毎日の院長

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

予約ねえ・・・・

予定なしの一日。
ちょっと気になっていた穴を探しに行った。一度探しに行って、入り口しか残ってなかったと記憶していた。
いつだったか、資料をネットで探していると長い穴が残っているようなことが書いてある。もう一度行ってみるか。

道路脇に金網が張られている。そのすぐ向こうに入り口らしき隙間が見える。道路は時々、車が通る。あっちに普通の民家が見える。(ということは、向こうからも見えるはず。)
こんなとこでうろうろしていると余計に怪しい。金網の切れ目に踏み跡があって穴まで行けそうな感じ。車が来てなさそうなタイミングで入ってみた。

入り口こそ狭くなっているが、入ってみるとけっこう立派な穴。廃坑じゃなく、防空壕でもなく、たぶん地下工場を想定して掘られているからだろう。この規模だったら普通はコウモリが入るんだけどなあ。入り口もコウモリだったら普通に出入りできる構造なんだけどなあ。たぶん、200mは超えていると思う。この規模の穴はそう多くない。
かなり慎重に上下を探索したが、生息の痕跡はない。
まあ、(人目に付きやすく)入りにくい穴なので再調査の必要がないのはある意味、助かるんだけど。


この近くに、大阪府の水産試験場がある。今は行政改革で呼び名が変わってるはず。魚やエビなんかの種苗を育てて放流している。出かける前に一応HPでチェックすると見学できるようなことが書いてあった。ただ、いきなり行って見学できるのかどうかはよくわからなかった。手が空いていれば飼育施設も見せてくれるようなことが書いてあり、そっちは予約が必要で、入り口近くの普通の展示は見られるように思ったんだけど。

で、入り口まで行って自動ドアの前に立ちました。
ドアは開きませんでした。
「見学者の方はお名前を書いてください」という看板は見えるんだけどなあ。

この施設には、実は知り合いが何人か勤務しておられる。海の専門家ということで、博物館で知り合った人達。でも、それこそ仕事中にいきなりじゃ申し訳ないし、まあええか、と思ってそのまますごすご帰りました。

うん、残念。
  1. 2014/01/31(金) 19:37:50|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

間に合わん・・・・

昨日の産経新聞、夕刊のトップはリニアの話題。
大阪に来るのが2045年だって?
うーーーーーーーん、絶対間に合わんだろうなあ。生きてても乗るのに医者の診断書がいる?

ちょっと先の話になると、生きてるかどうかをまず考えるようになってきた。若い頃は適当なとこまで生きればええか、周りに迷惑をかけてまで生きたくないなあと思っていたけど、だんだん先が短くなってくると逆に「生に執着」しますな。
リニアがどうなるか知りたいし、平成の次の年号、その次の年号まで知りたいし、「後継者」が先細りの皇室がこれから先、どうなるのかも知りたいし、地震がほんまに来るのかどうかも、その大きさも知りたいし、まだまだ気になることはいっぱいある。

もっとも、何歳まで生きるのか、ボケるかどうかが一番知りたい事かもしれないけど。

  1. 2014/01/30(木) 20:27:21|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

慢性疲労

なんだか、左腕が重たい。特になんか運動している訳じゃないんだけど。
ハタと気が付いた。これって、猫をテーブルから降ろす時に左腕を使っているからじゃないかなあ。

朝食事、ヨーグルトとか牛乳を狙って猫がテーブルに上がってくる。そのたび、左手一本で猫を持って下におろしている。それを毎日、何度も繰り返しているからかもしれない。

DSC08078.jpg









夜に冷蔵庫に近づくと犬3つ、猫2つの視線が刺さってくる。これは牛乳が欲しいから。
お互い取り合いをするので、監視を付けて順番に一口づつ与える。私が牛乳を飲めるのはその儀式が終わってから。


患者さんに、犬猫に牛乳を与えてもいいんですか?、ってよく聞かれるんだけど、まあ、ほとんど問題無いでしょう。
そもそも、牛乳は「牛」が自分の子供を育てるためのものであって、「人」用でもありませんから。






  1. 2014/01/29(水) 20:26:21|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

あんた、かわいそうなら肉食うな

どこだかのコンビニが苦情を受けてフォアグラ弁当を販売中止にしたというニュースに関連して、YAHOOニュースにこんなのが載っていた。

確かに飼育している現場は目を背けたくなるような状況なのですが、肉の味を最優先にするため主に撲殺(厳密には打撃で失神させ、その後失血死させる)という形で処理される牛が残酷でないのかといわれると微妙なところといえるでしょう。

新聞にしろ、ここにしろ、テレビでもラジオでも常に真実を書いている、報道しているとは思わないが、これってひどいんじゃないかなあ。どんな認識をしているのか。
驚いて別の人がどんなことを書いているかと思って「と畜」なんかでググってみると、そういう表現をしているところが非常に多いことにさらに驚いた。さらにさらに、某HPでは(某自治体では積極的にと畜場を公開しているらしい)と畜の現場も見て説明も受けているはずなのに同じ表現と同じ理解をしている。

食肉になるから当然、麻酔薬なんかの安楽死は行われない。牛では頭部からピストル(みたいなの)を脳に撃ちこんで一瞬のうちに殺している。これが残酷というのならどんな殺し方をすれば満足してもらえるんだろうか。
殺した後(というか、死んだ後)脊髄にピンを挿入したりすると神経の反射で足がピクピクしたり動いたりするんですねえ。どうも、これを「苦しんでる」てな認識をするらしい。

肉を食べる人みんなが、殺すところから肉になるまでを知っておく必要はないだろうが、ええかげんな知識をいかにも真実みたいに書かんといてや。

  1. 2014/01/28(火) 20:58:18|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

古本屋、もできない本

同じようなネタで引っ張ってます。
博物館から引き取ってきた本、10数箱。副会長さんから、大学で古本を集めているという情報をもらう。とある大学関係の団体が無料で本を引き取り、売れるものは売る、売れないものでも寄贈先を探してくれる、というもの。
やっぱり、本をゴミとして処分するというのはかわいそうだし(もちろん、再生材料にはなるんだけど)調べてみた。

「引き取るのはISBNの付いてる本です」だって。要するに、バーコード付きの本。

何(十)年も、年に一回のバザーのためだけに書庫と会場を往復している本がほとんど。コードの有無で本を分類すると8割以上、処分箱行き。やっぱり、いらんもんはどこもいらんのだなあ、と妙に納得しました。

DSC05496.jpg








病院の前で「廃品回収」屋を開業してました。
  1. 2014/01/27(月) 21:30:09|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

友の会総会

でもって、総会当日。
久しぶりに面白い講演を聞きました。丸山宗利さんのお話。説明するより、ググってみて下さい。
いやー、世の中にあんな奇妙な虫がいるんだ、またそれを追って世界中飛び回る人もいるんだなあ、というお話です。

バザー。あんなもん誰が買うの?、というようなのがすぐに売れたり、絶対売れると見越して強気の値付けをしたらさっぱりだったり。
実体顕微鏡に双眼鏡。ニコンにオリンパス。ええもんやとは思っていても弱気の値付け。知り合い何人かに見てもらうとみんなが欲しがってる。慌てて値段を吊り上げました。

書籍。昼休みと夕方に販売の予定でしたが、定額の廉価本が昼にいっぱい売れて、夕方の分が品薄に。今さら、無料本から有料コーナーへ移動する訳にいかない。来年売るものも減ってしまった。今年無料だった本が来年は10円か100円という不思議なことになりそう。まあ、誰も覚えていないでしょう。

DSC08078.jpg






なんだか面白くない記事なんで、写真でも付けておきます。
  1. 2014/01/26(日) 23:29:57|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

明日は友の会総会

明日は大阪国際女子マラソンの日で、この日はいつも自然史博物館友の会総会の日。でもって前日はバザーの準備の日。
野次馬的な興味で前日、いつも準備に顔を出している。

書籍。例年同じ本が出たり入ったりしているんだけど、今年は見慣れない本が何箱もあった。**さんの本らしい。博物館関係者の方で、現役でお亡くなりになった。その本を整理してバザーに出したらしい。何年かに一度、こういう形で良い本が出てくる事がある。もっとも、専門が地学系なんで、会員さん一般には取っ付きにくいかもしれない。

担当の学芸員さんがネットの古本屋価格を調べてくれていた。数千円で売られている本もいっぱいあるんだけど、古本屋が付ける値段と実勢価格はじぇんじぇん違うのが相場。いくらがんばってもこちらで付けられるのはその2~30%というところ。ヤフオクじゃええ値段がつきそうな本もあるんだけど、ここじゃ「客層」が違うからなあ。何だか、もったいない。自分で買って転売するかなあ。

一般バザー。ある人が外国の民芸品というか、お土産みたいなのをいっぱい持ってこられている。バザーじゃなくオークションと思われたらしく、「最低価格」のメモが付いている。確かに、店に並べるならその何倍もするんだけど、ここじゃ、その値段じゃとても無理だと思うけどなあ。売れ残るだろうなあ。


関係者の方とか、実習生の方が準備を手伝ってくれてついでに「内覧会」。いくつか本を買ってもらう。
こんなん、絶対売れない、と思っていた本がいくつも引き取られた。
難しいもんですなあ。

DSC08081.jpg







朝に鳥の観察会があったので行ってみました。明日の予行演習でしょうか、ヘリコプターが頭上を飛び回ってうるさかった。鳥の方はさっぱり。
  1. 2014/01/25(土) 20:05:13|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

孫世代?

一名の退職と入れ替わりに4月から新卒の子を雇用することになった。
開業してすぐの頃はお金もなく、2,3時間の短期バイトで回していた。当時は動物看護士の学校もなく、職安に求人を出すくらいだった。

最初に来た子は東京オリンピック生まれだったように思う。
次に来た子は大阪万博生まれだったかなあ。同級生に「博子」ちゃんが何人もいる、って聞いたような気がする。
そのうち、うちの息子、娘と同じ世代の子が来るようになった。

それから何年かすると今度は平成生まれの子。平成って、昭和天皇ご崩御の日とか、もうここで普通に開業して仕事してたぞ。私が開業してから生まれた子が就職する年になってるんだ、とその時思った。
もう何年かすると、孫と同じ世代の子が面接に来るんだろうか。


あ、いつ頃来てた子だったか、「おじいちゃんがシベリアで傷病死してます」って子がいたっけ。私の世代は父親が戦争に行ってた世代。私の伯父がシベリア抑留組だった。父は体が弱くって終戦間際まで徴兵されなかったそうな。で、最後の最後で徴兵され北海道まで行ったけど、そこで終戦だったとか。





  1. 2014/01/24(金) 20:22:26|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

「百田尚樹」シリーズ

今度順番が回ってきたのは「夢を売る男」

本の裏表紙の作家紹介みたいなところに、「一作ごとにまったく異なるジャンルの作品を出版する異色作家」って紹介されていた。
まだ2冊しか読んでいなかったが、ゼロ戦とスズメバチとの差に驚いていたところ。それが「売り」なんだろうか。

でもって、今度は自費出版(じゃない、文中でいう、ジョイント・プレス)がらみの本。
まあ、おもしろかったんだけど、若干、くどいところもあるかなあ。客の誰かが原稿をバッサリ削られたみたいに、もっとスリムにできるような気がした。また、最後でジョイント方式じゃなく普通の出版社としての良識に乗った本を出すみたいだったが、そこんとこをもっと突っ込めばよかったのに、てな意見を偉そうに書けるほど、私自身、文学を理解している人物じゃないんですけどね。

映画みたいに点数をつければ75点くらい。

ちなみに「ゼロ戦」は映画が100点、本は90点。
「風の中のマリア」は20点。


ヤフーニュースによると、某映画監督が「ゼロ戦」を酷評しているらしい。私にいわせりゃ、あんたのその映画の見方自体が、じぇんじぇん間違っている。そんな理解しかできないような人がよく映画を作ってるなあ。
ちなみに、私自身はその監督の映画は見たことないし、見る気にもなりません。映画以外での発言や考え方が人の道を外れています。
  1. 2014/01/23(木) 22:28:21|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

ぶつくさ太郎 その2

そうそう、もう一つ思い出した。
武田尾温泉で女風呂をのぞかれ(たのか、そういう状態だっただけというのかよくわからんが)旅館が訴えられた、てな事件。


私が北海道にいた時、登別の第一滝本館は混浴だった。もちろん、女湯もあったけど大浴場は混浴。共済組合の宴会で何度か泊まった。若いお姉ちゃんと一緒になった記憶はないんですけどね。
今はどうなっているんだろう、と思ってググってみたら、それについて書いてる人が多い。昔は有名だったらしい。が、今は別々みたいです。

記憶遺産、って言うんだったか。山本作兵衛さんの筑豊炭鉱の記録を見たら、炭鉱夫(婦)のおばちゃんもおっちゃんも仲良く、か、どうかわからんけど一緒にごっちゃに風呂に入ってました。
そもそも、大昔は日本人は混浴という事に抵抗がなかったんじゃないですかね。
だからどうした、という話では無いんですが。
  1. 2014/01/22(水) 21:22:17|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:5

ぶつくさ太郎

自衛艦と釣り船の衝突。まあ、事実はわからんが、最初の報道で自衛艦がS字に走って、まっすぐ走っていた釣り船とぶつかった、というのがあったっけ。あんなでかい船がそんなに身軽に右行ったり左行ったりできるの?、てな事になんで新聞記者さんは気が付かないんだろう?、というか、報道する前にもっと考えたら?

JR北海道。データを改ざんして処分、って、そもそもの会社の体質みたいなものもあるんじゃないのかなあ。そんな会社で育てられたからそうなっただけで、個人に責任をなすりつけておしまい、っておかしいんじゃないかなあ。しかも正直に申告した人だけが処分される、って。
北海道みたいなあんな広い所で、過疎地ばっかりで電車を走らせる、って、もうかるはずがない。会社がもうかっていりゃ、もっと別の対応もあっただろうに。報道には労使関係云々という文字がよく出ているけど。田舎なんで会社そのものの体質改善も遅れているんだろうなあ。そういえば、北海道のとてつもない田舎にも住んでいる人、って、郵便局員と国鉄職員、って大学生の時、誰かが言ってた。

東電が自分社員に対しては補償金を支払わないって、末端の会社員にどんな責任があったというのか。責められるべきは役員と株主であって社員全員じゃないと思うけど。

王将の事件、って、さっぱり進んでないのかなあ。無差別殺人じゃなさそうなんでとばっちりがこっちに来るようには思えないけど、なんか最近、「凶悪犯罪」が増える一方で「検挙率」がすごく下がっているような気がする。



なんだか、明るいニュースはさっぱり見なくなった今日この頃。

  1. 2014/01/22(水) 20:00:21|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

復活、させるかどうか・・・・・

結婚してからずっと中型、といっても250ccだけど、バイクを持っていた。長男が就職した時、所有していたホンダバハを持って行かせたが、何もなくなるとさびしいのでヤフオクで中古を買った。

バハはバッテリーがなく、メンテがいらんかなあと思って買ったバイク。今はそんなバイク、ほとんどないらしい。値段(とスタイル)だけ見てSL230というのを買ったんだが、キックが付いていない。もちろん、セルでエンジンがかかるのは楽ではあるが、しばらく使っていないとバッテリーが上がる。買った当初は何とか週に一度くらいは乗るようにしていたけど、年を取るに従い乗るのが億劫になり、特に冬になるとじぇんじぇん使わなくなってきた。当然、いざ乗ろうとするとバッテリーが弱って動かない。
1、2度はバッテリーを充電したり買い替えたりしたけど、こんなん繰り返していても無駄なだけ。さびしいけど手放すかなあ。2年ほど前、オークションで売ってしまった。

つい最近、長男からバハがあちこち痛んできて、修理に金がかかるので処分する、という話が来た。なんだかかわいそうだしもったいない。とりあえず引き取ることにした。

さあ、引き取って修理しても乗るかどうか。やっぱり、歳を考えてきっぱり縁を切った方がいいかなあ。中途半端に乗り出してこけるのも怖いし。(このバイク、車高が高くて足が着かない・・・・。)

  1. 2014/01/21(火) 20:33:18|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:4

風の中のマリア

「百田尚樹」で検索して、何でもかんでも図書館で「予約」しました。そのうちの一つ、「風の中のマリア」が順番が来たとかで、借りました。さあ、どれくらい待ったのでしょう?たぶん、6か月くらいでしょう。

どんな本かさっぱりわからぬまま予約し、19日のお昼に借りて電車の中で読み始めました。神戸まで一時間、研究会の時間待ちの30分、帰りの一時間で読んでしまいました。
先に結論。さっぱり面白くない。

スズメバチの生態を擬人化して書いているんですな。まあ、微妙。
普通の生態学の本じゃ一般人が取っ付きにくいという点ではこういう本もありかなあ、とも思わなくはありませんが、あまりにも擬人化し過ぎ。説明がくどい。無理やり感もある。

永遠の0と差がありすぎ。生き物の生態をこういう形で「小説化」するって、少なくとも私には受け入れられませんでした。普通に科学の読物で説明してくれた方がよほど親切です。
  1. 2014/01/20(月) 22:03:28|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

なんと、8枚

今年の年賀状。なんと、切手が8枚。
郵便局へ交換へ行くと、「いっぱいありましたねえ」って「褒められ」ました。「100枚くらいだったんですけど」というと向こうの兄ちゃんは、「私も100枚くらいでしたが一枚だけでした」っておっしゃっていました。

8枚のうち1枚は、「知らない人」宛て。住所は病院なんだけど、存在しない獣医さんの名前が書いてあります。どうもある業者がうちの住所で別の獣医さんを登録しているらしい。年に何回もその人宛てのDMが来ます。まあ、こっちは困っていないのでしいて教える必要も無いかとほったらかし。今回はそれが役に立ちました。

  1. 2014/01/20(月) 19:49:49|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

永遠の0 再び

スタッフが表題の本を持ってて貸してくれた。

微妙。

私、小説というのはめったに読まない。これが普通の小説かどうかはよくわからない。歴史や事実をベースにしているのは間違いない。

「聞けわだつみの声」が家にあった。父の書庫には写真集とかはいっぱいあったんだけど、この本だけはジャンルが違ってて何であるのか、気になってた。で、何度も読んだ。その続きというんじゃないが「東大戦没者の手記」(だったかなあ)という本を書店で見つけ、すぐに買った。
ゼロ戦の戦記は坂井さんの本や柳田さんの本を何度も読んでいた。
すべて、分類するならノンフィクション、にでもなるのか。その両方をくっつけた感じ。


映画とベースになった小説との比較というのはよく言われること。ただ、私自身、小説をほとんど読まないので、今までその手の映画を見ても原著との比較は出来なかったし、まあ、意味がないのでする気もなかった。
両方をしっかり見た、読んだというのは初めて。

これ、確かに小説をベースに映画が作られてはいるが無駄な枝葉がないからか、監督の技量か、役者さんの演技力か、映画の方がずっとよく出来ている。映画というのは直接目と耳に訴えるから感動を呼ぶのかもしれない。活字をいったん頭に入れてその世界を自分なりに構築する能力に欠けているから読むだけじゃ感動できなかったのか、とも思う。
最初に映画を見てストーリーがわかっているのでのめり込みにくかったのか。


小説でストーリーを再確認するという意味はあるけど、やっぱりお勧めは映画の方。
何時間もかけて本を読むよりずっと短い時間で泣けます。




  1. 2014/01/19(日) 21:42:40|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

夜の無料、昼の1000円

午後から研究会。大阪駅のグラン何チャラ。
例によって原付きで行ったが、けっこう時間がかかった。寒かった。
有名な講師だったが、時間が短いのとテーマが「偏っていた」のであんまりぱっとせず。それでも知らん事もいろいろあって、まあ、刺激にはなりました。

明日も連ちゃんで研究会。こっちも有名な先生。他県の獣医師会主催の研究会で資料代1000円となっていた。こっちに申し込んだ後、別の団体主催で同じ講師、同じ内容の研究会の案内が来た。こっちは無料、だけど、夜の9時から11時だって。東京の先生だから、来たついでにあちこちで講演されるのかな。

後者の研究会は平日の夜が多い。いつも9時から11時で、昔はほとんど行ってたんだけど、ほとんど午前さんで帰ってきてもすぐには寝られず、そのあと、2,3日調子が悪い。で、最近は行ったこと、ないなあ。


  1. 2014/01/18(土) 19:44:02|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

記念碑というか、墓標というか

今日は震災の日だったんですね。あちこちで特集。
ある人が、とある公園にその地域で亡くなった人の名前を彫った記念碑(って言うの?)を建てる運動をしている、って言ってた。何とか公園には震災の犠牲者、関連死の方全員の名前が載ってるというけど。
あ、ついでに思い出した。コウモリ調査をするときに駐車する公園の片隅に、その町内出身の戦争犠牲者の名前が彫られた石碑が立っている。

コウモリ調査で加太へよく行ってる。近くの山中に陸軍の墓地がある。めったに人が訪れることがないらしく、すごく荒れている。近くには「保存会」と書かれた物置があり、昔は面倒を見ていた団体があったんじゃないかと思うんだけど、現状を見ると今は活動している感じじゃない。墓には明治から昭和初期の年代と、出身地、氏名だけ書かれている。
加太や友が島に出征しておられた軍人さんの墓。郷里を離れてここで亡くなられ、埋葬されたんだろう。今となっては訪れる人もないのか。

震災犠牲者の碑がこうなるとは思えないけど、何十年もすれば名前を書かれた人を直接知る人も少なくなるだろうと思う。

墓自体、祖父の代まではなんとか顔まで浮かぶけど、それ以上昔の代となると当然知らない。「先祖代々」の墓標にも線香を立てて手を合わすけど、正直、あんまりそんな感情にならない。

死んでから名を残す、墓を残す、骨を残す必要ってあるのかなあ、って最近、特に思う。
  1. 2014/01/17(金) 22:05:48|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

ガチャン

病院で電話はめったにとらないんだが、極めてまれに(みんな手が離せなくって)取ることもある。そういう時に限って発信元が非通知だったり、0120とか03。警戒して受けると、やっぱり勧誘の話。

「院長先生おられますか?」って言われたら、昔は「今日は休みです」でやさしく断っていたんだけど、冬場は暇だしちょっと相手でもすべか、って、相手をしてみた。投資の話って、そんなん、儲かる話なら人に教えずに自分で投資すりゃいいやんか。最初はのらくら受け答えしてたけど例によってだんだん腹が立ってきてけんか腰に怒鳴りだしたら向こうから電話を切ってきた。ガチャン。よけいに気分が悪くなる。

スタッフに、「院長は昨日死にました」って言え、って言ってるんだけどさすがにそれを言った子はいない。私自身、言ったことないもんなあ。一度だけ、昨日入院されました、知らないで電話してきたんですか?、ちゃんと確認して下さい、って言うと、おっさん、素直に謝っていたっけ。

最近はないが、昔はよく、何とかという事務機械屋から電話がよくかかってきていた。たいてい、コピー機の売り込み。兄がキヤノンに務めてる、父がその商売をしている、って言うと疑わないのか、すぐに電話を切れた。中途半端に、あるとか、いらんとかいうよりずっと効果的。

そういえば、携帯にも電話がよくかかるようになっている。何十円分のポイントの誘惑に負けて個人情報を垂れ流しにしているからだろう。
携帯電話って、ほんまにいらんなあ。
  1. 2014/01/16(木) 20:24:54|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

日本戦士

田母神さんがツイッターで
「今朝のNHKのトップニュースはサッカー本田選手のイタリアのミランでの活躍の様子でした。始めから12分間がそのニュースです。サッカーも人気が有るのかもしれないが、トップニュースで12分間もやることなのか。これでは国民が馬鹿になります」
って書いたら炎上とまでは言わないまでも、いろんな反応が出ているらしい。

私は全面的に田母神さんに賛成するけどなあ。
NHKって、野球シーズンになったら大リーグに所属している日本人選手、みんなのその日の成績をニュースの時間に流すんですなあ。そんなん、別に聞きたくもないんだけど。興味がある人はスポーツニュースなんかで確認すりゃいいだけで、通常のニュースの時間に流すべき内容じゃないと思う。今回のサッカーだって、本田以外にいっぱい海外で活躍している選手はいるわけで、まあ、当日どんなニュースが他にあったかは知らないけど、最後にちらっ、程度でええんじゃないの?

民放や新聞社が独自色を出してそういう方向で放映、報道するのは構わん(見る側に選択権があるともいえるんで)が、NHKというのは受信料で成り立っている「企業」なんだから、サッカー以上に伝えるべきことはいっぱいあるように思うんだけど。

まあ、老若男女、国民全員が納得する番組なんて作れるはずもないけど、国民全員がサッカーファン、野球ファンみたいな一方的な報道はいらんなあ。また、選手自身の意識もプレイする場所がたまたま外国になっただけで、選手みんなが日本の旗を背負ってるてな感覚はないと思うんだが。
  1. 2014/01/15(水) 20:53:46|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

不動産屋

知り合いから聞いた話。
若い姉ちゃんがマンションを借りに行ったそうな。で、保証人で困った、らしい。一般的には親がなるらしいがいろんな事情で頼めない時もある。と、不動産屋が保証人を用意してくれるんだって。ただし、キャバクラはいいけど、風俗はダメ、って、さあ、どんな理由でなんだかよくわからぬが。
仕事してなくっても、書類にはどんな仕事で給料いくらとか、適当に書いてくれる、って。ただし、不動産屋にその分の手数料何万円かが必要だとか。


何度もネタに使っている、娘のマンション退去時のトラブル。床と壁の傷みを指摘され、補修費用の支払いを求められた件。仲介に入ってた「賃貸住宅サービス」に連絡した。
担当者が見に行って、あの程度なら通常使用での傷みなんで支払う必要はないだろう、との事だった。でも、裁判まで起こされたんで家主と交渉、てなことはなかったんだな、たぶん。

裁判の日、順番待ちをしている時、前におっさんが座っていてなんか書類を広げている。何気なく覗き込んだら、その仲介業者だった。手にしていた書類には、傷みは激しく補修が必要、てな文言が書かれている。あんた、こっちに言ったこととちゃうやんか。結局は家主とグルだったらしい。まあ、今から思えば商売を考えると家主側の肩を持つか。
相談した私がバカでした。

  1. 2014/01/14(火) 20:42:28|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

さあ、生き残る道は

近つ飛鳥博物館というところへ行ってきました。ずっと前から気になっており、「関西文化の日」に合わせて行こうかと思っていましたが、なかなかタイミングが合いませんでした。
何気なく朝に、どこか時間つぶしがないかとネットを見ているとここが引っ掛かり、見ていると入館料のことが書いてません。確か有料だったのにおかしいなあ、と思いつつとりあえず行ってみました。

行ってみるとやっぱり、有料でした。どこに書いてあったのか、なぜ見落としたのかはわかりませんが、まあ、今さら帰るわけにもいかないし「文化」を守るため入ってみました。

「古墳時代」といわれても知識がないのでピンときません。無料の機械を借りて解説を聞きますがさっぱり理解できず、何を聞いても右から左です。
展示はまあ、中学校や高校の教科書で見たのを思い出すくらいです。

最初は解説を一生懸命聞いて展示も読んでいましたが、すぐに飽きてしまいました。


で、300円、って、さあ微妙。
興味のないものにとっては高い?建物も展示も維持費もかかっているので当然?

ここ、橋下知事の時代になんかあったんだっけ?現状維持で生き残ったんだっけ?
パンフレットとかを見ていると特別展とか講演会もいろいろやっているみたいです。まあ、歴史の好きな人は多いみたいですから、現実的には自然史系の博物館より需要があるのかもしれません。
  1. 2014/01/13(月) 18:36:17|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

詰めが甘いが

夜に映画。大脱出。
まあまあ、おもしろかったです。最後の10分ほどでそうなった経緯とかの「説明」があるのですが、始まりをボーと見ていたので、いまいち理解できていません。
表題の「詰めが甘い」というのは映画のことじゃなく、私のことです。

75点。

  1. 2014/01/12(日) 23:50:39|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

結局、リカバリー

買ったところのWIN8。HPビルダーが使えなくなった話を書いた。最終的に8.1にバージョンを上げたことが原因じゃないか、ということになった。
当初はHPの更新は仕事じゃないので病院じゃやらず、自宅だけでする事にしていたんだけど、最近は昼休みに病院でアップするようにもなっている。病院でできりゃええかなあ、と思いつつも、連休なんかがあったら家にいてもヒマ。まあ、パソコンを買った時はなんだかんだ設定するんだし、諦めて買った時を思い出してやりなおすか。

で、WIN8に戻すべく、リカバリーをかけることに。リカバリーと言っても大昔とは違ってすごく簡単になっている。適当に何度かクリックすると進行してくれる。また、「工場出荷」まで戻さなくても上書きできるようで、いくつかのソフトやデータは消えずに済んだ。
ビルダーも動いて、ほっと一息。
  1. 2014/01/12(日) 19:06:54|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

新語

娘の「ブランド福袋」
結局、ほとんどオークションで処分した。

ヤフオクに登録しているのが私だけなので娘や息子から出品、落札を頼まれる。普通、2,3度のやり取りで終わるものだが、評価が「新規」(要するにヤフオクは初めてらしい)の相手だったからか、一つは終わるまで10回以上のやり取りが必要だった。「ブツ」が若い子向けのものだったので、返事はこんな調子。


現金書留にします>_<恐れながら住所教えてください>_<
銀行振込ゎ直接振込とゆーことですか?
始めてなのでよくわからなくて、、、すいません>_<
ので(^-^)/今回ゎお取引 **** !
********\(^o^)/*
********\(^o^)/
********>_<
*******\(^o^)/*
送料ゎ着払いって******


そういえば、誕生日に母親からメールが来ていた。絵文字が付いていた。
私の携帯でのメールなんて、まだほとんど平仮名・・・。


ちなみに、昨年は定価に上乗せした金額で落札されたものが多かったが(要するに、儲けた)今年はほとんど定価で処分した。梱包や入金確認、発送作業まで考えると面倒なだけ、のような気もする。
あの手のもの、並んで買って家に帰るまでが楽しいだけじゃないかな。まあ、娘にとっては年に一回だけの楽しみらしい。


最後に来たメール
(((o(*゜▽゜*)o)))
*\(^o^)/*
  1. 2014/01/11(土) 20:17:22|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

5度

大阪や東京じゃ、たとえば気温が5度とか4度になるだけでニュースになるし寒い寒いって騒ぐんだけど、北海道じゃ氷点下が普通の事。ちなみに北海道の人は冬の気温にはいちいち、マイナス、って言わなかったような気がする。
「今日はしばれるなあ、10度だって」というのはマイナス10度の事。ガラスの外側に、家に向けて設置する温度計があったなあ。家を出る前に外気温を見て防寒の程度を考えるためのもの。

北海道で就職したとき、月給以外にボーナスはもちろんあったし、冬には「石炭手当」というのもあった。また、共済組合だったので準公務員といわれ、人事院勧告でいくらか臨時にお金をもらえた。年に何回も給料以外の臨時収入があって喜んでいた。それまで数万円の仕送りで生活していたんで、なんだか急にお金持ちになった気分だった。

就職して初めての冬は木造2階建ての、隙間だらけの家。家の中を風が通り抜けていた。日中はいないし、朝起きたらすぐに出勤(歩いて2分)、家の中はいつも氷点下、だったかもしれない。
夕方帰って一番にすることは、凍った鍋を火にかけること。熱湯を水道にかける。北海道では凍結防止装置、と言えば聞こえがいいけど、凍結しない本管から分岐した水道管の水を夜間、凍結しないように排水する装置(これで分かるかなあ、水抜き、って言ってた)があるんだが、それがうまく作動していなかったらしく、毎晩、水道管が凍結していた。それを熱湯で溶かすのが日課だった。
ストーブはあったけど隙間だらけの家で暖かいのは火の前、数十センチだけだった。
寝る1時間ほど前に布団乾燥機をかけて、布団を温めて覚める前に寝る毎日。

あー、なつかしい。

北海道へ行きたくなってきた。
  1. 2014/01/10(金) 19:45:37|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

HPビルダー

(8日にパソコン屋の文句を書いたんだけど、事情が変わって書き換えてます。)

7日に、HPビルダーが動かなくなった話を書いた。いよいよ困って思いつくまま、ネットで適当に検索してパソコン屋にメールしてみた。やっぱり、バージョンの関係もあるんじゃないか、との話だったけど最初は動いていただけに諦めきれず、またエラーが出ているのでそこんとこを何とかすりゃ起動するんじゃないか、と思って費用を聞いてみた。
基本料金は3000円、作業料3000円だけど、初回の持ち込みなら3000円はサービス、だって。ただ、うまくいくかどうかわからんよ~、てな返事。
とりあえず持ち込んで3000円の範囲でいじくって、って連絡をした。

ちょうど午前は仕事が休みだったので持ち込んでみた。
CDを入れてインストールしてみる。それ、こっちで何回もやったけど。で、やっぱり起動しない。
ただ、何度も出ていたエラーコードが出ない。なんでやろうなあ。

結局、家でさんざん苦労していたのと同じことを繰り返しただけで終了。なーーーーーんも解決せず。
WIN8で動いてて、8.1にして動かなくなった可能性があるんじゃないか、との推測。
8にもどすならリカバリーしかない、リカバリーは1万円だったか、1.5万円だったか。こっちも自分でされれば?、で話は終了。
専門家を一定時間拘束して話を聞いたので、まあ、相談料だけは払って帰ろうと思ったら、今回はいらないです、との返事。
まあ、諦めが付いたてな感じか。

あーあ、リカバリーして8に戻すかなあ。
なんかめんどくさいなあ。
  1. 2014/01/09(木) 20:21:16|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

当たった?

例の、農薬混入食品。同じ商品がうちの冷凍庫にあったそうな。開封済みで一部は食べている、が、賞味期限は半年ほど前に切れている。要するに、冷凍庫の肥やしというか、死蔵品。それが実を結んだ?
今回の事件とはじぇんじぇん関係のなさそうな商品だけど、HPでは賞味期限に関係なく送り返して、って書いてあるのでありがたく引き取ってもらおうかなあ。
  1. 2014/01/09(木) 08:51:42|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

やさしくお願い

家にいると電話が鳴った。今頃、自宅の電話にかかってくるのは実家の母か、妻の実家か、あとは営業がほとんど。着信を見ると0120。やっぱり営業?、と思って警戒しながら受話器を取ると若いお姉ちゃん。

「国民年金なんですけど」

娘の国民年金が何か月分か未納になっているのでそのお知らせ、というか、支払いのお願いらしい。ただ、一方的に払えというのではなく、払えない理由があるのなら支払い免除とか延期とか、いろいろ手段もあるのでどこそこで相談したら?、という話だった。
この手「集金」、行政だけじゃ手が回らない(というか、効率が悪い)ので、「下請け」に出すようになっているらしい。で、お姉ちゃんがやさしくお願いするようになって未納率が下がっている、という話も聞いたことがある。

実は私も国民年金の未納年数が何年かある。開業直後の貧乏時代に支払い免除を受け、そのままほったらかしにしていた。当時は催促なんてなかったし。
ついでにその話もいろいろ聞いて、まあ、時間つぶしにはなりました。

  1. 2014/01/08(水) 20:45:02|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

最悪のパソコン?

自宅のパソコンを買い替えた。windows8は評判が良くなかったが他に選択肢はなく、VAIOの安いのを買った。
確かに使いにくい。「設定」で検索して、いろいろいじくってみた。WIN7もどきにはなったが、それでもなんだかよくわからない。キーボードの反応も悪く、何度も打ち直す。もっとも、これはWINとは関係ない。

やっと使えるかと思ったら、HPビルダーが動かなくなった。昨日までは普通に使えていたのに。
もう一度インストールしようとするができない。非常に困る。
ikernel.exeのエラーとかで、どうもやっぱり、WIN8の設定がらみのエラーのような気がする。なんで昨日までは使えていたのか。

ググってあちこちつつくけど反応なし。
あーー、嫌になった。HPビルダーって、一番よく使うソフトなのに。確かに古いバージョンだが、そんな問題じゃないような気がするなあ。


何度も書いているが、新しいおもちゃを買って楽しくない、ってパソコンくらいじゃないか。
  1. 2014/01/07(火) 22:28:57|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

毎年同じ

もう、何年も同じことを書いているような気がする。今日は50回目くらいの誕生日。最近は、不思議だけど何年たっても数が増えない。まあ、ええでしょう。
これも何度も書いている。おめでとうメールが来るのは企業ばっかり。人の誕生日なんて誰も気にしてないし、誰にも(直接的には)教えてないので、まあ、当然と言えば当然。妻と子供の誕生日はかろうじて覚えているが、母親の誕生日は知らないもんなあ。
某アンケートサイトでは誕生日プレゼントで3円(ポイント)くれた。太っ腹ですな。

昨日の研究会で知り合いに会った。なんでこんな年になっても勉強せんとあかんのでしょうね、しんどいですねえ、もうすぐ年金がもらえる歳なのに、というと、その知り合いは、私は今年からもらう、って、おっしゃっていた。お互い、ええ歳になってるんだなあと妙に納得した。
  1. 2014/01/06(月) 20:20:18|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
次のページ
【楽天市場】本・雑誌・コミック