FC2ブログ

毎日の院長 改め、日々雑感

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

ギフチョウ

春の妖精、だっけ、違ったっけ、ギフチョウの別名。

昔は昆虫少年だった。が、そんなに熱心なコレクターでもなく、庭の昆虫を捕まえたり、高校の時は岩湧山ばっかり通っていた。おそらく、その頃はまだ金剛山なんかでもギフチョウがいたんだろうが、わざわざ採集に行くこともなかった。
大阪府でギフチョウが採集出来る場所は、かなり限られている。たぶん、最近は何チャラを守る会というのが生息地をかなりきびしく監視しているんだろうなあ。ギフチョウの採集じゃなくっても、そのあたりを網を持ってうろつくだけで怒られる、らしい。

私が開業したん十年前は、まだ世間の目も、地元の目も、そんなに厳しくなかった。また虫採りでも始めようかと思い、今まで手を出していなかったギフチョウを採集したくなった。
当時でも(今でも)大阪近辺で有名な生息地は、大和葛城山。規制はなかったが、そろそろ、虫屋が冷たい目で見られ出した頃。休日に生息地で網を振り回すと、人も多くて、ちょっと問題がありそう。で、平日に出かけようかと思った。当時はもちろん、獣医師のスタッフもおらず、私一人。平日なんて、休めるはずもない。

午前の診療が終わったらすぐにバイクにまたがって、葛城山のロープウェイへ。で、頂上へ着くなり、生息地へ直行、現地滞在30分ほどで2頭を採集し、すぐに引き返した。

懐かしいというか、今から思うと無茶というか、無謀というか。
  1. 2012/04/16(月) 19:05:44|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
【楽天市場】本・雑誌・コミック