FC2ブログ

毎日の院長 改め、日々雑感

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

後継者

といっても、動物病院の話ではない。
オオサンショウウオと、コウモリの話。

「大サン会(大阪のオオサンショウウオを調べる会)」
オオサンショウウオは、何かの機関誌で記事を見て見学をさせてもらい、それから定期的に調査を手伝うことになった。もう、10年以上の前の事だったか。その当時は、最低でも月に1回、多い時は2回くらい調査があった。夜の9時くらいから、普通で11時過ぎ、遅い時は12時くらいまで。真冬でも調査はあり、道が凍っている時もあった。家に帰ると1時か2時近い。
ある意味、お手伝いという感じで、データは記録していなかった。まあ、親玉に聞けばいつでもわかるかと思っていた。
2,3年前、理由はわからないが急に活動が停止した。こちらは主催者じゃないし、呼ばれて都合が付けば参加していただけで、私一人で調査を継続するつもりもなく、一年間近く、活動がなかった。その後、再開の連絡が来て2,3度観察会があったけど、またまた理由はわからないが、活動が停止している。自分のHPで確認すると、一年以上か。
今から活動を再再開しても、体力、気力が付いてこない気がする。もう、夜の調査はつらいなあ。調査そのものより、車の1時間半がつらい。
せっかくの膨大なデータを、一度締めてまとめてくれるとうれしいのだが、親玉のFさんはどう考えておられるのか。

コウモリの方にもつながるんだけど、こういう弱小の会って、親玉一人の考え方、やり方で活動が活発になったり、休止したり。北朝鮮じゃないけど、「共同指導体制」がないと、調査の継続って、難しいような気がする。

「大阪のコウモリを調べる会」
実質、2名。多い時は数名いたんだけど、まあ、その頃でも活動に参加していたのは3名ほどだったか。
「コウモリの調査には危険が伴います。廃坑等に入る時は管理者の許可を得て、複数の人数で調査をします。必ず、入口に連絡要員を置くこと。」、って、今度の本の原稿に書いたが・・・・・・。

こっちの会も、会と言っても、私が調査をやめると活動がそのものが無くなってしまう。まあ、私の個人的な興味で始めた調査なんで、一定の成果があって区切りがつけばやめてしまってもいいんだけど、可能ならデータは継続したいとも思う。特に、バンディングをしているのでその追跡はしたく思っている。極力、データは公開しているつもりだけど、具体的にどこに何がいた、まではきっちり公開していない。野次馬を呼び込むのが恐ろしいので。
また、それなりに危険な穴もあるので、あまり人を連れて行ったり、活動そのものも公開していないので、後継者が出来るはずもない。
今回、「大阪の哺乳類」と言う本で洞穴性コウモリも紹介することになっているので、興味を持ってくれる人が出てくればいいけど。データも調査地もみんなお譲りしますけど。
とはいえ、危険を考えると、後継者を捜すより、私の代でやめた方が良いのかなあとも思ったりする。
  1. 2009/01/14(水) 20:45:09|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

葬式

ネコを預かって欲しい、との電話。宮崎県で不幸があって、これから行くのだとか。車で12時間、だとか。ご本人は足がちょっと不自由で、ふだんはヘルパーさんに来てもらっている。息子さんの車で休み休み行くと言うけれど、やっぱりたいへんだろうなあ。どなたが亡くなったのかは知らないが、そこまでしても、行く必要があるのだろう。逆に言うと、そこまでして行く必要のある人だったのなら、亡くなる前に会っておいた方が良かったんじゃなかろうか、とも思ったりする。まあ、葬儀というのは本人に会うのだけが目的じゃなく、亡くなった人の、回りの人を慰めるというか、そういう機会がないと集まれない親戚縁者のため、という面もあるんだろうけど。

私にしても、伯父、父が相次いで亡くなり、ほとんど会うことの無かった伯父、伯母、従兄弟なんかと会う機会が急に増えた。葬儀に始まり、49日、納骨、一周忌、三周忌、・・・・・、これからも何度も続くのかなあ。

ゴッドファーザーじゃあるまいし、今の時代の今の日本で、血縁の結束を固めるというのが意味があるようにも思えないんだが。
  1. 2009/01/14(水) 07:52:17|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
【楽天市場】本・雑誌・コミック