FC2ブログ

毎日の院長 改め、日々雑感

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

選挙

北海道で、共済組合の獣医師をしていた。酪農家を回って、仕事をしていた。ものすごく、懐かしい。年を取ると、昔のことばかり思い出すものらしい。

東京出身の先輩がおられた。年齢も近く、ずいぶん世話になった。
出身も大学も東京で、単身北海道に来られ、地元のお嫁さんをもらって、仕事でもすごく優秀な方だった。共済には友達が残っており、年に何度か、近況を聞いていた。と、その先輩、獣医師をやめて村会議員になられた、と聞いた。しかも、共産党員。(共産党員が驚いた、と言うのではなく、よくわからないが、こういう地方議員に、無所属じゃなく、党員籍のまま立候補するのが珍しいのかなあ、とも思った。)

まあ、当時から30年近く経っていて、先輩に何があったのかはよくわからないけど、人生、いろいろだなあ、てな事を思っていた。

7月に選挙があるというので、その事をネットで眺めていると、こんなのを見つけた。

すべてとは言わないが、概して小さな市町村では投票率が70とか、80とか、高いと90%ある。ここまで高けりゃ、「民意」云々、てな事になるんだろうか。あるいは、逆に、しがらみ選挙みたいになるんだろうか。
でも、170票で当選、って、投票した人みんなに会うことも可能な数字。
こんなのと比べたら怒られると思いつつも、高校の生徒会長の選挙とあんまりかわらん数字かなあ。



  1. 2013/07/03(水) 19:58:56|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

バレエはいかが?

封書が宅急便で届いた。アンケートの謝礼かと思って送り主を見ると、某電鉄会社。そういえば、時々メールが来て、プレゼントに応募している。
開けてみると、チケットが2枚入っている。バレエの公演。こんなん、応募したっけ?(って、応募しないのに届くはずはないだろうな。)

いつだったか、バイオリンだか、ピアノだったかのコンサートのチケットが届いたことがある。別に興味はなかったんだけど、時間つぶしと、たまには「教養文化」に触れてみようかと、出かけたことがある。
途中で居眠りしながらなんとか最後まで耐えたが、あんまり、何とも思わんかった、というより、なんだか疲れた。夫婦二人の交通費と時間を考えりゃ、行くこともなかったか、と思いつつ、いくら抽選とはいえ全く行く気のないものに応募するのはやめるべさ、と思ったはずだった。
で、なんで今回、それに懲りずに応募したのか、さっぱり記憶にない。

せっかくもらったんだし、もったいない。
どなたか、行かれますか?チケットには、なんと3500円という数字が入っているんですけど。
さあ、その道では有名な人なんでしょうかねえ。
  1. 2013/07/03(水) 15:12:37|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:1
【楽天市場】本・雑誌・コミック