FC2ブログ

毎日の院長 改め、日々雑感

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

それ、別の浦野さん

昔は、よく本を読んでいた、つもりである。寝る時も、必ず枕元に本があった。(いまでも本はあるのだが、何ヶ月も同じ本が転がっている。)メガネをかけるようになってから、メガネをかけてまで本を読むのが面倒になり、さらに、本を置く場所も無くなってきて、だんだん活字から遠ざかった生活をするようになってしまった。
コウモリ調査も一段落。気になっていた論文も書いてしまうと、急に休日がヒマになった。また本でも読もうか。

博物館で、おもしろそうな本を見つけた。店番のお姉ちゃんを確認すると、見たことのない子。数年前なら、ショップのお姉ちゃんはほとんど顔なじみだったんだけど、最近、人が入れ替わったのか、私が博物館に来る機会が減っているのか。
ショップでの買いもの、会員は5%引き、賛助会員(私は、こっち)は10%引き。顔なじみのお姉ちゃんなら、何も言わないでも値引きしてくれる。知らない子だったら、無理だろうなあ。会員証なんて、どこにあるんだか。
まあ、とりあえず、会員です、って説明して、会員証の提示って言われれば、隣にいる学芸員に証明してもらおう。
挨拶して、本を出す。
こんにちわ、10%引きですね、って向こうから言われる。
え、ご存知なの?こっちは知らないんだけど。うーーん、私、そんなに有名?


ある行事の集まりで、知り合いに声をかけられる。「こないだ、コウモリ識別ハンドブックを買いました。浦野さんも執筆されているんですね。」
あ、それ、別の浦野さん。こないだも、誰かに言われたなあ。


「浦野先生ですか?鍼をされていますか?」
「ええ、やることはやっていますが、そんなに本格ではないですよ。」
どうも、「東京の浦野先生」と間違って電話してきているらしい。東京に、鍼灸ですごく有名な「浦野先生」が「おられた。」東京から、浦野先生の息子さんですか、って言われたり、東京から診療に行きたい、とか言う電話が、時々あった。
「おられた」というのは、東京の浦野先生は、すでに亡くなられている。病院も閉院したんじゃないかなあ。


ある研究会。出欠を受付で、名簿で確認している。浦野信孝 浦野動物病院、の上に、浦野信子 浦野動物病院と言うのが、いつも目に付く。ふーーん、同じ名前か、浦野姓は少なくはないけど、そんなに多くもない。しかも浦野動物病院、って、同じ病院名があるかどうかなんて、開業する時に確認しないのかなあ、と思っていた。(あ、私の時は、東京に浦野動物病院があることは知っていましたが、まあ、東京なんで問題ないだろう、って思っていました。)
で、ハタと気が付いた。浦野動物病院で検索しても東京か、うちしかひっかからないし、浦野信子じゃ、だれも出てこない。これ、信孝を、何かの間違いで、信子で登録して、2重になっているんじゃないの?これは、別の浦野さんじゃないと思う。


DSC09565.jpg






居候の食事シリーズ。
フクロウ。一日、300円以上かかっている。
  1. 2010/10/16(土) 22:18:25|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
【楽天市場】本・雑誌・コミック