FC2ブログ

毎日の院長 改め、日々雑感

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

見事な言い訳

箕面に、ヒダサンショウウオ(小型のサンショウウオ)がいた谷があった。思うところあり、久しぶりに調査しようと思った。

ありゃ?水がない!そういえば、ここ2,3年、堰を作ったり、ずっとなんだかんだ工事していたが、水のない沢に堰を作るって、どんな意味があるんだろうか?
水がなけりゃ、サンショウウオは住めるはずはない。
ここのサンショウウオはピンポイントで生息していたはずである。これじゃ絶滅は明らかじゃないの?そういえば、ここ2,3年、駐車場が閉鎖されている。ここに車を止められなければ、何kmも歩かないとここまでこられない。調査させたくないために、閉鎖したんじゃないだろうか?
近くのトンネル工事で地下水脈が切られて、水が無くなったんだと思うのだが。

大阪府のHPを見ると、まだいる事になっている。
ここ
ウソちゃうんかなあ。


箕面の滝も、水量が激減して、チョロチョロになったという話。でもって、現在は滝の上部にトンネルからの流水をポンプアップしている。マスコミが騒いだもんだから、箕面市が言い訳している。
ここ

トンネルに湧き出している水は、本来滝に流れる水だったはずなので、滝の上部にポンプアップしてもそれが自然なんだそうな。また、こういう地下水脈は何年も経過を見ないと、多くなった、少なくなった、って判断はできないそうな。ほんなら、絶滅したサンショウウオも水が戻ると、自然に回復するんだろうか。自然発生説の復活か。

  1. 2010/04/09(金) 18:37:08|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
【楽天市場】本・雑誌・コミック