毎日の院長

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

新聞社の取材

こないだ、取材を受けたというのは、毎日新聞。
今のところ、いろんな記事が吹っ飛ぶような大きな事件がない限り、10月6日の夕刊に載る予定だという。何だか、急な話というか、新聞社だけあって、仕事が早いというか。

ちょうど今日、スタッフの子供が小学校でもらったという新聞を持ってきてくれたところ。
読売KODOMO新聞、と言うものだそうです。そういえば、これと同じ感じの記事、写真を以前、毎日子供新聞に載せてもらったこともあります。


DSC01295-1.jpg









もちろん、掲載紙はくれると言ったけど、「リアルタイム」で新聞をみたけりゃ、どうすべか。
知り合いに、何新聞を取ってるか、聞いてみた。

私の周りは、朝日新聞が多いみたい。毎日新聞・・・・、見つからず。

某女史。新聞、さあ、知らんわ、読んだこと無い。
別の子。うち、新聞、取ってない。
こんな非国民も、日本にいたとは。

ネットで検索してみた。
読売新聞が1000万軒、朝日新聞800、毎日350、産経160、と言うのが見つかる。
大阪で読売新聞を取ってる人、って、聞いたこと無いけどなあ。

朝日も、最近はいまいち。産経がおもしろい、って話がちらほら。

うち?今は朝日新聞。よくわからんが、景品をもらう都合で、何年かごとに新聞社を替えているんだそうな。ええのかなあ。私も、非国民のような気がしてきた。
  1. 2011/09/30(金) 19:52:59|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

往復300km

往復300km、時間にすると往復5時間はかかるので、もうええかなあ、と思いつつ、これだけのまとまった数のコウモリが入る穴は他に知らないので、やっぱり来てしまう穴です。
ただ、何回も通うのはさすがに大変なので、秋のユビナガコウモリ、冬のキクガシラコウモリ、と言う感じになっています。

近くにクリの木があったので楽しみにしていたけど、ほとんど実の入っていないイガがあちこちに落ちているだけでした。残念。
その代わりじゃないけど、マムシを採集してきました。これって、持って行くところへ持って行けば買ってくれるのかなあ、と思いつつ、「さばく」ルートがなけりゃ、やっぱり博物館行きか。

そのまま帰るのももったいないので、どこか寄るところがないかなあ、と思って地図を眺めていました。でも、思いつくのは、動物園、水族館しかありません。

姫路セントラルパーク?一人で行ってもねえ。
姫路動物園?こぢんまりしすぎ。一度行ってるから、いいかな。
結局、須磨水族館へ。


この穴へのルート。最初は、阪神高速から中国道、佐用インターまで。これって、いくらかかるの?あまりにももったいないので、最近は湾岸線から第2神明。
今日は、須磨に寄ったこともあり、帰りは一般道で。
高速代を浮かせて水族館の入場料金。と思っていたら、駐車場が800円もかかった。

って、なんだか、子供の日記みたいなおもしろくないブログで、申し訳ないです。
コウモリの標識データを整理して、記録をまとめ、今日はHPもいろいろ書いていたら気力が無くなってしまいました。

DSC00275.jpg










前回もらったパンフレット。

  1. 2011/09/29(木) 22:04:15|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

おっさんディ

昨日、映画のおっさんディ。見事に、ほとんどおっさん、だった。

スリーデイズ
無実の妻を脱獄させる話。最終的に真犯人が捕まるのなら「逃亡者」に似た話になるんだろうけど、こっちは逃げて終わり。
派手な逃亡劇ではないが、ひやひやが続きます。まあ、映画なんで、「危機一髪」を繰り返しながらも捕まることなく、第3国へ出国。めでたし、めでたし。

一瞬の場面、言葉があとで、あ、なるほど、と思わせるところがいくつかあります。計算され尽くした映画、かなあ。

90点。

  1. 2011/09/28(水) 19:37:41|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

祝 入賞

DSC01268.jpg








「共同研究者」である中学一年生の知り合いが、キクガシラコウモリの出産保育コロニーを観察して研究報告を理科展に出展したところ、「優良賞」をもらったそうです。

断言します。大阪府下の中学生で、キクガシラコウモリの赤ん坊を観察したのは、このNSさんだけです。(あ、書いて気が付いた、NSさん、って、Nature Study につながっている。それで理科に強いのか、って、しょうもないギャグ。)

大阪府下での、キクガシラコウモリの出産についての報告は、私の一編とこの一編しかないはずです。


小学校の理科研究というのは、たいてい親がするもので、某小学校では親を集めての説明会をやっていました。中学生で理科研究というのは、実際は提出する方がめずらしいんじゃないでしょうか。

「共同研究者」として、書き方、まとめ方なんかの相談があるくらいなら、こっちで全部書いた方が早いだろうなあ、と思っていましたが、データの問い合わせが2,3あったくらいで、あとは自力で書いたようです。それはそれで。たいしたもの。
  1. 2011/09/27(火) 20:27:44|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コウモリ!コウモリ!

知り合いの方から、頂きました。
コウモリ!

コウモリグッズが、また増えました。
カワイイ顔をしているので、ヒナコウモリ科でしょう。

DSC01270.jpg







DSC01282.jpg







  1. 2011/09/26(月) 20:08:03|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

不便!

メガネが壊れた。なんかこの頃すっきりしないなあと思っていたら、鼻当てが片一方取れていて、金属が直接皮膚に当たり、赤くなっている。さらに、そのためにメガネの位置が左右微妙にずれていて、「世の中」が微妙にゆがんでいる。反対側の鼻当てのゴムを、取れた側に付け替えるとマシになるかと思ってやってみると、はずれたのは良いけど、取り付けられない。結局、両側ともパッドが無くなって、さらに悪化。

このメガネ、某有名メーカー製で、形状記憶合金的なフレームで、柔軟性がある。逆に、そのためだろう、だんだんゆがむのか、何となくフィットもしていない。自分で修正しようとすると、よけいにゆがんでくる。

昔に作ったメガネを探し出す。こっちは、国産。
一年以上使っていないので、違和感がある。さらに、いつものメガネと度が違うので焦点が合わしづらい。世間で言う遠近両用なんだけど、近の部分のピントの位置が下過ぎて、字を読む時、顔は上に、目は下に、と言う感じ。非常に疲れるし、涙が出てくる。

仕方なく、鼻当てのないメガネをかける。ゴムがないと、金属が食い込む。


あ、字さえ書かなければ、読まなければメガネは必要ないんですけどねえ。
メガネが必要になってから、極端に本を読まなくなったのも事実。いかんなあ。


DSC01266-1.jpg









今月の病院。
これを見ていると、またまたコウモリに会いたくなってきた。
  1. 2011/09/26(月) 19:51:57|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

タヌキ続報



DSC00616.jpg





















  1. 2011/09/25(日) 17:31:57|
  2. 仕事?野鳥|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

卒業・ナイトミュージアム

映画の、ナイトミュージアムから始まった(と思う)お泊まり企画。「恐竜の下で一泊」
夜の公園を散歩したり、懐中電灯で展示を見て回ったり、まあ、子供にとっては(私にとっても最初は)わくわく感あふれる行事。
今年で3回目だったか、4回目だったか。
皆勤賞だったけど、とうとう、今年は参加せず。

事業ワーキンググループというのがあって、そこの若いお兄ちゃん、お姉ちゃんが世話人として参加してくれ、年寄りはもういらんかなあ、と言う感じ。お泊まりと言っても、早朝にも散歩の行事があったりして、翌日、かなりこたえるようにもなっていたんで、まあ、潮時だったか。

夜の散歩では、バットディテクターを鳴らしつつアブラコウモリの説明をしていたんだけど、その要請もなく、やっぱりコウモリって、マイナーな動物なんだなあ、っていうのが実感。もっとも、コウモリの説明なんて、あれかアブラコウモリです、くらいだから、誰でもできると言えばできること。しいて、私が出かける必要もない、と言うことか。気合いが入っていたときは、コウモリ3種の、「生体展示」(たまたま、保護個体がいた)もしていた。前日、コウモリを飼育している大学と共同調査をしていたので、アブラコウモリを借りることも出来たんだけど、それもパスしてしまった。


毎年、50名くらいの募集に100名くらいの応募があり、全員当選で対応していたが、今年は100名をはるかに超えて、抽選したらしい。それだけ興味がある人がいるのに、会員数そのものは伸び悩み。これはこれで、つらい話。

  1. 2011/09/25(日) 12:47:00|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

少数意見だと思いますが・・・・・

某紙からメールが来た。コウモリを取材したい、って。
昔は、情報の拡散は好ましくないし、危険だから、って断ることが多かった。最近は、穴の場所を教えても興味本位で訪れる人は皆無らしい、と言うこともわかったので、まあ、見たいならお連れします、と言うことで、同行してもらうようにしている。ただし、記事になるのかどうかは、よくわからない。

今日の「取材」に限らず、「コウモリを調べている」と誰かに言うと、必ず、「どうして調べているのですか?」って、聞かれる。「カワイイから会いたくって」って、返事をして、キクガシラコウモリの写真を見せる。
たいてい、会話はそこでいったんストップする。「そうですね」という返事が即座に返ることは、滅多にない。
特に、キクガシラコウモリの赤ん坊の写真を見せると、こちらを見る目は、「変な人」を見る目に変わっていたりする。

私のHPのコウモリを見て、「カワイイ」と思われる方、世間では少数意見です。「変人」と思われる可能性が大きいですぞ。
お気を付け下さい。


DSC00254.jpg








写真に、手書きの、なんやらおかしなコウモリがいっぱいぶら下がっています。
溶岩洞、って呼ぶんだったか。
  1. 2011/09/24(土) 22:57:19|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

だから、埋まる、って

コウモリ調査へ行ってきた。
いつもは混んだことなんてない、国道173号線。トロトロ。こんなところでトロトロ、って、どこまで混んでいるんだろう?みんな、丹波篠山へ栗拾い?現地へ行くだけで、疲れてしまった。

今日の主目的は廃坑の出口探し。この穴、最後が10mほどの縦穴。上を見上げると、空(じゃなく、実際はブッシュ)が見える。この縦穴の下付近で、いつもキクガシラコウモリが出産している。

いつもは内部からそこまでたどり着いているんだけど、一カ所で積まれていた岩が崩れ、もう一カ所では急坂で土砂が落ちてきてしまった。内部からでも這えばたどり着くのだが、さすがに何度も入る気にはならない。上から降りられればかなり楽になる。で、出口を探そうと言うことになった。

今日は、穴の下から釣り竿を延ばし、防犯ブザーを鳴らした。で、同行者がその音を頼りに出口を探した。
見つかった。
上からワイヤーハシゴを降ろしてもらう。登ろうとするが、ほぼ垂直の穴で足の置き場が無く、ぶらぶらする。おそろしい。開口部まではそこそこ広い断面積があるのに(だから、ハシゴごと、揺れる)最後の30cmほどが急に狭くなり、肩幅くらいしかない。上からなら、たぶん重力で落ち込んでしまうだろう。が、逆に登ろうとすると、その部分でにっちもさっちもいかなくなり、出られない。穴から、同行者が記念撮影してくれ、握手は出来ても、体が出ない。しばらくぶら下がっていたけど、だんだん腕も疲れて、このままじゃ落下しそうな気がして諦めた。

うーーん、残念。

あとから思ったけど、開口部を広げれば出入りできるかなあ。でも、今の状態でかろうじて安定しているだけで、よけいなことをすれば完全に崩壊するかも。

そういえば、内部の土砂は、ここから落ちたものが何十年にわたって堆積したものらしい。坑道自体は岩石っぽいので。今日によく見ると、土砂の下に岩が見える。この土砂を取り除くとスペースが出来て入りやすくなるか。って、その土砂はどこへ出すの?

別の廃坑では、急に水位が上がって入れなくなったところがある。スコップを持って行って、排水しようとした。
また別の廃坑では、上部が崩れて長さが2/3になってしまった。ここももう一度発掘して、向こうへ行けるようにしようとしたが、さすがに諦めた。

うーーん、こんな事を考えているようじゃ、いつかは埋まるなあ・・・・・・。

DSC00238.jpg







生野銀山
多田銀山と同じで、探すと、山中にいくらでも穴があるらしい。が、遠すぎて調査する気にならん。
公開さている坑道はそれなりにおもしろいし、展示もおもしろい。
まあ、一度は行く価値があるかもしれません。
  1. 2011/09/23(金) 18:31:55|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

死ねば孤独 安らかに・・・・

加太や友が島には、明治時代の軍事施設があちこちに残っている。友が島には、崩壊はしているが将校の家というものまで現存し、生活臭が残っている。それ以外にも、住居の痕跡はあちこちにある。
明治時代、当然のことではあるがいっぱい「軍人さん」がいたんだろうと、漠然と思うことはあったが、それ以上の事は考えなかった。

今日、その時代の墓地を訪れた。

正面には、階級と本名、横には、出身地と亡くなった日だけが書かれている。1段の、簡単な墓石。
明治30年とすると、生まれたのは江戸時代だったのか、明治一桁台だったのか。

出身地が書かれているが、亡くなってそこへ帰ることはなかったんだろうか。ご両親は?ご兄弟は?妻子はいたのか?なぜ、亡くなったのか?なぜ、ここに埋葬されたのか?
墓石は、まさにその人が生きていた証で、その歴史はその時点で止まってしまった証拠でもある。なんの縁もない人ではあるが、墓石と対面すると100年を超えて対話できるような気になる。

あなたが迎え撃つはずだった外国の軍艦は、来ませんでした(当時は日清、日露戦争の時代か)、あなたが亡くなってから別の戦争があって、日本は負けました、負けましたが、復活しています。

そんな説明をするまでもなく、出身地を遠く離れたこの地で眠り、ずっと日本を見ているのかもしれない。


安らかに、お眠り下さい。








  1. 2011/09/22(木) 21:18:51|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

まあ、整理すればそれなりに

動物園、博物館のパンフレット、入場券、簡単な展示解説、とりあえずどこかに行けばもらって帰る。空き箱にほりこむ。どんどん増える。こんなん、貯まっても何に使えるのかなあ、と思いつつ、まあ、ほかす理由もない。

箱があふれたので、ひっくり返してみた。数が増えると、同じ動物園でもそれなりに個性があって、おもしろい。それらを見ていると、ぼけ始めたとはいえ、行った当時を何となく思い出す。まあ、HPを書き出して10年たつし、その10年の間に貯めたのものが多いので、思い出したくなれば自分のHPででも、チェックできる。不得意ではあるが、整理を試みる。

といっても、ファイルに一つずつ入れただけ。一冊は動物園、水族館、もう一つは博物館相当施設、てな感じで。北から並べるとか、行った順番とかの高度な分類はできず。まあ、気が向けば、索引でも作るべか。

ということで、しばらく、その画像でお茶を濁すというか、ブログネタに使っていこう。

DSC00242.jpg








DSC00241.jpg








記念すべき一発目は、やっぱり、ここ

B級スポット発掘家の方のHPはこちら。こっちの方が、取材が丁寧。
  1. 2011/09/21(水) 20:36:37|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

満身創痍

WIN98。まだ現役。
といっても、やってることはメールのチェックと、HPを見るくらい。もちろん、重たいHPや、動画は無理。それでも、難しい仕事さえさせなければ、まあ、それなりの仕事はする。

が、先日、突然、動かなくなった。マウスを認知しなくなった。何をしようにも、マウスが動かないとチェックのしようがない。キーボードのどこかをいじくればマウスの代わりになるんじゃないかと思うんだけど、よくわからん。
何度も再起動をかけるが、いっこうに治らず。

このコンピューター、キーボードにマウスをくっつけてるタイプ。本体にUSBを見つけたので、マウスをつないでみた。
復活。
ただ、デスクトップなんで、本体はあっちゃにある。キーボードはこっち、画面はそっち。あっちの本体から、長い線でマウスがつながっている。
なんやら、ややこしい。


  1. 2011/09/20(火) 19:09:14|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

参拝

伊勢神宮へ行った。
まず、内宮。
そもそも、伊勢神宮って、何?、って言ったらバチが当たりそうだけど、なんであれだけ有名で、みんな行くのかなあ。神社の総本山?

一応は心して神妙に行ったつもりだが、最初の手洗いから迷う。あれも、なんか作法があったんじゃないかなあ。
よくわからぬまま、手を洗い、本殿(っていうの?)へ。

二礼二拍手になんとか。前の人のまねでもしようかと思うが、みんな同じというものでもない。どれが正解かわからぬ。わからぬまま参拝し、帰り道。
鳥居ごとに振り返って、礼をしている人がいる。うーーん、そんなもん?

で、「おかげ横丁」
こんどは、何が「おかげ」なのか、わからない。これもまたわからぬまま、「赤福本店」へ行って、赤福を喰らう。

バスに乗る。五十鈴川駅へ戻るか、外宮へ行くか、迷う。内宮と外宮の違いもさっぱりわかっていない。両方ワンセットで行くべきなの?よくわからぬまま、時間も遅くなっていたので外宮へは行かず。


うーーん、やっぱり勉強してから行くべきだったか。
  1. 2011/09/19(月) 23:03:37|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

気楽な月例ハイキング?

博物館の、月例ハイク。行き先が紀見峠~天見なので、なんとなく懐かしくって参加してみました。日曜日が仕事のことも多く、ちょうどタイミングが合ったことも参加できた一因です。

月例ハイキングの「定義」については、評議員会議でも時々話題になります。基本的には、資料なんかも用意せず、観察に主眼を置くことなく、気軽にぼちぼち歩きつつ、会員相互の親睦を図りましょう、と言うことなんだそうです。それでも担当者によっては地図を用意したり、資料を作る場合もあります。また、目的を植物なり、昆虫なり、地質なり、テーマを明確にして出かける場合もあります。もっとも、「ディープな」会員さんは、担当者の名前と目的地からテーマがわかるようでもあります。

久しぶりに一般参加しましたが、この頃、参加者が非常に多くて列が長くなり、先頭の学芸員が何かを説明している雰囲気は後ろの方から何となくわかるのですが、何を説明していたんだかはさっぱりわからず、まあ、先頭は植物屋さんだったので聞いてもわからんだろうな、と思いつつ歩いていました。

また、この頃の月例ハイクはそんなに長距離も歩かないし、気楽だろうと思っていたら、今日のコースは登りも下りも急坂で、観察どころじゃありませんでした。

うーーーん、岩湧山へ行くなら、この何倍も歩かんとあかんのだけど、今日の感じじゃ、自信がないなあ。
昔は元気だったんだなあ。

DSC00299-1.jpg






  1. 2011/09/18(日) 19:06:27|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

もらっても、ねえ

9月末は、年に一度の、動物愛護週間、だそうです。毎年、ポスターが送られてきます。
愛護週間、って、結局何をすればいいのかよくわかりませんし、ポスター自体、正直、あまり張りたくなるような図柄でもないので、どうすべかなあ、と思っているうちに9月は過ぎ、他の使い道もなくそのまま廃品回収へ、というパターンが多いです。日本中の獣医さんの分を印刷し、封筒に入れて送る手間とお金というと、膨大でしょうねえ。その経費、もっと他の使い道はないんでしょうか。
(あ、都道府県の獣医師会が事務をやっていると思うんで、東京ですべてやっている訳じゃないと思う。さらに、国がお金を出しているのか、獣医師会(すなわち、私の会費?)が出しているのかも、よくわかっていません。)

動物愛護協会の名前を見るのも、おそらく年に一回、この時期だけ、かなあ。もっとも、私自身が勉強不足なんで知らないだけかもしれません。もっと獣医師会と協力して、何らかの事業を、年間を通じてするべきなのかもしれませんが。
これもなぜだか知りませんが、この時期に、天王寺動物園の無料入園券が一枚だけ、送られてきます。有効期限が数日しかなく、結局使えないことがほとんどなんですけど。

DSC01249.jpg








  1. 2011/09/17(土) 14:51:24|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

紳士のスポーツ??

いつまでも暑い。夏はじぇんじぇん熟睡できていないような気がする。10時過ぎにはベッドに入りテレビを付けるのだが、30分ほどしか記憶はない。とりあえずは寝ているんだろう。が、1時間ほどして目が覚めて、またテレビを付ける。(そういえば、最初は誰がテレビを消しているんだろう、無意識的に私が消しているのか、妻が消しているのか。)
時間を確かめると、11時過ぎだったり、2時頃だったり。
以降は、寝るのとテレビを付けること、さらに、クーラーを付けたり消したりで、朝が明ける。昨晩もそんなことをやっていると、ラグビーをしているのに気が付いた。

世間はそんなに騒いでいないのだが、NZでワールドカップをやっているらしい。まあ、国民というのも薄情というか、「強くないスポーツ」には冷たい。サッカーとは、扱いが全然違う。

点差を見ると、80点くらいある。まあ、相手がNZなら、そんなもんか、と思いつつ、うとうとしながら見終わり、朝の新聞を見ると、日本は主戦級を出していなかった、と書いてあった。負けるのが最初からわかっていたので、勝つ可能性がある一戦のために主力を休ませていたのだとか。で、NZはその布陣を見てから(抗議のために、と新聞には書いてあったけど)出場予定の選手を交代させたんだとか。

サッカーでも、勝てそうな相手の時には主力選手を引っ込める時はあるけど、これって、立場が逆。報道を信じるなら、負けがわかっていてので試合をほかした、と言うこと。反して、NZは勝つのがわかっていたけど、主力選手も出場させる予定だった、と言うこと。

大学時代、友人がラグビー部に所属していてよく試合を見に行ったりしていたので、ほんの少しは興味がある。
何の大会だったか、新日鐵釜石と対戦したことがあった。友人のチームは人数がそろうかどうかと言うよな、弱小のチーム、相手は日本一を争うようなチーム。
当然、まともな試合にはならずに100点ゲームではあったけど、ちょっとでも手を抜くと相手のチームの監督は選手をしかっていた。

まあ、本音と建て前、プロスポーツともなるといろいろあるんだろうけど、実際はそんなもんなんですかねえ。

ということで、今日のブログの前提、「日本は試合をほかしていた」というのは、事実なんでしょうか。ラグビーに詳しい方、お教え下されば幸いです。

  1. 2011/09/17(土) 08:24:10|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

松田龍平、って、

先日見た映画、「探偵は~」に出ていた松田龍平は、松田優作の息子だそうな。
ググってみると、松田龍平が6歳の時に優作が亡くなっている。22年前。

松田優作が活躍していた時代は、私の大学時代と重なるようである。といっても、大学の時はテレビもなかったし、映画も見なかったので、特に優作のファンというものでもなかったが、テレビドラマは友人宅で見ることもあったし、名前や顔はすぐに浮かぶ。
その息子が、私が見ていた父と同じ年令になって映画で活躍している、って、なんだか、不思議な感じもある。そんなに年取ったんかなあ。

そういえば、今の首相は、私より年下らしい。
それもなんだか、こちらの年令を感じさせるようで、気が焦る。焦るといっても、何を焦っているんだか、よくわからんのだけど。しいて言えば、寿命の半分以上が過ぎている、ということかなあ。世間の半数以上は私より年下、と言うことかな。まあ、当然と言えば当然だけど。

  1. 2011/09/16(金) 21:29:53|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

飼育ボランティア

役所から電話がかかってきた。タヌキを預かって欲しい、とのこと。まあ、よくあることなんで、いつでもどうぞ、というと、飼育ボランティアとしての預かりで、と言うことだった。

いつだったか、なぜかだったか、今となってはあまり記憶にないんだけど、そういえば数年前に、ボランティア登録したっけ。たぶん、一ヶ月を超える飼育は傷病における一時飼育の範疇を超えるので、ボランティアとして飼育しようとしたんだったか。
でも、登録してから今まで、ボランティアを続けるかどうかの問い合わせや、飼育依頼の動物は来なかった。
一度だけ、ボランティア向けの講習会の案内が来たんだったか。ボランティア向けに来たのか、救護ドクター向けに来たんだったか、記憶にない。
まあ、へんな立場なんで、私には案内を送ってないということもあるのかもしれないが。

で、今回は正式に、書類をもらって飼育することになりました。










画像はこちらにちら、っと載せています。かわいいのでもっと写真を、と思いつつ、いつもの「めんどくさい」で、あまり写真を撮っていません。
気が向けばそのうち・・・・・。
  1. 2011/09/16(金) 19:28:21|
  2. 仕事?野鳥|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

久しぶりに切れた

久しぶりに、母の家に行く。テレビが映らないという。見ると、画面の下の方にラインが出て、黒くなる、と言うのを繰り返している。確かに古いテレビだけど、地デジ前にはそんな風じゃなかった、という。たまたま知り合いからDVDを借りてきていて、それを流すとそういう症状は出ない。ということは、これって、アンテナかなあ。

「年寄りの一人住まい」だと、地デジになってテレビが映らなくなったら、無料で見に来てくれるはず。ネットでチェックして、電話してみる。

受付のねえちゃんと話するが、さっぱり要領を得ない。どこ製のテレビか聞くので、シャープだというと、シャープに電話せよ、って、シャープの電話番号を教える。それって、普通のテレビ修理でしょ?当然お金がかかるんじゃないの?
しばらくして、技術担当というのと代わった。
症状を言う。向こうは、テレビがおかしいんじゃないか、って言う。
こっちは、DVDは普通に見られるんだし、地デジ前はこんなんじゃなかったんだし、ごちゃごちゃ言う前に、テレビが悪いのか、アンテナが悪いのか、地デジが悪いのか見てほしい、いわゆる高齢者の一人住まいなんだから、というが、じぇんじぇん来る気はないらしい。

テレビでさんざん、どこそこに電話しろ言うくせに、いざ電話しても問題が解決しないって、どういう事?
どこに電話がかかったのか知らないけど、出張してもその費用はあんたがかぶるんじゃなく、国がだしてくれるんじゃないの?仕事は多い方が良いんじゃないの?

話しているうちにだんだん腹が立ってきて、もう頼まん、って捨てぜりふで、一方的に電話を切ってしまった。



あーあ、年取ったかなあ。
  1. 2011/09/15(木) 19:54:19|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

祭り

あちこちで祭りの季節。
幸か不幸か、自宅の町内では、祭りはない。よって、その準備や寄付など、いろんなゴタゴタは経験したことがない。知り合いが岸和田近くに住んで商売をしているが、それはそれは、この一ヶ月ほど、たいへんらしい。

病院の近く(近くもないんだけど)には、方違神社がある。で、ここは祭りがある。で、病院の近くの子供会が子供御輿を出して、病院の前を練り歩く。前を通るとき、引率の親だったり、上級生が寄付をもらいに来る。御輿の後ろに「祝儀袋」がいっぱい、ぶら下がっている。

昔、私も子供会の役員をしていたことがあり、その活動費稼ぎに毎月、廃品回収をしていたことがある。子供が3人いたんで、けっこう何年もやっていたなあ。休日の半日を使って、自動車で各家庭に出された新聞やボロを集めて、やっと月に2,3万円。それに比べれば、この寄付集めって、けっこう楽チンだなあ、と思ってしまう。

子供会の活動費集めというのはけっこうしんどいというのを知っているので、何年かは祝儀を出していたんだけど、毎年決まって寄付していると、領収書をあらかじめ用意していたり、当然のように「タオル」を用意して「集金」に来ている感じになってきて、いつの頃からか、やめてしまった。一度寄付を止めると、それからは来なくなった。

よかったんだか、こちらが大人げないのか。
「町内で仕事」させてもらっている以上、そういう付き合いも必要なのかなあと思いつつ、結局、何もしていない。

  1. 2011/09/14(水) 19:09:48|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ずいぶん、ご無沙汰でした

ずいぶん、ご無沙汰しています。
なんとか、一人の生活に慣れました。最近のお気に入りは、このゲージの上です。風が通って、ちょっと涼しいです。
秋、冬の準備で食べる量が少しずつ増え、体重も増えつつあります。夏はあちこち禿げて見苦しかったのですが、毛もきれいに生えてきました。
こないだは、カマキリやイモムシをいっぱいもらい、久しぶりにごちそうをもらった気がしました。缶詰のフードだけでは、やっぱり飽きてしまいますから。

DSC00157.jpg







DSC00160.jpg







  1. 2011/09/13(火) 19:51:00|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

邦画もええなあ

大泉洋。ええ俳優ですねえ。
「探偵はBARにいる」

邦画は字幕を読まなくていいし、洋画は、外人は顔がすぐにごっちゃになるんだけど、邦画はそれが無くって気楽。
ストーリーも、どんでん返しが何度か。最後の最後に見せ場。

竹下景子。年取ったなあ。


ちょっと、暴力が多すぎる。
映画としては、非常に良くできています。
最初に書いたとおり、大泉洋がそのままの演技。

85点。

DSC00155.jpg







DSC00156_20110910215039.jpg








なんの関係もなく、庭でできたスイカ。
けっこう、おいしかった。
  1. 2011/09/12(月) 19:29:12|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

久しぶりの探鳥会だったけど、

なぜか知らないが、今月は日曜日に休めることが多い。今日も休みで、鳥の会の、観察会の予定が入っていた。
目的地は、信貴山方面。ケーブルカーに乗って、北へ歩こう、というもの。秋の渡りの鳥を見ようという計画だったが・・・・・。

基本的に、山の中というのは鳥の声は聞こえても、姿は見えないことが多い。鳥を見る「普通の人」は、鳥の声で種類を区別し、記録する。わたしゃ、そういうの、じぇんじぇん。人に聞いて、「何々です」と言われて、「はあ、そんなもんですか」と思うことがほとんど。もっとも、姿を見ても、ヒタキ類とか、ムシクイ類は鑑別ができない。人に言われ、それを信じるだけ。もっとも、自分的には、その鳥でも、あの鳥でも、あんまり感激もないんですが。

大昔は、昆虫少年だった。虫は採集の喜びもあるし、同定は実物と図鑑を比べられるので、(まあ、普通種なら)楽。それでも、種類数となると、膨大。チョウやカミキリ以外となると、なかなか同定できない。鳥なら、100も覚えればどこでも通用するか、と思ったんだけど、手に取れないということに気が付いていなかった。
結局、虫も中途半端、鳥も中途半端のような気がしている。

保護で来た鳥は、図鑑に載っていないことはないので、まあ、間違うことは少なくなってきましたが。


ちなみに、けっこう歩いたけど双眼鏡で確認した鳥は、・・・・・・、せいぜい数種類、かなあ。

DSC01203.jpg






同行されていた方が、採集されました。
思わず、頂いてしまいました。
  1. 2011/09/11(日) 18:32:33|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

(宣伝)OCEAN 海はモンスターでいっぱい

博物館の特別展を見てきました。

最近、「ブロガー招待」ということで、特別展を取材してブログに掲載することを条件に、(抽選で)無料招待してくれます。
よって、宣伝しておきます。


たいへん、おもしろい展示です。
魚からシーラカンス、首長竜からクジラまで、海の生き物、大集合です。
まあ、一度は見ておいて損はないでしょう。

シーラカンスはもちろん本物だし、化石もけっこう、本物が展示されています。クジラも各種あって、非常に興味深いです。

umi2.jpg







  1. 2011/09/10(土) 21:47:11|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

UTF-8、って、何?

メールアカウントは2つ使っている。自宅がeonet、病院がocnなんで、その2つを適当に使っている。メールを使うコンピューターは自宅に1台、病院に2台。なぜか知らぬが、病院でメインで使っているパソコンの、eonetの送信ができない。受信はできている。特に使い分けはしていないし、どちらかというとocnの方がメインになりつつあるので、ocnで送信すれば大きな問題はなかった。これまたどういう訳か、病院のwin98(まだ現役)では、どちらのアカウントでも送受信できる。

東京のSさんからメールをもらって、返信した。以前にも言われたが、文字化けして読めないという。なんで?他の人とのやりとりでは、そんなことはないし、Sさんのメールも普通に読めるんだけど。
で、ocnとSさんのプロバイダーの相性が悪いのかと、eonetでメールを送ろうとしたが、送れない。あちこち調べるが、よくわからぬ。eonetに電話してみた。

アカウントの設定をいくつか、いじくって、これで大丈夫です、と言われる。
メールを送ってみる。
行かない。


ハタと気が付いた。どこかのHPに、セキュリティーソフト云々と書かれていた。使っているソフトは、無料のアバスト。アバストの、メールのところで、送信メールのチェックをはずすと、送れるようになった。
ということで、アカウントとか、プロバイダーとかは関係ないらしかった。

で、また用事があって、Sさんに返信してみた。
あれ?これ何?メールの一番上に、(UTF-8)って、出てくる。他の人のメール返信ではくっついてこない。これが原因じゃないの?

UTF-8をググってみる。
さっぱり、わからん。
昔のコンピューターの、説明書を読んでいるみたい。ほぼ100%、理解できない。


結局、やっぱりSさんの方で対応すると、読めるようになった、との連絡を頂く。
こちらも、eonetでの送信ができるようになって、めでたし、めでたし。
  1. 2011/09/09(金) 19:45:28|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

達者で暮らせ、るかなあ

先日保護されてきたドバト。中手骨の骨折。外固定して何週間か、たつ。
自宅のリハビリケージに入れていたが、これ以上の改善はないだろうし、新入りが来たので退院してもらうことにする。
ちょうど今日は休みをもらっていたので、朝9時くらいに某公園へ連れて行く。
案外、お友達というか、ドバトが少ない。

とある一角に、大勢の人。ラジオ体操でもやっているのかと思ったら、「なんちゃら太極拳、なんちゃら」と書いた旗が2,3本たっている。
ちょうど、中国のニュースでよくやってるような、空き地でみんな集まってやっている感じ。ゆったりした音楽を流し、集まっているのは高齢のおっさん、おばはん。師範役なのか、前には二人。

それを見ながら犬の散歩をしている人がちらほら。こっちのおっさんは犬を連れつつ、少し離れたところでまねをして腕を動かしている。
まあ、太極拳が健康に良いのかどうかは知らないが、毎朝、自転車に乗ってここに集まると言うこと自体が、健康に良いんだろう。


そういえば、子供が小学生だったとき、子供会の役員をしていて、夏休みの何週間か、ラジオ体操にかり出されていた。当時は若かったのかなあ。朝がつらかった。(今なら、5時でも6時でも、普通に起きられると思う。)
寝ぼけながら自転車に乗って会場まで行き、申しわけ程度に手足を回し、終わるとすぐに家へ帰って二度寝。
なんだか、一日中眠たくって、ラジオ体操というのは健康に悪い、と実感していた。
今でも、そんなこと、やっているのかなあ。
  1. 2011/09/08(木) 12:16:33|
  2. 仕事?野鳥|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

空き缶

空き缶回収の日。
別に、自治体を儲けさせようとは思わないので、「空き缶のおっちゃん」に持って帰ってもらおうと思って、アルミ缶だけ別に袋に入れ、前日から出すように心がけている。なんでも、「その手の業界」では競争が激しくって、前日の夜中に集めると言う話を聞いたことがあるので。

とはいえ、特に最近、缶ジュースなんかも飲まないし、ほとんど貯まらない。3ヶ月がんばって、10個あるか、ないか程度。そんな程度なんで、つい、当日まで出すのを忘れてしまう。
それでも、当日に回収しているおっさんもいるわけで、その人に持って帰ってもらってほっとしたりする。数個で何円になるのかはわからんけど。


妻から聞いた話。
某公園でテニスをしているので、知り合いが、そこに住んでいる、いわゆるホームレスのおっさんと顔なじみになったそうな。と、よくある、シールを何枚か台紙に張ると応募できる懸賞を何枚ももらったそうな。
「おっちゃん、自分で応募したらいいのに」
「いや、わいなあ、住所が無いねん」








居候の食料調達。
ミルワームに、鶏肉、新入りのためにオレンジ。
うーーん、高く付く・・・・。
  1. 2011/09/07(水) 19:28:51|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ブログか、twitterか、mixiか

自然史博物館友の会の、ブログ
いつだったか、「友の会ブログを作りましたので、みんなで行事を載せていきましょう」、と言うことになったんだけど、散発的に、忘れた頃に書き込みがあるだけで、ここ一年以上は更新がなかった。

更新のないブログほど見苦しいものはないんで、いっそのことやめるか、私が代表で書きましょうか?、と発言したところ、今後は行事ごとに担当を指名するので、数日以内に更新するように、との指令が下った。その最初が「ウミホタル」になったけど、私は担当からはずれて、学芸員さんが書いてくれた。ついで、「セミの抜け殻」を待っているんだけど、まだ載らないなあ。

ブログが会員獲得、引き留めに効果があるのかどうか、よくわからない。mixiがはやりだした時は、これからはmixiの時代、みんな登録するように、との話で、私も最初は参加していたけど、なんか性にあわなくってやめてしまった。で、今度は、twitterの時代、と言う人もあり、これもさっぱり理解できぬままになっている。結局、私の能力ではブログが限界、と言うことだろう。
さて、一般会員さんはどれを情報源にしてて、どれを活発にすれば喜んでくれるのでしょう。


ちなみに、現在の会員数は15-1600人の間、だったか。一時、2000名を超えていたんですけどねえ。会議のたびに、「ということで、会員数を増やしましょう」との話にはなるが、減少の理由もわからぬまま、対策を考えあぐねている感もある。
長居の競技場でなんちゃらの歌い手が来れば、人があふれかえる。知らぬうちに博物館(あるいは、友の会)へ入ってしまうように誘導すれば?、って言うんだけど、いつも却下されてしまう。


  1. 2011/09/06(火) 19:04:56|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

パスワード?

あちこちの会員サイト。重要なのは覚えているか、メモしているんだけど、どうでもいいようなところでちょっとのぞきたい時、調べたい時はてきとうな名前を入れて、てきとうなパスワードを設定している。
かなりたってからもう一度入ろうとすると、名前もパスワードも忘れて入れない。もういいや、と思ってまた別の名前で入ろうとすると、「そのアドレスは登録されています」って出てきて、入れない。
そういうサイトに限って、問い合わせは電話だったりする。
こんなネット時代に、なんでネットだけで対応できないの?わざわざ電話なんて、面倒だし、好きじゃない。

「秘密の質問」というのもよくあるパターン。
これもてきとうに質問を選んでてきとうに返事しているので、迷う時がある。
多いのは「ペットの名前」なんだけど、しーなだったか、シーナだったか、しいな?シイナ?ソフィ?ソフィー?ひらがな?カタカナ?

「たちの悪い」HPでは、パスワードを数回入れ間違うとそれ以降、何をしてもダメというところもあった。キャッシュカードじゃあるまいし、そんな「権威のある」HPでもないのにねえ。
  1. 2011/09/05(月) 19:29:04|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ
【楽天市場】本・雑誌・コミック