FC2ブログ

毎日の院長 改め、日々雑感

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

パトカーで来た

堺の某署から電話。電話が鳴って着信を見て、1234と並んでいると、警察。で、ほとんどは、生き物の落とし物か、野鳥。

「ヒヨドリ」が交番へ連れてこられ、困っている、って。で、あちこち調べたらうちにたどり着いたという話。
野鳥を扱うのは大阪府の環境何チャラ。野鳥救護は、対応動物病院がリストアップされているはず。で、両方とも府の施設、府職員のはずなんだけど。なんで、野鳥の救護はこちらへ、って各警察に連絡していないんだろうなあ。あるいは、連絡はしているけど、末端まで届いていないのか。もちろん、うちへ搬入してくれれば対応はするけど、もっと近いところを探したら?、って言ったけど、探すすべがない、って。こっちも、救護ドクターの名簿なんてもらっていない。紹介する病院もわからず。

結局、パトカーで、「ムクドリ」が来ました。


1234から電話。ホシガメ、だって。以前、ここからカメ、イグアナ、チャボ、ニワトリなんかを引き取っている。この署では、とりあえずうち、らしい。
持ってきてくれれば預かる、と言ったが、足がないって。内部事情はよくわからんけど、ホシガメだったら緊急性がないのでパトカーは使えないのかなあ。どうやって持って行こうか、って向こうで相談している雰囲気なので、めんどくさくなって、取りに行きます、って返事をした。

「一時預かり」みたいな書類にサインをさせられる。3週間ほど飼えば、所有権を移す書類みたいなものを改めて送る、って。ニワトリなんかでは、何の書類もなしに引き取るときもある。この差は何?、と思いつつ、とりあえずサイン。
この子は、あとで「落とし主」が判明しました。
警察がらみで生き物をお返ししたのは、初めての出来事、でした。

あ、そういえば、「ニワトリの譲渡ページ」が無くなっている。チャボや烏骨鶏は、みんなこのページを利用して譲渡先を探したのに。青森にも、福岡にも、四国にも送ったことがあります。一時は、「チャボの受精卵」を10個近く、あちこちに送ったっけ。「孵化連絡」もいくつももらったので、子孫もあちこちにいるはず。
今度チャボが来たら困るなあ。

  1. 2012/05/27(日) 13:01:14|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
【楽天市場】本・雑誌・コミック