FC2ブログ

毎日の院長 改め、日々雑感

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

となりで、ガシャン・・・・・・

国道26号線の、堺延長、と呼ぶんだっけ。

昔の、第2阪和の高架道路。一般道へ降りる車は左車線、阪神高速へ入る車は右車線。よく、降りる車が本線にまであふれる。普通は、知っている人は左車線で並ぶんだが、時々、列が長かったりしたら、あるいは知らない人が右車線から分岐部直前で割り込む車がある。で、割り込みきれなかったら、右車線をふさぐことがある。

前の車が左へ割り込もうとして入れず、右車線にはみ出したらしい。
右車線を走っている車は阪神高速へ入るつもりでスピードも落とさず走っている。こんな所で前の車が止まるなんて思っていないから、あわててブレーキを踏む。
2,3台前の車が追突、したらしい。

で、すぐ後ろのワゴン車も急停車。この車は何とか止まったが、そのすぐ後ろの軽が、思い切り追突。前部大破し、ラジエーターの破損か、ボンネットからも、車内にも白い蒸気。
というのが、左側で並んで待っていた私の車の横で起こった出来事。
テレビを見ているみたいに、あ、車が急停車、後ろから追突、ガシャン、ボンネットがぺしゃんこ、バンパーが飛ぶ、と言うのをスローモーションで傍観している感じだった。



大きな交差点の信号で、キュルキュル、タイヤのこすれる音。思わずそちらを見ると、ポルシェが向こうから右折してくる。信号の変わりかけで、減速しないで回ろうとしているらしい。で、曲がったのはいいが、惰性で(?)曲がりすぎて、中央分離帯に衝突。そのまま停止。
しばらくすると、助手席と運転手の兄ちゃんが車を降りて、えっこらさ、後ろを押して道路際まで移動。

あー、もったいない。

まあ、長い間車に乗っていれば、こんな事もあるか。

私にしても、その当事者になったことはあるんだし。
あ、30年前の、吹雪の北海道での出来事です。
  1. 2012/02/08(水) 22:07:26|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
【楽天市場】本・雑誌・コミック