FC2ブログ

毎日の院長 改め、日々雑感

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

5度

大阪や東京じゃ、たとえば気温が5度とか4度になるだけでニュースになるし寒い寒いって騒ぐんだけど、北海道じゃ氷点下が普通の事。ちなみに北海道の人は冬の気温にはいちいち、マイナス、って言わなかったような気がする。
「今日はしばれるなあ、10度だって」というのはマイナス10度の事。ガラスの外側に、家に向けて設置する温度計があったなあ。家を出る前に外気温を見て防寒の程度を考えるためのもの。

北海道で就職したとき、月給以外にボーナスはもちろんあったし、冬には「石炭手当」というのもあった。また、共済組合だったので準公務員といわれ、人事院勧告でいくらか臨時にお金をもらえた。年に何回も給料以外の臨時収入があって喜んでいた。それまで数万円の仕送りで生活していたんで、なんだか急にお金持ちになった気分だった。

就職して初めての冬は木造2階建ての、隙間だらけの家。家の中を風が通り抜けていた。日中はいないし、朝起きたらすぐに出勤(歩いて2分)、家の中はいつも氷点下、だったかもしれない。
夕方帰って一番にすることは、凍った鍋を火にかけること。熱湯を水道にかける。北海道では凍結防止装置、と言えば聞こえがいいけど、凍結しない本管から分岐した水道管の水を夜間、凍結しないように排水する装置(これで分かるかなあ、水抜き、って言ってた)があるんだが、それがうまく作動していなかったらしく、毎晩、水道管が凍結していた。それを熱湯で溶かすのが日課だった。
ストーブはあったけど隙間だらけの家で暖かいのは火の前、数十センチだけだった。
寝る1時間ほど前に布団乾燥機をかけて、布団を温めて覚める前に寝る毎日。

あー、なつかしい。

北海道へ行きたくなってきた。
  1. 2014/01/10(金) 19:45:37|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
【楽天市場】本・雑誌・コミック