FC2ブログ

毎日の院長 改め、日々雑感

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

早すぎる

コウモリが外を気にしだして、穴の内部でウロウロし出すのは、ほぼ夜7時。その時点で、穴の外で待機していればいい。逆算すると4時40分くらいに家を出ればいいんじゃないの?と思いつつ、4時を回るとだんだん不安になる。別に用事もないし、出かけちゃえ。

現地に着いたのが6時15分。コウモリが出だすまで45分、調査まで1時間45分。やっぱり、早すぎたか。

何かの行事の際、綿密に時間を計算して、集合時間の10分前くらいに付くようにするんだけど、いつもなんか不安になって結局は30分前くらいに着いてしまう。事前の、電車ダイヤのメモなんて用をなさず、行き当たりばったりで来た電車に乗る。まあ、遅れるよりいいかと思うんだけど、いつも一番というのは、なんだか恥ずかしかったりもする。



調査が終わると真っ暗。(といっても、穴の暗さとは比べものには、ならないが。)ヒモを回収しながら戻る。ここは尾根を歩くので、右側に街明かりと雑音を聞きつつ、藪をこぐ。途中でイノシシが走る音がして、びっくりする。頭に、何かの実が直撃して、さらに驚く。
ヒモが2本張られているところに出くわす。なんじゃ?これ。2本も張るわけないのに、どう考えても左右にある。誰かのいたずら?こんな夜中に?ヒモを張り替えられていたら帰れなくなるぞ。不安を感じつつ、両方を回収。なんとか、振り出しに戻った。

そういえば、今回、現地までのヒモが足りなかった。前回の、回収のし忘れかなあ。


2番目の調査地は、山中ではあるけど、普通のハイキングコース。広い道幅。迷うところもない。見通しがよい。なんか、藪をこいでいる方が視界がないためか、安心する。遠くがよく見えると、よけいに恐ろしい。なるべく足下を照らして歩く。

両方でそれなりにコウモリが見られて、ほっと一息。
一ヶ月もたつと、みんなどこかへ行ってしまう。
コウモリの成長は早い。
  1. 2010/07/02(金) 08:31:16|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
【楽天市場】本・雑誌・コミック