもんなあ。もっとも、責任、って、すでに引退してるんだしどうやってとらせりゃいいのかもよくわからんのだけど。


あ、テレビが専門家の見解を報道してた。
「考えられるのは3つです。飛行機自体の故障か、操縦士のミスか、急な天候異変です」
って、それ以外の原因ってあるんだろうか?これくらいなら私でもコメントできる。

  1. 2015/04/15(水) 20:39:31|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

93%

フィラリアの案内ハガキで何百枚か切手を使ったので次を物色した。昔は90%くらいで買えていたように思うのだが、いくつかそれで入札したものは横取りされてしまった。枚数が少ないと複数のオークションに入札する必要が出てくるし、落札金額が91とか92%でも、送金手数料とか送料を考えるとけっこう高くなる。何十万円分、という出品もあるが、さすがにそんなのに手を出す気にはならない。
結局、今回は93%くらいだった。そこそこの枚数を買ったので今年いっぱいは間に合うか。逆にいうと次を探して買う楽しみがなくなったか。

  1. 2015/04/14(火) 22:29:34|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

天王寺動物園友の会

天王寺動物園から送られてきた。なきごえ友の会、だって。
年会費3500円で、入園券が3枚、なきごえという会報が4回、さらにトゥゲザーという情報誌が送られてくるんだそうな。
なんでも、「TV チャンピオン」(テレビ東京)の「全国動物園王選手権」でチャンピオンになったという、エリート官僚だった人が動物園の広報に転職したという事だったが、その改革の第1弾がこれ?

「なきごえ」はネットでも見られるし、「トゥゲザー」はあちこちで無料で配られている。入園券3枚という事は1500円分。まあ、動物園を支える寄付と思えばいいのだろうが、なんだか微妙。
ちなみに、サポーター制度も別にあって、こっちは5000円(個人)とか50000円(団体)だって。個人サポーターは10回まで入園できると言う事なんで、毎月入園するならこっちが得?









うーーーーーん、どうだろうなあ。
こんなんより年間パスの方がありがたいように思うが。もっとも、USJとかなんかだったら入場してからもなんだかんだでお金を使うが、動物園じゃ入ってしまえばお金はほとんど使わない。そんなこんなで年間パスは出しにくいのか。
  1. 2015/04/13(月) 20:37:45|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

使える?使えん?資格

ポスターと資料、チラシが送られてきた。病院に張り出してチラシを置いてほしい、との趣旨らしい。
さあ、誰かがうちを「推薦」したのか、動物病院にはみんな送っているのか。
この検定のことはずいぶん前から知ってはいるけど、さあ、何に使えるんだろう?やっぱり、アセス屋さんにとっては欲しい資格なんだろうか?論文の著者紹介なんかでわざわざ書いているときもある。
でも、動物病院の患者さんとはかなり「客層」が違うように思うんだけど。やっぱり、送ってきたきっかけは博物館の関係か、コウモリの関係なんだろうか。

ちなみに、3級、4級はいわば学生向き?合格率50%くらい。
2級は急に難しくなるのか、受験者数2-300名くらいで合格率10-15%。
1級は受ける人が限られてくるのか、受験者数2-30名で合格率30%くらい、だって。

受験料が3級で5140円、1級に至っては12340円だそうな。級によって値段が違うのも不思議だなあ。採点の手間は同じと思うけど。

DSC06963-1.jpg







  1. 2015/04/12(日) 19:01:00|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

住んでこそ、家

今月の友の会、月例ハイクは服部緑地だそうな。子連れを想定して都市公園で計画したらしい。その下見が午後1時からあるというので、仕事を30分だけ切り上げて出かけてみました。
引率担当のメインは植物屋さんに昆虫屋さん、鳥屋さん。コースの下見くらいと思っていたら本番さながらに「自然観察」するもんだから、さっぱり進みません。
ここには「日本民家集落博物館」というのがあります。日本各地の古民家を移築展示しています。下見はそこそこにしてここの見学をしてきました。以前にも来たことがあり、生活感のない家に悲しささえ感じましたが、今回もやっぱりそんな感じがしました。白川郷の家では囲炉裏に火を入れてはいましたが、なんだか寂しげです。
とある建物では子供の囲碁大会、というのが行われていました。どうも、定期的に開催されているみたいです。「対局中は正座」って大きく書かれていて、みんなそれに従っていました。まあ、そういう使い方をされるのは良い事でしょうね。
また、別の場所ではコスプレの団体。まあ、それはそれでいいんでしょう。
ハイキング本番はいつだったかなあ。日曜日で私は参加できません。でも、この場所でこの季節なら、たぶん100名は超えるでしょう。平地の都市公園・・・・・、よほど博物館の「ハイキング慣れ」している人でないと退屈なんじゃないかなあ。

  1. 2015/04/11(土) 22:15:44|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

予想通り

鳥用のビタミン剤。たぶん、こんなところに置いたらわからんようになるだろうなあと思いつつ、いつも使うものだからええかなあ、と思って置いたらやっぱりどこに置いたかわからんようになって見つからない。そんなに小さなものでもないんだけど。
けっこう高いもんだし、ないと困る。

DSC06935.jpg







これに振りかけたいんですわ。


というのをあらかじめ書いたのが数日前。(最近は、めんどくさいので書きだめして、予約投稿していることがしばしばある。)
見つかりました。どうも、私が置いたところから誰かが移動させたみたい。
  1. 2015/04/10(金) 21:14:54|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

こっちも違法飼育?

昨日、メジロの飼育の話を書いたところだけど

DSC_9190.jpg






手前が先日、(たぶん)交通事故で保護された子。疥癬もよくなり、足も、先は無いけどひょこひょこ歩くようになった。
放獣しようと思っていたが、こんな仲良しを見せられたらうちで当分生活してもらっても良いかなあ、とも思ってしまう。
うちの子も一緒に放獣?
さあ、どうなんでしょう。うちで育てた子なんで自力で採餌できるのかどうか。実際、何か月か前、フェンスに立てかけた板を登って逃亡したことがあるが、何週間後か、こちらが諦めたころに帰ってきた。
まあ、野良猫と同じで「放し飼い」という選択肢もゼロではないのかもしれないが、平面でしか動けない生き物なんで、ネコより生き残りずらいような気がする。


  1. 2015/04/09(木) 20:58:06|
  2. 仕事?野鳥|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

違法飼育の見本?

東京のテレビ局というのから電話がかかってきた。うちのHPの、メジロの写真を使いたい、って。
私の個人のHPというのは著作権は放棄しているつもり。自分の責任で誰でも見られるように公開しているんだから画像なんかも自由に使ってもらえばいいし、それがイヤなんだったら最初から公開しなけりゃいいのに、とまで思っている。
で、どうぞご自由に、って言ってから何に使うのか聞いてみた。なんでも、メジロの違法飼育に関する番組を作っていてそれに画像が欲しいんだとか。

電話を切ってからふと思った。メジロの写真なんて世の中にいくらであふれている。わざわざこっちに聞いてきた、って、飼育状態の写真が欲しいのかも。基本的にメジロって和籠で保護してるのでその写真かな。「違法飼育」の状況説明に使う?

なんか番組名も言ってたように思うけど、どうでもいいと思っていたので覚えていない。
まあ、どうでもいいか。


あ、思い出した。数日前、家の近くの公民館に車がいっぱい止まっていたけど、あれ、メジロの鳴き合わせ会じゃなかったのかなあ。昔は堂々と車の中にメジロを何羽も並べていたけど、さすがに最近は目立たなくしているらしい。
野鳥の会なんかはメジロの捕獲を目の敵にしているが、個人があんな形で数羽飼ったところで生態に何の影響もないと思うんだけどなあ。禁止するから「や」の付く職業の方が「活躍」されるんですわ。定年過ぎの好々爺の小さな楽しみを奪って何が嬉しいんだろう?
  1. 2015/04/08(水) 20:13:45|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

二十歳の原点、の原点

暇つぶしの本棚整理。いらなさそうな本を探してみる。何年か前からやっているので、あんまり見つからない。
懐かしい本を見つけた。

二十歳の原点。高野悦子。

私のブログの「読者」はさあ、何人おられるのか、アクセスは毎日40人前後。この本の題名がわかる人は、2,3人だろうか。ゼロかもしれない。

立命館大学に入学して大学3年生で自殺した女学生の日記。年代から言うと私より数年上。
あちこちの大学で学生運動のあらしが吹き荒れた世代。(私が大学に入学したころはほとんど下火になっていたように思う。)
特に学生運動に加わって絶望感から自殺、てな話じゃなく、おそらくこの日記から彼女の死を読み取る、予測するのは難しいんじゃないかと思うが、当時の学生が置かれていた状況、悩み、感動なんかが素直に書かれている。

裏書きを見ると昭和46年に初版で、昭和51年に70刷り、となっている。出版業界の事なんてよくわからないが、70刷りというのはすごい事なんじゃないだろうか?
参考のためにググってみると、wikipediaにも載っているし、知らなかったが映画にもなっているらしい。さらに、2009年に再版されてるみたい。


私自身も、当時は何度となく読んでいた記憶はある。内容はほとんど忘れてしまっていたが、ペラペラめくっていると断片的に覚えている文言もある。
出版当時、同じ年代で読んでいたのといま読み返すのとではこちらの状況が違いすぎるのか、中身に入っていけない。
当時の自分を、空の上から俯瞰している感じもある。

私の青春の原点、だったのかなあ。あの感性はどこへ行ったのかあ。
  1. 2015/04/07(火) 20:14:22|
  2. 未分類|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

夢は枯野を駆けめぐる

せっかくの休みだし桜ぐらいどこかへ見に行くかなあ、どこがえかなあ、てな事を考えているうちに雨が降り出す。たいした雨じゃないしこれくらいならどうってことないか、どこへ行くならついでに何を見て、てな事を考えているうちにだんだんめんどくさくなってきて家でごろごろ。
いかんなあ。


手っ取り早い暇つぶし。また映画。
松田龍平で見に行ったがさっぱりおもしろくない。いい役者さんをそろえているのに、すごくもったいない。
じぬよさらば、だっけ?

頑張って30点。









庭のモモが満開。ピンクの花だけだと思っていたら白い花が混じっている。
なんだか不思議。
  1. 2015/04/06(月) 19:56:38|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

捕獲許可

コウモリの捕獲許可が今月で切れる。いつも言うけど、年を取ると一年が早いなあ。
捕獲実績と一緒に発表論文なんかも送るようにしているんだが、昨年度はじぇんじぇんなかった。3本も投稿はしているのだが、掲載(予定)先から連絡がない。きっちしした査読が必要な学会でもないので本来ならすぐに掲載されるはずなんだけど。他の投稿を優先しているのか。やっぱりコウモリってマイナーなのかもしれない。
というのは脱線で、捕獲許可の話。

一番最初、許可をもらおうとするとあまり良い返事がなかった。実績もなかったので当然といえば当然かもしれない。で、博物館の学芸員の推薦書を(もちろん本人の了解のもと)私が書いて提出した。学芸員さん、コウモリなんてだれもやってないんですけど。
何年かそれで許可をもらっていたら今度は学芸員より、館長の許可が欲しい、って言われた。そのほうが許可しやすい、って。館長は海屋さんで、哺乳類からかなり遠い人なんだけど。まあ、これも私が代筆しておしまい。

さすがに何年かすると報告書なんかもいくつかあちこちに載せてもらい、ちょっと有名になってきた。それを機に推薦書はつけないでも許可してもらえるようになった。
大阪での実績をもって兵庫県とか奈良県、和歌山県でも許可をもらうようになった。「大阪でもらってます」って言うと、どこもわりと簡単に許可してくれた。役所は前例とか横並びで動くんですな。

現在、許可をもらっているのは府県レベルで許可が出せる普通種だけで、大阪府と和歌山県だけでもらっている。兵庫県でもずっと許可をもらっていたが、知り合いが希少種も含んだ全種での許可を環境省からもらうようになり、そっちの共同研究者にしてもらって自分で書類を書くことはなくなった。すごく楽ちん。

ちなみに、大昔はオオサンショウウオの捕獲許可も持っていた。こっちは文化庁の管轄。「捕獲の許可」ではなく、捕獲の根拠は「現状変更」だったと思う。天然記念物の文化庁は、生き物でも「神社仏閣」と同じ扱い。
ちなみに、こっちも共同研究者でおまけでもらっていたので自分では何もしなかったけど。



  1. 2015/04/05(日) 20:18:29|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

狂犬病予防集合注射

毎年話題にしていると思う、狂犬病予防の集合注射。学校へ「犬」を集めてまとめて注射してしまおう、てな感じの仕事。
ああいう場では個別に診察して注射するというわけにもいかず、どうしても会場に来るなり注射、てな感じになってしまう。時間も限られていて患者さんが一時に集中すると収拾がつかなくなる。すべて動物病院での個別注射にしましょう、って毎年発言はしているが、病院とのつながりのない患者さんなんかは散歩がてら注射して帰るほうが手っ取り早いらしく、一定の希望もあってなかなかやめられないのかもしれない。
最近(といっても、ずいぶん前から)小学校でインフルエンザの集合注射がなくなり個別に注射する人(子供)が急減し、その地域で免疫を持っている割合が減ってしまって、いざ病気が発生した時に爆発的に感染が起こってしまう事がたびたび繰り返されている。個人個人の感染を防ぐのも目的ではあるが、集団防疫という意味もこの注射にはある。

でもって、本日、今年最初の注射。
大昔は朝から夕方まで、月に4回当番ということもあったが、最近は個別に病院へ来られる方も増えていわゆる集合注射での接種頭数は減っているし、逆に獣医師は激増し、当番回数は午後に2回だけ、てな感じになっている。まあ、楽にはなったが「日当」も減ってきて「割」があわなくなってきている。


あ、急に思い出した。北海道で大動物臨床を始めたとき、ニワトリの伝染病予防業務があったっけ。噴霧器にワクチンを入れて鶏舎の通路を歩く。一本当たり何百羽と決められており、飼育頭数に応じて歩く速度を決めていた。ワクチンの減り具合を見ながらゆっくり歩いたり、急いだり。あんなん、今でもやっているのかなあ。
  1. 2015/04/04(土) 20:21:53|
  2. 仕事:犬猫|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

ありゃ、いかんわ

昨晩のこと。今話題の「上西議員」
こないだ橋下さんの演説を聞いたところだし、選挙も始まっているし、ちょうど暇な時間に記者会見があるというのでパソコンで見ていた。
基本的に上西議員が説明して、橋下さんは最初は全く口出ししていなかった。途中からややこしそうになったら補足したり、説明を加えていた。だいたい、聞くほうも聞く方。もっと的確な質問をすりゃいいのに、週刊誌とか新聞で報道されている事をネチネチ聞いている。もっと自分で取材して裏付けを取って追求すれば?
上西議員も同じことを繰り返して頭を下げるだけで、見た目は反省しているがさあ、どこまで本気なのか。結局は完全に橋下さんのペースで話が進む。橋下さんの話や説明は理詰めで的確。この記者会見でこの「事件」は幕引きなんじゃないの?、とも思ってしまった。ええ加減飽きて、途中で見るのをやめて、今日、あちこちの報道を改めて読んでみた。

やっぱり、最初に逆戻りして対して進展はないし、追求もゆるい。

秘書の言動が問題になっているというのでググって動画を見てみた。

完全にやくざチック。秘書も上西議員も。
ありゃ、いかんわ。当然、こっちが素。
記者会見で事情を説明する以前の問題だわなあ。

結局は上西議員だけの問題じゃなく、国会議員みんなあんな感じ、と思ってしまう。あんなんに年間1億円以上、税金をつぎ込んでるんだもんなあ。あほらしい。
最終的には「選んだ責任」って、有権者の方に責任を振られるんだから、たまったもんじゃない。

  1. 2015/04/04(土) 07:44:06|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
次のページ
【楽天市場】本・雑誌・コミック