FC2ブログ

毎日の院長 改め、日々雑感

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

自信消失

ウジキジをひらった。大阪産の、新種、じゃなく、ウジの湧いたキジ。
金曜日だったか、バイクで出かけた時、路肩になんやら固まりが。道路の右端でバイクでも止められないので、通りがかりに一瞬見る。尾の長さ、色模様からキジじゃないかと思う。出かける最中だったのでとりあえずパス。
帰りに路肩にバイクを置いて、道路を横切り確認すると、立派なキジ。一瞬喜んだけど、よく見ると何かが動いている・・・・。すでに、ハエの餌食になっていた。
まあ、仮剥製は無理でも、羽の標本にはなるだろう。土曜日に博物館に持って行く。

ついでに、特別展の準備を見に行く。かなり標本が並んできた。頭骨がいっぱい並んでいるのは、いつだったか、宝塚標本の展示と同じだぞ。まあ、それ以外の骨もいっぱいあるのでそれなりにおもしろそうだが、骨ばっかり並んでいるのは、本館の「骨コーナー」の、規模が大きいもの、とも言える。もっと期待していたけど、まあ、ほね展となると、それ以外並べる物もないし、こんなものかなあ。

コウモリの骨格標本があった。オオコウモリで、プロが作った物らしい。まあ、あのサイズなら作りやすいか。隣を見ると、私の標本があった。キクガシラにアブラ。両方とも、あとで調べやすいかと思って頭部はくっつけていない。首の飛んだ、バラバラ死体。おまけに、(もっと良いのもあったと思うんだけど)十分色の抜けていない、見栄えのしない標本。はずかしい。
こないだ、息子にコウモリの死体を預けたら、すごくきれいな標本を作っていた。それと差し替えよう。

ドバトの標本もかして欲しいという。これ、病院で診療の参考などにこねくり回していたもの。あちこち脱臼して、最後はレジンで関節ごと固めた。展示には絶対耐えられない出来。恥ずかしいので、お断りさせてもらった。
実は、もっと良い標本を作るつもりが、2,3体続けて「失敗」している。

チャボの骨格標本も、焚いたり腐らせたりしているが、すでに何ヶ月も経過している。自信が無くって、そこから進んでいない。
  1. 2009/06/29(月) 08:30:35|
  2. ほねほね団|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
【楽天市場】本・雑誌・コミック