FC2ブログ

毎日の院長 改め、日々雑感

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

絶不調ながら

なんとか、今日に間に合わせて風邪を治そうと、昨晩は9時過ぎに寝たが、予想通り深夜に目が覚めて、あとはテレビを見ながらウトウト。だんだん熱が出てきて、絶不調。
夜明け頃にはちょっとマシになり、バッファリンで無理矢理、解熱する。

今日の用事というのは、兵庫県博、人と自然の博物館の、共生のひろばという、一般市民の研究発表会のコメンテーター、というもの。そんなん、私にはどう考えても無理な話なのに、大阪自然史センターで「一枠」を受けているらしく、最初の何年かはMさん、次の何年かはSさんが行っておられる。で、その次を打診されたのが昨年の事で、断り切れずに受けてしまった。一年でやめる訳にも行かず、とりあえず今年もう一回、てな感じ。

一年間、苦しんでいました。


コメンテーターと言っても、発表に助言する事も出来ないので、発表とはじぇんじぇん関係ない、コウモリの話でお茶を濁しました。ええのかあ。


でも、大阪の博物館でも、こんな感じの発表会をやってくれたらなあ、って、いつも思ってしまいます。
もっとも、「自然史フェスティバル」が少しはこういうのと関係あるのかもしれませんが。
  1. 2013/02/11(月) 18:37:33|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

1971年に

博物館で、とある学術報告書を見た。
「尖閣列島学術調査」だって。

琉球大学が何年にも渡って、調査していたらしい。1971年という年号も入っていた。調査がその年だったのか、報告書が出来たのがその年だったのか、きっちりは読んでいない(たぶん、前者)。

かなり細かな記載がある。「精密な」調査だったんだろう。
当時は、中国も台湾も、なんも言わなかったんだろうな。


そもそも、中国があの島に何らかの足跡を残した歴史、記録はあるんだろうか。

とりあえず、ヤギの駆除と、センカクモグラの調査をすればいいのに、と思う。
  1. 2013/02/11(月) 08:14:35|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
【楽天市場】本・雑誌・コミック