FC2ブログ

毎日の院長 改め、日々雑感

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

80万円に60万円・・・・・・・

特大犬の股関節脱臼。整復を試みたけど、びくともしない。手術が必要か。うちにはこんな大型犬を収容する入院室がない。骨頭を切り落とすくらいならうちでもできるが、大型犬だし、元通りはめるべきだろう。直接は知らないが、整形外科で有名な病院を紹介した。

何ヶ月かたって、その患者さんが来院された。傷から出血するという。見ると、手術部位が腫れて、漿液が出ている。痛そうにびっこを引く。
聞くと、最初の手術で骨頭を切り落としたそうな。一週間ほど入院して、50万円。
しばらくして傷が腫れてきたので見せに行くと、骨に入れたピンと縫合糸が反応している、って言われたそうな。ピンを抜く手術で20万円。
さらに、それからも通院して10万円。
すでに、80万円かかったそうな。で、今回。
心配になって、うちに見せに来られた。

こんなサイズの犬で手術した事はないけど、普通ならせいぜい一ヶ月のことじゃないかなあ。紹介した手前、気を遣うし、治療費を聞いたらもう声が出なかった。
うーーーーん。




悪性の腫瘍。うちじゃ無理なので、大学病院を紹介した。手術したらしい。が、根治手術は無理で、つまみぐい。
次は放射線を当てるという。一回8万円で、1クール7回。
最初の手術でいくらかかったのかは聞いていないけど、次に最低56万円。その癌の性質、種類、できた場所を考えると、それも姑息的な治療で、根治ではない。少しでも寿命が延びればいいか、と言う程度らしい。
治療した方が良いかどうか聞かれたけど、返事できなかった。

技術料とは、そんなもんと言われればそんなもんかも知れないが、この治療費を聞くと、うちの子だったらどうしていただろう?
子供より犬の方がかわいいのは事実。患者さんにとっては、それだけかかると言われれば仕方ないのかも知れない。
しかし、人の生活があってこそのペットとも言えるんじゃないか。
獣医師側も譲るべきところは譲って、「世間の常識」範囲で何とか収める努力はするべきだろうと思うんだが。


  1. 2010/03/17(水) 19:55:20|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
【楽天市場】本・雑誌・コミック