毎日の院長

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

くっさい、くっさい

マッコウクジラの解体。

発見されてから、すでに10日。海モノの腐ったのは、それはそれはすごい、はず。準備、と言っても思いつく事はなく、せいぜい、ほかせるGパンと、シャツを着込んでいく。足は古い長靴。
学芸員6名に、ホネホネ団4名。ホネホネ団と言っても、みんな博物館でも仕事をしている人たち。ほとんど部外者というのは私くらいか。以前にクジラの解体をした事があるというので、連れて行ってくれた。(及び、荷物持ち。)

(・・・・、以降、いっぱい書いたのに、なぜかエラーが出て、消えてしまった。もう、再記する元気がありません。明日、改めて。)



とにかく、くっさい、くっさい。頭と体を2度も洗ったのに、まだ頭のてっぺんからかほりが降りてくる。
こんな体で、フトンに入って良いものか・・・・・。

DSC02057-1.jpg
  1. 2010/05/31(月) 21:36:54|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

ホネホネ団

午後からホネホネ団。明日のマッコウクジラ受け入れ準備でてんてこ舞い、と思っていたら、なーーーーんにも忙しくなかった。砂場の整理は午前中に終わったらしい。でも、あんな面積で足りるんだろうか?骨になったらあんなもんなんだろうか。
屋外では、スナメリの解剖。2,3年に一度、死体の発見がある感じ。ホネホネ団的には新鮮な死体ではあったが、それなりにかほっている。明日のマッコウクジラは、発見から10日物。さぞかし、すごいだろうなあ。ちなみに、専門家からは、爆発に注意せよ、という事を言われているそうな。
室内では、アライグマで入団試験(一人でアライグマが剥ければ合格、だそうです。私の時代には無かったぞ。ちなみに、現在団員、170名ほどだそうです。)が3,4人。あとは鳥剥きや、骨洗い。今日は、人で、あふれていました。
私?ただの野次馬で、スナメリを眺めたり、皮むきを眺めたり。ちょっと骨洗いを手伝ったり。最近、活動でメスを持った記憶がありません。

そういえば、昔は活動というとタヌキが並んでいましたが、最近はアライグマばっかりです。ホネホネ団も、外来種ばかりになってきました。

ちょっとスナメリをつついただけで、手が臭い。
明日はどうなるんだろう?不安。
  1. 2010/05/30(日) 20:05:39|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

冷たい雨に撃て、約束の銃弾を

ササゴイの観察会のあと、淀川河口へ移動。干潟で鳥を見て、解散。ほとんどの人は阪神電車へ戻ったけど、あっちを見ると、大阪のビルが見えている。最近はまっている、小映画館がある。歩いてみる。
淀川河口というと、花火大会はここ。懐かしい。今日はまだ涼しいけど、花火は真夏。そういえば、フェンスのない河口を見るのは初めて、かもしれない。ここにあれだけのフェンスを張る、って、たいへんな労力だなあ。あわせて、資金もかなりかかるのを実感。とはいえ、いつも無料席で楽しませてもらっているだけだけど。

で、映画。
「冷たい雨に撃て、約束の銃弾を」
復讐を誓った(依頼した)おっちゃんが、病気で記憶を失いつつある。そんな状況でも復讐は必要?、と言いつつも、プロは依頼された仕事を貫徹しようとし、最後は果たせず死んでゆく。
依頼者は、かすかに浮かんだ記憶の彼方でその意義を感じ、最後は復讐に成功する。

60点。

なんで、犯人像があんなにすぐに浮かんだのか?、いまいち、その理由がわからず。プロならすぐにわかる?
なんで、あんなにあっさりと犯人が見つかるの?



  1. 2010/05/29(土) 20:57:18|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ゴン、って

久しぶりの休み。やっと、コウモリへ行ける。
まず、先月、見つけた穴。記憶というのはいい加減で、というより、すでに忘れている。こんなに遠かったっけ?
ブッシュがひどい。所々溝があって、足を取られる。やっとこさ、穴までたどり着き、調査する。
前回はコキクガシラばっかりだったけど、今回はユビナガばっかり。やっぱり、頻回の調査が必要なんかなあ。ちょっと遠いので、しんどいなあ。

次の穴。モモジロに期待していたのに、はずれ。

ついで、通い慣れた大阪の穴。なんだか、雨が多かったためか、山中の斜面もズルズル。何でもないところで、何回か足を滑らす。年かなあ。さて、あと何年、体力が持つのか。
バンドで翼を痛めたコウモリが3つ見つかる。うーーん、申し訳ない。コウモリを引退する時は、後継者がいなければバンドを回収しようか。ほんなら、最初から標識するな、って?ごもっとも。

さて、帰るべか。
とあるところで、信号待ちしていた。
ゴン。え?
後ろの車が、追突。と言うほどでもないけど、若干のショック。
降りてきたおっさん。「当たりましたなあ。」
当たりました、って、当てたん、あんたでしょ?

まあ、車なんて、消耗品。幸か不幸か、こっちはビッグホーン。少々じゃ、何ともない。
もう、ええや。確認もせず、そのまま別れる。



いつだったか、息子が車に乗って友人と出かけた時、前を走っていた友人の車にぶつけた。同じように、信号待ちだったか。保険で修理して、相手は20万円。こっちは無傷。
  1. 2010/05/28(金) 21:28:09|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

何を頑張る?

社民党の党首、頑張る、頑張る、って、何を頑張るの?あの人、どこだかの大臣じゃなかったっけ?本職の仕事での報道、って全く聞いた事ない。反対、反対、って叫んでいるだけで、なんか仕事してるんかなあ。反対ばっかりしていないで、自分で解決したら?

鳩山さんの、母親からの資金提供、小沢さんの土地購入、辺野古でみんな、吹っ飛んでいる。マスコミも「目先の事件」を追うだけで、「旬」が過ぎれば追求はしない。

事業仕分け。廃止、廃止、縮減、って騒いでいるけど、その後、それらの事業は本当に無くなっているの?先日、NPO会議で助成金の話が出ていた。仕分けされて無くなったはずの事業がそのまま残ってて、助成を貰える事になった。(んだと思う。名称が変わったんだっけ。)パフォーマンスは派手に受けてたけど、浮いたのは40億円、だったか。選挙前は、一兆円とか、二兆円とか言ってたぞ。

新聞は、表は軍事基地、裏は殺人とひき逃げ、真ん中は円高と株安。
この頃、世間で言う、ほほえましい話題、なんて読んだ記憶がない。
  1. 2010/05/28(金) 07:13:32|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

王様の耳

いやー、今度はそう、くるか。
クジラ事件の真実が明らかに!行政、って、おもしろいなあ。

あーーー、しゃべりたい、しゃべりたい。でも、(期せずして)知ってしまった「内部事情」をそこまで暴露するわけにはいかないだろう。
あーーー、しゃべりたい。

とりあえず、家族を捕まえてしゃべる。スタッフが来たら、みんなに話そう。このブログをご愛読の方、聞きたいでしょ?ぜひ、うちまで聞きに来てください。




簡単に言うと、行政って、そこまで融通が利かないものなのか、ということです。

口蹄疫問題にしても、こんな非常事態に法律もクソもないでしょう。
北海道の友人と話をしていましたが、発生牧場の安楽死。殺すところまでは行政側の負担だけど、それ以降、処分地を用意する、埋める、というのは畜産家の負担なんですね。そんなん、一般の畜産家がすぐに対応できるはずはありません。でもって、ずるずる処分をのばしているうちに、そこでウイルスを培養しているようなもんで、拡大していったのでしょう。法律の前に、伝染病予防が一番の目的。法律がそれにそぐわないのであれば、とりあえず緊急避難的に処置して、それから考えるべきでしょう。

何度も書いていますが、安楽死が追いつかないからとりあえずワクチン、って、全く意味のないこと。ワクチンに人材を使うくらいなら、殺す方、埋める方に労力を使うべきでは?自衛隊、どれくらい、どんな風に活用しているのでしょう?口蹄疫より、朝鮮問題が重要で、日本国の防衛線をよりいっそう監視しているんでしょうか?


発生の発端の、あぐら牧場。ものすごい牧場だそうです。何がものすごいって、そりゃー、ものすごい。北の端の獣医まで内情を知っているって、そりゃー、ものすごい。とにかく、無茶苦茶。やっぱり、政治的な話もある、って事でした。
  1. 2010/05/27(木) 07:50:14|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

クジラの行方 その2

博物館へ用事があって、クジラの件を聞く。
うーーーーーーーーーーーーーーーーーーん、そう来るか。

非常にデリケートな問題が種々あり、簡単に処理できないらしい。
博物館の熱意が足りない、って思っていたけど、そんな問題ではなく、がんじがらめの法律で動けない、と言うのが事実らしい。いろいろ博物館も助言はするけど、とにかく簡単じゃない、って。

最終的には解体して、骨は博物館に来そうだけど、決定までまだ日がかかるのかも。いっそのこと、2ヶ月ほど検討してくれれば、それなりの骨になるのになあ、というのが関係者の一致した意見。


海ものの腐った香り、って、ものすごい。金曜日から、既に何日か経過している。もう、筋肉は溶け出しているかもしれない。考えただけで、壮絶な戦いが頭に浮かぶ。
  1. 2010/05/26(水) 17:47:53|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

クジラの行方

堺に揚がったマッコウクジラ。埋却の噂。
当然、博物館が引き取るものと思っていたけど、どんなやりとり、いきさつがあったんだろう?もちろん、行政側が埋めると言うことは、骨の回収なんて考えていない。あー、もったいない。

ホネホネ団、有名になったと思っていたけど、地元に浮いたクジラを標本に出来ないようじゃ、まだまだ力不足、宣伝不足ですな。クジラをゴミとしか見ない役人の頭も、理解できん。

口蹄疫と同じで、推測、憶測、うわさが広がっている。
橋下くんが、金をかけるな、と言ってるとか。で、解体、博物館への移動にかかる費用は出せないから、標本化を渋っている?夕方のニュースでは、博物館に標本を展示する、とまで断言しているんだが、出所がわからん。
博物館の学芸員からも、情報が来ない。いくらなんでも、もう作業はしてないでしょ?

正確な情報を!

  1. 2010/05/25(火) 21:09:54|
  2. ほねほね団|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

マイレージ・マイライフ

日曜日。午後から研究会。
せっかくの休日なんで、少しでも休み気分を味わおうかと、講演会の後、映画館へ。
某弱小映画館。以前、会員になっていたので1800円のところ、500円引きの1300円也。会員1000円の日もあるんだけど、300円じゃ、別の日に来ると交通費の方が高くなる。1800円ならちょっと考えたかもしれない。そういえば、映画って、大昔から1800円だったような気もする。全然値上がりしないのか、昔が高すぎたのか。

で、見た映画。
マイレージ・マイライフ。

助演のおねえちゃん、おばねえちゃんがきれいでした。

話は、まあ、そこそこ。
85点。

ややこしい、とか、むつかしいところは全然ありません。
  1. 2010/05/24(月) 19:14:55|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

え、まだ生きていた?

種雄牛、何十頭だか、まだ生かしている?もう、安楽死したのだと思っていた。一般畜産家の処理が終わっていない段階で、「役所」(的)な施設の牛を先に処理する訳にはいかないから、って何かにかいてあった。
で、安楽死は獣医師しかできないので処理が追いつかない、ってどこにもかいてあるけど、こんな非常事態、自衛隊や一般人を使えばいいのに。医学というのは学問ではなく、専門的職業。訓練さえすれば、だれでもそういう技術は習得できます。

「病気の動物を助けようと思って獣医師になったのに、安楽死するのはつらいだろう」って、これもどこの新聞、テレビも報道するが、そんなん、紙上だけの話。そもそも、獣医師のうち、生き物に関係のある職業に就くのは半数くらいか。役所で食品衛生するのも獣医師。
で、生き物を安楽死するのも、獣医師の仕事のうちの一つ。今でも、と畜場では毎日、何千(何万)頭という生き物を殺している。食肉になるから殺す、っていうのはただの理屈で、殺すことに変わりはない。動物センターでも、日常的に犬猫を殺しているし、外来動物を安楽死しているのも獣医師。今は伝染病の予防という、りっぱな理由がある。
私だって、年間、何頭かは安楽死をしている。手術すれば助かる命でも、飼い主の意向でそういう処置をする事はある。癌の末期でも、依頼があれば注射する。いつだったか、ずっと他の病院でかかっていたが、治る見込みがないので処置を頼んだが拒否された、そちらの病院でお願いできないか、と言われた事がある。その先生は安楽死しないという確固たるポリシーがあるのかも知れぬが、最後の最後で責任放棄、じゃないか。
  1. 2010/05/24(月) 09:40:54|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

今日、何曜日?

博物館友の会の、評議員会議。いつも、土曜日の夕方から。
午前中仕事して、いったん家に帰っても、また同じ方向に出かけなくてはならない。かといって、病院で時間をつぶすのも、なんだか残業みたいで気分が落ち込む。
土曜日、日曜日に博物館で講演会が入っているときが時々ある。それで時間をつぶそうか。イベントスケジュールを眺める。
「フジツボ講演会」
ちょうどいい、興味があるのでこれで時間をつぶそう。

仕事が終わって博物館へ行く。講堂へ行く。なんだか、知らない団体が受け付けをしている。あれ?
知り合いに、講演会を聞く。明日、だって。

最近、休みが一定していないし、基本的に土曜、日曜のどちらかに出勤と言うパターンが、両方出勤、に変わっている。曜日がさっぱりわからない。

一時過ぎに博物館に行っても、することがない。たまたま、ネットで購入した本をコンビニから引き取ってきていた。公園のベンチで本を読み始める。
うたたね。



会議は、まあ、ぼちぼち。
それなりに、何事もなく終了。

会議冒頭で、堺にマッコウクジラが漂着した事を知る。
日曜日、出勤前に見に行ったが、場所がわからず。

photo1.jpg







  1. 2010/05/23(日) 10:52:27|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

マイレージ

以前、たまったマイレージの消費に苦労している、って書いた。とりあえず家族会員カードを作って合算し、10000ポイントで買い物をした。残るは6000ポイント(円分)。このまま消滅になるかとも思ったけど、やっぱりもったいない。飛行機にも乗りたいので、横浜へ行く事にした。目的地は、ズーラシア(動物園)。
私一人だったら割安の航空券だけ事前購入して、宿泊はネットカフェ、と思っていたのだが、妻に聞くと一緒に来るという。都合が良い事に(悪い事に?)、私の休みと妻の都合が一致する。仕方なく(喜んで?)ホテルへ宿泊するツアーに変更する。

JALのHPで検索してみる。

さんざん調べて、安そうなツアーを選び出す。便を指定し、ホテルを指定する。支払いの段階まで行って、マイレージが使えない事がわかる。別の様式のツアーを選ばないとダメらしい。最初からやり直し。
でもって、探し出した次のツアー。行き帰りも同じ便、ホテルも同じなのに、4200円高い。なんで?1200円の電車のパスが付いているので、厳密に言うと3000円高い事になる。6000ポイント(円)使うために、3000円の損、と言う事になる。
ポイントを使う手数料が3000円、とも言える。なんだかもったいないような気もするけど、他に方法もなく、仕方なくこれで行こうか。

ということで、近日中に、久しぶりに宿泊の国内旅行。
  1. 2010/05/22(土) 19:04:14|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

獣医師不足・・・・・・

獣医師不足、との報道。
私も獣医師の端くれ。昔、牛の獣医さんではあるが、もう20年以上、牛を触っていない。牛の血管注射くらいは出来るだろう。豚の静脈内注射は・・・・・。当時、豚の共済が始まったばかりで、診療はほとんど無かった。あったのは、予防注射くらいだった。血管注射の話は獣医師仲間でしていて、鼻をあっちむけて、長い針をあっちの方向に、と言うところまでは何とか覚えているけど、実際には、やった事はない。

獣医でないと注射できない、って、今頃、そんな事言ってる状況じゃないと思うけど。あんなん、単純に技術の問題なんだから、手先の器用な人に教える方がてっとり早い。イギリスでは、殺すのは軍隊の仕事だった、との事。獣医師が足りないなら、殺すのに貴重な獣医師を使わないで、診断の方に回せ、ってどこかの「識者」がしゃべっていた。

私が役に立つなら、事情が許せば行きたい気持ちもあるが、現実はきびしい。資格があるというだけで行っても、じゃまなだけ。

そういえば、宮崎大学には獣医科大学がある。鹿児島大学にも。報道には全く出てこない。なんで?
非常事態で、「学徒動員」出来ないものか。牛に蹴られて怪我でもすると責任問題が出てくるので、そう簡単ではないのか。




何年前だったか、私が共済組合にいた事があるというので、牛の診療について聞かれた事がある。堺市にも牛はかなりの頭数、飼われている。昔は大阪府立大学が往診をしていたという話だったが、今はやってないらしい。で、大阪府には大動物の獣医師は2名(という話)。農家に不満はあっても、獣医師の選択肢はないらしい。(家畜保健所も診療しているんだっけ?)
昼休みの副業で、と思ったけど、飼育頭数から考えると、そんな片手間で出来る仕事じゃないのがわかった。私の技術は20年前で止まっているので、そういう意味でも、やっぱり無理みたい。
年を取ってくると、足を地面(というか、土そのもの)に付けた仕事がしたくなったんだが、残念。

niseko.jpg







私が診療していた牧場です。
ニセコの中でも、5本の指に入る、りっぱな牧場でした。
  1. 2010/05/21(金) 07:49:12|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

停滞・・・・・

本日休み、といっても、午後から仕事の予定。

2日前、はりきってコウモリセットをザックに詰める。いつもの調査地へ行くつもりだったが、昨日、雨。今朝もどんより。晴れると言ってたが、調査地は道のない山中で、ドロドロは目に見えている。駐車場横付けの調査地に変更しようと思ったが、遠方で時間的余裕がない。なんだか、急に熱が冷めて、停滞。

和室のこたつで本を読み始めるが、爆睡。
そういえば、父が仕事を辞めたとき、「一日こたつに座って、テレビを見ながら居眠りしている、こんなんじゃぼけるだけ」って、母は漢字ドリルと、100升計算を買ってきて、父にさせようとしていた。父は相手にせず、やっぱり、ずっと座っていただけ。
私も同じ轍を踏むのかなあ。








某アンケート。
今回は2000円。久しぶりの、「大物」get。
といっても、娘に巻き上げられるだけなんだけど。
  1. 2010/05/20(木) 14:57:01|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

生物多様性かんさい

大阪自然史センター、他、大阪のいくつかの団体が、「生物多様性かんさい」というのを立ち上げた、らしい。ここ
センターの事務局から積極的に宣伝するように、とのお達しがまわってきている。

一応、自然史センターの理事という事になっているので、そのHPを何度も見ているけど、なんやら、目的がさっぱりわからない。多様性を保ちつつ、自然を守ろう、と言う事?そんなん、何年も前から我々が目指している事で、何で今さら、って思う。自慢じゃないが(というのは自慢、って何度も書いている)、多様性を守れ、というのは、10年前、私がコウモリの捕獲許可申請を出す時に使っていたぞ。コウモリを含めた自然を守れ、コウモリを保護する事は多様性を守る事に繋がる、って。

世の中、何でも多様性、多様性って叫んでいるとかっこいい?、進歩的?、とでも思っているのだろうか。アライグマやブルーギルなんかの外来種が増える事も多様性?、てな事を言ったら、理事を首になるか。(あ、それはそれで、仕事が減って喜ばしい)

呼びかけ団体がいくつも並んでいるけど、まあ、博物館の自然史フェスティバルなんかでは、名前をいつも見る常連さんではあるけど、常日頃、それらの団体が仲良く活動しているようには思えない。それぞれ「ポリシー」みたいなのがあって、お互いの領分には入っていかないというか。もちろん、末端のメンバーでは、これら複数の団体に所属しておられる方も多いのだが、一緒になって行動、というのはあまり無かった。これを機会に、交流を、という感じもないなあ。講演会に名前が一緒に並ぶと言うくらいか。
  1. 2010/05/19(水) 19:24:48|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

情報を!情報を!

口蹄疫再び。

うーーん、結局、2チャンネルが情報量が一番多いのかも。

初発の牧場名が出ている。そういえば、新聞などでは読んだ記憶がない。何でだろう?話半分(以下)にしないと信用できないだろうが、牧場の上層部(会社組織で、あちこちに牧場を持っている)はかなり以前に口蹄疫を疑っていたが、ずっと隠していた、との記載。

数十km離れた、えびの市で発生しているが、これは、移動禁止命令を無視して夜中に牛を運び出したため、というのが地元の常識らしい。しかも、発生牧場は、その会社の関連施設。移動させてすぐに発症している。某HPでは、その移動に関与した関係者が自殺している、との記載もあった。

で、2チャンネル的には、輸入した水牛が感染源と言うのもあったし、その牧場に実習に来た韓国の方が病気を運んだ、というのもある。病畜が輸入されたというのは考えにくいと思う。特に牛は、1ヶ月近く検疫があるんじゃなかったっけ。空港なんかの係留施設では、それらの牛を世話する人ですら、1ヶ月缶詰状態、って聞いた事があるけど。

会社名を出さないのは、その会社が某国会議員と深い繋がりがあるから、とも書いてあったが、そこまで行くといかにも2チャンネルかもしれない。
が、えびの市での発生は、勧告を無視した人為的移動が一番考えやすいし、それについて(推測であっても)マスコミが書かないのは何でだろう?

今から犯人捜しをしても手遅れだし、責任の押し付け合いも聞きたくはないが、事実は事実として、わかっている事は伝えるべきじゃないかなあ。
  1. 2010/05/19(水) 14:18:12|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

油断

ちょっと、油断。

DSC08731.jpg







患者さんがさわれないイヌ・ネコでも診療するのはプロとしての役目か。最低限、テーブルに載せておとなしくさせる所までは飼い主の役目か。
とはいえ、「ノラネコです、噛みます」と言いながら連れてこられる患者さんは時々ある。連れてこられた以上は、診療する。

「びっこです」と言われても、籠から出せず、さわれないネコ。当然、歩き方も視診できない。そんなんで診察できるの?、と思いつつ、ネットに移す。シャーシャーの声を聞きながら、袋ごとレントゲンを撮る。
脱臼は確認できたけど、手術しても術後の経過観察が出来ないだろう。固定期間、一ヶ月間も入院させれば、治療費は何十万円。

後は本人に頑張ってもらう、ということで、そのまま連れて帰られました。




あとになって反省、といっても、時間が戻るわけではない。激怒。

家畜保健衛生所が最初の感染例を見逃していたらしい。最初どころか、2例目も?
大動物の獣医師にとって、家畜保健所というのは最後に頼るところ。頼るのは診療ではない。診断。
ウイルスの検査なんて、共済組合、一般開業獣医師ができる事ではない。とりあえず家畜保健衛生所に相談する。家畜保健所の、唯一、最大の仕事は伝染病の診断と対応。日本に発生のない伝染病でも知識は知っておくべきだし、すべてを地方で診断せよとはいわない、少しでも疑問を持てば、次は農水省に連絡するのが仕事。特に、宮崎県は過去に口蹄疫が発生している県。
伝染病を疑って、間違っていれば万々歳の世界。

結局、やっぱり、獣医が病気を蔓延させていた可能性が大きい・・・・・。
  1. 2010/05/18(火) 08:38:31|
  2. 仕事:犬猫|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

ぶつくさ太郎

地検が起訴できなかった小沢さんを、自民党が国会で追及して真実を導き出せるの?
「あんた、金もらったんでしょう」てな質問をして「はい、もらいました」なんて返事が返ってくるわけ無いじゃんか。小沢さんは自信があるからこそ、何でも聞いて、って言ってる訳だし。

社民党の、県外、県外、って、だからどうする気?もう、福島さんに解決してもらったら?

口蹄疫に1000億円、って、時期すで遅し。最初の封じ込めに失敗して感染が拡大している、って言う事か。最大限の注意を払っても(特に、家畜改良事業団、だっけ?そこみたいな専門家でも防ぎきれなかった?)感染は起こったのか。
潜伏期間を10日と考えるなら、何らかの原因で感染が次々と起こっていると考えるのが自然じゃないかと思う。同時発生じゃないんだし。私が牛の獣医をしていた時も、病気を運ぶのは獣医さん、って言われていた。
殺処分、って言葉に、誰も疑問を抱かないんだろうか?安楽死と言って欲しい。何万頭、って、どうやって安楽死しているんだろうか?
  1. 2010/05/17(月) 20:22:05|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

モフ、って言うらしい

コゲラが亡くなった。すごく残念。何時間かごとに、ミルワームをひたすら与えていたのだが最初は体重は増えず、自分で食べる事もなかった。昨日あたりから自分で口を開けだしたので、ほっとしたのもつかの間、今朝に急に亡くなった。野鳥は食べながら死んでいく。

で、仮剥製に。
死体をひらったのは喜んで剥製を作るんだけど、こういう保護個体で剥製を作るのは、いわば敗北なんで、なかなか気乗りしない。保護してすぐに亡くなったようなケースでは、死因の検索という意味もあるんだけど、何日か育てた子では、情が移るというか、気分を切り替えないと仕事が進まない。

サイズ的にはそんなに難しいサイズではないが、お腹を剥いていると、どんどん羽が抜ける。なんで?ヒナで剥製を作る機会は少なくないが、こんなに羽を抜いた記憶はない。博物館で、これだけ羽を抜いたら怒られるだろうなあ。少なくとも、「指導的立場」から降ろされると思う。病院で良かった。

羽は抜ける、新鮮なのに雌雄がわからん(外見的には♂だが、精巣の確認が出来ず)、頭はベコベコ、作っていて、イヤになった。最終的には、残った羽でなんとかアラは隠せるんだけど。

DSC08746.jpg







  1. 2010/05/17(月) 20:13:18|
  2. 仕事?野鳥|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

第9地区

昨日の映画。

ずっと仕事で、曜日の感覚が無くなってきているが、妻は週末は感じるらしい。どこかへ行きたいという。
大昔ならUSJで食事して帰る、と言う選択肢もあったのだが、年パスが無くなって数年になる。新しいアトラクションにも興味は、あまりない。休日にする事が無いので、また年パス、と思った事もあるのだが、行くのも面倒だし、駐車場や食事とまでなると、そこそこの金がかかるだろう。なんだか億劫で、実行できないでいる。で、てっとり早いのは、やっぱり映画。最近はマイナーな映画館まで触手を広げているので、選択肢は増えているはずだが、いったん家まで帰ってしまうと、電車でまた出かけるというのが、面倒。近場で探す。

第9地区。
泥臭いSF、とでも言うかなあ、洗練されていないというか。コンピューターグラフィックスを使っていない?お金をかけていない?感じが良い。エイリアンがスラム化しているというのが新鮮。

90点。

はずれはありません。見て下さい。もうそろそろ、上映終了かもしれません。
お客さん、土曜の夕方でしたが、4組、8人。
  1. 2010/05/16(日) 12:38:09|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

金儲け

獣医師会から、某、企業型の動物病院が、堺市内で狂犬病の予防集合注射を、某ホームセンターで実施する、との情報が入った。だいぶん前からうわさはあったんだけど、いよいよ実施、というところか。
その動物病院は、堺市内に病院は持っていない。堺市内どころか、大阪に一件だけじゃないかなあ。あちこちのホームセンターに犬を集めては、注射だけしているらしい。もちろん、診療設備も何もないところでの注射だろう。副反応や、急性のアレルギーでも出れば、どう対応するつもり?

あんた、自分の子供の予防注射を、青空の下で、まともな設備もないようなところでする?注射後のトラブルにも対応できないような状態で。そもそも、個々の往診ならいざ知らず、時間と場所を決めて不特定多数を相手に、一カ所で診療行為をするなら、診療設備の届け出が必要なんじゃないかとも思うんだが、農水省も家畜保健所も、何を考えているんだろう?

たった一人の獣医師の、後先を考えない小銭稼ぎが動物病院全体、動物診療全体、獣医師の地位そのものを下げている。自分で自分の首を絞めている、って、わからんのかなあ。

  1. 2010/05/15(土) 12:37:45|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5

プレシャス

ふーーん、ポーラ・パットンという女優さんらしい。見た記憶があるけど、ネットで調べると、すごく有名というレベルでもないみたい。でも、非常にいい仕事をしていたように思う。
虐待を受けていた高校生が、フリースクールの先生、仲間に助けられつつ、成長する。

まあ、こんなもん。

70点かなあ。

減点する要素はないけど、思わず加点する要素もない・・・・・・。
  1. 2010/05/14(金) 20:30:15|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

たら、れば、の日

本日休み、だったけど、都合で午後から仕事になった。調査の予定を入れてたら、キャンセルが必要だった。調査と言っても一人のことが多いので、まあ、予定が変わっても問題はないことの方が多いけど。

午前中、車を病院に置いて、映画にでも行こうかと思った。マイナーな映画館で上映されている。シネコンの映画だったらたいてい事前にネットで購入しているんだけど。10時40分から、だったかなあ。うろ覚えだが、十分時間はあるだろう。この時間が、後になって効いてくる。
病院に来ると、患者さんが来られていた。副院長に任せるつもりだったが、手が空きそうにないので診療した。この診療がなかったら、予定通りだったんだろうけど。

駅の目の前で快速電車が出て行く。次の電車まで、10分くらい?最後でこの10分も重要になってくる。先の電車にのれていたら・・・。

映画館は心斎橋。天王寺に着いたのが10時前後。まあ、30分もあれば歩けるか。地下鉄は高いし、歩き出す。難波まで来て時計を見ると、10時28分、くらいだったか。一駅、地下鉄に乗る?今さら?前を見ると、大丸の看板が遠くに見える。そういえば、映画は50分からだったような気もする。ええい、このまま歩いてしまえ。
近くまで行ったが、映画館の場所もうろ覚え。一筋行き過ぎる。あわてて戻る。やっとこさ、映画館に着く。受付で確認すると、10時30分から。今、40分。
「始まってますよねえ。」「そうですね、予告編5分で、本編が始まって5分です。」

・・・・・・・。
何のために、汗かいて、急ぎ足でここまで歩いてきたの?受付でもらったスケジュール表は、毎日、10時30分になっている。で、会員1000円は木曜日。え、木曜日?今日は金曜日。1000円だと思って、わざわざこの日を選んで来たのだが、これも勘違いだったらしい。最後は、間に合わなくってよかった、のか。最後のどんでん返し?

仕事が休みだったら、調査に出かけていたら、診療していなかったら、前の電車に乗れていたら、歩かずに地下鉄に乗っていたら、上映時間が10時50分だったら、最後で道に迷わなかったら、・・・・・・・。
間に合ってたら、1800円だった。なら、見なかったかなあ。


気を取り直し、難波まで戻る。
そういえば、「プレシャス」をやっていたはず。この映画も、いつも行くシネコンでは、やっていない。1800円も払うのはシャクだけど、仕方ない。もう一度来るには、交通費もかかる。まあ、これを見て帰ろうか。

受け付けで千円札2枚を出す。「1000円です」と言われる。
え、なんで?

帰って調べると、14日はシネマデイ、だって。

最後で大逆転?




  1. 2010/05/14(金) 17:28:01|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

17年前の借金

ブログというのは自分だけの記録と思って書き始めたけど、実際はいろんな人が読んでいるらしい。まあ、公開しているので当たり前と言えば当たり前。話のネタを検索していて、自分のブログがひっかかる事も多い。仕事がらみではおもしろい話も多々あるのだが、ここをご存知の患者さんもおられるし、スタッフも読んでいるフシがある。「公序良俗」に反した様な事は書けない。本当ははっきり書きたいんだけどなあ。パスワード付きで、読者にフィルターをかけるというのもあるらしいが、そこまでして書く事でもない。でも書きたい・・・・・。



税金、みたいなもの。
真面目に払っていたけど、思うところあり、契約解除、したつもりだった。へんなおっさんが来た。「未払い金が20万円を超えています。今、再契約するなら(正確には、契約は残っている状態なので、明日から払ってもらえるなら)今までの借金は帳消しにしますから」、って言う。聞くと、平成5年から未払いの形、だとか。
こっちは契約解除をしたつもりだったし、それ以来一度も請求が来た事がないので、当然そういう処理になっているものだと思っていた。向こうは単純に未払い金を積み上げていたらしい。
今から、17年前の借金を取り立てるの?それって、やくざの世界じゃないの?
止めた、止まっていない、払え、払わないで、一悶着。あー、気分が悪い。




スタッフのバイクを引き取った(預かった?)。登録証(だっけ?)が見つからない。名義変更できないので、当時の登録があった北海道某市へ問い合わせると、再発行してくれた。が、ついでに、税金が未納になっていますのでお支払い下さい、との連絡と、請求書5年分が来た。実際は10年近く未納になっていたはずだが、5年分にまけてくれる、ってその時は思ったんだが、ひょっとすると、5年目以前の分は請求権が消滅してるのかも知れない。まあ、再発行の手間賃と思って振り込もうと思ったのだが、そのままになっていた。

毎年、5年分の請求書が来るようになった。

でも、よく考えると、住所変更せずにほったかしていた方も悪いけど、どこへ引っ越したとかは市役所なら当然わかるはずじゃないの?毎年、そちらへ請求しておけばたまる事もなかったはず。それに、引っ越してからは、その市に「迷惑」をかけた事もないし、バイクでその町の道路を傷めた事もない。それでも税金は必要?
5000円のために差し押さえに来るかなあと思いつつ、まあ、書類の再発行は迅速だったし、その手間賃は払っておこうと思って、一年分、1000円だけ振り込んだ。

それ以降、請求は来なくなった。



  1. 2010/05/13(木) 19:38:10|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

訃報

また知り合いの訃報が入った。
北海道にいたときの友人。大阪出身だが、スキーが好きでスキーパトロールをしていた。奥さんも大阪出身で、話をすると同じ高校の出身という事に驚き、さらに、先日お別れ会があった、一年先輩の中川さんのご友人ということがわかり、さらに驚いた。亡くなったのはその奥さんで、病気は中川さんと同じ、乳癌の転移だった。女性の癌死亡の、一番多い原因と言うが、同じ病気で、同じ時期・・・・。こちらも、こういう話を続けて聞く年齢になったと言う事か。

謹んでお悔やみ申し上げます、というのは決まり文句ではあるけど、友人にとっては、そんな言葉だけで割り切れるものではないだろう。



私の年齢での、平均余命は26年らしい。
長いのか、短いのかはよくわからない。私が、あとそれだけ生きる事を保証している年月でもない。
先日、義父の、米寿の祝いがあった。昔は5年単位で物事を考えていたが、最近は2年、1年で考えるようになった、っておっしゃっていた。

余命26年と言われると、10年単位で考えると、2クールしか残っていない。そう考えると、長いとは言えないだろうなあ。とはいえ、焦って何かを始める年齢でもないんだけど。



  1. 2010/05/12(水) 19:14:05|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

同窓会

先日、高校の同窓会があったらしい。学年全体の同窓会だった。さて、同窓生は500人ほどいたはずだけど、何人集まったんだろう。
卒業から何年経つ?40年?そんなにならないか。

全体の同窓会というのは何年か前にもあって、その時は参加したのだが、まあ、確かに懐かしい顔ということに違いはないけど、それ以上の事ではなく、仕事がどうの、子供がどうのてな話、私にとっても相手にとってもどうでも良い事で、あー、久しぶり、どう、別に、で、用事は数分で終わってしまう。昔は良かったなあ、というような年でもない。

中学、高校のアルバムはすでに処分してしまった。今後も、その手の同窓会には行かないだろうなあと思っていたら、高校1年生のクラス会をやる話が出たとか。実は高校1年のクラスには思い入れが強く、私が主体になって会誌を発行したり、クラス会を頻繁に開いていた時期がある。20年ほど前だったか。何度か会を開いたが、来るメンバーはいつも同じだし、話も同じ事の繰り返し。初回こそ楽しかったが、2回目、3回目はマンネリ化していて、急に熱が冷めてそれ以来、やめてしまった。まあ、再会をきっかけに、動物を飼っておられる方がうちの病院に来てくれれば仕事にもなるんだけど、今でも何人か、友人は来てくれているわけだし、昔の関係を仕事につなげるのも抵抗がちょっとあるので、同窓会で名刺を配るというのも心情的には、やりたくない。






  1. 2010/05/11(火) 19:05:36|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

まだ来るか・・・・・・

4月になって、何通目だろう?役所からの請求書。
市民税、府民税、車の税金、バイクの税金、国民年金、固定資産税、健康保険、・・・・・・。


ギリシャの国民みたいに、税金を払わないなんて言ってる訳じゃありません。払う以上は口も出したい訳で、税金が国会議員や天下りの給与になっているから怒っているんで、また、すでに子供も成人してしまっていると、子供手当や高校授業料無料化に税金をつぎ込むのも私ら年寄りには納得がいかず、義務教育でもない高校生に金をつぎ込むくらいなら、年寄りから金を巻き上げる介護保険を何とかして欲しいとも思うんですけど、近いうちに死んでいく国民に投資するより、今後、税金を払うであろう若い国民に投資する方が得、とでも思っているのでしょうか。


鳩山さんのいいわけ。
ちゃんと米軍の説明を聞いたら徳之島は遠すぎる、米軍に抑止力を求めるならそんなに離れたところへ持って行けない、って、何年も前からわかっていたんじゃないの?わからないで県外、県外、て叫んでいたんだろうか。
旧社会党(今なんだっけ?)の党首のなんとかさん。ごちゃごちゃ言う前に、ご自分で解決なさったら?
自民党。責任がないので言いたい放題。伸び伸びとしていますねえ。

もう、神戸空港か関空に持って来れば良いんじゃないの?
  1. 2010/05/10(月) 19:04:37|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

日常に

関東に住んでいる長男が帰った。連休中、自家用車で、一人で帰ってきていた。7時間、だったか、そんな話だった。高速1000円と言っても、首都高速や阪神高速なんかで、4~5000円かかった、とか言う話。すいているので夜中に走るとかで、10時過ぎに家を出たが、到着の連絡があるまで心配ではあった。
そういえば、私自身も北海道に住んでいた時、車で2,3度走って帰った事がある。親の心配なんて、これっぽっちも考えなかった。

どこだったか、日本海側を、一般道を走っていた時、夜中の12時をまわるとトラックが信号無視して走るのに驚いた。徐行してそのまま走っていく。中途半端に信号で止まると追突されそうで、おそろしかった。たしか、日本海まわりで帰った時は24時間かかったように記憶している。記憶違いか、休憩時間も入れての事だったか。疲れがピークの時は、時速90kmあたりが限界だった。怖くてそれ以上スピードを出せなかった。今なら、とても出来ない事。

今日も一日、鳥のごはん。
気分転換に、午後から博物館の講演会。
  1. 2010/05/09(日) 21:39:04|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

オーケストラ

75点。

油断していると、後半のテンポが速すぎて付いていけませんでした。
スクリーンが小さいし、前の人の頭がじゃまになるかと思い、前から2番目に座りました。先日の、「月に云々」と同じ場所だったのですが、字幕を読むのと画面を見るのとのギャップが大きくって、細かな点を読み損なったのかもしれません。

基本的には理解は出来たんですが、肝心の主人公の、出生の秘密がボヤッとしています。ここがわからなければこの映画、無意味なんですけどねえ。ソビエト共産党、ユダヤあたりの基礎的知識も必要らしいです。

30年音楽から遠ざかっていた人たちが、リハーサルもなしに超一流の演奏をするというのも無理がある、かな。まあ、それだけ超一流の楽団だったのに解散させられた、というのも事実なんでしょうけど。

  1. 2010/05/08(土) 14:41:49|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

夢は枯れ野を・・・・

本日、休日だったが、事情で出勤に。
金曜日の休日になってから、休みの日に雨が多いような気がする。おそらくは気のせいなんだろうけど。

高野山周辺に、森林鉄道のトンネルがあちこち残存しているらしい。どれもこれも、かなり朽ちており、水没し、非常に怖そう。比較的マシそうなのをいくつかピックアップし、そのうち行きたく思いつつ、参考資料の準備だけはしているのだが、天気予報を聞いて今日の調査は諦め、予定は入れていなかった。どうせ一日、「箱入り鳥」の餌やりのつもりだったので、まあ、家で与えるか、病院で与えるのかの違いくらいだったか。

とはいえ、貴重な休みを仕事だけで終わらせるのはシャクに障るので、仕事が終わってから映画を見に行った。
「オーケストラ」


5日だったか、これを見ようと映画館まで行ったんだが、11時に着いたのに13時、15時の回が満席だった。水曜日は1000円、と言う事もあったんだろう。さすがに夜中まで待つ気にもならず、その日は断念した。ちなみに、特に用事もないので例によって例のごとく、大阪駅から天王寺まで、また歩く。

中之島で何かイベントをやっていた。阿波踊りかなあ。コンチキ・コンチキに、小さなステージでおっちゃんが踊っていた。人出は多いけど見ている人はまばら。どちらかというと、同じはっぴを着た関係者の方が多かったかも。
他にも古着とか、食べ物屋とかのブースがいっぱい出ているが、後ろの方で関係者らしきおばはん、おっさんがたむろしていたりして、「部外者」的に入りづらい雰囲気。獣医師会でもイベントをする事があるんだが、同じような感覚で見られているんだろうな。

某ドーナッツ屋に行列。ガードマンが看板を担いでいる。最後尾あっち、待ち時間90分!なんじゃ、それ。並んでまで買う価値があるの?あほちゃうか、と思ってしまう。心斎橋も、難波も、天王寺もすごい人。みんな行くところ、無いんだなあ。

あ、映画?
コメントは明日に。

  1. 2010/05/07(金) 19:12:14|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ
【楽天市場】本・雑誌・コミック