FC2ブログ

毎日の院長 改め、日々雑感

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

裁判員裁判

今日も役所へ用事に行き、裁判所へ。法廷を物色していると裁判員裁判の文字が目に入った。事件は住居侵入とわいせつ、傷害てな感じ。時間が合ったので行ってみた。
「犯人」じゃない、「容疑者」は19歳。未成年だけど通常裁判になっているのかな、たぶん。
検察官が容疑事実をああだこうだ話するが容疑者は全面否認。弁護士(二人)がテレビでよく見るような、無罪を主張する弁論をする。
ちょっとおもしろくなるのかな、と思っていたら20分の休憩。

休憩後、検察側が事件の概要とか証拠の話をするんだけど、参考資料というか、証拠や現場写真なんかは裁判員とか、「あっち側」の人にしかわからない。法廷に大きなテレビ画面があったのでちょっと期待したんだけどなあ。

最初に裁判の流れを裁判長が説明していた。裁判員裁判なんで、4日か5日くらいで決着をつけるらしい。

容疑者の否認事件だけど、最初の検察の話じゃ指紋や掌紋が現場からいくつも取れているし、完全じゃないけど容疑者のDNAも出ている、らしい。こんなんでも無罪で弁護をするんだな。

証人として被害者はもちろん、指紋を鑑定した人とかDNA検査した人とかも呼ばれるらしい。でも、全くの素人(裁判員)だと、こうやって証拠を集めましたと言われりゃ信用せざるを得んわなあ。DNAともなると、もっともっとわからんだろう。

確率的にはけっこう高い確率で自分、あるいは知り合いが裁判員に選ばれる可能性があるんじゃないかと思うが、まず、数日も連続して仕事は休めないし、検察を信じるのか、弁護側を信じるのか、まあ、簡単じゃ無なそうですな。


被害者の話を聞くところになって休憩になり、時間切れ。(ちなみに、予定表では14時~17時となっていた。)
今週はずっとやっている予定だから続きを聞きに行くかなあ。
  1. 2013/12/10(火) 19:10:43|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
【楽天市場】本・雑誌・コミック