毎日の院長

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

聞いてみただけ

冷蔵庫に、メモ書き。何月何日、こんな電話が来て、こんな返事をした、というもの。誰からかかってきた、というのはわからず。要するに、問い合わせだけの電話と、その内容。
診療の話だったり、病気の話だったり、手術の話だったり。誰がどんな返事をしたかくらいはしっかり書いておかないと、「病院としての統一見解」がわからなくなる。かといって、名前も名乗らぬ問い合わせだけじゃ、カルテも書けぬ。本来、こういうものでも、獣医学的な判断が伴えば「再診料、初診料」はかかるんじゃないか、とも思うんだけど、相手がわからんし、かといってむげに断るわけにも行かず、忙しくっても返事せざるを得ない。
そんなメモ書きが、どんどん増えている。

昔は、そういう問い合わせがあっても、返事して来院を勧めたら来てくれてたような気がするんだけどなあ。最近は、聞いておしまい、というのが多いような気がする。さらに、手術費用、診療費だけ聞いておしまい、というのも多い。

病気というものには、それぞれ、「治る時期」というものがある。一連の過程を経てから、回復する。「治る時期」直前に転院すると、転院先で「治癒」時期を迎える。何日もかかって治らなかったものが転院するとすぐに治った、というのがこんなケース。

もちろん、そんな感じでうちに来られる方もあるだろうし、うちから転院された方もおられるだろうが。



あ、こんなんで手術費用20万円と言われているがどう思う?、って問い合わせがあった。これはうちの患者さん。うちが休みの時に緊急で診てもらったらしい。
うちなら、2,3万円。
  1. 2012/02/29(水) 19:38:02|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

今年も、残すところ、あと何日・・・・

スケジュール管理、と言うほどでもない、何がありそう、何をするべ、というのは病院のカレンダーに書き込んでいる。(家に帰ると、予定がさっぱりわからないことが多い。)数枚めくって、はるか先の予定を書き込むこともある。まだまだ先、と思っていたのに、カレンダーをめくるとそれが出てきて、もうそんなに経ったのか、と思う事も多い。

次の月の予定がわからないので、月末になるとカレンダーをめくってしまう。で、気分的にはもう3月に突入した。今月はいろいろ予定が詰まっている。楽しみも多いが、義務的な予定もいくつかあって、気が重いものもある。まあ、順番に消化していくしかないだろう。

とりあえず、今週、来週にコウモリの予定は入れたが、いずれも、2月に行きたかったところ。延び延びになってしまった。昔は必ず、月に一回継続調査していたんだがなあ。もっとも、コウモリ的に、毎月じゃまをしに行くのが良いのかどうかは微妙なところ。

とある石屋さんのブログを見つけた。廃坑情報がいっぱい載っている。ブログを読むと、知り合いの知り合い、らしい。こういう業界は世間が狭い。そちらのルートから新穴を見つけられないか、とも思っているが、大昔ほどの熱意がない。洞穴棲コウモリは頑張っても数種類。今以上に新種(というか、新発見)も可能性が低い、と思うと、気合いが入らない。
  1. 2012/02/28(火) 19:29:51|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

アカデミー賞

アカデミー賞。
どうなんでしょうねえ。今回のノミネート作品のいくつかは見ているが、受賞作は見ていないので、どっちが良いとか、判断出来ず。受賞したから見るべか、と思うようなのも少ない。さすがに、これだけ話題になったら、「アーティスト」くらいは見ようかとも思うが。

ここ2,3年の「アカデミー賞作品」も、受賞後あわてて見に行ったが、いまいち、同意出来なかった。まあ、はずれじゃないが、そんなもんですか、と思う程度。世間の感性と、私の感性が違うのか、アメリカと日本の差か。
まあ、とりあえず、映画を見るきっかけになれば、と言うくらい。



懲りもせず、芥川賞にこだわって、川上未映子の、乳と卵。
半分読んで、断念。

平行して読んでいる、地獄谷のサルの話。例の、温泉につかるサル。
こっちの方が、よほどおもしろい。
  1. 2012/02/27(月) 21:07:27|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

研究会

本日、午後から研究会。某団体主催で、無料。そういえば、昨年の同じ時期に同じ場所であったみたい。
無料なんで、とりあえず出かける。

私が開業した時は講習会もあまり多くなかった。某団体が積極的にアメリカから講師を呼んで、講習会をしていた。たいてい、2日間、だったかなあ。もちろん有料で、けっこうな費用がかかったけど、こちらにやる気があったのか、他にその手の勉強会がなかったためか、なんか、そういうのに参加しないといけないような強迫観念もあって、いつも行ってた。しんどかった。

それからだんだん、いろんな団体が出来てそれぞれが講習会を開くようになる。2日間だったり、3日間だったり。取捨選択も難しかった。役に立ったり、立たなかったり。スタッフが増えてからは、平日の研究会にも行ってもらうようになった。場合によれば東京まで、宿泊してまで行ってた時期もあった。いろいろあって、最近はそういうのは無くなってしまった。

この頃行ってるのは、獣医師会がらみの、無料のが多い。あとは、薬屋主催のもの。
バブル華やかかりし頃は、薬屋の講習会というのはほとんど一流ホテルで、立食パーティー付き、場合によれば、コンパニオン、余興のイベントまであったのに、最近は出てもペットボトル一本くらい。

こっちも変わったけど、時代も変わった。
  1. 2012/02/26(日) 09:10:49|
  2. 仕事:犬猫|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

次の課題?

23日、25日と、コウモリ調査の予定が、見事に両日とも雨。もっとも、両日とも一人で調査へ行くつもりだったが、それぞれの調査地への参加希望者が現れて、結局は両日とも日程変更する必要があって、ちょうどよかった、とも言えるんだけど。
テングコウモリは冬に見られる確率が高く、以前は冬でも、もっとあちこちの調査地へ行ってた。この頃は、決まった3,4カ所を回っているだけ。明らかに、大昔よりテンションが下がっている。まあ、毎年いたんだから今年もいるんじゃないかなあ、で終わってしまっている。

そういえば、知り合いのコウモリ屋さんは、カスミ網(じゃなく、コウモリ用の網)で樹洞棲コウモリの捕獲をしているらしい。それとなく誘われたんだけど、調査地が遠方だし、夜中というのがつらくってお手伝い出来ずにいる。大阪でそんな調査すれば、新しい展開があるんだろうけどなあ。

そろそろ、新しい「遊び」を探すべか。もっとも、その前に、こないだ購入したコウモリの標識をもっと消費しないともったいないか。

  1. 2012/02/25(土) 20:01:53|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コウモリの書き物

コウモリの論文、と言うほどじゃない、報告書を2編書いた。それぞれ別々のところへ送付。
とりあえず、死蔵していたデータを表に出せてほっとしたけど、これから各担当者からのチェックが入る。まあ、一つは報告なんで却下される可能性は少ないかなあ、とは思っているんだけど、どこをどうつつかれるか、受理されるまで気が重い。
片一方は1年前に書いていたもの。某所に提出し、内容とデータの取り扱いについて何度かやりとりをしているうちに書き直しがイヤになって、そのまま眠っていたもの。ちょっとだけ書き換えて、別のところへ送ってしまった。敷居が低いと信じて。


もう一つ、難産のデータを抱えている。コウモリの移動について。
知り合いから、どこかへ報告するように言われて書き始めたんだけど、データを全部出していったらどんどん長くなり、博物館(友の会会報)に送るには長すぎる、かといって、コウモリの会はチェックが厳しそう、で、半年ほど寝ているもの。これこそ、コウモリに多大な負担をしいて得られたデータなんで、なんとか早いうちに日の目を見せてやりたいんだけどなあ。




と言うのを、いつだったか、ブログ用に書いていた。
暇な時にブログを書き貯めしているんだけど、そのうちの一つ。ネタに困ったら小出し。

で、博物館に送ったものは何のおとがめもなく、すぐに受理してくれた。「新発見の報告」のつもりだったんで、ちょっとうれしい。
もう一編は、某自然保護団体へ送ったが、音沙汰がない。うーーん、いつも、「原稿募集、書き慣れ人はお手伝いします」って、書いているのに。
ダメならダメ、ここをこうして、って言ってくれればいいのに。

その前に、本当に届いてるのかどうか、確かめる必要があるか。でも、どうやって?
同じアドレスに聞いても無駄だろうし。
繋がらないアドレスをHPに載せないで欲しいなあ。
  1. 2012/02/25(土) 19:33:36|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

蛇にピアス

芥川賞作家シリーズ
金原ひとみ 蛇にピアス

たまたま、借りた日に、有線テレビで映画をやっていた。映画化されていたことなんて、知らなかったんだけど。で、半分くらい見ていたんだけど、よくわからなくって、途中でやめました。

2,3日して本を読み始めました。
うーーん、映画と全く一緒。(当たり前?)

読みやすい文章ではあるんだけど、現実離れというか、私の世界と違いすぎ、かといって、いわゆる(年寄り世代が理解できない)若者文化ともまたちょっと違いすぎるし、よくわからぬまま、ああ、そうでっか、で終わってしまいました。


同時に借りた本。
究極のクロマグロ完全養殖物語

近大水産学部(名称は違ったかも)での、話。
こっちは絶対、おすすめ。

やっぱり、ノンフィクションじゃないと感激しない体質。
  1. 2012/02/24(金) 19:12:19|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

迷惑メール

迷惑メールがうっとうしい。最近、特に増えたような気がする。

朝起きると、とりあえずパソコンのスイッチを入れてメールをチェックしている。夜中に来るメールの4割くらいは、ポイントメール。アクセスすると、1ポイント、てなもん。ほぼ同数が迷惑メール。残りはアンケートサイトだったり、MLだったり。夜中と言うこともあるのか、友人からの必要なメールはほとんど無い。

メーラーは、outlook。その都度、迷惑メールの登録はしているんだけど、きっちり仕分けしてくれてないような気がする。何台かのパソコンでメールを受けていると、あっちは拒否するけどこっちは受ける、てな事で、結局は手動で削除する必要があったりする。「ドメイン拒否」にすると、必要なメールも削除されてたりする。

同じようなのがいっぱい来るのでチェックすると、ドメインの一部がaから始まり、b,c,d,e・・・・・って、順番に変わっている。まあ、よく考えたもんだ。

DSC01888.jpg






コウモリに行く予定が、雨で中止。いつもだったら、「穴の中は降らない」って、出かけるんだけど。
一日、停滞。一歩も、家から出ず。
  1. 2012/02/23(木) 19:51:35|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

可もなく不可もなく

昨晩のこと。火曜日の、おっさんディ。
「タイム」

時は金なり、か。時間、寿命をお金で買うみたいなもの。貧乏人はいつでもヒーヒー、死ぬ寸前のその日暮らし。金持ちは余裕の生活。

まあ、おもしろいと言えばおもしろいし、現実離れと言えば現実離れ。もっとも、映画なんだし、SFなんで、こんなもんかなあ。

75点。
テレビを待っても良いかもしれません。



若い頃、というか、子供の頃は自分が今のこんな年になるなんて、考えたこともなかった。特に長生きしたいとも思わず、まあ、なるようにしかならんだろう、と思っていた。
でも、実際に今の年齢になってしまうと、どう考えても今まで生きてきた以上は生きることはないだろう、折り返し点はとっくに過ぎている、と言うのをつくづく感じる。といっても、それで焦るとか、拒否するとか、逆に素直に受け入れるわけでもない。

リニアモーターカーが名古屋に来るのが何年、といわれりゃ、ああ、間に合うかなあ、と思ったり、大阪が何年だったらきわどいなあ、と思ったり、平成の次はなんだろう、次の元号の時代は経験できるだろうが、その次となるととても無理だろうなあ、と思ったり、常に、自分が生きている間に起こる出来事かどうか、考えてしまう。
まあ、適当なところまでの長生きは良いとして、いよいよになったら、「リビングウィル」をしっかり残してやった方が妻なり、子供なりのためだろう。

  1. 2012/02/22(水) 19:45:14|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

返信

さあ、個人的なメールが来た時、いつ返信するべかなあ。問い合わせて、いつまでに返事が来なかったら腹を立てるかなあ。(要するに、辛抱できる限界、というか。)

メールが来てすぐに返信するのも、よほど暇人かと思われるのもいやで時間をおく場合もあるが、基本的にはその日のうちに返信する。調べる必要があれば、とりあえずその旨を連絡して、結論が出たら改めて返信する。

仕事がらみや、コウモリがらみで質問が来る時も時々ある。もちろん、同じ対応。
質問が来たらそれに返信し、それを見た相手からお礼のメールが来て一件落着、となるのが普通の流れだと思うんだけど、答えっぱなしと言うのがけっこう多い。返事がきっちり届いたのかどうか、不安になる。質問の意味がわからず、その内容を詳しく聞き返しても返事が来ない。そんなんだったら、最初から問い合わせなくってもよかったんじゃないの?、って思ってしまう。
さんざん資料を引っ張り出したり、検索してやっと答えたようなものもあるんだけど、そういうのに限って礼のメールも反応もない。

あるHPを開設している友人には、問い合わせのメールがいっぱい来るらしい。まあ、質問が出やすいジャンルというか、HP自体もソフト路線。が、常識のない問い合わせはすべて無視、っておっしゃっていた。問い合わせ連絡先の下に、「ネチケット」と称して、メールでの問い合わせの方法(?、必要事項なんか)がいっぱい書かれている。それに合致しない質問には答えない、って。

あ、そういえば、とあるMLを運営している。といっても、ここ何ヶ月(どころか、一年以上)か、誰からも発言がないような、ほとんど化石のようなML。ネットで検索するとこのMLが引っかかる時があるらしく、加入承認の自動メールが送られてくる時がある。そのMLには、「加入は手動ですので、こっちにメールを」って何度も書いてあるんだけど。これは面倒なので、そのままほったらかし。

DSC01969_convert_20120221132531_20120221141327.jpg













  1. 2012/02/22(水) 19:21:27|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コウモリの本

知り合いの方が、2冊目のコウモリの本を出版されました。

DSC01953_20120219085218.jpg







それはそれは、すばらしい本です。
直接お会いしたことはないんですが、何度かメールや文献のやりとりをしているうちに、知り合いになった言うか、一方的に「友人」と思っているというか。

コウモリ屋の世界というのは非常に狭く、先日、サルのアセス(捕獲)でご一緒した方が、コウモリ屋さん。ずっと、コウモリの話をしていました。さらに、その同僚の方は札幌ご在住の方で仕事の都合で一時、大阪に来られているとか。で、その方も自然がらみのお仕事なんで、この本の著者の方をよくご存知でした。
友達の友達はみな友達。


そういえば、先日、兵庫県のひとはく(博物館)で、コウモリの宣伝をしてきました。こちらも自然相手の人ばかりで、兵庫県の調査地が多いのでぜひご一緒しましょう、ってさんざん訴えましたが、反応がありません。「日本有数」のキクガシラコウモリ生息地からほんの10分ほどの高校生を見つけ、ぜひ継続調査を、ってお願いしたんですが、あまり関心がないみたいでした。

やっぱり、コウモリ、って、マイナーなんですねえ。
こういう本がいっぱい出てくれれば、世間の認識も変わってくれるかなあ。



  1. 2012/02/21(火) 19:20:43|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

またサーカス

某ミニコミ誌から、封書が送られてきた。公告のお願いかなあ、と思って開封すると、チケットが入っている。
なんかの割引券?

「ご当選、おめでとうございます」

ありゃ、こんなの送ったっけ?
昔みたいに、「応募はお葉書で」だったら書いて送った記憶も残るかもしれないけど、今みたいにネットで応募というのは、しょっちゅう何にでも個人情報を垂れ流しにしているんで、何に送ったのかなんて、いちいち覚えていない。とりあえず、ありがたく頂戴しておこう。ここなら、自転車でも行ける。おまけに、木曜日もやっていてくれてる。

DSC01964.jpg






ネットで調べると、通常の入場料は2000円くらい。オークションで、500-1000円。

先日、1100円で買った木下サーカスの入場券。どうも、ちらっと横見すると1000円でも入札がないのがあるみたい。値崩れしているのかなあ。安くなっているとシャクに障るので、見ないようにしている。
いっぱい買ったのに、余りそう。
  1. 2012/02/20(月) 20:03:36|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

今年は積雪はないのかなあ

今朝は特に寒い。
バイクのバッテリーが弱るかと思い、順番にバイクに乗っている。今日は久しぶりに、SL230。
スピードを出すためか、よけいに寒さを感じる。指が冷たい。特に、昨日、メスを刺した指先がうずく。怪我するのは久しぶりで、そちらに神経が行き、うっとうしい。
230に乗っても、最近は原付ばっかり乗っているので道路の左端を、原付の後ろにくっついて走っていたりする。右折時になってはじめて、2段階右折が必要のないことに気づく。

そういえば、今年はまだ、「本格的な」雪を見たことがない。雪どころか、水槽に張った氷も見ていないような気がする。年々、暖かくなっているみたい。
例年、一度くらいは雪が降り、ほんの少しの坂道でも車が上れずに苦労しているのを横目に、すーっと走るのを見せびらかすのを楽しみにしているんだけど、それがここ1,2年、無いような気がする。



全然関係ないが、昨日、ほんの数mだけど、マニュアル車に乗った。クラッチ付きの車なんて、久しぶり。駐車場でターンするくらいだけだったので、半クラッチで走っていただけで、右足はブレーキに乗せたまま。北海道で走っていた頃はみんなマニュアル車で、それはそれで楽しかったけど、さすがに何十年とATに乗っているとクラッチ操作を忘れてしまう。初めてオートマチックに乗ったときは左足の使い方がわからず、ブレーキに左足を乗せてて、乗りにくい車だなあ、と思ったこともあったっけ。

DSC01954_20120219085211.jpg







  1. 2012/02/19(日) 19:06:59|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

人のことは言えないが、

ダチョウの頭とか、足とか、いくつかのパーツが手に入るが、博物館的には一揃いあれば十分、余りを欲しい人は先着順何名様かに差し上げます、てなメールがホネホネ団に流れた。ダチョウ牧場からのプレゼントらしい。
と、あっという間、何分かのうちに希望者が出てきて、終わってしまった。最速は1,2分だったか。みんなすごいなあ、って、その過程をずっと読んでいる私も相当ヒマ、なのかもしれない。

某動物園(って、ほとんど想像はつくか)で、某生き物が亡くなった、すぐに処理するかも、というメールが流れた。参加表明が相次ぐ。結局、平日に実習室を押さえて通常活動として処理することになった。
中学生、高校生からは、残念だが参加できない、とのメールがいくつか流れる。逆に、大人からは、有休を取りました、とのメールが相次ぐ。
その日に行ってみると、子供はいないが実習室のあちこちでいろんな作業が普通に行われている。
会社勤め、って余裕があるんだなあ、って、その作業を見に行った私も、やっぱりヒマなんだろうか。


というのを何日か前に書いた。と、動物園でまた「大型動物」が死んだと言う連絡が入った。今度は土曜日に処理することになったらしい。やっぱり、参加表明が続々。
でも、それだけいろいろ死んでて、「補充」は間に合うんだろうか。

ということで、今日、たまたま休みだったので朝から出かけました
このサイズだと、まあ、気楽に出来ます。ユビも「一本」ですし。

天王寺生まれで、30才以上だそうです。一生、あそこで過ごしたんですねえ。
まあ、うちのタヌキたちも、一生、私の家で過ごしたわけですけど。

久しぶりにメスを振り回して、指を刺しました。
素人以下。
  1. 2012/02/18(土) 19:47:31|
  2. ほねほね団|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

コウモリの動画

知り合いから、教えてもらいました。こんな動画
教えてもらって何日かしたら、yahooにも紹介されてました。知り合いの知り合いの方が、情報は早かったです。


アメリカのコウモリ事情なんてさっぱりわかりませんが、一見、ヒナコウモリ、っぽい。まあ、友達でしょうか。
でも、どうして屋根瓦を壊してまで追い出そうとしているのでしょうか?そのまま置いておいてやってもいいのに。と言いながら、知り合いの屋根裏にヒナコウモリが住み着いた時は、その方、どことなくかゆい、っておっしゃっていました。
ちなみに、私の投稿。バットディテクターの音を楽しんで頂ければ幸いです。

そういえば、この高校、補修工事をするって言ってました。
コウモリはどうなったんでしょう?って言う前に、生息をきっちり報告して、何らかの対策を取るべきだったのでしょうかね。私が知る限り、大阪で確認されていた、唯一のコロニーでした。
  1. 2012/02/17(金) 19:56:02|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

さあ、いつまで・・・・

息子がビッグホーンでスキーに行くという。こないだ、車検を通したところだけど、車歴14年、だったか。特にどこが悪いとか、調子が悪い訳じゃないけど、何となく不安。そのつもりで乗っていると、アイドリング時のエンジン回転数が微妙に揺れている。
道路情報では、そのあたりはチェーン規制もかかっている。四駆なんで、そこそこの道路は走るが、完全に雪道になるとタイヤのグリップ力の問題になって、やっぱりチェーンは必要。前日に、チェーンを試しに巻いてみる。まあ、何の問題もない。

とはいいつつ、心配になると心配なんで、あわててJAFの家族会員に入る。2000円也。まあ、いわゆる安心料かなあ。任意保険で車両保険に入っていればあちこちの広告にあるみたいに、保険にレッカーとかも付いているんだけど、ビッグホーンではもったいないので加入していない。近場なら、故障してから私がかけつけてもいいんだけど、スキー場でスタックしたんじゃ間にあわんだろう。

何時にどこまで行って何時に帰ってくる、てな、詳しい行程は聞いていないが、携帯電話が鳴るたびに、滑った、とか、はまった、とかの連絡じゃないかと、不安になる。滅多にならない携帯電話が、この日に限って何度も鳴る。

結局は、何事もなく夜に帰ってきた。
道路も規制は全くなく、雪もなかった、って。

雪より心配だったエンジンは、ずっと元気だったらしい。

これから先、乗るたびに心配になるのかなあ。
  1. 2012/02/16(木) 19:15:59|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

激チャリ、再び

梅田へ用事が出来た。雨が降るというし、自転車じゃつらいかなあ、と思う。が、天王寺にも寄りたいし。
梅田まで電車で行って、天王寺まで歩くかなあ。あるいは、天王寺まで自転車で行き、梅田往復は電車にするか。

昼になったが、雨は降らない。レーダーを見ると、雨雲はない。うん、たぶん、降らんだろう、と言うことで、自転車で出かけた。

梅田のハローワークへ行く。ありゃ、このビルだったはずなのに、一階の表示を見ると、事務所の掲載がない。何ヶ月か来ていないので、引っ越したのかなあ。それにしては、引っ越した旨の掲示もないが。病院へ電話をして確認してもらうと、引っ越したんじゃないか、という。あー、腹が立つ。で、調べてもらった所へ行くと、「引っ越していませんよ」との返事。(もともと、梅田近辺に、ハローワークの事務所は2カ所ある。そのうちの一カ所が無くなったと思った。)

またまた最初のビルへ戻り、あちこち探すが表示がない。さあ、何階だっけ?エレベーターに乗って、同乗者の格好を見ながら、同じ所へ行きそうな人が降りる階で降りてみる。あった。


用事というのは、ある助成金。申請すると審査に通って、何ヶ月か前にめでたく、一回目の分が支給された。今日は2回目の申請。申請書類が無く、ネットでダウンロードしようと思ったら、その助成金、もう、無くなっている、って。あわてて、その問い合わせに行った次第。
聞いてみると、以前に申請が通った人に対しては、2回目も受け付けてくれる、って。
ほっとした。


そういえば、別の助成金。
いつだったか、申請しに行くと、「国会の審議が延びていて、予算が通っていないんで確実じゃないんですよ」とか、何とかいわれたことがある。
しばらくしてもう一度行くと、「あ、こないだのは廃止になったんです。でも、名前が変わって同じのが出来ました」だって。
で、こっちは申請できる期間が伸びたり、金額が変わったりしていたけど、結局はいくらか、助成金をもらった。

ずいぶん、助かった。


あ、ちなみに、最初に書いた助成金。
似たようなのが出来たとか、そんなの無いんですか?、って聞くと、完全になくなりました、だって。

残念。
  1. 2012/02/15(水) 20:14:28|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

クロの一周忌、だったらしい

昨年の「2月14日」はどうだったのか、自分のブログでチェックしてみた。
と、

2月13日に「クロ」が亡くなった事が書かれていた。ふーーん、一年前だったか。忘れていた。
そういえば、寒い日、だったような気もする。

「クロ」
今は、私のデスクにいます。
庭に埋め、いつだったか、頭骨だけ回収しました。

ついでに、その前後のブログを読む。ふーーん、あれって、昨年のことだったのか。あれ、もっと前のような気がするけど。あ、忘れていた。そんな事もあったっけ。
しばらく、読みふけってしまった。


で、今年の「2月14日」

DSC01941.jpg








DSC01942.jpg








もう一つもらったんだけど、すぐに食べてしまった。
下のは有名なプチ・シュークリームらしいが、「たこやき」に見える。これって、意識的にそうしているんだろうか。
  1. 2012/02/14(火) 19:37:22|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

夜はつらい

奈良の山奥で、サルの麻酔を頼まれた。仕事の都合で、夜の診療が終わってから駆けつける。
南阪奈自動車道を通ったが、雨が降っているし、ほとんどが対面通行だし、すごく走りにくかった。山間部へ入ると、今度は霧がひどくて前が見えない。幸い、雪はなかった。

いつもは捕獲現場まで行くんだけど、雨が降っていたためか、捕獲場所が役場の近くだったためか、役場までケージごと運んでいてくれてて屋根の下で作業させてくれた。助かった。
逆に、役場で作業をしたので、残業の人か、近所の人か、「野次馬」が何人か来られていた。

みんな、近くで見るとかわいいんだけどなあ、悪ささえしなけりゃなあ、と言いながら、記念撮影。


家に帰ると、12時過ぎ。
大昔は、月に一回オオサンショウウオの調査があって、たいてい、午前様になっていた。
久しぶりの夜更かし。

DSC09694_20120214143907.jpg










  1. 2012/02/13(月) 23:06:17|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

まあ、単純で明解

昨日の映画。
ペントハウス

まあ、けっこう、楽しめました。
ストーリーは単純ですし。
90点。

DSC01850.jpg







患者さんから、頂きました。外国のお土産、だったと思います。
入れ方、入れ物がいかにも外国らしく、「適当」ですね。
  1. 2012/02/13(月) 19:44:23|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

スーツ

大学4年の時だったか、スーツを買った。何で作ったのか、覚えていない。作ってから、どこかに着ていった記憶もない。これも、大学の時だったか、叔母さんがネクタイをくれた。一度だけ付けたかなあ。

開業して一年目、だったと思う。「天王寺博覧会」というのが、天王寺公園であった。それまで無料だった公園を有料化して、いわゆるホームレスを追い出すのが目的じゃないか、って言われていた。その時、動物相談をするとかで、開業獣医師会にアルバイトの募集が来ていた。半日10000円。開業したてのお金のない頃で、喜んで出かけた。「ネクタイ着用」って、書いていた。ブレザーにネクタイをしていった記憶がある。

義兄が着られなくなったというのでスーツをもらった。やっぱり、微妙にサイズが合わない。お返ししたんだっけ。
父が亡くなった。礼服とスーツをもらった。やっぱり、スーツは時代が違うのか、合わない。どこから見ても、人生幸朗(って、もうわかる人も減っただろうな)か、坂田利夫。結局、廃棄した。礼服の方は、袖が短いが、着られなくはない。腕を縮めて着ている。

一年に一度、スーツを作れ、礼服を作れ、って妻に言われていた。確かに、昨日のような場面じゃ、スーツかもしれない。が、着慣れていないので、「スーツの体型」じゃない。大人の「七五三」
まあ、結局、ネクタイなしで何とかなったんで、今年も何とかなるだろう。

あ、思い出した。数年前(もっと前だったか)、大阪府獣医師会から、「コウモリの研究」で、「中村賞」をもらった。この時はスーツを着ていったぞ。あれ、どこに行ったのかなあ。

DSC01867_20120208210959.jpg









DSC01868.jpg








寒いだろうからって、古着をいっぱい積んでいるのに、寝るのはここ。
  1. 2012/02/12(日) 08:33:31|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

審査、って、

そんなん無理、って言うのに、断り切れずに引き受けてしまった。博物館の発表会の、コメンティター、だって。
場所は、兵庫県の、人と自然の博物館。
あちらは、学芸員と一般市民、高校生なんかとコラボして、いろんな活動をしている。で、年に一回、講堂で口頭発表やポスター発表をしているらしい。発表が終わったら、全体に対するコメント?を言うんだって。
特に発表にチャチャを入れるものでもなく、あんまり関係ない話でも良い、と言うことだったので、とりあえずそれらしい挨拶文を用意して出かける。

応接間へ通される。大学教授、館長、名誉館長(あの、河合雅雄さん)、教育委員会のえらいさんなんかに混じって、ジーンズにノーネクタイ。そんなん言っても、スーツなんて持ってない、ネクタイは白黒一本しかないんだから、仕方ない。

発表要旨集に、採点表を渡される。
え、発表に点数を付けるの?そんなん、聞かされてなかったけど。

研究会でも、一日続けばどっかで記憶が飛ぶことが多いが、さすがに今日は、しっかりメモを取りつつ、神経を集中する。だいいち、「審査員席」って、真っ正面に座らされているし。

発表後、応接間に関係者がみんな集まって、何チャラ賞の相談。
詳しくは書けないが、いろいろ、参考になりました。



あ、あいさつ?
まあ、あんなもんかなあ。

こっちはあんまり記憶に残ってないぞ。メモもあったのに、あんまり役に立たず。
コウモリの宣伝ばかり、してきました。

来年はお役ご免、にならんだろうなあ。一年間、憂鬱。
  1. 2012/02/11(土) 22:02:13|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

1234

電話が鳴ると、着信番号を見る。

携帯電話からだと、まあ、患者さんか。072も、患者さんが多い。0724は、検査結果のFAXかもしれない。06とか、03は要注意。何かの勧誘だったりする。で、いらん電話ならたいていスタッフが断ってくれる。たちの悪いのは、個人的な友人をかたったもの。まあ、この季節はヒマなんで、代わってから私が断ることもある。

くだらん勧誘とか、健康食品や、訳のわからんサプリのFAXもよく来る。紙がもったいないので、出だしを見たらス
トップをかける。たぶん、エラーか何かが出るんだろう、途中でカットすると、たいていすぐに再送してくる。こちらもそれを予想して、着信拒否設定をすぐにするんだが、それを見越してか、たいてい、次の電話は違う番号からかけてくる。敵もさるもの。

1234という着信。これ、警察から。
で、電話の内容はほとんど、「あのー、ニワトリなんですけど・・・・・・・」

一時は、チャボやウコッケイ、なんかの雑種なんかが多く、それらはみんな某サイトへ出すともらい手が付いていた。次は普通のニワトリが続き、これらはもらい手が見つからず、安楽死して骨格標本用に博物館に収めた。今日は、またウコッケイ。
以前、博物館にチャボ(あ、生きた子です)を連れて行ったんだけど、その子が亡くなったという話を聞いていたので、後釜に連れて行った。
無事、飼ってもらえることになりました、とさ。

DSC01935.jpg







  1. 2012/02/10(金) 20:55:37|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

77万円を26万円に

こないだから、壊れまくりの病院設備。
自動現像機が50万円に、オートクレーブが27万円の見積もり。そんなお金、どこにもないぞ。

自現機はヒーター部分が壊れていたので、現像液に熱帯魚用ヒーターを突っ込んで暖めていた。現像のたびにヒーターをはずしてパーツをセットし直していた。さすがに、面倒。さらに、上部を開放して液温を上げているので、液の蒸発スピードが半端じゃない。
修理見積もりは28万円になっていたが、たぶんそこまでかからない、と言うのを信じて修理することにしたが、結局、予定通りの修理になってしまう。向こうは予定通り、こっちは予定外。最初に、見積もりは出したがそこまでかからないだろう、って言っちゃった手前、責任を感じた業者さんが一部を値引きしてくれる。それでも、20万円強か。
まあ、それでも新品を買うよりは安い。さあ、次はいつ、どこが壊れるんだろう?目先の出費を抑えるが為に、長い目で見ると無駄をしているのかなあ。

一方の、オートクレーブ。
新品で27万円の見積もり。同じ商品がオークションに出ていた。入札してみるが、例によって終了間際にどんどん値が上がり、断念。調べると、こんなもんでもいっぱい、出品されている。
適当なのを選んで、再挑戦。
非常に割安と思ってねらいを定め、終了時間を眺めながら入札すると、やっぱりこっちも誰かが同じ事を考えていたらしく、1000円単位で値が上がる。それでもまあ、最終的には予定価格程度で収まり、購入。
6万円。
実物が来てみると、見た目はきれいなんだが、機種とすると以前のものより古いのかもしれない。
当然、この手の取引はノークレーム。
スイッチを入れるたびに、いつ壊れるんだろう、って、びくびくしている。
  1. 2012/02/09(木) 19:51:02|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

となりで、ガシャン・・・・・・

国道26号線の、堺延長、と呼ぶんだっけ。

昔の、第2阪和の高架道路。一般道へ降りる車は左車線、阪神高速へ入る車は右車線。よく、降りる車が本線にまであふれる。普通は、知っている人は左車線で並ぶんだが、時々、列が長かったりしたら、あるいは知らない人が右車線から分岐部直前で割り込む車がある。で、割り込みきれなかったら、右車線をふさぐことがある。

前の車が左へ割り込もうとして入れず、右車線にはみ出したらしい。
右車線を走っている車は阪神高速へ入るつもりでスピードも落とさず走っている。こんな所で前の車が止まるなんて思っていないから、あわててブレーキを踏む。
2,3台前の車が追突、したらしい。

で、すぐ後ろのワゴン車も急停車。この車は何とか止まったが、そのすぐ後ろの軽が、思い切り追突。前部大破し、ラジエーターの破損か、ボンネットからも、車内にも白い蒸気。
というのが、左側で並んで待っていた私の車の横で起こった出来事。
テレビを見ているみたいに、あ、車が急停車、後ろから追突、ガシャン、ボンネットがぺしゃんこ、バンパーが飛ぶ、と言うのをスローモーションで傍観している感じだった。



大きな交差点の信号で、キュルキュル、タイヤのこすれる音。思わずそちらを見ると、ポルシェが向こうから右折してくる。信号の変わりかけで、減速しないで回ろうとしているらしい。で、曲がったのはいいが、惰性で(?)曲がりすぎて、中央分離帯に衝突。そのまま停止。
しばらくすると、助手席と運転手の兄ちゃんが車を降りて、えっこらさ、後ろを押して道路際まで移動。

あー、もったいない。

まあ、長い間車に乗っていれば、こんな事もあるか。

私にしても、その当事者になったことはあるんだし。
あ、30年前の、吹雪の北海道での出来事です。
  1. 2012/02/08(水) 22:07:26|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

風呂嫌いが何をしに?

2月5日~6日。別府へ行ってきた。
だいたい、風呂の嫌いな私がそんなとこへ行って、何するんでしょう?

何年前だったか、18切符で別府へ行ったことがある。大阪から一日で行ける最長コースが、西方向は長崎だったか。九州を南下すると、このあたりが限界だったはず。そん時は目的地がサファリだったので、別府で降りた。
その時の宿泊は、一泊2000円ほどの、「大広間で雑魚寝」の宿泊所。それでも地下に温泉があって、一応は温泉に入った。

今回は妻も一緒だったのでそういうわけに行かず、かといって高級な温泉旅館ももったいないので、「中の下」程度のホテル。それでももちろん、大浴場や露天風呂(といっても、屋上に申し訳程度の風呂があるくらい)があった。食事も付いていて、まあ、ちょっとした旅行気分にはなったか。

現地の移動はレンタカー。安いツアーだったんで(気を使わないで済む)安物の車だと思っていたら、出てきたのはホンダのインサイト。ワンランク上の車。向こうの都合なんで差額料金はもちろん不必要だったけど、なんとなく気を使う。最終的に何km走って何Lガソリンを使ったのか、計算し損ねたけど、そんなにすごく燃費が良い、とも思わなかった。
信号で止まった時、エンジンまで切れるのは気持ちが悪い。

観光地と言っても、温泉街なんて用がない。結局、行く所と言えばワンパターンの動物園、水族館。
2度目のアフリカンサファリは、感激も薄かった。

そのうち、HPに掲載します。
  1. 2012/02/07(火) 21:37:13|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

7000円のを100円でいかが?

博物館(正確には友の会)から引き取ってきた本。段ボールで8箱分。
放送大学かなあ、教科書的な本がいくつか。変色した岩波文庫。専門書だけど、化学、物理で、中途半端に古いモノ。子供向けの本。雑誌、冊子。
一冊ずつ確認してオークションに回すか、廃棄するか、考えた。
結果、7箱、処分にまわす。こんなんなら、持って帰る必要もなかったかもしれない。

残った本は、戦前のや、直後の本、ほんの少し、興味がある本、昆虫の本。

ちょうど、出品料無料だったんで、いくつかの本をヤフオクに出した。
アクセスもなけりゃ、もちろん、ウォッチリストにも入らないのがほとんど。やっぱり、私がいらない本はみんないらないのか。

なんとなく、アマゾンで同じ本を検索してみた。
ある本は、7000円、ある本は1500円から2000円の表示が付いている。
私の出品価格は100円。

本の値段、って、そんなもんでしょうなあ。欲しい人にとってはそれくらいの価値、いらない人にとってはそんなもん。



  1. 2012/02/06(月) 19:20:19|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

LEDに

DSC01796.jpg






やっぱり、LEDにしました。
定価4000円台。楽天では、3000円台から2000円台まで、かなり幅があります。とりあえず、一番安いところで購入。
せっせと迷惑メールを受け取ってはアクセスして1円、2円、病院のアフェリエイトを経由していろんなものを買って1%だか、2%、さらにアンケートに答えて10円、20円、積もり積もって800円ほどで買えました。アンケートも、バカになりませんねえ。

ものを買ったポイントは結構長く残るのですが、アンケートやクリックのポイントは短いものもあって、何か買う時に、ポイントが消える前に使っています。なのに残ポイントが1000円分を超えていて、ちょっと驚き。調べてみると、一度で1000ポイントもらっています。何に対するポイントだったのか、よくわからずじまい。


  1. 2012/02/05(日) 20:04:39|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

職業体験学習、余談

中学校の教員をしている友人と話をした。やっぱり、その中学校でもやってて、いろいろ苦労しているんだとか。

受け入れ先の問題。
十分な数を用意するのが大変らしい。やっぱり、一度受け入れてくれたところにまたお願いすることが多い、とか。さらに、子供の間でも好き嫌いがあるんだとか。
老人施設や介護施設は受け入れ希望が多いが、子供の方で行く希望が無いんだそうな。幼稚園や保育所は、子供からの希望が多いらしい。いっそのこと、全員介護施設、老人施設、って手はないのか。

時期は、他の学校行事を考えるとどうしてもこの時期になる、って。もっとも、今の時期が具合悪いのは、こちらの職業だけかもしれない。
で、現場サイドではやめたい、感が、ありありと浮かんでいる。

府レベルのことだったら、橋下さんに頼めばやめてくれるか、とも思うが、国の事業なんでやめられないそうです。


昨日、動物園からの帰りにファミマの前を通ったら、(うちに来た実習生の)同級生が、「寿司買って」って、寒空の中、立っていたそうです。
さあ、どっちが良かったんでしょう。
  1. 2012/02/04(土) 13:35:23|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

思わず、

当選したサーカスのチケットを使おうとしたが、家族の予定が合わない。冷静になって考えると、往復の高速代で2400円かかる。それに、休日だったら差額の1000円が必要になる。それにガソリン代まで考えると、いくらになるのか。まあ、家族サービスにそれなりの経費がかかるのは仕方ないが、サーカスは待っていると、大阪に来てくれる。さらに、大阪のチケットは(種類にもよるが)オークションで実勢価格1100円。またまた、こっちのチケットは土曜日でも使える。

ということで、姫路の券と交換したつもりで、姫路のはオークションで処分し、大阪のチケットを購入した。

知り合いに頼まれた分を合わせて、7枚購入し、各自に配布。
ありゃ?、自分の分が無くなった。

で、ええい、で追加で10枚購入。

さあ、今度は消費できるのかどうか。
今のところ、1000円でなら売れているので、このまま経過してくれれば、余るのがわかった時点でも処分できるかもしれない。3月、大阪に実際にサーカスが来た時点で、この手の入場券が値崩れを起こすのか、高騰するのか。
こんなんで儲ける気もないが、損するのもイヤ。

まあ、いよいよ困ったら、知り合いに行ってもらうのが一番いいか。
どなたか、ご一緒しますか?

DSC01885.jpg








なんだか、新聞の勧誘屋になった気分。
  1. 2012/02/04(土) 12:34:20|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ
【楽天市場】本・雑誌・コミック