毎日の院長

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

施設はりっぱだが

コウモリ調査へ行った。ここはキクガシラコウモリが出産しているので、毎年夏には来ている。が、出産だけに使っている穴だと思っていたので、冬には来なかった。たまたま今日はネットで知り合った「トンネル屋さん」と調査することになったのでご一緒した。
予想に反して10数頭のコウモリがいた。このままここで寝るのかどうか。うーーん、再調査すべきかなあ。

近くには別の穴がある。こちらにはモモジロやコキクが入ることは知っていたが、個体数は多くないはず。こちらも冬にはいなったような気がする。
入ってみるとコキクガシラがいっぱいいる。この子ら、熟睡はしないタイプなんで、こちらに気が付くとみんな震えて体温を上げ、飛んでしまった。冬に起こすのはよくない、ってコウモリ屋さんは言うけど、まあ、仕方ないでしょう。
標識の付いた子が数頭見つかり、そのうちの一頭は11年前に標識した子だった。やっぱり、真面目に標識と読み込みをしないとあきませんね。

というのは前置き。
この近くに猪名川町、能勢町、川西市の、3町村立のゴミ焼却場がある。ここらは廃坑だらけで、焼却場の計画前から私たちのグループが調査していた。で、計画が発表されると地元で反対運動が起った。私たちはコウモリの保護を前面に反対側の立場に立ったんだけど、最終的には何のお役にも立てずに、あっさりと焼却場が出来てしまった。

というような経緯があるので施設に展示施設があることは知っていたが、行った事は無かった。たまたま今日はすぐそばまで来たので寄ってみた。

とにかく大きい。施設全体が見学できるようになっている。
設立時の経緯が無ければ、単に施設だけを考えりゃ、まあ、評価できる施設なんだけど。でも、全部税金だからなあ。これだけの状態を何年も維持するには、作ってからもそれなりに金をつぎ込んでいるんだろう。
夕方に入ったのでじっくり資料なんかを読む時間がなかった。アセスを公開しているんだったらその後のコウモリも知りたかったが。素直にもう一度、じっくり見学するかなあ。
  1. 2014/11/30(日) 22:57:12|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

まあ、趣味の問題ですね

バスケットの試合のチケットが当たった。バスケというと、競技団体が分裂して統一できず、国際機関から対外試合の禁止を言い渡されたというような、つまらんことで話題になったところ。こういう機会でもないと行かないんで、せっかくなんで行って見た。
大阪体育館の真ん中にコート。客席は1階と2階。当たったのは2階席で、やっぱりちょっと遠い。臨場感がない。
うーーん、微妙。
どうも、メインと逆のサイドに座った感じで、盛り上がりに欠ける。後ろの方で子供らが「秩序だった」応援をしている。たぶん、こいつら、いつも来ているんだろうなあ。

試合は5人のうち3人まで外国人の出場が認められているとかで、のっぽの外人の間に頭一つ低い日本人がちょろちょろしている感じ。どちらかというとワンサイドに近い展開で、そういう意味でも盛り上がりに欠けていた。

休憩時間なんかに出てくるお姉ちゃんが楽しげだったけど、これもちょっと遠くて残念。

この2階席でも2600円するんだそうな。
当然みなさん、お金を出して見に来ておられるんだろう。私?もちろん当たったから来たけど、価値観からすると500円までか。プロの試合を500円じゃ、かえって失礼か。
スピード感もあり、それなりに時流に乗せられればおもしろそうには思うんだが、プロ野球とかサッカーみたいにはなれませんねえ。やっぱり、内輪もめなんかしているから世間に受け入れられないんじゃないの?
  1. 2014/11/29(土) 22:18:03|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

ヒヨウジケンガイ

夜7時に電話が鳴った。正直、これくらいの時間の電話はつらい。気分は仕事も終わってお帰りモードに入っている。
たった今、事故にあったとか、何かを飲み込んだというのなら仕方ないなあとも思うんだけど、聞くと、朝から具合悪かったんだけど、というのがよくある。今まで様子を見ていたけど、最後の最後になって心配になって、というのかなあ。

で、受話器の着信番号を見ると「ヒョウジケンガイ」となっている。うちでこの表示が出るのは外国からのFAXが多い。個人輸入している会社からのDMがほとんど。
仕事じゃなさそうで少し安心して電話を取ると、自動音声らしい声が流れてきた。

選挙がらみのアンケート、だって。
「無作為抽出・・・・、RDD・・・・、コンピューター・・・・、」って、ニュース番組でよく使っているあれらしい。せめてあと10分早くかけてきてくれてたら真面目に答えたのになあ。「お帰りモード」なんで、続きは聞かずに帰ってしまった。


かなり前の事。食事のアンケートというのがかかってきた。病院食の使い方とか選び方、使用数なんかを聞きたいらしい。普通は面倒で断ることが多いのだが、その時に限ってヒマだったので相手をする事にした。最初に、謝礼額を聞いて。
すぐに終わると思っていたら質問がどんどん細かくなってくる。月の処方数と言ってもレジを打つのはスタッフだし、食事だけの人、全部を私が把握している訳じゃない。めんどくさくなって途中でやめようとするとおばちゃんがあと少しですから、あと少しですから、って、受話器の向こう側の必死の形相まで見えてくる感じ。よほどあちこちで、何度も断られているんだろうなあ。
最後は、質問じゃなく、これでいいですか、これくらいですか、って向こうで勝手に作文していた。ええのかなあ。
で、図書券2000円だったか、3000円だったか。
  1. 2014/11/28(金) 20:07:12|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

そんなん、わからんか?

(会社の名前出してえのかなあ、まあ、事実だからええやろう。)

短縮ダイヤルを使っていると、押し間違いというのは極めてマレだけど、マレにはある。薬屋は主に3社を使っている。A社宛ての注文FAXをB社に間違って送ると、たいてい何分後かに「間違ってるんとちゃいますか?」って電話をくれる。
急ぎの注文はプロミクロスというところを使う時もある。東京の会社だが、翌日配送してくれる。

プロミクロスに注文を入れ、翌日午前中に来ると信じて待っていた。が、来ない。何か頭の中を不安がよぎって注文履歴をネットでチェックしてみた。ありゃ?、履歴に入っていない。送ったのは私で、送った記憶も確かにある。送り忘れじゃないはず。信用できないFAX機なんで、機械の故障か?すぐにA社に連絡して緊急で入れてもらい、事なきを得た。
その日の夕方、アニコム(動物の保険屋です)から電話が入った。プロミクロスへのFAXが間違ってこちらに来てます、って。

まあ、間違ったのはこちらだけど、内容を見れば薬の注文で、急ぐものだってわかったはずだけどなあ。アニコムの番号は、保険請求に使う時の番号なんで、リアルタイムにはチェックしてないという事?それにしても、見たのは翌日?1円2円の計算間違いでも問い合わせのFAXが流れてきて、すぐに返事くれ、てな事を書いてくるのに。

そういえば、アニコムからは、保険請求の回数が多い人のケースで電話がかかって来たこともある。治療にいつまでかかるのか、って。その子、心臓肝臓の慢性疾患なんで、治ることはおまへん。死ぬまで治療が必要。忙しい診療時間中に電話してきて、なんか、疑われているみたいで気分悪かった。
  1. 2014/11/28(金) 20:01:20|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

徒然なるままに、

クマの話をいくつか

天王寺動物園のシロクマが子供を産んだとか。シロクマ、って、大型動物の中では比較的子供ができやすいのかなあ。天王寺でも昔に出産があったはず。アドベンチャーワールドでは思いつくだけで2度出産している。ただ、アドベンで数年前に生まれた子は4歳で死亡している。ネットで簡単に検索したけど、死因はよくわからなかった。その後、父親が腫瘍で死亡しているのでアドベンには母親と最近生まれた子一人の、2頭になっている。
札幌の円山動物園では2,3年おきに出産があり、しかも双子が多かったので、日本での飼育頭数の増加に少しは貢献しているんじゃなかろうか。といっても、高齢で死ぬ個体も多いし、増えて困るほどでないのはもちろんです。さあ、アドベンも次のオス、どこから都合するんだろう?私立の施設で集客を考えると今の子供や母親をブリーディングローンでヨソの施設に貸し出すのも難しいだろうし、母子で飼育していても次が見えない。

大阪の捕獲熊、ちゃちゃを入れていた「熊森協会」(だったか、本名はよく知らない)が大阪で飼育施設を作って飼育するらしい。大阪府は厄介払いできて喜んでいるんだろうなあ。「施設の建設に全面的に協力する」って言ったとかなんとか。強硬に安楽死、って言ってたのはどうなったんだろう?これに関してあちこちググっていたら、十年ほど前だったか、能勢の方でクマの目撃例があって今後、大阪で捕獲される可能性を専門家が大阪府に助言していたんだとか。が、大阪府は何も対応せず今回のドタバタ騒ぎになったらしい。
(確認していません、作り話かもしれません)某市で離れザルが捕獲され、箕面の群れに戻そうとしたら箕面からうちのサルじゃない、って断られたとか。「うちのサル」はもっと「上品」なんだって。で、困って有害駆除扱いで安楽死しようとしたらマスコミから(安楽死の方針を知られたんではないらしいが)その後どうなったか聞かれて、殺せなくなったらしい。で、これもどこかの私立の飼育施設に押し付けたという話。

タイミングよくかどうか知らないけど、京都動物園で飼育していたツキノワグマが死亡したらしい。大阪のクマも生まれは京都の可能性がある。簡単にそっちへ、というわけにはいかないのか。
  1. 2014/11/27(木) 20:31:16|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

ふりかけ論争、って、

大阪市内の中学校の給食で、ご飯を残す子が多いのでふりかけを「解禁」しようとしたら、教育委員会(じゃないなあ、たぶん。給食の栄養管理の部署?)から、塩分過多、栄養バランス云々の話が出てストップがかかっている、って、いったい、ええ年の大人が集まって何を議論しているんだろう?
給食を残していいのかどうかは教育以前に、家庭の問題なんじゃないかなあ。よく言われることだけど、家庭のしつけまで学校で教える世の中になってきてる。
小学校の低学年ならいざ知らず、中学生になってまで「給食は残さず食べましょう」なんて教えるの?

まあ、嗜好にも個体差があって、軍隊じゃないんだから強制する訳にもいかないのかもしれないし、個性を尊重する教育という事になるとガキ全員が同じ食事を同じだけ食べるというのは無理があるんだろうから、そもそも給食という発想が間違っているのかも。給食の発端、って、朝ご飯を食べてこない子が増えて、おなかがすいて勉強どころじゃない、てなこともあったんだっけ?そうなると、ますます、家庭の問題なんでしょうな。


でも、子供の教育、って家庭が全部じゃなく、世の中がそうなってきてて、っていう面も多く、すべてを親に責任転嫁できないというのも事実。
いつの時代も世代間のギャップはあり、「近頃の若いもんは」って、私の親の時代、私の時代、子供の世代、みんな繰り返しているんだろうなあ。


なにかにつけ、軍人墓地を思い出します。
おそらく、明治あたりに軍隊に入ったのは次男とか3男以降。故郷では仕事もなく、衣食住を賄える軍隊に志願したのでは?で、故郷を遠く離れた地で志半ばで戦いや病気で亡くなっていった人たち。縁者に看取られることもなく亡くなり、埋葬された人たちも多かったんでしょう。

  1. 2014/11/26(水) 20:44:42|
  2. 未分類|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

死後・・・・

真田山陸軍墓地の見学と説明会に行ってきた。西南戦争へ征伐のために出撃し亡くなった方々がいっぱいおられた。立派な墓石を作るのを命によって謹慎していたため「安い」和泉砂岩という石を使っており、風化が激しくかなり傷んでいる。折損しているもの、表面が剥離しているものも多い。それらをどうするのか、という話があった。
お国のために戦って亡くなった方を祭るのは国や、残された国民の責務だろうとは思う。一方、これらの墓が時代とともに朽ちていくのは仕方ないかとも思う。
朽ちかけた墓石の列に混じって、少し丈夫そうな花崗岩の墓がある。中には昭和、平成の年号が入っているものもあった。遺族が後日、作り替えたものだろう、との事。個別に把握しているわけではないが、時々、花が添えられている墓も散見する、との事。これらも子孫の方が時々、お参りしているらしい。

墓地の真ん中に(お世辞にも立派とは言えない)家が建っている。「墓守」のおばあさんが住んでいたのだという。過去形で書いてしまったがその方はまだご存命で、今はどこかの施設に入っておられる、との話だった。さあ、生活費はどこが負担されていたんだろう?きっちりした管理者がいない状況では今後どうするんだろう?

何度か書いているが、加太にある海軍陸軍の軍事墓地はほとんど管理されている感じがない。これはこれで仕方ないのかなあ、とも思う。


最近、墓を作らない人が増えているのかなあ。どこかの寺に納骨しておしまい、だとか。
私自身も次男なんで、本来は息子が墓を作る形になるんだろうけど、いろいろ考えることが多い。あの穴に散骨して欲しい、ってはっきりと遺言しておこうかなあ。
  1. 2014/11/25(火) 20:47:49|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

昔は10円

定型外普通郵便。今回は切手205円分。

私の記憶では、始まりは封書10円(桜、だったかなあ)葉書5円(おしどり)。
次は15円、7円。さらに今度は20円10円。次は一気に、50円20円。
62円41円があったり、しらん間に80円、50円、82円52円。








切手の発売日には郵便局に行列ができてました。学校があるときは母親に頼んで・・・・。

今、用事があって郵便局へ行くと、記念切手がいっぱい並んでいます。昔なんて、売れ残ることなんてなかったはずです。記念切手は気にはなるけど、この頃、切手はオークションでしか買ってないし、いっぱい余っている・・・・。
  1. 2014/11/24(月) 20:33:58|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

イコライザー

そうそう、映画の話を書くのを忘れてました。
夕方からちょこっと見てきました。

イコライザー。何とかという俳優さんがかっこいい。お姉ちゃんもきれい。
勧善懲悪でめでたし、めでたし。

85点。
  1. 2014/11/23(日) 22:57:26|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

どれを選ぶか

スケジュールは病院にぶら下げたカレンダーで管理している。行く、行かないにかかわらず、気になった行事や観察会なんかは書き込むようにしている。それでもこの頃、活動性が鈍っているのか、カレンダーを見てもあまり予定が入っていない。
23日の今日に限って、予定が3つ書き込まれていた。

博物館での、高校生の生物発表会。主に、生物部の発表、みたいなもの。ここ2,3年は見に行ってるんだけど、あんまりパッとしたのがない。40年ほど前、わたしもこの手の発表会で発表したこともあるんだけどなあ。自分で言うのもなんだけど、もっと高度だったような気がする。

海岸生物研究会の総会。これも博物館。一時、海の生物の調査に加わっていたことがある。カニや貝、ありとああらゆる生き物が対象だったので、とても付いていけなかった。それでもまあ、磯遊びの感覚で何度か参加はしていた。最近、日曜日が仕事という事もあり、さっぱり行けてない。主に会員発表なんだけど、専門性が高いものもあって、ちょっと躊躇。

墓地見学会。大阪のど真ん中、玉造の駅近くに陸軍墓地がある。月に一回、現地説明会というのをやってくれるらしい。加太に海軍の墓地があって、何となく古いお墓に興味があった。で、3者択一、今日はこっちを選択。
1時30分から4時過ぎまで、びっちり、現地で説明してもらいました。
非常に勉強にもなりましたし、いろいろ考えさせられる話ばかりでした。

大げさにいうと、日本人として一度は聞いておくべき話です。
  1. 2014/11/23(日) 22:54:13|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

神農さん

神農さんへ行ってきました。少彦名神社、薬の神様です。(すくなひこなじんじゃ、って読みます、知ってるって?すんません。)








親父が会社勤めだった時は家まで持って帰ってくれていたので、毎年、笹(と虎)は見ててもお参りすることはありませんでした。病院の分は出入り業者が持ってきてくれます。で、ここ数年は自宅と息子宅用を自分でもらいに行くようになりました。
例によって激チャリで出かけました。10時前に着いたら屋台はまだ準備中で、あんまりにぎやかではありませんでした。
まあ、静かなお参り、という事で。

特に寄るところもなく、トンボ帰り。
新今宮あたりで自転車の調子がおかしくなりました。どうも、パンクらしい。無視して走っていると住吉あたりで完全にアウト。仕方なく、自転車を押して歩く羽目に。
神参りの帰りのトラブル、って、どういうんでしょうね。人がいっぱいだったので遠くから本殿に向かって手を合わせただけで、賽銭を入れなかったからかなあ。でも、笹は2本も買ったのになあ。

途中、何軒もある自転車屋を横目に、病院まで押して帰りました。で、病院で修理して再び激チャリで返りました、とさ。


映画へ行こうかと思ったけど、なんか、気分が乗らず。
  1. 2014/11/22(土) 18:03:06|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

当たってから文句を言わないように

また当たりました。今度はバスケットの入場券。








2階の自由席でも正規料金は2600円。ペアで5200円分、になります。

こないだのコンサートも自費じゃ行ってないでしょう。これも当然、お金を出してまで行くことはないと思います。
まあ、せっかくなんで行ってみるべか。

ちなみに、この懸賞の応募、前後にレストランの食事券もあったんだけど。そっちの方がよかったなあ。
  1. 2014/11/21(金) 20:21:31|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

すぐ近所、なんだって

今話題の、何人も亭主を殺したとされるおばはん、週の半分は堺に住んでいた、って。で、そのマンションというのがうちの病院から200mほど離れたところにあるとか。何か月か前から警察やマスコミがうろうろしていたらしい。
だからどうした?、と言われればそれまでなんだけど。
  1. 2014/11/21(金) 19:45:52|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

もらった

新しそうな手袋。(なんだか、写真写りがおかしいけど実物はもっと美しい。)

DSC06029.jpg







3か月前、バイク置き場でひらいました。そのまま使おうかなあと一瞬思いましたが、ほとんど新品で、やっぱりまずかろう、ということで、交番へ届けました。で、3か月経過。無事、落とし主は現れなかったようで。

警察へ行って書類を提出。どこか、大きな倉庫にでも収容していてお巡りさんがそこへ取りに行くのかなあと思っていましたら、受け付けの隣のスチールケースをがら、っと開けるとすぐ上にあったみたいです。落し物、って、そんなに少ないのかなあ。
とりあえず、合法的に自分のものになりました。
めでたし、めでたし。
  1. 2014/11/20(木) 20:45:18|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

のれん分け、(ず)

患者さん向けに貸し出す機械。病院が患者さんに業者を紹介する形。パンフレットが何度も送られてきます。今回来たパンフレットに、別の紙が同封されていました。
「うちを退職した何チャラというのが同じ商売をやっているようですが、うちとは全く関係ないのでご注意ください」、だって。
円満退社、のれん分けじゃなく、けんか別れなんでしょうか。まあ、いろいろあるんでしょうな。でも、そういう話をこっちまで持ってきてほしくないですなあ。
まあ、やめた本人にとっては自分の努力で会社を儲けさせた、そのくせ十分給料もらってないぞ、ほんなら自分で稼ごう、てな事なんでしょうか。

親父の会社でも、定年退職後の再雇用を断った社員さんが「恨みを持って」顧客名簿を同業ライバル会社に持ち出し、そっちに再就職した、てな話がありました。
私自身、そういう「民間会社」に就職したことがないのでよくわからない世界ではあります。


いつも書いている、堺名物「けし餅」
本家小嶋と小島屋があります。創業300年だか400年だか、500年だかと言われています。私は親父から、本物は「本家小嶋」と何度も吹き込まれました。デパートなんかにも出ているのは小島屋の方。こういう、「のれん分け問題」は数百年前からあるということでしょうか。
ただ、不思議なのは本家小嶋の店構え。普通の民家風です。数百年仕事をしてても、店(と商売)そのものは拡大しない、という事なんでしょうか。
  1. 2014/11/19(水) 20:57:14|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

昨日ですが、

昨日の事。コカコーラの何チャラのコンサートにあたった、とのことで、夕方からフェスティバルホールへ出かけました。
新しくなったフェスティバルホールははじめて。(まあ、前のホールも、記憶にないくらい大昔に1,2度行っただけですが。)
まあ、見事なホールですねえ。圧倒されます。

新イタリア合奏団というのがメインで、後半に岡山バッハカンタータ合唱団だったか、これが加わった演奏会です。その両者とも、「その道」では非常に有名な演奏者らしいです。
題目もブランデンブルグ協奏曲とかビバルディの四季とかで、非常に楽しめた演奏でした。

仕事関係の知り合いがこの手のバロックの合唱団に入っておられ、一時はよく演奏会に行ってました。もちろん、出来がいいとか悪いとか、そんなのはさっぱりわからず、まあ、「非日常」を味わいに行ってたようなところもあります。
大阪市内の教会での演奏会も何度か招待してもらい、内容はわからぬままに感動していました。
その頃は精神的にも余裕があったのかなあ。
クリスマスの演奏会があるというので、今年は行ってみるかなあ。


あ、そうそう、例によってアンコールがありましたが、あれって当然、最初から組み込まれた予定でしょう。出来が悪くって拍手も少なく、そのまま終わる演奏会ってあるんでしょうか?
  1. 2014/11/18(火) 20:51:50|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

涙がちょちょ切れる

鳥を連れてきてくれた箱。








初めて就職したのは滝川の共済組合。2年間、働いてました。
北海道では、よくジンギスカンを食べました。大阪では各家庭にたこ焼き器があるのと同じで、北海道では各家庭にジンギスカン鍋がありました。で、ジンギスカンというと、松尾ジンギスカン。
味付きのマトンを鍋で焼き、最後は中華そばを鍋の周りの「汁」に浸けて食べていた様に記憶しています。
あー、懐かしい、あー、食べたいなあ。
  1. 2014/11/17(月) 20:00:38|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

関西文化の日 2日目

今年は、博物館の自然史フェスをさぼりました。すみません。
フェスはブログやfacebookで雰囲気だけ楽しみました。例年以上に団体が集まっていたみたいです。もちろん、知り合いの方もあちこちのブースに関係していたみたいです。
でも、実際のところ、最近はあの手の展示を見に行ってもいまいち楽しめないんですねえ。興味がわかないというか、いまさら工作でもないしなあ。植物、鉱物みてもよくわからんし、今さら勉強する気にならんし。いつも書いているみたいに、興味を失う、勉強を諦めるようじゃいかんなあと思いつつも、3歩歩いたらさっき聞いたことも忘れるし。

で、午前中は仕事で、終わるとすぐにみんぱくへ行きました。みんぱくは太っ腹で、特別展も無料で入れます。
特別展は「イメージの力
まあ、通常展示でもその資料の膨大さに圧倒されますが、特別展ではさらにみごとな展示がこれでもかというほど、いっぱい並んでいます。まあ、こればっかりは実際に見てもらわないとそのすごさがわからないと思います。
特別展の入館料は830円だそうですが、まあ、その価値は十分あるでしょう。ぜひ、会期中に行ってみてください。
  1. 2014/11/16(日) 21:00:58|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

関西文化の日

まず、和歌山県立自然博物館。2,3回来たことはあるが、かなり前の話。
ほとんど、水族館ですな。あとの博物館の展示も含め、和歌山にこだわっている。和歌山県自体、瀬戸内海の端っこから三重の方まで広く海に面しているので、いろんな環境、魚、自然があるんでしょう。水族館だけでおなか一杯になります。
自然史の展示も面積は狭いですが、いろいろ揃っていて興味を抱かせます。真面目に見ていると疲れます。で、適当なところで切り上げて、和歌山城へ戻りました。

和歌山城の近くに、市立博物館と県立近代美術館があります。こういう機会がないと来ることもないでしょう。
美術館。微妙。よくわかりません。あっという間に一周回っていました。入ってすぐに出るのも恥ずかしいかと思って、それ風に眺めたりしてましたが、やっぱりいまいち、ああ、そうでっか、てな感じで終わってしまいます。

博物館では熊野の信仰云々の話と資料、仏像なんかが並んでいます。まあ、日本人の心ともいうべき話なんで興味がない事は無いですが、こっちも何だか、さっぱりわかりません。あっという間に終わってしまいました。
(ちなみに、博物館の方は常設展は280円だけど、今は熊野がらみの特別展で820円、美術館は320円だそうです。)

そのあと、城内にある動物園へ。こっちはいつも無料、というか、動物園と呼べるのかどうかも微妙な施設ではあります。とはいえ、ある意味、今日まわった中では一番落ち着いて見られた施設かもしれません。

あ、和歌山城。410円だったか。ここも市の施設だと思うんですが、「関西文化の日」していません。「文化施設」じゃなく、「娯楽施設」なんでしょうか。残念。(大阪城も昔は参加していなかったけど、ここ1,2年は一日だけ無料になっているはず。)
  1. 2014/11/15(土) 21:17:53|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

祝 当選

(facebookにも掲載してます。さあ、何人の方が両方ご覧になっているんでしょう?)
(最初の投稿を一部、書き換えています。)

某自然がらみの雑誌のアンケートに応募したらしい。「らしい」というのは例によって、応募した記憶がないという事。
「当選おめでとうございます」との紙付きで送られてきました。オルゴールになっており、リスがゆっくり回ります。

よく見ると、耳が折れています。「手作りで云々」の解説がありましたので、送付途中で折れたのではないでしょうか?いくら商品といっても、こんな状態で送ってくるとは思えませんし、ボンドを付けると目立たなくなりました。
壊れ物なのでこちらサイドで補強しています、とのクロネコの説明文が箱についていたような気がするのですが、箱と包装材はすでにほかしてしまいました。

自分で買ったもの、高価なものならたぶん保険もついているだろうし相手さんに連絡するんですが、まあ、ボンドでくっつければ目立たなくなったし、別に困ることもないのでもうええかなあ、と思ったり、礼状と合わせて連絡しようかな、と思ったり、迷っているうちにどんどん日にちが過ぎていくような気もします。

DSC05993.jpg








DSC05994.jpg






で、この子、どうしようかなあ、って、何かするものでもないですね。
物を減らそうと思っているのに、増えてしまいました。特にこういう置物系、って、最後の最後に困るのかも。
孫のおもちゃか、幼稚園のバザー用かなあ。と思いつつも、音楽は北の国からで「望郷」の念もあり、しばらくは楽しんでみます。
  1. 2014/11/14(金) 20:54:14|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

同じ穴のムジナ

私がバイブルにしているHP。ここのおかげでかなりの数のコウモリ生息地を新発見させて戴いた。基本的にトンネル、水路が多いみたいで、廃坑はやっておられない。防空壕はいくつか。当然、時々、コウモリの話題や写真も出てくる。たいてい場所を書いてくれているので確かめに行きやすい。

別方面からコウモリの情報を検索するとコウモリだらけの動画が you tube で見つかった。投稿者はこの方だった。そこだけは場所を特定できる情報がない。なんとかググりまくって大阪近郊じゃなさそうというところまではたどり着いたが、できれば情報がほしい。調査を公開されているのでスケジュールが合えば連れて行ってもらえる感じもしたが、いきなりというのも非常識?

「手土産」がわりに、「導水路の情報があるけどご存じ?」ってメールを書いてみた。すぐに返事が来て、「知らないので連れて行って」って言われた。ちゃんと、「手土産」になったみたいで、ほっとした。
で、メールを読むと、向こうさんも私のHPをチェックしてくれていたらしい。いくつかの穴はそこから知って見に行った、と言って下さった。

同じ穴のムジナ。

DSC09764.jpg






  1. 2014/11/13(木) 20:02:50|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

危険な横断歩道

病院のすぐ前に信号のない横断歩道がある。横で待ってても止まってくれる車は皆無。もちろん、こちらも期待はしていないが。
極めてまれに路線バスがこちらを見て止まる。が、対向車線の車は何で止まっているのか、理解できないらしく、止まってくれる事は無い。バスが止まったからと言ってのんきに歩きだしたら反対車線でひかれそう。
また、同じ側の車線でも、バスが止まっていると駐車しているのと勘違いするらしく、後ろから来た車がバスを追い抜こうと反対車線にはみ出す。バスが止まって対向車線にも車がないと思って横断歩道を歩き出すと、渡りかけている人がバスの陰に入るらしく、突然同じ車線側から来た車にひかれそうになる。
ここの横断歩道で車を止めるのは、いわゆる、大きなお世話状態になるんですな。
で、私は意識的に横断歩道じゃないところを渡るか、車が来そうな時は歩道に近づかぬようにしている。

DSC09758.jpg







  1. 2014/11/12(水) 22:18:45|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

また1年

さあ、気が早いかなあ。2015年用にHPの目次を更改した。
新たにリンク先を何ページも作るとなると一苦労。アップしてからリンクがおかしいのがいくつも見つかり、訂正にひと苦労する。たぶん、なんか上手なやり方があるんだろうけど、最初に覚えたやり方に固執してて、新しい、便利であろう使い方はマスターせず。年をとるとますます頑固になる。
大昔のHPには画像その他のリンク切れが多数ある。わかっているんだけど、いまさら画像を再掲しようにもすでにどこにあるんだかさっぱりわからん。気にしだすときりがないので見て見ぬふりです。

昔の自分を見ているとずいぶん今と違うなあ、と思うことも多々ある。考え方も180度変わっていることも。反面、変わってほしいことはさっぱり変わらず。コウモリ、オオサンショウウオ、昔は熱心だったなあ。当時のバイタリティはどこへ行ったのか。

まあ、また気持ちを新たに、といいつつも、のんべんだらりと過ごしてしまいそう。

DSC09609_20141105200640e05.jpg






うちらの仕事は寝るだけ。
  1. 2014/11/11(火) 20:26:23|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

関西文化の日

こないだ、関西文化の日の紹介をしたところ。
懲りもせずチェックしていると、高野山霊宝館というのが目についた。高野山には最近、コウモリ調査で時々行く。霊宝館というのがあるのは知っていたが、600円だか、かかるので入ったことがなかった。で、この霊宝館、10日一日だけ、無料で入れるという。(ほとんどの施設は15,16日が無料なんだけど、まれに日が違う施設がある。)
ちょうど今日は、夕方まで休める日。コウモリも見に行きたいし、行ってみることにした。

要するに、お宝の仏像、掛け軸なんかを収蔵している施設。まあ、見事な仏像が並んでいる。よくわからんけど、ええもんには見えます。説明も簡略で、何となくわかったような気分。といっても、建物を出るところっ、と忘れたんですが。

まあ、興味がある人、信心深い人には価値のある展示施設です。また来年、予定が合えば来るべかな。

そのあと、まんまんちゃんして帰りました。


帰り道の九度山町は柿で有名なところ。路肩の青空販売を見るが、高いのか安いのかの判断が付かない。結局、道の駅を見つけて物色。甘柿、富有柿、吊るし柿用の柿、うちの分に息子の土産、実家の土産、その他もろもろで8000円分も買い物。
久しぶりに、充実した一日でした。
  1. 2014/11/10(月) 20:37:16|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

ささらさや

トワイライト ささらさや
大泉洋で見に行ったようなもの。
まあ、ええんとちゃいますか。

85点

まあ、家族を題材にした映画は多く、親父に反感を持つ息子もよく題材に使われますなあ。そんな親父になりたくないというのが息子の親としての原点かもしれませんが、そういう親は親で、自分なりに父親をしようとは思っていたわけで・・・。

青天の霹靂も親の死を題材に使ってて、大泉さんはそんなのが適役なんでしょうか。
  1. 2014/11/09(日) 17:55:54|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

懐かしい・・・・

急に思い立って、天橋立へ行った。例によって行きは高速で、帰りは地道。
国道は山陰本線に沿って走っている。福知山付近に廃トンネル、2,3個があったはず。昔、かなり探し回って探索した。一か所は遠くの高台から入り口が見えていたが、降りてみるとブッシュがものすごく、数m歩くだけで傷だらけになった。それを何十mも繰り返した。今日はコウモリの事なんで完全に頭から抜けていたので、準備していない。せっかく、こんなに遠くまで来たのになあ。
しばらく走るとまた見覚えのある場所。ここ、明治、大正、昭和の3世代のトンネルが揃っている。(明治、昭和、平成だったか。)明治のトンネルではキクガシラコウモリが出産してて、何度か夜中に来たっけ。ホタルも2,3種いる、すばらしい場所。もう少し近けりゃなあ。
某峠。あ、ここもトンネルがあったはず。最初はすぐに見つけて普通に調査したけど、2回目はたどり着けなかったところ。
藍本。防空壕があって、私が能勢で標識した個体をここで見つけた。標識場所からけっこう離れているんだけどなあ。移動があったので何度かは調査したけど、遠いので最近はご無沙汰してる。
下山。明治時代の導水路があってキクガシラコウモリが出産している。知り合いに連れて行ってもらったんだが、夜中の川を延々と歩いたっけ。一人じゃ絶対、たどり着けない。今でも出産しているんだろうなあ。
多田銀山。穴だらけ。コウモリはじめはここしか思いつかなかって、何度も通っていた。そういえば、ずいぶん来てないなあ。
天橋立よりコウモリ調査の思い出の方が印象深い。
  1. 2014/11/08(土) 19:42:37|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

そんなん、持ってない

新製品のペットボトルが当たった、ってメールが来た。

※店頭での引換え時、e-mail機能とバーコード(電子クーポン)を表示できる機能を持った携帯電話またはスマートフォンが必要です。
※パソコンのメールで当メールを受け取った場合は、ご自分の携帯電話またはスマートフォン宛に転送してください。
※印刷したものを店頭にお持ちいただいても、引換えできません。

って書いてある。理解できない。
私の携帯はガラケー、って呼ばれるもの?バーコード、画面に出てくるの?

よくわからんから娘に転送した。あっちでもらえるんだろうか。
そもそも、例によってそんなのに応募した記憶はないんだが。とここまで書いて気が付いた。これ、って詐欺?

セブンイレブンにバーコードを出せ、っていうメールだから詐欺にはとても思えんが。


最近の、携帯電話のアンケートも機種名を書くとほとんど門前払い。最近宣伝が多いスーパーで売ってる携帯電話(?)と月額費用が同じなら買い換えた方がいいのかなあ、と思いつつも、意地で今までのを使っている。使っているといってもメールも通話も週に2,3回だけ。
  1. 2014/11/07(金) 20:25:41|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

関西文化の日

15・16日は関西文化の日。あちこちの「文化施設」が無料で入れる。同じ時期に、大阪市立自然史博物館では「自然史フェスティバル」が行われる。
友の会でもブースを出すし、評議員をやっている手前、最初は博物館に顔を出していたんだけど、実質的に私に出来ることはほとんどなく、ここ数年は参加したりしなかったり、てな感じになっている。
で、せっかくの機会なんでリストを見てどこかへ行こうと思うのだが、うーーーーーん、これと言って、どうしても行きたい場所が見つからない。行きたいところはだいたい、行ってしまった。

人間、いろんなことに興味を持つのをやめてしまったらおしまい、とは思うんだけど、全くの畑違いの美術とか、歴史を見に行っても正直なところ興味がわかず素通り、さらに自然史でも恐竜とか鉱物には興味はさっぱり無く、興味もわかない。かろうじてHP用の写真なんかは撮るんだけど解説は出来ず、写真の羅列にばかりなるので、それも飽きてしまった。

というのを毎年この時期に書いているような気がする。
今年こそどこかへ行くべ、と、リストの施設を一つずつチェックするがやっぱりどこも思いつかない。

はー、原点に戻って「みんぱく」から始めるかなあ。みんぱくが無料の日は年に何回かあり、昔は年に1,2回は行ってたっけ。でも、いつも同じところで同じ写真を撮り、同じ展示と解説を読み、最後は疲れてしまう事の繰り返し。

  1. 2014/11/06(木) 19:43:45|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

そんな時代

先日、娘を関空まで送った時の事。連絡橋の飛行場側近くに乗用車が止まっていた。釣りでもないだろうし、記念撮影でもないだろうし、徐行しながら横を通ると、後ろのタイヤがバーストしていた。
パンクの経験は多いが、バーストは無い。よくわからんが、バーストしたら「タイヤが無くなる」だけで、車に損傷があるの?
普通にタイヤ交換すりゃええんじゃないの?
と思ってちょっとググってみたら、最近はスペアタイヤがない車があるんですな。パンク修理キットだけ積んでるらしい。バーストじゃ、処置なし。
スペアタイヤ自体、大昔は普通のタイヤがトランクにあったが、妻のフィットなんかではペラペラに薄いタイヤ(もどき)が積んであるだけ。もっとも、フィットも1,2度パンクしたことがあるので、それで走行したこともあるが。
妻にしても娘にしても、スペアタイヤがあってもタイヤ交換なんて出来んだろうなあ。もう、今の時代、自動車学校でもそういうのは教えないの?
  1. 2014/11/05(水) 21:15:43|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

何度読んでも

何度も読んでいるわけではないが・・・・。

映画「永遠の0」
期せずして涙する。

素直に本を買えばいいのに映画を見た後で、図書館で本を予約した。たぶん、昨年の夏。順番待ちが100人だったか、200人だったか。何かの折にその話を病院ですると、スタッフが本を持っていた。(えらい!)
借りて一気に読む。やっぱり涙する。

数日前に、待つ事1年以上、図書館の順番が来た。
映画のストーリーを思い出しつつ、前回読んだ本の内容を思い出しつつ、同じ場所で涙する。

これを機に百田さんの本をいくつか図書館で借りて読んだけど、この一冊だけが飛びぬけている。あとはあんまり、なんともなかったなあ。


  1. 2014/11/04(火) 20:20:17|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
次のページ
【楽天市場】本・雑誌・コミック