FC2ブログ

毎日の院長 改め、日々雑感

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

私に権利はないけど・・・・・・

某大学の探検部顧問という人から連絡があった。某穴へ入ったらコウモリがいた、って。
某氏を介してその穴の情報を仕入れられたらしい。コウモリ界というか、廃坑界というか、そういう世間は非常に狭くて、実は、私も某氏に聞いてその穴を探しに行った事があるが、残念ながら発見には至らなかった。負け惜しみじゃないけど、所在地は某県なんで、私の勢力範囲ではない。キクガシラコウモリがその数じゃ、まあ、いても不思議じゃないし、ものすごく貴重、という感じでもない。新産地には違いないだろうけど。(というか、その県では、だれもコウモリは研究していないはず。)

手紙の中に、大阪府の某所の廃坑情報を仕入れたので、調査するつもり、って書いてあった。その穴というのは、私が10年以上、継続的に調査している穴で、大阪ではここでしか見られないコウモリも多く、非常に貴重な所。私が普通に入れる穴で、狭いけれども探検的な要素は全くない。こんな所に、一度に何人も入ったのでは(なんせ、活動記録を見ると、私が知っている別の穴に10人以上で入っていた感じ)生態系に非常に影響がある(コウモリだけじゃなく、洞穴性昆虫類も生息している)ので、探検はやめて欲しい、って書いたけど、後日、調査してきました、って言われた。

私自身、知り合いに教えてもらい調査を始めた訳だし、地元でも知っている人は知っている穴なんだけど、内部に入っている人はほとんどいないはず。いつも書いているように、コウモリに影響を一番与えているのは私自身かもしれないが、また、調査というのは私の勝手なご都合主義で、ここに住むコウモリにとっては私の存在が迷惑なのは重々承知しているんだが、ここのデータを公表することによってコウモリの考え方を代弁しようとしているつもりなんで、必要最低限(と思われる)のディスターブはお許し願いたく思っている。探検だけなら、別の穴を紹介するので、って伝えたが無視されたらしい。探検でコウモリを見つければどうすればいいかと聞かれたけど、コウモリがいたなら何もしないですぐに出て行って、って頼んだけど無理だろうなあ。

まあ、私自身にそんなお願いをする権利は全く無いんだけど、生物の研究者どおしならお互いのフィールドに立ち入らないのは当然と思っている。それが礼儀。業種が違うと話が通じないんだなあ。

DSC0.jpg








  1. 2010/04/26(月) 19:00:17|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
【楽天市場】本・雑誌・コミック