FC2ブログ

毎日の院長 改め、日々雑感

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

法隆寺

何年ぶりだろう、実家へ行って時間が余ったので、法隆寺へ行ってみた。
母は、聖徳何とか会に入っているので、「無料パス」のような物を2枚持っている。形式上は貸借出来ないが、実質的には誰でも使える。それを借りて、入れてもらう。

「懐中電灯を持っていく?」って、母に聞かれる。なんでも、夢殿で秘仏公開のようなものをやってて、ガイドさんなんかは、懐中電灯で仏様のお顔を照らすんだそうな。ええのかなあ。実際行ってみると、懐中電灯をお持ちの方は~、とか何とか書いてあったので、そういう人も多いのかもしれない。

いっぱい並んでいる仏像、いつの時代の物か、解説には書いてあるけど、実感が湧かない。貴重なんだろうなあとは思うんだが、あれだけいっぱい眺めているとどれもこれも同じように見えてきて、ありがたみが薄れてしまう。

法隆寺というと、いつも聞かされているのが、金堂の壁画の模写。戦後すぐだったか、祖父の店の2階(昔は、旅館もやっていた)に画家さんが寝泊まりしており、金堂に通って模写していたそうな。で、休憩の時にお茶を出す「仕事」を、母がしていたそうな。その関係で、その模写をしていた画家さんらに、記念に絵を描いてもらっている。B5の画帳みたいなのに、数名の方が絵を描いて署名、落款を押してくれている。たぶん、一流の画家さんばかり集まっていたんで、それなりの価値があるんじゃないかなあ、と思うんだが。
で、その時に、次に聞かされているのは、平山郁夫さんも、いつも来ていた、との話。当時はまだどこかの学生さんで、師匠の手伝いのようなことをされていたのだとか。その時に絵を描いてもらっていたら、それこそすごいお宝になってたのかなあ。








  1. 2011/05/05(木) 21:13:59|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
【楽天市場】本・雑誌・コミック