FC2ブログ

毎日の院長 改め、日々雑感

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

ウサギ数題

思いつくまま、ウサギの話。

・大阪の小学校、中学校では、私の時代は耐寒登山と称して冬に金剛山へ登っていた。(今も登っているのかどうかは、よく知らない。)私の頃はただ歩いて登るだけだったが、聞いたところによると、一昔前はみんなでウサギ狩りをして、お昼にみんなで食べるための行事だった、とか。本当かなあ。(HERLOCKさん、ご存知です?)
うさぎを追うのは、下から上が基本、だっけ。だんだん範囲が狭くなるから?上への方が、走りにくいから?

・昔、知り合った人。山野を借りてキャンプ場を作り、子供らに自然体験学習をさせている。お仕着せのスケジュールをこなすのではなく、自分らですべて考えさせて実行させている、とか。火をおこせなければ、食事も出来ないグループもある。それでも、ほったらかし。数日のキャンプで、最後の最大イベントは、ウサギを食べさせること、だそうな。自分で殺して、自分で調理させている、との事だった。今でもやっているのかなあ。

・近藤紘一。ベトナム戦争を取材していたジャーナリスト。ベトナムから奥さんをもらっていた。(詳しくは、ご自分で検索して下さい。)たくさん本を書いておられますが、「サイゴンから来た妻と娘」という本に出てくる話。
東京で、うさぎを飼っていた、とか。奥さんはそのうさぎをたいへんかわいがっておられ、ラビットフードのような人工的なエサはダメ、とかで、苦労してどこだかの河川敷まで通いながら、草を集めては与えていたそうな。ずいぶん太って奥さんはたいそう喜んだとか。で、何となくイヤな予感がした日、家に帰ると食卓の皿の上に、「何とかちゃん」が並んでいたそうな。

・ホネホネ団に、自転車の空気入れ。なんじゃら、ほい。
猟師は、狩ったウサギに針を刺して空気を入れ、皮を剥く、という話で、それを試してみた。確かに、皮下に空気は入るが、手足の先にまできれいに空気が入って、スルっと剥ける訳でもないようだった。ウサギという生き物は元々、皮膚と皮下はルーズなので、そんなやり方をしないでも剥けるような気もする。
  1. 2011/01/12(水) 19:30:40|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4
【楽天市場】本・雑誌・コミック