毎日の院長

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

父の50年

実家へ行って、雑用を頼まれる。
納戸の整理。

父の、唯一の趣味と言っても良いくらいのものが、カメラだった。
買った当時は、月給一ヶ月分とも言われていた、ニコンのカメラが自慢だった。ニッコールクラブにも入っていて、その会員番号がかなり初期のものだった事も自慢だった。
で、納戸に、ニッコールクラブの写真集が50年分以上あった。ジュニア会員にもなっていて、その分も合わせると、かなりの量になっていた。

父が亡くなったあと、さあ、どうしようか、と言う話が何度かあった。
ヤフオクに出してみたけど、反応無し。某芸術大学2,3校に、いるかどうか聞いてみたが返事無し。結局、こういうものは、そう言う運命なのか。タイミングがよかったのかどうかわからぬが、明日は廃品回収なので持って帰る事にした。

玄関に積むと、かなりの高さ。

そういえば、年に一回、この本が送られてくると、コタツで何度も眺めていたなあ。

  1. 2013/03/31(日) 20:57:13|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

何のためのメール?

DMが来た。ちょっと気になったので、問い合わせた。返信の形式を聞かれたので、メールを選択した。
電話がかかってきた。メールが届きましたか?って。

電話で仕事が中断されたりするのがイヤなんで、わざわざメールを選んだのに。

見積もりを頂戴、って書いたので、見積書でも添付で返ってくるだろうと思っていたら、「消費税、搬入費別」って、ほんなら結局、いくらかかるのか、さっぱりわからんやんか。
まあ、返事が早いのは評価するけど、役に立たない情報。


車の試乗を、メールで申し込んだ。すぐに電話がかかってきた。
時間を変更しようと思って、またメールした。
翌日、電話がかかってきた。メールを頂いたんですが、って、もうすでに試乗は終わっている。どんな仕組みかわからんけど、役に立たない「問い合わせ窓口」

  1. 2013/03/30(土) 13:48:32|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

貯まってきた

これも、何度も使っているネタ。薬に関するアンケート。
なんだか、似たようなアンケートが年に何回か、送られてくる。それなりに答えようとするが、質問を作成している人が臨床経験がないのか、的を射ない質問も多い。答えようがないが、無理矢理穴を埋めている。
ええのかなあ。

何ヶ月かすると謝礼が送られてくる。ここは図書券が多い。

昔はしょっちゅう本屋で本を買っていたが、メガネをかけ出してから本を読むのが億劫で、買わなくなった。どうしても欲しい本はポイントも使いたいし、ネットで買ったりしている。(あ、その前に、図書館か、最近は。)今の時代、町の小さな本屋さん、経営がたいへんでしょうねえ。病院の向かいの本屋さんは、面積の半分くらい、事務用品とか、最近はおやつまで売り出している。本の置き場が減ったためか、今まで立ち読みしていた雑誌が見られなくなってしまった。(だから、本は買いましょう、って。)

DSC03482.jpg







いつだったか、電話でアンケートが来たときがあった。けっこう長くて、だんだんイヤになってきた。まだ時間がかかるならもうやめます、って言うと、相手のおばちゃん、たいへんですか、ではあとは私が適当に書いておきますね、っておっしゃった。
これまた、ええのかなあ。たぶん、あちこちで何度も断られ続け、やっと答えてくれた「カモ」を逃したくなかったんだろう。
  1. 2013/03/29(金) 20:08:46|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

サクランボ

サクランボの案内があちこちから来る。一度買ったところから、封書だったり、メールだったり。

昔は、某商店からばかり買っていた。ダイレクトメールが来るたびに、何箱か分、送金していた。申し込んでしまうと何をいくつ頼んだのかも忘れてしまい、シーズンになっていくつくるか、楽しみだったりした。一度に何箱も来てあわてた事もあった。
早期に申し込むと割引きがあった。いつだったか、DMが来たので言われるままに送金すると、しばらくして電話があった。割引き期間が過ぎているので、今ならあと何百円か足りない、って。
そんなん言われても、DMが来たから送金したんだけどなあ。申込用紙が古かったのかなあ。

大阪的には、それまで何年も、何箱も買っているんだから今回はそれくらいまけといて、ってなるんだけど、無理だという。こっちも意地になって、ほんなら今年はもういらないから、来年に回して、っていうと、わかりました、って。
で、ほんまにその年は送ってこず、一年遅れで届いた。
それ以来、そこからは全く買っていないんだけど、もう何年もDMだけ送られてくる。

あ、思い出した。その商店のDMには、「サクランボ娘」と称して、小学生くらいの女の子、二人がサクランボをおいしそうに食べている写真がいつも載っていた。10年くらい、同じ写真だったか。
もう大きくなってるんとちゃうの?、探偵ナイトスクープネタになりそうだけど、と思っていたら、そういえば最近はその写真を見なくなった。
  1. 2013/03/28(木) 21:47:35|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

秒殺、だって

キジバト。巣立ちヒナらしいが、翼が伸びない。先天的な異常らしい。
毎日、毎日、給餌。一見するともう大人。

博物館に鳥屋さんがいる。専門がキジバト。
甘やかすと、いつまで経っても自立しないそうな。給餌をやめてみるべかなあ。
で、飛べない状態で放鳥したらどうなるか、聞いてみた。

「秒殺じゃないの?」

だって。


これまた、飽きるほど使っているネタ。
救護活動をしているある先生に、放せない鳥はどうしているのか聞くと、それでも放鳥している、との返事。飛べなくってもそれが自然なんだから、そのまま放すとおっしゃっていた。ほんなら、最初から救護しなけりゃいいのに、って思ったけど、まあ、私も似たようなことをした経験があるので、人のことは言えない。ケースによると、救護の前に安楽死もしている。

でも、飛べるかどうか、完全に野生復帰するかどうかは結果論で、最初からわかってりゃ、苦労しない。


結局は、うちのバードケージで飼い殺しか。
給餌をやめると、やっぱり自分で食べてるみたい。元気に、地面を走っている。

  1. 2013/03/27(水) 19:37:31|
  2. 仕事?野鳥|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

250人待ち

とある本。図書館で予約してみると、250人待ちだって。本館、分館あわせて10数冊あるらしい。さあ、いつ、順番が回ってくるんでしょう?
別の本。スタートが何人待ちだったか、忘れてしまった。1月15日が予約日で、現在、まだ110人待ち。こっちは20冊近くある事になっている。
もう一冊。13人待ち。かわいいもんですな。


本は町の本屋で買いましょう。

  1. 2013/03/26(火) 19:06:23|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

コーヒー牛乳

大昔は、病院に缶コーヒーやコーラなんかを常備していた。量販店で、スタッフ、誰も飲まないような無名メーカーの格安品を箱単位で買っていた。
あれば、つい飲んでしまう。なんだかもったいないので、買い置きはやめた。

病院のトナリに、飲料の自動販売機がある。これも毎度じゃもったいないので買わぬようにしているんだが、週に一回くらい、気分転換に無性に欲しくなる。今日はこれこれがあったので特別、てな屁理屈を付けて、買ってしまう。もったいないので、半分だけ飲んで、残りは次の日。

もう少し歩くと、コンビニがある。300ccだかの、パックのコーヒー牛乳が86円。缶コーヒーは100円なので(自動販売機には、20円安いコーヒーがいくつか、ある)、値段は安いし量は多い。最近はこっちをたまに買っていた。

もっともっと歩くと、スーパー玉手がある。なんと、1Lのコーヒー牛乳が98円。
うーーーん、今度はこれがやみつきになりそう。
  1. 2013/03/25(月) 19:49:33|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

御三家

こういうのに、表題の表現を使うのがふさわしいのかどうか、よくわからんが、今日の講演会、ものすごいメンバー。
佐渡トキ保護センター 野生復帰ステーション 本間穂積先生
兵庫県立コウノトリの郷公園 研究部長 江崎保男先生
東邦大学理学部 長谷川博先生(あ、言わずと知れた、アホウドリ)

それぞれの先生だけで、一日ゆっくりお話を聞きたいところ。


主催は、大阪府獣医師会開業部会というところ。
普通は臨床系統の先生を呼ぶことが多いんだが、さあ、どういう趣旨なんだか、今までとはかなり路線が違う。開業獣医師はこういうのに興味がないのか、いつもの研究会に比べると、人数は極端に少ない。
また、広報が弱かったのか、一般参加者もポツポツおられたけど、思ったほど、人は集まらず。すごく、もったいない。

内容も期待通りで、獣医がらみの研究会ならたいてい眠たくなるんだけど、今日はしっかり聞いてきました。


最後の質疑応答。
誰も、あんたの自慢とかは聞いてない、って。長々と自分の経験話をぐたぐた。本当の質問は最後の数秒くらいで、それもどうでもいい話、というか、ピントがずれている。
「今日はすばらしいお話をありがとうございました」って、やっぱり、質問の頭に必要なのかなあ。わざわざ「あんまりおもしろくなかったですね」なんて言う人もおらんだろう。

種類のわからない鳥が持ち込まれる時があるんですけど、どうすればいいですか?、てな質問が来て、思わず、骨一本でも自然史博物館へ着払いで送りましょう、って、横から口を出してしまいました。



高校の生物部の合宿で先輩とお会いしました、覚えておられますか?って声をかけられた。生物部って、30年近く前の話やんか。その時の恩師の話も飛び出した。確か、そういう状況だと、私、高校を卒業したあとの話じゃないの?ということは、お会いしたのは2,3日の間だけだったはず。よく覚えておられますねえ。
なんだか(どういう訳か、)恥ずかしくて、しどろもどろ。**さん、ごめんなさい。ぜひ、病院へお越し下さい。ゆっくり話をしましょう。
  1. 2013/03/24(日) 20:32:33|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

それ、当たるよ

妻と、某スーパーへ買い物。レジで抽選申込用紙を渡された。
見ると、バスで「天橋立ツアー」だって。投函箱の横で個人情報を記入していると、となりのおばちゃんが、
「それ、当たるよ。そやけどねえ、こないだも行ってきたけど、毛皮屋で3時間やったわ」だって。

これ、時々応募しているけど、実際よく当たる。「当たる」という表現がいいのかどうかは少し微妙ではあるが。
何週間かすると、当選ハガキが一枚来る。参加は一名限りで、たいてい平日。で、ご家族、同行者がいれば特別価格、いくらいくらで参加できます、と書いてある。要するに、一名分の料金で二人行く、という感じか。

もちろん、一人で参加することも可能で、妻は一人で何回か、出かけている。でも、今まではもちろん土産物屋へは寄るが、「3時間」というのは経験がないそうな。「毛皮屋で3時間」となると、催眠商法くさいなあ。


催眠商法。何度か、知り合いが行ってたみたい。午前中に、100均で売ってるようなプラスチック製の日用品をくばり、友人を誘って午後にどこそこへ集まれ、って言われるんだとか。喜んで行くと、まあ、あとは軟禁状態。
夕方になってご飯の準備といっても帰らせてくれないそうな。で、「一人つかまったからやっと帰れた」とかなんとか言う話。

大学の時、繁華街を歩いていてヘンな外人に声をかけられたことがある。何を思ったか、言われるままについて行ったっけ。なんだか、訳わからん宗教だった。

あまりにも同じ会社からの電話勧誘が多いので、はっきり断ってやろうと事務所まで乗り込んだ人がいたそうな。事務所でやくざもどきのおっさんに囲まれ、結局、何百万円かの投資をさせられたとか。



  1. 2013/03/23(土) 19:30:23|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

毎年の行事

もう、何年書いてるやろなあ。狂犬病予防集合注射の打ち合わせ会。もう、あんなやり方、やめたらええのに。

これまた、何年も書いてる事。
バナナはご飯ですか、おやつですか、てな質問がいつもある。しかも、いつも同じヤツが同じ質問する。それに反応するのも同じヤツ。
もう、飽きた。そっちで勝手にやってや、てな感じ。とかなんとか言いながら、大昔は私もそっちに近かったんだけど。
最近はただひたすら、堪えることをおぼえました。

獣医師会の人数もすごくふえ、誰が誰か、さっぱりわからん。頭から、覚える気もないんだが。


  1. 2013/03/22(金) 19:27:00|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

まあ、あんなもん

昨日のこと。昼前に仕事を片づけて家に帰る。
天気もいいので庭仕事、というか、庭の草抜き。少ししただけで、飽きてしまう。

部屋の整理。独立した子供の部屋が、「荒れた」まま。こっちには全部ゴミに見えるけど、子供にとっては宝物かもしれぬ。どうしようかと考えていたら、たまたま用事があったらしく、子供が帰ってくる。これ幸いと、ゴミ袋を横に置いて整理させるが、やっぱり、ほとんど減らない。
何年も使っていない部屋なんで、ここがきれいになったところで何するわけでもないんだけど、やっぱり気になる。とりあえず、段ボール箱にでも入れて、物置、かなあ。

物置は物置で、やっぱりモノがあふれている。ほとんどは妻や娘の服。もう、10年以上着たこともないように思うんだけど、一言でも口に出すと10言くらい返ってくるので何も言えぬ。
片隅に文庫本の山。これも妻や娘のがほとんどなんだが、一部、私が学生時代に読んでいた本もある。こんなん、懐かしさはあってもまた読む気はしない。何冊か減っても大勢に影響はないんだが、ええい、で、廃品に回す。妻にも整理するように言ってみたが、ほかさないという。ほとんどが、ブックオフ、105円、って貼られているんだが。
なんだかんだで、手提げ紙袋数個分。前記の通り、全体量から考えると減ったようにも見えないけど、まあ、気分の問題。


と、今までは前座の話。
「毎月20日はムービックスディ。」

ジャンゴ

まあ、あんなもん。
「映画評論家」みたいにゴタゴタ書けませんが、ええんとちゃいますか?といいつつも、ちょっと低めの60点。
  1. 2013/03/21(木) 19:08:27|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

定年前、定年後、定年なし

北海道の友人。共済組合で牛の診療をしている。
定年前に仕事を辞めようとして、組合に引き留められたとか。まあ、大動物の臨床獣医師は人手不足らしいので、さらに非常に優秀な人材なんで、引き留めるのは当然だろうが、60才前に引退して、あと、何をするんだろうなあ。そんなに「趣味人」でもなかったような気がするんだけど。

公務員の知り合い。4月に定年だそうな。再雇用は断って、自宅を改造して喫茶店を始めるんだとか。そんなに付き合いがある訳じゃないが、そんなに社交的な人でもないような気がしてた。もっとも、そういう商売にそれが必要なのかどうかはよく知らぬ。あの場所でそんな商売して儲かるのかなあ。もっとも、設ける気は毛頭なく、趣味だけでするのかもしれない。自宅で自己資金なら借金もないだろうし、好きな時にやって好きな時にやめられるか。

私。本来なら、あと何年かで定年の年になる。
年金があるわけじゃなし、その日暮らしの自転車操業なんで止まると死ぬ。
開業当初、研究会に行くと白髪交じりの年配の先生がちょくちょくおられ、あんな年で勉強って、たいへんだろうなあ、と思っていた。今、研究会に行くとまわりは若い兄ちゃん、姉ちゃんばかり。完全に立場が逆転している。私もそんな目で見られているんだろうか。


今日は久しぶりに祝日で一日休み、と思っていたら、仕事が入る。
さっさと片づけて休みたい。
昔なら、こんな感じの休日は必ずフィールドに出ていたんだけどなあ。調査地はいっぱいあるんだけど、出かける気力が失せている。(そんな気で無理に出かけてもろくな事はないだろうし、相手が穴じゃ、ちょっとした事故が命に関わるだろうし。)

  1. 2013/03/20(水) 08:25:38|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

回り回って92%

何度も話題にしている切手。50円切手をいくつか、91%くらいで入札するが、じぇんぶ終了寸前で横取りされる。最終的に93%だったり、94%だったり。

100円切手が90%を切る価格で出ていた。手数料一枚5円を払えば、50円切手に交換してくれる。
落札価格に5円を加えて、送金手数料を考え、送料を考え、入札した。

結局、92%くらいで買った計算。

DSC03488.jpg






この時代、郵便はいくらだったんでしょう?
  1. 2013/03/19(火) 20:51:04|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

靴下に穴が開いていた。足の指を出したり、手の指を突っ込んだり、暇つぶしにちょうど良い。仕事中は靴を履いているので何も問題がない。とはいえ、そんな時に限って往診があったりする。スタッフに指摘されて、あわてて先を引っ張って隠したり、目立たぬようにそちらを下にしてあぐらをくんだり。

妻に見つかって、ほかすように言われた。
なんだか、もったいないなあ。ちょっと「縫合」すれば使えると思うんだけどなあ。見つかる前に、自分で「手術」すりゃよかったか。
私が子供の頃は、「石鹸箱」を靴下に突っ込んで母親が繕っていた記憶があるんだけど。本当の記憶か、そんな気がするだけか、よくわからない。


一見すると、同じように黒い靴下。横に付いているワンポイントがちょっと違う。よく見ると、模様も違うのでこれ、セットじゃないらしい。面倒なので、そのまま2,3日過ごした。

学生の時だったか、学校でふと足元を見ると、片足の靴下が真っ黒で、片足が真っ白。間違って履いてきたらしい。気が付かなきゃそれでおしまいだったのに、気が付くと急に恥ずかしくなる。ズボンをずらしたり、折り曲げて靴に突っ込んだり。最後は、両足、素足になったんだったかなあ。
  1. 2013/03/18(月) 20:23:16|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

みそくそ一緒

だから、全然違うんだって。
人によっては、一時は、系統樹もかなり離れたところに置いて、「他人のそら似」(収斂、だっけ、違う?、無能がばれる・・・・)とまで言い切る人もいた。さすがに、それは今は否定されてるだろうけど、オオコウモリと小型コウモリはじぇんじぇん違う動物ですわ。
果実食に、昆虫食、昼に活動、夜に活動、超音波の利用の有無、顔つき、大きさ・・・・・。

それを一緒くたにして、オオコウモリが目的の動物なのに、コウモリがらみでうちに電話してくるって、あまりにも勉強不足じゃないのかなあ。マスコミって、まあ、そんなもんですかね。
いつもいつも書いているけど、電話をかけてくる前にネットでもう少し情報を仕入れておいて欲しいなあ。

あ、アブラコウモリと洞穴性コウモリもまた、かなり違った動物です。まあ、これはちょっとわかりにくいですか。



大学から研究についての相談を受けた。難しい学問の話じゃなく、生息場所と、手法についての相談。知り合いの専門家に、ちょうど別の用事があってついでに聞くと、甘やかさないで自分でやらせろ、だって。

私自身、ズブの素人だったけど10年ほどで(って、毎年言ってる。正確には、調査開始は1999年)今の状況になっている。私は「趣味」でやってただけ、大学は「研究」でやるのなら、もっと気合いを入れて自分で「新天地」を開拓すべきじゃないの?いつまでもこっちに頼らないで。同じ努力をすりゃ、同じレベルにまで到達するような気がするんだけどなあ。そっちでも新規に調査してくれりゃ、コウモリ界的にも、新しいデータが蓄積されて喜ばしいんだけど。

もっとも、私は生態屋で、大学は工学部なんでアプローチの手法が違うのか。

一番最初、学生を山に連れて行ったときは、そのまま梅田を歩ける格好で来てたので驚いた。車を降りたら100均のカッパを着ておしまい。帰るころにはボロボロに・・・・。
こないだは全員、つなぎにヘルメット姿で来ていた。ちょっとは進歩したか。




  1. 2013/03/17(日) 21:32:40|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

5万円

こないだの、車の修理。
5万円、だって。グロウを3つ交換、って、なっていたっけ。

修理中の車をのぞいたが、エンジンの上部をこれでもか、と言うくらいばらしてた。なんでも、交換部品はエンジンのかなり奥にあるんだって。さあ、何時間くらいの修理だったんだろう?

それなりのエンジニアを2,3時間拘束して、部品を換えて、5万円?
印象的には安い感じもしたが、まあ、高価な部品でもないらしいから、そんなもんなのか。5万円で少し安心出来れば安いモン。とはいえ、古い車なんで、こっちを直せばあっちに無理がかかって、てな事もあるんだろうか。
今日走っていると、一瞬、アイドリングが不安定になっていた。車に詳しい訳じゃないが、さすがに10年以上同じ車に乗っていると、かすかな音でも異常がわかる。
さあ、明日の機嫌はええかなあ。

何年か前までは、車高も高いので見通しが良くって、車線を右に行ったり左に行ったり、せこせこ走っていたけど、最近はおとなしくなってきた。いつエンジンが止まってもいいように、左側を走るクセが付いてしまった感じ。

  1. 2013/03/16(土) 20:33:57|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

なんか、失礼ちゃうの

アンケートサイト。
普通のアンケートじゃなく、勧誘じみたものも多い。

「無料保険診断」
なんだかんだ質問があり、最終的に保険の診断を申し込んで面談すると、4000円もらえる。
以前に、これを利用して4000円(分のポイント)をもらった事がある。
あ、いや、お金だけが目当てじゃなく、実際、今入っている保険証書とかも準備して「診断」してもらったんだが、結局、払う以上に給付がある訳じゃなく、この年じゃ掛け金もそこそこ高く、今さら新しい保険に入る気にもならずに断った。

最初から断るつもりで、小銭稼ぎで申し込むのも気が引けるので、それ以来、申し込みはしていない。


妻宛にも同じ「アンケート」が来る。
が、こっちは、職業を主婦にして、年収100万円以下をクリックすると、申し込み画面まで進めない。
なんだか、なあ。
  1. 2013/03/15(金) 21:06:49|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

Adaptive beam-width control of echolocation sounds by CF–FM bats,Rhinolophus

Adaptive beam-width control of echolocation sounds by CF–FM bats,Rhinolophus
ferrumequinum nippon, during prey-capture flight

という論文が、
The Journal of Experimental Biology 216, 1210-1218© 2013. Published by The
Company of Biologists Ltd  doi:10.1242/jeb.081398

に掲載されました。
で、
We also thank Nobutaka Urano for assistance in capturing bats in the field.

と、謝辞を戴きました。

それに関してのトピックというか、ニュースも掲載され、その中で私の撮影した写真が、私の名前付きで掲載されました。
こっち

と書いても、何の事か、さっぱりわからんでしょうね。私もわかりません。


どうも、キクガシラコウモリが蛾を捕まえる時の超音波の出し方、変化云々、らしいです。論文自体もpdfファイルで戴いており、その中の図を見ていると、そんな感じです。(興味がある方はお送りしますので、お知らせ下さい。)

結局、論文に私の名前が出て喜んでいる、というだけの話でした。
  1. 2013/03/14(木) 21:08:08|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

火事場泥棒

まあ、これからあちこちで非難され、最終的には受け取らないのかもしれないし、受け取るようじゃ完全に終わってる。もっとも、今の市長は何年か前、橋下さんの絡みで当選はしたんだけど、その後反旗を翻して都構想に反対、今年の選挙で対抗馬をたてられて落選する可能性もあるから、もらえるもんはもらってしまえ、あとは知らん、と思っているのかも。

震災復興予算から、ゴミ受け入れを「検討」して、86億円もらったんだって。で、実際は、1gも受け入れてない、(予定もない)らしい。

ちょうど、ゴミ焼却場の建て替え?、新規建築?、なんかがあって、ちょうどよかったんだそうな。
政府も、お気持ちだけ頂戴してお礼を差し上げます、てな感じだったのか。

堺市は、日本の歴史の教科書に必ず出てくるような「歴史のある」りっぱな町。それが今となっては、大阪市のおまけみたいになっている。堺市に何十年も住んでいるが、自慢できる話なんて何にもない。それに輪をかけるような、今回の話。あー、恥ずかしい、堺市民を辞めたい気分。

  1. 2013/03/14(木) 08:20:11|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

ゼロ・ダーク・サーティ

火曜日の、おっさんディ。
最近、休み無しで仕事。さすがに、精神的に疲れる。ちょっくら、映画でも、と思う。
めずらしく、見るべかなあ、って思う映画がいくつかあったが、時間の都合で表題の映画を選んだ。アカデミー賞のなんかをもらったんだっけ。

長い映画だが、長さは感じなかった。ということは、おもしろかったんだろうか、とも思うんだが、アチャラの人の顔とか名前、覚えにくい。なんだかわからんうちに、潜伏先が発見されてしまった感じ。

映画って、2回、3回見た方がいいのかなあ。


とりあえず、70点で。



私が子供の頃はシネコンなんてないし、入れ替え制でもなかった。映画が終わりそうな時に入って、エンドロールが流れ始めて人が出て行くのに合わせて「席取り」をしていたなあ。時間が合わなくって、真ん中から真ん中まで、みたいな見方をした事もあったっけ。

予備校の頃は、2本で1000円の映画館へよく通っていた。
思い出すと、なつかしい。
  1. 2013/03/13(水) 19:26:56|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

コーナンで十分?

いつだったか、道路で電動ドリルをひらった。たぶん、軽トラの荷台からでも転げ落ちたんだろう、と思っていた。E-Valueの、EL1203F、っていう、インパクトドライバー。
が、バッテリーは、一つは爪が折れてて本体からすぐにはずれてしまう。もう一つは一見まともだが、両方ともかなり劣化していて、ひらった当初は10分くらい、今に至っては、数回使用すると動かなくなっている。

バッテリーだけ買い換えようかと思ったら、どうも、この機種自体は、製造中止みたい。バッテリーだけ売ってるHPを見ると、4000円とか、5000円とか、書かれている。

入れ物も立派だし、機械も重たいし(重たいから上等なのかどうかは知らないけど)、バッテリーを買うだけの価値はあると最初は思っていたけど、ヤフオクでチェックすると、セットが1000円とか、2400円で売られている。
これって、一流品なの?どうでもいいものなの?

4-5000円も出せば、「コーナンブランド」で似たようなものが買える気がする。
電池がなけりゃ、タダの大ゴミになってしまう。なんだか、そう思うともったいないし。

さあ、どうしたもんでしょうねえ。
有線で、家庭用電源から100Vをなんだかんだして、電源を持ってこれないのかなあ。その方が、よほどお金がかかるか。








この画像は、ヤフオクから拝借しています。

あ、私のは道路でひらったものですが、ちゃんと交番へ届けて、3ヶ月後に受け取ったものです。
  1. 2013/03/12(火) 22:11:41|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

生まれた

すみません、ピンぼけです。

DSC03468.jpg







だんだん、世間が遠くなっていました。
ピンセットでつつくと、ガチガチでした。
端っこを引っ張ってみました。

生まれました。


右の耳からです。

また、脳みそに風が入るようになりました。
  1. 2013/03/12(火) 19:36:00|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

もっともらしい、眉唾話

生物というのは、子孫を残すのが仕事。ライオンの子殺し、って、自分の遺伝子を残すために、何チャラ。
ハチのワーカーだったか、直接自分の遺伝子を残さなくっても、自分に近い遺伝情報を残してもらうために、自己を犠牲にして働く、んだっけ。昔から、本を読んでも適当に、都合のよいところだけ、断片だけしか頭に入らないので、結局、理解していない事と一緒ですね。

で、本来、生殖年齢を過ぎた生き物はさっさと死ぬのが普通なんだけど、人間はさっぱり死にません。これは、子供だけじゃなく、孫を育てるために生かしている、って話。

ほんまかいな。


子供の頃、一年って、待ち遠しかった。この年になると、あっという間。
10才の子供にとっては、一年というのは今まで生きてきた人生の1/10。
50才のおっさんにとっては、一年というのは人生の1/50。でもって、年を取ると一年が早く感じるんだとさ。

ほんまかいな。
  1. 2013/03/11(月) 19:47:16|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

鳥の会総会

博物館・鳥類研究グループの総会。
昨年は、たしか、研究会があって不参加でした。一年なんて、すぐですねえ。

招待講演は、東京からツバメの専門家をお呼びしました。身近な生き物なんで、けっこう楽しく拝聴しました。
「駅ツバメ」の「本家」の方ですが、マネをした大阪で、近畿圏コンプリート。1600駅、だったかなあ。東京でもがんばりたい、との事でしたが、向こうは3000駅あるんだとか。さあ、うまくいくでしょうか。どうも、総合的に考えると、大阪のノリで完全制覇出来たんじゃないか、とも思います。

また、同じツバメでも、大阪と東京じゃいろいろ違ってて、目から鱗というか、ところ変われば違うんだなあ、と思ったりしてました。

総会後、懇親会をしつつスライド大会、だけど、例年ほど画像は集まらず、若干、盛り上がりに欠けたかなあ。
私も毎年、保護した鳥を紹介していたんだけど、ここ何年かはめんどくさくなってあんまり写真も撮っていないし。


この会が出来て、何年になるかなあ。懇親会の顔ぶれを見ていたら、最初からの会員はほんの、数えるほど。

最近、何回も書いてる事。

年とったなあ。
  1. 2013/03/10(日) 21:03:02|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

あんたが、いちばん悪い

昨日、コウモリ調査のことを書いたが、コウモリに一番負担を強いているのは調査をしている私自身。なにもせず、そっとしているのが一番だろう。
標識を翼に付けるとまれに食い込んでいるときもあるし、以前には、翼に穴を開けてしまったケースもあった。材質はステンレスだが、けっこう傷が入っている。気持ち悪いので、かじっているんだと思う。標識付きの死体をひらったことも1,2度ある。(それが原因で死んだのかどうかは、わかりようはないが。)
「調査にかこつけたディスターブをするな」って、コウモリの会の指針に書いてある。最低、一ヶ月以上の間隔を空けて調査地に入るようにはしているが、根拠のある日数でもない。

生息調査も標識調査も、結局は私自身の自己満足かもしれない。(というより、コウモリにとっては、利益があろうはずもない。)

大阪南部にあった、ユビナガコウモリの生息地。2年ほど調査していたが、突然、フタをされてしまった。コウモリの貴重な休息の場所だったと思うんだけど、何も出来ぬまま、その後も何もせぬままに終わっている。

川西市のゴミ焼却場。計画のかなり前から調査していた。希少種の生息も確認していた。こっちは、マスコミまで絡んで問題提起したが、生息地は埋められてしまった。

某トンネル。モモジロコウモリが多数、殺されていた。行政に対応を求めたが、結局、看板一枚張られただけ。逆に、ここにはコウモリが生息していることを公にしただけかも。



「コウモリの代弁者」ってえらそうに語っていたこともあったけど、結局は無能だった。
  1. 2013/03/10(日) 08:00:56|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

公開か、非公開か

コウモリ調査へ行ってきた。穴の前で中学生に会った。以前、連れてきた事がある子。

私のHPを見て、コウモリ好きという子から電話があった。ちょうどその週末に調査の予定があったので、思わず、連れて行ってあげる、と言ってしまった。
調査に連れて行って何週間かすると、また見てきた、とのメールが来た。

家と調査地はかなり離れているし、バスも通っていないところだから安心して連れて行ったんだが、よく覚えていたなあ。自転車で行ったんだそうな。(たぶん、2時間以上かかるだろう。)

この穴は大阪唯一の、貴重なコウモリ生息地。頻繁に入るのは悪影響があるので絶対に避けて欲しい。まあ、私の穴という訳でもないけど、少なくとも私がフィールドとしているのを知っているなら、入らないのがフィールドワーカーとしての常識、てな事をかなり厳しく伝えた、つもりだった。
どうも、同行していた別の中学生に聞くと、何度も来ているらしい。

私自身、知り合いに聞いて知った穴だし、地元ではかなり有名な廃坑ではあるけど、コウモリ調査をしているのはたぶん私だけ。大学の探検部が一時、北摂あたりの廃坑をいくつか「探検」しているのを知って、ここだけには入ってくれるな、って、別ルートで頼んだ事もある。(探検部となると、それはそれは無茶苦茶で、何十人も一度に入っているらしい。)

廃坑となると、事故が怖い。実際、私の調査地でも何カ所か、落盤している。こちらの「好意」とはいえ、誘って事故が起こると責任問題まで出てくるかもしれない。高校生にでもなって本格的にコウモリ調査を希望するなら、親から一筆もらってから連れて行ってあげようか、と思っていた矢先の事。

うーーーーん、結局は私がフィールドに連れて行った事が事の始まり。
安易だったかなあ。
  1. 2013/03/09(土) 22:38:24|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

久しぶり

久しぶりに、「大阪のコウモリ」してきた。
やっぱり、かわいいなあ。

帰って標識データを整理すると、8年目で14回、顔を合わせている子がいた。真面目に標識を読み出したのは最近なので、たぶん、もっと会っているんだろう。私にはみんな同じ顔に見えるんだが。
コウモリにとっても、「人間」はみんな同じ顔に見えているんだろうか。もっとも、この子ら、人間に会うとしても私(と友人)だけだろうなあ。








  1. 2013/03/09(土) 21:32:04|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

もう、無理

昨晩の事。夜9時からの研究会。大阪市内だったが、原付で出かけた。1時間くらいなんで、まあ、電車より少しは時間がかかるが、歩く事がない。

薬屋主催の講習会で、「軽食付き」となっており、その文句に釣られたようなモノ。
「軽食」は、行ってみるとカツサンド。店の「広告」まで一緒に入っていて、創業何十年だかの老舗、って、自分で自慢していた。国産和牛のヘレ肉だって。値段も書いてあって、4切れ入ってて1000円。
まあ、けっこう高いが、そこそこおいしかった。

で、肝心の講習会。録音しているからと安心していたら、どうも別のスイッチを押していたみたい。最初の15分ほど録音されてない事に気が付いて、あわてた。

周りを見ると、若いお兄ちゃん、お姉ちゃんばっかり。おっさん、おばはんなんて、皆無。やっぱり、夜の研究会だからかなあ。年寄りに、夜はつらい。

11時までの2時間しかないので、なんだか、あっという間に終わってしまう。中身もそれに合わせてか、あんまり、深いところはない。
それからバイクで帰ると、12時過ぎ。メールのチェックや返信なんかしていると、ゆうに30分は超える。
そんな時間からベッドに入っても、中途半端でなかなか寝られない。寝たと思うと今度は夜明けで、いつもの起床時間になる。

大昔は、月に一回オオサンショウウオの調査で午前様だったり、仲間内の研究会も月に一回、夜中にしていた。さらに、これまた月に一回、夜中の研究会にも通っていたが、疲れを次に日に持ち越す事なんか、なかったけどなあ。今は、一度こんなのがあると、数日おかしい。


うーーーん。

年取った。
  1. 2013/03/08(金) 21:12:56|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

オリンピック

さあ、オリンピック、って、本当にそんなに「支持率」が高いのかなあ。東京で盛り上がれば盛り上がるほど、大阪は冷めるのかもしれない。そもそも、東京、って、会社も人口も多いので税収がすごい?金が余って仕方ないのかも。もっと、別の使い方、できんのかなあ。

(前回の)東京オリンピック。
13号線、と最近は言わないらしい(大阪、堺以外の人はほとんどわからないでしょう、堺の人でも、若い人はわからないかも)、要するに、堺東を通る道ですな、ここを、聖火ランナーが走った。
小学校低学年だったが、授業がなくなって学校ごと、みんなで旗を振りに行った記憶がある。

開業して初めてスタッフを雇ったが、その子の生まれは東京オリンピックの年、だったような気がする。当時は動物看護師の学校なんてなく、ハローワーク(もちろん、当時はそんな名前じゃなく、職安だったはず)に求人を出したっけ。次に雇用した子は、大阪万博前後の生まれだったか。さらに、今年採用した子は平成生まれ。
東京オリンピックとか、大阪万博なんて、今の若い子に言わせりゃ、江戸時代と変わらない過去かもしれない。

10月10日は、「晴れの特異日」で、この日をオリンピックの開幕日にして、これが体育の日の始まり、というのは、かなり経ってから知った。とかなんとか、講釈をたれるのは、年を取ったためだろうなあ。
  1. 2013/03/07(木) 20:51:42|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

うちに来るな、って

オスプレイ。
うちに来るな、って、沖縄配備の時、そこまで反対してないんちゃうの?傍観というか。

米軍の駐留が日本にとって必要なんだったら、日本全国で負担するべきだろう。伊丹空港に駐留したって、仕方ないと思う。赤字で困っているんだったら、神戸空港も提供すれば?空き地だって、いっぱいあるみたいだし、付近に民家はないだろうから、伊丹より少しは安全か。

津波のがれきだって、ヨソで処理することには何も言わないけど、自分のところにだけは持ってくるな、って、なんだかなあ。

東京の電力を作るために福島に原発を作って、それがこんな事になってる、って、「東京人」はどう考えているんでしょうね。送電ロスなんかも考えれば、消費地に発電施設を作る方が理にかなってる。
絶対の自信があればそれが原発でもいい。が、東京じゃ不安なんで、ヨソに作る、って、これまた、なんだかねえ。

  1. 2013/03/06(水) 19:44:46|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
次のページ
【楽天市場】本・雑誌・コミック