毎日の院長

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

毎年の繰り返しだけど

カレンダーも最後が近い。2か月一緒のは最後の1枚。WWFで来年用のいつものカレンダーを仕入れた。決まりきった予定は来年用のカレンダーに書き込んだ。その時まで生きているのかどうかはわからんが。
11月も末が近くなってくると、これまた例年の事ながら年賀状に悩む。いまさら家族でもない。シーナがいなくなってペットの写真もさびしい。いっそ、既製品?もう、やめる?そういえば昨年はなんだっけ?忘れてしまったなあ。
もう、開き直ってコウモリにしてしまうか。私の友人分ならいいだろうけど、親戚とか妻の分はとても無理か。と言いつつも、私の分だけなら一ケタの枚数で間に合うかもしれない。
え、来年羊年?歳がばれるが、私の学年は羊と猿だったと思う。となるとぼちぼち、定年、年金暮らしの友人も出てくるのか。

私自身、次の人生を考えるときかなあ。
  1. 2014/10/31(金) 20:58:52|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

青森は?

患者さんからお菓子をいただきました。ありがとうございます。

東北応援の外函だそうです。
DSC05901.jpg







DSC05902-1.jpg







DSC05903.jpg







DSC05904.jpg




DSC05905_20141029142438986.jpg


青森は?カモメかなあ。白鳥には見えないし。白黒ならミヤコドリ?あっちにいたっけ?
その他はわかったんですが。
  1. 2014/10/30(木) 20:30:10|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

アゴ、というらしい









鹿児島の土産です。
本来はダシをとるもの、らしい。こっちでいうイワシの煮干しが、あっちじゃトビウオ、という事でしょうか。
で、これはおやつとして食べました。

屋久島に宿泊した時も、夜はトビウオの一夜干しでした。大阪じゃめったに見ないのはどうしてだろう?
  1. 2014/10/29(水) 20:24:58|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

我慢の限界

散髪屋へ行こうかと思った。いつものQBハウスは、1000円だったのが1080円になっている。今回の8%をきっかけに、「値上げ」したらしい。まあ、そんなもんかなあとも思うが、なんかちょっと気分が悪い。

はるか前に行ってた駅前の散髪屋は1500円、だった。それが、電光看板の下に太いマジックで、カットのみ1100円、と書かれている。電光看板では、大人顔そり込み1500円とは流れるんだが、カットのみ1100円とは流れない。本当はいくらなんだろう?この散髪屋は雑居ビルの地下にある。道路から中は見えない。
何か月か前、店まで行ってみた。お客さんが2人待っている。散髪屋で待つのは大嫌い。近くの本屋へ行って時間をつぶしてまた行ってみた。人は変わっているがやっぱり2人。仕方ないか、素直に待つかなあ、と思っていたらおっさんが先に入って3人になった。諦めて、別の散髪屋へ行った。

さあ、今日の散髪屋はどこにするかなあ。8%になっても値上げしていない、「980円」の散髪屋。病院からはかなり遠い。無茶苦茶切りまくるので冬に切ると寒い。今ならかろうじて大丈夫か。激チャリで行ってみた。
1時55分に着いた。誰もいない。待合いの椅子の上に、「食事中。30分か20分、お待ちください」と書かれた紙が置かれている。奥のドアの下に靴があるんで、あっちにおるんだろうな、とも思うが、ベルが鳴るわけでも無し、窓からあっち(こっち)が見通せるわけでも無し、ただ、ボーっと待っていた。
2時10分。
気が短いので帰ってしまった。
声をかけろって?
あまのじゃくなんで、お客のこちらから「お願い」するのもシャクに障るので黙って帰ってしまいました。それにしても、やる気のない散髪屋ですねえ。

で、最後は仕方なく、QBハウス。気が短いので100円損した感じの1080円。
何人も待っていたら今日はやめようと思っていたら、理容師3人に、お客は2人待ち。ここの売りは10分1000円。(あ、今は変わったんでしょう。10分1080円)単純計算なら10分で回転するはず。
椅子に座りつつ、順番を考えていると真ん中の兄ちゃんに当たるらしい。見るでもなく見ていると、けっこうのんきに切っている。時計を見ると10分をはるかに超えている。ちょっといらつく。
やっと終わった、と思ったら兄ちゃん、奥の部屋へ行ってしまった。休憩?
ここ、先に料金を払わせるやり方。後で支払いだったら、帰ってしまいたい気分だったが、じっとこらえて待っていると兄ちゃんが戻ってきた。
無事、終了。

終わった時間を考えりゃ、980円で待っていた方がずっと早く終わってた感もある。
アホですな。
  1. 2014/10/28(火) 20:45:51|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

延々、5時間・・・・

河内風穴。滋賀県にある、鍾乳洞。一説によると、日本最大(最長)とも言われている。
いつだったか、雨の次の日だったかなあ、楽しみにしながら行ったら、「本日休業」の札が下がっていて、見られなかった。
仕方なく、彦根まで戻って彦根城とヒコニャンを見て帰った。
今日は仕切りなおし。

堺から高速を使って3時間ほどだったか。近いような、遠いような。今日は事前に電話で確かめたので大丈夫。
最初の部屋が巨大。ここのコウモリを調べている人がいるんだけど、あんなに大きな空間で、どうやってコウモリを探しているんだろう?

鍾乳洞を調べていて、関ヶ原にもあるのを知った。ついでに行ってみるべ。
まあ、ごく普通の公開洞。

行きは高速代3000円くらいだったか。
時間はあるしお金がもったいないないので、帰りは一般道を走ってみた。

5時間・・・・。
疲れましたわ。
いずれそのうちHPへ載せますね。
  1. 2014/10/27(月) 22:26:43|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

縁というものはそんなもん

日産キューブ。娘の車。車検。
某ディーラーに車検をひと月も前から頼んでいたが、一向に取りに来ない。あと数日で車検が切れる。車検、って、「おいしい仕事」と思っていたけど、そんなにやりたい仕事でもないのかなあ。しびれを切らして、すぐ近所の日産に持ち込んだ。

普通、車屋、って、余計なお世話と思うくらい「サービス」がいい。「お客様駐車場」に車を入れた途端、何人かおっさんが寄ってくるイメージがある。土曜日の夕方だったが、車を止めても誰も来ない。もちろん、「余計なお世話」って書いているくらいだからこちらから車を降りて店舗に入って行きゃいいんだけど、なんか、無視されてる気がしてええ気がしない。(わがままですな。)店舗内を見ても誰もお客さんがいない。今日は休みなんかいな。
しばらく駐車場で待つが誰も来ないので、諦めて帰ろうと思った。道路へ出るのにタイミングが合わないで、しばらく待たされた。と、その時になって初めて、おっさんが寄ってきた。要件を言って、バックした。

もう日がないので必ず車検をする、ほとんど乗っていない車だから最低限で、って頼む。めんどくさいからそのまま置いていこうかとも思ったが、一応の目安という事で見積もりを書いてもらう事にした。

まあまあ普通の見積もりだったが、「タイヤがはみ出しているので車検が取れません」という。
え、どういう事?前輪のタイヤがフェンダーからはみ出しているとか。そんなん言われてもなあ。前回もこのタイヤで車検を取っているんだけど。車屋は言外に、別のタイヤで車検を通してから元に戻せ、てな事を言う。そんなん、別のタイヤなんてあるはずもない。
何年か前にタイヤは履き替えたが、タイヤ屋が車検に通らないほど幅の広いのを付けるはずもないと思うんだが。本当に車検が無理なんだったらタイヤ屋に文句を言うべ。

結局、即断はやめて最初に入れるつもりだったディーラーへ行ってその話をした。なんだか、機械を持ってきてタイヤとフェンダーを測っている。問題ない、って。十分、基準に入っている、との事。
ほんなら、日産の話は何だったんだろう?自分の会社の車だったから、そのタイヤは気に食わなかったのかなあ。わざわざ、車検に通らないほどの幅広タイヤを履く車に見える?これ。

まあ、縁、相性とはこんなもん。最初からこっちへもってくりゃよかったか。
あ、日産も車検をやりたくなかったのかなあ。
  1. 2014/10/26(日) 23:21:41|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

お久しぶりです

まず、新穴を探しに。
宝塚駅のすぐそば。さあ、今日は「大歌劇」でもあるのか、お姉ちゃん、おばちゃんがいっぱいの駅を通る。そこからほんの2分ほどの場所に車を止める。向こうに駅とマンション群が見える。古そうな橋を下りると右手に穴、向こうに滝。
持参した胴長を履いて入ってみる。昔はオオサンショウウオをやっていたので月に1~2回は使っていたんだが。久しぶりやなあ。
入り口から水没してて、足を入れると泡が出てきて足がめり込む。底なし沼の感じ。入った足が抜けるのかどうか、不安になる。人知れない深い穴に落ち込んで骨になるのならまだ本望だけど、ヘドロの中に埋まったまま骨になるのは嫌やなあ。数歩歩いて、もう引き返したくなる。が、奥が見えていて、なんかいるような気配もある。
何とかたどり着くとキクガシラが二つ。一応、新産地。
その後、向こうにある滝を見に行く。まあまあ、立派な滝。丁字ヶ滝、というらしい。(ググればいっぱい出てきます。)
駅近にこんな立派な滝、って、なんか「観光地」として使えないのかなあ。もっとしょぼい滝、あちこちで騙されて見に行ってるけど。

すぐに調査が終わっていつもの穴へ。前回、夏に来た時はみんなすぐに目が覚めて飛んでしまったところ。少し涼しくなってきたからか、みんなよく寝ている。コウモリ調査を始めたころは眼鏡も無しで標識番号が読めたんだが、今じゃ無理。穴で懐中電灯や野帳や標識を持ちながら、虫めがねを近づけて番号を読むのは苦労する。
いくつか読むが、けっこう新しい番号。帰って確認すると昨冬に標識した子らがほとんどだった。やや古めの標識が目にとまって番号を見ると、かなり古そう。確認すると、7年前に付けた子だった。以来、ほぼ毎年会っているらしい。うーん、顔だけじゃわかりまへんな。

コウモリの寿命は20年?さあ、いつまで続けられるかなあ。








標識が食い込んだ子を発見。
申し訳ありませんでした。
(穴は何か月かでふさがるらしい。)
  1. 2014/10/25(土) 23:45:13|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

府庁で迷子

用事があって大阪府庁へ行った。2年に一回来る必要がある。
ご存知の方はご存知の通り、大阪府庁本館は歴史的建造物。築80年だったか。外も古けりゃ、中もすごく古い。部屋の入り口は木造、ノブは真鍮の丸いのん。ガラスにひびが入っている部屋もちらほら。
耐震工事をしているとかで、中も外もフェンスに、立ち入り禁止の柵ばっかり。

用事があるのは真ん中の建物だったと思う。普通なら地上を横切っていけるのだが、フェンスが張られている。いずれにしても一階だから、回って行けばいいや、と思って適当な入口から入ってそちらを目指すのだが、行けない。歩き回ると同じ所へ戻ってくる。地上は工事だけど2階から回り込めるかなあ?、と思って2階へ行ってみる。適当に下りるが、やっぱりいけない。同じところを回っている。

入り口に案内所があるので行ってみた。普通、案内所というのは机一つに、お姉ちゃんがこっち向いて座っているんだと思うんだけど、ここは小部屋と小さなガラス窓がある。ガラスの向こうにお姉ちゃん。お姉ちゃんからすると、首を横に回さないとこっち向けない構造。窓まで行ってみたがお姉ちゃん、あっち向いて髪の毛をいじくり回していてこっちに気が付かない。声をかけるのもシャクなんで、また適当に歩いてみる。
やっぱり、どこにもない。

庁舎内の地図を一生懸命ながめていたら、おっちゃんが声をかけてくれた。どこへ?
おかげさまで、やっと到着。なんか、袋小路みたいになっていました。

でも、これが天下の大阪府庁、って、やっぱりおかしいですな。なんでバブルの時に建て替えられなかったんだろう?

あ、南港の府庁にも時々行く。あっちはあっちで、恐ろしいところ。階によっては誰も入居しておらず、ほこりまみれのがらんとした部屋に電気コードなんかが散乱している。ゴーストタウンみたいなもの。


あ、申請書類に記入漏れがある、って言われたっけ。「なし」って何か所にも書かんといかんかったらしい。「わかりました」と言いながら、他の話をしていて書くのを忘れたと思う。書いた記憶がない。
あれ、どうなるんだろう?でも、提出してから記入漏れの連絡は来てないけど。役所で勝手に書いてくれたのかなあ。

それと、手数料。二人で2年間で12000円ほど、って高すぎない?特に何してくれるわけでもないのに。
  1. 2014/10/24(金) 21:13:37|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

診療拒否じゃないの?

三重県の知り合いからメールが来た。アブラコウモリの保護、治療の相談、だって。

その方はコウモリでは非常に有名な先生だし、公務員をなさっているのでまわりまわって相談が行ったみたいな感じ。で、骨折的な外科的内容の話で、治療についての相談。

一般市民が保護されたそうな。うーーーん、治療といってもやっぱり診療しないと状況はわからないし、処置内容も違う。アブラコウモリと言えども、野生動物なんで県が責任を持って治療すべきなんじゃないかなあ、と思って、それなりの傷病鳥獣治療施設に診てもらうように話をしたが、あちこち、すべて断られたんだそうな。ちなみに、(三重県には公的な動物園はないので)名古屋の東山動物園にも連絡したのに断られたそうな。

まあ、治療する自信がないのであれば断るのが良心的と言えなくもないが、相手はペットじゃなく野生動物。保護された方も良心で保護しただけで、飼うとかという話でもない。動物愛護の観点からはとりあえず引き取ってそれから考えればいいのに。

  1. 2014/10/24(金) 19:08:56|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

使い切れるか

単3電池が無くなった。手持ちのハロゲンランプで使っている。最近はLEDのヘッドライトも使っているが、どうも冷たい感じがして慣れない。トンネルや大きな穴では単1・6本の大きな(昔ながらの)懐中電灯、ヘッドライト、手持ちのライトの3本立て。単1のライトも時代遅れなんだろうけど、新しいLEDを買うのももったいなくって、また、どれを買えばいいのかよくわからぬまま、果たせていない。まれに大学生を連れて穴に行くとすごく明るいライトを持っていてびっくりしたりするんだけど。




で、電池はどこのが良いのかもよくわからない。100均でもそん色ないという記事を時々読むんだけど、試した事は無い。古いおじさん何で、最後はナショナル、じゃない、パナソニックに落ち着く。最近はエボルタ、だったか。
充電池の方がお得なのかと思いつつも、これまた「初期投資」がかかるんで、二の足を踏んでいる。

最後はどこから買うか、というところ。アマゾン、楽天、アスクルを調べ、結局最後はヤフオク。さあ、送料や送金手数料をかけても本当に安いのかもわからぬまま、今回も適当に買ってしまった。

この頃、明らかに調査回数は減っている。
この電池、使い切れるかなあ。
  1. 2014/10/23(木) 22:08:14|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

ただいま

(予定稿、すなわち、前日に書いております。)

数か月前の、ピーチの特売。片道2000円だったかなあ。DMが来てチェックすると、受け付けは0時。眠たいのを我慢してパソコンで時間つぶし。
時計の針が12時を回ってからチェックすると、ほとんどの便が2000円になっている。曜日や便によっては安くないものもある。翌月あたりで平日、鹿児島日帰りで予約しようと思った。

いくつかチェックして購入しようとするのだが、かなり進んだところでエラーが出る。なんでだろう?同じことを何度も繰り返した。やっぱり、最後まで行き着かない。
そうこうしているうちに、一番安いのはどんどん売り切れてる。残っているのはかなり先の日程。
まあ、急ぐこともないだろうし、楽しみは先延ばしにして数か月先を予約した。


それから何か月かしたころ、乗員不足だっけ、大幅な減便のニュースが流れた。とりあえず飛ばないものリスト、飛ばなさそうなリストというのが発表になった。あわててチェックした。

鹿児島便もかなり減便されていたが、驚異的に我々の飛行機だけ往復、飛ぶことになっていた。
信用してもええのかなあ。
それから何度かチェックしていたがずっと生き残っている。ピーチからの連絡もない。たぶん、大丈夫なのかな。

そういえば、ここ1,2か月はチェックしてないなあ。最後の最後で飛ばない、なんてことの無いように祈ってる。

ということで、本日、鹿児島日帰りしてきたはずです。
詳細はいずれ本家HPで。
  1. 2014/10/22(水) 20:54:14|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

今度はインクカートリッジ

電池をヤフオクで買う話を書いたところだが、次はインクカートリッジ。
ポイントを使いたいので楽天を使ったり、他のネット通販も使ったこともあったが、アマゾンが微妙に安くてここから買うことも多かった。が、チェックするとヤフオクがやっぱり安い。
いくつかにチェックしておき、いくらで終了したかを調べて見る。一番安いくらいの値段で入札してみる。終了直前に横取りされる、というのを繰り返している。
ほんの100円、200円の世界なんだけど、なんか高く買うのもあほらしいし。
が、決まりきった商品だからか、特別に安く買えるわけでもなく、送料や送金手数料を加えるとアマゾンに近い値段になってくる。
素直にどこかのショップで買う方が早いんじゃないの?
  1. 2014/10/21(火) 22:33:24|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

そんなタクシーもあるのか

今、夜の8時前。大阪市内からタクシーで向かっている、との電話があったのが6時過ぎ。7時を回るかも、との事。


7時10分くらいに、高速を降りた、との連絡。という事は、あと10分くらい?

7時30分に、道に迷っている、今、東三国ヶ丘の駅付近、と運転手。
え、そんな駅ないけどなあ。よく聞くと、三国ヶ丘の駅にいるんだって。

うちは、堺市駅。知らない人は南海の堺駅、南海高野線の堺東駅、阪和線の堺市駅を必ず間違う。で、説明する時やHPにははっきりと、阪和線の堺市駅、って説明しているんだけど。
さあ、患者さんの説明が悪いのか、運転手がトンチンカンなのかはわからないけど、目的地もはっきりしないまま走っているのかなあ。そもそも、タクシー、って、カーナビ、って積んでないの?うちの病院、カーナビの電話検索で引っかからないの?

7時45分に患者さんから電話。
「場所がわからないから堺のタクシーに乗り換えて」って、とんでもないところで降ろされたらしい。で、タクシーをひらおうと思ってるが全然来ない、って。

え、そんな話あるの?私なら激怒するなあ?とりあえず、金は払わんやろうなあ。


最初から普通に電車で来れば1時間もかからないところ。急いだがために、余分に1時間・・・・・。



8時30分を回りました。まだ来られていません。
さすがにこちらも参りました。
  1. 2014/10/20(月) 19:55:17|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

海からの贈り物 人からの落とし物

底引き網と石げた網の収穫物をすべて陸揚げして、生き物(あるいは、ゴミ類?)の観察をしようという行事です。今までに数回行っていますが、海の状況で船が出られないことも多く、今回の行事は3度目の正直でした。
主目的は生き物の観察なんですけど、参加者の本当の目当てはこっちだったりします。








仕事で午前中は参加できず、どんなのが取れていたのかは展示されていたバットの中身を眺めるだけでした。もっとも、私の興味もこっちの方(食べる方)がずっと強かったのですが。

私が覚えている最初は、20年くらい前でしょうか。ハゲ(ウマズラハギ)ばかりとれて、たまたま会員さんに調理師さんがおられて、ひたすら皮を剥いでは煮付けを作っておられたのをよく覚えています。今年はどうだったんだろう?バットにも並んでいなかったように思います。

参加する方は非常に楽しい行事ですけど、主催する側としては天気にものすごく左右される、ひやひやの行事です。


そうそう、表題は私の案で、行事の名称として何年も使いまわしています。というか、これ以上の言葉は無いと自負しています。
  1. 2014/10/19(日) 18:33:16|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

机上の空論

茨木の友人のところへ行く用事ができた。電車なら1時間もかからないか。大阪や茨木にほかに用事はないし、ただ往復するだけ。時間だけはたっぷりあるので、運動を兼ねて自転車で行ってみることにした。
ざっと40kmくらい?自転車で3時間はかからないだろう。12時くらいに行って用事をさっさと済ますべ。そのあと、高槻のあくあぴあ芥川へ行ってみるか。余裕があればあっちに戦争遺跡がある。こっちにはダムの試掘坑。懐中電灯も持っていこう。

2時間30分で到着。しんどい。
用事はすぐに済んだけど昼食をおごってもらい、久しぶりにいろいろ話をしてきた。楽しかった。

自転車というのは歩くのとは違った筋肉を使うのか、へんな疲労感がある。帰りの事を思うと、とても自宅とは逆方向の高槻へは行く気がしない。(芥川への道はずっと上りになりそうだし。)素直にこのまま帰ることにした。

淀川で風景と鳥を楽しむ余裕もなく、ただひたすらペダルをこぐ。淀川を離れてからは適当に方向を決めて走ってるが、あっているのかどうかも不安。
やっと見覚えのある地名が出てきて一安心。

帰り、2時間50分。

5分の用事に、自転車5時間。
  1. 2014/10/18(土) 16:18:29|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

気持ちはわかるんだけど

野鳥を保護したという電話がかかってきた。連れてきてくれれば引き取ります、って返事をした。
その先どうなるのかと聞かれ、元気になれば放鳥する、って答えた。と、放鳥する時は連絡をくれるのか、放鳥に立ち会いたいという。
まあ、気持ちはわかるんだけど、こっちもそんなに暇じゃない。こっちの都合で適当な場所で適当な時に責任を持って放す。そんなん、正直な話、いったん引き取ったら全面的に任せてもらわないとやってられない。
「納得できないので他を探します」
ええ、どうぞ。こっちもひも付きでまで、野鳥を引き取る気にはなりまへんわ。

野鳥を持って来られた。明日にまた電話します、って。まあ、経過を知らせる電話をくれと言われりゃ断るんだけど、経過を聞く事くらいは断る理由もない。
「ええ、どうぞ」
残念ながら翌日落鳥した。電話がかかってきた。その旨伝えると、引き取りに行きます、だって。
基本的に、引き取った野鳥は返還してまへん。仮剥製にして標本として博物館に収めてます。今さら返せというパターンは初めてやなあ。
  1. 2014/10/17(金) 23:40:10|
  2. 仕事?野鳥|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

思わず

頻繁に来る、自動車の任意保険の勧誘メール。車が3台あると、更新も年に3回ある勘定。最終的にはいつも同じ保険会社で契約するんだけど、時期が合うと思わず見積もりを取りたくなる。目当てはこれなんだけど。

DSC05663.jpg







最近の任意保険は車の故障対応や牽引もしてくれる。
何十年もJAFに入っていたが、牽引してもらったのは1回くらいか。
妻が車に乗ってて、途中でエンストしたことがあった。JAFは本人しか使えない。JAFに電話して、すぐに私が車のある所へ行くので出動してくれないか、って頼むと、ダメ、って言われた。融通が利かないなあ、って思った。

で、保険に故障対応が付いているのでJAFをやめてしまった。やめたとたん車が故障。
立て続けに2回、牽引してもらった。
  1. 2014/10/16(木) 20:55:11|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

いつの話?

ベネッセからまた「500円の金券」が送られてきた。娘の情報が漏れた、という事らしい。
漏れた、って、娘が「チャレンジ」やっていたのは10年以上前の話じゃないかなあ。それ以外になんかやっていたんだっけ?
とりあえずはくれるというのでもらってしまったけど、そんな古い情報、欲しがる人もおらんように思うんだが。

いつだったか、勧誘の電話がかかってきた。なんでこの電話を知ったのか聞いてみた。(って、動物病院の電話なんで何を見ても載っているだろうけど。)タウンページの上から順番にかけています、って、正直なおっさん。

「そういう電話はお断りするように言われております、すみません」
と、よくスタッフが電話に対応している。悪い事をしている訳じゃないんだから、「すみません」はいらないんじゃないの?、って言うんだけど、たまたま私が電話を取った時に限って勧誘の電話が多く、「院長は外出してます」だけ言えばええのに、思わず、「院長は外出中です、すんまへん」って、やっぱり「謝って」しまう自分がいたりして。

一度だけ、「院長は先週から入院してます。ご存じないんですか?」って言ったことがある。ほんなら向こうが「知りませんでした、申し訳ないです」って謝っていたっけ。
  1. 2014/10/15(水) 23:41:42|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

7円の損

お昼のレジチェックで、スタッフが首をかしげた。

DSC05683.jpg






なんかおかしい。

DSC05685.jpg







ユーロの2セント硬貨。レジをチェックすると10円足りないので、この「2セント玉」を10円として受け取ったらしい。
「犯人」はわからず。まあ、故意じゃないとは思うんだけど。


母方の祖父は、法隆寺の門前で土産物屋をやっていた。外人が故意かどうかは知らないけど、クォーターコインを100円玉のつもりで使うことがちょくちょくあったらしい。100円玉と色も大きさも似ている。で、祖父はいつもそのコインをくれてた。当時は1ドル360円。計算上は90円で、10円損をしていた勘定。

1ドル360円の時代を知ってる人って、どれくらいいるんだろう?
そういえば、祖父が沖縄へ遊びに行くとき、パスポートにドルを用意して、って話をしていたなあ。
土産は琉球切手。額面はドルとセント。
なつかしい。
  1. 2014/10/14(火) 20:16:48|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

一応、台風か

午前中は青空もあって、どこが台風?、って思っていたけど時間が経つにしたがって雨も降ってきた。現在、夕方6時。けっこう降っている。風もちょっとある。
私が子供の頃は台風というと一大事件で、学校は休みになるし父も会社からかなり早く帰って来ていた。雨戸にくぎも打っていたような気がする。懐中電灯とローソクも用意して、年に1,2度はローソクを使っていたような気もする。最近はそんな事、さっぱり無いなあ。ローソクもどこにあるのかわからん。懐中電灯だけは「商売道具」なんでいつもザックに入っているのですぐに用意はできるだろう。

ニュースは台風一色。危険だから川や海へ近寄るな、って、取材のアナウンサーがそんなところで映像を撮るのは問題ないのか。非常に強い風が、って、映像からはそんな風に見えないんだけど。

さあ、大阪通過は何時?寝ている時間のような気もする。そういえば、一階の窓こそ雨戸を閉めたが、2階はいつも開けっ放し。今日くらいは閉めるかなあ。でも、朝になって窓が明るくならなかったら遅刻しないかなあ。

あ、そういえば、タヌキはいつも外。一晩頑張ってねえ。
  1. 2014/10/13(月) 18:44:31|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

わかるような、わからんような

朝に仕事ポツポツ。
昼からホネホネサミットの講演を聞きに行くつもりだったけど、それまでの時間つぶし。やっぱり映画。
「ジャージー・ボーイズ」
クリントイーストウッド、だって。

実話なんでしょう。知ってる音楽がいっぱい出てくることは出てくるんだけど、その由来というか、歌手(グループ)の事はじぇんじぇん知らなかった。映画を見終わってネットで確認してはじめて、ああ、そうだったんですか、という感じ。

吉永さんの映画はものすごく点が低い。(まあ、想像もつくが。)反してこっちは結構点が高かったんで選んだんだけど、もう少し、予備知識が必要でした。

70点。


昼になったんで博物館へ行こうと思って念のため学芸員のfacebookを確認すると、撤収終了、と書かれている。台風で中止になったんだそうな。今日の講演、楽しみにしていたのになあ。
  1. 2014/10/13(月) 13:58:39|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

微妙

朝は仕事。昼から例によってホネホネサミット。
ブースを見て回るが、まあ、基本的には骨。はやりは透明染色標本、ってとこかなあ。何年か前と、あまり傾向は変わっていない。
個人で出しているブースもやっぱり骨。きっちり漂白して組み立てているところもありゃ、頭だけ並べているところ、頭以外の骨は袋詰めだったり、平面的に紙に張り付けたり。鳥も同じで、翼だけの標本だったりする。
頭だけ並べられても、まあ、ああ、そうですか、てな感じだけで次がない。組み立て標本も、プロの作ったものは博物館にいっぱいあるわけで、個人で作ったのを自慢されても、これまた、ああそうですねえ、てなとこで終わってしまう。もちろん、作れと言っても、特に最近はほとんど作ってないし、コウモリもいくつか挑戦したけど溶かし過ぎて失敗してて自信消失してる。
講演会は面白かった。獣医解剖学の先生だけど、やってることはほとんど動物学、博物学。日本の先生が韓国で、英語で講義してる、って。日本で英語の講義されても付いていけないだろう。そういう意味では韓国は進んでいるなあ。

ということで明日もう一日あるんだけど、台風直撃の予報。JRなんて、今から在来線全線運休の予報を出している。全線運休、って、出展者はどうして帰るんだろう?、って心配する前に、私も電車じゃ行けなない(行ったら帰れない)という事?
このブログ書いてる今は、台風の予感も何もないんだが。
  1. 2014/10/12(日) 19:10:55|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

ホネホネサミット「前夜祭」

明日からホネホネサミット。何年か前にもありました。
今日は準備と、標本士、ミノルさんのお話に実習でした。皮の処理の話があるというので聞きに行きました。細かな点で、なるほどというのがいくつか。皮下脂肪の処理は、結局は「王道」なし。細かく丁寧に取るしかないらしい。








すでに展示準備が終わったところもいくつか。前回と同じ出展者もちらほら。
明日にまた見てきます。

  1. 2014/10/11(土) 20:58:19|
  2. ほねほね団|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

世の中を動かすのはおばさん

妻と私のアカウントで、いくつかのアンケートサイトに登録している。最近、アンケートが来るのは妻ばっかり。おっさんの意見はいらないのかなあ。

昔はせこせこ、1000円の商品券に変えていたが、いつも娘にプレゼントしてて手元には残らなかった。最近はアマゾンの商品券というのが増えてきて、こっちに代えるようになった。金券の有効期限はそこそこ長いんだけど、なんか「パソコンの中」だけで貯めているというのは実感がなくって不安。今までは、少し貯まるとすぐになんか買い物を見つけて使っていた。
今回、6月くらいから使わずにためていると、残高が16000円にもなっている。ざっと計算すると月に3000円?そんなに稼いでる実感はないけど、実際、それくらいあるんだから本当なんでしょうな。
それ以外に、楽天の方でもクリック1円、検索2円とかで、月に数百円。こっちは期限がかなり短いものもあり、使い道に困るときもある。

外資系のアンケートは一つで200円だったり、300円だったりする。かなりお得。ただし、最後の最後まで回答しないと「お金」にならない。途中で「ありがとうございました」となる事が多く、こっちは「お金」にならない。

とにかく、いちばん「儲かる」のは獣医師向けのアンケート。送ってくるのはリサーチの会社だが、なんとなく依頼主がわかるものも多い。謝礼が高いだけ、質問も多いし、答えにくい質問も多い。仕入れ値なんて、事細かくは覚えていないし、月の使用数なんてチェックのしようがない。
いつだったか、電話でのアンケートを受けたことがある。おばちゃんがマニュアルに従って、いろいろ聞いてくる。最初は真面目に答えていたんだけどあまりにも細かい質問が多く、時間もかかっていたのでめんどくさくなってきた。途中だけどもう断ろうかと思っていたら、おばちゃんが必死で止めにかかる。たぶん、何度も断られている感じで、おばちゃんの必死さがよくわかった。最後は、これで答えておきましょうか、って、向こうから先に「回答」を誘導してくれた。
ちなみに、謝礼は図書券2000円か、3000円。これは90%で買ってくれる人に直行する。
  1. 2014/10/11(土) 20:53:37|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

30/1400

とあるアンケートサイト。あちこちクリックして頑張って一日数十ポイントか。5000ポイントで500円なんで、まれにポイントの大きいクイズやアンケートもあるが、2~3か月かかって500円の計算。効率がいいんだか、悪いんだか。

こないだ、やっとこさ500円もらってポイントが無くなったところ。またシコシコ貯めようかと思っていたら、現在、3000ポイントになってる。驚いてチェックすると、川柳が入選して3000ポイントくれたんだって。

月に一回の募集があって、投稿ポイントが50ポイント。そっちがほしくて適当に送ったのが「入選」なんだそうな。
「作品」を紹介したいけど、ここに載せるのも恥ずかしいくらいの作品。ほかの作品も、良いものもあるが、なんで?、というものも多い。
まあ、何であれ、もらえるものはもらっておこう。次の500円まで少し近くなった。

あ、表題は応募総数と入選数です。
あ、それとこんな「事件」は2度目です。才能が皆無なのに2度も選ばれるって、選ぶ方も才能ないなあ。
  1. 2014/10/10(金) 19:07:55|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

探し物

探し物をしていた。一生懸命探すと、たいてい見つからない。あちこちひっくり返している過程で昔のアルバムを見つけた。

DSC05674.jpg







コウモリを始めたころはデジカメがなかったのか、使っていなかったのか、普及していなかったのか。

アルバム3冊にコウモリの写真がぎっしり。懐かしさはあるが、それ以上の物はない。同じような写真はその後の調査でデジカメでイヤというほど撮っている。しいてこの時代のこんな写真を使うこともないだろうなあ。気になる写真だけおいておき、残りは処分。さあ、この時代、写真1枚いくらくらいだっけ。まあ、計算するだけむなしい。
  1. 2014/10/09(木) 20:32:58|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

残すべきかどうか

南海本線の諏訪ノ森駅。上部にステンドグラスが入っている。
高架工事のため、いずれこの駅舎は無くなるはず、だった。が、前に広場を作って移動させ、保存するんだそうな。
たしかに50年以上この駅を使ってきて愛着はあるけど、保存するほどかなあ、とも思ってしまう。もちろん、前面のステンドグラスなんかは残す価値はあるだろうが、「電車が止まらない駅舎」にどれだけの価値があるのか。もちろん、一つ南の浜寺公園駅(こっちも高架で現在の駅舎は必要なくなる)は残すべき価値はあるが、それと同等だとは思えない。

かなり前、五箇山や白川郷へ行った。ああいう古い家は好きである。あっちはまだ人が住んでいて家そのものが生きている。大阪の服部緑地に(たぶん)白川郷の古い家が移築されているので行って見たが、ただ古いだけで生きている感じがしなかった。古民家内でいろんな行事は行われているらしいが、基本は家そのものの展示施設になってしまっている。
そうまでして残す必要があるのか、ないのか。残す以上は「命」も残して欲しいなあ。









DSC09414-1.jpg






  1. 2014/10/08(水) 21:45:25|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

脱力感

日曜日に宮崎さんの講演会。お昼にお会いして講演をしていただき、その後、博物館で雑談。
6時くらいから、有志10数名で居酒屋で盛り上がりました。
その後、ホテルまでお送りしたのですが「仕上げのラーメン」との話が出ました。私、極端な味音痴と外食嫌い。たまたま、堺出身の知り合いが同乗していて、さらにその方がご友人に情報を聞いてくれて「有名な塩ラーメン専門店」を紹介してくれました。聞いてみると、うちの自宅から一駅のところ。ふーん、知りませんでした。
宮崎さんもおいしい、って言って下さり、ほっと一息。
結局、ホテルでお別れしたのは夜の11時くらい。


話の発端はいつだったかなあ。博物館の評議員会議で、総会の講演の縁者を探す話になって、宮崎さんを呼びたい、って私が発言。「知り合い」ということで講演料とか条件を聞くように言われ、問い合わせました。結局、予算的に無理(そもそも、特別講演には大学の先生とか博物館の学芸員を呼ぶことなんかが多くて、予算を組んでいないのです。お金がないんだったら、最初から聞かなかったのに・・・・・・。
で、その条件をもって堺市獣医師会へ話を持って行くと、獣医師会として一般市民向けのセミナーをしてみようという事になり、話がトントン拍子に決まりました。それが6月だったか、7月だったか。

日程が決まったときカレンダーに「宮崎さん」と書き込んだけど、ずっと先の行事だと思っていました。それ以降、獣医師会の担当者、宮崎さんサイドと何度もメールのやり取りがあったりして、やっと日曜日に本番を迎えました。

日曜日は朝から仕事でしたが、台風も来ているし、気もそぞろ。動物園のクマみたいに、病院の中をうろうろ。
11時58分くらいに、2分早引けして会場へ向かいました。会場で待とうか、駅まで迎えに行こうか、いろいろ悩みつつ、会場でも落着きなく、うろうろ。
1時間ほど前に直接会場入りするとの連絡をもらい、建物の入り口で待機。

さあ、お会いしたのは何年ぶりだったかなあ。10年くらい?
その頃は、私も宮崎さんも、頭はこんなに白くなかったぞ。


そもそも、私が宮崎さんを知ったのは、16歳の頃。私の「青春時代」はアニマとともにあり、そのアニマの代表的な写真家が宮崎さんでした。大学、就職、転職・・・・、常にアニマと宮崎さんの著作と一緒にあちこち動いていました。
本の上でしか知らなかった宮崎さんと、HPを通じて「お話し」するようになり、ついで「フクロウ谷」での一泊の観察会、大阪へ来られた時にフィールドをご一緒したり、親しく付き合わせていただきました。
そして今回の堺市での講演会。

終わってしまうと、あっという間でした。

なんだか、脱力感に襲われています。
  1. 2014/10/07(火) 20:38:02|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

あんたの会社でっせ

若い兄ちゃんが来た。手に「契約書」と書かれた紙。バックマージンをくれるという。その額は(  )%と、空白。
「ここ、どうなってるの?」
「20%でどうです?」
「別に、なんぼでもええけど」

「ん、あんたの会社と、以前、契約したで」
「え、そうですか?うちですか?」
「年配の方が、頼まれて社長になりましてん、って言って契約書を持ってきたような気がするんやけど」
「私、入社したところでよくわかりません。でも、社長はそんな人と違うんですけど」
「ほんなら前の社長?私の勘違い?」
「会社にもどったら確認しますけど、たぶん違うんじゃないですか?」

兄ちゃんが帰ってから机をかき回すと、やっぱり「契約書」が出てきた。そっちは30%と書かれている。

こちらから会社へ電話した。
「さっき、こんな若い子が来たんですわ。そういえば、名刺も置いていかなかったなあ。で、彼、20%って記入したけど、昔の契約書が出てきて、そっちは30%ですわ。」
「たいへん失礼しました。担当に連絡します。」

「先ほどは、すみませんでした。来週に支店長と挨拶に伺います。」
「え、いや、もうどうでもええねん。別に30でも20でもええし、ただ、昔にそんな契約をしたことがある、っていうだけやから」
「いえいえ、ご挨拶に」
「もう、ええんとちゃいますか?」


まあ、いろんな会社があるもんですわ。



後日、「社長」と兄ちゃんが一升瓶をぶら下げて「お詫び」に来た。
「社長」も名刺をくれなかった。

大丈夫かなあ、この会社。
  1. 2014/10/06(月) 21:03:06|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

宮崎学講演会

宮崎さんの講演会。
決まったのは7月だったか、8月だったか。獣医師会主催で実施することが決まり、紹介した手前、私か交渉、といっても、メールで何度かやり取りしたくらいだけど。終わってしまうとあっという間。
博物館での2次会、その後の食事会、さらにホテルにお連れしたあと、ラーメン屋へ。

楽しかった。
勉強しました。
何気ない会話に含まれる、観察に基づく真実。

DSC_5981.jpg






  1. 2014/10/05(日) 23:01:51|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2
次のページ
【楽天市場】本・雑誌・コミック