毎日の院長

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

誰が悪い?

HPの更新ができない。
とりあえず、疑うのは自分のパソコンですよね、やっぱり。

再起動かけたり、設定を作り直したり。何をしてもあかん。

ひょっとして、と思って、別のパソコンでも試してみる。
やっぱりダメ。
それでも、この2台ともあんまり信用していないので、こっちの責任がちょっとはあるのか、と思ってしまう。

用事があって病院へ。
ここのパソコンが、一番新しい。

やっぱり繋がらん。
こうなると、こっちじゃなく、向こうの責任と思いだした。

せっかちだから、今度は5分おきに試したりしている。
やっぱりダメ。

もう、諦めよう。
  1. 2013/06/30(日) 16:57:28|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

さあ、仕事

疲れました。
電車で爆睡しました。

さあ、仕事です。

こんなんを見つけました。
(you tube の動画の貼り付け方がわかりません。)

私の、ご幼少の時の写真が出てきます。かわいい方が、私です。

  1. 2013/06/30(日) 08:48:13|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

疲れてる

煮詰まっています。
なんだかんだで、休んでる気がしない。
その状況で、今晩、徹夜の行事。

いつでも、どこででも寝られる人がうらやましい。

本日、ブログ休み。
  1. 2013/06/29(土) 15:16:57|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

一日、走る

本日、急に休みになった。(というか、休みの変更)
博物館で、クジラの組み立てがあるというのでその見学がメインで、朝は鳥の調査を計画した。近いところはすでに調査しており、だんだん、遠くなっている。いつもみたいに、原付で出かける。

最初の調査地。
フェンスに、厳重な鍵。隙間もない。なんで、公園にこんな柵が必要なんだろう?真ん中に、グラウンドも2面あるのになあ。こっちも使ってないのか、時間が来れば開けるのか。
回りを回っていると、フェンスが壊されたところがある。ちょっと入ってみるべか。

「立ち入り禁止」の所に入るのはコウモリで慣れている。が、あっちは、入ってしまうと真っ暗で、外からはわからんだろう。こっちは、どこからでも見られる。
まあ、この付近はほとんど人が歩いてないところだし、何をしているわけでもないのでそんなに気を遣う必要はないのかもしれないが、なんか、落ち着かない。早足でぐるっと回って、調査する。
(でも、なんで閉鎖したのかなあ。浮浪者対策?公園内の設備が老化して危険だから?それ以前に、最初からあんなに柵を巡らしている公園も珍しいと思う。)

ついで、2カ所調査して、あわてて博物館へ。
一日見学するつもりでいたのに、組み立ては業者のところでほとんど終わっていて、3分割していたのを館でくっつけるだけの作業だった。まあ、冷静になって考えると、そんなもんでしょうな。
2時間ほど、学芸員さんとか同じように「取材」に来た人なんかと雑談し、午後からの時間が余ったので、再び、鳥の調査へ。

残っているところは、ますます、遠い。
また2カ所ほど、調査。


帰ったらデータの整理や、HPの更新。
なんだか、お疲れ。


  1. 2013/06/28(金) 22:29:19|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

車掌さん

いつも、なんでやろ、と思うことがある。ちんちん電車や、バスの車掌さん。

高校生の時、ちんちん電車で通っていた。その頃、電車には必ず車掌さんが乗っていた。ドアの開閉は車掌さんの仕事だったし、駅ごとに、乗ってきた人に切符を売っていた。
バスは滅多に乗らなかったが、バスにも車掌さんがいたように思う。

当時は、それでも経営が成り立っていたんじゃないの?鉄道の駅でも、もっと駅員さんがいた。合理化合理化、って、それらの人がいなくなったから、って、電車賃が下がったなんて事はない。当時は、なんでそんなに余裕があったのかなあ。


いなくなったと言えば、ねえやさん。
母の友人に、大阪のど真ん中の商屋さんがいた。ねえやさんがいて、母とも親しくしていた。
昔は、田舎の農家の娘さんなんかが都会へ出て、住み込みの女中さんをして、ねえやさんと呼ばれていた。24時間、働いていた勘定。結婚もしないで、そこでずっと過ごしていた、のかなあ、たぶん。まあ、そういう境遇、生まれでは、帰るべき所も無かったんだろう。
よほどの金持ちでなかっても、普通の家でも、お手伝いさんというのはいたように思う。ちょっと子守をしたり、買い物をしたり。「お女中さん」って、いまでもいるのかなあ。それが今では、「メイド喫茶」に転職したのか、っていうのは、飛躍のしすぎ。
  1. 2013/06/27(木) 21:44:52|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

禁煙車って、誰のため?

雨降る中、ちょっと散歩へ。
駅前のタクシー待機所で、車から傘がでている。なんじゃいな、と思って見ると、運転手がドアを開けて傘を差し、たばこを吸っている。要するに、ニオイ抜き?
ほとんどのタクシーには禁煙車のシールが貼ってあるんだけど、喫煙している運転手がちらほらいてる。運転者の喫煙はええのかなあ。

「公共の乗り物」で、「公共の場」なんで、禁煙になってる?でも、タクシーなんて、乗るのは個人か友人どおしだろうし、禁煙にする意味がわからない。

私自身、何十年かは喫煙していた。なんだかめんどくさくなってやめただけで、健康云々でやめたわけではない。喫煙者は、税金を人一倍払っているのに、最近はとにかく可哀想ですな。あんなにいじめなくってもいいのに。
  1. 2013/06/26(水) 20:39:24|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

よくまあ、これだけくだらん番組を

よくまあ、こんなくだらん番組をやってるなあ。やる方もやる方、見る方も見る方。
チャンネル権は妻にあるので、テレビは夜の9時か10時まで、見られない。それまでずっとパソコンをやっているが、背後から音声が聞こえる。昨日も今日も、医学がらみの番組らしい。

芸能人の健康状態を見て、何がおもしろいんだろう?
今日に至っては、おばはんのうんこがでたとかでないとか、嫌悪感すら感じる。そういや、ダイエットがらみの番組もよく流れてるなあ。あんた、そうなる前に何とかならんかったの?、って思ってしまう。あんたが10kg痩せようが、20kg痩せようが、なんでそんな話を「公共の電波」を使って流すんだろう?

結婚したての頃は毎日、まずテレビ欄を見て見たい番組をチェックしたり、重なる番組があったら録画したりしていた。なんだか、懐かしい。そういえば、当時はGコードだったか、なんやら、番号を入れれば番組を録画してくれてたけど、今見たら、そんな番号、テレビ欄に載ってまへんな。時代が変わったのか。

ちなみに、ブルーレイだったか、「録画装置」も妻の管轄で、スイッチの入れ方すら、私、わかりまへん。

あ、テレビが空いたら私が見る番組。
ディスカバリーチャンネルばっかりです。
  1. 2013/06/25(火) 20:59:36|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

回収

昨晩の、コウモリ調査地。
「一人で何年か」コウモリ調査を楽しんでいたのだが、いつだったか、コロニーの下に赤ん坊の死体がいっぱい転がっていた事がある。近くに、ロケット花火がいくつか落ちている。誰かがいたずらで、コウモリを殺したらしい。
あわてて、県と環境省に連絡した。

県の担当者に、フェンスの上に有刺鉄線でも張ってほしい(私も入れなくなるけど、まあ、仕方ない)と言ったが、管理している地元の自治会がお金のかかることはできない、という返事なので、県としても無理です、と言い、県がとった対策は、「生き物を殺すと処罰されます」というA4の紙を、フェンスにぶら下げただけだった。環境省は、県がそう言っているので、うちも何もできません、でおしまいだった。

まあ、結果的には事件は再発していないので、「非常に有効だった」と、判断できるんだろうか。

また、人が入りにくいように、付近のブッシュを切り払う、とも言ってて、確かに見通しはすごく良くなった。おかげで、私も入りにくくなった。
と言いながらも、年に2,3回は入っているんだけど。
(あ、蛇の道は蛇で、こっちから入らなくっても、別方面から入ることはできる。)


昨日の調査で、カメラのキャップをひらった。というか、昨年に無くしたのを見つけた。まあ、他に人が入っていても、こんなのを見つけて持ち帰る人はおらんだろうな。
狭い洞穴を這いずっていると、ものを落とすことが時々ある。で、次の観察時に「再発見」して、回収して帰る。ボールペンだったり、コウモリ袋も落としたことがあるし、(これは私じゃないが)懐中電灯(たぶん、予備の分)もひらったっけ。たぶん、誰も入ってないだろうという安心感もあるのか。

とある廃坑に入ったら、かなり奥で竪穴になっていた。そこに、ザイルとカンテラが置かれていた。
まあ、ザイルは次に使おうと思って置いて行ったのかもしれないが、なんでカンテラまで残っていたんだろう。竪穴の底に白骨でもあるかも、と思いつつ、私が2番目の骨になるのが怖くって、探索したことはない。


  1. 2013/06/24(月) 19:54:55|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

もらい手、募集

こないだ、巣から出した子。
欲しい方、おられますか?まだまだ、給餌が必要です。








といいながら、情が移りかけているので、お渡しするのは次に出した子にすべか。
4,5日遅れの子です。
  1. 2013/06/24(月) 15:31:40|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

今年初めての

今年初めての、出産調査。
今の時期は、まずモモジロコウモリです。
かわいいです。








もうすでに、かなり大きくなっているみたいです。
  1. 2013/06/23(日) 22:22:24|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

自転車通勤しなくなった

土曜日、日曜日は駐車場の関係で、車を使っていない。昔は自転車で通勤することも多かったんだけど、最近はモンキーばかり使っている。老化?いかんなあ。

若いからスピードを出す、ということでもないと思うが、モンキーに乗っても、じぇんじぇん急がなくなった。ほとんど、時速30km。原付きのおばちゃんに抜かれる。
スピードが遅い分、余裕が出るのか、きょろきょろしながら走っていると、ふだん車じゃ見えないものも見えてくる。なんだか、楽しい。まあ、ぼちぼち行きましょう。


獣医のH先生が亡くなられたのは、原付きでの事故が遠因と聞いた。某先生も原付きの事故が原因で、何か月も仕事を休んでいたとか。そんな話を聞くと、ますます、速度が遅くなる。
今日は、目の前に止まっていたロードバイク(あ、自転車の方)が、はるか先に見えなくなりました、とさ。


  1. 2013/06/23(日) 13:54:42|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

用なしやんか

ナイトハイクの下見、終了。
昨晩から歩き出し、今日は始発から2本目だか、3本目だかに乗って病院へ戻る。現在、7時前。

箕面の、徹夜の行軍。この年で、徹夜はつらい。オオサンショウウオがらみで何年かは担当したけど、今年はひたすら逃げ回り、なんとか担当を外れたと思ったら、直前になってやっぱりオオサンショウウオの捕獲許可の問題があって、担当を申し付かった。
ここ1,2日の豪雨で河川の増水は分かっていたし、川へは入れないだろうし、底も見えないだろうなあと思っていた。駅から歩き出すと、やっぱり、川の音がすごい。こりゃ、無理やでえ。

いつもオオサンショウウオがいる堰の下も、泡立って何も見えない。と、某氏が驚異的に、濁流の中にかすかに姿を見つける。まあ、とりあえずは良かった。

滝上の、いつも川に入ってオオサンショウウオを観察しているところへ行ってみる。遠目に見ると水流は少し少ない感じ。これなら、観察できるかも。

フェンスに大きな穴が開いているところまで行ってみると、しっかりした補修がされている。こりゃ、困った。
この先にも開口部があったはず。見ると、そちらも完全に蓋をされている。ここ、川幅も広く、水深も浅いし、川遊びにちょうどいいところなのになあ。交通の便がいいので、バーベキューでもするアホがいるのかなあ。
まあ、乗り越えられなくも無いが、さすがに50人の観察会で、それはまずいだろう。
他に隙間を探すが、どこもない。かなり遠くから河川敷に入れば来れるかもしれぬが、やっぱりこの人数じゃ無理。もう、諦めてもらおうか。

なんだかんだで、いつものコースを歩いて下見は終了。

「捕獲、観察できる場所もないし、もう私、御用済みですね。本番にいらないでしょ」
って言うと、
「うん、ほんなら、バットディテクターね」

コウモリの観察会に変更、だって。
  1. 2013/06/22(土) 07:45:45|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

行か、様か

役所へ送る書類に、返信用封筒を入れる。いつも、***「行」って書くんだけど、これって、本当は「様」って書く方が親切なんじゃなかろうか。いつも、「行」を斜線で消して、「様」のはんこを押したのが帰ってくるんだけど、最初から「様」にしておけば、その手間も省ける。

昔聞いた話では、同人誌のやりとりなんかでは、返信用封筒は「様」にしておくのが常識なんだとか。「行」にするのが日本人の奥ゆかしさ?、謙虚さ?
こういうのまで「昔の常識」を踏襲すべきなのか、時代と共に、本当に相手のことを考えて書き方を変えるべきか。

逆に、昔は、「行」になってる返信用封筒は「様」に書き換えて投函するようにスタッフに何回も言ってたんだけど、忘れていることも多く、なんだか最近はわかっていても、黙ってそのまま投函することが多くなったなあ。
  1. 2013/06/21(金) 20:28:28|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

華麗なるギャッピー

本日、休み。
晴れれば鳥の調査だったが、雨天で行けず。せっかくなので、映画を探す。

「華麗なるギャッピー」

いちいち、映画の説明とか、できません。
非常に良かったですわ。2時間を超える映画ですが、時間を感じさせません。
女優さんがいい。ディガプリオもいい。

85点。









巣から取り出しました。
かわいい。



本日、深夜からナイトハイクの下見の予定。オオサンショウウオ要員で選ばれたんだと思うんだけど、昨日からの豪雨で、川なんか、入れるはずもない。
夜も雨だろうし中止、もしくは、私の参加不要の連絡を待っているけど、来ないなあ。
終電が集合時間で行事の始まり、って、どう考えても無茶な行事。
もうすぐ、還暦のおっさんでっせ。
  1. 2013/06/21(金) 18:06:10|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

都構想

さあ、都構想がええことなんか、最悪なんか、よくわからぬ。わからぬが、もうすぐある堺市長選挙がその選択になるであろうと言われている。
で、現市長は維新の会の後ろ盾で現職を破って当選したんだけど、今は反旗を翻して、維新の候補とぶつかるであろう、と言われている。その市長が言うには、都構想に乗っかれば堺市は解体されて分割されまっせ、ということ。でもって、「堺市が無くなるのがイヤな人はこの指止まれ」で、なんやら、市長の影武者みたいな会ができているらしい。

「歴史ある堺市」というが、歴史に出てくる堺というのは、ちんちん電車が走っている中心部の、ほんの小さな面積。さらに、ある意味、堺市の歴史というのは、さあ、何時代かは知らないが、ザビエルとか、千利休、自由都市堺と呼ばれた時代が過ぎると完全に消えてしまったような気がする。次に世間に出てくるのは、給食の0157くらい。そんな今の堺、無くなっても誰も困らんような気がする。

私が子供の頃、人口が70万だか、80万だかになって、政令指定都市も目の前、と言われていた。(政令指定都市になって何がいいのか、よくわかっていないが。)が、人口要件はクリヤー出来ても、いわゆる文化施設、博物館や動物園なんかが無くって指定されない、って話だった。(本当かどうか、知りません。)
どんどん、よその都市に抜かれて、堺が政令都市になったのはほんの数年前。それもなんやら、特例で昇格した感じ。
寄らば大樹のなんとかで、今でも大阪市のおまけみたいなんだから、子分になってもええような気もするんだけどなあ。



今朝、堺市駅の駅前を通ったら、民主党の元国会議員、M氏がお巡りさんにペコペコ頭を下げていた。駅前に車を止めて演説をしようとしていたらしい。このおっさん、堺市会議員から府会議員になり、風に乗って国会議員にまでなった人。でもって、一期だけ国会議員をやっていたけど、当然のごとく、前回の選挙で落選。
国会議員のままだったら、秘書付きか何かで、一人で車でどさ回りすることもなかったのかなあ。
さあ、今度の選挙に出るんだろうか。
ミーハーで、維新にでもくら替えすりゃええのに。
  1. 2013/06/20(木) 20:08:48|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:3

2000円札

すごく久しぶりに、2000円札をもらった、って、だれも黙ってくれるわけではなく、診療費のお支払いに使われたのを引き取った。病院の「金庫」に、2000円札を入れる場所がないので、私が「両替」することになっている。
引き取ったところで私自身も何に使うわけではなく、そのまま銀行に預けるだけ。なんだか悪くて、普通の店で使ったことはないなあ。

何年か前には、狂犬病の集合注射で100円札を持ってこられた人があった。役所が困っていたので、私が両替して引き取った。さすがに100円札は機械では預けられず、銀行の窓口まで行ったっけ。

記念硬貨も、昔はいっぱい持っていたんだけどなあ。いつだったか、持っていても利子が付く訳じゃなし、価値が上がるわけでもないので、まとめて銀行まで持って行った。5000円玉が何枚かあったので、そこそこの金額になった記憶がある。
  1. 2013/06/19(水) 19:30:06|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

あ、思い出した

日曜日に、ハイキングの引率で友が島へ行った。
ここの売りは、明治時代の軍事施設の、煉瓦造りの廃墟。一部、崩壊して立ち入り禁止の所もあるけど、たいていの場所は入れるようになっている。(まあ、崩壊していても、くぐれば入れます。)
上に砲台、下は地下室というところが多くあり、懐中電灯が必要です、というか、まあ、ある方が安心。

とある砲台でうちのグループが「探検」している時、別のグループのおっさんが、ザイルを入り口の柱にくくっている。何するんかいな、と思っていたら、暗闇で迷子にならぬように用意していたらしい。
おっさん、おばはんがザイルを手に入っている横を、懐中電灯も持たないうちのグループのがきどもが走り回っていました、とさ。


ちょっと気になって友が島をググっていると、「某所にコウモリがいっぱい」との記事と写真が見つかった。私も一度行ったことがあるはずだが、写真のような場所の記憶がない。時期が悪かったのか、別の場所だったのか。
ただ、そこへ行くには一カ所、満潮になると渡れない場所がある。別のHPでは、渡ったのはいいが満潮で水没して帰れなくなり、野宿した、てな事が書かれていることもあった。
私が渡ったときは、もちろん潮を調べてから行ったんだが、ちょっと怖かったことを覚えている。

うーーん、また行く必要があるかなあ。
  1. 2013/06/18(火) 22:00:53|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

カラスを飼いたい方へ

Kさん、メールありがとうございます。
なんとなく、かすかに覚えております。そうですか、10年になりますか。
たまたま、同時期にカラスを飼い始めた方もご来院され、そこの子は10年ほどで寿命をまっとうされたそうです。(カラスの寿命がどれくらいかは、よく知りませんが。)

今年、ヒナを2羽、保護されたそうです。両方とも、ネットを通じて引き取り手を探したら、すぐに見つかった、との事でした。さあ、そういうページ、ってどこにあるんでしょうね。私も存じておりません。

カラスを飼っておられる方はけっこう多くて、放鳥できないカラスの診療もたびたびしています。といっても、特に何かできるのかと言われると何もできることはなく、食事の事とか、一般的な飼い方の話をしているだけですが。

カラスが飼える動物かと言われると、これまた微妙な問題もありますね。
北海道の酪農家が木からヒナを盗んできて育てたのはいいけど、中途半端に人馴れして牛舎の中を飛び回り、牛が驚いて乳を出さなくなった、という話がありました。
別の方は、鳴き声の苦情が来て、マンションを変わったそうです。

うちでも屋外のケージに入れていると、野生のカラスがいっぱい家の屋根で騒ぎだし、近所迷惑にならないか、冷や汗をかいたこともあります。幸い、何日かしたら、飽きたのか、来なくなりました。

私が飼育していたのは脚の悪い子ばかりで、たいてい一年以内に亡くなっています。

で、肝心の入手方法ですが、さあ、よくわかりません、としか言いようがないですね。
うちでも、ここ2,3年は「お譲りできるような元気な子」は来ていません。

積極的に、合法的に探すなら都道府県の関係部署がやっている、野鳥飼育ボランティアに登録してみる、ということでしょうか。これも、府県によって真面目なところも、そうでもないところも、いろいろあるみたいです。
ただ、「有害鳥類」として、保護対象にしていないところもあるみたいです。

電力会社が電柱の巣を除去して回ってる、という話もちょくちょく聞きます。
いつだったか、地面の上にカラスの巣があり、専門家がそれを見つけて、「カラスの地上営巣の記録」として学術誌に載せようとした話がありました。結局、これ、電柱の上の巣を地面に置いただけという話でした。工事の方も、ヒナがいると「処分」できないみたいです。
でも、そういう子がうちに来るようなことはないですね。たぶん、ある程度大きくなってたら、巣立つまで待ってるのでしょう。



てなことを書いていたら、カラスを保護して飼ってるけど、これからどうすればいいのか、わからない、という方が来られました。
その方が飼わなければ、もらいますか?
urano2@cyber.ocn.ne.jpまで直メールを頂ければと思います。
  1. 2013/06/18(火) 20:26:17|
  2. 仕事?野鳥|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

サクランボ、もどき?

サクランボを買ってきたという。色は真っ赤。粒もそこそこ。さっそく、食べてみた。

うーーーーーーーーん、見た目はサクランボなんだけどなあ。
甘くない。水分が足りない。硬い。サクランボの味がかすかにするので、やっぱりサクランボ、なんだろうか。

あそこで買ってきたというので、妙に納得。その店、とにかく、なんでも安い。安いものには、それなりの理由があるということなんだろう。


開業した頃、病院の近くに果物屋があった。とにかく安かったけど、商品もそれなりだった。
バナナなんて、端っこから順番に、黄色から真っ黒までそろっていた。あんな黒いバナナ、誰が買うの?もう、発酵してお酒になっているんじゃないの?、って思っていた。
子供が熱を出して、うなっていた時があった。さあ、季節はいつだったんだろう?イチゴを欲しいと言うから、親ばか丸出して、近所のよしみというか、他の店を探すのもめんどくさいのでその店で季節はずれのイチゴを探し出して買って帰った。十分吟味してきれいそうなのを選んだのだが、それは上の段だけで、底のイチゴは「溶けて」いた。
高いもの並べても誰も買わんやろ、って、店のおばはん、よく言ってた。安いからって、そんなもん並べてもだれも買わんで。
何ヶ月後か、商売を辞めはった。
それまで店を続けられていたこと自体、不思議ではあった。

  1. 2013/06/17(月) 20:28:19|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:1

なんだか、お疲れ

(昨日、疲れてブログの更新、忘れてました)

日曜日。博物館友の会ハイキングの引率で、友が島へ。
最近、土日の仕事も多くてハイキングは担当していなかったんだけど、コウモリがらみでちょっと興味があって、また、16日に休めそうなので担当することにした。

まあ、行事というのは下見の方が充実していたりする。でもって、下見では2か所でコウモリもみたし、シカもリスもゆっくり見ることができた。

フェリーの定員が110人で、それ以上になると乗れない。申し込み制じゃないので、当日まで何人来るかわからない。大阪市内からじゃ、交通費もかかるし、そもそもフェリー代もけっこうかかる。そんなに来ないんじゃないかと思っていたら、指定の電車にいっぱいの人。受け付けてみると、70人を超えている。フェリーは貸し切りじゃないので、一般客もいて、その人数がわからない。
大慌てで乗船券売場まで行く。
駅で受付せず、直接乗り場で待っている家族もあったりして、(私だけ?)混乱して右往左往。
フェリーは別団体もあったりして、うちの団体でこの便は定員いっぱい。
11時の便をアテにして10時30分くらいに来られた一般客は、満席で次の便は13時と言われて困っている。
なんか、お気の毒。すんません。


ハイキングは、まあまあ、無事終了したけど、帰りの便が3時30分に早くなって、海岸で遊ぶ時間が無くなってしまった。子供らに、悪かったかな。
3時30分に臨時便が出ることは予想していて、参加者を送り出したら1時間だけ島をうろつこうと思っていたけど、とてもとても、そんな元気はない。

どっと疲れて帰りました。
  1. 2013/06/16(日) 20:11:36|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

オブリビオン

久しぶりに映画を見てきました、というか、映画を見たくて、時間の都合で選んだのが「オブリビオン」

さあ、題にどんな意味があるんでしょう?


最後に思い出したのが、「2010年宇宙の旅」(だったかなあ)と、「月にとらわれた男」(これまた、こんなんだったかな。)
なんとなく、わかったような、わからないような。
確か、「月に~」も、クローンがらみの主人公だったように思う。

まあ、70点。
  1. 2013/06/15(土) 23:08:25|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

いきものいっぱい 大阪湾

7月20日から、博物館で特別展が始まる。テーマは、大阪湾。

友の会の会議なんかで、特別展の表題やタイトル(あれ?、意味、一緒か)の投票があったりする。
どんな候補があったか、忘れてしまったけど、

いきものいっぱい 大阪湾 フナムシからクジラまで

って、しごく順当なところで収まってますな。


私の写真を使っていただきました。
真ん中は母親、左が兄、右が私。
面影ありますかね、って、そんなん、これじゃわかるはずないですね。










  1. 2013/06/15(土) 10:20:44|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

毎日、成長

毎日、大きくなっています。裸の部分が無くなっています。
捕まえても、親は知らん顔です。

DSC06407.jpg







こちらも、日に日に大きくなっています。少し、ヒナらしくなってきました。
写真には写っていませんが、2,3日前に孵化した子もいます。
こちらは、のぞいただけで親に怒られます。
DSC06408.jpg







  1. 2013/06/14(金) 21:24:28|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

暑い!

飽きもせず、公園の鳥の調査。
先週の予報では、今日あたり、台風が来る感じだったが、さあ、どこへ行ったんだろう?梅雨前線もさっぱり近寄ってこないらしい。
泉北方面の残り、数個の公園を見て回った。急に暑くなった為か、まあ、そんなことは関係ないか、あんまり、鳥の声も聞こえない。とにかく、暑かった。









8時前の、多治速比売神社。
お参りの方がちらほら。拍手の音が聞こえる。2礼2拍手1礼、だっけ。
あちこちの祠、すべてにお参りされている。

私?
あまり真面目にお参りせず。いかんなあ。



調査が終わったらガリガリ君を買うことだけを楽しみに歩き回ったのに、近くのコンビニになかった。
そんなコンビニもあるんだなあ。
別のコンビニに入ろうと思っていたら、対向車線にばっかりあって、なかなか買えず。


  1. 2013/06/13(木) 19:16:44|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

人生、長く生きていると

殺人事件。被害者のご老人、なんとなく、聞いたことがある名前。
カルテを検索すると、やっぱり出てきた。1,2回来院があっただけで、特に親しい患者さんと言うわけでもなかったけど、やっぱりお気の毒、としか言いようがない。
たまたま近くに往診があったので行ってみると、家のまわりぐるりにひもが張られ、お巡りさんがいっぱい。そのすぐ後ろには、テレビでよく見るみたいな、踏み台に登ったカメラマンにレポーターがちらほら。


これまた、殺人事件。犯人逮捕の報道。逮捕前に、マスコミに出まくりだったらしい。
その「犯人」のカルテがある。こっちは、ちょくちょく、病院へ来られていた人。最近では、6月2日。ということは、事件後らしい。一見、ふつうの、おばはん。


犬の散歩に出かけると、消防車が目の前のマンションの駐車場に入って行く。さらに、はしご車、レスキュー車、救急車が集まってくる。当然、野次馬も。私も、犬連れで見物。
警備員が、「落ちた」とか何とか言ってる。関係者は、立体駐車場入り口(7階か8階建て)あたりでウロウロしている。車を止めてて、落っこちた?

今度は、市立病院のドクターカーが来た。マイクロバスくらいの大きさのあるもの。しばらくすると、これまたテレビでよく見るように、ブルーシートの目隠しで挟まれて誰かが搬送された。
それと前後して、こんどは「鑑識」の警察官が何人か、カメラなんかを首にぶら下げて駐車場の方へ入っていった。

結局よくわからず、翌日。通りかかった警備員に、何があったか聞いた。
「私が言うわけにはいかないんですよねえ。さあ、布団でも干してて、足を滑らせたんでしょうかねえ」
って、要するに、飛び降り自殺?

あ、先の2件はテレビや新聞でさんざん、報道されていた。
最後の一件は、どこにも書かれていないみたい。
  1. 2013/06/12(水) 21:02:04|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

へそ曲がり

いつだったか、ブログネタに使った話。
病院設備の見積もりを2社から取った。一社とは、メールで何度もやり取りをしていたんだが、最終的に採用しなかった。その旨をメールしたら、返信が来なかった。
「今回は残念でしたが、他の設備も作っていますので、機会がありましたらまたご検討をお願いします。」
くらい、言ってくれればいいのに、って思った。



クジャクバトが大きくなってきた。
前回の子は、某HPで貰い手を見つけて、メールで何度もやり取りをして、向こうの指定日に合わせて発送した。次を産卵した話を書くと、それも欲しい、との事だった。

月曜日に着くように発送し、受け取りを頼んだんだが(生き物は、西濃運輸での営業所止めが多い)、受け取ったとの連絡がない。HPでチェックすると、火曜日の受け渡しになっている。

あまり自由に動けると逆に心配なので、小さめの箱に入れて送ったんだけど、大丈夫だったんだろうか。
「受け取った」のメールもないので、次の子を送るのはやめようかなあ、と思ったりしている。
これって、へそ曲がりかなあ。
  1. 2013/06/11(火) 20:00:46|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:1

ふーーーーん、役に立つんだ

娘の車。乗ろうと思ったら、エンジンがかからない。車で動かないというと、バッテリーしか思いつかない。
もう一台車を持ってきて、ケーブルでつないでみた。やっぱり、うんともすんとも言わない。バッテリーじゃないのかなあ。

任意保険にロードサービスがついてるから、って、JAFはやめてしまった。20年以上入っていたけど、さあ、何回使ったっけ。高速でエンジンから煙が上がった時は、20kmくらい牽引してもらったか。それ以外、世話になった経験、ないなあ。結局、トータルすりゃ、会費のほうがずっと高かったかもしれない。で、会員を辞めると車が故障する、って、いわゆるマーフィーの法則か。

はじめて、保険屋のロードサービスに電話してみた。「おまけのロードサービス」は時間がかかる、って聞いていたけど、実際電話してみると、20分で来た。
ふーーん、役に立つんだ。

ちなみに、昔は車両保険に入っていないとサービスを受けられない、って言われていたけど、今は「安物」の保険でも、もれなく付いているんですね。


で、故障?
やっぱり、バッテリー、だって。
完全にアホになったら、ケーブルで繋いでもセルが回らないときがある、って言われたが、そんなもんなんだ。
  1. 2013/06/10(月) 19:51:19|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

心の準備が

昨日は、久しぶりに一日の休みをもらって、ハイキングとコウモリを堪能した。
今日も午後は予定がないので、気が向けばコウモリへ、と思いつつ病院へ出勤する。いつものように、カレンダーを眺めると、今日になんやら、メモが書いてある。

え、研究会?

そういえば、そんなん、申し込んでいたっけ。
普通なら、何日か前から確認して(心の)準備しているんだけど、今日のは完全に頭から抜けていた。
準備、といっても、カバンにレコーダーを入れるくらいだけど、準備して午前の仕事。

会場は京都。
いつだったか、チケット屋の値段と正規の値段をさんざん比べて、何が得かチェックしていたが、なんだか、チケット屋を儲けさせてるだけのような気がしてきて来た。
今日は普通に行くかなあ。

それにしても、すごく久しぶりの電車。
迷子にならないか、心配。
  1. 2013/06/09(日) 12:19:16|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

よい子はまねしないでね

来週の日曜日、友の会、月例ハイクの引率で友が島の予定。今日はその下見。
ではあるけど、主目的はやっぱりコウモリ。某所の崖に、さあ、何に使ったのかわからないが、100m近い、巣堀の穴がある。穴的にはすごくいい感じなのだが、以前調査したときには、何もいなかったし、いる雰囲気もなかった。再調査しないでもいいかなあ、とも思っていたけど、ぼちぼちコウモリの出産期。ひょっとしたら使っていないか、と思って再調査してみることにした。

ここへ行くには、崖を数m降りる必要がある。高所恐怖症の身にとって、降りるというのは非常に怖い動作である。下から登る方が心理的には抵抗がないんだが、簡単じゃない。でもって、結局はワイヤーはしごを使って降りることに。

DSC06356.jpg






久しぶりに使ったなあ。
この前は、橋の下に作ってたスズメバチの巣の採集だった。


あ、肝心のコウモリは、一つだけご休憩してましたが、すぐに出て行かれました。
やっぱり、グアノなんかも無くって、あまり使っていないようです。
  1. 2013/06/08(土) 22:13:07|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

明日は我が身

シーナの痴呆がひどい、というほどでもないんだけど、だいぶん、惚けてきている感じ。
呼んでも聞こえない(ふり?)、徘徊に似たとぼとぼ歩き、私の後追い、ちょっとした段差でつまずく、顔に白髪。
何歳だっけ、14才?
まあ、そんなもんといえばそんなもんだけど、なんだか、急に年を取りました。

何年か後の私を見ているみたいで、よけいに、気になる。
  1. 2013/06/07(金) 20:48:11|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
次のページ
【楽天市場】本・雑誌・コミック