毎日の院長

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

永遠の0

永遠の0。
涙が出ます。

空戦もよくできています。

100点。

こんな映画を見せられたら、ちょっと他の映画は見られない。




図書館で500人待ちだったか、600人だったか。
さあ、原著と比べたいような、比べたくないような。
  1. 2013/12/31(火) 18:30:31|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

今日は平日だって

向かいの商業施設の駐車場を月ぎめで借りている。置けるのは平日のみ。
この1週間は休日料金設定にするので、ふだんのカードは使えないという。置くときは係員を呼べ、って、なんだかめんどくさいなあ。世間は年末、正月って浮かれているけど、普通に仕事している人、正月の方が忙しい人はいくらでもいる。まあ、駐車場の管理人さん自身も普通に仕事されてるんでしょ?

この大晦日。長男は帰ってこないというし、次男は家庭も家も持った。長女は例によって(たぶん)終電。残るのはジジババに犬2匹、猫2匹、タヌキ一人、鳥たくさん。
ジジババだけの老々世帯と考えるか、新婚生活に戻ったと考えるか。

さあ、テレビと言っても面白そうなものは何にもない。
地球防衛軍の活躍でも見るかなあ。

  1. 2013/12/31(火) 09:35:41|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

LD50

農薬入りの冷凍食品の件。会社がLD50を基準にして、農薬入りコロッケ何十個を食べても大丈夫です、って最初に公表したって、まあ、開いた口がふさがらない、ってこういうことを言うんでしょうか。LD50というのは日本語訳では半数致死量。実験動物の半数が死ぬ薬用量、みたいなもんです。
詳しくは読んでないのでわからないのですが、日本製なんで安心して、残留農薬とかの「勉強」をしてなかったのでしょうか。すべて結果論になってしまいますが、いわゆる危機管理が会社としてできていなかったという事でしょう。


大学生の頃、柳田邦男さんに傾倒していました。彼の本は何度も読み直していました。
フェイズ3の眼という本がありました。大脳の意識レベルを表現する数字だそうです。その本を読んで以来、仕事をしていてもコウモリしていても常に意識して行動、発言するように心がけています。もっとも、心がけてはいますが、やっぱり外れることは多々あり、その都度、そのレベルに戻せるよう努力しているつもりです。


今日も普通に出勤して仕事待ちです。
  1. 2013/12/31(火) 08:48:47|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

死生観

日航機事故の遺体確認の本を読んだ。500人以上の遺体の身元確認をした警察の方のお話。
あまりにも現実離れした話が続くし、当事者でないので感情移入もできず、たんたんと読み進めていたが、最後の方で外国の方の死生観との差を書いておられた。

十何人かの外国人も犠牲になっておられたが、特に欧米の方は「遺体」には日本人ほど「執着」がないらしい。ある方は「遺体」の引き取りもされなかったとか。飛行機が落ちた時点で「魂」は天に召されたので、残された「遺骸」にはあまり「執着」がないんだそうな。
日本人は骨のかけらでも懸命に探すし、著者らも、部分遺体もすべて遺族のもとへ帰すべく努力していた、との事。


私自身も、人ではないが死に接する職業に就いている。感情的には人も動物も同じ。
で、最近は特に「遺体」や「遺骨」に「執着」しなくなった。若い頃に飼っていた子らは火葬して骨を病院や自宅で保管はしていたけど、さあ、いつまで祀るべきか、考えるようになった。その子らの記憶自体は消えることはない。「遺骨」が何か、新しい記憶を作ることもない。私だけの記憶にとどめておけば、あとは何もいらないように思えてきた。
いつだったか、骨はみんな砕いて、庭に散骨した。



とある山中。ハイキングしていると骨が目についた。山であれ、都会であれ、動物や鳥の死体なんかを見つけると標本として回収する「癖」がついている。この時も思わずひらったが、普通の白骨ではない。雰囲気的に犬の骨。山中なのでタヌキやキツネの可能性もあったので周りを調べて骨を集めていると写真も出てきた。ご想像の通り、犬の写真。
飼っていた子が死んで写真と一緒にここに埋めたのか、撒いたのか。
これはこれで迷惑、じゃないかなあ。もっとも、骨をわざわざ回収する人なんてまずいないだろうから、こっちに非があるのかもしれないけど。
  1. 2013/12/30(月) 13:57:19|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

車も走ってない

今日も普通に仕事。いつも車がいっぱいの道も、スカスカ。神社の前では新年の準備。

明日の午前中も仕事の予定。
まあ、明日どころか、預かりと居候の世話で毎日病院へ来るのは例年の事で、それでまあ、こちらのペースで仕事ができるので気楽ではある。

  1. 2013/12/29(日) 14:30:16|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

雪の穴

能勢の山中。予報通り、山に登ると雪が降っている。2,3日前の雨でぬかるんでいるところに雪が積もって下が見えず、さらに新しく買った長靴の底が平らですごく滑る。

そういえば、ここに初めて来た時も雪が積もっていた。知り合いから地図を書いてもらったんだが、はっきりっした場所がわからずさまよっていた。雪は積もるし、寒いし、日は暮れる、で焦っていた。
何とか一か所穴を見つけて入ってみると、10mほどの試掘抗。コウモリはいないし、グアノのようなコウモリの痕跡もない。大阪で廃坑を調べていてもほとんどがこういう穴だった。この手の穴は一度確かめてしまえば✖印をつけて再調査はいらない穴と分類していた。で、2,3分で調査は終わって、寒いのですぐに山を下りた。

家に帰ってもらったメモをもう一度確かめてみた。ありゃ?、すぐ上にもう一つ穴がある、って書いてある。同じ規模の穴なので期待は薄いだろうが、一応は確かめねば。
何日が後にもう一度行ってみた。やっぱり、どちらの穴にもコウモリはいないし痕跡もなかった。これではっきりと✖印が付けられる。もう、来ることもないかなあ、と思ったが、何となく上に方にもズリ(掘り出した石や鉱石で、いらないものを積んでいるところ)があるように思った。今日は時間もあるし、運動がてらちょっと登ってみるか、と探索すると、その人も知らなかった坑口が見つかった。
細い入り口を入ってみると中は広く、坑道が奥に続いている。で、目の前にコウモリがいっぱい。数えると200頭を超えている。
結局、ここで出産保育もしていることが後の調査で分かり、大阪最大の繁殖地ということになった。

一番最初の調査で下の2か所を調べていたら、✖印の廃坑と判断して、本坑を見つけることもなかったと思う。
コウモリを調べ始めた直後の出来事で、神様が雪を降らせて再調査をうながしたんだろうと思っている。
  1. 2013/12/28(土) 21:18:06|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

テーマパーク、って

天王寺動物園が部長級の人材を公募、だって。新聞報道ではテーマパーク化する、って書いてあったけど、HPの募集要項では

生息地を再現した展示手法を取り入れたアジアの熱帯雨林ゾーンやアフリカサバンナゾーンが高い評価を受ける一方で、その後の施設整備が停滞し、多くの獣舎、園内施設の老朽化が著しく、来園者サービスにおいてもおもてなしのマインドが足りないと厳しいご意見をいただいたことから、

てな文句が書いてある。
まあ、改革することには賛成だが具体性に乏しい。もちろん、どう改革するかを公募する人材に求めているのかもしれないが、なんだか、テーマパークといわれりゃ反論もしたくなる。
旭山動物園が成功を収めた(私自身、行ったこともないのでなぜ死にかけの公営動物園があんなにフィーバーしたのかは知らないが)みたいに、やり方によってはもっと集客して「儲かる」って橋下さんは思っているのかなあ。

何年計画は知らないけど上記の通り、何年もかかって「生態展示」を整備してきて、今度はまた見世物小屋的な「娯楽性の高い」施設に変えるの?いっその事、動物園はやめて、「動物もいる遊園地」にしてしまえば?


  1. 2013/12/27(金) 20:37:03|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

神様に止められたか

木曜日に休みをいただいている。休みと言っても特に何をするわけじゃないんだけど、やっぱりうれしい。
HPをチェックしてみると前回「コウモリして」から2か月もたっている。禁断症状が出るので最低月に一回、多いときは二回も「コウモリしている」のに、こんなことは珍しい。
気軽に行って事故があると怖いので、最近は気合を入れて十分準備してから行くことにしている。で、今日こそ、大阪のメインの調査地に行くことにしていたんだが・・・・・。

前日に予報を見ていると、天気が悪いらしい。午前中から行けば間に合うかも。一か所だけなら大丈夫。いつも書くけど、穴までたどり着いてしまえば、調査中は天気は関係ない。
さあ、今日一日働いて明日はコウモリ、と思いながら仕事していると夕方に手術が必要な患者さんが来られた。夕方からじゃ手術は無理、金曜までは待てない、となると、木曜日の休みが・・・・・。

まあ、仕方ないですな、ということで昼過ぎまで普通に仕事。
終わったら予報通り、雨。

別の調査地も考えたけど、元気も気合もなく、停滞してました。
  1. 2013/12/26(木) 19:40:22|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

病気になりそう

内緒の話というのは実際はほとんどみんなに知れ渡ってるもんだけど、本当の本当に内緒という話もまれにはあり、そういう話に限ってみんなに広めたいんだが、本当の本当の本当に完全に内緒にすべき内容なんで絶対に口外できないとなるとさらに誰かに言いたくなる訳で、それを我慢していると頭が爆発しそうになる。

それにしてもそんな話が本当にあるとは信じられず、信じられないのに事実なんでよけいに誰かに言いたくなる。

ああ、誰か聞いてくれないかなあ。

DSC07567.jpg







私らでよければ聞きますけど?
  1. 2013/12/25(水) 21:06:53|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

クリスマスケーキ

昨年も書いたような気がするけど。

大学4年の冬は北海道にいて、大阪には帰らなかった。一応は国家試験に向けて勉強、という理由ではあったけど、まあ、ずっと勉強している訳ではなく結局は友人のところでグダグダしている事も多かった。
コンビニの前でケーキを売っていた。さあ、24日だったか、25日だったか、夜遅くに前を通ると値引きされていた。まだまだ残っているし、もっと時間がたてばもっと安くなるんじゃないか、って、友人みんなで、何度も何度もその前を通った。何度目だったか、店のおっさんに、これ以上は安くなりませんよ、って言われた。仕方なく、その値段で買って帰った。

大晦日。やっぱり、友人のところで遊んでいた。夜中の10時か11時くらいだったか。新聞屋の前に正月の新聞が積まれていた。1日の通常の新聞じゃなく、正月の特別篇というか、別冊というか、おまけについてくるみたいなの。あらかじめ先に配達店に配っていたのだろうか。すでに30年近くたっているので許してください。一部、黙って持って帰りました。
友人のところで「紅白歌合戦」を見ながら正月の新聞を読んでいた。


DSC05358.jpg






愛媛の知り合いから頂きました。
TMさん、ありがとうございました。たいへんおいしゅうございました。
  1. 2013/12/24(火) 20:24:35|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

理解しようとしないから理解できないんじゃないの?

ETCカードから「ポイントのお知らせ」てなもんが来た。ポイントと言われてもよくわからない。数字がいくつか並んでいる。何月かに期限が切れると書いてある。で、それを「阻止」するためにはこうやってくれ、って書いてある。

なんでも、一定のポイントは自動的に通行料に振り替えられるのに端数(?)は手動で切り替えろ、って、手動で切り替えられるのならなんで端数も自動じゃないのかなあ。
イライラしながらログインしようとするがうまくいかない。会員番号って、カードの番号?ほかの番号?パスワード、って、そんなん覚えてない。いくつもいくつも突っ込んでみるがとんと進まない。

メモをしたファイルを探し出してやっとログイン。今度はポイント切り替えの場所までたどり着くのに一苦労。で、(たぶん)なんとか、切り替え終了。

確か、昨年もまったく同じことを繰り返していたような気がする。で、同じ文句をここに書いていたような気がする。


ポイントというと、航空会社のポイント。こちらこそ、使い勝手が悪いというより、さっぱりたまらない。こっちは有効期限が厳密だったように思う。何回かポイント残高のお知らせが来て、2年だか3年で消滅、というのを繰り返しているんじゃなかろうか。そんなん、年に何回も乗るわけじゃないから貯まりようがないわなあ。
  1. 2013/12/23(月) 22:15:11|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

天王寺公園

奈良で研究会があった。堺から奈良へ行くとき、天王寺駅でいったん改札を出ないと170円だったか、損をする。父が奈良で入院していた時、それを知らずに何度も電車で奈良へ通っていた。今でも悔しい。

研究会そのものは期待外れ。期待し過ぎていたんかなあ。まあ、いくつかはなるほど、と思ったこともあるけど。
で、帰りももちろん、天王寺で改札を出た。天王寺公園でイルミネーションをやっているので行ってみた。

ここは横に通路があるので十分、中が見える。フェンスを張るようなセコイことはしていない。ちなみに、入場するのには1000円いるそうな。大阪城もそうだけど、なんか、ぼったくり感があるなあ。もっとも、いやなら入らなければいいだけだけど。

天王寺公園というのは昔は浮浪者(という言葉は嫌いだけど、他に言葉が見つからない)が生活していたところ。ブルーシートのお家がいっぱいあった。一角にはカラオケ屋や一杯飲み屋がいくつか。使い古した古着や、わけわからん屋台も並んでいた。
25年くらい前に「天王寺博覧会」というのをやって公園を有料化し、生活者や屋台を追い出した。行政側と「住人」が何度も衝突し、ニュースのネタになっていた。最後の屋台を撤去するとき、友人が行政側の先頭に立たされ、全国ニュースで流れた。「わし、獣医やで。何でこんなことせんとあかんねん。ニュースで流れて親戚あちこちから電話があったわ」ってぼやいていた。
  1. 2013/12/22(日) 22:41:23|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

セキュリティー

楽天に二つのアドレスを登録している。買うものや支払いの都合で使い分けている。ログインにはアドレスが必要なのでその都度、それぞれのアドレスでログインしたり、ログアウトしたりする。
WIN7のパソコンでログインしようとするとパスワードだけじゃなく、生年月日の入力も求められる。自宅のvistaではそんなことないんだけど。なんでかなあ。

そもそも、携帯電話や銀行、保険屋の電話での問い合わせでも、本人確認として生年月日を言うように言われ、合っていれば「確認が取れました」となるんだけど、他人に成りすましてパスワードまで盗んでいる「犯人」は生年月日くらい知ってる(その情報も仕入れてる)ように思うんだけど。

で、生年月日まで使ってログインすると、「ログインがありました」ってメールがパソコンや携帯に流れてくる。最近では携帯に来るメールの半分くらいを占めている。そもそも、なんで携帯に知らせが来るのかよくわからん。たぶん、数円(数ポイント)欲しいがためにいつか携帯のアドレスまで登録したんだろうなあ。
まあ、メールが来るといっても特に困っているわけでも無いんだが。
  1. 2013/12/21(土) 20:35:47|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

ゼロ・グラビティ

映画をいくらで見るか、迷うところ。少なくとも、1800円で見る気にはならない。レイトショーの1200円なら、まあええか。火曜の夜なら1000円になるので都合がつけば火曜に見たい。それ以外、一日の1000円もねらい目。
さらにTOHOなら14日が1000円、20日はムービックスが1000円。でもって、1000円で見てきました。

ゼロ・グラビティ。

完全に3Dで見るために作られている感じ。でも、余分なお金を払ってまで、さらに余計な眼鏡をかけてまで見る気にはならず、またまた吹き替えの映画を見る気にもならないので、字幕の普通の画面で見てきました。
まあまあ、ええんじゃないですか。

80点。

テレビ放映を待ってもいいかもしれないけど。
  1. 2013/12/21(土) 00:18:40|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

年賀状

例年、あーだこーだある年賀状が、今年は一発でOKが出た。いつも通り、それぞれの写真にA HAPPY~をくっつけただけ。隙間にネットで探した馬を貼り付けた。

宛名ラベルを打ち出そうとファイルを開いた。昔は送った人、送らなかった人、送ってないのに来た人とか、いろいろ分類して記録していたが、めんどくさくなってここ2,3年はやってない。
ラベルを打ち出す人を選んでいくのだが、ポツポツ、主のいないデータ、すなわち、鬼籍に入られた方が増えてきた。(といっても、数人のことだけど。)10年くらい前には送った、来たの両方に印が入っているんだけど。当然、もう送ることもないのだが名簿ファイルから削除するのも寂しいし。
送る数も昔に比べると半減。まあ、この年になってくると増える要素もあんまりない。
マメな時は相手によって、3種類くらいのハガキを作って使い分けていたんだけど受け取る側はどれか一種類だし、めんどくさいのでやめてしまった。

  1. 2013/12/20(金) 20:48:33|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

車検

凝りもせず、また車検に入れた。たぶん、14年目。距離は20万kmを超えている。こんなに長い年数、長い距離を走ったのは初めて。世間でいうSUVで、今となっては似た車はなく、あっても高くて買う気がしない。もうちょっとしがみついてみようかと思った。

「あと2年程度は乗れるくらいに整備して欲しい」と伝えると、しばらくして電話があった。
こっちがちょっと気になる、部品代が15000円と工賃です、こっちは6000円、あっちは16000円・・・・・。そう言われりゃやめといてとも言えず、はー、はー、しゃあないですね、と言うしかない。最後は、こっちは10万円です、だって。但し、こればっかりは向こうさんも気を使ったのか、本当はやりたいんだけど別のやり方でごまかせば1万円ほどで済みます、だって。さあ、結局、いくらかかるんだろう?

一時、この車の調子が悪くなった時、あわててあちこちに新車を見に行った。その時、今乗ってる車とか、車検のタイミングとかの「個人情報」を包み隠さず書いてきたけど、どこからもなんも言ってこない。「買う気がない客」って思われたのかなあ。
  1. 2013/12/19(木) 21:55:06|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

イタイイタイ病

知り合いの方がtwitterに書いておられました。
カミオカンデ、って、イタイイタイ病の原因になった鉱山なんですな。そこでノーベル賞につながる研究がされた事になります。
私の認識不足か、ノーベル賞で騒がれていた時、そんな話、さっぱり気が付きませんでした。だから何?、というものでもありませんが、公害(というか、毒の垂れ流しと考えりゃ犯罪ですが)とノーベル賞が同じ現場で発生しているということでしょうか。

新聞では「解決」という言葉が使われていたみたいですが、患者さんにとっては「解決」なんてあり得ないでしょう。
  1. 2013/12/18(水) 20:14:14|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

名古屋往復1550円

18切符。
妻と一回使って残った3回分をオークションで8400円で買ってもらった。高いと8700円とかでも売れているんだけど、なんとなく気が引けてMAX8400円の設定にしてみたがすぐに売れた。差し引き、2回分が3100円、一人1550円で旅行した計算になる。
大昔は切符交換用のHPを利用してて、ここは定価の売買だけだった。最近は、高くても求めている人がいるならオークションでもええか、と思ってヤフオクで処分している。


何かに、チケットの転売の話が書いてあった。
ある弁護士は、高くても買いたい人がいるんだったら転売はいいんじゃないか、って考え。需要と供給で値段が決まるのは普通の商取引。ただし、一部の人間だけが入手できるものを高く転売するのには問題があるかも、てな感じだった。
オークションでの売買は認めていて、現地でのダフ屋行為は犯罪というのもよくわからない話ではある。

別の弁護士は、そんなのを認めたら金持ちしかコンサートに行けなくなる、という考え。でも、コンサートでも最初から高いものは高いし。


そういえば、これもいつだったか忘れたけど、オークションで仲間内で値を釣り上げて、って「事件」が載ってた時がある。こんなん、高けりゃ買わなけりゃいいんだからなんで非難されるの?、って思ったことがある。
  1. 2013/12/17(火) 20:33:05|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

すぐ切れる

たまたま電話を取った。なんやら通信工事会社とか言ってる。こんなん、最初から怪しいからけんか腰で返事する。
「電話機につながっている線の先に四角い箱があって~」とかなんとかしゃべっているけど、ちょうど患者さんが来られたので(スタッフが対応してくれて間に合っていたんだけど)電話はそのままにして5分ほどほったらかしにする。もう切れてるかと思っているのに、再び電話を聞くと同じ話が始まる。

だんだんイライラして思わず声が大きくなる。「だから、私に何をさせたいの?」というと、ただ単に機械の更新のチェックとか何とかいう。そんなん、そっちで勝手にやってくれりゃいい事で、そもそもこれってNTTから借りてる機械なんじゃないか?NTTから電話がかかるのならまだ少しは分かるが(まあ、NTTです、と言われても頭から信用しないだろうが)常識的に考えてもなんかのデータをオンラインで更新できるんなら成功かどうかもオンラインでできるんじゃないの?

最後は「あほボケかす」口調で一方的にどなって電話を切る。



かおりちゃんに、もっと丁寧に返事するようにたしなめられました。
ちなみに、かおりちゃんというのは二十歳の小娘です。
  1. 2013/12/16(月) 20:19:14|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

遊びすぎ?

昨日のルミナリエに次いで、今日は大阪城。遊び過ぎですかねえ?

妻も行くというので18切符。今日は名古屋。
「産業技術博物館」というところ。トヨタの企業博物館です。
すばらしい、の一言。すごくお金がかかっているし、展示がみんな生きています。ぜひ行ってみてください。
1日遊べます。

帰りに大阪城へ。
例の、マッピングというらしい、大阪城自体に映像を投射するというやつ。
こっちはまあ、そこそこ。
  1. 2013/12/15(日) 23:31:15|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

そういえば、つまらなかったんだ

座談会の小遣い稼ぎに応募したら選ばれた。場所は神戸。ちょうど、ルミナリエのシーズン。
喜んだが後で気が付いた。今日は研究会があったんだっけ。
研究会のテーマはとある新薬。まだ日本じゃ販売されていない。よさそうな薬だとは思うが、まあ、販売されりゃ、またあるんじゃないの?、てな屁理屈を並べて、小銭稼ぎに出かけた。

グループインタビューだと思っていたら、数十名が呼ばれている。アンケート用紙をもらってとあるものを見ながら回答していく。
このアンケート、最初の回で数千円、その次に選ばれた人だけ追加の座談会があって、そっちまで行くと10000円(だったっけ?)もらえるというもの。もちろん、10000円の方を期待してたけど、さんざん答えた挙句、「お帰りください」組に入っておしまい。
うーーーーん、もっと積極的に気に入られそうな回答をすりゃよかったのかなあ。

で、帰りにルミナリエへ。
最後の土日ということで結構な混雑。土地勘がないので、並んでいてもあとどれくらいで会場へたどり着くのか、さっぱりわからない。ええ加減並んだと思っていたら、「ここからあと60分」の看板が出てきた。
一人なんで隙間をかき分け、徐々に前へ。
やっと入り口まで来たが、なんだか派手な成金みたいな感じ。あんまり感激もないなあ。何mか、商店街のアーケードみたいなところを過ぎると公園にも派手なのがいくつか作られている。まあ、ここはそれなりに楽しめたが、大阪からわざわざ出かけるだけの価値があるのかどうか、かなり疑問。そういえば前回は18切符の帰りに寄ったんだっけ。その時も同じ感想をブログかなんかに書いた記憶がある。

うーーん、たぶん、もう2度と来ないだろうな。
  1. 2013/12/14(土) 22:10:42|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

売れない

壊れたデジカメ。壊れたといっても蓋が閉まらないのでテープで留めているだけで、撮影はできる。
以前は水没したデジカメとか液晶の割れたデジカメでも、1000円くらいで売れたんだけどなあ。今回はアクセスすらない。携帯、というか、スマホの画像がよくなってるんでデジカメそのものの需要が減っているんじゃなかろうか。

子供のアルバム。次男が結婚したので次男分のアルバムを渡した。段ボール箱3つ。昔ながらの、例の分厚いアルバム10冊くらいあるだろうか。昔は家族写真でも人数分焼き増ししてそれぞれの子供用に貼っていた。上から順番に冊数が多いのは世間の常識。長男も結婚はしたが遠方なので渡せず。送るほどでもないしなあ。
あ、成長記録と言ってもこれも世間の常識的に、中学校くらいまでで終わっている。

家族のビデオ。もちろん、当時はVHS。ついで、8mmビデオ。8mmはわざわざVHSにダビングしていた。さあ、30本くらいあっただろうか。見なおすことなんて皆無だったが、世の中、すべてDVDに変わりそうでその時期にDVDに入れなおした。その時にダビングしつつ画像をチェック。まあ、おもしろいけど2分も見りゃ飽きる。


父が亡くなって母が時々、荷物を整理しているらしい。物置にニッコールクラブの会誌(写真集)何十年分があった。ニッコールクラブは、初期の会員で会員番号が若かったのが父の自慢でもあった。継続何年かの記念品で双眼鏡をもらって、これも大切にしていた。
もう見る人もないし、処分しようかと2,3の図書館や公的施設にメールを送ったが反応がない。(そもそも、役所って、あの手のメール、見てるんだろうか?)オークションでも反応なし。基本的にオークションで反応無いものは世間で必要とはしていないんじゃないだろうか。結局、処分することに。かなりあったが、まあ、仕方ない。

そうそう、父のアルバムも母から受け取った。社員旅行や友人との旅行なんかでもまめに写真を撮っていたらしい。父も子供(要するに、私ですな)用には別にアルバムを作ってくれていた。父個人のアルバムとなると母が知らない人ばかり写っている。


庭で焼却した。

  1. 2013/12/13(金) 19:24:07|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

18切符

本日、18切符初日。2,3回使って残りはオークションと思っていたら、兄夫婦と母親(と友人)が使いたいという事で、残り4回分は身内で消費の予定。
目的地、結果はいずれHPで。

18切符の定番は白浜なんだけど、さすがに飽きてきた。二人で白浜へ行くとすると切符代が4600円。冷静に考えると高速代の方が安いかも。
  1. 2013/12/12(木) 20:37:02|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

今日も裁判

今日も用事のついでに裁判所。時間つぶしに開廷されている部屋のはしご。
覚せい剤取締法違反。お姉ちゃん、29歳。
未成年の時から覚せい剤で捕まり、執行猶予中にまた覚せい剤。裁判長にいろいろ、説教みたいな話をされてました。求刑2年、だったか。次回判決、だって。
裁判(受刑者)の何割かは覚せい剤だったような気がする。弁護人は教科書そのままのような陳述をしてました。
「子供のころから貧しく~」

窃盗のおばちゃん。万引きを繰り返していたが、とうとう検挙?初犯だし、もう1年近く拘留されてる、知恵遅れの障がい者なんで、寛大な判決を、って弁護人。こっちも近いうちに判決だって。

主目的の、こないだの続きの裁判。予定表を見ると、今日は朝から夕方まであるみたい。
現場で取られた指紋、掌紋と、容疑者のそれらとの照合をした人が証人として出廷。指紋の取り方、照合の仕方、それで本人と断定できる確率等、基本の基本みたいな話。でもって、現場の指紋をデータベースで検索したら容疑者がひっかかって、細かく照合したとか。となると、前科があるのかなあ、この兄ちゃん。
いくつかが証拠採用されて、弁護人もそれについては異議ないみたいで、これでも無罪の主張を続けるのか。依頼者が無実を主張する以上、どうしようもないんですな、たぶん。

警察のおっちゃんも、裁判のたびにこんな風に呼ばれる、って、仕事とはいえ大変ですね。交通費は出るんだったか。
  1. 2013/12/11(水) 20:20:14|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

裁判員裁判

今日も役所へ用事に行き、裁判所へ。法廷を物色していると裁判員裁判の文字が目に入った。事件は住居侵入とわいせつ、傷害てな感じ。時間が合ったので行ってみた。
「犯人」じゃない、「容疑者」は19歳。未成年だけど通常裁判になっているのかな、たぶん。
検察官が容疑事実をああだこうだ話するが容疑者は全面否認。弁護士(二人)がテレビでよく見るような、無罪を主張する弁論をする。
ちょっとおもしろくなるのかな、と思っていたら20分の休憩。

休憩後、検察側が事件の概要とか証拠の話をするんだけど、参考資料というか、証拠や現場写真なんかは裁判員とか、「あっち側」の人にしかわからない。法廷に大きなテレビ画面があったのでちょっと期待したんだけどなあ。

最初に裁判の流れを裁判長が説明していた。裁判員裁判なんで、4日か5日くらいで決着をつけるらしい。

容疑者の否認事件だけど、最初の検察の話じゃ指紋や掌紋が現場からいくつも取れているし、完全じゃないけど容疑者のDNAも出ている、らしい。こんなんでも無罪で弁護をするんだな。

証人として被害者はもちろん、指紋を鑑定した人とかDNA検査した人とかも呼ばれるらしい。でも、全くの素人(裁判員)だと、こうやって証拠を集めましたと言われりゃ信用せざるを得んわなあ。DNAともなると、もっともっとわからんだろう。

確率的にはけっこう高い確率で自分、あるいは知り合いが裁判員に選ばれる可能性があるんじゃないかと思うが、まず、数日も連続して仕事は休めないし、検察を信じるのか、弁護側を信じるのか、まあ、簡単じゃ無なそうですな。


被害者の話を聞くところになって休憩になり、時間切れ。(ちなみに、予定表では14時~17時となっていた。)
今週はずっとやっている予定だから続きを聞きに行くかなあ。
  1. 2013/12/10(火) 19:10:43|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

私も似たようなもん

郵便局へ行った。じいちゃんが後ろの机でなんやら、ぺったんぺったんしている。のぞいてみると、年賀はがきに文面をスタンプしている。これって、郵便局備え付け?持ち込んだの?印刷したのを買うより安いんだろうな、当然。
で、私の年賀状。写真を張り付けてHAPPY~でおしまい。
これを妻に「提示」するんだが、たいてい、却下される。なんか、愛想がないらしい。これでも苦労して作ったんだが。
でもって、作り直す、直さないでひと悶着あり、最後は私が切れておしまい、というパターンが多い。
で、今度は娘に丸投げしてなんとか収まる、いう感じ。


ここ、2、3年、ご両親がらみの喪中ハガキが増えている。
  1. 2013/12/09(月) 20:27:16|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

本は買いましょう

こないだの獣医学会で南極の話を聞いたのに刺激され、図書館で南極本(というか、昭和基地関連)をいくつか、探した。ドームふじでの越冬期なんかを探したが、おもしろそうなのがない。(南極料理人、だっけ、それは既読。)適当に3冊選んでみた。

一冊は家にある本だった。忘れてた。あと2冊は子供向けの本だった。
まあ、子供向けだからどうという事でもないんですけど、30分ほどで読んでしまった。


西堀さんの越冬記を読んでいると20次隊とか、30次隊なんて天と地ほど状況が違う。今なんて、リアルタイムで画像も届くし普通にネット生活できるらしい。
これまた、だから何?、というものでもないんですけど。


また西堀さんの本でも読みなおすべか。この本だけは、何度も何度も読み直しているなあ。
  1. 2013/12/08(日) 19:51:11|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

友の会 評議員会議

博物館友の会、評議員会議。

例によって会員数の報告から始まる。今年はまあ、ぼちぼち。最悪ではないが、低空飛行。

ちょっと気が早いけど、1月末の総会に向けての役割分担とか、来年の行事の計画。

来年の合宿は小豆島。行きたいんだけどなあ。でもあの時期に連続した休みは無理だろうなあ。
ナイトミュージアム。最初の2,3年は参加したが、寄る年波に勝てず、ここんとこは不参加。徹夜はしんどい。と思っていたら、ナイトハイクは指名がかかる。今度も箕面になりそうだとかで、オオサンショウウオがいれば呼び出しがかかるのもわかるが、オオサンショウウオの観察場所は閉鎖されてたんだけどなあ。こっちは引退させてもらえず。

なんだかんだで、行事が盛りだくさん。行事は増える一方だけど参加(担当)は減っているような気がする。なんだか、寂しい。

会長のご勇退の話が出る。毎年、そろそろ引退、っておっしゃっていたが今度は決意が固いらしい。
ズルズル会長職を続けるのもある意味、無責任とおっしゃる。

引退という言葉を聞くと、私自身も準備が必要なんじゃないかと思ってしまう。何からの引退、って?さあ、仕事もそうだし、人生そのもの、すべてから身を引きたい気分。あとは、その順番かな。
  1. 2013/12/07(土) 20:52:26|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

まあ、そんなもんなんでしょう

育児休業の書類を出しに職安へ。昔はデパートの最上階にあったが「合同庁舎」へ移動している。書類を出した後、となりの裁判所へ行ってみた。

裁判所は娘が「訴えられた」時に初めて行った。(正確に言うと二度目かなあ。就職してすぐの時、スピード違反かなんかで裁判所まで行った記憶がある。あれ、なんで裁判所だったんだろう?裁判官のおっちゃんに、仕事は何をされているんですか?、免許がないと困るでしょ、これからは気を付けて下さいね、って言われたのを覚えている。)

マンション退去時に傷みの補修を請求され、拒否すると支払い督促が来た。それも拒否したら正式裁判になったんだけど当日に相手が訴えを引っ込めて結局「判決」は受けなかった。こっちが同意しなけりゃ「判決」まで持って行けたらしい。裁判の知識がもっとあればなあ、と後で思った。

で、今日はまた人生、これから先、何があるかわからないので裁判でも傍聴してみようか、と思った次第。

HPを見ていると「傍聴記」というのがあちこちに出てくる。「慣れて」くるとおもしろそうな裁判とかもわかるらしい。
受け付けまで行って裁判の予定表を眺める。民事では損害賠償裁判がいくつか。刑事では強制わいせつが並んでる。時間の都合で「強制わいせつ」へ入ってみた。

入った時、時間が長引いていたのか、前の裁判の判決言い渡し直後だったみたい。何の裁判かわからず。
控訴の説明をして、控訴しない時はきっちり罪を償ってもう2度とこんなことしないでね、って裁判長に言われていた。終わったら手錠を付けられ、腰ひもを付けられ部屋から出ていきました、とさ。

で、次の裁判。

入ってきたときは手錠に腰ひも。外してから「証人台」(だっけ?)へ立たされる。黙秘権の事とか、テレビみたいな説明がある。何度目かの公判らしいが、前回の公判からまた別の起訴があったんだって。

結論から言うと、「事件」は「犯人」が適当なお姉ちゃんを見つけたら後をつけて、人通りが無くなったら追い越しざまに「胸部」をつかんだんだって。それを今までに何回か繰り返し起訴されて裁判が始まったのに、まだ余罪がいっぱいあるんだけどそれに関しての起訴はもうちょっと先になる、てな話だった。裁判官は検察のおっちゃんに、早くまとめて起訴してねえ、てな事を言ってた。

検察官も、裁判官も、弁護士もみんな偉い人なんだろう。それが、変なおっさんが姉ちゃんのおっぱいを触ったとかなんとかで膨大な書類を作って貴重な時間を使って、警察官(かなあ、連れてきた人、二人。そのまま風呂屋へでも行けそうな、すごくラフな格好だった。)もその為に(たぶん)拘置所から犯人を連れてきて、って、たいへんやなあ。
「犯人」も「弁護人」も起訴事実は丸飲みなんだから、さっさと終わらせられないんですかねえ。


ということで、まあ、裁判って、こんなもんなんでしょうかね。起訴の有罪率って90%以上、だったか。
よほどのことがない限り、テレビで見るような裁判はないんでしょうな。
  1. 2013/12/06(金) 20:11:25|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

オレオレ詐欺?

用事で母の家へ行った。電話が鳴った。表示に、「公衆電話」と出ている。
母によると、先日来、この表示の電話がよくかかってきて、何を言ってるのかよくわからない、との事。最近では気持ち悪いので受話器を取ってすぐに戻している、との事。
今日は私が受けると、「○○だけど・・・・」と、はっきり聞こえない言葉でおっさんがなんかしゃべっている。こっちは頭から疑っているので向こうの声を遮って、「おっさん、ええ加減にせい、ボケ、カス」とがなり立てた。
と、まだなんやらごちゃごちゃ言おうとしているので、「何の用事じゃ、あほんだら」というと、今度は姉ちゃんが出てきて、「何々さんじゃないですか」と言う。そこで黙って電話を切った。

最初に母から聞いた時点で、オレオレ詐欺じゃないんかなあと思って騙されたふりをしてお金を払うことにしようかとも一瞬考えたんだけど、余計なことをして後で「お礼参り」でもされたんじゃ目も当てられない。変なおっさんがいると思わせ、今後電話がかからなくなる方に「期待」をかけたんだけど、さあ、どうだろう。

着信拒否に公衆電話を設定できるんだろうか。とはいえ、電話代がもったいないので私自身、極めてまれに残ってるテレホンカードを使うときもあるしなあ。

  1. 2013/12/05(木) 20:34:45|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
次のページ
【楽天市場】本・雑誌・コミック