FC2ブログ

毎日の院長 改め、日々雑感

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

最近は

結婚式は「滞りなく終了」し、自宅で一息ついてます。半日もネクタイを締めていると息が出来なくなってきますねえ。
最近はとにかく、写真とビデオ。まあ、よくできています。式の最後には今日の式で撮影したビデオが編集されて、音楽とともにすぐに流されていました。
キリスト教でもないけど、チャペルで牧師さんのもとで結婚式。日本人でもええんじゃないかと思うけど、こういうのは「外国人」牧師なんですかね。演奏も歌も本物、って、当然か。
つい、私の時を思い出すなあ。神前式で、三々九度だった。
挨拶も会社のえらいさんなんで慣れているのか、まあまあ、ぼちぼち。
食事もけっこうおいしく頂きました。

さあ、いくらかかったのかなあ。息子二人、式をしていますが両方とも本人らが決めて親はほとんどノータッチ。

家族だけの式もええし、まあ、こういう従来の結婚式もそれなりに素直に感激しましたわ。
結婚して32年、かなあ。32年前は私があの場所にいたわけです。
初心に帰って、じゃないけど、当時の気持ちを再確認、ってとこでしょうか。
32年前は今より32歳若かった・・・・・。
  1. 2015/01/12(月) 19:26:37|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

結婚式

甥の結婚式。私自身は息子二人分は終了し、娘を残すだけ。ある意味、(おそらく)「主催者挨拶」は無いだろうからちょっと気楽。近いところでは甥がもう一人に姪が四人。さあ、結婚するのかしないのか。
病院スタッフも既婚者が多いのである意味、気楽。もっとも、最近は家族だけの結婚式なんかが多いし、ここ何回かの結婚式は出席自体、遠慮させてもらった。まあ、陰からお祝い申し上げます、という事で。

大学4年の時だったか、後輩の結婚式に呼ばれたことがあった。1年後輩だったと思うが、学生結婚だったのかなあ、今考えるとなんで後輩なのに在学中に式があったのか、よく覚えていない。たぶん、結婚式というのはそれが初めてだったように思う。友人何人かと招待されてテーブルで勝手に盛り上がっていると、「友人代表の挨拶をお願いします」って司会者にいきなり振られた。そんなん、結婚式自体初めてで何をどうすりゃいいのかわからぬまま、いきなり前に突き出されマイクを持たされ、友人代表と言っても同じアパートにいただけで学部も違うし、困り果てた。
しどろもどろで何をしゃべたのかもわからぬまま、それ以降の式は一人だけ、お通夜みたいだった。

その事がトラウマになっていて人前でしゃべるのは非常に苦手。

あ、そういえばそれから数年して、高校の後輩で北大で博士課程に行ってた友人から挨拶を頼まれた。この時は何週間も、寝る前に原稿を読んで暗記していたなあ。それでも本番で何をどうしゃべったのか、緊張して記憶にない。
  1. 2015/01/12(月) 08:39:14|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
【楽天市場】本・雑誌・コミック