FC2ブログ

毎日の院長 改め、日々雑感

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

無事、終了

東京、日帰り。
長男の結婚式でした。

関西出身どおしのカップル(って、死語かな)なのになんで東京?、って思ったんだけど、結婚というのは当人どおしのイベントで、それに親が口出しするものじゃないなあ、とつくづく思いました。
生活の基盤はすでに向こうですし、参列して下さった先輩、同僚、ご友人も関東方面がほとんどでした。となると、やっぱり、むこうでせざるを得ませんねえ。すべて二人で計画して準備してくれました。親は当日に行って末席で純粋に式(というか、披露宴)を楽しんでただけです。かえって、気楽な結婚式でした。

当然ながら、息子と私は生まれてからの付き合いではありますが、ご列席下さった方々のお祝いのお言葉や、本人の挨拶を聞いていると、全然知らなかった、あるいは、私が気が付いていなかった息子がそこにいて、それなりに成長したんだなあ、と感慨深いものがありました。
これからは、まあ、楽しく、二人で新しい道を歩いてくれれば、と思います。



新幹線、って、早いですねえ。
早朝に大阪を出れば、夕方まで東京で遊んでいても夜は家で寝られるんですね。こんなに近いとは思っていませんでした。もっとも、それなりにお金もかかるようではありますが。

  1. 2013/01/19(土) 23:01:29|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:4

本は買うか借りるか、

巷で話題になった本。急に思い出し、図書館へ「注文」してみた。待ち人、145人、だって。話題になったのは何ヶ月も前だったんだけどなあ。おそらく、ピークはもっと人数が多かったのだと思う。
堺市の図書館としては、2冊持っているらしい。一人が1週間借りてるとすると、約70週間先?さあ、いつ順番が来るんでしょう?
何ヶ月も待つより、出版業界、文化を守るために、本は買いましょう、って、以前にも書いた記憶がある。

ある作家が、本を出版してもすぐに図書館に並び、貸し出されることに苦言を呈していた。少なくとも、何ヶ月間は貸し出し禁止にしたら?、って。映画でも、レンタル屋に並ぶまで何ヶ月か、かかっている。

でも、出版側も、全国の図書館で買ってもらうことを想定して本を出す事がある、って聞いたこともあるけど。少なくとも(すべてじゃないだろうが)図書館の数だけは売れるだろう、てな感じで。
間をとって、古本屋で買う、となると、古本屋を喜ばせるだけか。

この月末に、博物館友の会の総会がある。身辺整理で、いらない本をバザーに出そうと思い、本棚をチェックしている。買った当初は一生懸命読んで、それなりに得ることもあったように思うんだけど、10年以上経ってしまうとこっちが変わったのか、世界が変わったのか、感激も薄れて古くさい感じがする。もう、いらんなあ。さらに、以前の書籍バザーで仕入れた本もいくつかあり、それらも里帰りさせよう、と思う。

たぶん、もういらんだろうと思った本を読み出す。あれ、これ、最近、読んだような気がするぞ。といっても、最近買った訳じゃない。「寄贈本ボックス」をのぞくと、同じような本がある。同じ作者が、同じ題材で2冊本を書いたらしい。なんか、ややこしいなあ。両方、もういらないや。

雑誌、アニマ。これ、大昔、一生懸命集めていたんだけどなあ。もう、20年も、30年も前の話になってしまったか。当時は古本屋にも行って、探していた。生き物をするものにとっての、バイブルみたいな存在だった。
何年分も集めて大切にしていたんだけど、十年ほど前か、置く場所に困って他の雑誌と一緒に、オークションで処分してしまった。
何年か前、博物館のバザーで何冊か出品されていた。たぶん、100円か50円コーナーにあったが、売れなかった。当時のファンとしては、なんだか、さびしい感じがした。引き取って、オークションに出してみた。何冊かは売れたけど、数冊残ってしまった。かといってすぐに処分するに忍びず、毎年、バザーに出しては持って帰る、というのを繰り返している。オークションでも、出品や入札が頻繁にあったのは何年か前の話。最近は、じぇんじぇん売れてないみたい。
  1. 2013/01/19(土) 19:23:44|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
【楽天市場】本・雑誌・コミック