FC2ブログ

毎日の院長 改め、日々雑感

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

アイガー北壁

で、見た映画。アイガー北壁
(あ、いわゆるネタバレ、内容を思いっきりばらしています。見たいと思っている人は読まない方が・・・・。)

実話、だそうです。
ナチス政権下で、国威発揚の目的もあったようですが、登山家にとっては関係のないこと。(ちなみに、ドイツの登山家はナチス嫌いで、オーストラリアの登山家がヒトラー支持者、というのもある意味でのポイントらしい。)

普通に考えれば、南極点到達レースのように、片一方が悲劇、片一方が達成、てなところになると思うんですけど、結果的には全員死亡。その過程の映画です。
究極の場面で、主人公が人助けしていなければ、初登頂の栄誉を得られたはずです。また、事故で動けなくなった登山家がメンバーの負担を減らすため、ザイルを切って自らの命を絶ち、残されたのもが初登頂、というような、めでたしめでたしのストリーでもありませんでした。あまりにも、悲しい結末。

100点。見て、損はありません。
ここのところ、ずっと思いっきりはずれていましたので、ほっとしました。


いわゆるミニシアター、って言うんでしょうか。けっこうな人が入っていました。


一時、新田次郎の小説をよく読んでいました。山岳モノには非常に興味があります。極限の状況での人間性、みたいなモノ。
野口健さんの講演会を聞きに行ったことがあります。エベレストの頂上付近には遺体がいっぱいあって、そこを「踏み越えて」登山する、っておっしゃっていました。頂上付近での写真に、遺体が写らないようにするのもたいへん、とかもおっしゃっていました。また、あの極限の場所では自分を守るだけで精一杯で、救護なんて考えられない、とも。いつだったか、新聞紙上で、救護を求める人を放置して降りてきた人を、マスコミが避難しているのを読んだことがありますが、とてもそんな世界ではありません。野口さんも、頂上付近で、突然裸になって落ちていった青年を見たそうです。
ディスカバリーチャンネルでも、エベレストモノはよく見ていました。トランシーバーで、動けなくなった人を見かけた登山家がベースキャンプと交信していました。やっぱり答えは、置いていけ、でした。

DSC08501.jpg





映画館は、梅田の北。
なんだ、かんだ工事中。

  1. 2010/03/27(土) 20:23:04|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

映画料金

映画、1800円。高いのか、安いのか。
待って、レンタルで見る来はない。やっぱり、映画館で見たい。

普通は、妻と一緒に見に行ってるので、一人1000円。ポイントがたまると娘が使ったり、私が一人で見に行くときに使ったり。ポイントが足りないときは、ナイトショーの1200円で見たりして、1800円を払ってみる事はほとんど無い。

いつもいつも、文句ばっかり書いている某映画評。あらすじを見たり、新作映画のモニターには使える。いわゆるシネコンで上映されない、マイナーな映画も紹介されている。上映はスクリーンが一つ、二つの小さな映画館。

某映画。そんな感じの映画館でしか上映されていなかった。500円で会員になって、当日会員割引で1000円、だったか。都合、300円のお得。マイナーだがおもしろそうな映画でもあれば、次を見るときに便利かと思って会員になったが、その後、これと言った映画は上映されていない。

某映画。見たいなあ、と思う。1日と、15日は無条件の1000円。日が合わない。1000円払って会員になると1本無料で見られるのだが、その特典は翌日以降で、当日は使えない。そこまでの交通費は290円。入会金と合わせると1580円の出費。翌日見に行くとして、交通費を合わせると都合2160円かかる。素直に1800円で見ると、交通費が1回ですむので2380円。なんか、つまらん計算?

妻と行くと一人1000円になるけど、妻の趣味に合うような映画でもないので、2000円払うくらいなら一人で行く方がかえって出費は少ない、か。とかなんとか言う前に、映画文化を守るためにきっちり、正規料金を払って見に行きましょう。

ということで、映画の紹介は次号で。
  1. 2010/03/27(土) 19:11:17|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
【楽天市場】本・雑誌・コミック