毎日の院長

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

巨大な工場だったけど

いつも、堺浜と言うところへ映画を見に行ってる。堺市の北西部、新日鐵の跡地だか、その近所。その堺浜のすぐ西側に、シャープの工場がある。
いつだったか、道に迷って工場の外周道路みたいなところを走ったことがある。とにかく、巨大。
工場建設時は、たしか堺市も税金面なんかで優遇したんじゃ無かろうか。堺浜へ行くたびにトラックが走り回り、工場がどんどんできていってた。それからほんの何年かで身売り、って、当時の誰もがそんなこと、思わんかっただろう。

そもそも、このあたり、USJを誘致する話もあったそうな。広さ的には申し分ないんだが、USJ本社が、大阪の中心から遠すぎる、って、相手にもしなかったそうな。堺に住んでりゃ、大阪からそんなに遠いという印象はないんだが、都会人、大阪人にとっては、大和川を超えることはプライドが許さないんだろうか。
東京ディズニーランドも、千葉県なのになあ。兵庫県にあっても、大阪空港って言ってるクセに。

DSC02741.jpg







何の関係もないけど、患者さんから頂きました。
「巨大」な粒。
  1. 2012/08/31(金) 19:19:37|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

人は死して

北朝鮮が言ってきたのは、日本人の埋葬地云々らしい。ニュースで、日本人墓地と思われるところを掘り返し、ヒトの骨が出てくるのをなんども放送していた。そういえば、朝鮮戦争の時のアメリカ人の遺骨問題も、ニュースで昔よく流れていた。大震災でも、せめて骨だけでも、という話は良く聞かされる。

お盆に、津波で流された墓地の取材が放送されていた。お参りにこられた方がざるを持って、お墓の近くの土をふるいにかけておられた。で、骨が出てくると、大事そうに白い紙に包んでいた。放送で写っていたのは、明らかに猫の骨。脛骨だったり、指骨だったり。



最近、私自身、何を残すか、何を残さないか、考えるようになっている。

本来、次男なんで墓を新たに作る(私自身か、妻か、息子か・・・・)ことになるんだろうけど、もうそんな時代でもないような気がしている。
墓も要らなけりゃ、骨も残す意味もないんじゃないかと思う。
どうしてもというなら、コウモリの穴にでも散骨してくれればいい。

  1. 2012/08/30(木) 19:54:58|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

やっと、文明開花

獣医師会の連絡事項が添付ファイルというか、電子メールで来るようになった。今まで、病院に来るFAXのほとんどが獣医師会がらみのものであって、そのまたほとんどが、流れてくる尻からゴミ箱へ直行するような内容のものだったので、用紙代が節約できて非常に助かるようになった。

(ちなみに、いらない連絡にもいろいろあるんだけど、訃報も多かった。ほとんどは、会員の両親。私、獣医師会の会員といっても、つきあいがほとんどない事もあり、どこそこ支部の誰それといわれてもさっぱりわからん。わからん以上、悲しいとかの感情も出てこない。そもそも、亡くなった本人と会員とは何のつながりもないと思うんだけど。葬儀と本人の意思とはじぇんじぇんつながりがない、というのを実感する。ちなみに、私の父が亡くなったときはどこへも連絡しなかったなあ。獣医師会からの慶弔費をもらい損ねている。

次に多いのは、各種会議の議事録。ある団体の会員であり、その会の実務は代表者に任せているので会運営についての決定事項なり、議論を代表者が下っ端に連絡する事は当然といえば当然なんだけど、なんやら次元の低い議論も多くて、こんな事のために自営業者が貴重な時間と経費を使って集まっていると思うと、もう少し何とかならないのか、と思ってしまう。自分で代表になって改革せよ、って?ごもっともです。)

で、添付ファイルが使えるようになったためか、某施設から、保護犬の情報が会を通じて来るようになった。
どこそこで、こんな犬が保護されたが心当たりはないか、という内容。個体の特徴と、写真が付いてくる。ひょっとして、治療なんかで病院に来ていればわかるかも、ということらしい。
で、その紹介の最後に、係留期限は何月何日です、って書かれている。

期限が過ぎれば、安楽死か、譲渡になるんだけどすべての子が譲渡にまわっているとも思えない。
なんだか、むなしくなる。

とはいえ、何月何日案内の子は返還されました、というメールもよく来るので、統計は取っていないがほとんどが実家へ帰っていると信じておこう。


  1. 2012/08/29(水) 19:34:23|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

次は、車

でもって、次は車。

7年目の、日産キューブ。娘の車だが、もうすぐ車検。
車検を取るかどうか、迷っている、とのこと。買った当初はよく乗っていたが、だんだん乗る頻度が少なくなっている。タイヤもすり減っていて、車検を取るとすればタイヤの交換も必要になる。
タイヤを交換して、車検を取って、保険に入り・・・・、車を持つと言うことはとにかく、経費がかかる。さあ、ざっと考えて、次の一年間の維持費を考えると、20万円くらいもかかるんだろうか。

近くの中古車屋へ、買い取りの見積もりに行ってみた。一目見て、10万円くらい、という。
まあ、値が付くだけ良かったと思うのか、安いと思うのか。
10万円で買ってどうするの?、って聞くと、どこそこを直して、儲けを載せて40万円くらいで売る、って返事。
そもそも、10万円と言われると、カーナビとETCだけでそれくらいするだろう。もちろん、今からそれらをはずして処分しようとしても売れないんだろうけど。

片一方で、買えば40万円するといわれりゃ売りたくないし、かといってたいして使わないものであれば(置いてるだけで経費がかかるんだから)処分しても良いと思うし。

さあ、どうすべかなあ。


現状のままで、高く買ってくれる所、人を探すのが正解かなあ。


Dsc02732.jpg







なんの関係もありませんが、ミグちゃんその他、居候のごはんです。
あ、ウズラ、です。
一つ、100円くらい。
  1. 2012/08/28(火) 20:45:44|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

今度は、98

昨日、バイクとの別れ(かも)の事を書いた。今日は、パソコン。

パソコンで四苦八苦している話を書いた。その後、新しく買ったパソコンの設定もなんとか終わり、病院で使い出した。
古いパソコンを復活させようかと思った。「ハード損傷」とのエラー表示だったので、わざわざ日本橋まで行って「ハード」を買おうかと思った。壊れたハードと同じ番号のは見つからない。適当な店に入って、兄ちゃんに経緯を話してみた。と、パソコンの種類(のメモ)を見て、パソコンをつついて、このあたりのハードならどれでも合うはず、という。よくわからんので、適当なのを買って帰った。

ハードを入れ替え、リカバリーしようとすると最後の最後でなんやらが構築出来ない、てな事を言う。何度やっても同じ。ネットで調べたパソコン屋にメールするが、返事がない。(あ、これ、同じ事をブログに書いてたはず。)

壊れたのと同じ品番のハードが、中古でオークションに出ていた。
落札した。

パソコンに入れてリカバリーすると、何の問題もなく復活した。なんや、結局はパソコン屋の兄ちゃんがウソを教えた、と言うことになるが、今さら文句も言えず。

各種設定とソフトのダウンロード、入れ替えなんかをして、以前に近い状態まで戻った。
このパソコンの、昔の定位置は新しい子に明け渡している。家に2台もいらないし、結局、WIN98に場所を明け渡してもらうことにした。

うーーん、一抹の寂しさはあるが、まあ、時代の流れ。いよいよ、引退してもらうべ。

DSC02742.jpg







骨董品で売れるかなあ。
と思ったけど、ハードを抜くのに手間取って、あちこち破損。かわいそうだけど、リサイクル屋に。
  1. 2012/08/27(月) 19:49:55|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

いつか、別れが

ものすごく久しぶりに、SL230に乗ろうかと思った。
バッテリーが上がっている。

さあ、前回、いつ乗ったんだっけ?バッテリーが上がって、バイク屋で充電したっきり、だったかもしれない。その時は快調に動いた。

再充電するにもまた1000円だったか、2000円だったかかかるし、それなら、買った方が安い?でも、バッテリーを入れ替えても、次にいつ乗るかと言われると、現実的にはほとんど乗っていない。近場はモンキーばかり。
大学2年でバイクの免許を取ってから、今まで、ん十年間、ずっとバイクを持っていた。CB250に始まり、カワサキKL、ホンダバハ、今のSL230。
ラジオの宣伝みたいに、乗らないなら処分して次の人に、と言うことかもしれない。ガレージのスペースも広くなるし。とはいえ、中型バイクに乗れないと思うと、やっぱり、さびしい。

オークションでチェックしてみるけど、売れても2,3万円かなあ。ますます、手放すのもあほらしいけど、動かないバイクを持っていてもねえ。
さあ、どうしようかなあ。


と言うのを書いたのが数日前。試しに、車のバッテリーをつないでみた。快調にエンジンがかかる。充電するかと思って、少し走ってみた。
快調。
やっぱり、モンキーとはパワーが違う。置いておきたいなあ。

前のタイヤがへこんでいる。乗る前に気が付いて空気入れで満タンにしたつもりが、すぐに抜けている。どうも、パンクらしい。困った。
近くのバイク屋へ走るが、休み、だって。

仕方なく、とりあえず家へ帰った。

エンジンを切ると、バッテリーはやっぱり回復せず。


モンキーだったら、タイヤをはずしてバイク屋へ持ち込んでいる。これも一緒かと思って、タイヤ(前)をはずそうとするが、ナットがどうしても回らない。手とズボンが真っ黒になるだけで、何も解決しない。汗が噴き出す。

なんだか、情けなくなってきた。
  1. 2012/08/26(日) 20:17:05|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

カップは食えん

カタログギフトがある。12~13000円分のものらしい。
妻はコーヒーカップのセット、という。セット、って、私、一口もコーヒーなんて飲まん。そもそも、なんでコーヒーを飲むのに、その「入れ物」に一万円も必要なの?ピカチュウでも、ドラえもんでもええような気がする。ふだん使っているコップは、なんかのおまけのモノ。それでも十分、役に立っている。

台所の食器棚には、30年以上出たことのない食器が並んでいる。何でそれを使わんのだろう、てな事を言うと、大げんかになるので言いたくても言えぬ。
いわゆる、ブランドものの食器なんだろうか。なんか、聞いたことがあるメーカー。

まあ、モノの価値というのは人それぞれ。夫婦であっても、一致するはずもない。考え方も価値観もじぇんじぇん違うので、合わそうとしたこともない。これが他人どおしとか、仕事仲間なんかだったら話し合いの余地もあるんだろうけど、なまじ身内どおしとなるとお互い譲ることをしないので、話し合いの前にけんかごしになる。で、議論は嫌いなんで、私が黙ってどこかへ消えるのが常。


ネットで注文を頼まれているんだが、ぶつくさ言いながらグズグズしているのがせめてもの抵抗。
  1. 2012/08/25(土) 19:51:36|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

生かすか、殺すか2

某所から電話。烏骨鶏らしき鳥がいるのだが、引き取ってくれるか、との事。
何年前だろう?、烏骨鶏、チャボ、雑種のニワトリなんかが、相次いで持ち込まれたことがあった。警察からだったり、直接だったり、役所からだったり。

チャボは2ペアで来て、自宅で飼っているといっぱい卵を産んでくれた。うちの食卓に、新鮮な卵を提供してくれた。あまりにもいっぱい生むので、某サイトを通じて「全国発送」すると、何日かすると、生まれた、との報告もいくつももらった。
そのうち、「コケコッコー」が気になりだしたので、そのサイトを通じて、もらい手を見つけた。遠いところでは、秋田だったか、青森だったかまで、発送した。「ゆうパック」で鳥を送った話をブログに書いたことがある。
烏骨鶏や、雑種も、そんな感じで安楽死せずに新しい家庭に行くことができた。

なぜか知らぬが、そのサイトが数ヶ月前に閉鎖された。やっぱり、生き物のやりとりはいろいろトラブルがあるのかなあ。今度ニワトリが来ても困るだろうなあ、と思っていたときにこの話。さあ、困った。

以前引き取った鳥たちも、こちらで飼うとか、もらい手を見つけるとかで引き取ったケースではない。すべて、安楽死になります、って引き取った子ら。実際、いわゆる、「祭りのヒヨコ」で、大きくなって手に負えなくなった子らは安楽死している。(それらの子も、ホネホネ団にもらわれて行き、骨格標本なんかで、あちこちで活用はされているが。)
今度の子も、オスで「コケッコー」されたんじゃ、飼えないと思う。そのサイトが無くなったんで、新天地を見つけてやる手段も思いつかない。

「安楽死なら引き取ります」って返事をすると、次の連絡がない。
どこかもらい手が見つかったのか。ほんなら、最初からうちに聞かなければいいのに。あ、うちでは、死ぬまで飼ってくれると思っていたのか。


DSC02360.jpg






何の関係もありませんが、夕食に出てきました。
トビウオです。
屋久島の民宿では、いつも出てきます。大阪で売ってるのは、めずらしい?
  1. 2012/08/24(金) 19:25:48|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

鍾乳洞

京都府唯一という鍾乳洞へ行ってきた。
知り合いのコウモリ屋さんが継続調査していて、観光洞ではあるけどコウモリが年中いるという論文を読んでいて、ずっと気になっていた。あまり大きな鍾乳洞でもないらしい。

着いたのは9時30分。夏休みといえども、こんなマイナーな所、誰が来るんだろう、と思っていたけど、駐車場に車はポツポツあるし、家族連れとかアベックとか、ポツポツ歩いている。ふーーん、それなりに、来るんだなあ。
入り口をくぐったとたん、ひんやりした空気が流れてくる。さすがに、洞穴。(ちなみに、内部の温度計は12度)

ゆるい坂に続いて現れたのは、ほとんど垂直の階段。足を置く場所は狭く、滑りそうで非常に怖い。こんなとこ、誰が「観光洞」にしようとしたのか。ちょっと無茶じゃないの?
まあ、そんなにしょっちゅう人が落ちるくらいなら、公開もしないだろう。それなりにみんな、落ちることもないのか。
私も緊張してて、最後の「底」まで降りたらほっとして、写真を撮るのを忘れてしまいました。

まあ、話のネタに、一度くらいは行ってみればいかが?


あ、肝心のコウモリ。
コキクガシラコウモリがそこそこいた。が、声はすれども姿は見えず、で、正確な数がわからず。あちこち穴だらけ、隙間だらけで、探しようがない。テングコウモリも隅々までライトを当ててさがしたけど、見つからず。
私の調査地は恵まれている、って、つくづく感じる。









  1. 2012/08/23(木) 21:53:16|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

生かすか、殺すか

博物館の合宿で、飛べないウミネコの子供を見つけた。ガリガリ。おそらく、親にも見放されて、食事ももらっていないのだろう。まあ、あと数日の命かなあ。特に外傷とかもなく、そうなった理由はわからない。
学芸員に、保護して死んだら仮剥製に、って言ったけど、却下された。そのままにしとけ、って。

まあ、本当はそれが一番良いのはわかる。こういう死ぬ子を待っている、次の命があるのかも知れない。それにまで、人間は関わるべきじゃない。一方、このまま餓死させるのなら、安楽死も考えてやっても良いんじゃないかと思う。問題点は全く違うが、福島の家畜たち。緊急避難して残された家畜たちは、みんな餓死だろう。考えただけで、いたたまれない。これこそ、人道的には安楽死が選択されたんじゃないか。

あ、死ぬことばかり考えていたけど、給餌すれば元気になるかも知れない。もっとも、大阪に連れて帰って元気になっても、現実的に下北の端っこまでもう一度連れてこられるかどうかははなはだ疑問。大阪で放鳥は、生態学的に問題が大きい。とはいえ、生きてりゃ何とかしてやりたいのが人情。さあ、どうすりゃよかったのかなあ。


飛べぬ、立てぬ、先天異常のカラス。羽を広げて、地面をはいずっている。なんだかんだで、一ヶ月を超える。「這いずり方」を覚えて、食事を持って行くと上手に寄ってくる。
ペットじゃない。野生としての命は終わっているのはわかる。このまま飼育しても、おそらく、最長でも秋には死ぬと思う。何度もこういう子を飼ったけど、冬を越した子はない。
何で生かした?、って言われりゃ、それまで。救護しないか、積極的安楽死が本来の姿かなあ、と思いつつも、毎日エサを運ぶ。


こんなカラスでも、山に置いてくりゃ、「無事放鳥」で「救護成績」が上がる。生きたまま放したんだから、書類上は放鳥。奇跡的に回復して、自由に空を飛ぶように願えばいいんだって。


本来死ぬべき命に人間は関わらない、生きようが死のうが、本人次第。どんな状態でも放鳥する、って、ほんなら最初から救護活動しなけりゃいいのに。
救護活動と言いながら、野生には戻れないので安楽死します、って、治療すべてを拒否するのも極端。

その間に挟まりずるずるエサを与え続け、鳥が貯まっていく。
殺すが生かすかの判断基準。

かわいいかどうか・・・・・。
  1. 2012/08/22(水) 19:13:19|
  2. 仕事?野鳥|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

やっと、無線

ワンルームマンションで使うだけだから、って、安っぽい無線ランを買って娘が昔、使っていた。それを自宅で使っていたんだが、性能の問題だろうか、さすがに、2階建ての端っこの部屋だと、電波が安定しないで、ブツブツ切れる、って娘に文句を言われていた。これまたなぜか知らぬが、私自身のパソコンも無線じゃ遅くて、ずっと有線で使っていた。で、やっとこさ、「上等」の無線ランを買ってみた。

つながるかどうか不安を感じつつ、言われるままに設定すると、無事つながった。無線でも、そこそこ安定しているみたい。まあ、これが本当の姿なんだろうが、快適。

ちなみに、ヤフオクで買ったのだが、安いものはアウトレット品だっけ、メーカーで品質チェックしているが保証は付かない、と書かれているもの。これ、何なんだろう?「ブツ」は正規品と同じと思うんだが。
「保護シートをはずして下さい」と説明書に書かれているが、そんなん、付いていなかった。メーカーチェックのため、汚れてたりかすかな傷がある場合がある、てな事を書いている出品者もあったので、100%新品とも、ちょっと違うのかなあ。

あ、子供が冷蔵庫を買うというので、またまたヤマダ電機へ行った。
実店舗とネットでは、かなり値段が違う場合が多い、と思っていた。何年か前、ヤマダのネット価格を持って実店舗に行ったけど、相手にされなかったことがある。さあ、私の態度が悪かったのか、店員が悪かったのか。(それ以来、たいていのものはネットで買うようになっていた。)
あまりおおっぴらにネット価格と比較したら「嫌われる」かと思い、妻が店員と話している間に、こそこそ息子に調べさせていたけど、そんなん、向こうもすぐに気が付く。で、はっきりとアマゾンでいくら、って言うと、どこかにいったん消えてから、値を下げてきた。
けっこう、安かった。
で、あと少し、もう少し、で、粘ると、気持ちだけまた値引きしてきた。

うーーーん、なんか、ヤマダの回し者みたいなブログになっているなあ。

あ、ヤマダの来店ポイントは一回50円、だそうです。息子は、用が無くっても、近くを通れば「ピッ」をしているんだそうな。数回「ピッ」で、安い消耗品を買える。毎日通えば、1500円?私のアンケートより、よほど効率が良い、かもしれない。
  1. 2012/08/21(火) 20:02:40|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

アベンジャーズ

昨日のこと。昼から、映画。

アベンジャーズ。
最初、内容がよく分からず、半分寝ていました。しばらくしてから、なんとなくわかるようになってきて、おもしろくなってきました。
いわゆる、ヒーロー大集合で、それぞれの役者を知らないと面白みもわからないような気がします。なんだか、最近、こんな意味ありげな映画が多くて、前作を知らない人はどうすりゃいいの?、って思ってしまいます。幸い、以前に見ていた記憶がかすかによみがえってきて、なんとなくわかったような気にもなりました。

「エンドロールが2回流れます。それぞれのあとにも映像がありますので、最後まで席を立たないで」と書いてあるのを読んだのは、映画を見終わったあと。
いつもは明るくなるまで座っているのですが、今日は息子と来ていて、息子が先に出てしまったものだから、最初のおまけは見ましたが、2回目は見損ねました。うーーーーん、非常に残念。油断大敵ですな。

85点。
  1. 2012/08/20(月) 19:31:41|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

昨日の、長居公園での雷で女性一人が亡くなったらしい。講演会の最中に、何度か光っていたのでそのうちの一つだったのだろう。
九州からコンサートに来て、こんな公園の一角で事故に遭うなんて、本当に痛ましい。
この日、何チャラのコンサートで公園にはいっぱいの人。確率的には何万分の一の出来事ではあったんだろうけど、当事者にとっては100%の出来事。

時々話題にしている、サバイバルの専門家、ベアグリルスによると、雷では高い木を避けて広場の真ん中みたいなところで、体を低くしてやり過ごせ、と言うことだったけど、実際、あの雨の中だったら、私でも木の下で雨宿りしていただろうなあ。たまたま建物の中にいたので難を逃れただけで、その何十mか向こうで事故が起こっていたなんて、知る由もなかった。
そういえば、事故直後、雷があるので建物から出ぬような放送はあったけど、屋外の人を館に誘導するような事は無かったなあ。某紙では、近くのトイレに誘導した、ってな話は書いていたけど、何万に対してできる事じゃない。


あ、この日、夕方から淡輪でウミホタルの観察会だった。雨の直前に決行を決めてしまい、その後この雨で、担当者はドタバタしていた。
結果論から言うと、現地はほとんど雨も降らず、良い観察会になったみたい。
私?担当じゃなかったけどお手伝いに、と言う気持ちだけはあったけど、この雨じゃ参加者も少ないだろうから、って、行かなかった。
反省。
  1. 2012/08/19(日) 10:27:25|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

オオサンショウウオ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120818-00000029-san-l29

何年かぶりにオオサンショウウオを見たと思ったら、発見のニュースを教えてもらった。
奈良県の、大和川水系、だって。

大和川水系は、博物館でいろんな生き物調査をしたことがある。まあ、日中の調査で見つけにくいということもあるのかもしれないが、突然このサイズの個体が用水路から、って、なんか怪しいなあ。1m越えの個体、って、そうそう見つかるものじゃない。もっとも、こんな個体をペットととして飼育していた可能性となると、これも、よくわからぬ。

大阪府では、泉南の方でも、一度だけ記録がある。気になったので、2,3度調査したことがある。能勢の調査ではいつも数名での調査だったので、また、慣れた川だったので特に何も思わなかったが、初めての川で、一人での調査だったのですごく、心細かった。通常の調査では、オオサンショウウオが見つかれば測定なんかで時間がかかり、その間、休憩みたいにもなる。見つからないと延々と川を歩くことになり、けっこう疲れる。夜の川というのは、魚も寝ぼけているし、昼間とは全く違った顔があるので、それなりに面白味もあるんだけど、全く見つからない、可能性がだんだん疑わしくなってきたら、行く元気がなくなって、調査はやめてしまった。いることを証明するのは簡単だけど、いないことの証明というのは非常に難しい。

さあ、この辺でオオサンショウウオが見つかれば大発見。
どなたか、調査されます?


あ、記事中の、推定年齢50才、って、誰が言ったんだか。ほぼ、ウソです。
寿命と大きさなんて、じぇんじぇんわかっていません。飼育個体は栄養が非常に良いので大きく育つ可能性はあります。(そういう意味でも、飼育個体じゃないかと思っています。)
  1. 2012/08/18(土) 11:15:59|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

もう、2日間も

もう、何日間もパソコンをつついている。
新しいパソコンはなんとか設定したつもりで、なんとか動いている。古いパソコンをリカバリーしようとした。
ハードが壊れているとの表示が出るので、新しいハードと入れ替えてリカバリーディスクを読み込ませた。
なんだかんだで、進行している、と信じていた。最後の最後で、エラーが出る。何やらを構築出来ない、って。

別のパソコンでいろいろ調べてみるが、さっぱり分からない。新しいハードとの、相性の問題かなあ。

世の中には、水没デジカメや、コーヒーをこぼした動かぬパソコンまでオークションで買う人がいる。このパソコンなんて、直前まで正常だったんだから、簡単に直ると思っていたんだが。
もう、ええ加減、イヤになってきた。

パソコン屋に、修理費用を聞いてみるべか。
なんだか、敗北感が漂う。


で、2件ほどにメールで問い合わせをするが、さっぱり返信がない。
このネット時代、特にパソコントラブルというのは時間との勝負のような気がする。即応できないのなら、そんなページとか、窓口をつくらなけりゃいいのに。
  1. 2012/08/17(金) 19:16:43|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

久しぶりの、夜の川

数年前まで、大阪の端っこの川へ、オオサンショウウオの調査に通っていた。調査と言っても、主催者の調査のお手伝いというか、野次馬というか、自分でデータを取ったりはしていなかった。なぜか分からないが、突然、会が消滅した、というより、知らないうちに調査の連絡が来なくなった。

当然、調査は夜中。たいてい、夜8時集合で、調査終了後、自宅へ戻るのは12時くらい。通い始めた頃は私も若かったのだろう、別に、次の日にこたえることはなかったんだけど、だんだん、しんどいなあ、と思い始めた頃に調査が無くなってしまった。なぜ調査しなくなったのか、主催者から直接聞いたことはないんだけど、残念なような、ほっとしたような。ただ、この川に限らず、大阪のあちこちに調査に入っていて、それらのデータが死蔵されてしまったことだけは非常に残念である。自分なりに、記録を取っておけばよかった。

コウモリ調査でも胴長は使っていたが、夜の川で使うのは久しぶりで、暗い中で歩くのに緊張しまくり。胴長自体も劣化していて、底のフェルトははがれるは、膝部分に穴があって水が入るはで、たいへんだった。
それでも、オオサンショウウオに限らず、いろんな動物に会えて非常に楽しかった。

この調査地まで、時間的には1時間ちょっと。私が調査を引き継ぐ、という選択肢もあるかなあ、とは思うんだけど、オオサンショウウオの調査は非常に地味。川を歩いて、見つければその状態を記録し、個体の情報を集めて記録、帰ってから台帳を調べて登録個体かどうかの確認、以前の記録と比較、てな感じらしい。「画期的な新知見」が得られるかどうかと言う意味では、ほとんど期待出来ない、かなあ。どういう形で調査を進め、何を目的に調査するのかが、いまいち、自分ではわからない。もちろん、基礎的なデータ集めを繰り返してこそ、「新知見」も出てくるんだろうけど、少なくとも数年間以上調査を続けていながら、何らかの形で調査結果を世間に還元しなかったのは残念でもある。
  1. 2012/08/16(木) 13:16:27|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い

トム・ハンクス
さあ、何ヶ月前の映画だっけ。見るかどうしようか迷っているうちに終わった映画。

とあるアンケートサイトで映画会社のアンケートがあり、そこのポイントを1000だかもらい、それで映画が視聴出来る仕組み。400ポイントでバットマン2を見たが、雑用が多くって落ち着いてみられず、そのうち視聴期限が終わってしまった。(48時間、だったか。)
盆休みでヒマなんで、表題の映画を視聴してみた。

時間はあるんだけど、暑いし、画面は小さいし、回りが気になる、で、やっぱり入り込めない。途中で何回もストトップしたり、「巻き戻し」たり。2日間見られると思うと、まあ、もう一度見ようかと思って、気が入らない。そのまま最後まで行ってしまうと、今度はあらすじがわかってしまって、もう一度という気にもならない。単純なドンパチもんとか、SFなんかの方がよかったのかなあ。
娘なんかは、よくDVDを借りていたみたいだけど、「人種」が違うのか。単なる慣れの問題か。


そういえば、戎橋の北東角に、小さな映画館があった。昔で言う、2番煎じの映画館とでもいうか、旧作を安く上映してくれる映画館。その場所の名前の通り、戎橋劇場、だったか。
高校までは堺市内へ通学し、予備校で初めて、大阪市内へ通うことになった。おかげで、あちこち、暇つぶしの場所を覚えた。よく、と言うほどでもないけど、時々、映画を見に行ってたなあ。
  1. 2012/08/15(水) 18:47:19|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

パソコン

パソコンをいじくりだした。
Windows7、だって。やっぱり、XPとか、VISTAとかとは、だいぶん違う。慣れないので、四苦八苦。
ネットにつなぐのだけでも苦労する。ネットワーク、というか、ファイルの共有はできた、のかなあ。

それにしても、パソコンの値段の下がり方って、極端。大昔は、すごく高かった記憶があるが。これじゃ、メーカーも儲からないだろうとつくづく思う。かといって、一社だけ高値なら、よけいに売れないという、悪循環を繰り返しているのか。ものにはそれ相応の適正価格というのがあって、企業もそれなりに儲けて税金を払い、人を雇用し、給料を多く支給して世の中を回さないと景気はよくならん、今の時期に消費税値上げ、って、最悪のシナリオ、って言うコメンテーターもいるんだけど、さあ、何が真実なのか、さっぱりわからん。

とりあえずの望みというのは、パソコンの入れ替えを無事終わらせたい、ということだけ。


一番よく使うメーラーの形式、使い勝手が違いすぎ。アドレスの移行が出来ない。もちろん、メールの移動も。
このくそ暑い時に、よけいにイライラする。
  1. 2012/08/14(火) 13:45:57|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

オオサンショウウオ

さあ、何年ぶりだろう。オオサンショウウオの調査予定が入った。
もともと、日記なんて付けていない。で、確認するのは自分のブログ。
ずいぶん調査していないようにも思ったんだけど、記事を見てみると2005年あたりは調査している。ということは、7年ぶりになるのか。
ただし、「大阪オオサンショウウオの会」復活じゃなく、個人的な興味と、調査同行依頼が入ったので友人に調査をお願いしただけ。

非常に懐かしい。あの川、今頃どうなっているんだろう。あの時代は、毎月一回は夜中まで調査していても、元気だった。基本的に、月に一回、定例調査地と、大阪の他の川に交互に入っていた。冬なんて、道路も川も凍結していた。それでも、私もオオサンショウウオも元気だった。

せっかくのデータの蓄積があるんだから、私が調査を引き継げばいいのかもしれないが、あそこまで、月に一回通うはとても無理。2ヶ月に一回でも、考えるだけでため息が出る。

同じ懐中電灯の調査でも、やっぱり、昼間の方がずっと楽。

ちなみに、調査は15日です。ご一緒したい方はご連絡下さい。

  1. 2012/08/13(月) 13:47:19|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

まだ電源も入れず・・・・

とりあえずパソコンは買ったけど、データの移設や各種ソフトの組み込みなんかを考えると、なかなか次のことをやる気にならない。特に、メーラーとか、HPに入るためのパスワード。その都度、適当に作ってる事も多く、思い出すかどうか、不安。メールの移動も、今までうまくいった試しがない。もっとも、最終的には古いメールは失っても、それはそれで何とかなっているんだけど。無いものはどうしようもない。(一応は、別のパソコンには保存できている。)

さらに、ネットワーク。本来は一台で管理しておけばよかったんだが、あちこちのコンピューターでデータを保存している格好になっている、らしい。いつだったか、データを保存するつもりが、古いファイルを新しいファイルと置き換えてしまい、データを失ったこともある。まあ、それも、無いものはないで、時間をかけて復旧はしたけど、何度も繰り返したらスタッフに怒られるだろうなあ。



世間的には、盆に突入。特にすることもないので、午前中は仕事にしている。「やってますか」の電話を何度も受ける。
診療は何件かあるけど、急患は少ない。午後診がないのも関係あるのか。休みと思って来られないのか。
こんなんだったら、休みにしてもよかったんじゃないの?、と思うのを、20年間、繰り返している。
  1. 2012/08/13(月) 09:42:50|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

18切符終了

最初の18切符。残り3回分を、オークションで8000円で売却した。
2回目の18切符。残り3回分。使用期間は9月10日までで、使える日がだんだん少なくなっているためか、オークションの落札状況を見ていると、今じゃ、とてもその値段じゃ売れない。7000円とか、7500円とかで終了している。とりあえず、7300円の即決で出してみた。

すぐに入札があると思っていたのに、一日経ち、二日経ち・・・・、来週までに売れなければ、どこかへ行くべかなあ、と思っていた矢先に、入札があった。

これで、この夏の18切符は終わりを告げた。
まあまあ、二回とも楽しい旅行になりました。
  1. 2012/08/12(日) 19:12:16|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

はー、・・・・・・・・

パソコンが壊れた、んじゃないだろうか。
起動すると、f1を押せと出て、押すとWINDOWSの画面が出るが、ハードが壊れてる、って言われる。無視して進めると普通になるんだけど、突然また、警告が出る。再起動すると、同じ事を繰り返す。

こないだから、よくフリーズしていた。ハードが壊れるって、末期的じゃないの?
いよいよ不安になって、ここ何日か前からごひいきになった「ヤマダ電機」へ走る。

パソコンのことを聞くが、どうも、たいした知識がないらしい。休日なんかに行くと、VAIOのはっぴを着た兄ちゃんがすぐに寄ってくるのに、平日だとそれがない。エラーを記録した紙を持っていって兄ちゃんに聞くが、修理できるとも、できないとも言わない。しびれを切らして、こっちが修理するより新品かなあ、って言うと、そうですねえ、てな返事が来るだけ。

目の前のパソコンをながめて、値段の差とスペックの違いを聞くが、こっちが理解できるような説明がない。何ギガとか、CPUがどないとか言われても、その意味なんて、わからん。
結局は、財布と相談して適当なのを「衝動買い」してしまう。

あ、看板、77800円のが、値切ると、73800円とポイント7380円分、と言われた。ポイントもらっても次に使う予定がない、現金値引きしてや、というが、かたくなに拒否される。堂々巡りをしばらく繰り返した後、本社に聞く、ってしばらく消えた。帰ってきた返事は、現金、66800円。

ふーーーーーん、何でも交渉なんだなあ。


あ、帰ってからふと思った。言われるままに、壊れたハードを交換すりゃいいんじゃないの?新品だと1万円以上するらしいが、オークションだと中古が出ている。問題は、自分で換えられるかどうか、設定が何か必要なのかどうか、ということか。まあ、ハードが変わるんなら、初期化以上の覚悟がいるのかなあ。
どなたか、暇つぶしにどうです?
  1. 2012/08/11(土) 20:54:25|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

旅は自転車

昨日のこと。
また18切符で遊んできました。遊び過ぎかなあ。

舞鶴の煉瓦造り建築物を見るのが主目的。さらに、舞鶴というと、「岸壁の母」こんな歌、もう、若い子は知らないんでしょうねえ。で、引き上げ記念館というのが、舞鶴にあります。ここも行こうと思っていたけど、中心部からかなり離れていて、かといってバスの便も悪く、どうしようか迷っていました。タクシーでまで行くほどじゃないし。

駅に着いてふと思ったのが、貸自転車。駅で聞くと、一軒あるって。行ってみると、小さな自転車屋で、貸自転車は見た目も、普通のもの。マジックの手書きで、住所氏名を書いてあります。自転車を貸して欲しいというと、普通のメモを持って来て、名前と電話を書いておしまい。
記念館までどれくらい?、って聞くと、さあ、40分くらいかなあ、との返事。せっかく来たからと思って、激チャリで走ると、20分ほど。

またHPに書きますが、非常に有意義な展示です。こないだの、原爆記念館にも、勝るとも劣りません。こんな施設、ここに置いておくのはもったいないなあ。まあ、実際の引き上げ岸壁だから、と言うことでもあるんでしょうけど、もっとみんなに広く見てもらう努力、工夫が必要だと思います。

ちなみに、私の伯父がシベリア抑留組でした。おかげで極端なロシア嫌いで、ロ**は、靴の底を減らしただけで北方領土を横取りした、っていつも怒っていました。ソ連軍が日本人を捕虜にして真っ先にしたことは、時計の横取り、だったそうです。

あ、話が横にそれましたが、自転車のおかげであちこち簡単に回れました。こんなに便利だとは思いませんでした。これから、もっと利用してみようかなあ。

ちなみに、料金は3時間で500円でした。
  1. 2012/08/10(金) 19:13:26|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

価値観

映画は、火曜日は1000円。他の日の夜は1200円、平日なら会員1300円。最大でも300円の差で、さあ、それって大きいのか、小さいのか、よくわからない。1000円で見られると思うと、200円が惜しくなる。少なくとも、1800円を出す気にはならない。
あ、でも、テレビ放送を待つとか、DVDを借りるという発想にもならない。やっぱり、映画は映画館。

今話題の、文楽。ちょっと調べてみると、4000円弱?何かの用事で難波をうろついていると、建物は見る。(難波でしたよね、違ったかな。)さあ、見たことあるのかなあ。小学校からも行った記憶はない。
歌舞伎にしても、それくらいするんだろうか。こっちも、行ったこともなけりゃ、見に行く気にもならない。

日本の伝統芸能に公金をつぎ込むのが良いのか悪いのか、よくわからん。何とか足りて礼節を知る。くそ赤字の家計なら助成金を削るのも仕方ないかなあとは思うけど、思っていたより、金額的には低かったと思う。そんな金額、他の事業にも突っ込んでいるように思うんだけど。
一方、他の伝統芸能はお上からの保護を受けなくっても生き残っているので、何とか自立を、と、思わなくもない。

話は全然変わるが、文化事業の招聘みたいなもんで、オペラとかを呼ぶのにかなりの金額、税金を使っていたように思う。あまりにも巨額で驚いた記憶がある。

文楽も、国に面倒を見てもらえばいいんじゃないの?


あ、助成金というと、あることでもらっていた助成金の支給決定書が来た。諸般の理由で目一杯はもらえなかったが、それでも、そこそこ「援助」してもらった。ずいぶん、助かった。
本当は、もっと前から準備していれば、別の助成金ももらえていたのかも知れない。
ハローワークにあった「助成金ガイドブック」みたいなのを手に取ると、すごく分厚い。並んでいる文字は日本語だが、内容はさっぱり理解できない。
助成金というのは、社会保険労務士の仕事を作るため、って、聞いたこともある。



  1. 2012/08/09(木) 19:13:53|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

facebook

(こないだも、同じ事を書いたような気がするが)
なぜか知らぬが、ここ2,3日で数名の方から、facebookの、友達申請(って、言うの?)があった。よくわからんが、OKのクリックをした。で、次は私、何をすりゃいいのか、さっぱりわからん。

先日、電車が止まってタクシーに乗った時、同乗していた知り合いはtwitterを使って駅に残っている人と、情報のやりとりをしていた。そういえば、電車が止まる前は、ipadだか、podだかを持っている知り合いに、なんだかんだ、調べものをしてもらっていた。
うーーーーん、腹が立つけど、便利。

やっぱり、頭から毛嫌いしないで、「文明の利器」は使うべきなんだろうか。


そういえば、先日、ヤマダ電機で買い物をした。ポイントカードを聞かれたけど、妻は入っているが、私は入っていない。携帯電話で登録できるし、バーコードを使って抽選も出来ますよ、と言われるが、そんなん、絶対無理。
ぼそぼそ、携帯では電話しかしたことないんで・・・・・、と言い訳する。
あ、12800円の買い物を、ポイント分の3%まけて、っていうと、800円安くなった。
こないだの電車代と言い、何でも、言ってみるモンである。
  1. 2012/08/08(水) 19:43:15|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

twitter

昨日のこと。
下北駅からJRに乗って野辺地へ。ここから、「青い森鉄道」に乗って、八戸へ行き、新幹線で帰る予定だった。

三沢駅付近で徐行し、駅でしばらく停車していた。すれ違いかなあ、って思っていたら、
「某所で大雨のため、運転中止、バスで代行」
とのアナウンスが入って、電車から降ろされた。

時間的には、余裕があるような、無いような。バスで代行と言っても、そんなん、すぐに来るんだろうか?電車の運行再開も、聞いてもさっぱりわからんし。

タクシーに聞くと、八戸駅まで6000円くらいという。4人で乗れば、一人1500円。
帰れなくなることを思うと、まあ、仕方ない。タクシーの運転手は、「青森のネプタで、バスも運転手もおらんで(あ、関西弁じゃないけど)」と言う。タクシーも、見たところ、3台くらいしかない。

降ろされた乗客の中では一番に、タクシーに乗った。


途中で、駅に残っている知りあいに同乗者がメールした。
「バス来た?こっちはもうすぐ八戸だもんねえ、へへへ」って。

帰ってきた返事。

「バスの代行は無くなって、タクシーの代行になりました。もう、タクシーに乗っています」
だって。

え!

あと、10分ほど待っていたら、タクシー代も払わないで八戸まで来れたの?私の6000円はどうなるの?
なんか、天国から地獄へ落とされたみたい。

同行者が、「とりあえず、駅で文句言おうよ」という。さあ、関西弁で行くか、泉州弁か、河内弁がいいかなあ、時間はたっぷりあるし、一時間は文句言えるで。最悪でも、乗らなかった分の運賃は返してもらおう、てな話になった。

乗客の対応でごったかえしている事務所へ乗り込んだ。
「代行を知らないでタクシーに乗ってしまいました。何とかなりませんかねえ。」

「わかりました。ここに住所と名前を」
で、何の交渉もなく、お金をもらいました、とさ。


後でタクシーで来た知りあいにその話をしていると、その人も代行が決まる前にタクシーに乗って、領収書をもらわなかったらしい。お金を返してもらう方法がない。もったいないなあ。

てな話をしていると、じぇんじぇん知らないおばはんが、お金もらえるんですか?、って聞いてきた。その人も、「フライングタクシー組」だったらしい。で、領収書もあるというので、事務所へ行き、お金を返してもらった、って。


あ、表題のtwitterというのは、twitterでメールのやりとりをしていた、ということです。
あれ、あんなに便利だとは思いませんでした。
  1. 2012/08/07(火) 19:29:43|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:3

無事帰還、したはず

実は、3日より今日まで、博物館友の会の合宿に出かけていました。目的地は、青森。私にとって、(車での、単純な通過以外では)初めての「旅行」です。詳細は、いずれ、HPへ。

開業してしばらくしてからは、時々子連れで合宿に参加していました。今から思うと、よく仕事が休めたものです。その頃は、冬の北海道も恒例にしていました。これまた、どうやって仕事を休んでいたのでしょう?

今年の合宿は、「東北を元気に」とのことで、最初から青森方面を考えていたみたいです。本当は、前後の個人的オプションも付けて、お金を落としていくべきなのですが、さすがにそこまでの休みは取れません。個人的な友人は、東北にもいっぱいいるんですけどねえ。完全に引退したら、車でゆっくり走ってみたいものです。

それにしても、午前中は青森にいたのに、新幹線を使って大阪まで今日中に帰れるって、すごい世の中になっているモンです。東北新幹線はたぶん、25年ぶりの2回目、新幹線自体、まだ数回しか乗っていないような気がします。さあ、予約投稿で書きましたが、無事、大阪に着いたのでしょうか。
  1. 2012/08/06(月) 19:12:01|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

外資は金持ち

アンケートサイトいくつかに登録している。
たいていは、3円だったり、5円だったり。マレに、回答によっては本調査になって、何十円とかになるのもある。もちろん、ポイントによって、めんどくささが違う。慣れてくると、まあ、テレビを見ながらでも回答出来る。
誰が依頼するのか知らないけど、同じアンケートを何社かのアンケートサイトに流していることも多い。同じアンケートが複数来る。これはもっと回答しやすい。また、事前調査でちょん切られたアンケートだったりしたら、ちょっと回答の仕方を変えて本アンケートに進めるように小細工したりしている。

で、たいていは1000ポイントにならないと換金出来ない。(500円でもらえるところもある。)ケチなところでは、商品券に変えようとすると、100円分のポイントがよけいにかかるところもある。それでもまあ、コツコツと返事を書いていると、忘れた頃にポイントが貯まって商品券をもらえる。年間に直すと、何千円か、一万円くらいになっているかもしれない。

いつ、何で知って登録したのか覚えていないけど、外資系のアンケートサイトがある。質問が外国語の翻訳でおかしかったり、質問内容が理解できないときもあったり、なんやらわからんが、途中でやめさせられる時もある。が、報酬が非常に大きい。一つのアンケートで、100円だったり、200円だったりする。数は来ないが、最後まで回答させてくれるとすぐに1000円くらいになる。


あ、これも何度も書いているが、車の任意保険の見積もりは非常に「もうかる」だいたい、1000円くらいになる。更新の案内が来るたびに、あちこちのサイトで見積もっている。

生命保険の見積もりはもっと高い。4000円から6000円くらい。ただしこれは、面接までしてのこと。
冷やかしじゃなく、実際良い保険があれば入らんでもないから、って、申し込んだことがある。30分ほど話をして、お勧めの保険と見積もりをいくつかもらって、さらに数千円もらえる。結局は保険には入らんかったし、それ以来、やっぱり断るのがイヤで申し込んだことはない。
  1. 2012/08/05(日) 19:06:38|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

大事にしすぎ

息子の結婚式で、礼服を着た話を書いた。
礼服というのは、はやり廃りがない、って、妻が服屋で聞いたらしい。で、義父に聞くと、持っているという話だったので、それをもらってきた。今の時代でも、普通に着られそう。
残念ながら足の長さは違ってて、しかも伸ばせない状態だったのでそっちは諦め、上着はそのまま流用した。この先、着ることがあっても2,3回だろう。間に合ってよかった。

そもそも、こんな仕事をしてるので、また、人付き合いも悪いので(友達がおらん、とも言う)スーツを着る機会は皆無。今まで、ほとんど買ったことがない。さすがに、葬式、結婚式は突発的にある。父や義兄、義父が礼服を作り直したという話を聞くと、古い方をもらってきたりしていた。(結局、サイズが合わなかったのもあるが。)


いつだったか、伯父が亡くなり、「形見分け」で革靴をもらってきた。

葬式があった。たまたまその靴が目に付いたので、履いていった。
とおり一編のまんまんちゃんをして、帰ろうと思うと足が急におかしくなった。やけに地面が近くて、冷たい感じがする。振り返ると、おかしな感じがしたあたりに、靴底が転がっていた。残った方は、チャップリンの映画みたいな状態。
もらった靴は、たぶん伯父も履く機会が無くってずっと置いてあったんだろうな。で、見た目は新品だったのに、きっちり劣化だけはしていたらしい。

それ以来、革靴を履く機会があったら、靴底を確認することにしている。
  1. 2012/08/04(土) 20:08:48|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

セキュリティー?

仕事場にコンピューターが3台、自宅に1台。
セキュリティーソフトは、無料のアバストを入れている。それぞれ、同じのを入れているはずなのに、病院のメインのパソコンはセキュリティーが「厳しい」らしく、メールの一部をブロックしてるのか、届かない。さらに、アクセスできないHPがよくある。どういう訳か、以前は問題なく繋いでくれていたページも拒否するようになった。
ご多分に漏れず、重要なメールなんかが届かないのでちょっと困る。「安全」って教え込んでいるのに、覚えてくれない。WIN98で返信したりしている。
そのくせ、SPAMメールだけは、せっせと受け取ってくれる。そのたび、今後受けるな、って教育的指導をするんだけど、そっちはムシしている。
もっと賢いメーラーを使えばいいんだろうけど、一度覚えたのを乗り換える勇気が「おじさん」にはない。
なんだか、困るなあ。


そうそう、昔はウイルスバスターを何年か使っていたが、あれって、役に立たなかったなあ。2度くらいウイルスに入られ、初期化する羽目になった。もっとも、何度か初期化するたびに、ほんの少し、段取りがよくなっていったような気もする。
メールなんかのバックアップは取れずに、その時は非常に困ったような気もするが、無いもんは無い、で、何ヶ月かすると気にもならなくなった。
  1. 2012/08/03(金) 20:09:43|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
次のページ
【楽天市場】本・雑誌・コミック