FC2ブログ

毎日の院長 改め、日々雑感

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

郵便4題

郵便を送った。投函してから気が付いた。

切手を貼り忘れてる。

切手が不足でもこっちまで届けてくれる事があったり(不足分の切手を貼るためのハガキ付きだったりする、それがイヤなら受け取らないという選択肢もあるらしい)、そのまま帰ってきたりした経験がある。さらに言えば、大昔は不足分の2倍の料金を、配達時に請求されたような気がするんだけどあれ、記憶違いだったかなあ。

というのは余談で、とりあえず、ポストの横で、ボーっと、集配車が来るのを待つ。
おっさんが車から降りてきて、こっちが事情を説明するとそれを探し出してくれて、切手を貼って一件落着。



投函したあとに、住所の間違いに気が付く。
やっぱり、ポストの横で待機。

さあ、住所を書き換える、って、切手の貼り忘れとはちょっと事情が違うような気もする。悪意に考えれば、人の郵便を届かなくする事も可能。こっちが本当に「投函した人」って、どうやって証明する?

回収のおっさんが来たので、事情を説明するが、なんか、頼りないおっちゃん。
投函した郵便物を返してもらうのは、本局まで行けば可能。(もちろん、それなりの手順を踏んで。)本局まで付いていって、いったん返してもらって書き換えるなんて、現実的じゃない。
もう、めんどくさくなってきて、ちょっと中見せて、って言いつつ、投函した手紙を自分で勝手に探し出し、住所を訂正した。(まあ、数字を一つ書き換えただけだけど。)
さあ、良かったのかなあ。

まあ、時効という事で、お許し願おう。



外国からの小包。何を見てどう課税するのか知らぬが、(たぶん、invoiceを見て価格を判断?)税金がかかる事がある。それに、通関手数料、だったかなあ、別に費用がかかる。
配達時に担当者が領収書を書いて、こちらにくれる。

何時間かして、さっきの配達の兄ちゃんが帰ってくる。「領収書、返して」だって。局に持って帰るのと、こちらに渡すのを間違ったんだって。すでにノートに貼り付けてしまった。無理にはがして、ボロボロになったのをお持ち帰りになりました。


次は電話がかかってくる。「領収書の金額を書き間違いました。」
手数料の所に、税金も含んだ金額を書いてしまった、だって。
「こっちで、適当に書き換えときます」で一件落着。

ええのかなあ。
でも、そんな国際郵便、って、何度も間違うほど、扱いが少ないのか。



娘に頼まれた、書留郵便。言われるまま、何百円分かの切手を貼る。郵便局へ持って行くと、「50円多いですね」と言われる。いまさらはがす事もできん、と思っていたら、なんやら書類にサインするように言われ、言われるままに書類を書いたら、50円切手を返してくれた。
ふーーん、親切。
  1. 2013/02/12(火) 22:06:25|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
【楽天市場】本・雑誌・コミック