FC2ブログ

毎日の院長 改め、日々雑感

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

靖子姉ヨリ金ヲ戴キ・・・・

昨日の、納戸整理で出てきた冊子。

「靖子姉ヨリ金ヲ戴キ、奈良ニテ求ム  昭和二一年・・・・・」

見覚えのある、几帳面な親父の字。
「靖子」伯母さんも昨年にお亡くなりになった。父の兄弟、4人のうち、ご存命なのはもう一人の伯母一人になってしまった。

DSC03595.jpg









親父に痴呆の症状が出てきた時、母親はあわてて、漢字ドリルや、100升計算の本を買ってきてた。父は全くそんなん、相手にしてなかったが。

もちろん、完全にすぐに痴呆になったんじゃなく、簡単なことが思い出せなかったり、わからなかったり。
いつだったか、どんな状況だったかは忘れたが、こたつに手を突っ込んで背中を曲げ、誰に言うでもなく、
「なんで、こんなんになったんやろなあ」
って、つぶやいたのを、鮮明に覚えている。

それ以降、はっきりした受け答え、普通の会話が出来なくなった様な気がする。
  1. 2013/04/02(火) 19:27:31|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

マスコミ、って、そんなもん

ある水族館で、「イワシの群れに緊張感を与えるために」マグロだったか、カツオだったかを導入する、って、新聞に大きく報道されていました。これって、100%ウソなんだって。水族館の方が怒ってました。
「火のないところに煙は立たない」かもしれませんが、ほとんどこれに近い話みたいです。重箱の隅をつつくような質問をして、都合の良い答えを自分で脚色して作り出し、それを他の報道機関がみんなまねしたみたいです。


某番組を作っているという所から、連絡が来ました。**の話を聞かせて欲しい、って。まあ、話くらい、いくらでもします、って、電話で長々と、とりとめもなく話をしました。

数日後、番組の構成の台本みたいなものが送られてきました。すでに、ストーリーができあがっていました。
そんなん、一言も言ってない、とか、いろんな考えがあるけど、こんな考えの人もいる、てなところが、(向こうさんに)都合よく、組み込まれていました。で、その線に沿って取材したい、って。

あまりにも無茶苦茶なんで、改めて説明しました。
さあ、わかってくれたのかなあ。

基本的に、博物館の学芸員さんはマスコミ嫌いじゃないかと思います。それでも、「公務員」なんで、一般からの質問には答える義務があります。こんな、決めつけた取材が多いからでしょうか。

ちなみに、大昔、川西市のゴミ焼却場がらみで毎日放送の「VOICE」から取材を受けた事があります。こっちは報道番組だったからか、非常に勉強もしているし、的確な報道でした。1年以上、継続して取材してました。

  1. 2013/04/01(月) 19:34:02|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
前のページ
【楽天市場】本・雑誌・コミック