FC2ブログ

毎日の院長 改め、日々雑感

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

思わず撮影

小型犬の、乳歯抜歯。きれいに抜けたので、思わず記念写真。
気が短いと、無理に抜こうとして、根っこを折ってしまうことがあります。で、最近、私はやったことがありません。いつも若い先生にお願いしています。

きれいに磨いて患者さんにお見せするんですが、持って帰る人、いらないという人、いろいろ。うちのわんこのは、回収できた3,4本だけ保存していますが、あっても特に何をするわけでもなく、何に使えるわけでもなく・・・・。

うちの子供の歯も一部は残してありましたが、これまたきちゃないだけで、いつだったか、机を整理したときにほかしてしまいました。










  1. 2010/07/05(月) 19:01:41|
  2. 仕事:犬猫|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

連日のコウモリ

キクガシラコウモリが出産し、モモジロコウモリと一緒に寝ているところ。昨日の穴はモモジロコウモリ自体も出産しているんだけど、ここは、その時期はモモジロコウモリがいない。すなわち、キクガシラコウモリの出産時期に合わせて、モモジロコウモリもここへ集まりだしている事になる。何のために?ただの野次馬?コウモリの世界は、奥が深い。








2カ所目。先月、親がいっぱいいたのに、今日は、子供も(親も)いない。なんで?まだ出産しておらず、みんな外へ、食事に行ったのかなあ。



無料化された舞鶴道を走ってみる。交通量がすごく多い。みんな、同じ事を考えているんだろうな。

家へ帰ると、11時。「たかが」コウモリで、ご苦労さんな事です。そういえば、オオサンショウウオは、いつももっと遅かったなあ。よく、体が持っていたと、感心する。その頃はまだ、若かったんかな。


そうそう、2カ所目は使用廃止になった舗装道路を歩いて、ハイキングコースを少し歩いた。今日はシカが突然鳴いて驚いた。やっぱり、見通しの良い、開けたところを歩くのは気持ちが悪い。
  1. 2010/07/04(日) 23:00:04|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

言った私がバカでした

モモジロコウモリ虐殺事件があった穴。看板が掛かっていた。
A4の紙に、ラミネートして、鉄柵に貼り付けてあった。








これを見たら、反省して、もうしない?

予想通り、草を刈るのをやめたらしく、鉄柵の前はブッシュ化してて、安心して柵を乗り越えられました。
入ると、新しげなペットボトルが数本、転がっています。明らかに、誰かが入っています。幸いにも、コウモリの死体は一体見つけただけでした。(殺されたモノではないとは断定できませんが、前回の例から言うと、殺された可能性は低いかも。)

私自身、勝手に入っておきながら他の人を非難する事は出来ませんが、純粋にコウモリ保護を考えるなら、(私も含め)人が入り込まない事が一番です。
この看板を見て、穴とコウモリとを結びつけられる人は多くはないかもしれませんが、なぜわざわざこんな看板がここに掛かっているのか、不思議に思うでしょうねえ。

いつだったか、公園を散歩していて、「家庭ゴミをほかさないで下さい」って、ゴミ箱に書かれているのを見て、あ、そんなゴミ処理の仕方もあるんだ、って「感激」した事があります。ゴミをほかすと罰金いくら、懲役いくら、って書かれた看板が山中にはいっぱいあって、たいてい、その下にはゴミがいっぱいです。ゴミを呼び込んでいるようなモノ。
この看板も、ここにコウモリがいます、って言ってるようなモノでしょう。役所的には、この「抑止効果」で虐殺が無くなると思っているのでしょうか?

結局、知らせた私がバカでした。


あ、入るな、とは、どこを見ても書いてありません。
入ってもいいのかなあ。






  1. 2010/07/03(土) 23:39:37|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

早すぎる

コウモリが外を気にしだして、穴の内部でウロウロし出すのは、ほぼ夜7時。その時点で、穴の外で待機していればいい。逆算すると4時40分くらいに家を出ればいいんじゃないの?と思いつつ、4時を回るとだんだん不安になる。別に用事もないし、出かけちゃえ。

現地に着いたのが6時15分。コウモリが出だすまで45分、調査まで1時間45分。やっぱり、早すぎたか。

何かの行事の際、綿密に時間を計算して、集合時間の10分前くらいに付くようにするんだけど、いつもなんか不安になって結局は30分前くらいに着いてしまう。事前の、電車ダイヤのメモなんて用をなさず、行き当たりばったりで来た電車に乗る。まあ、遅れるよりいいかと思うんだけど、いつも一番というのは、なんだか恥ずかしかったりもする。



調査が終わると真っ暗。(といっても、穴の暗さとは比べものには、ならないが。)ヒモを回収しながら戻る。ここは尾根を歩くので、右側に街明かりと雑音を聞きつつ、藪をこぐ。途中でイノシシが走る音がして、びっくりする。頭に、何かの実が直撃して、さらに驚く。
ヒモが2本張られているところに出くわす。なんじゃ?これ。2本も張るわけないのに、どう考えても左右にある。誰かのいたずら?こんな夜中に?ヒモを張り替えられていたら帰れなくなるぞ。不安を感じつつ、両方を回収。なんとか、振り出しに戻った。

そういえば、今回、現地までのヒモが足りなかった。前回の、回収のし忘れかなあ。


2番目の調査地は、山中ではあるけど、普通のハイキングコース。広い道幅。迷うところもない。見通しがよい。なんか、藪をこいでいる方が視界がないためか、安心する。遠くがよく見えると、よけいに恐ろしい。なるべく足下を照らして歩く。

両方でそれなりにコウモリが見られて、ほっと一息。
一ヶ月もたつと、みんなどこかへ行ってしまう。
コウモリの成長は早い。
  1. 2010/07/02(金) 08:31:16|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

映画は邦画

本日、1日。映画館が1000円。

まあ、夫婦で行けば、いつでも一人1000円なんだけど、意見が合わない場合もあるし、一人で見たいのもあったりする。
で、あちこちの映画館を調べるが、どうしても、というのがない。なんとか、選んだ映画。

「瞬 まばたき」

話としては、良くありそうな話。彼氏が事故で亡くなり、彼女だけが残されて、って、これ、こないだの「ソラニン」とシチュエーションは同じか。こういう時、って、死ぬのは男に決まっているんだなあ。


90点。


悲しいです。悲しいですが、最後はみんな、前向きに生きる決心が付きます。
主人公も、弁護士さんも、良い仕事、してます。


こういう映画ばかり見るようになると、洋画のドンパチや、SFなんか、見る気がなくなってきます。

邦画、いいですねえ。



さて、今から、夜のコウモリに行ってきます。
気合いだ、気合いだ、気合いだ。
  1. 2010/07/01(木) 15:58:46|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
前のページ
【楽天市場】本・雑誌・コミック