毎日の院長

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

雨降った

一勝一敗一分け、かな。

降らないで~、てお願いしたとたん、雨。やんでくれるか、とのかすかな期待で出かける。車中で雨はやみ、到着したら雨。日頃の行いでしょうねえ。

簡単にアプローチ出来るはずだった。写真では、入り口まで草が刈られている。てな、都合のよい状況ではなかった。あまりにも、ひどいブッシュ。入り口までたどり着けず、というより、どこが入り口かもわからず。手にしていた資料は、雨ですぐに溶けてしまうし。苦し紛れに草の少ない部分に行くと、まさに現役の軌道。遠くを見通そうと思っていると列車の気配で、あわててブッシュに飛び込む。びしょぬれ。こんなとこでこれ以上ウロウロしていると、「逮捕」される。諦めて次の穴へ。

苦労して見つけるが、入れない。資料では、内部から写真を撮っている。得意の、フェンス越えは、有刺鉄線で拒絶される。奥の手の、隙間滑り込みは、狭すぎて無理。お腹がつかえて、どちらにも動けなくなりそうで断念。ややカーブするが、向こうの出口が見えている。まあ、コウモリがいてもたいしたことないだろう、と負け惜しみ。

最後の穴。長いし、片側が閉塞しているので、かなり期待していた。歩道から見ると、掘り割りみたいに、はるか下を鉄道が通っている。何となく旧軌道跡も感じるが、草ばっかり。数百m先に、階段があって軌道まで降りられる。
旧軌道はブッシュで、とても歩ける状態じゃない。ふと見ると、左側に水路がある。水深は数cm。ジャブジャブ歩き出すが、途中でやっぱりブッシュ。軌道に戻るが、ブッシュとイバラと雨で四苦八苦。最悪。全身、ずぶ濡れ。壁際が歩きやすいかと足を入れると、ズボッ。溝があるんだが、草木でわからず。何度も、はまる。
何とかたどり着くと、鍵は壊れていて普通に入れる。これで入るのを拒否されてたら、泣くに泣けなかっただろう。

コウモリは、コキクがしょぼしょぼ。いい穴なんだけどなあ。
  1. 2010/09/30(木) 19:52:29|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

雨降るな~

明日は休み。(の予定。)

気になっていた、京都の廃トンネルをいくつか見に行くつもり。
「京都でモモジロコウモリを初めて発見」という投稿に「文句」を言おうと、「数年前に見つけています」との論文を書いている最中。調べてみると、ユビナガコウモリも見つかっていないことになっている。私、先日、見つけたところ。だれか、他の人が報告する前に報告しよう、っと。京都のレッドデータブックを見ると、キクガシラですら、産地は2カ所しか書いていない。結局は、だれも調べていないか、報告していないだけなんだろう。

いつからか、調査のため荷物を準備していると、「どこへ調査へ行く?」って妻が聞くようになった。今まで、そんなことは皆無だったんだが。そろそろ埋まるんじゃないか、って思っているらしい。でも、「京都」というだけで、どこに行ってるか、わかるんだろうか?












ハンドルが重たい。調べてみると、一本だけ空気が抜けているが、ぺちゃんこではない。他のタイヤにも空気を入れてもらうついでに、チェックしてもらうと、やっぱりパンク。
こんなもんでも、刺さるんですねえ。頭がすごくすり減っているところを見ると、かなり前から刺さってたのかもしれない。
明日の調査前で、よかった。



  1. 2010/09/29(水) 19:10:08|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

テレビとラジオ

家じゃ、テレビはほとんど見ない、というか、チャンネル権がないので見られない、と言う方が正解か。パソコン机に座って目はパソコン、耳はテレビ、おもしろそうな話題があったときだけ、目をテレビの方に向けている。
テレビが嫌いかというと、そういうわけでもなく、ベッド脇のテレビはチャンネル権が私にあるので、寝るとき、夜中に目が覚めたとき、早朝なんかはチャンネルをあちこち変えながら、好きな番組を見ている。

カーナビが壊れて、これもかなり古い機種だけど、兄からもらっていたものと交換した。このカーナビは、運転時もテレビが映るようにセットされている。今まで、なんで自動車に乗りながらわざわざテレビ?、と思って、アンテナをセットしていなかったんだが、一度アンテナを繋いでしまうと、常時テレビを見られるようになってしまう。それまでは地図を眺めながら、ラジオを聞いてて、それで何も不満はなかったんだけど、最近はよくないと思いつつ、ついテレビに切り替えてしまう。いかんなあ。

それにしても、昼間はおもしろくない番組ばかり、よくこれだけ並べているなあ、と思う。この時間帯の視聴者であろう、おばはんを相手にすると、こんな番組ばかりになってしまうのか。これじゃ日本も、いずれ滅びるだろうと、想像してしまう。

一億総白痴化、って言われたのは、いつの時代だっけ?
  1. 2010/09/28(火) 19:28:00|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

本日休み、だって

あれ、先生が来てる、ってスタッフに言われる。え、なんで?
出勤表を見ると、私、今日はいつだったかの研究会の代休、って事になっている。そんなん、知らなかった。

休みなら休みで、病院には来ているけど別の雑用をしようか。ちょうど、役所へ行く用事があった。職業安定所。午前の診療時間中に出かける。
ものすごい、人。若い人も多い。世の中、不況なんだろうなあ。でも、これだけの人に失業保険なんかを支給するのも、膨大なお金だろう。もっとも、こういうお金は、働いている人が負担しているのか。

ついでに、警察署へ寄る。「フクロウが来たんですが、どうしましょう?」って電話をもらっていた。堺市のど真ん中の民家で保護されたそうな。ひょっとすると、ペットのかご抜けか、と思ったけど、顔を見るとふつうのフクロウ。引き取って、一件落着。そもそも、野生鳥獣なら警察は管轄外なんだけど、なんで引き取ったのかな。

昼からも病院の雑用をして、せっかくの休みなんで、夕方から雨が降ってきたこともあり、早退しようかと思っていたら、知り合いから電話。これから来る、って。
残念。帰りそびれた。

そういえば、北海道で働いていたとき、3週間ほど続けて働いて数日の休みをもらい、大阪に帰っていた時もあった。今から思うと、同僚の先生にずいぶん迷惑をかけていたんだろうなあ。
反省。

  1. 2010/09/27(月) 19:03:36|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

一日、ふわふわ

で、徹夜明けで家に帰ったのが朝8時。朝食後、ソファーで爆睡2時間。午後からも、何をする訳じゃなく、テレビを見るでもなく、一日、ボー。
けっこう、こたえたみたい。

娘が、どこだかで見つけてきた。

DSC09929.jpg






  1. 2010/09/26(日) 20:12:56|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ナイトハイク 本番

本日夜より、ナイトハイク。
集合時間、最終便。解散時間、早ければ翌日、始発。
その間、仮眠なしで、ひたすら歩く、って。ナイトハイクと言うより、徹夜の行軍、八甲田山死の彷徨?

深夜で川沿いというと、ここならオオサンショウウオを探したいんだけど、これだけの人数で川にはいる訳にも行かないし、主目的は哺乳類。時間をもてあましそうなんで、みんなに見てもらうように一人で探そうかとも思ったけど、胴長を持参するとなると、荷物が増えすぎる。川を離れたら、胴長を持って山を歩くのも面倒。真夏なら、靴のまま川に入っても、歩いているうちに乾いたかもしれない。が、ここ2,3日で急に「秋」になったので、靴のまま入る勇気が湧かぬ。とりあえず、ここにはオオサンショウウオがいます、って紹介だけになるか。運良く、堰の手前でウロウロしている子に会えばいいが。

ということで、いつもなら、さて、寝るべか、と言う時間に、さて、出かけるべか。では、行ってきます。
生きて帰れるかなあ。
  1. 2010/09/25(土) 22:00:00|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

人質交換じゃないの?

で、拘束された4人はどうなってるの?今度はこっちが圧力をかける番だと思うけど、中国にヘコヘコするだけで、こっちからの恫喝材料はないんだろうな。そもそも、あの4人は、日本の戦後処理のために出かけていた人たち。ものすごい金を日本が出資して、なんとか兵器の無毒化プラントを作る仕事、じゃなかったっけ?4人が帰ってきたら、もうその事業、やめちゃえばいい。

何とか油田だって、共同開発って、やり出したのは中国。作るな、って文句を言う前に、日本も隣で油田を掘ればいいんじゃないの?

弱腰外交、ってマスコミにばかりえらそうに話するんじゃなく、あんたも国会議員なんだったら知恵を出してやれよ。政党の主義主張の前に、お国のため、って考えないのか。

逮捕容疑は、領海侵犯じゃなく、公務執行妨害。だれも死んでないし、さっさと裁判して国外追放すれば良かったのに。いつだったか、尖閣列島に上陸した連中は、逮捕もせず、追い出して終わり、だった。
そもそも、竹島では韓国軍が不法占拠して漁師も住まわせ、実行支配しているのとおんなじで、早々に尖閣列島に人を送っておく方が賢いような気もするけど。それこそ、国会議員を、義務的に、交代で常駐させれば?
  1. 2010/09/25(土) 09:09:17|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

10円

23日。朝から大雨。
休日は休みにしているけど、居候の世話で病院へ。仕事じゃないので、のんびりと病院の片付け。缶コーヒーでも買おうかと、病院のドアを開けたとたん、財布から10円玉が転がって、前の溝に落ちる。病院の溝、なぜだか知らぬが、雨の日は何十センチも水が貯まる。当然、回収できない。仕方なく、諦める。

24日。水はひいている。昨日の10円を探そうとのぞいてみると、流れてきたゴミが堆積している。ザッと見るが、見つからない。底に沈んでいるんじゃないかなあ、と思いつつ、朝からゴミ掃除。葉っぱ、ビニール、砂、等々をそっと取り除きながら探すと、ありました。無事回収。で、思わず、缶コーヒーを買う。


大昔は、量販店で安い缶コーヒーを買い込んで、病院に置いていた。あれば飲む、無ければ飲まないというのに気が付くのに、長い時間がかかった。飲まなくっても死ぬ訳じゃない。特に夏は、麦茶を湧かしてもらうようにしたら、缶コーヒーを買うことの無駄にやっと気が付いた。おかげで、スタッフは毎日、麦茶ばっかり湧かすはめになってしまったんだが。

缶コーヒーを買わなければ、この10円を発見出来なくっても、100円得したような気もするが。10円を回収し、110円投資(無駄使い)した感じ。
  1. 2010/09/24(金) 21:10:33|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

一日、博物館

午前中は、ほねほね。
バーバリーシープに、トムソンガゼル、鳥も何種類か、小型哺乳類いくつか。天王寺動物園からの頂き物。21日も、哺乳類をいくつか剥いている。人ごとながら、こんなに亡くなっていて大丈夫かなあ、と思ってしまう。もっとも、搬入日、亡くなった日を見ると、何年も前の子もあったけど。

シカの頭が二つ、ごろん。有害駆除らしいが、胴体と角はいずこへ?肉は食用、角は販売、かなあ。

私は、ずっと焚き物の番。アライグマ。そこそこ、肉が取れました。

午後からは、講演会。大阪湾一斉調査、だったかな、その報告会。
20カ所近い地点で、ほぼ同時期に生き物を調査している。地元の自然保護団体なんかが手分けして各地で調査しているんだけど、さすがにすべての団体が専門家に近い人を抱えている訳でもなく、博物館にある、「大阪湾海岸生物研究会」というののメンバーがあちこちに手伝いに行ってる。実は私もそのメンバーで、数年前は一生懸命、観察会にも行ってたんだけど、何度教えてもらっても生き物の名前が覚えられず、そのうち疎遠になってしまった。コウモリなんて、数種類区別すればいいだけ。「海の生物」なんで、簡単に覚えられるはずありません。

何人かがご自分の調査地の話をしていたが、話慣れた人、さっぱりわからん人、まあ、いろいろ。別の意味で勉強になりました。(といっても、あんな場所で話す機会は、さっぱりないでしょうけど。)

海の世界でも外来種がいっぱい増えていたり、同じ種類と思われていたものが2種類に分かれたり、おもしろい話題もいっぱいありました。



  1. 2010/09/23(木) 21:48:23|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

今度は、この子

見ての通り、ツバメ、です。
骨折で、野生復帰できそうにありません。

DSC09275.jpg






野鳥ですので、表立っては飼えません。厳密に言うと大阪府から、一時飼育の許可(放鳥までの一時飼育)をもらい、ボランティアとして飼育することになりますが、一生飼育につながる鳥は、そういう形でボランティアに預けることはしないそうです。また、都合が悪いことに、行政の関係者がこのブログを読んでおられる(らしい)ので、こういう形で、行政抜きで野鳥をどなたかに預けたとなると、たいへんな問題になります。

ので、表立っての募集はしませんが、ウチの事情でどうしても一時飼えなくなる時に、預かって下さる方、それが一日延び、二日延び・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・、となっても問題のない方、おられましたら、メールをいただければうれしいです。お話し合いの上、返却条件付きでお預けするかもしれません。

というような回りくどい説明はやめにして、どなたか飼って下さいませんか?
亡くなったら博物館へ持って行きたいので、お返し下さい。

食事はミルワームです。一日何十円のレベル、かな。
  1. 2010/09/23(木) 15:43:02|
  2. 仕事?野鳥|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

さかさまにして

息子が、ソニーのデジカメが壊れたという。見ると、画面が細かく振動している。そういえば、機種は違うが、私のソニーのデジカメも同じ症状が出たことがある。

私は、振動が時々止まる時があるので、その時にシャッターを押す、てなやり方で、何枚もシャッターを切ると、そのうちの1,2枚はきれいに撮れているので、ごまかし、ごまかし使っていた。が、やっぱり、不便。だいぶん考えたが、新しいのを買うよりは安いかと思って、修理に出した。一万円。それでしばらく使っていたが、最近、また、調子が悪い。シャッターが降りないことが多い。またまた、何度もシャッターを押すというやり方でやり過ごしている。

で、息子のデジカメ。上下逆に構えると振動が止まる。普通に撮影できる。
不便。
いつだったか、別の故障で、一度修理に出している。すでに一万円投資済み、と言うべきか。また一万円出して修理する?なんか、もったいないなあ。逆さまの撮影に慣れた方が得策か。でも、撮りたい時にすぐに撮れないカメラ、って、カメラって言えるのか。

普通の電化製品なら、2,3年で壊れると文句の一つでもいいたくなるけど、デジカメって、そんなもん、って思ってしまうのって、まんまと、カメラ屋の思うつぼにはまっている感じがする。

さて、どうしようかなあ。
  1. 2010/09/22(水) 17:32:29|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

よくわからんが、なんでもええや

昨晩の映画。
特攻野郎Aチーム。
長いことやっているためか、夜だからか、映画1000円の日だったけど、お客さん数名。

ストーリーが、いまいちわからんかった。CIAと軍の関係?
まあ、わからんでも、ドンパチだけで満足。

一時は、映画ばっかり気になっていて、シネコンだけじゃなく、小劇場の情報もくまなく見ていたけど、どうも見たくなる映画がない。今回も、息子の推薦というか、あまりにも暇なんでちょっと行こうか、と言う程度のノリだった。もっとも、落ち着いて映画に行く暇、気がないというのも事実かな。あと2,3カ所、どうしても調査したいところがあるんだけど、日が取れない。映画はナイトショーの方が安いので、昼に出かけていても(あるいは、仕事のある平日でも)夜は家にいるから行けなくもないんだけど、いったん家に帰ってしまうと出かけるのは面倒。
早く調査を終えて、書くものを書いて、背中の荷物を減らしてからゆっくりしよう、かな。

  1. 2010/09/21(火) 19:16:10|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ホネホネ祭り

今週は、ホネホネ祭り、らしい。今日と23日が通常活動、21日と22日は「特定動物」というか、完全防護で「霊長類」を剥く予定。21日、22日は成人限定で、危険を自分で負える、自称完全体の人のみ参加するように、とのお達しが来ている。聞けば、かなりレアものも冷凍庫に眠っている、とか。うーーん、私も行きたいが、仕事が満載・・・・・・。あ、それに、野次馬はいらない、って最初から言われている。

今日は、一日、タヌキを炊いていた。10時から、2時過ぎまで。昔は病院で炊いていたんけど、最近はお許しが出ない。それに、一度博物館でやり出すと、ガス代がもったいなくって。大阪市の税金を使うのも、ちょっと気は引けるんですが、まあ、標本をいっぱい寄贈しているんで、それでお許し願おうかと。

あ、今日は祭日で休みでしたが、入院の世話と継続診で、10時頃までは病院で診療してました。
  1. 2010/09/20(月) 19:50:44|
  2. ほねほね団|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

東京オリンピック

土曜日に、淀川関連の講演会があった。淀川の変遷(改悪)を説明しているとき、某学芸員が、「私はまだ生まれていませんが、東京オリンピックの時に・・・・・」という話をしていた。
え、東京オリンピック?私、聖火ランナーが近くの国道を走るというので、学校からみんな、日本の旗を持って授業を休んで見に行ったのをかすかに覚えている。
ナイトミュージアムの世話人が集合して、夕食を取っているときその話をしていると、東京オリンピックの時に生まれていたのは、私ともう一人だけだった。ショック。

鳥の会で万博公園を歩いていると、何とか館、って書かれた石碑が生い茂った樹木の陰に埋もれている。月の石を見るため、何時間も並んだなあ、って近くの人と話をしていたら、私、まだ生まれていません、母親のおなかの中でした、というおねえちゃんら。万博の時は中学生で、何度来たかわからぬほど、通ったぞ。これもショックだったなあ。

これからは、花の万博すら知らない世代が出てくるのかなあ。
  1. 2010/09/19(日) 10:51:33|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

川遊び

家のすぐそばに、いわゆるどぶ川、といっても最近はどぶすらなく、3面コンクリートでほとんど水量のない川がある。今では、浅いところでは川幅の一部は乾いた状態で、深いところでも3,4cm。で、雨が降ると、一気に水深が1mを越えるような、都市河川。私が子供の頃は、まだフナなどの生き物もけっこういたし、悪ガキが集まって魚取りなんかもしていた。いつのまにか、ただの排水路になっていたが、最近、メダカが生息しているのに気が付いた。
実は、数ヶ月前にも生息しているのに気が付いていた。が、雨が降るとみんな流されるのか、いなくなる、と言うのを何度か繰り返していた。
この夏、雨が少ないためか、ずっと姿を見ることができる。

私が子供の時は、大雨の後で池の水を流したときなんかにフナの数が一気に増え、みんなで川に入って採ったものだったが、ずっとメダカが泳いでいるのに、子供が入っている姿を見ることがない。あまりにももったいないので(?、どうせ、雨が降ったらいなくなるんだから)、思わず、網を持って川に入る。とはいえ、さすがにおっさん一人じゃ恥ずかしいので、人が歩いていないくそ暑い日中をねらって入り、橋の下でメダカ取りをしていた。(でも、知り合いに見つかっていたらしいが。)それ以降も姿はいっぱい見るのに、ガキが入っている気配は全くない。

子供の遊びが変わっているからか、親が止めるのか。

あー、もっと採りたいなあ。
どなたか、小学校のお子さんを貸して頂けません?
水深数cmですので、おぼれることは100%、ありません。

メダカ、ザリガニ、ヤゴ、アメンボ、一通りは生き物が揃っています。
  1. 2010/09/18(土) 12:47:00|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

進歩がない

病院で使う物を、家から持ってくるように頼まれたり、逆に家に持って帰る必要のある物が時々ある。その時は覚えていても、しばらくすると忘れるだろうなあ、と思う。で、やっぱり、忘れる。いつも、こんな感じで忘れてしまう。

いつもこんな感じで忘れるので、忘れたことを忘れずに、今日こそは忘れないでおこう、と心に堅く誓って、、、、やっぱり忘れる。

今日こそはいつものテツを踏まぬよう、こうしておけばきっと思い出すだろうと思って、カバンに簡単な細工をしておく。気にすることなく、普段通りカバンをぶら下げて病院へ来て、やっと気が付く。やっぱり忘れた。

まあ、忘れても大きな支障がないものもあるし、忘れたことを覚えているうちは大丈夫、忘れたことすら忘れるのが一番問題、ともいうので、まだ大丈夫か。

  1. 2010/09/17(金) 08:28:15|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

迷える子羊

コウモリ調査。電車で行く。
ブッシュはないけど、雨で道がぬかるんでいるかも。となると、斜面でこける。コウモリ調査用の、きちゃないGパンをはいていく。

ケーブルカー跡は、直登。けっこう、しんどい。汗だく。前回断念したトンネルの迂回は、さらにしんどい。道があるような、ないような。こんな感じじゃ、万が一、迷子になって引き返すのも不安、というより、無理かも。不安が頭をよぎる。
が、かなり歩いてから、トンネル上部に着いて、ほっとする。ほっとしたのもつかの間、調査しようとすると、トンネルを降りる必要がある。降りたら、当然、登って戻る。それがしんどそう。迂回距離を考えると、けっこう長そうなトンネル。途中で埋まっていてくれたらなあ、と思いつつ入るが、いっこうに閉鎖箇所が出てこない。コウモリはいっぱいいるけど、坂が急で上ばっかりも見ていられないし。結局は、閉塞部位は一番下で、迂回した距離分、降りる羽目になる。さすがに、この長さがあると、内部はちょっと涼しい。それだけが救い。

なんとか、ケーブル山頂駅までたどり着き、通常の参道まで合流する。ここまで来てお参りしない人もいないだろうな、と思いつつ、つい下りの誘惑に負けて、神社へは行かず。罰が当たる、かな。でも、目的は達したし。(ならいっそう、お参りするべきだったかな。)

参道の下りも、けっこうしんどい。こんなに登ったかなあ、と思いつつ、歩く。途中で、山道によくあるような、湧き水に樋を付けた所があった。頭から水をかぶり、濡れたタオルを頭に巻く。

バス停から京都駅へ戻るもの、工夫がないか。嵐山まで、3kmほどだったはず。嵐山、って行ったことがないし、時間も十分あったので、歩いてみる。
嵐山に到着。ミーハー的なお姉ちゃんばっかり。それに、外人さんとか、団体さんとか。とにかく、すごい人。なんで、こんな所に、こんなに人が集まるの?

バス代を浮かした分、嵐山でソフトクリーム、と思っていたけど、そもそも、リュックを担いだ人なんて、皆無。それに、タオルをかぶって、きちゃないズボン。そんな人、じぇんじぇんおらん。

せっかく来たんだから観光して帰ろうかと思っていたけど、どこに行けばいいかわからんし、寺回りなんてさっぱり興味がないし、紅葉の季節でもないし、こそこそ、駅まで逃げてきました。駅前のコンビニで、アイスキャンディー。安かった。










  1. 2010/09/16(木) 21:23:28|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

満身創痍 その2

血液検査用の、遠心分離器。

DSC09297.jpg






かなり前に、爪の部分が折れた。本体部分は問題ないんだから、修理してくれと言うのに、出来ないと言われる。買えば、4万円。何とか工夫して、復活させる。ゴムで引っぱったりして、スタッフには不評だったが、まあ、なんとか実用には耐えていた。

今度は、反対側の蝶番部分が折れた。さすがに、今度は無理か。毎日使うものなので、無いと、さすがに困る。また分解して、今度はスイッチを直結してみた。

回る。

今度は、コンセントを入れることによってスイッチが入る構造になる。タイマーは生きていて、時間がたつと一応は止まるが、そのたびにコンセントを入れたり抜いたり、では、さすがに不便。
業者に電話するが、反応がない。

2,3度使っていると、こちら側が、この状態にも慣れてくる。
間に、別のスイッチを組み込んでみた。

ちょっと楽になった。

とりあえずの応急処置が、恒久処置に変わりつつある。




病院の乾燥機が、異音がする。
けっこう古いし、修理するかどうか迷いつつ、とりあえず分解してみる。なんとなく、わかった(気になる)。
部品だけ、電気屋へ注文する。

さて、結果が出るのは来週か。
  1. 2010/09/15(水) 19:09:38|
  2. 仕事:犬猫|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

満身創痍

昨晩から今朝まで、ナイトハイク。有名な観光地は街灯が多く、明かりはいらない。さらに、他の世話人の明かりを拝借して、懐中電灯は付けたり、消したり。とはいえ、(オオサンショウウオ調査が無くなったので)久しぶりに長時間、大型懐中電灯の世話になる。

、何となく暗いなあ、と思っていた。電池を替えれば明るくなるのはわかっていたけど、いつまで引っぱって使おうか、ずっと悩んでいた。完全に真っ暗な洞穴で天井を見るくらいなら、この程度の明るさでも何とか間に合っていた。今日は、かなり遠くまで明かりが届いて欲しい。仕方ない、電池を替えよう。

電池交換のため、ガラス部分のフタをはずす。ありゃ?、割れてる。

そういえば、このライト、コウモリ(あ、オオサンショウウオも、ウミガメも)を始めてから、ずっと使っている。電気が通じるかどうかだけの単純な構造だと思うんだけど、スイッチの具合が悪くて、ついたり消えたりするときもある。穴で消えると命に関わると思いながら、再点灯のコツを覚えて、なんとなく、ずっと使っている。今度ばかりは、再起不能かなあ。

DSC09822.jpg







知り合いに、登山家がいる。いつだったか、ずっと使っていたヘルメットが古くなったのでゴミ箱に入れて、新しいヘルメットを持って入山したそうな。その時、滝から落ちて足首を骨折したそうな。
バチが当たった、って、家に帰るなり、すぐそのヘルメットを取り出して、本箱にしまった、って。

懐中電灯は、穴捜しの相棒、私の命。粗末に扱うと、私もそうなるかも。

DSC09823.jpg






若干のゆがみもあったので、ゴムで補強しつつ、アロンアルファ。
スイッチの具合もよろしい。

もうしばらく、がんばってもらうべか。
(いつまでたってもLEDに変えられず。重たい・・・・・・・。)
  1. 2010/09/14(火) 08:34:23|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

信じられない・・・・・

博物館で月末に計画されている、ナイトハイキングの下見。

・集合:2010年9月13日 24時15分(9月14日の0時15分のこと)

・解散:2010年9月14日 5時 
※5時13分に始発があります。

・予定コース:阪急箕面駅~


え、これじゃ、ナイトハイキングじゃなしに、徹夜の行軍じゃんか。
以前計画したナイトハイクは、8時くらいから歩き出して、12時から夜明けまでは仮眠の時間だったけどなあ。

この年じゃ、無理か。

とりあえず、行ってきます。生きて帰れるかなあ。
  1. 2010/09/13(月) 21:52:46|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

危機的状況かなあ

先日の、コウモリ調査。
入り口に水が流れ、岩はツルツル。まあ、いつものことで、注意しながら入っていると、特に問題もない、はずだった。
ここ、すべる、と思いつつ足を置いたとたん、滑ってこける。尻をイヤと言うほどうつ。10年目にして、初めて。


次の穴。道のない斜面を歩く。イノシシが掘り返したらしい、ふわふわの土。崩れるだろうなあ、と思いつつ、足を置くと、やっぱりズルズル。あわてて、近くにあった木をつかむと、完全に枯れていたらしく、抵抗もなく折れて、一緒に斜面を落ちる。落ちるのがわかっていても、次の一歩がでない。突き指をしたらしく、いつまでも痛む。

年かなあ。










  1. 2010/09/13(月) 19:21:28|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

気力の問題・・・・・・

このサイズの鳥は、次の日になると元気に復活していないかと思って、朝起きるとすぐにチェックするんだけど、残念ながら死亡していたり、瀕死だったりする。正直、点滴なんかできる訳じゃなく、せっかく連れてきてもらっても、出来ることは限られている。
亡くなったら博物館に収めるんだけど、一応、「鳥の仮剥製を作れる人」と思われている以上、死体のまま持ち込むのははばかられ、仮剥製にしてから持って行く。死因を確かめておきたいという理由もあるし。

ただ、このサイズの鳥は仕事が細かくって、あまりやる気が起こらない。手術用のメガネに変えて、無影灯をつけて、準備だけはしっかりするけど、肝心のやる気がなかなか、出てこない。中途半端な気持ちで始めると、やっぱり、皮膚に穴が開いたり、羽毛が抜けたり。モフ(抜けた羽毛)を見ると、ますますやる気が失せてくる。

かくして、時間だけは短い(30分ほどで完成)が、あまり満足できる出来ではないと思いつつ、最後は羽毛であちこち、ごまかす。次の日になれば、羽毛も落ち着いてきて、まあまあ、素人さんにはわからない出来には、なる。

はー。作り終わっても、充実感がないなあ。



ホネホネ団の予定がメールで流れると、「鳥をやりたい」とか、「皮むきをしたい」とか言うメールがいっぱい、返信される。
「野次馬に行くけど、何もやりたくない」という返信を書きたいのだが、書けないでいる。

DSC09345.jpg








  1. 2010/09/12(日) 13:32:48|
  2. ほねほね団|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

キジバト 9/11 巣立ち?

9月11日は休みを頂いていました。
12日、病院へ来ると、街路樹はこんな状態に。









診察台には、これが。

DSC09344.jpg







スタッフに聞くと、朝に完全に巣立っていたらしい。
危機一髪というか、ぎりぎりセーフ。

  1. 2010/09/12(日) 09:16:57|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

復活

滅多にないのだが、データに時間の記録が必要な時がある。特に、コウモリの出巣調査では、時間ごとの出巣数を記録するので時計を見ながら、10分ごとに数を記録する。
設定の問題もあるのだろうが、昔使っていた携帯電話はいつも時間が大きく表示されていて、夜中でも見やすかった。今の携帯はすぐに画面が消え、そのたびにスイッチを押す必要がある。そもそも、滅多に充電しないので、必要な時に電池切れというのがよくある。で、絶対必要な時は腕時計をしていたのだけど、それが壊れてしまった。一時はデジカメの時計を使っていたこともあるんだけど、携帯電話以上に煩雑。
腕時計はいくつか持っていたけど、みんな電池切れで動かない。(こないだ壊れたのは、太陽電池タイプでした。)電池を入れ替えても、またいつかは止まるだろう。
で、思い出したのが、自動巻の腕時計。

DSC09317.jpg






これ、もう40年近く前になるだろうか。弟の遺品。



私が子供の頃、中学校に入学したら、時計を買ってもらっていた。兄もそうだったし、私も、弟も。
で、弟は中学校1年の時、白血病で亡くなった。残された時計を私が預かり、そのまま、何十年も保管していた。年に数回、何となく使う場面もあったけど、いつも机の中に保管されていた。

いつまでも置いておいても仕方ないだろう。動いてこそ、時計。
これからは、山にも連れて行こうか。


私が買ってもらった時計。いつ、どうなったか、全く記憶にない。


  1. 2010/09/11(土) 14:45:36|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

0033

携帯へ電話をかけるなら0033をつけろ、ってテレビで宣伝しているらしい。回線(会社)を選んで云々の話か。調べてみた。
え、通話料100円が54円になる?通話、って、そんなに高いの?

ちょうど、メール便があったのでクロネコに電話しようかと思っていたところ。メール便で80円、郵便局で120円か。安いのでクロネコを使おうと思っていたのに、電話代を入れると逆転する?

最近は、患者さんからの電話も、携帯が多い。「診療中ですので、あとでかけ直します。」の時、携帯からかける方が得なのか、固定電話からでも変わらないのか、よくわからない。さらに、ソフトバンクどうしなら無料とか言われても、電話番号から相手の通信会社はわからないはずだし。いずれにしても、一回50円と言われると、「あとでこちらからかけ直します」じゃなく、「何分後にもう一度お電話下さい」にしてしまいそう。

私の感覚なら、市内通話3分8円(公衆電話で3分10円)から抜けていないのだが。

結局、どうすれば安いのか、さらに調べてみる。

「IP電話は全国どこでも11円。」

うち、光電話なので、IP電話。(ですよね?)これで解決?

結局、うちからどこへどのように電話するといくらかかるのか、どうやって電話すると安くなるのか、さっぱりわからなかった。とにかく、携帯電話というものは、恐ろしい物らしい。もう、持ちたくないなあ。

DSC09331_20100908165531.jpg






ロックをかけているのに、ポケットでスイッチが入り(スライドして)、知らぬうちにどこだかへかけてること、数回。中途半端な細工より、これが安全。
ここまでして、電話を持つ必要って、あるのかなあ。

  1. 2010/09/10(金) 19:07:10|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

キジバト 巣立ち 9/10

昨日、お休みでした。
今朝に病院へ来ると、糞のパターンが変わっています。









上を見ると、巣の近くの枝に二羽が止まっていました。巣立ったようです。

DSC09335.jpg






って書いて、感動していたのに、枝を2,3回ウロウロしたあと、午後からは巣に戻って座ったまま。
感動を返して欲しいなあ。
  1. 2010/09/10(金) 09:03:28|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

いつまで必要か?

昔は、オオサンショウウオでは4,5時間、つけっぱなしだった。そのころに比べれば消費量は落ちているんだろうけど、ヘッドライトというのは電力消費量が非常に多い。交換に、一度に4本必要。
やっぱり、今の時代、電球じゃなくLEDにするべきなのかなあ、と思いつつも、慣れの問題からか、穴の中では昔のヘッドライトをまだ使っている。LEDの、冷たい(?)明るさにも慣れない。もっとも、今持っているLEDのヘッドライトの性能が悪すぎるのも、理由の一つかもしれない。良さそうなものは結構高いので、ネットで安物を買ったのが失敗だったか。

電池をどこで、いくらで買うのかをいつも迷う。某サイトでは、百均の単3電池をおもちゃの電車に入れて走らせたら、他の有名メーカーと同じ距離(時間)走った、と言うのもあった。コーナンでいつも安売りしている、マクセルの乾電池は性能が悪い、と書いてあるHPは時々見かけた。結局、パナソニックが間違いないのかなあ、と漠然と思い、金パナなる物を使うようになっているけど、今度はそれに、エボルタなるブランドも出てきて、さらに迷うようになる。

で、この頃はエボルタをオークションで購入することが多い。一本、4-50円くらいか。今回は72本購入。
さて、いつまで持つか。

DSC09318.jpg





  1. 2010/09/09(木) 23:24:05|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

高速

先日の、南部(みなべ)行き、高速道路は使わず、地道を走った。昔なら文句なしに高速を使ったところだが、なんだか、高速料金がもったいなくなってきた。さすがにあの距離だと、時間で30分以上は違うんだろうけど、特に急ぐ用事もなく、なんだかんだで結局は同じところへ着くんだし。
帰りも特に用はなく、和歌山での調査予定も入れたので、地道をちんたら走ることに。

コウモリ調査で北摂に行くときも、行きは高速だが帰りは一般道というのが最近のパターン。昔みたいに500円程度ならもっと使うんだろうけど、700円と言われると、ちょっと感覚が違う。微妙にもったいない。この差の200円なんて、おやつ一つを買うかどうかの差なんだが。

昔は一般道のイライラに耐えられず、金を払ってまで時間を買っていたのかも知れない。今は、そんなに生き急いでも、次にすることがなけりゃ同じ事、って悟ったのかなあ。

DSC09299.jpg








  1. 2010/09/08(水) 19:35:54|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

朝日新聞は売国奴

朝の辛坊さんのテレビを見ていたら、その受け売りだけでブログが数本書けるんだけど・・・・・、


中国船逮捕の報道。朝日新聞だけが、「日本が領有権を主張する尖閣列島」、っていう表現を使っているんだって。で、最後の方には、「中国も台湾も領有権を主張している」って表現が出てくる。となると、尖閣列島、ってどこの領土?他の新聞はすべて、沖縄県尖閣列島、という書き方をしているらしい。

そもそも、戦争というものは領有権から起こることもしばしば。北方領土でも、不法占拠のロシアが領有権を主張し、架空の線引きを超えた日本の漁船を有無を言わせず、拿捕したり、銃撃したりしている。自国の領土を守るというのはそれだけ重要なことなのに、朝日新聞はその認識を持っていないか、親中国か。これじゃ、左と言われても、右翼にねらわれても仕方ない。

ちなみに、逮捕するまで数時間かかっているらしい。民主党の党首選がなけりゃ、逮捕はしなかったかも知れない、とも言われている。要するに、政府の存在を、強硬姿勢を取ることによって国民にアピールしたかった意図があったのかも。



「新聞の見方」というのは、かくして、いろんな新聞を読み比べると非常におもしろい、と言うことだけど、数紙を購読するなんて、もったいなくってできないし、図書館へわざわざ読みに行くほどでもない。結局は、辛坊さんの話を信じるしかないかな。
ところで、あの10チャンネル、東京へ行ったり、大阪へ帰ってきたりで、非常に見にくい番組ですね。
いつもは6時から6時30分だけ、ベッドの中で見ているんだけど、カーナビを積み替えると通勤途中にもテレビが見られるようになりました。
  1. 2010/09/08(水) 08:27:07|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

キジバト 9/8

巣からはみだして座っています。

隣のビルの管理人(駐車場入り口のガードマン)は、一日道路を眺めているからか、この事をよくご存じでした。最初はそのビルの目の前に街路樹で巣作りを始めたそうです。で、ある程度作ったのに気に入らないで、2本隣の私の病院の前で作り直したそうです。病院が近い方が便利だと持ったのでしょうか?









  1. 2010/09/08(水) 07:44:43|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ
【楽天市場】本・雑誌・コミック