毎日の院長

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

動物園・水族館へ行ってきました

動物園・水族館めぐりです。
詳細はこちら

panda.jpg





  1. 2009/07/31(金) 08:49:18|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

論文

先日戴いた、英語版の哺乳類図鑑。せっかくだから読んでみようと思うが、やっぱり、さっぱりわからん。数行に2,3、知ってる単語が出てくるのでそれで類推するが、結局、よくわからない。そもそも、ある程度は、コウモリのことは日本語で読んでいるので、その先入観もあって(実際、内容が全く異なるはずはないし)わかった様な気にもなるのだが。
結局は、写真を眺めているだけか。撮影者が知っている人だったりすると、つくづく、コウモリの世界は狭いなあ、と感じてしまう。

今日、引用文献に私の論文が出ているのに気が付く。気をよくして探してみると数編。書き物は、引用してもらってはじめて役に立つ。そういう物を書かないと意味がないというか。ほとんどが英語で書かれた文献の中に、極めてまれに、in japaneseと書かれた物が出てくる。私のも、そのうちのいくつか。やっぱり、こういう物は基本的には英文なんですねえ。

コウモリの会から、以前書いて没になった論文をどうするか、問い合わせが来る。けっこう気合いを入れて書いたのだが、会長から、まとめ方がおかしい、データの処理方法を変えてみる様に言われた。そんなん、逆によくわからなくなる様に思うけどなあ。別の用事で博物館へ行った時、学芸員にその話をする。学芸員も、そのデータではそんな処理はしないだろうという。そういわれても、掲載する側がこうしろ言うなら、そうしないといけないのか。しばらくデータをいじくっていたが、投げ出してしまった。それを練り直して再掲したらどうか、と言うけど、もう、やめ。

ついで、もう一遍のことを思い出す。これも、最後の最後の段階で会長からストップがかかったもの。こちらは、校正段階まで行ったのに、止められた。データが足りない、って。もともと、その文献を書くために取っていたデータなんじゃなく、「新事実」を裏付けるために過去のデータを引っ張ってきている。足りないのは承知の上で、一つの仮説として話題提供したつもりなんだが。こっちの方が取りかかりやすそうなんで、こっちをいじくって再送した。また文句を言われたら、このまま掲載してくれるところを探そうかなあ?姑息的かなあ?


というのが、二日前。今日、校正、まで行かない、会長の意見というのが返ってきた。あちこち朱が入り、というより、ほとんどが書き換えで、最後は、考察するにはデータが足りない、って締めくくり。
うーーーん、がっかり。私的には一生懸命書いたんだが、一字一句訂正されたんじゃ、やる気も起こらない。こんなに敷居が高いと、誰も書かないんじゃないの?と思うのは、私のねたみか。

  1. 2009/07/31(金) 00:04:17|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

籾殻

いつかも書いたが、世の中には、鶏愛好家というのが多いらしい。うちのチャボたち、しょっちゅう卵を産んで家計に貢献してくれるんだけど、欲しい人がいればそちらに行く方が幸せかと思い、また掲示板に掲載した。一日も経たないうちに、数名の人からメールが来る。(受精卵をもらって孵化させると言うことは、孵卵器を持っている、と言うことですね。それはそれで、みんなすごいなあ。)10個欲しいという人もいた。みんな孵化しても大丈夫なのかな。

産む尻から送って孵卵器に入れるんじゃなく、ある程度貯まってから相手に送る。産卵した卵が何日くらい待てるのか、(送り先の方が知識があるので)聞いてみたら、一週間程度は大丈夫だという。保存する時は、籾殻に入れておくという。

卵と籾殻!なつかしいなあ。昔は、卵は籾殻の詰まった木箱に入っていた。ついでに言えば、リンゴなんかも、籾殻の詰まったリンゴ箱に入っていたぞ。市場へ卵を買いに行くと、木箱に手を突っ込んで卵を出して、新聞にくるんで買って帰った記憶がある。リンゴ箱はイスになったり、物入れになったり、それはそれでいろいろ使い道があった。

スタッフにその話をすると、籾殻そのものがわからないという。「枕に入ってる?」と聞くが、あんなのが入っていたら、チクチクして寝られないんじゃないかな。

DSC07110.jpg







  1. 2009/07/30(木) 00:18:12|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

はたして、効果は?

(前にこの話を書いたら、「同業者」からクレームが付いた。今度もまた文句が来るのかなあ。文句があるなら、名前を名乗って、直接メールして下さいねえ。)

例の、ネコ避妊手術に対する補助金。いよいよ、始まるらしい。その説明会があった。
議会で、動物愛護のからみで質問があり、それがこの制度が出来たきっかけらしい。詳細はこちらで、「動物愛護」で検索してみて下さい。

議員さんがどういう意図で質問したのか、どうしたかったのかよくわからないけど、果たしてこれが実効性のある事業なのかどうか、まあ、一年も経てば、処分(と言う言葉は非常に冷たい)数という形で現れるだろう。目標は、現在の1000頭から、3,4割減だとか。300頭の避妊手術補助、しかも、室内ネコの手術にも補助する訳だから、そんなに実効性があるように思えないけどなあ。
かといって、私に名案がある訳でもないんですが。

本気で取り組むなら、徹底的な捕獲でしょうか。というのは簡単だけど、現実的には絶対無理だろうなあ。


こういう制度がある以上、避妊手術を頼まれたら、この制度を紹介すべきかどうか。完全室内ネコで、この制度があってもなかっても手術するような人にも教えるべきかどうか。でも、市自体が外ネコに限定している訳じゃないので、知っている以上は教えないと、あとで怒られるような気がする。もっとも、300頭の枠くらい、すぐになくなってしまうような気もするけど。

そういえば、市からの補助が4000円。堺市獣医師会から1000円で、計5000円補助することになります。堺市獣医師会以外の動物病院へ行けば、1000円がなくなるので、4000円の補助、と言うことになる、んだっけ?協力病院は決まっているんだっけ?
説明会にいったけど、いつもどおり、気持ちよく爆睡していたのでさっぱり理解していません。すんません。
もう一度、しっかり聞きに行こう。
  1. 2009/07/29(水) 00:45:00|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

なんでこんなとこが?

上海から帰ってくると、スタッフが、コンピューターが壊れた、という。聞いてみると、Q,E,Tが打てないんだとか。うん、確かに打てない。ゴミでも詰まったかと思って、フーフーしたり、振り回したり。
直らない。でも、何で同時に3つなのか、不思議。
どうやって使っていたのか聞くと、それらが絡む単語をどこからか探してきて、コピー、ペーストしていたんだそうな。すごい努力だなあ。コンピューターを買い換える様に言われるが、キーが打てないだけで(といっても、致命的故障とも言えるけど)他は元気。なんとかならんか、考えてみる。

とりあえず困るのは、検索か。患者さんが診察券を持ってこなければ、検索して番号を探す。「SUZUKI」さんなら入れられる。「TAKAHASI」さんが、「・AKAHASI」さんになって、検索できない。

「た」は「だ(DA)」で辞書登録しようか。「ち」は「ぢ(DI)」か「じ(ZI)」、「つ」は「づ」か「ず」、まではよかったけど、「て」が、Eを使う必要があって無理。「て」は、「E」の横を利用して、「DW」。

「えけせてねへめれ」は全滅。とりあえず、近くのキーで代用するか。「え」は「RW」、「け」は「KW」、「せ」は「SW」、「て」は「T」が使えないので「YR」、以下、NE、BW、MW、RW。
もう、さっぱりわからん。「暗号表」も作ったけど、いちいちこんなの、使っていられない。ひらがなは入るかもしれんが、漢字変換できない。さすがに、これは無理。


外付けキーボードを買いました。
1000円で解決。

DSC07109.jpg





  1. 2009/07/28(火) 08:32:15|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

元気な高齢者

麻生総理が、なんやらしゃべって、またまたみんなにつつかれているらしい。はっきりとは読んでいないけど、「働くしか脳がない高齢者」というのは、言い方がそんなに悪いのかなあ。弁解で言ってた、「高齢者でもどんどん働いてもらって税金を払ってもらいましょう」というのが真意なら、それはそれで良い様に思うけど。仕事が悪で、趣味が善、と言うものでもないだろう。仕事が好きで、死ぬまで働きたいと思っている人は、特に今の高齢者には多いと思うけど。今の政治というのは、揚げ足取りばっかりで、国全体をどうしたいのか、どっちの方向へ持って行くのか、さっぱり見えてこない。

先日の、大雪山の遭難が、どういう状況だったか知りたくてあちこちのぞいていたら、こんな記述を見つけた。めんどくさいので、そのままコピーします。


電車の座席はほぼ埋まり、車内には立っている人がちらほらいる程度。私の向かい側座席の前には男性1人、女性2人のハイキング帰りらしい高齢者が立っていた。
私に背中を向けているから時たま見える横顔で判断するしかないが、60代半ばぐらいか。彼らの目の前の座席には若者2人と50代ぐらいの女性1人が座っている。
若者は2人とも茶髪、1人はサングラスをしていた。

 この人たちに気づいたのは、この高齢者組の男性が「最近の若い者は年寄りを立たせても平気なんだから」「ちょっと前は罪悪感からか寝たふりをしたもんだが、最近じゃ寝たフリもしないからふてぶてしい」などと、かなり大きな声で話しているのが耳に入ってきたからだ。どうも自分の前にいる若者に席を譲らせて女性2人を座らせたかったらしい。
 ここまで嫌味っぽく言われると、まったく関係ない第三者の私だってちょっと気分が悪い。すっかり眠気が覚めてしまった。反対側にいる私が席を譲れば、もう1人ぐらい誰か立ってくれるだろうと思って腰を浮かせかかった瞬間、サングラスの若者が口を開いた。
 「あんたたちさぁ、山は歩けるのに電車では立てないの? それっておかしくない? 遊んできたんだろ? こっちはこれから仕事に行くところなんだよ。だいたいさぁ、俺みたいなヤツが土曜日も働いてあんたたちの年金を作ってやってるんだって分かってる? 俺があんたみたいなジジイになったら年金なんてもらえなくて、優雅に山登りなんてやっていられないんだよ。とにかく座りたかったらシルバーシートに行けよ」


だからどう、と言う事じゃないんだけど、妙に納得してしまいました。


  1. 2009/07/27(月) 12:42:31|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

上海雑伎団

博物館で、講演会。骨がらみの、有名な先生が来られる。ん?、一度聞いたことがあるような、無いような。途中、爆睡。

「日食はどうでした?」、って、数人に聞かれる。誰にも言ってないはずだけどなあ。やっぱり、ブログか。
「え、何かあったんですか?上海へは、雑伎団を見に行ったんです」、って返事すると、みんな、「なんだ、そうだったんですか」って、おっしゃる。
博物館関係の人たちは、みなさん、純情です。
  1. 2009/07/26(日) 19:13:33|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

忘れてた

(ブログの更新、忘れていましたねえ。精力的に(?)上海と天王寺動物園を書いていたら、こっちを忘れていました。毎日見ている人もいるんだろうなあと思いつつ、後書きしちゃおう。)

久しぶりの天王寺動物園。涼みがてら、まず、は虫類館へ。入り口の水槽。昔はいっぱい、亀と魚が泳いでいて、ワニもプカプカしていたのに、さっぱり生き物がいない。人も素通り。奥へ行っても、いたはずの生き物が見あたらない。カエルが並んでいたところにタガメが入っている。トノサマガエルや、モリアオガエルもいたっけ。昔、ここはヤドクガエルじゃなかったかなあ。きっちり見ていないけど、種類も少なくなっているのかも。これならいっそ、日本の両生は虫類と言うことで、野外で数を捕獲してきた方が見やすいし、ごまかせるのかも。補給も簡単だし。

講演会があるというので行ってみると、知り合いがペンギンの飼育係をやっていました。講演に引き続いて、エサを与える時もショートレクチャー。これはおもしろかった。別の知り合いとも話をしていたけど、すべての飼育係がやっている訳じゃないみたい。また、話の内容の更新も、毎週というわけにも行かないみたい。でもまあ、こういう地道な努力がリピーターの獲得に繋がるんでしょう。

って、あんまりおもしろくないし、HPの再掲になりましたねえ。
すんません。
  1. 2009/07/25(土) 00:54:10|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

新刊だが、英語・・・・・

本が送られてきた。知らない出版社で、分厚い。
開けてみて、驚いた。りっぱな本。








さらに、すべて英語。かろうじて、説明のところに日本語表示としてどう書くのかの説明だろう、種名だけ書いてある。
当然気になるのは、コウモリ。パラパラめくると、私の写真が出てきた。

DSC07415.jpg







思いだした。知り合いの研究者の方から、ある本に載せる写真を欲しいと頼まれていた。めんどくさいので、ファイルごとCDに焼いて送り、何でも、何にでもご自由に使って下さい、って言ってた。外国の研究者向けに、英語の図鑑が必要で、とか何とかおっしゃっていた。
めくると、3,4枚、私の写真が使われている。違うコウモリは、有名な写真家の方のがあったりする。
私の写真がこういう形で出版され、「日本代表」として「世界中」に配信されるとすると、非常にうれしい。
DSC07414_20090724041802.jpg







ちなみに、5600円だったか。
高いけど、立派な本です。
DSC07417.jpg






  1. 2009/07/24(金) 04:23:57|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

メールは99%ゴミ?

3日間ほど、家を空けていた。
帰ってきてすぐにメールを開く。150通ほどのメール。

クリック一円をせっせと開き、アンケートサイト(いくつかはすでに締め切っていたが)に答える。いらなくなったらゴミ箱。返信が必要なメールは・・・・・、ない。読むべきメールは・・・・・・、ない。

中毒みたいに、何時間ごとかにチェックしているけど、結局、メールなんて、本当はいらないんだろうな。

  1. 2009/07/23(木) 19:07:26|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

裁判記その2

予定表が入り口に張られている。30分に数件の事案。印象的には、7割くらいが返金訴訟か。消費者金融の名前が並ぶ。交通事故と思わしきのもいくつか。
関係者が傍聴席に座っている。係員が名前などをチェックする。傍聴人はほとんどいない。
順番に呼ばれ、被告席と原告席にすわる。

奨学金の返金訴訟。借りたら返しましょうねえ、てな話。テレビで見るような裁判ではなく、裁判長は書類を見ながら、被告を諭す。事前に答弁書が出ているので、ちょっと話して、では和解のため別室へ、ということになり、担当官と被告、原告が消える。

金融公庫から300万円借りて、残り210万円、だったか。返済が滞っている。裁判長は被告に仕事などを聞いているけど、被告は、不況で、云々の話。月2万円くらいなら、との話になるが、公庫側が難色を示す。そんなん、数年以上かかる、って。で、連帯保証人という人も呼ばれる。その方も仕事が無くってしんどい、とかなんとか。裁判長は、保証人も責任があるから、とかなんとか。なんとか、お二人で5,6万円ずつでも、という話。和解調書を作ると言うことで別室へ(だったかな?)。

廊下に、その日にある裁判の概略が並んでいる。「プロ」は、それを見ておもしろそうとかなんとか、判断するらしい。で、おもしろそうな裁判を傍聴するらしい。
  1. 2009/07/23(木) 12:43:29|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

またパンク

またパンクした。今年の2月だったかにも、一度修理している。こんなにパンクするのって、めずらしい、のかな。たぶん、タイヤがすり減っているからじゃないかな、とも思う。やっぱり、もう限界かなあ。4本で7-8万円・・・・・・。痛い。

いつだったか、患者さんの車が病院の前でパンク。おばさんだったので、修理してあげることに。トランクを開けてスペアタイヤを出すと、えらく驚かれる。え、そんなところにそんなのが入っているんですか、って。トランクの中(底)って、見たことがないのか。自動車学校で、そういうのは習わないのか。
もっとも、妻にしても、パンクしたら何も出来ないだろうな。特に、ビッグホーンは油圧ジャッキで、ジャッキの柄が変なところに隠れていて探すのに苦労する。設置する場所も普通じゃない。

タイヤを交換する間中、患者さんの来院がなかったのも喜んでいいのかどうか・・・・。
  1. 2009/07/22(水) 21:58:43|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

蘒さん

草-早+穐=蘒。

某回転寿司屋に入った。ちょっと高級感があって、ほとんどのものは注文する形式。カウンターにいる兄ちゃん、おっちゃんに注文する。必然的に顔を合わせる。おっちゃんの胸に目がとまる。
「蘒」という、名札。
なんて読む?見たこと、あるような、ないような。

すぐに聞けば良かったんだろうけど、注文とは関係ないし、母親、息子、妻らと、聞く、聞かないで、ひそひそ声。結局、聞かぬまま店を出る。

帰って調べてみるが、なかなか出てこない。やっと見つけた。
「はぎ」だそうな。「萩」と同じらしい。

店でも、何回も聞かれてるんだろうな。それならふりがなでも打ってくれればいいのに。というか、聞かれることが「快感」で、わざとふりがなを付けないのか。


「渡邊君」。大学の友達。いつも「渡辺君」で通っていたのに、いつだったか、「戸籍は渡邊なので、これからは渡邊を使うことにした。」という。当時はパソコンやワープロというような便利な道具もなく、年賀状は一生懸命、「渡邊」と書いた。
帰ってきた年賀状は「渡辺」。
「あれ、そんなこと言ったっけ?面倒なので「渡辺」を使っている。」
ほんなら、私の苦労は何だったんだろう?

團伊玖磨さん。団で来た手紙はすべて開封しないでほかす、っておっしゃっていた。

浦野信孝さん。信考さんで来る手紙が時々。ほかしません。
電話なんかで漢字を説明する時、「たか」をなんて説明するか、「考えて」しまう。
通常は、「親孝行の孝です」って説明する。たいがいはわかってもらえる。日本人は親孝行が多いらしい。
  1. 2009/07/21(火) 21:07:26|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

久しぶりの映画

久しぶりに映画。時間の都合で、選択肢がない。ハリーポッター。
娘は全部見ているらしいし、本も読んでいるらしいが、私はさっぱり見たことも読んだこともない。最近、シリーズものの映画は、必ず前作をテレビでやる。こないだ、やっているような気もしたけど、見ていなかった。
映画評ではそこそこ。やっぱり、本を読んでいる方がよくわかるようなことも書いている。まあ、いいか、と思って見に行ったが・・・・・・。

昨日の、ナイトミュージアムの続きで真っ暗の状況は非常によろしくない。ストーリーもわからん。もう、寝るしかない。かなり頑張ったけど、10分くらいは寝ていたのかなあ。さらに、ストーリーがわからなくなってきた。時々出る大きな音にびっくりするくらいで、内容で考えることや感激することはない。
やっぱり、予備知識がないと理解できないよう。

うーーん、0点。(あるいは、それ以下。)


ナイトミュージアム2の予告編。こっちは90点。ああ、待ち遠しい。
  1. 2009/07/20(月) 22:17:11|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

日食

どうせばれると思うので先に書いておく。明日、日食を見に、上海まで行く予定。
海外はめんどくさいので、南西諸島で申し込もうとすると、3,4泊で20万円とか、30万円。それも、鹿児島集合の値段で、テント泊がほとんど。それでもまあ、とりあえず申し込んでみたが、一時募集、二次募集と抽選ではずれた。平行して、天文雑誌に載っていた上海ツアーも申し込むが、これもはずれ。
あわてていると、兄が別のツアーを見つけてくる。先着順で、8万円台。8万円?、他の上海ツアーは15万円とか、20万円なのに。急いで、これに申し込む。

留守番をお願いするスタッフ用に、不要のレントゲンフィルムを引っ張り出す。2枚重ねてみると、たいへんよろしい。某スタッフは、ボウル紙に挟み込んでそれ風にしている。太陽を見てみる。小さい!太陽、ってこんなに小さいんだっけ?こんなに小さな太陽で、あれだけ大騒ぎしているのか。そういえば、兄からのメールで、持ち物の中に双眼鏡というのも書いていた。当然ながら、双眼鏡で太陽という発想は全くなかった。フィルムを貼っておそるおそるのぞくと、大きく、きれいに見える。
ネットや新聞を見ても、日食の写真というのは大きく載っている。あれ、望遠鏡の画像なんだと改めて気が付く。

日食というのは、マニアが多い。みんな、毎年、世界中飛び回っているので、ツアーなんかでの挨拶は、何勝何敗ですか、と言うものらしい。太陽が隠れたとたん気温が急激に下がり、空中の湿気が一気に雲になり、皆既中だけ曇る、と言うことが多いらしい。
兄の最初の日食は、宿泊場所から、条件のよい、晴れるであろうところまでバスで延々と移動したらしい。動くのが面倒な人(ほとんどいなかったらしいけど)はそのまま宿舎で見学したそうな。ご想像の通り、移動組では皆既中だけ雲がかかり、宿舎組はきれいに見られたそうな。

2回目は、望遠鏡などをセットして準備万端のところで雲が出てきて、あわててバスに乗って晴れているところへ移動したそうである。

さて、日頃の行いの良い私、初めての日食はどうなるのでしょう?



DSC07080.jpg





スタッフが、日食メガネの注文を受けるそうです。
ご自分で作る方は、レントゲンフィルムを差し上げますので、どうぞ。

某紙や報道では、こんなメガネはダメ、って言ってますね。そうかなあ、よく見えるけどなあ。
  1. 2009/07/20(月) 13:48:26|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ナイトミュージアム

本日、ナイトミュージアム。(これは事前の、予定稿です。)
今年で何年目かなあ。たぶん、3回目か。昨年、スタッフ会議みたいなのがあったら、お姉ちゃんばっかり、というのに、ハタと気が付く。こういう、徹夜の行事というのは、やっぱり「若手」に任せるべきか。フル出場(といっても、まだ2回)だったけど、今年は引退しようかと思っていたら、コウモリがあるので有無を言わせず世話人、ということになった。まあ、お嫌いじゃないんですけど。

初年度は、深夜の行事はなく、早朝、4時か5時頃にハスの花が咲くのを見に行ったくらいだったか。まあ、デリケートな私は、床で寝るという事なんて器用なことは出来ず、ウトウトしたくらいでしたが、さすがに深夜はちょっと寝られました。昨年は3時頃にも行事が入っていて、植物園へ。さすがに、それから寝るというのもつらく、ほとんど徹夜状態。さすがに、こたえました。でも、子供も含め、元気な参加者は夜中の3時に集合して意気揚々と植物園へ。脱帽ですね。

アブラコウモリは、日没直後にエサをとるため活発に飛び回り、次に活動するのは早朝、夜明け前、って読んだことがある。そんなん、確かめようと思ったこともない。確かに、研究会なんかで11時、12時に帰る時はアブラコウモリは少ない。深夜3時だったら、もっと少ないのか。昨年、そういう説明をして、深夜にはアブラコウモリは飛んでいないそうです、って言って外に出ると・・・・・・、普通に飛んでいました。
ついでに言うと、発泡スチロールをすり合わせると超音波が出てアブラコウモリが寄ってくる、って何かで読んだ。これも、参加者に説明してから、試みた・・・・・・・。何も起こりませんでした。

今年は、特別展、ホネホネたんけん隊も懐中電灯で見られるらしい。これには、私もそれなりに期待。
  1. 2009/07/19(日) 20:24:09|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

かくして夜が明ける

暑い、と叫んでも暑さは変わらないが、暑い。
寝苦しい。北海道では、真夏でも布団を掛けて寝ていたような記憶があるが、大阪じゃ致死的だろう。
とはいえ、電気代が心配で、一晩中クーラーを入れる根性はない。

少し寝る。暑くて起きる。クーラーを入れ、テレビをつける。寒くなり、クーラーを切る。少し寝る。暑くて起きる。(以下、同文繰り返し。)
夜中のテレビは、テレビショッピングが多いのか。へんに目が付く。出ている芸能人は、一昔か二昔まえの芸能人。ふーーん、まだ生きていたんだ、と妙に納得する。

汗だくになりながら、クーラーのオンオフ、テレビのオンオフを繰り返す。6時に妻が起き、NHKの朝のニュースが始まる。ほっとして熟睡し、とはいえ、6時30分には起きる。かくして、一日が始まる。
  1. 2009/07/18(土) 21:33:14|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コウモリ月間

本日の調査地。大阪北部と、大阪最南端。距離にして、150kmほどは走ったんだろうか。
こうなると、大阪も広い。








  1. 2009/07/17(金) 20:19:14|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ポイントもばかにならない

本を買った。1500円の本が、249円。残りは、「ポイント」。
メールを受けると、一つ1,2円。まれにアンケートが来ると2,30円。一ヶ月に200円ほどの収入。今月は、車の任意保険の切り替え時期で、保険会社を変えた訳じゃないけど見積もり依頼で1000円もらったのが大きい。アフェリエイトもやっているけど、自己購入はポイントが付かない。物を購入するときは、息子のアドレスからうちのHPを経由して買う。1%だったかな、ポイントが両方に付く。

小さな事からこつこつと、ですね。

で、本はファミリーマートに届く。病院から歩いて2,3分。つい先日、新しい店ができたので利用してみる。「本が届いたので受け取りに来た」というと、店員は、ポカンとした顔。こちらから、やり方を説明する。「注文書はございますか?」だから、ネットで注文して、受け取り番号を言えば商品がもらえる、って。そのうち、「えらいさん」が来て、スムースに終了。

  1. 2009/07/16(木) 10:07:56|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

本音

役所の、野生鳥獣関係の方が、近くまで来たというので病院によって下さった。こちらもある件で相談したかったのでタイミングがよかった。雑談的に、いろいろ話を聞く。
内容はオフレコの本音ばっかりで、非常におもしろかったけど、書けないことが多い。
結局は、「法律は、傷病鳥獣の事なんて何も考えていませんからねえ。目の前で鳥が死にかけていても、傷病鳥獣の捕獲にも許可がいる。さて、先に捕獲許可をもらいに行こうか。」なんて、おかしい話ですよ、ともおっしゃる。

放鳥できない鳥を、すぐに引き取りに来い、という獣医さんがいるらしい。管轄は行政だから、という論理。そんなん、獣医師側できっちり安楽死してやるべきじゃないの?救護活動にかかわっていれば、そういうケースは避けて通れない。きっちり、最後まで責任を持つべきだろう。自分で処置できないなら、指定を受けなければいい。さらに、えさ代や治療代をゴタゴタ言う獣医さんもおられるらしい。それこそ、こんな仕事はほとんどボランティアなんだから、文句を言う前にやめればいいのに。

私?、ボランティアと言うより、趣味だと思っています。趣味につきああされている、病院とスタッフがかわいそう。申し訳ありません。


keri.jpg





うーーん、かわいい。
こんなんばっかりなら、楽しいんですけどねえ。

*ミミズ求む*
大食漢。近くにお住まいの方、ボランティアで、ミミズを掘ってきて下さいませんか?
  1. 2009/07/15(水) 08:28:27|
  2. 仕事?野鳥|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

裁判記その1

上段の、少し高いところに裁判官。両側に裁判員、じゃなかった、なんか看板があったけど、思い出せない、おっちゃんが二人。ネクタイ姿。下の真ん中に、おばさん、だけど黒い服を着ているので、なんかえらいおばさんかな。あっち行ったり、こっち行ったり、忙しそう。進行役かな。
真ん中に証言台みたいなのがあって、両側に原告席、被告席。後ろに木の柵があって、傍聴席(と、順番待ちの被告、原告)。基本的には、テレビと一緒。

原告NTTドコモ。被告お姉ちゃん。ふーーん、携帯代?、通話料?、でも裁判なんですね。和解すると言うことで、裁判官の横のおっちゃんと、すぐに別室へ消えました。

被告が来ない。原告は、判決だけいただいたらいい、との話。こう言うのもよくあるのかな。裁判長は、わかりました、ではその方向で、ということでおしまい。判決が出れば、強制執行できる、とか言うことか。

あらかじめ答弁書なんかでのやりとりがあるし、貸し金なんかでは証拠もあるし、被告は否認していないし、傍聴していても内容があまりわからない。裁判官もマイクでしゃべる訳じゃなく、資料を見ながら、ぼそぼそ原告、被告と相談してる感じ。で、すぐに和解のためか、別室へ消えてしまう。まあ、一件当たりの時間が数分なら、こんな感じにしかならないのかな。民事の部屋なんで、こんなんなんだろう。離婚裁判で人生の縮図、罵詈雑言、てな話をここで期待する方が間違いらしい。

  1. 2009/07/14(火) 15:46:33|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

オオサンショウウオ観察会

友人が主催しています。
興味がある方は、ぜひご参加下さい。

オオサンショウウオ観察会
‐ 川の王者を通して生物多様性について学ぶ‐

河川の生態系で上位を占めるオオサンショウウオについてのレクチャーと夜の川で野生のオオサンショウウオの観察を行います。
また、来年度実施されるCOP10(生物多様性国際会議)に向けて、生物多様性について知り、考える場を準備しています。
基本的に小学生とその親御さんを対象としていますが、多くの皆さんの参加をお待ちしております。

■日時:2009年8月8日13時集合~9日昼ごろ解散
■場所:兵庫県佐用郡佐用町上石井764-1
     みどりの健康舎 ゆう・あい・いしい
■定員:50名程度
■参加費等:大人15000円、小人(高校生以下)8000円
        (宿泊費・資料代・保険等含む)
■問合せ・申込み先:兵庫県自然保護協会
       FAX:078-221-5102 e-Mail:hyogonacs@kcc.zaq.ne.jp
■締切:2009年7月21日


******************************
兵庫県自然保護協会
hyogonacs@kcc.zaq.ne.jp
******************************
  1. 2009/07/13(月) 21:46:44|
  2. サンショウウオ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

年齢制限

スタッフからお土産をもらう。ながしまスパーランド。
そもそも、こんなジェットコースターに乗ろうとする人間がいるのが信じられない。何が楽しいのかなあ。そういえば、USJが嫌になってきたのも、コースター。あんなん、乗る気にならん。

パンフレットを見ると、身長制限がある。まあ、これは当然。その後ろ。年齢制限が。
ありゃ?、これじゃ私、乗りたくても乗れるのがどうか、微妙な年齢。ふーーん、まあ、関係ないけど、なんか急に年をとった感じ。

DSC06943.jpg






DSC06945.jpg







  1. 2009/07/12(日) 16:06:46|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

今度は添付ファイルが開かん

病院のコンピューター。添付ファイルが開かなくなる。
家で整理したデータや画像を、ファイルに添付して送ることがよくある。開かないのは非常に困る。outlookの設定をいじくる。やっぱりわからん。

Q&Aに繋がるリンクを見つける。探してみると、「J-word」を入れると開かなくなった、という記載を見つける。そうえば、こないだ、J-wordを入れた。すぐに削除してみる。開いた。

個人用のコウモリ名刺がなくなって、印刷しようと思ったら前回のファイルが見つからない。そういえば、今まで「宛名職人」というのを使っていた。コンピューターをリカバリーしたら無くなったんだった。ワードで作ろうと思ってしばらくいじくるが、さっぱり。フリーソフトを探してきて適当なのをインストールしたが、その時、「J-word」を入れまっせ、とか何とか言ってた。それが間違いの元だったらしい。
で、その新しい無料ソフトで苦労して作った名刺も、添付ファイル騒ぎで削除してしまった。

ついで見つけたのは、「ラベル屋さん」というの。エーワンが作っているらしい。エーワンというのは、こんなラベルの紙や、事務の紙製品屋さん。自社製品でつくってもらおうという趣旨らしい。名前を背負っているだけあって、良くできている。そこそこ、簡単にできた。といっても、むつかしいことは何にもないし。悩むのは、どのコウモリの写真を使おうか、ということくらい。

IMG_20090711081549.jpg





  1. 2009/07/11(土) 23:40:06|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

やっぱり、夏が来た

今年は暑いんだか、涼しいんだか。梅雨が長いのかどうか。雨が多いのかどうだか。
先日書いた様に、セミの季節になると毎年の初鳴きの日の報告が並ぶ。何十年分も自分の記録を掲載する人がいる。
なんとかゼミはいつ、ツバメはいつ、花はいつ、とか。記録魔というか、まあ、自然相手の商売ではそういうのが普通なのかも知れないけど、日記や記録を付けるのが苦手な私にとっては驚き。

先日、博物館で自分の標本に、あり得ない(と思っていた)データが付いていてびっくりした。そんなとこにそんなのおらんで。博物館にはいっぱい「がらくた」も持ち込んでいるので、どこかで混乱したか。
さすが博物館、持ち込んだ時の記録がきっちり残っている。私がその場所で採集したことになっている。
思い出した。
警察がらみだった。
とんでもない動物がとんでもないところで捕まって、回り回ってうちに来た。

きっちりうちで記録を管理していれば、すぐにわかったんだろうけど。まあ、思い出しただけ、よかったと言うことにしておこう。

そうそう、コウモリでも記録忘れが多くって困ることがある。その時はあとで記録しよう、忘れるはず無いだろう、と思うんですけど。私、研究者に向いてないんでしょうね。もっとも、いまでも、自分的にはただの野次馬。

DSC06914_20090707164743.jpg








DSC06915.jpg





  1. 2009/07/10(金) 00:57:11|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

セミが鳴き出す

博物館のMLでは、いつからセミが鳴き出したか、てなメールがいっぱい流れます。車で通勤して、昼もずっと病院では声を聞く機会がありません。
ちょっと用事があって、博物館まで自転車で。やっと、セミの声を聞きました。

夏です。

DSC06906.jpg


  1. 2009/07/09(木) 00:10:13|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

子供会

正確に言うと、子供会ではないらしいが。
某少年野球チームの保護者会という、おばはん(といっても、当然私よりかなり年下だろう)が来る。何日か前、私が留守の時にも来て、紙切れ一枚を置いていってた。詳しくは読まなかったが、「常勝軍団、なんとか野球チーム」となっている。「常勝チーム」で、対外試合や遠征にお金がかかるので援助してもらえないか、てな事らしい。
私も子供会活動にはそこそこ足を突っ込んでいたけど、そこまでしての資金集めなんてしなかったなあ。もっとも、対外試合と言っても自転車で行ける程度だったか。そんなに強くなかったので心配なかったというか。

まあ、子供の才能を伸ばすために親が一生懸命になるのはわかるけど、なんか、ちょっと違和感がある。「常勝チーム」の陰には、補欠だったり、球拾いだったりする子もいるんだろう。

野球というのはセンスと才能が大きくって、努力だけではなんともならん、と坂東さんがよく言ってる。才能がないものがいくら努力してもあかん、って。そういう子は早めに見切りをつけて、自分にあった道を選べ、って。確かに、長嶋ジュニアも、野村2世も努力はしたんだろうけど、(野球では)消えてしまったし。

子供会を見ていても、欠かさず練習に来るのにいっこうにうまくならない子もいりゃ、滅多に来ないのに、試合では活躍する子もいる。監督さんは起用に非常に悩むことになる。勝負を取ればセンスのある子を出したいし、子供会活動となると真面目な子を優先して出してやりたいし。


で、おばはんが来た時、私も子供会活動には関係していたけど、こういう形でお金を集めるのは云々と言いかけたら、要するにご援助下さらないと言うことですね、って捨てぜりふ的に帰って行った。そんなんで子供の教育が出来るの?
  1. 2009/07/08(水) 00:02:18|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

エコポイント

エコポイントの申請。
めんどくさいんだろうなあ、と思っていたら、ネットで簡単に出来た。こんなんでお金が返ってくるの?、と思ったら、最後は書類を送って確認するらしい。領収書は原本を添付するところがミソなのかもしれないが、世の中、暇な人はいっぱいいる訳で、ちょっと知識があればこの程度のことなら、書類の偽造なんて簡単なんじゃないかなあ。

で、交換の商品。これもよく新聞に載っていたけど、本来はエコ商品に限定するつもりだったらしいが、結局は何でもあり。商品券やプリペイドカードが目立つ。地域の特産品、となると、ふるさと小包そのものですな。で、いろいろ見るけど、これといった物がない。結婚式なんかでカタログギフトをもらうけど、欲しい物がないのと同じか。(ちなみに、あの手のもの、誰が何を買ったか、送り主側に連絡が行くそうですね。うちの知り合い、どうしても欲しい物がないので現金にしてくれ、ってギフト屋に言うと、お金をくれたそうです。)

いずれは使うだろうと、イコカにでもしようかと思ってよく見ると、ポイント数と金額が違う。モノによっては手数料(相当ポイント)が1300円分だったり、440円分だったり。なんか、腑に落ちないというか、せこい(って、思う方がせこいのか)というか。百貨店商品券だけ、手数料がかからない。で、それにすることに。

まあ、うちもこれを機会にテレビを買い換えた(というか、タイミング良く、ブラウン管テレビが壊れた)ので地デジ云々や、省エネ云々に効果はあるんだろうけど、これらの事務処理費、ものすごいだろうな。すべて税金。(もちろん、返金分も。)
これも、税金の使い道なのかなあ。
  1. 2009/07/07(火) 07:41:07|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コウモリ その3

大阪の繁殖地。
150頭!おしっこが降ってくる。目の前で、さわり放題。暖かい。恒温動物を実感する。


  1. 2009/07/06(月) 13:20:13|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コウモリ動画 その2

トンネルのコウモリ。よく鳴いています。


  1. 2009/07/06(月) 13:11:37|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ
【楽天市場】本・雑誌・コミック