FC2ブログ

毎日の院長 改め、日々雑感

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

考えることは同じ

スポーツ新聞を手にした兄ちゃんが入ってきた。
「これ、受け付けに置いといてもらえますか?」
見ると、新聞の上に、「見本紙」とハンコを押してある。別に、ちゃんと「展示」しないでもわかるはずもないだろう。
「構いませんよ、毎日もってきはったら?」
というと、すかさず、その場合はこちらで、って、申し込み用紙を渡された。

いつも同じことを言われているんだろうなあ。


ちなみに、昨日は野球もないし、余った新聞をこういう形で処分しているんだろうか。
  1. 2014/06/03(火) 19:41:19|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

タコとタコツボ

岸和田自然資料館で企画展があるそうです。

「タコとタコツボ~タコとヒトとの知恵くらべ」

企画展があるといつも、ポスターを送って下さいます。もちろん、病院に掲示して欲しいという趣旨なんですけど、スタッフに聞くといい返事がないので(いつもいろんな壁新聞で埋まっている)誰もいない時にこそっと張り出すのですが、すぐに見つかって小言を言われます。いつも面白い展示なんですけどねえ。

名前は自然資料館となっていますが、要するに博物館です。
ここの売りは4階の剥製。もともと、地元の剥製収集家がコレクションを寄付したことが始まりです。剥製というと、古くなってほこりをかぶった物も多いのですが、ここのはみんな立派です。(その道の人が見ると、色がおかしかったりするのもあるらしいが。)有名な剥製師の作品が多かったそうです。ワシントン条約なんかで今は入手できないような貴重な標本もいくつもあり、いつもあちこちに貸し出されています。

コレクションには、徳利を持ったタヌキとか、だんじりを引っ張る、はっぴを着たタヌキの行列なんかもいっぱいあったらしいですが、「学術的ではない」って、引き取らなかったらしいです。
自然史系の博物館はあちこちにあるし、展示も(素人目には)よく似たものばかりです。こんな剥製こそいろいろ並べてくれりゃ、一般受けするのになあ。
(噂では、それらをまとまって引き取ってくれるところがなく、廃棄されたという話も聞きました。本当はどうなんだろう?)
  1. 2014/06/02(月) 20:24:44|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

ひたすら耐える

獣医師会の総会。
昔はいつもなんか発言していたんだけどなあ。さあ、今は何人いるんだろう。50だか60だか70人だか、さっぱりわからない。わかろうとしないからわからないわけで、かといってわかる努力もしたくないので、わからないまま。新しい先生は顔も名前も知らない。
コウモリの文献を持ち込んで読むんだが、これはこれで難しくってよく理解できない。

シャンシャン総会のはずなのに、必ずチャチャを入れる人がいる。発言者も、発言内容もいつもおんなじ。
私自身、主流派じゃないので発言したところで何か変わることもなく、ひたすら耐えて耐えて、のど元で言葉を止める。

予定より早く終わってほっとする。
  1. 2014/06/01(日) 18:08:04|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
前のページ
【楽天市場】本・雑誌・コミック