FC2ブログ

毎日の院長 改め、日々雑感

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

久しぶりに、歩いた

ハイキングの引率。
博物館のハイキングは、いろんな説明をしたり、観察したりで、ペースは非常に遅い。10年以上前、私が子供を連れて参加していた時代も、子供は退屈していた。鳥にせよ、植物でも、昆虫でも、興味がなければなかなかおもしろさもわからないだろう。
今日の目的は、リスのエビフライ探しで、その場に行きさえすればいっぱい落ちていて、すぐに目標達成。昼食後雨が降ってきて、早々と解散。

私は、当初の予定通り、それから穴へ移動。早く解散してくれて助かった。
本番のハイキングは、せいぜい2kmか3km。そこから穴まで、雨の中を延々と歩く。7kmくらいあったか。疲れて、調査は手抜き。ざっと中を歩いて、おしまい。もっとていねいに、木枠の上も見るべきだったかなあ。

で、帰ろうと思ってバス停を探す。すぐに見つかったが、時刻表がいたずらされていて無くなっている。一つ前のバス停で簡単にチェックしたが、一時間に一本くらいだったように思った。確か、40何分かだったような気がする。今の時間は40分。とりあえず、しばらく待ってみる。待っている間に、携帯電話で時刻表をチェックできないか、試みる。

i-modeなるところへ繋いで、検索しようとするが、よくわからない。同じ事を繰り返す。バス屋の電話番号を調べて問い合わせようとするが、それもやり方がよくわからない。結局、30分ほど、ああでもない、こうでもないを繰り返し、しびれを切らして降りかける。
次のバス停でチェックすると、ほぼ一時間に一本だが、その時間だけ抜けている。次のバスは一時間以上先。

待っていても仕方ないので、ボチボチ歩き出す。そういえば、この近くに、防空壕もあったはず。元気があれば寄ったかもしれないが、水没していて調査は出来ないし、パス。
バス停一つ一つで時間をチェックし、待ち時間が少なくなれば乗ろうか、と思いつつ歩く。
結局、ハイキングの解散後、10kmくらい歩いた時点でバスに乗って帰れることになりました。

あー、ハクビシンもコウモリも見つからず、しんどいだけに終わりました。


  1. 2009/01/18(日) 20:14:27|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
【楽天市場】本・雑誌・コミック