FC2ブログ

毎日の院長 改め、日々雑感

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

定年

こないだ大学を卒業し、働き始めたところのような気がするのに、現実的には、世間的にはあと10何年かで定年になるらしい。じゃなく、定年の年齢になる、と言う方が正しいか。

北海道在住の友人と話をした。内地の出身。それなりの思いもあって北海道に移住(?)し、家も建てたんだろうけど、定年になったら地元に帰ろうか、って言ってた。仕事があるからここに住んでいるけど、それが無くなったらここに住む意味がないという。医者も無ければ、近くに買い物をするところもない。やっぱり、何をするでも都会は都会だけの価値はある。便利。医者通いも楽。

都会から田舎へ行った友人、何人かと話をした。みんな、子供が大学や社会人になっている世代。子供はやっぱり都会の大学へ行っている。就職はそのまま、いわゆる都会で。実際、実家へ帰っても仕事がない。農家なんかだったら別なんだろうけど、特に子供に引き継ぐ仕事でなければ、わざわざ戻っては来ないだろう。最後の最後は、両親(というか、友人ら)が子供に引っ張られて都会に出て、どこかの施設なり病院にほりこまれて最後を迎える、てな感じか。


  1. 2009/04/09(木) 00:46:34|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

たびたび出演のU君

こないだから話題に出してばっかりの、大内山のU君。
今回の旅行記をブログとHPに載せるので見てくれ、というと、インターネットは見ていないという。娘さんがおられたときは娘さんらが見ていたので、つなげば見られるのかもしれないけど、よくわからない、という。でも、仕事でなんか調べることがないのか、と聞くと、無い、という。コンピューターはあるけど、たまに文章を書くくらいだって。
ある分野では彼は第一人者らしい。講演会も時々頼まれるのだとか。抄録とか資料は、最近は事前にメールで送ったりすることが多いと思う。どうしているのか聞くと、職場の知り合いに頼んで送ってもらっているのだとか。

一緒にいるとき、携帯電話が鳴った。仕事で一応電話は持っているけど、仕事したくないときは電源を切っておくそうな。この時も、その時に電源を切っておしまい。プライベートの携帯電話は持っていない、って。
まあ、大学時代、そのまま。

現在彼は、臨床から離れているらしい。仕事も、獣医からちょっと離れている感じ。なんで獣医になった?、って聞くと、何十年も前の話で、もう忘れた、って言ってた。
これも、彼を知るものにとっては、何となく理解できるかも。
  1. 2009/04/09(木) 00:40:46|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
【楽天市場】本・雑誌・コミック