毎日の院長

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

訃報

獣医師会から訃報の連絡が来た。MLでしょっちゅう流れてくるが、ほとんど気にしていない。ほとんどは他の支部の知らない方の関係だし。また、たいていは会員の「ご尊父」「ご尊母」って書かれているし。
今日のも同じだろうと思って気にしてなかった。ゴミ箱に入ったメールを消去しようとして気が付いた。これ、本人さんの訃報。
直接は知らないが、名前はよく見る方。まだ若かった方のはず。訃報が流れる年じゃないはずだがなあ。
(あとで確認すると、私とほぼ同じ年だった。)

いつだったか、獣医師会ですごく活躍されていた若い先生が亡くなられた。肝臓癌だったか。入院されてすぐにお亡くなりになったので、病態がかなり進んでいたのだろうか。
聞いた話では病院のスタッフに白目の黄疸を指摘されたのが最初だったとか。本人はもちろんだけど、奥さんも気が付かなったんだろうか、って誰かが話していた。
でも、私も、病院スタッフとは10時間以上顔を突き合わせているが、妻と顔を合わすのは朝の30分ほど、夜の2時間ほどというのが実際のところ。ある意味、スタッフと過ごしている時間の方がずっと長いというのも事実。

開業しながら大学院にも籍を置き、何時間もかけてかなり遠方の研究会に通っておられた先生。私よりずっとずっと若い。開業獣医師相手の講演会の講師も何度もされていて、私もいろいろ教えてもらった。突然訃報が流れて驚いた。
自殺されたんだそうな。
お子さんもまだまだ小さかったんだけど。
これは聞いていてもつらかった。

  1. 2014/02/28(金) 21:34:09|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

さいた さいた さくらが さいた

今の小学校1年生の、国語の1ページ目は何なんでしょう?

DSC08537.jpg








庭に春の気配です。

2008年は3月4日はまだつぼみ、13日に満開
2009年は3月1日
2010年は2月27日
2011年は3月3日
2012年は3月10日
2013年は3月1日
  1. 2014/02/28(金) 20:21:49|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

30年目に初めて

コウモリ調査。そこそこデータが取れて満足しながら駐車場所へ戻ろうとしていた。川沿いを歩いていると同行者が、「あ、シカ」という。そちらに目をやると、川のど真ん中に成シカが横たわっている。死にたてなのか、季節柄か、傷んでいる様子はない。
幽霊部員に近いが、ホネホネ団メンバーとしては知らん顔もできない。夏場である程度腐ってたら諦めるか、とりあえず端っこに寄せて完全に骨になるのを待つんだけど、あの状態じゃ、期待できない。
しばらく考えていたが、やっぱり持って帰らんとあかんかなあ。

道路から水面まで2mほど。さあ、重さはどれくらいあるんだろう?どうやって上げる?

近くを見渡すがロープとかは落ちていない。
思いついたのは車に積んでいる牽引ロープ。

大学生の頃、自分の車や友人の車をよく牽引していた。その記憶があって大阪に帰って車を買ったとき、ついでに牽引ロープも買っていた。それを使ってみるか。

川に下りて首にロープを巻き、それを道路から引っ張り上げた。合わせて、同行のOさんに持ち上げてもらい、めでたく回収。

30年目にして、初めてロープが役にたった。


シカを積んで博物館へ。

下ろしてからハッと思った。これだけ新鮮ならダニとかもいたんだろうか?季節柄、ダニは付いてないんだろうか?
荷台に直接積んでいたのでちょっと心配。
  1. 2014/02/27(木) 20:33:33|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

重い、でかい、足届かん、けど早い










息子が使っていた、というか、私の初めての新車。息子が就職して、一緒に栃木へ行った。
どこだかが壊れて、古すぎて部品がないので修理できないと言われたらしい。もったいないので送り返してもらい、こちらで修理した。
さあ、何年振りだろう?数年以上になるだろうなあ。

でかい、重たい。足が届かない。
が、走ると早い。


赤信号で、さっと降りて押して左折、みたいな芸当が出来なくなった。
  1. 2014/02/26(水) 20:02:50|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

値上げするらしい

久しぶりに散髪に行った。QBハウス。
1000円だったのが、4月から1080円だそうな。65歳は1000円据え置き。幸か不幸か、まだそこまでは達していない。

今日は珍しく、かなり年配のおっさんがカットしてた。お客さんにマクド的なマニュアルしゃべりしてるのが違和感があった。あとは兄ちゃんと姉ちゃん。姉ちゃんもこれまた珍しく、かわいい姉ちゃんでその子に当たって、まあ、ちょっと満足。なんかにぎやかな姉ちゃんでした。

いつもみたいに、切りまくってもらう。
耳が出ると世間の音がよく聞こえ、脳みそにも風が入って風邪をひきそう。

さあ、今度はどこに行くべかなあ。今度は夏が近くなるので、もっと切りまくる980円に行くか。



あ、そういえば、QBハウス、って、千円札一枚を機械に突っ込んで、出てきたレシートを姉ちゃんに渡すシステム。(当然)お釣りも出ないシンプルな機械。1080円、って、どうするんでしょうね。普通の自販機みたいなのを置くんでしょうか。機械代だけですごい投資が要りそう。
  1. 2014/02/25(火) 19:50:16|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

時間勝負?

ピーチ。こないだ、松山まで行ったところ。
3か月前に買ったのに、しばらくして最低値約2000円てな広告メールが来た。買い替えは出来ないし、腹が立ったが確認はしなかった。
今度は鹿児島へ行こうかと思った。値段を見て、まあ、こんなもんかなあと思ったが、広告メールを見ると「最安値」はもっともっと安かった。が、「最安値検索」をしてもそんな価格の設定はない。誇大広告かなあ、とも思ったが、ふとおもってOKWEBで聞いてみた。

回答を見ると、ピーチの値段は毎日どころか、時間でも極端に変わる時があるんだそうな。
で、昨日の値段と今日を比べると往復で2000円も違っていた。

最安値検索をするが広告にあった価格は見つからない。時間単位で一瞬、そんな価格になるのかなあ。

回答者も、最安値を狙っているうちに買うタイミングを失ってすごく高いチケットを買う羽目になった、とかなんとか言ってた。飛ぶ直前になって空席があったら投げ売りするのかとも思ったが、どうも、そんな感じでもない。逆に、定価(というのはないんだろうが、ヨソさんと同じレベル)に近かったりする。

予定している日の行きの価格はほぼ最低値かもしれないが、まだ広告のレベルじゃない。それに帰りの便はやや高い。
行きだけ買って帰りの安値を狙っているうちに値上げでもされりゃどうしようもないし、さあ、どうしよう?諦めて今の値段で買っておくか、安値にならなけりゃ旅行を諦めるか。
  1. 2014/02/24(月) 20:16:40|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

ひな祭り

「孫」が初めてのひな祭りとかで、息子の家に「お呼ばれ」した。
さあ、何か月だっけ。這ってた。もうすぐつかまり立ちしそうな勢い。子供は3人いたが、その頃の事なんてさっぱり覚えてない。這って何でも口に持っていこうとしている。かろうじて覚えているのは3人ともこんな感じで廊下を動き回り、犬のごはん時には容器に手を突っ込んでドッグフードを口に入れていたっけ。
まあ、あと数年もすりゃ、普通に言葉もしゃべり走り回るんだろう。

博物館友の会で、大昔はご家族で参加されていた方がいつの間にか、お孫さんを連れて参加されるようになった方がおられる。私も友の会の最初は子供は幼稚園くらいだった。
今度は私がそんな立場になるんだろか。
私もずいぶん、年を取ったんだろうなあ。
  1. 2014/02/23(日) 18:35:23|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

尾っぽ一つ一万円、だったか

20日の事だけど、サルに麻酔をかけに行った。
とある会社が某自治体からサルの生息域を調査する仕事を受けたらしい。いわゆる猿害対策で、まず群れの生息域を調べようとしているらしい。推測では3~4つの群れがあり、それぞれの群れの1頭に電波発信機を付ける、とのこと。でもって、箱わなを仕掛けて捕まったサルを寝かして欲しいというのが私への依頼内容。

昔はその手のアセスの会社ならどこかから麻酔薬を仕入れて自分で処置していたらしいが、最近は薬が入手できなくなっている。何年か前、回りまわってきた話でタヌキに麻酔をかけたことがあり、それ以来のお付き合い。
タヌキは小さなケージだったので外から注射できたが、サルともなるとちょっと大きなケージを使うので直接は注射できない。注射方法を相談されて思い出したのが吹き矢。注射筒を二つつないだような構造で、一方に薬液を入れて、もう一方にガス(正確には圧縮空気)を入れて体に刺さったら薬液を押し出す構造。
北海道の獣医さんが、放牧中の牛を捕獲するときに鎮静をかけて捕まえ易くするために考案したのが始まりだったはず。今では動物園なんかで注射するのに重宝されている。

前回注射に行くとケージに2頭入っていた。発信機を付けるのは1頭。もう1頭はどうするのか聞くと有害駆除になる、との事。ケージの外から鉄砲でズドン、だって。ついでというのもおかしいが、二人とも麻酔をかけるからそれから処置したら?、っていうと、安楽死もお願いしたい、てな事になってしまった。
麻酔の準備はしていたが殺す準備はしておらず、どうしようか困っていたら、わなを仕掛けたおっちゃんがデバ包丁を持ってきた。ほれ、これ、って。そんなん、やったことも教えてもらったこともないけど、心臓穿刺して一件落着。まあ、深麻酔後の放血なんで、一応、安楽死だったろうと信じている。

今度はおっさん、ペンチを持ってきた。何するのかと思っていたら、尻尾をペンチでちょん切っている。これを役場へ持って行くと報奨金1万円(だったか)をもらえるんだって。
尾っぽはおっさん、残りは私がもらって博物館へ。
博物館で、尾がないサルの標本が出来上がっているはず。
  1. 2014/02/22(土) 19:04:18|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

子供のお駄賃

娘がバトミントンの試合に出たらしい。で、試合中に仲間のラケットが頭に当たって、ラケットが折れるほどの衝撃があり「ありえないほど」のこぶができたそうな。で、主催者に医者に行くように言われれて、試合を棄権して帰ってきた。

そんなん、どたまが割れるほどじゃないだろうし、まあ、冷やしときゃええ、と言ったんだが保険があるから、って救急で近所の総合病院へ行った。
結局はCTだけ撮っておしまい。6000円也。

保険請求の書類が届いたが、なんと保険金は1000円、だって。そんなん、子供の小遣いやんか。
私自身は請求書は見てないけど、医者の診断書がいるのなら完全に赤字になるんじゃないの?そんなん、「保険が付いている」って言えるのかなあ。まあ、いくら掛け金がかかっているのかは知らないけど、博物館のハイキングの保険でももっとマシだったように思うけどなあ。

DSC08412.jpg









会報の表紙に使っていただきました。
  1. 2014/02/21(金) 21:29:05|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

却下

何度か書いている、大阪の哺乳類本。たぶん、3年か4年前の12月が締め切りだったように思う。慌てて原稿を書いたが、それ以降音沙汰なく、時間がたってくると新しいデータがどんどん増えて来た。昨年だったか、もう一度データを整理して原稿を書き直した。
それからやっぱり、また次の発見があったりして、以前書いたのを読み直してみると古臭い。書き方や文体もいまいち。気に食わないので原稿を書き換えたいというと却下されてしまった。もう、向こうサイドで適当に添削して文章を整えている、との事。
さあ、どんな感じになるのかわからないし、今度の本気度がどれくらいかわからないけど、私の名前が出るのならもうちょっと気合を入れたかったなあ。

DSC05614.jpg







これも妻のお土産。
  1. 2014/02/20(木) 22:29:50|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

今さらやめられても

SONYがVAIOをやめるって?
最初こそ富士通とかIBMを使っていたが、何年か前、たぶんWIN98の時代からVAIOを使っていたように思う。内部的にやる気をすでに無くしていたのか、最近買ったパソコンはさっぱり、使い勝手が悪い。さあ、次はどうすべかなあ。







  1. 2014/02/19(水) 21:12:35|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

意味ない、って

台所。治外法権。台所に限らず、私の書斎以外のところは基本的に触ると怒られるんだけど。
物があふれている。使った記憶がないもの、半年以上積まれているものもちらほらある。片付けたい衝動にかられるが、あるものを数cm動かしただけでも気が付くらしい。それなりの秩序があるのか。

最近、今度はそこに棚が増えている。一見すると片付いたように見えるんだけど、死蔵するスペースが増えるだけでやっぱり物は上に上に重ねられている。下になったものはおそらく、この先、根が生えて何か月も動かないんだろう。

片付けの基本はほかすこと。私にいわせりゃ、半分以上、いらないんだが。
安いうちに買いだめする、って買ったものが賞味期限切れ。もっとも、切れてても何の問題もなく食べられるけど。

DSC05613.jpg






妻のシンガポールのお土産。
一応はコウモリだけど、この手のものも増えてくると置くところが・・・・・。
  1. 2014/02/18(火) 21:15:53|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

ボランティア、って、何?

最近、小学校からの診療依頼が続いている。ウサギ。
まあ、問題は非常に大きく簡単ではないんだが、めんどくさいので無料で診療している。生き物を飼えば病気もするだろうし、病気になれば治療代もかかるであろうことは誰でもわかると思うんだが、「教育委員会」さんは、なーーーーーーーーんにも考えていないらしい。そもそも、教育委員会からウサギの(無料の!)診療についてのお礼とか、依頼とか、電話の一本ももらったことはない。もっとも、社交辞令の電話ならもらわない方がずっとまし。いつも「現場」の小学校の先生が困って電話してくる。

ボランティアというのもよくわからん。さあ、私のウサギの診療はボランティアなのかどうか。まあ。野鳥なら無主物なのでもらおうにも金の出所がないのはわかるし、こっちは純粋にボランティアかもしれない。学校のウサギというのは所有者、管理者ははっきりしているんだと思うんだけど。


獣医師になるためにはそれなりに「投資」して勉強して資格を取っている。悪い言い方をすればそれなりに金がかかっている。それを回収するのが仕事。
タダ働きとボランティアは違う、っていう人もいるんだけど、さあ、私自身、いまいちよくわかっていない。
物を売るなら目に見えた原価があるんだが、技術を売るとき、原価って何だろう?

DSC05326.jpg








  1. 2014/02/17(月) 21:46:08|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

ここへ行きたい?

博物館友の会で天王寺動物園へ行くことになった。入り口で受け付けの準備をしていると、アジア系っぽい顔をした兄ちゃんがパンフレットを手にして話しかけてきた。で、向こうを指さしている。








もう一度、手にしているパンフレット見ると大阪城の写真。
これを大阪城と思ったのだろうか。
さすがに、そうです、とはいえず、電車に乗ってこの駅へ、って道案内をしました。
  1. 2014/02/16(日) 21:16:15|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

どっちがうれしいか

知り合いの方から頂きました。
ありがとうございます。

DSC05700.jpg







こっちにはチョコレートが入っていました。
カジカガエルだそうです。
マニアックですね。

DSC05702.jpg







こっちは食べられません。
本物です。

DSC05703.jpg
  1. 2014/02/15(土) 20:07:38|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

こっちは難しい

こっちは難しい。
発掘するんだそうです。そのための用具もついています。
作業は来週に。

DSC05715.jpg









DSC05716.jpg








DSC05717.jpg









  1. 2014/02/14(金) 12:49:34|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

ごちそうさまでした

ごちそうさまでした。

DSC05730.jpg









DSC05731.jpg








  1. 2014/02/14(金) 12:46:58|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

さあ、行くべ

久しぶりの「本格的」な雪。
寒いので部屋の中から撮影。
さあ、道はどうなってるのかなあ。さあ、行ってみよう。









DSC05724.jpg









DSC05725.jpg








DSC05726.jpg










  1. 2014/02/14(金) 12:15:16|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

動物園の使命

日曜日の月例ハイキングで動物園へ行くので、その下見に行ってきた。
年に一回くらい行ってるつもりだったが、もっと長い間、行ってなかったのか、ずいぶん変わっているので驚いた。
といっても、建物が急にできたりするわけじゃない。主のいないケージがあちこちにあるのに驚いた。

確かに、ぱっと思い出すだけでフタコブラクダ、バーバリーシープ、キリン、クロサイ、コアラなんかが博物館に搬入されている。オランウータン、チンパンジーが死んだのも覚えている。
園内を歩いているとそれ以外にも、いついつ死にました、という看板がいくつか、目に付いた。

昔は動物園、って好きだったんだけどなあ。今日の天王寺動物園を見ていると、暗い気分になってきた。
あと何(十)年かすると日本中の動物園から大型動物がいなくなると言われている。昔みたいに簡単には輸入できなくなっているし、繁殖はさっぱり進んでいない。

動物園に何を求めるかは人それぞれだろうが、ゾウとキリンに代表されるような、大型動物を「見物」して喜ぶ時代ではなくなりつつある、というか、それらが補充できないのが現実で、動物園側自体がそういう見世物小屋的な展示から脱却するよう努力する時代が来てるんじゃないだろうか。
  1. 2014/02/13(木) 22:23:52|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

放置自転車

仕事場の近くに自転車が放置されている。鍵もかかっていない(鍵はあるけどロックされていない)ので盗難車かもしれない。かなり古そうなのでほかしたのかもしれない。それでも一応は自転車なんだからなんだかもったいない。
これって、拾得物にならないんだろうか?、と思ってお巡りさんに聞いてみた。

結論を先に書くと、ダメだって。自転車を落とす人なんていないから、てな事をおっしゃっていたが、軽トラで運んでいる時に落とすこともあるんじゃないの?

大昔、自宅の前に置かれていた自転車を交番まで持って行ったことがある。拾得で扱ってくれたが、長く置けないようなものは、モノによっては換金処理してその代金を6か月後に渡す、って言われた。こんな自転車、金になるのかどうか疑問だったが、自転車のまま欲しいのならその旨、伝えてほしいと言われた。(ちなみに、腐るようなものは当然何か月も置いておけないから、その手の落とし物の扱いの決まりがあるらしい。)

今は一か月(だっけ?)で所有権が変わるが、昔は(たしか)6か月だった。6か月目に喜び勇んで警察署へ行くと、裏の物置の片隅にその自転車がほこりにまみれて置いてあった。ひらったときはもっときれいと思っていたんだけど、よく見るとゴミか自転車かわからないような代物だった。それでもまあ、何か月か使った後、友人にあげてしまったっけ。

病院のそばで定期券をひらったことがある。定期なんて持ち主がすぐにわかるだろうし、お金でもないんで「謝礼の権利放棄」みたいな感じでお巡りさんに預けた。書類にサインした後、定期券の中身を確認してほしいという事で作業を眺めていると折りたたんだ千円札が2枚出てきた。ありゃ、お金なら5%か10%だったか、もらえる権利があったんだっけ。残念でした。

雨の中、バイクで通勤していると道路際に大きなバックが落ちていた。こんなん、車から落ちるかなあと思いつつ少しのぞいてみると書類みたいなのが入っている。ひらって交番まで持って行った。
お巡りさんが中身を確かめると、貯金通帳も何通か出てきた。どこだかにすぐに電話すると持ち主がすぐにわかった。車上狙いで、数km離れたところで盗まれたものだった、らしい。さすがに現金は一円も出てこなかった。

  1. 2014/02/12(水) 20:49:45|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

博物館探検

博物館探検。博物館の裏側を見せる人気行事。そのお手伝いへ。
簡単な説明をした後、普段は入れないところを回る。
マイナス40度の冷凍庫を体験させ、ついで収蔵庫へ。収蔵庫は魚なんかのアルコール漬け標本の部屋、植物と昆虫の部屋、ホネホネの棚、貝、岩石に化石等、まあ、私もこの機会に位しか入らない場所もあるけど、その広さや膨大な数に圧倒される。
学芸員の解説では、表に出ている標本(すなわち、展示されている標本)が1%、収蔵庫に99%という話でした。
「標本作成作業」ということで、実習室で鳥の仮剥製作成とかネズミの標本作成とかを「実演」これが一番受けたりしてます。

そうそう、収蔵庫でも学芸員の部屋でも廊下でも、整理されていない標本や資料、本なんかがあふれてる。ああいうのを見ると、つい片付けたい衝動に駆られます。

DSC05616.jpg






今日も寒い日でした。
原付で走っていたら死にそう。
  1. 2014/02/11(火) 21:12:31|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

安もの

靴に穴が空いてきた。これ、そんなに長い間履いてた訳じゃないのに。
靴屋で靴を眺めているとみんな同じに見えてくる。ちょっとええかなあと思うと値段も高い。一番下のクラスとなると何度か買ったのと同じメーカーの同じ靴に行きつく。まあ、同じでも困りゃせんのだけど、なんか進歩がないように思ってしまう。次は別のを試したく思う。で、結局何も買わないで別の靴屋へ行くが、同じことの繰り返し。

たまたま別の用事で入ったスーパーで格安の靴を見つけた。まあ、これでええか、と思ったのが今回の靴。

やっぱり、安いものはそれなりの理由があるのかなあ。
  1. 2014/02/10(月) 20:33:17|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

ブックオフ

博物館で引き取って来たハードカバーの本。新しそう。知り合いに聞くと、子供向けで一時ブームになっていたそうな。ヤフオクで調べると多数出品はされているが、あんまり落札されていない。このまま古紙業者というのももったなさそう。初めて、ブックオフへ行ってみた。

順番待ちとかで番号札を渡される。昔は時間つぶしによく本屋へ入っていたけどなあ。最近は雑誌をペラペラめくるくらいか。興味がある本はとりあえず図書館だし。
前の順番の人が文庫本を山ほど持ってきていたので、野次馬的な興味でレジ近くをうろついていた。買い取り金額が決まったらしく店員とのやり取りを盗み聞きしていると、それだけあっても200円ほど、だって。どんな本かまでは分からなかったけど、たぶん、ほとんど値段が付かなかったんだろうなあ。

ブックオフがどれくらいで本を買ってくれるかというQ&Aがあちこちに書かれているが、どれも評判は良くない。「値が付きませんが持って帰られますか、こちらで処分しますか」と言われて処分を頼んだら、しばらくして書棚に並んでいた、という「苦情」が時々ある。まあ、商売だからタダで仕入れて高く売るのは基本かもしれないが。

で、私の順番が来た。一冊100円、10冊で1000円。
この本、定価1600円で、店内では半額の800円で売られている。店的には仕入れの8倍で売る計算。

さあ、これが高いのか、安いのかはよくわからぬ。
少なくとも私はいらなかったし、かと言って800円で売る手段は無かったので、まあ、仕方ない。

  1. 2014/02/09(日) 15:31:26|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

会議三昧

午後から博物館で、会議3連ちゃん。
大阪自然史センターの理事会、総会、評議員会議。
理事はやっているけど、本当に役に立っているのかどうか、非常に疑問。いわゆる、名ばかり理事かなあ。
それでも今日はちゃんと会議を聞いて意見を言いつつ、うたた寝することはありませんでした。えらい。

最近はいつもバイクで行くんだけど、今日は東京での大雪が報道されてた日。大阪でもほんの少し、積もりました。雪以上に寒さに耐えられず、雨も降っていたので仕方なく電車で出かけました。

って、今日はおもしろくないブログでしたね。

DSC05498.jpg







博物館から引き取ってきた本に入っていた一冊。
スタッフが似てる、って、病院に「飾って」います。
そうかなあ。
  1. 2014/02/08(土) 20:55:08|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

なんとか終了

中学生の職場体験。昨日と今日。昨日は私は休んでいたので相手できず。
午前中、仕事を見てもらうつもりがそんなにひっきりなしに患者さんが来られるわけでもなく、レントゲンを見せたり、骨格標本(というか、ばらばらの骨)を見せたりして時間をつぶす。
昼から幸い、手術があったのでその見学をしてもらう。この2年ほど、職場体験の女の子、みんな手術を見てぶっ倒れているので心配していたが、今日の子ら(二人来てました)は平気らしく、手術を見ながらニコニコしてた。
その後、遅い昼ご飯を食べておやつを食べたり。

一番最初に子供を預かったときはネズミの解剖をしてもらったり、いろんな骨格標本を見せたり、専門書も引っ張ってきていろいろ教えたんだけど、この何年かは子供相手をスタッフに押し付けたり、あんまり熱心じゃないなあ。
そんなんなら引き受けるな、って?
ごもっともです。

  1. 2014/02/07(金) 21:11:47|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

ピーチデビュー

昨年のいつだったか、ピーチが松山線に就航、との報道があった。価格は3000円台(後半だったかなあ)。
2月から飛びはじめ、チケットの販売はいつから、と書かれていたのでその日になるのを待ち構えて購入した。特に松山に行きたかったというのではなく、ただ単に飛行機に乗りたかった、というのが主目的だったかもしれない。

当然、早くに買うと一番安いと思っていたのに、何か月かしたら特別価格で1000円台だったか、2000円台だったかでも売り出し始めた。私が買ったチケットは基本的にはキャンセルもできないし、さあ、旅行予定の日にそういう設定があったのかどうかは、あったらけったくそ悪いので確認していない。

で、やっとその日が来て初めてピーチを利用した。
関西空港では第2ターミナルが搭乗場所。まあ、自家用車なんであんまり関係なかったけど、電車とかの人だったらけっこうめんどくさいだろうなあ。

だだっ広い体育館みたいなところに、長ーーーーーーーーい行列。国際線の搭乗と出国手続きの行列みたいだった。格安航空だからみんな文句を言わずに並んでいるんでしょうな。

私の乗る航空機まではバスで送迎、というのでバスに乗ると延々と走り出す。結局、第1滑走路の片隅の航空便専用のスペースみたいなところに一機だけポツンと止まっている飛行機が搭乗機だった。やっぱりこれも格安航空なんで冷遇されてるのでしょうね。

お金がかかるので座席指定もしなかったけど、妻と並びで私は窓際。天気も良くって楽しい飛行機でした。
報道されてたみたいな狭苦しさも感じませんでした。

またどっかへ行きたいなあ。


あ、思い出した。
飛行機を降りるとき、また次もピーチに乗ってねえ、てなアナウンスをアテンダントが言うんだけど、最後に、「ほんまおおきに」って言ってた。たぶん、大阪便なんで「方言」を使ってるんだろうけど、「ほんまおおきに」なんて言葉、大阪で聞いたことないぞ。そんなん、使うかなあ。せいぜい、おおきに一言じゃないかなあ。
なんか白々しくって興ざめ。
  1. 2014/02/06(木) 23:11:50|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

帰ってきたが

(画像がないとわかりまへんな)
バハが帰ってきた。オフロードの250。予想以上の痛み。
よくこんな状態で動いていたなあ。さすがオフロード、って、妙なところで納得する。

さっそく、バイク屋へ持って行こう、と、押し出したのは良いが・・・・。

重い、でかい。

モンキーばかり乗っていた身にとっては軽とダンプくらい違うように感じる。
バイク屋まで押すがひーひー言いたくなる。どうも、あちこち悪そうな気がする。

バイク屋のおっちゃんが一目見て言うのは、こりゃ、あかんで。
あちこちオイルが漏れ、修理費用の見当もつかない、って。
金さえかければ治るというものでもないらしい。たぶん、部品がない、って。


うーーーーーーーん、愛着だけは十分あるんだけど。
体力的にも、もう諦めろ、って事かなあ。

無理を承知で見積もりだけ、って、バイク屋に押し付けてきた。
こんなでかいのん、部屋に入れて飾るわけにもいかんしなあ。
  1. 2014/02/06(木) 22:24:03|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

そんなに疑うんなら、やり方を変えたら?

仕事がらみの話はあんまり書いてこなかったけど。

いつだったか、動物保険、アニコムから問い合わせが来た。申請した保険診療についての問い合わせ、だって。

動物保険というと、ついこないだ、新聞紙上をにぎわせたところ。これもアニコム。その事件は事故があってから保険加入してるんで論外の話。今回問い合わせが来てるのは保険に入ってかなり経ってからの診療だし、何の問題もないはず。診療回数が多いので問い合わせてきたらしい。

昔は年間の診療回数に制限があったけど、回数をなくしたのはアニコムのほう。一年に何回も通院しているのは慢性の病気だからで、別に何かやましい事をしているわけじゃない。患者さんにしても全額を保険でカバーできるわけじゃないからその都度、そこそこの金額を負担している。

「回復の見込みを教えてください」って、心疾患にしてもてんかんにしても治る事なんてない。よくて現状維持、そのための投薬やんか。当然、寿命が来るまで投薬することになるし、病状が進めば薬も増えてくる。それを認めないなら、何のための保険かわからん。

そもそもアニコムの保険の事務手続きは病院でやっていることになるけど、それに対しての報酬は一円も入ってこない。病院の収入は保険でも保険外(というか、保険に加入していない患者さん)でも同じなわけで、冷静になって考えるとなんか、腹も立つ。あんたの商売の手伝いをしてるのに疑ってかかるって、おかしいんじゃないの?

人間の方の健康保険では形だけかもしれないが一応は審査機関がある。牛の共済だって、保険診療をチェックする別の機関があって、実際、私が北海道で働いていた時も年に何回かは、保険適応をはずされていた。犬猫のこの手の保険に審査機関がないのは会社側の手抜きというか、100%獣医師の善意に頼っているから。その一方で時々問い合わせが来るのはなんで?そのたびに診療がストップしてカルテを見直したり、スタッフが返事を書いて返信している。
なんかなあ、すっきりしないなあ。


  1. 2014/02/05(水) 22:04:44|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

今度は迷わず

でもって、昨晩、妻子を迎えにまた空港へ。
今度はしっかり覚えて迷わず。で、判明したこと。
連絡橋から一番最初の駐車場がP2なんですな。こないだは最初の駐車場なんでP1と信じ込んでいました。また、駐車券にはしっかり駐車場の番号も入っているし、裏の色で区別してる感じ。
てな難しいことを考えないで、南側の駐車場か、北側の駐車場かだけ覚えておればええみたい。こないだは南北に一つずつあるなんて、考えもしませんでした。
  1. 2014/02/04(火) 07:22:25|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

何等賞?

とある所からこんなのが送られてきた。









いわゆる、家庭温泉ですね。2つか3つしか入っていません。
こんなのが欲しくて応募したのか、もっと良い商品をねらったのにこうなったのか、いまいちわかりません。何等賞とも書いてないので、最初からこれしかなかったのかなあ、なんでわざわざ応募したんだろう?

  1. 2014/02/03(月) 21:09:56|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
次のページ
【楽天市場】本・雑誌・コミック