FC2ブログ

毎日の院長 改め、日々雑感

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

平々凡々

年末になったら、その年の総括でもして、翌年の抱負でも書かんとあかんのかいな、と思いつつも、30日まで普通に仕事だし、正月も診療は(今のところ)ないけど、病院には普通に来るし、世間が新年新年と騒げば騒ぐほど、なんか、気分は冷めていく。

さあ、何年前かなあ(って、ブログかHPをチェックすればすぐにわかるんだけど、それもめんどくさい)、大晦日にUSJに通っていた時代もあったっけ。ずいぶん懐かしい。そういや、年末年始の休みにも、穴に通ってた時があったはず。それまた、懐かしい。今からテングコウモリの生息数が増えるはずで、だんだん生息数が減っている穴もあるので、継続的に見ていく事が必要、と思いつつも、正月休みの穴通いを計画するほどの熱意は、今のところ見られない。禁断症状も出てないみたい。

ということで、さあ、今年はどういう年だったんだか。結局は、なるようにしかならず、なんとなく流れている感じ。次男の結婚はまあ、それなりの出来事だったのかなあ。でも、直接、私自身の生活に影響があったわけでもないしなあ。

あ、ゴクウが亡くなったのは今年だった。そういえば、猫のトイレ掃除、飛ばした青っぱなの掃除の仕事が無くなったっけ。最初は生活の一部に空白があった感じだが、それに慣れてしまうと、いない生活が当たり前に思えてきた。確かに、寂しさはあるが、その位置を埋める新しい子に来てもらう気分には、なかなかなれない。

博物館の合宿での青森行き、コウモリの会で軽井沢へ行ったことも、それなりの出来事。生まれてこの方、数回しか乗ったことのなかった新幹線に、夏から秋にかけて何度も乗ったことになる。あまりにも早いのでびっくりした。といっても、乗っているとそのスピードの実感はなく、何時間かで地図上でかなりの移動をしていることに驚いた。世の中、お金をつぎ込めばいろんな事ができるんだ。遠方は18切符と思っていたが、認識を新たにした。

ということで、また来年、何があるかはわかりませんが、まあ、平々凡々と時が経つのでしょうな。

DSC04570.jpg







さあ、何度目の年越しだったろう?
  1. 2012/12/28(金) 19:09:46|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
【楽天市場】本・雑誌・コミック