毎日の院長

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

今年は、大物揃い

博物館の、新収蔵展。公開は昨日からで、昨日は「ブロガー招待」に申し込んでいたけど、都合で参加出来ず。友の会会員は、いつでも無料で入れるので、一日遅れで、見に行ってきた。

入り口に、博物館の入場料金、300円が必要です、半券を見せて、って書いてある。受付のお姉ちゃんは、知っているような、知らないような。
「友の会会員です」って言うと、会員証を見せて下さい、と言われる。今まで、博物館入り口とか、裏口、受付なんかで、お姉ちゃんと会うと必ず挨拶もしているし、評議員として顔を売っていたと思ったんだが。規則なんでおっしゃったのか、知らないのでおっしゃったのか。今まで、会員証なんてどこにも見せたことがない。あわてた。
カバンをまさぐると、シワだらけの「家族会員証」が出てきて、それで何とか入れてもらった。あやうく、追い返されるところだった・・・・・・。

展示は、今年は当たり年か。りっぱな標本がいっぱい並んでいます。
見応えがあります。ぜひ、見てきて下さい。(ブログに紹介するのが、「ブロガー招待」の必要条件でした。)

本家のHPにも掲載予定ですが、引っ越しがらみで、掲載まで数日かかるかもしれません。掲載場所は・・・・・、気長に、あちこち探してみて下さい。









  1. 2011/04/30(土) 19:23:36|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

普通の観光地

金閣寺へ行った。娘は、小学校の遠足で来たことがある、というが、私の時代はどうだったんだろう?私の中では、金閣寺の記憶は残っていなかったので、ミーハー的に行ってみることにした。

参道には車も人もいっぱい。観光バスも何台も止まっていた。タクシーが走っていたので何気なく覗いてみると、セーラー服の中学生。車の前には、何とか中学、何年何組何班貸し切り、との看板が付いている。嵐山に行ったときも、そんなタクシーを見た。近頃の京都修学旅行は、タクシーで回るのがはやりなんだろうか。

拝観料を心配していたが、見ると、400円、となっている。有名な割に良心的?まあ、結果論からすると、ベルトコンベアー式にぐるっと回っておしまいなんで、まあ、そんなもんなのかなあ。見るものも、そう多くはないし。

あちこちの「売店」(社務所とは呼びにくいなあ)に、キティちゃんのお守りが並んでいる。
まあ、「金ぴかのお寺」なんで、何でもあり、か。

出口付近の、「お土産物」屋。ほとんどが、試食できる。最後には、お茶の試飲もできる。まじめに一生懸命食べたら、昼食か、少なくとも、3時のおやつには充分。

DSC01110-1.jpg







  1. 2011/04/29(金) 20:08:42|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

個人輸入3社

国内では入らぬ医薬品がある。日本の獣医学はアメリカの受け売りみたいなところもあり、訳書を読んでも日本にない薬が時々ある。そうなると、自己責任で個人輸入せざるを得ない。

A社。個人輸入のしにせ、みたいなところ。私が勤務医をしていた時から有名で、(たぶん)日本人だが、グアムで個人で薬屋をやっているみたいな感じ。昔は税関で止められることはほとんど無かったんだけど、最近は逆に、ストップがかからないことが滅多にない(要するに、たいてい止まる)。そうなると、輸入に関する書類が色々必要になる。ここは、簡単な証明書は出してくれるけど、基本的にはこちらが役所とやりとりする。けっこう、めんどくさい。今は(昔も)、勤務医をグアムまで遊びに行かせて、ついでに薬を買ってくる動物病院が多いらしい。週末の、一泊二日でも、買ってくる価値はある。

B社。ここもけっこう昔から有名。税関でストップすると、役所向けの書類を代行して作ってくれる。こちらは、言われたところに住所氏名等を記載し、押印して役所へ提出する。

C社。同じような輸入代行業者だけど、ストップした時の対応も代行する。会社との取引を契約する際、獣医師免許そのままのコピーを求められる。で、ハンコまで向こうで用意して、ストップした時はこちらの名前で書類を提出するんだとか。もちろん、ハンコも向こうで押して。ちょっと、サービスしすぎじゃないだろうか?
  1. 2011/04/28(木) 19:18:45|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

数10円の世界ではあるけど

大昔、電車代は会社が一本の方が安いだろうと、京都や奈良から帰る時でも、私鉄を使わずにJRの駅までてくてく歩き、堺市駅まで戻っていた。いつだったか、大阪駅で乗り換えるとかなり安くなることを知って、唖然とした。今までの苦労は何だったんだろう?それ以来、必ず大阪駅で改札を出ることで、満足していた。

先日、嵐山方面へ行く用事が出来た。(用事というか、当然、コウモリがらみ。)大阪駅で降りて京都まで行き、さらに京都駅でいったん降りるのか、と思って料金を検索した。そういえば、京都まで平日なら昼徳切符(っていうんだっけ?)があることをMLでだれかに教えてもらった。大阪駅で降りて、チケット屋で切符を購入するらしい。調べると、100円近く(あるいは、100円以上だったか)安い。ちょっとした手間で、これだけも違うのか。
ん、待てよ、嵐山なら阪急電車で行ける。調べると、かなり安い。これまた、唖然とした。こんなに違うのか。

自宅は南海本線沿線。出かけるというと、とりあえず新今宮か難波まで、というパターンが多い。320円だったかなあ。梅田から嵐山は390円。乗車距離は倍以上違うんじゃないか。南海電車というのは競合する私鉄がないためか、かなり高いような気がする。それに慣らされてきたので、安く電車に乗るという知恵が浮かばなかったらしい。
これからは、きっちり検索しよう。

まあ、安い電車に乗っても、コーヒー、一本余分に買えば、吹き飛んでしまう差ではあるけど。
  1. 2011/04/27(水) 22:18:48|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

40,30,20,・・・・・・

コーキング。病院の窓周り、ガラス周りのコーキングが痛んでいる。やりかえた方がいいらしい。
某社に見積もりを取った。3階建てで足場が必要なので、40万円(台)との返事。けっこうするなあ。半分は足場台、とのこと。
ネットで別の会社に問い合わせてみた。詳しい見積もりは建物を見ないとわからないが、30万円(台)かなあ、との返事。うーーん、やっぱり、そんなもん?
もう一つの会社。この会社は、足場を組まない。ロープにぶら下がって作業する。本来は、岩壁や高層ビルの外壁なんかを相手に仕事をしているらしいが、大きなモノから小さなモノまでやってくれると言うことなので聞いてみた。ざっと見で、20万円(台)か、と言う返事。
だんだん安くなっている。

やることは、古い詰め物を除去し、薬を塗ってからシリコンを詰め込む。理屈は簡単。問題は、高さ?
幸か不幸か、コウモリ調査でザイルとワイヤーハシゴは準備している。安全ベルトにヘルメットも完備している。
息子に、40万円、というとやる気になっている。ピンハネして、10万円で、息子に下請けに出すか。
  1. 2011/04/26(火) 19:20:47|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

張り替え

病院に来る時の天気はそうでもなかったのに、10時頃、急に曇って雨が降り、風が吹き出した。病院の前には高いビルがあって、ビル風だろう、すごく風が強くなる時がある。前の歩道を眺めていると、自転車に乗ったおっさんが壊れた傘をぶら下げている。風で骨が折れたらしい。で、目の前の街路樹に傘の柄を引っかけて行った。
この風じゃ、ほかしたら道路へ飛んでいくだろうから、飛ばないようにぶら下げたんだろうか。ええ迷惑。仕方なく、ひらって病院のゴミ箱へ。

でも、なんだか、もったいないなあ。この手のビニール傘、年に何回も歩道なんかにほかされてて、回収してゴミに出している。何本も買うことを考えれば、丈夫なのを一本持っている方が得なんじゃないの?昔は、コウモリ傘の張り替え、と言う商売があったし、家には傘の修理キット、というものもいつもあったもんだが。今の時代、雨が降ったら使い捨ての傘を使うもんなんだろうか。

張り替えというと、イスの張り替え、というのがFAXで送られてきた。この手の広告、たいていは表題を見て受け取らぬようにしているんだが、たまたま知らずに受けてしまったもの。病院で使っているイスの、座部分の布がすり切れている。見ていて、なんだか貧乏くさいんだけど、それ以外には問題はないし、買い換えるとゴミが増えるだけだし、ずっと悩んでいた。試しに、写真を送って見積もりを依頼する。数日たって返事が返ってきたら、けっこう高い。本来は、高価なソファーなんかの張り替えを想定しているのか。あまり、やりたそうな返事じゃなかった。ほんなら最初から、FAXなんて送ってこなければいいのに。
  1. 2011/04/25(月) 19:30:51|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

集配は白い車

ポストに入らない荷物(郵便)を、よく送る。病理検体だったり、私的な荷物だったり。目の前、道路反対側にポストがあり、集配時間をメモしている。その時間前後に注意していると、以前は赤い軽四で集配のおっちゃんが来ていたんだけど、最近、車が白くなった。さらに、時間がよくずれるようになった気がする。

集配は一日、4回だったか、5回だったか。そもそも、郵便事業は赤字何じゃなかったっけ?朝一番は、7時過ぎだったように思う。そんなに早い時間に集める必要があるのかなあ。赤字なら赤字で、もうちょっと考えればいいのに。

北海道にいるとき、診療に回っていた酪農家は新聞の宅配がないところが多かった。昼頃、郵便で届いていたように思う。で、郵便受けに送りたい郵便を置いていたら持って帰ってくれる、って事だった。今もそうなのか。当時はのんびりしていたんだろう、と思う。
スタッフが、集配時間に目の前に赤い車が止まったので、集配と思って郵便を持って行った。車が赤かったので、ポストの集配ではなくゆうパックの集配らしかった。(勘ぐるに、ポストの集配は下請けに回してるんじゃないか?ゆうパックは本局がやっているんじゃないの?)が、すぐに局まで戻るので預かっておきます、って、言ってくれたらしい。
大阪でも、のんびりしているところがあるのか。


  1. 2011/04/24(日) 12:52:22|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

またまた引っ越し

経緯はよく覚えていないが、infoseekでHPを作り始めた。看板は病院だけど、中身は趣味のページ。
infoseekには無料ページもあって、一部はそこにも入れていたんだけど、それが無くなった。本家も容量がいっぱいになりつつあり、infoseekの無料分をfc2の無料スペースに引っ越すついでに、本家の一部も引っ越した。また、本家は本来の動物病院のHPに改装すべく、娘に「普通の」HPを作ってもらった。本家の容量も十分空いたし、病院のHPも公開しようとした矢先、infoseekから、サービス中止の案内が来た。来年の5月で、HPから手を引く、って。
まだ1年はあるんだけど、せっかく「普通の」HPを作ったのに、いったん公開して一年でまたアドレスを変えるのも落ち着かない。いっそ、今から引っ越そう、か。
旧HPも、無料スペースに引っ越したら、目の前の広告が非常にじゃまになる。こっちもあわせて、広告のないところへ再引っ越しすべか。
ということで、またまた引っ越しの予定。

せっかく作ったんだから、って、旧ページのファイルはほとんどそのまんま移動させたんだけど、今度こそ、全面改定しようかなあ。というより、最終的に残るのは「日記」と「小ネタ」だけのような気がする。


娘に作ってもらったHPを参考に、旧ページも、フレームなんぞを使って見やすく、と思いつつ、本を読み始めるがさっぱりわからん。この年になると、一度覚えたことに執着し、新しい知識というものを吸収しようとしない。進歩がないなあ。
  1. 2011/04/23(土) 17:01:04|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

難産の論文

論文と言うより、記事かもしれません。
テングコウモリの、洞穴の季節利用、てな感じの論文を書いて、コウモリの会へ投稿したのが、やっと活字になりました。こんなんです。
実はこれ、昨年も投稿して掲載寸前まで行ったけど、最後で却下されました。データを見直し、まとめ直し、何度も書き換えを指示されつつ、やっと日の目を見ました。専門家から見ると疑問があったり、たいして意義を感じてもらえぬ可能性もありますけど、まあ、私にとっては、活字でずっと残されると言うことは、うれしいことです。

DSC00234.jpg







DSC00235.jpg







たぶん、来月あたりに、「京都のコウモリ」で博物館友の会へ記事が掲載される予定。これは半年前に投稿したもの。もう一編、同時期に書いたたものが、掲載媒体を探しています。さらに、別の論文はいったん却下されて宙に浮かんだものがあり、知り合いに言われて書いている最中のも一編あります。
コウモリを見てブログ、HPに載せるだけなら気が楽なんですけどなあ。それだけじゃ、コウモリに悪いので、なんとか記録に残してやらないと・・・・・・・。
  1. 2011/04/22(金) 19:34:54|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

サルに怒られる

斜面にへばりついて歩く。向こうの方で、何かが動く。木の上でも。
サルの群れが移動中らしい。まあ、距離があるから大丈夫か。

調査に、穴に入る。予想外に、ユビナガコウモリが死ぬほどいる。こんなん、数を数えろと言われても、とても無理。とりあえず、撮影だけして帰って数えるか。
写真を撮っていると、エラーが出る。焦る。もっと信頼出来るカメラが必要かなあ。もったいないなあ。

しばらくコウモリと戯れて帰る。
まだ、サルの団体が居座っている。ズルズル滑る斜面を這って歩くのに必死。上で大きな音がしたとたん、握り拳大の石が手のひらに当たる。痛い、てなもんじゃない。サルが落としたのか。狙って投げたんじゃないかなあ、とも思ってしまう。こんなん、頭に当たっていたら、血を見てただろうなあ。
今日の調査地はトンネルなんでヘルメットなんか、用意してなかった。

今度からは、サルの悪さよけにメットが必要かも。

DSC09750_20110421220735.jpg






  1. 2011/04/21(木) 22:15:23|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

今日だけはお願い

パソコンをつついている。突然、画面が青くなって数字が出てくる。セーフモードか、通常起動か、って聞いてくる。よくわからぬまま、通常起動すると、振り出しに戻る。パソコンで、青くなるのは末期症状、って聞いたことがある。大丈夫かなあ。

考えてみると、パソコンというのは非常に寿命が短い電気製品じゃないかな。しかも、壊れても、しゃーないかなあ、と思わせるもの。他の電気製品なら、数年で壊れるようじゃ腹も立つのだが。
で、困るのはデータと設定。データは外部のハードにも入れてはいるけど、新しいパソコンを入れるとソフトのバージョンが上がって読めないこともある。今使っているソフトは、みんな、けっこう古い。別に困っていないので、バージョンも上げずに使っていると、こういうときに困るのか。

いろんな設定、HPへのアクセス。パスワードが必要なものも多い。その時々で適当なパスワードを作っているものもある。今さらそれらを思い出せと言っても、無理。いつも困るので何かに書き出しておこうと思いつつ、結局、何もしていない。

まあ、なんだかんだで、何回かコンピューターを入れ替えても最終的には何とかなっているので、いずれこのパソコンがこけても何とかするんだろうけど、その手間とイライラを考えれば極力避けたい。とりあえず、今日は壊れないように、と思う毎日。
  1. 2011/04/20(水) 19:28:55|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

ちょっとは期待したんだけど

火曜日は、おっさんディ。映画が1000円。通常のナイトショーより、200円安い。
見ようかなあ、どうしようかなあ、と思っていた「ガリバー旅行記」
なにかで、ナイトミュージアムの監督、って書いてあった(ような気がする)。ちょっと期待出来るか。

なんだか、なあ。
小人の国があると言うこと自体、現実離れしている話で常識からかけ離れた世界ではあるけれど、(今はやりか、この言葉)こちらの「想定外」以上に展開が突拍子もなく、やりすぎ、急に話が進みすぎ、都合がよすぎの感がある。巨人の国も出てきて話がおもしろくなるかと思ったら、その場面を使ったのはほんの数分で、意味があったのか、なかったのか。
最後の方でみんなが音楽に合わせて踊っているのは、インドの映画を思い出した。それをパロディーにしてるんだろうか?何の意味もないと思うんだけどなあ。

まあ、テレビを待っていてもいい映画でしょう。

罪もない映画と言うことで、55点。
  1. 2011/04/19(火) 23:11:50|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

働け、働け、

どうも、関係者も読んでいるフシがあるので誰のことか丸わかりになるだろうけど、どうせ嫌われているからいいや。

狂犬病の予防集合注射。例の、学校とか、公民館でまとめて打つ注射。各市町村によって、やり方は全然違う。基本的には、行政側が会場とか日程を準備して、獣医師側が注射業務を請け負う。行政にも獣医師はいっぱいいるのに、臨床をしていないためか、注射事故に対応出来ないためか、注射は開業獣医師会が行う。(というのは、表向きの事情かも知れない。大昔は年に2回注射があったし、開業獣医師の数は少なく、注射の技術料の収入がかなりあった、らしい。それで、業務を独占したいのが獣医師側の事情。今となっては、夢の話・・・・・・。)

獣医師会は当番制で各会場に会員を派遣する。会員数が少なく、会場数が多かったときは月に4度ほど出番もあったんだけど、今年は2回でおしまい。まあ、楽にはなった。
で、気になるのが、誰と一緒になるか、と言うこと。立場的には、中くらいかちょっと古手の会員歴になってしまっている。

いつだったか、一緒になったのが獣医師会の最長老(の、一人)。だいたい、こういう長老は働かない。イスに座って役所の人間とだべっていたり、えらそうに犬の押さえ方をオーナーに講釈したりしている。昔はどうのこうのと、聞き飽きた話ばかりしている。当時は1会場で獣医師が4人も、5人もいたので、まあ、実質的はいらない頭数。会員も一目置いているので、誰も何も言わなかったが、あまりにも腹が立って、切れた。
「○×先生、集合注射というのはみんなで注射するべきものでしょ?ちょっとは手伝ってくれても良いんじゃないですか?」
それからは、よく働いてくれました。

今日、一緒になったのも古い先生。さっぱり、働かない。もう一人は最若手。働き過ぎ。
普通に考えれば、一頭ずつ、順番に来た順に交代で注射していけばいいのに、えてして若手は張り切っていっぱい打とうとする。私は先輩が打つ気があるかどうか確かめたくって、しばらく様子を見るのだが、その気はないみたい。そのうち、若い先生が注射する。ただボーとしているとさぼっているように思われるからか、ワクチンを注射器に吸ったり、使用済み注射器を整理したりしている。

こちらも大人になったのか、前みたいには完全には切れなかったけど、一度だけ、「×◎先生、患者さんが並んでますよ」って、大きな声で言う。
「天気が悪いし、注射液を用意しすぎたら無駄になりますよ、人数がいるので一頭ずつ注射器に液を吸いましょう」と言うのに、最終的に、10本近く、無駄にする。だから言わんこっちゃない。わしゃ、しりまへん。

もう一つ、腹が立って切れかけたこと。
役所の衛生部長だかなんだかが、「見学」に来る。特に何をする訳でもない。4月の移動か何かで来たらしい。で、今まで集合注射を見たことがなかったので参考までに、と言うことらしい。あんね、見せ物じゃないの。ただぼーっとされていても、じゃまなだけ。手伝うなら手伝う、見学なら数分もおればいいでしょう?遊びじゃないんだから、自分の仕事に戻ったら?


毎年、何らかのドラマが生まれる集合注射でした。


DSC00228.jpg







  1. 2011/04/18(月) 20:51:33|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コウモリの本

コウモリの本が出ました。
先日買った、北海道両生爬虫類図鑑と同じ、北海道新聞社から出ています。著者どおしご友人であり、ご両人とも、私の知り合いでもあります。世間というのは狭いもので。特に、コウモリの世界はみんな知り合い、てなもんです。

著者の中島さんとは直接の面識はありませんが、コウモリ繋がりで文献をもらったり、いろいろ相談にも乗って頂いております。ぜひ、買って読んで下さい。









DSC00212.jpg






楽天のポイントが溜まっていたので、それだけで購入出来ました。せっせと広告メールを開いたり、アンケートに答えたり、自分のHPに貼り付けたアフェリエイトで稼いだり。
どういう訳か、注文から納品まで2週間以上かかって、「お詫び」として、300円だったか、またまたポイントが帰ってきました。(実質、その分値引き。)安く買えて、ずいぶん満足。
  1. 2011/04/17(日) 17:11:08|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

HPの引っ越し

でもって、なんだかんだで、HPを引っ越しました。 こちら です。 
無料スペースなんで、目の前に広告が入ります。うーーん、じゃま。

あちこちのリンクがぶち切れていますし、小ネタ集へ行くと、「トップへ帰る」が、旧ページへ帰ります。ファイルがあちこちに分散して、よけいに訳わからなくなってしまいました。

引っ越したのは、やっぱり、「公式の」動物病院と、趣味とはわけて下さい、とのご忠告があったため。
確かに、動物病院と言われてアクセスしたのに、ホネホネ団やコウモリじゃ驚きますよね。看板に偽り、です。
本家のHPは、近日中に公開予定です。
  1. 2011/04/16(土) 20:41:10|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

アカデミー賞

「英国王のスピーチ」
今年のアカデミー賞。TOHOシネマでしかやっていない。普段は夫婦で2000円に乗っかって見に行ってるんだけど、昨日は14日で、TOHOディ、なんだそうな。一人でも1000円。そういえば、ハートロッカー、だっけ?、いつだったかのアカデミー賞。これも、TOHOだけだったような気がする。

ハートロッカーも、世間が騒ぐほど、おもしろくなかった。まあ、「普通の映画」だった。今回のも、そんなに派手な題材でもないし、まあ、「普通の映画」じゃないかなあ。

70点。


梅田の、マイナーな映画館から、会員更新の案内が来た。一時は、けっこう通っていたんだけどなあ。おもしろい映画をやらなくなったのか、こちらの気分が乗らないのか。上映予定の映画を見ても、これといったものはないような気がする。
飽きたのかな。
  1. 2011/04/15(金) 19:19:48|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

もう、収拾がついていないんだけど

ちょっと訳あって、HPを引っ越ししようと思っている。「賃貸」ももったいないので、現在借りているfc2だっけ、無料ページに全部、引っ越そうかと。
有料で借りているところのファイルを数えてみると、200を超えている感じ。これって、一気に引っ越し出来るんだろうか。ファイル名とリンクを打ち直さんとあかんのとちゃうかなあ。そういえば、以前借りていた無料スペースがサービスを急に止めて、それらの引っ越しでも頭を悩ました。

今さら、古いファイルを読みたいと思う人もおらんとは思うんだけど、今となってはHPの公開というより自分の日記代わりになっている。「紙の」日記は付けていないので、これを見て昨年、一昨年の今頃何やってたかなあ、って、自分で確認している。これらが無くなって一番困るのは、たぶん私自身。

はー、考えただけでイヤになる。

どなたか、良い知恵はないですかねえ。
これを機に、HPを整理しようかなあ。

  1. 2011/04/14(木) 20:11:09|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

高けりゃいいってモンじゃない

コウモリの学術捕獲許可をもらいに、大阪府咲洲庁舎へ。南港にある、昔のWTC。
知事は府庁そのものを引っ越しするつもりだったけど、議会の反対があって部分移転になったもの。本庁近くの、たこ足部署をこっちへ集めているらしい。おかげで、本庁近くで府にビルや部屋を貸していた家主は、「安定的な借り主」がいなくなって、困っているとか。こっちへ来たら来たで、働く側は職場が遠くなって、たいへんらしい。
この建物、最初の計画より、何mか、伸ばしている。同時に建設されていた某所の超高層ビルが何mというのを知って、それに負けぬようにちょっと上乗せをした。それを知った相手側がさらに上に伸ばして、てな事を繰り返していた。(おかげで、追加工事何億円。)最終的に、相手側が10cmだったか、高くなっているはず。

用事があったのは、22階だったか、23階だったか。エレベーターがいくつもある。スピードも速い。でも、これだけの数のエレベーターが一日中昇ったり、降りたり、って、すごいエネルギーだろうなあ。そういえば、今回の地震、震度3でも、いくつかのエレベーターが壊れているらしい。(ワイヤーが絡んで動かなくなった。)
そうなると、数階止まりの低いビルの方が安全だし、経済的なような気がするなあ。そもそも、この周り、いつまでたっても空き地だらけ。このビルを、そのまま寝かせる余裕は充分あるし、そうすりゃ、エレベーターもいらんようになる。
昼休みに弁当を買いに行こうとしても、エレベーターに人が集中して乗れない、って話だった。20階じゃ、歩いて降りる気にもならんだろう。


自転車で行こうと思って地図を確認した。天王寺方面へも行きたかったのだが、自転車じゃ、通れる道が限られている。この付近に出入りできる道は、徒歩や自転車だと、一本しかない。車にしても、道路は3本ほどか。これ、津波でも来りゃ、地下トンネルは無理だろうし、橋が壊れれば完全に孤立する。議会が言うように、府庁全部をここに持っているというのは無理じゃないの?


まあ、年に一回くらい、書類をもらいに遊びに行くのはいいが、毎日あんなところで働くというのは、私には無理だろうなあ。仕事って、誰が何をやっているのか、さっぱりわからんが、あれだけの人数が、あの部屋にずらっと並んでコンピューターをつついているって、異次元だったなあ。


DSC00179.jpg







  1. 2011/04/13(水) 19:24:35|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

カゴメ、デルモンテの続報

カゴメ、デルモンテのHPをチェックしました。
両者とも、申し合わせたように同じ文句が並んでおりました。

両者とも、これから露地栽培するので、土地の汚染がわからない状況では契約して作っても結果的に買い取れない可能性があるので、とりあえず一年間は契約しない方がお互いのため、どちらかの会社は補償金をいくらかし払う、てな感じでした。

うーーーーーーん、よくわからん。

結局は、東電が負うべきものか。

従って、不買運動をするかどうかは、各自のご判断で。


私?、やっぱり、印象はよくない。
今現在の汚染は調べればわかるだろうし、これからもっと悪くなるような可能性は低いと思うんだけどなあ。
しかも、「福島産」のくくりで何十kmも離れたところの農家まで一緒にしているのが気にかかる。

  1. 2011/04/12(火) 19:44:50|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

今年は、目玉揃いの特別展

昨日の続きです。
新収蔵展、って昔は言ってた様に思うんだけど、

特別陳列「お披露目!博物館に届いた新しい標本」

というのが表題になっていた。呼び方を変えれば人が集まりやすいのか。
要するに、やることは、昨年に寄贈を受けた、ひらった(?)、買ったものを紹介するというもの。今年は購入標本らしきものは見当たらない。

思いついたものにコメントすると、
・マッコウクジラの骨と、胃内容物
  例の、堺市に上がったクジラ。なんだかんだで解体まで数日かかり、その間に「熟成」した子です。
  メスだったっけなあ。(おちんちんが無かったので。)
  子宮と卵巣を探すつもりだったけど、ちょうどそのあたりの解体の時に、用事があっていませんでした。
  解体場まで戻ると、カラストンビ(イカの口)がいっぱいころがっていました。胃から出てきたものです。
  中に、ばかでかいのが一つあって、専門家に聞くと「ダイオウイカ」だったとのこと。これは絶対、
  見なくては。
・西垣内正行氏鳥類本剥製コレクション
  その道では、すごく有名な方でした。あちこちの博物館に、作品が並んでいます。本剥製というのは
  作り手によってかなり善し悪しがあるものですが、この氏の標本は文句の付けようもないほど、出来が
  良いです。あちこちの博物館に収められています。
  剥製を作る道具とか、資料とか、準備中の冷凍物もあったという話だったけど、どうなったんだろう?
  本人にとっては宝物だったろうけど、家族にとっては・・・・・。
・南アルプス鳳凰山(ほうおうさん)の甲虫類 (3,500点)
  水野弘造・細田倖市の両氏らによって調査された甲虫類標本。
  なんと、3500点。
・小路嘉明コレクション(日本産蝶類)
  こちらは、15,873点だそうな。

昆虫標本、貝の標本、植物標本等々、個人コレクションでかなり有名なのがあります。ご高齢になると、あちこちの博物館が食指をのばしています。きっちりした人は、お亡くなりになる前に、それなりの所へ収められますが、まれにご遺族からの申し出で博物館が引き取りに伺う時もあるようです。モノによっては、博物館で取り合いになるとか。
私?、コウモリの標本コレクション、頭骨コレクションはすでに館へ寄贈しています。いつ死んでも、家族が困らぬように。


  1. 2011/04/12(火) 19:43:48|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

博物館に無料ご招待、だそうです

博物館から、案内が来ました。
特別展を紹介してくれるなら、タダで入れてくれる、って。


(以下、コピー)

特別陳列へのブロガー招待のご案内です。

大阪市立自然史博物館では、平成23年4月29日から特別陳列「お披露目!博物館に届いた新しい標本」が始まります。この特別陳列では、当館では初めての試みとして、特別陳列の広報に協力して頂けるブロガーの皆様を会期初日にご招待します。

特別陳列は常設展の料金でご見学いただけますので、友の会の会員の皆さんは、会期中、友の会の会員証の提示で無料で見学できます。でも、特別陳列の広報協力したい!という方がいらっしゃいましたら、是非、このブロガーご招待にもご参加ください。
また、みなさま、このブロガー内覧会について、お知り合いの方々に、是非ご紹介ください。

ブロガー内覧会の参加には申込が必要です。以下、ご確認の上、お申込ください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■ブロガーの皆様ご招待について


特別陳列の広報に協力して頂けるブロガーの方を、会期初日に無料でご招待いたします。


・日時:4月29 日(金・祝)午前9時30 分から午後5 時まで(入場は随時、最終入館は
午後4 時30 分まで)

・会場:自然史博物館ネイチャーホール(花と緑と自然の情報センター2 階)
・参加頂ける方:以下の2 つの条件を両方とも満たす方
 1 ご自身でブログを開設されていること

 2 ご自身のブログに特別陳列の紹介記事を必ずお書きいただけること

・申込:電子メール(gyouji@mus-nh.city.osaka.jp)に 「特別陳列ブロガー招待申込み」
と明記、名前、居住地の都道府県名、電子メールアドレス、ブログタイトル、ブログ
URL を書いて、4 月22 日(金)までに届 くように博物館普及係あてに申込んでくださ
い。

・その他:当日参加はできません。必ず申込みをしてください。ブログの開設の有無など
を確認のうえ、参加方法等の詳細は返信でお知らせします。
・問合せ:自然史博物館 総務課
特別陳列「お披露目!博物館に届いた新しい標本」については、こちらをご覧ください。


私のコメントは、明日にでも。


  1. 2011/04/11(月) 14:33:25|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

イヤミを書くのもなあ・・・・・

昔、私が標識していたところで、知り合いが調査を続けておられる。川西市の、ゴミ焼却場のあるところ。
焼却場の計画前から調査していて、テングコウモリが生息していることなんかも報告して焼却場建設に反対したんだけど、コウモリがいる事なんて、建設に、なんの障害にもならなかった。(希少種なんだけどなあ。)これがオオタカだったら役所の態度も違っただろうに。コウモリの市民権なんて、そんなモンなんだろう。

で、その方からデータをもらうと、私が別のところで標識した個体が、けっこう見つかっている。コウモリの移動についてはそれだけじゃなく、私自身もいくつか見つけていて、いずれどこかへ報告しないと、と思っていたところ。その知り合いに書いてもらおうと思っていた矢先に、先に、書いたらどうです?、って言われてしまった。先を越されたというか。

延び延びにしても書かないだろうな、と思って、何とか書き上げたが、ユビナガの移動についても紹介したら?、って助言をもらった。私自身は、ユビナガについては自分の標識が遠くに飛んだ事例は知らないんだが、見慣れぬ番号をいくつか見つけている。あちこち、さんざん問い合わせても標識者はわからず。裏から手を回して聞き出したところ、某研究所が扱った番号と言うところまでわかり、標識者に連絡をくれるように頼んだが、音沙汰がない。話が行ってないのか、行ってるけど無視されているのか。いずれにしても、意味のないバンディング。

論文に、標識者不明で番号を載せるかなあ。イヤミかなあ。
  1. 2011/04/10(日) 17:18:08|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

「組長出所」

「山口組の組長が出所」って、ずいぶん前から何度も報道されている。
うちの病院のちょっと向こうには、大阪刑務所がある。和歌山カレー事件のなんとかというおばはんも入っている、って聞いたことがあるけど、どうだったか。(あ、山口組は府中刑務所だったと思う。)
開業したての頃、何十年か前は、まれに出所らしい風景を見た。早朝、8時前に、方違神社あたりに黒塗りの車がずらりと並び、黒ずくめのおっさんがいっぱい並んでいた。出てきたであろう人物と出くわすことはなかったけど、神社がそういう場に使われることに違和感があった。そうえば、ここんところは、さっぱりそういうのは見ない。やり方を変えたんだろうな。

コブハクチョウだったかの往診を、刑務所から頼まれたこともあった。滅多に入れぬだろうから、(まあ、特に希望すれば、自主的に入ることは可能かもしれぬが)喜んで出かけた。看守さん何人かに連れられ、一角にある池まで行くとハクチョウがいた。世話をしているらしい、「お勤めの人」が呼ばれて、診療を手伝ってくれた。

そういえば、時々、受刑者が刑務所周りの掃除をしている。受刑者3,4人に監視が2,3人。
刑務所の官舎がすぐそばにあり、昔はその引っ越しの手伝いもしていた。いつだったか、マスコミにつつかれて、それは無くなった。


あ、そういえば、山口組の組長の自宅近くに友人が住んでいた。組長が家を建て替えたら、交番も付いてきた、って事だった。
  1. 2011/04/09(土) 12:23:04|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

一人で・・・・・

往診を頼まれた。ご高齢のご主人、一人で住んでおられる。
行って話をしつつ、台所を見ると、晩ご飯のおかずだろう、瀬戸物の容器にラップのかかったのがいくつか、並んでいた。
ご自分で料理されているんだったら、わざわざ作った物にラップはしないんじゃないかなあ。ひょっとすると、ご家族の方(息子さん?お嫁さん?)が食事を作りに来ておられるのかなあ。といっても、近くには住んでおられないはず。遠くから通っておられるのか。

病院の近くの食堂に入った。となりで、年配のご主人が食事をされていた。顔を見ると、この頃は来られないが、前によく犬を連れてこられていた。肺ガンか何かで亡くなったんだったか。向こうは気が付いておられないようだったけど、一応、挨拶した。
「失礼ですが、どなたさんでしたかなあ。この頃、ぼけましてなあ。お顔を見ても、思いだせんのですわ。」
「はー、そんなこともありましたかなあ。実はねえ、最近、よめさんを亡くしましてなあ、男やもめは何とか、って言われますけど、そらあ、先生なあ、わしら、子供もおらんし、嫁さんが先に逝ったらみじめなもんですわ。男は先に死なんとあきまへんでえ。」


最近、一週間、「一人住まい」していた事がある。子供と妻が旅行で一週間ほど、家にいなかった。朝は牛乳一本、昼は病院でおやつをつまみ、夜は「さとうのごはん」に、「インスタントカレー。」最終日はごはんがなくなり、インスタントラーメン。
まあ、「予定の立っていた」一人住まいだったので、それなりに生き抜いたが、これが死ぬまで続くとなると、どうやって生活すればいいのか、途方に暮れるだろうなあ。

定年になったおっさんの料理教室がはやっているというが、そこまで積極的に「生き抜こう」とする人だったら、何とでもなるんじゃないか。
まあ、実際にそうなってみないとわからぬが、私は一人じゃ、生き残れないだろうなあ。
  1. 2011/04/08(金) 19:23:34|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

一切棄権

自転車で往診中、黒い小物入れのような物をひらった。定期券が顔を出している。チャックをちょっと開けると、身分証明書のような物ものぞいている。どうも、落とし主は大学生らしい。別に悪いことをしている訳じゃないが、他人の物を、どうどうと広げるのも気が引ける。そのまま、交番へ持って行く。

拾得物というのは、あそこに落ちていました、ああ、そうですか、で終わるほど、簡単なものではない。今回のは、持ち主は明らかにわかるだろうし、大金が入ってそうな物でもないし、「もらえる」のを期待するもんじゃない。交番に誰もいなければ、そっと置いてこよう、と思っていたら、こういう日に限って、いっぱいお巡りさんがいる。

女性の警察官が白手袋で出てくる。落とし物に指紋が移らないようにするんだそうな。落とし物といえども、盗品を誰かが捨てた可能性や、誰かがひらって、金だけ抜いている可能性だってある。で、「中身を一緒に確認して下さい」、だって。これは、交番でお巡りさんが「ねこばば」しないように、との事だろう。
警官が中身を確認すると、お金が出てきた。金は入っていないだろうと思って、持って行くなり、権利は放棄しますので、と伝えていた。ひらい主へは、5-10%のお礼の請求権があるはず。現金はトータルで、2200円。金目の物というと、他にクオカード、イコカもあったので、「有価物」はトータルで考えると、そこそこあったかも。もったいなかったか。
でも、学生から100円や200円もらってもなあ。お礼と言われ、菓子折をもらってもしゃーないし、落とした方もそれじゃ、かえって高く付く。

DSC00133.jpg






  1. 2011/04/07(木) 19:10:25|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

花見

犬の散歩で、花見。

DSC00135.jpg






ここは刑務所の向かいで、法務省がらみの建物がある。
反旗になっていました。

DSC00138.jpg







  1. 2011/04/06(水) 15:15:53|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

片道切符

ワクチンの証明書を、英語で書いて欲しいという。聞くと、某国へネコを連れて行くんだとか。動物の輸出入というのはけっこう面倒である。特に、犬はマイクロチップを入れたり、狂犬病の注射時期や回数、連れて行く場所によっては抗体価を測っておくとか、いろいろ制約があって、その都度、動物検疫所なんかに問い合わせている。出るのは楽なんだけど、再入国が難しい。

今回のケースは片道切符、なんだそうな。ご本人も、日本に帰ってくる予定はないんだとか。顔を見ると日本人だし、カルテのお名前も、普通の日本名。それでも、待合室にいる時、うちの看板犬に英語で話しかけていた、というので、本当はそちらの人なのかなあ。

出国の理由を事細かく聞く立場にもないので、言われるままに証明書を書き、出国用の健康診断をしたけど、まあ、人生というのは人それぞれ、いろんな事があるんでしょうねえ。


ちなみに、ネコをアメリカに連れて行くというケースは、ちょくちょくあった。マイクロチップを入れて、通り一遍の健康検査をすればおしまい。腎不全末期のネコを連れて行かれた方もいたなあ。向こうでどんな治療をしたんだろう。
さわれないような凶暴なネコ(あ、もちろん、他人に対しては、と言うことです)を連れて行った方もおられた。出国時、入国時の検査はどうしたんだろう?あれだけ怒れば、まあ、健康という診断にはなるか。
  1. 2011/04/05(火) 19:27:13|
  2. 仕事:犬猫|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ネーミングが悪いような気がする

「太平洋の奇跡・フォックスと呼ばれた男」

けっこう大きな会場で、観客6名。夜とはいえ、日曜日なんだけどなあ。もう、だいぶん前からやっているからか。
日本の軍人として、徹底抗戦というのはよく言われている話。「奇跡」というのは当たっていないんじゃないか。軍人の行為とすれば、やっていることは「必然」とも言えると思う。もちろん、それが功を奏して1年以上生き延びられたという点では、「奇跡」と言うことになるのか。

「実話を元に」という触れ込みでしたが、もちろん、映画的な脚色もあるだろうし、どこまで真実に迫っているのかが気になるところ。
それでもまあ、おもしろい映画でした。

80点。
  1. 2011/04/04(月) 00:29:29|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

WIN98は無謀

無料の、セキュリティーソフト、アバストを使っている。一年ごとの、更新。
WIN98にもインストールしていたが、期限が来たので入れ替えようと試みると、入らない。98はすでに動作環境にない、と言うことだった。困ったなあ。
無料ソフトを探してみるが、98をカバーしてくれるのは見あたらない。98をバージョンアップをするのも無理。(DVDは読み込めない。)そもそも、98を使い続けること、ネット環境に置いておくこと自体が自殺行為、と書かれているHPもあった。結局、あちこち眺めただけで、何も解決しない。

このコンピューター、難しい仕事は受け付けないので特に何に使うでもなく、メールとネットにだけ使っている。ウイルスが来るのはそのルートしかないんだけど、それがダメと言われると存在価値が無くなってしまう。さすがにここまで古くなると、愛着はあるんだけどなあ。

でも、昨年はどうしてインストール出来たんだろう?この一年のうちにアバストが、バージョンを上げたのか。

  1. 2011/04/03(日) 12:50:17|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

狂犬病予防注射、初日

市民サービスなのか、スケジュールの関係か、何年か前から、土曜日も狂犬病予防集合注射をするようになった。もう、毎年、毎年書いてて書き飽きたけど、ああいう、集合注射って、やめられないのかなあ。すべて個別注射に出来ればいいんだけど。

私が子供の頃は、小学校でインフルエンザの集合注射が行われていた。ベルトコンベアー式に、保健室に送り込まれて注射される。私の頃は、すでに一人一針だったっけ。よく覚えていない。私より上の年代では、同じ注射針で何人にも注射をしていたので、肝炎をうつしまくっていた、ということらしい。で、最近では事故も怖いし、学校での注射をやめて個別注射に移行したもんだから、全体の接種率が下がって毎年、インフルエンザが蔓延する、って解釈でよかったんだっけ?インフルエンザに関しては、個別の免疫はもちろんだけど、集団防疫の考えもあったように思う。狂犬病も同じで、集団の接種率(免疫獲得率)を7~8割に持って行き、爆発的流行をさせない、という意味がある。すべて個別注射にしてしまうと、注射しない人が増えるのが行政側とすればおそろしい、らしい。現実的には、集合注射の接種頭数が減少し、個別注射の頭数が増え、全体としても接種頭数は増えている、と言う話だったように思う。まあ、地道に、病院へ来てもらうように誘導するべか。

*それこそ、個別注射の方を、たとえば2割引きとか、3割引きにして安くすれば、かなり個別注射に移行すると思うんだけどなあ。こんなん、獣医師会で発言したら、またまた袋だたきが、目に見えてる。



たまたま、当番の会場が役所の近くだったので、帰りに選挙。市会、府会となると、本当はさっぱりわからん。そういや、家の裏の人が、だいぶん前に、今度選挙に出ますので宜しく、って挨拶に来てたっけ。あれって、事前運動じゃないの?しかも、各戸訪問って、いいんだっけ?
今はやりの、橋下一派、大阪維新なんちゃらに投票しました、って個人的にブログに書くのはいいんだっけ?
  1. 2011/04/02(土) 17:17:02|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ
【楽天市場】本・雑誌・コミック