毎日の院長

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

提案者なんですが

動物写真家、宮崎学さんの講演会です。
まだまだ先の、10月です。

獣医師会に提案すると、会が主催してくれることになりました。
ご存知の方はご存知の通り、宮崎さんは私の世代にとっては「神様」みたいな人。アニマに掲載される写真はいつも衝撃的でした。たしか、写真集「フクロウ」で土門拳賞を受賞されました。

せっかく大阪まで来てもらうんだから、本当に聞きたい人に聞いてもらいたいと思っていましたら、「堺市在住の」てな制限が付けられてしまいました。
堺市以外の、宮崎ファンの方、申し訳ありません。個人的にはかなり抵抗したつもりなんですけど、なんせ会では下っ端なんで意見が通りませんでした。最初の話では、堺市在住、もしくは在職の方、ってなっていた様に思うんだけど、在職が消えてますねえ。
また、こういう話こそ、小学生に聞いてもらうべきだと思っていたのに、それも通りませんでした。

定員に満たない場合は堺市以外でも可、というのは認めてもらえたので、堺市以外の方も諦めずに申し込んでみて下さい。

(追加情報です。市外の受け付けは9月23日からだそうです。なんだか、なあ・・・・・)

ポスター配布用








  1. 2014/07/31(木) 21:04:22|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

褒めてもらうより・・・・・

出入りの薬屋が主催するポップコンテストなるものがあった。いわゆる、壁新聞とか、患者さんに渡すパンフとかのコンクールらしい。うちのスタッフが作ってくれている、月ごとの壁新聞とか病気の説明のポスターなんかをどっと撮影して、提出した。
何か月すると、なんと、一等賞に決まりました、との連絡があった。なんでも、全国でかなりの応募があったとか。
さあ、なんか商品はもらえるのかなあ、って、すごく期待していた。

今日、担当の方が来られた。
「おめでとうございます」

賞状と紙包み一つ。開けると、36色の油性ペン。

DSC05303-1.jpg








そういえば、副賞とか入選時の商品の事は書いていなかったっけ。見てから応募すりゃよかったかなあ。
表彰されても病院に掲示するようなもんじゃないし、家に飾るもんでもなし、これがお国とか大阪府とかからならまだしも、薬屋さんに表彰してもらう筋合でもないような気もするなあ。



大阪府獣医師会の中村賞というのがある。毎年、会員3名が表彰される。当然、学会発表とかの功績があったり、会に非常に貢献した人がもらうもんだろう。
何年か前、その賞を私にくれる、と言われた。非常な驚き。
とりあえず、副賞の数万円と名前の大きさに目がくらんで、理由も聞かずに受けてしまった。

あとで考えると、どうも知り合いの先生が強力に推薦してくれたらしい。コウモリ研究がユニークなんでそれに対してのものだとか。今から考えると、純粋に獣医学的な研究でもらうべき人が他にもいたように思う。

申し訳ありませんでした。


もらった数万円。コウモリの標識を買うのに使わせていただきました。(全然、足りなかったけど。)
表彰状。しばらく本箱にありましたが、こないだチェックすると見当たりません。いつだったか、身辺整理した時に処分したかも。
これも、申し訳ありませんです。
  1. 2014/07/30(水) 20:37:08|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

職場体験

中学校から、職場体験の依頼が来た。これって、一度受けると翌年も、というパターンが多い。たぶん、受けてくれる事業所が少ないんだろうなあ。(少ないというと語弊があるかもしれない。多くない、としておくか。)
もう10年近く前になると思うが、初めて受けたのは「ホネホネ団」の子だった。知り合いだったし、こっちも初めてのことで気合が入っていた。ネズミの解剖をしてもらった。
この子は結果的に獣医科の大学へ行ったので、まあ、「体験」の効果があったのかもしれない。もっとも、獣医になりたいからうちに来たんであって、うちに来てからその経験をもとに職業を選択したものでもないだろう。

翌年も受けたが、いまいち、何をしたいのか、よくわからない子だった。少なくとも獣医を志しているわけじゃなかった。
何年目だったか、どうしてうちに来たのか聞くと、「じゃんけんで負けました」と言われて、それ以来、学校からの依頼は受けていなかった。

昨年と一昨年だったか、患者さんのお子さんが実習に来たいとかで、それは受けた。獣医というより、トリミングとか動物看護に興味があるみたいだった。
せっかくだからと手術を見せると、2回とも失神された。

今回、まあ、子供からの希望じゃ仕方ないかなあとも思っていたが、直接学校から電話があったので、また自動的に振り分けられたんじゃ子供もかわいそうだし、こっちも困る。とりあえずお断りしてしまった。
断ったのは初めての事。
  1. 2014/07/29(火) 19:20:13|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

今日は何?

「あれ、先生がいる」
朝、病院で鳥の世話をしながら準備していると、出勤してきたスタッフの言葉。何で?土日休んだんだから月曜は仕事じゃないの?
勤務表をチェックすると私の名前が入っていない。そういえば、暫定的にスケジュール決めてからまた変更があって、結果的に3連休になったんだ。忘れてた、というより、全く休みなんて考えていなかった。
先週末に、仕事と思って手術も入れてしまっていた。まあ、しっかり、働きましょう。

妻も仕事と思っていて弁当を作ってくれている。手術して雑用を片付け昼食。2時くらいに勤務終了。


コテングのトラップをかけてからさあ、2か月くらいたっているんじゃないかなあ。最初こそ、1週間後にチェックしてたけど、なんだかんだで再調査できていない。かけた場所も忘れているかも。それ以前に、枯れ葉トラップ、って、何か月もの耐久性は無いと思う。調査に行くならかけ替えした方が良いだろうが、次の枯れ葉は用意していない。
例の、尾根筋の廃墟の再調査も行くべきだが、気力がない。
最近情報を知った新しい導水路も探索に行きたいが、決心がつかぬまま何か月も経過。

降って湧いたような、期待していなかった「休日」
半日ありゃ何でもできそうに思いつつ、「暑い」のを理由にグダグダ過ごしてしまいました。
クーラーの下で、HP更改作業。

  1. 2014/07/28(月) 20:31:08|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

東京へ

本日、東京。

南極観測船、「しらせ」が東京に係留されている。維持費がすごくかかるので引き取り手がなく、解体されそうになっていたが天気予報の会社が引き取って、はるか以前は土日なんかに予約制で何名かずつ見学できるようになっていた。いつか見に行きたいと思っていたら東北大震災でこの係留場所も問題が生じて公開をやめていた。

2年くらいたってから、何度かは同じやり方で公開していたが、それもいつの間にかなくなり残念に思っていたら、最近、テーマを決めて日曜日に一日公開する形式にやり方を変えた。今日はその何回か目の公開日。何か月か前にその日が公表されていて、まあ、フィラリアも一段落してるだろうし、休めるかなあ、と思っていた。ちょうどタイミングよくピーチの安売りもあって、日帰りでの東京行きを計画した。

メインは飛行機に乗りたいのと、「しらせ」の見学。さあ、あとは何をすればいいんだろう?、って、東京観光を考えるが何も思いつかない。調べてみると、目的地は東京ディズニーランドのすぐそば。といっても、半日行くだけじゃもったいないもんねえ。
さんざん考えるが思いつくのは動物園、水族館しかない。葛西臨海水族園はすぐ近く。ペンギンが逃げて有名になったんだっけ。でも行ったことあるしなあ。上野動物園はもっと飽きてるし。多摩は遠い?
最後に残ったのは井の頭自然文化園。ここも行ったことはあるが、ツシマヤマネコを公開しているらしい。ツシマヤマネコは本場の対馬で見てはいるが、まあ、もう一度見てみるべ。

という事で、関西空港から成田空港、「しらせ」見学に井の頭公園のコースを考えました。
さあ、無事に帰って来られるか。

またそのうち、旅行記を掲載します。
  1. 2014/07/27(日) 18:04:10|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

まだ1200円

「オール・ユー・ニード・イズ・キル」
SF、って、何でもありで主人公は絶対死なないので興ざめのところもあるが、この主人公は何百回と死ぬ。死んでも復活するところが目新しい、というか、まさに映画なんだけど、死ぬたびに「進化」して話がテンポよく進むのがおもしろい。

そんなに難解でもなく、75点。
面白かったです。


ナイトショーが1300円になったと思っていたら、なぜか知らないが、「休日でも1200円で見られるクーポン」が新しい会員カードに付いてきている。以前は平日のみ、1200円だったけど。で、今日は土曜日の昼間にもかかわらず、1200円で見られました。
得した気分。
  1. 2014/07/26(土) 18:03:12|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

ぶつくさ太郎

そもそも、裁判に市民感覚を持ってくる、市民を裁判に参加させるのが目的なんだから、そこで出てきた判決は尊重すべきだろう。従来とえらい差があるから裁判員裁判の判決を見直す、って、「前例」にのっとって判決、刑期が決まるんだったら、最初から裁判員裁判をする意味ないやんか。否認事件じゃないんだったら自動的に判決をだしゃええのに。


だいたい、鉛筆とノートが欲しくってアンケートに答えた時点であきらめるべきでしょ?ガキの名前と生年月日、って、そんなに重要かなあ。情報が漏れてもせいぜい、DMの数が増えるだけのような気がするんだけど。この漏れた情報を使って、何月何日生まれの何とかちゃんを誘拐しよう、てな使い方をするかなあ。で、500円のマクドの食事券でももらえれば納得?


日本の一流投手がアメリカへ渡ると、みんな靱帯を痛める。日本の投手は若い時から投げ過ぎ、って、そんなん、アメリカに言われる筋合いのものじゃないと思うんだけど。ずっと日本で活躍している投手で、靱帯手術している人って(野球に興味があるわけじゃないからよく知っているわけじゃないけど)そんなにいないように思うんだけどなあ。


病院で使っている検査試薬。2Lのを使っているが、けっこう早くなくなる。何かで、10L入りがあると知った。空容器を置いておいて、「詰め替え」感覚で使おうと思った。さあ、いくら安くなったんだろうと思って計算してみると、10Lの方が割高。なんじゃ、これ。値段も見ないで注文した方が悪いのかもしれないが、普通の感覚じゃ、安くなるんじゃないの?
代理店も、メーカーも、知っているなら注文を受けた時点で「割高です」、って言うてや。あー、腹が立つ。


こう暑いと、何でもかんでも突っ込みを入れたくなる。
  1. 2014/07/25(金) 19:54:57|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

さらに著作権、というものでもないけど

ある画像を使わせてほしい、というメールがまた来た。理科がらみの一般向けの問題集を作っているが、超音波の関係の問題でコウモリの写真を探してたそうな。もちろんOKを出して、圧縮していない画像を提供した。
何か月か後、出版した本を送って下さった。けっこうおもしろい本だった。写真提供だれそれ、って記載ももらった。

コウモリを始めてすぐの頃、浜松科学館からメールが来た。コウモリの写真を使わせてほしい、だって。館の展示ではなく、HP用に画像を使うんだそうな。その頃はコウモリを始めてすぐだし、あまり写真もなかった。コウモリの写真なら、某さんのところの方が種類も多いしきれいかも、って言うと、そっちに聞いて断られたんだって。
自然(科学)を相手に研究して、その成果ともいうべき写真やデータを博物館が使いたいと言ってるのになんで断るんだろう?って思った。もちろん、私はいろいろ提供した。
科学館の招待券をもらったが、さすがに行けてない。そうこうしているうちにHPも何度も更改して、今は提供した写真は利用してないみたい。

コウモリの写真というと、Sさんのおかげで専門書も含めて数冊で利用してもらっている。それぞれ、出版された本をもらっている。専門書というのはそれなりに高価なものもあり、ずいぶんうれしかった。また、三重の新しくできた博物館でも利用してもらってて、こっちは少しは近いので機会を見て行きたいと思っている。
  1. 2014/07/24(木) 20:52:23|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

著作権の続き

とある学習塾からメールが来た。うちのHPの画像を使わせてほしい、って。言われた画像はオオタカの巣。
とはいえ、大昔の画像でその存在すら、私自身、忘れていた。中学校の理科の副読本に使いたいんだって。探せばもっといい写真があちこち(ヨソのHP)にあるような気がするんだけど、まあ、気に入っていただけるのならどうぞ、って返事をした。

数日たったら、そこから封書が来た。写真利用を承諾する書類にサインして送り返して欲しい、って。なんだかめんどくさいけどまあいいや。言われるままに送り返した。

しばらくすると冊子が送られてきた。「里山」のからみのところで私の写真が使われていた。

翌年、また同じところから連絡が来た。(以下、上の繰り返し。)

その翌年、また連絡が来た。

「いつもお話してますが、私のHPは著作権を放棄してますねん。画像は勝手に持って帰って勝手に使ってください。毎年書類を戴く方が面倒で。なんだったら、この画像の著作権は貴方に譲渡します、てな書類を書きましょうか?」って言うと、その年だけはまたまた冊子が送られてきたけど、それ以来は連絡も本も来なくなった。
さあ、まだ使っているのかなあ。
  1. 2014/07/23(水) 19:30:54|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

Copyright(C) uranoahp.com All Rights  NOT  Reserved.

あっちこっち、ネットサーフィン(って言葉、化石化しているのかなあ。まだ使われてるのかなあ。)していた。
大阪のクマの情報を見ていた。
日本熊森協会というのがある。まあ、自然保護団体というのは何百ではきかない、何千か何万もあるんだろう。が、ここは「活動が派手」なのか、「マスコミの利用」が上手なのか、「市民に訴える方法」が上手なのか、けっこう知名度は高い。

一方、博物館なんかでは、あんまり評判は良くない。クマを山へ帰す、てな主張で、全国からドングリを集めてあちこちの奥山へ撒いているという話。さあ、今でもやっているのかなあ。

動物でも植物でも地域性というのがあり、同じ種でもそれを無視して移動させて良い訳がない。また、山へぶちまけるだけでその効果とか、その科学的な裏付けがあるのかないのか。それをすることにより、人里へ降りてくるクマが減少しているのかどうか。私自身も根拠はないが、クマよりイノシシを呼んでるんじゃないかと思ったりしている。ドングリが発芽でもすりゃ、自然保護より自然破壊しているだけ。

というのは、前置きが長すぎた。でもって、クマ情報を見ていて、くまもりNEWSなる所を見ると、左側、下から数枚目の写真にうちのタヌキたちの写真が使われている!
今は亡き、シロとクロ(ユウちゃんとコウちゃんだっけ、本名は。もう、忘れてしまった。)


大昔の私のHPには、
「著作権は放棄しています。どの画像もご自由にお持ち帰りください。出展を書いていただければ嬉しいですが、無くてもかまいません。常識の範囲で二次使用、三次使用もご自由に」
てな事を書いていた。
HPで公開するという事はその時点で拡散は予想されることだし、一方的に全世界に公開しておきながら「著作権」を主張して利用を制限するって、なんか、性に合わなかった。
画像の出典は私(と、持ち帰った本人)にしかわからないことだし、まあ、文句を言う事でもないだろう。

でも、あのページそのものへのご意見、批判なんかはなかったんですな。
  1. 2014/07/22(火) 19:06:13|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

18切符

ひさしぶりに18切符。目的地はやっぱり動物園しか思いつかず、今回は岡山の池田動物園。
ここはたしか、民営の動物園だったはず。けっこう、歴史もあったはずです。生き残る理由でもあるのでしょうか。
妻も行くというので、後楽園も目的地に加えました。金沢の兼六園も18切符で行きましたし、「ビッグ3」のうち、二つを18切符で制覇という事になります。

岡山が近くなって新幹線(の高架)を眺めていて思い出しました。岡山の新幹線はヒナコウモリで有名だったのでは?
見ると、コンクリートのつなぎ目、ほとんどに網が張られています。あんな小さな隙間にスズメやドバトが入るはずもないので、たぶんあれ、ヒナコウモリを追い出す対策なんでしょう。在来線の駅、3つか4つ分くらい、そんな網がずーーーーーと、見られました。

気になって、帰ってからググってみますと、網に張り付いているヒナコウモリの写真が見つかりました。網が張られてもたくましく利用しているのでしょうか。それにしても、あんな範囲でコウモリが住み着いている、って、うらやましい限り。
もっとも、大阪じゃ鉄道の高架の数、距離はこんな田舎の比じゃないんだから、それらを調査するのが先でしょうか。

動物園と後楽園の旅行記はいずれ。

駅前でモモを買いました。一番の成果です。
  1. 2014/07/21(月) 21:35:07|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

500円と600円

動かないWINDOWS XP 510円
撮影もできるけど、突然動画やパノラマ撮影をするデジカメ 610円
オークションで売れました。
さあ、こんなん、何に使うんでしょう?修理して北朝鮮に持って行く?この手の「電子機器」は禁輸品かなあ?
パソコンは基盤が売れる?でも、売れるにしてもそんな高くないだろうし、やっぱり、何らかの方法で復活させるのか。
そういえば、このパソコン自体、オークションで買った中古だったっけ。
  1. 2014/07/20(日) 20:22:28|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

博物館が落語会に

友の会の夕べで、5時から特別展にいくつもりだった。特別展関連で、講演会が午後からあった。
たぶん、5時からの友の会の夕べに合わせて、講演会は15時からくらいと思っていた。講演会を聞いた流れで見学に、と勝手に考えていた。
で、テングコウモリの出産哺育が確認されている廃トンネルの調査へ午前中、行ってみた。調査を終えて博物館へ行き、講演会を聞いて特別展に、と、予定は万全、のはずだった。

予定より早く調査が終わったので、直接博物館へは行かず、病院へ戻った。雑用を片付け、そろそろ3時と思って出かける準備をし、念ためHPをチェックしてみた。
講演会、1時から3時だって。

講演会も友の会の夕べも両方という会員さんは多いように思うけどなあ。「空白の2時間」、皆さん、どうやって過ごすのかなあ。

予定が狂って、いったん家へ帰ろうかと思った。5時に合わせて出直すか。

帰ろうと思って診察台を見ると、落語会の招待券がある。今日の夕方から、堺東で。
どうも、今日来院された患者さんが下さったみたい。

博物館と落語会を天秤にかけた。

落語会へ行きました。
  1. 2014/07/19(土) 22:03:44|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

博物館 都市の自然 

「ネコと見つける都市の自然」
自然は家の中にもあって、外にもあって、その両方を見られるのはネコだろう、ということで、ネコを主人公に据えて展示を作ったそうです。

一般公開前日は内覧会で、友の会会員は参加できます。特別展ではいつも「ブロガー招待」というのもあります。前日、最初の3日間ほど、無料で入れるのです。
どうせブログは作るんだから、って、いつもはブロガー招待に申し込むのですが、今回はパスしました。
というのも、明日の土曜日、友の会の夕べというので夕方から、無料で入れるのです。要するに、会員なら前日の今日、開催初日の二日間入れ、私は賛助会員で別に招待券を一枚もらっており、それも後日使えるので、もう、ブロガーで入ることもないかなあ、って思いました。なんか、ブロガー招待で入ると「宣伝要素」を織り込まんとあかんかなあって、プレッシャーがかかります。それに、文句や悪口も書きにくくなります。

ということでお昼に見てきましたが、なんか、迫力不足です。いまいち、ピンときません。
私の理解不足か、そもそも植物とか地学には興味がないのでそれを抜いてしまうとほとんど残りません。ヒナコウモリについて少し書いてくれてたのがうれしかったけど、どういうか、展示物どおしの連携かなあ、つながりがほとんどなくって、解説もあまり読む気にならず、ざっと眺めて歩いただけでした。

もっとも、いつもこんな感じで2度、3度とみていると主催者側の思いも少しずつは見えてくるので、とりあえず、明日の2回目に少し期待しましょうか。
ブログを書かなくていいというのはこんなに気楽なんだなあ、というのにやっと気が付きました。(まあ、いずれは書くでしょうけど期限が切られていないので気楽。)

もっとも、恐竜展のような外部主催の、入場料が1000円以上かかるような展示はやっぱりタダといわれると魅力があり、申し込むんでしょうけど。

  1. 2014/07/18(金) 20:38:35|
  2. 未分類|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

電話の500円、面接の5000円

とある広告メール。登録すると500円くれる、って書いてある。登録してメールが来るだけなら我慢の範囲内。500円の方が魅力がある。よく読むと、中古車の販売業者からで、希望の車種を登録すると「電話」で連絡が来るらしい。細かく希望を聞くのに直接連絡が必要なんだそうな。
まあ、車を買う気がないわけじゃないのでまんざら、完全の冷やかしというわけでもないんだけど、電話がかかってくるのはなんだか、面倒だなあ。

保険の加入相談。対面で相談すると5000円くれる。これも、まあ、話を聞いて本当に必要と思ったら保険に入る可能性もゼロじゃない。とりあえず、申し込んでみた。
ライフプランナー、っていうんだっけ?公的な資格なのか、そうじゃないのか、よくわからない。ちょっと年配のお姉ちゃんが来た。現在加入している保険を見せて、少し話した。
「今は健康保険の制度も確立しているし、(失礼ですが)その年からだと、いまさら新しい保険に入る必要はないんじゃないでしょうか?」、って、言われた。正直というか、商売っけがないというか。あるいは、最初から「金目当て」と思われていたのかなあ。
  1. 2014/07/17(木) 20:56:43|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

査読

査読、って、私、そんな専門家じゃないけどなあ。
博物館から、コウモリの記事の「査読」を頼まれた。といっても、写真の投稿と2行程度のコメントを載せるコーナーなんで、論文をチェックする、てな高度な仕事じゃなかった。そんな、「本格的」な「査読」の仕事なんて、自信もないし、まあ、頼んでくるところもないか。



  1. 2014/07/17(木) 19:46:04|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

クレーマー

適当な表題が思いつかなかったのでそれを使いましたが、ちょっと違うようにも思っています。

知り合いのtwitterから知りました。某博物館で、事故死した哺乳類の公開解剖をしようとしたら、ある団体から文句が来て行事を中止したそうです。大阪でも同じような「事件」が何度かありました。

無用なトラブルを避けるため、「いいがかり」的なクレームに対して中止を選択したんでしょうか?なんだかねえ。
もっと毅然とした態度で拒否するべきじゃないんでしょうか。博物館がそんなのを受け入れる、って、ちょっと考えられません。完全に使命を放棄してます。

ホネホネ団は事故死や病死した子らに息を吹き込む活動と思っていますが、さあ、この人たちにとっては活動はどのようにうつっているんでしょう?そういうのまで否定するなら、肉を食べるな、卵を食べるな、魚を食べるな、てな反論をするとまた話がややこしくなるのかな。
初期の頃の私のHPには「餌食」になりそうな写真や記事がいっぱい載っていますが、正面からの反論はきたことがありません。もっとも、何を言われても無視するでしょうけど。

という話を書いていたら、某高校では校長が生物の教師に、生き物の解剖や骨格標本の展示をやめる様に指示しているという話が流れてきました。生き物を解剖することが、命を軽視して何らかの犯罪につながるとでもいうのでしょうか?生きている限り、生もあれば死もあります。生き物の体の仕組みを知ることが教育の原点でしょう。教育者が頭からそれを否定する、って、どういうことでしょう?
某高校からは公開解剖のデモをしてほしい、って頼まれたこともあるのに、えらい違いです。
  1. 2014/07/16(水) 20:59:01|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

ほんの8000万

近鉄百貨店から封書が来た。一年ほど前、外商カードを作ってほしいというので作ったところ。
カードは送られてきたが、外商っていったい何なんだか、よくわかっていない。カードがあるとどんな利点があるのか、冊子でもくれるのかと思っていたがそれもない。突然カードが送られてきて、それでおしまい。
他の百貨店なんかだったら、無料駐車場の案内とかもあったような気がするんだけど。(某百貨店では、担当者の名前を言えば無料でデパートの近くに止められたらしい。妻が時々利用していたけど、その百貨店にはさっぱり行かないし、全く利用がないのでさすがに遠慮してしばらくして利用をやめたらしい。さあ、カードはまだ生きているのかなあ。)

今回は近鉄だし、例ののっぽビルの無料招待券でもくれたのかと思っていたら、絵のカタログが入っていた。
トップは平山郁夫。
絵画展の無料入場券?

カタログと別に値段がかかれた紙一枚。
要するに、絵や漆器、陶器の即売会、だって。

平山さんのは8000万円。税込み。
他のも何千万円とか、何百万円。

さあ、外商カードを持っていれば少しは安くなるかな。
半額でも、9割引きでも買えないけど。

  1. 2014/07/15(火) 22:23:16|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

知らなきゃ終わり

まあ、何でもそうですな。

スタッフ向けのとある助成金、というか、手当。もらえるはずがないと思っていた。
別の用事でその部署へ行ったとき、待ち時間に冊子をパラパラめくっていた。以前にももらったことがあるけど今回は無理と思っていた手当。用事が終わってついでに聞くと、もらえる、って言われた。申請時期があるので、ひたすら待って今日、行ってみた。最初の窓口のおばちゃんは首をかしげていたが、奥で別の姉ちゃんと相談したらOKが出た。
スタッフ的には助かるだろうなあ。こっちには一銭も入らないんだが、まあ、「福利厚生」の一つかもしれない。

ずいぶん前の話。NPO大阪自然史センターの会議で、助成金の話が出ていた。膨大な書類ではあるけど、きっちり揃えて趣旨と合致すれば雇用がらみの助成金がもらえるという話。センターの書類をうちの病院の状況と差し替えて書類を作ってみた。何度か足を運んで書類をそろえて相談して、こちらも助成金がもらえることになった。ものすごく、助かった。

同じケースの二人目が出たので、時期を待って勇んで出かけた。
「あ、その助成金、なくなりました」だって。

よく似た次の助成金があるという。今度はそれに挑戦してみるか。


役所へ行くと助成金の冊子が置いてある。ものすごく分厚い。読んでいるとどんどんわからなくなる。
助成金というのは社会保険労務士の仕事を作るためのもの、と聞いたことがある。
  1. 2014/07/14(月) 20:29:55|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

唯一の成果

でもって、研究会の2日目。
今日も有料の実習を受けたが、さっぱり。今回の研究会、参加費用は無料だったが、参加費用が無料だったことで有料の実習、8000円を2コマ申し込んだ。それに資料代が7000円、合計23000円かかっている。昨日の実習と言い、コストパフォーマンス悪すぎ。それ以外の講演会は選択が悪かったのか、どれもこれもさっぱり。
冷静に考えると腹が立ってきた。


会場で知り合いに声をかけられた。北海道の共済時代の同僚、というか、後輩。年賀状はずっともらっているが、会ったのはそれ以来、ということは、ほぼ30年ぶりかなあ。あんまり、変わっていなかった。
懐かしかった。
今回の研究会の、唯一の成果。
  1. 2014/07/13(日) 20:46:04|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

facebook

昔、facebookに登録していた。このブログと連結させようと思っていたが、うまくいかなかった。何度かはそちらにも投稿したが、性に合わないように思って利用をやめた、つもりだった。知り合いのfacebookが読めなくなったので、別アドレスで登録しなおしてそちらでアクセスして読むようになった。

何をしたのかわからないのだが、もとの登録が復活したらしい。一年前の自分の記事が読めるようになった。知り合いから友達の依頼が来るようになった。今後もこちらを何かする意思は無いんだけど、断る理由もないので「承認ボタン」を押しているが、やっぱりなんか、めんどくさいし、投稿が一年前の日付けで終わっているのも気持ち悪い。

「友達」になって何を期待する、期待されているのかはわからんが、なったとたんページが無くなるというのも気が悪いだろう。
しばらくはこのまま放置して、また嫌になったら登録を削除すべか。
  1. 2014/07/13(日) 19:05:20|
  2. 未分類|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

これも当たり

今日、明日は研修会。本来は有料なんだけど、なんだか知らないがメール会員になると抽選で無料で参加できるというので申し込んでみたら、当選した。おかげで、二日間、朝から晩まで講演を聞く羽目に。
無料で参加できたから、って、有料の講演会(実習)に申し込み、結局はいくらか支払ったんだけど。

初日の今日。期待してた実習はさっぱりおもしろくない。講演も以前聞いたのと同じ。まあ、いくつかためになったこともあるが実習費と時間を考えれば元は取れてないなあ。
複数の部屋で講演会が行われており、いつもどれに行くか、迷う。さんざん迷った挙句選んだ講義。こっちはこっちで、高度すぎてさっぱりわからん。

いつにもまして、疲れました。

さあ、明日一日、持つかなあ。
  1. 2014/07/12(土) 22:47:04|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

3時間で命拾い

最近、立て続けに当選案内(と商品)が来た。
まず、仕事関係のアンケート。毎月、数ページの冊子が送られてくる。いつもアンケート用紙が入っているが、面倒で送り返したこともなかった。当選人数も3名だったか、あんまり多くない。
最近ヒマなんで、何となく送り返してみた。送ったのも忘れたころ、3000円の図書券が送られてきた。へー、当たるんだ。

大阪府のメルマガ。読みもしないのに登録している。何回かに一回、プレゼントが載っている。その時だけ、そのコーナーだけ読んでいる。ハガキだと送料がかかるが、メールなら無料。とりあえず、応募している。昔、「大阪マラソン」のタオルをもらったことがある。
大阪府から郵便が来て、野鳥救護がらみの連絡かと思っていたら、「ガンダム展」の招待券が入っていた。こっちも、送ったことすら忘れていた。1800円2枚で、3600円分。ふーん、やっぱり、何でも送るもんですなあ。

某ミニコミ誌。コウモリの取材を受けた関係で、HPをチェックしだした。取材を受けたころ、立て続けに何度か、チケットが当選した。こんなミニコミ誌なんで、応募する人が少なく何度も当選するのか、と思って、それ以来何度も応募するようになったが、その後はさっぱり当たらない。
これって、取材の御礼代わりに当選させてもらっていたのかなあ。考えすぎかなあ。

いつも書いているが、楽天のポイント。「期限が来ます」メールが来るが、せいぜい数ポイント分。数円のために無駄な買い物をするのも本末転倒。もったいないが無駄にする時が時々ある。
今日、何となく期限付きポイントをチェックすると、1000円分もある。え?なんで?
で、期限を確かめると今日まで。今日の23時59分で消滅するんだって。あわてて、例によってタヌキの缶詰を購入。
調べてみると、車の任意保険の見積もりポイントが1000円分付いていたんだって。このポイントの有効期限は一か月しかないらしい。(普通の、楽天カード使用時のポイントはもっと長い。)
任意保険の見積もりの謝礼は図書券だったり、マックカードだったりすることも多いので油断していた。
今後は気を付けないと。

某ポイントサイト。あちこちアクセスしても10ポイントか20ポイントくらいしかない。一日最大数十ポイントかなあ。交換レートは5000ポイントで500円くらい。さあ、半年に一度500円もらえるかどうかくらいか。そこのポイントが急に上がって驚いた。チェックすると最近、3000ポイントももらえている。
ポイント履歴を調べると、「川柳コンテスト」に入選、と書かれている。応募ポイントの50ポイントをもらうつもりだけだったのに。自分で言うのもなんだけど、文才なんて全くない。選ぶ方も何でもよかったんだろうなあ。
  1. 2014/07/11(金) 20:29:37|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

こんなんまで、

こんなんまで壊れるかなあ。internet explolerを開こうとするとなんかのエラーが出て開かない。メールからのリンクなんかももちろんダメ。
パソコンは複数台あるから別のパソコンで対応を調べて(完全かどうかはわからんが)すぐに回復したが、昔みたいに、パソコンが1台しかなけりゃ調べようがないんじゃないの?
こんなタダの機械に頼り切ってるこっちも悪いけど、現実的にパソコンがなけりゃ仕事できなくなっているのも事実。
ええかげん、もうちょっと柔軟にこちら側の気持ちになって働いてくれないかなあ。


新しいパソコンとのファイル共有はいまだに完成せず。
ちょっと、あきらめ気味。


と書いたのが数日前。ブログの原稿は事前に書いていることが多々ある。
共有はゲストアカウントを作るとクリアーできました。毎回起動のたびにアカウントが二つ出てくるのが気になるけど、まあ、仕方ないか。
  1. 2014/07/10(木) 20:11:04|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

ただの野次馬だけど

以下の記載は伝聞や私自身の勘違いも含まれていると思います。あまり、信用しないように。

豊能町のツキノワグマ。どうするんでしょうねえ。
大原則は誤認捕獲なんでそのまま放獣すべき。が、あんなとこで放したら事故の可能性もあるだろうし、地元住民がOKを出すわけもないだろう。(まあ、捕獲されるまでは自由に歩き回っていたわけでもあるけど。)
直近の生息地の可能性がある京都府からも兵庫県からも、うちは知らん、との返事。ありとあらゆる動物園も引き取る意思はない。放せない、飼育できないとなると、安楽死しかないかも。でも、殺す根拠もないよなあ。(まあ、そういう意味では飼育できる施設を探す根拠もないが。)これって、大阪府の仕事なのか、環境省までからむのか、よくわからない。
そうこうしているうちに、某自然保護団体もからんできているらしい。あそこ、かなりあやしいと、博物館では評判。よけいに話がややこしくなる雰囲気。

某所で保護されたニホンザルの子供。これも本来の生息地とはかけ離れた場所で保護されたので、持っていくところがない。そのまま「有害駆除」で安楽死しようと思っていたらマスコミが嗅ぎつけて殺せなくなった。あわてて、某施設に飼育を押し付けた。しばらくして今度はその親かもしれないサルが捕獲された。成獣は慣れないし、飼育も大変。もう一度その施設に打診するが断られた。さあ、その先、どうなったんだろう?

そもそも、哺乳類に限らず、野生の動物を飼育することの是非は人それぞれ、考え方が100%違う。たとえのたれ死にしようが野生下に置くというのが行政の考え方。死ぬくらいならそのまま飼うというのも考え方。

私自身も何がいいのか、よくわかっていません。
基本は飼えるなら飼う、飼えなけりゃ昔はそのまま放鳥、今なら安楽死、かなあ。
  1. 2014/07/09(水) 20:49:39|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

とりあえず読んだけど

「海賊と呼ばれた男」

図書館に「予約」して、順番が来たと思ったら下巻が先でした。予約はちょうど一年前。時間差で予約して、下巻の待ち人数は上巻より数十番あとだったんですけど、どういうわけか、下巻の順番が先に来ました。下巻の予約取り消しがすごく多かったんでしょうか?上巻の待ち人数はチェックすると、まだ何十人もありました。

で、とりあえずこっちを先に読んだのですが、これって、なんで小説なんでしょう?ノンフィクションで書いた方が分かりやすいんじゃないかなあ。どこが小説で、どこが事実なのかよくわかりませんけど、ほとんど、事実を継時的に書いているだけのような気がします。わざわざ小説の形態にする必要がどこにあるのか、よくわかりませんでした。

「風の中のマリア」というのも以前に読みましたが、こっちはこっちでスズメバチの習性なんかを擬人化して書いているので、余計にわかりにくくなっていました。普通の科学読み物でええんじゃないの?、て思いました。

「永遠のゼロ」は先に映画を見て、あとで本を読みました。(こっちも図書館に予約しているけど、順番はまだまだ。スタッフが持ってて、借りました。)こっちは映画の方が印象が強すぎて、本の方はさっぱりおもしろくありませんでした。


まあ、いろいろ、難しいもんですねえ。
  1. 2014/07/08(火) 20:44:05|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

休息か息切れか停滞か

もう、何度もネタに使っている。キクガシラの繁殖調査。
調査は夜、8時から9時の間しかないので、一日に一か所しか無理。しかも期間は6月末から7月上旬しかない。
繁殖地は数か所。計算上は週に2~3回出かけられるはずだが、他の用事で行けない時もある。
昔は過去に出産が見られた生息地は必ず一度、場所によっては2,3度調査していたんだけど、今年はなんだか、行きそびれている。天候が悪かった日もあるけど、こないだの調査断念が象徴的というか、なんだか気分も天候も日程もうまくいかない。この週末も用事で行けそうにないし、今年は大幅に調査地が減ってしまう。
まあ、コウモリ的には調査自体が余計なお世話。来てくれない方が落ち着けるかもしれないが。

大阪で初めて出産を確認したのは能勢。ここは出産頭数も多いし、必ず年に一度、初期の頃は2度は調査していたが、内部の石積みが崩壊したり、生息場所が土砂崩れでだんだん狭くなったりで、この2,3年は調査していない。一度行かなくなると、夜の山や穴がなんとなく恐くなってきた。会いたさ見たさに怖さを忘れ~、てな歌があったっけ。コウモリはじめと状況が変わってきたのか、私自身、年取ったのか。だんだん、コウモリから遠ざかっている気もする。
寂しさ、少し。

  1. 2014/07/07(月) 19:50:49|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

一人は初めて

娘が映画に行くというので、同じ時間帯にある映画を探した。
「ラストミッション」
CIAのドンパチものにひっかけて、娘と父親の関係を修復するというもの。どちらかというと(というより完全に)後者が主体。
スパイ映画なんで死人が何人も出るけど、子供(娘)のいる「悪者」は殺さないのがちょっとほほえましい。
ジジだっけ、ジュジュだっけ、何とかという、命令を下してた準主役のお姉ちゃんがきれいだった。

日曜日のナイトショー。
これを見てたのは私一人。
一人は初めて。

あ、忘れてた。
70点です。
  1. 2014/07/06(日) 23:01:35|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

たどり着かず

大阪南部の、キクガシラ繁殖地。毎年調査しているんだけど・・・・。
ほとんど知られていないらしい、戦争遺跡。山のてっぺん、というか、尾根筋にある。なんとか一つだけ見つけたHPでは、尾根を歩いていくとあった、てな記載があった。

初めて行ったとき、何となく道らしきものはあった。山火事注意の古びた看板もあったし、何本かの木にはビニールテープも巻かれていたので、人が歩くこともあったんだろう。それなりにそれらしき所を歩くとたどり着いた。
それからは、行くときに細かく印をしながら歩くことにした。それでも行きと帰りじゃ視線が違うのか、印のテープが見つけられずに迷うところもあった。

何回目だったろうか、以前に付けた印やビニールテープ、記憶を頼りに穴まではスムースに行った。さあ、帰ろうとすると道がわからなくなった。およその方向を考えながら歩いていると、見覚えのある風景が出てきた。
なんと、出発地。
どこでどう間違ったのか、さっぱりわからない。
もう一度、慎重に歩いてみた。
やっぱり、元に戻る。
夕方が近くなってきて、気が焦ってきた。えいや、で道なき道を方向だけ考えて歩くが、やっぱり帰れない。印のテープやひも、ガムテープは見つかるが、行くたびに違う道を歩いているときもあり、あちこちの木に印があるし正確な方向までは分からない。
3度ほど繰り返して、やっと出発地に戻れた。生き返った気がした。
それ以来、調査するときは最初からひもを張りながら歩いて、帰りに回収、というやり方をすることにした。

今日は夜間調査。尾根筋を歩くので、経験上、夜ははるか下の街明かりを見ると方向が分かり、昼より迷いにくいはずだった。
毎年道が消えかかっていたが、今年は特にひどい。痕跡も見つからない。それでも、ひもを張っているし尾根を歩きゃいいや、と思いながらブッシュも気にせず方向だけ考えて歩いていると、にっちもさっちも動けなくなった。ブッシュがひどく、進めない。

同じ場所を行ったり来たり、ひもばかりあちこちに残してしまう。そのうち、手にぶら下げていた、印用のビニールひもを入れていた買い物袋が木かなんかに刺さって破れたらしく、気が付くと底が無くなってて中身がない。
結局、山ん中にゴミだけ残してきた感じ。

こんな敗北は初めて。

貴重な大阪の生息地だし、なんとか調査は継続したいんだけどなあ。今日の様子じゃ、たどり着く自信もない。
はあ、どうしようかなあ。
  1. 2014/07/05(土) 22:51:05|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

狂った計算

図書館から予約本を貸してやる、てなメールが来た。行ってみると、百田さんの本で、ちょうど一年前の予約。
これ、たぶん、堺市全体で20冊近くあるはず。それら全部、図書館の棚に並ぶことなく、順番に予約者のところを巡回しているらしい。まあ、本をそろえるのも貸し出すのも図書館の仕事なんで、希望者がそれだけ集まれば仕方のないことなんだろうが、なんだかねえ。という前に、出版文化を守るために本は買いましょう。

この本、上下に分かれている。一年前の予約時、時間差で予約して、下の方の待ち人数の方がずっと多いのを確認したつもり。それが、下の方が先に順番が来てしまった。下の予約している人が大量にキャンセルしたんだろうか。(上の予約人数はまだ何十人もいる。)

さあ、どうすべか。とりあえずこっちから読むしかないかなあ。上を先に、本屋で立ち読みするかなあ。


本は本屋で買いましょう。
  1. 2014/07/04(金) 20:00:39|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
次のページ
【楽天市場】本・雑誌・コミック