FC2ブログ

毎日の院長 改め、日々雑感

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

タイタンの戦い

試写会が当たった。映画館での予告編とか、テレビ広告は見ていたが、たぶんこの手の映画はお金を出してまで見に行かないだろう、と思っていた。で、当たったので見に行くべか、と思う。(交通費のことまで考えなかったなあ。)
一般公開は4月23日となっているので、ゴールデンウィーク用らしい。

神と人間との合いの子?、メデューサを見て石になる?、なんか聞いたことあるぞ。そうそう、先(先)月だったか見に行った、オリンポス云々。

会場が明るく、スクリーンに目が行く前に、おっさん、おばはん、お姉ちゃんの頭が見えて気が散る。最初に、状況というか、設定の説明が延々と続くが、めんどくさくって、いちいち覚えていられない。なんかわからぬが、神様と人間の戦いが始まるんだって。天の、雲の上の神様の集まりの場面。円形に並んで、いろんな神様がケンカしている。あれ、これ、オリンポス云々と全く同じ。

いわゆる、怪獣みたいなのが出てくる。こんなん、人間が太刀打ちできるはずもない。けど、なんか知らぬうちに人間側の勝ちだったり、その怪獣を「家畜化」して乗りこなしたり。
もう、飽きてきて、眠たくって仕方なかった。

次に出てきた、翼の生えた馬。ありゃ?、似たようなのがアバターに出てきていた。ほとんど同じノリ。
極め付きは、オリンポス云々での場面と全く同じ所があちこちに。メデューサとの戦い。直接目を見ると石になるので、何かに反射させて姿を確認しながら戦うところ。頭をちょん切って持ち歩き、後で利用するところ。
最後に、合いの子を作った父親(神様)と息子が会う場面も見たぞ。

終わると、やっと帰れる、って、ほっとしました。そこが一番感激。

20点。

(あ、なぜか知りませんが、私の映画評を参考にしてる、って話が2,3聞こえてきています。映画なんて、私が映画評でさんざん騙されているように、人によって全く違うと思います。そもそも私の感性というのは普通じゃないらしいですので、あまり信用されない方が良いかと思います。)
  1. 2010/04/05(月) 22:43:31|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

当選

映画の試写会が当たった。いつも文句ばっかり言ってる映画評のHP。
当たって喜んだのは良いけど、日にちを見ると平日の夕方。しかも月曜日。こんな日のこんな時間、どうやっていくの?おそるおそる、産休明けの副院長に聞くと、来てくれる、って。あー、よかった。2時間ばかり、早引けさせてもらおう。当たるはずもないと思って、日時も考えずに応募したんだろうな。応募したこと自体、全く覚えていないんだけど。

映画は、「タイタンの戦い。」内容については、別に書きます。

上映は、御堂会館と言うところ。難波から歩けないことはないけど、急ぐなら本町から。(大阪以外の人にはさっぱりわからないでしょうね。)妻に言わせると、ここでの試写会はよくあるそうな。でも、往復の交通費(地下鉄を利用すると1000円を超える!?南海だけなら700円くらい?)を考えると普通に見るのと変わらないので、応募したことはないそうな。ちなみに、わたしはどこであるかなんて、チェックせず申し込んでいました。

行ってみると、映画館じゃなくって、映画も見られる劇場、みたいな所。まず、入り口でカバンの中身のチェックと、金属探知器。「映画泥棒」対策らしい。前にはガードマンが立っていて、暗視野双眼鏡(?)でにらんでいる。イスは狭いし、傾斜は緩く、前の人が気になる。映画が始まっても、非常灯が消えない。かなり明るくって会場が見渡せ、映画に集中できない。
映画の内容もたいしたことはなく、イスの堅いのと相まって、途中でイヤになりました。

まあ、得られたものと言えば、何年ぶりかで、妻と夜の大阪を歩いた、ということくらいでしょうか。とはいえ、どこに寄るでもなく、タダそれだけのことでした。

DSC08583.jpg








  1. 2010/04/05(月) 21:25:42|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
【楽天市場】本・雑誌・コミック