FC2ブログ

毎日の院長 改め、日々雑感

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

うーーーーーん、

年末からのお仕事。
やっと完成。

微妙。

フラッシュを焚いているので、細かいところが飛んできれいに見えるけど・・・・・・・。
「素人」さんを喜ばせるランクには達しているだろうが、作品として世に出せるかどうかはわからない。もっとも、今まで、満足できる出来、というのは一つもないけど。

・除肉の不足
・姿勢
・肩甲骨と骨盤の(死後の)骨折
・胸骨の処理
・(その他、あげればきりがない)

DSC05872.jpg






「作品」に満足出来ないと、手元に置いておきたくない。かといって、映画に出てくる芸術家みたいに、壊すなんて事も出来ないけど。




風邪が治らない。
死にそう。
車の運転が怖かった。

  1. 2009/01/06(火) 20:17:54|
  2. ほねほね団|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

結局、病欠

朝にちょこっと病院へ行き、雑用を片づけ、スタッフに新年のご挨拶、それからすぐに帰ってしまいました。
一人でやっている時は、熱が出ようが、何があっても休んだことはないのですが、スタッフが増えると安心してしまうのか、最近は年に1回(だと思うけど)休んでいるようです。

夕方になるとほぼ軽快傾向。
さて、明日からはしっかり働きましょう。



昨年、獣医師会の先生が急に亡くなった。まだ若かった。肝臓腫瘍だったそうである。聞くところによると、スタッフに「目が黄色い」と言われて初めて気が付いたとか。本人に自覚はなかったのか、奥さんは気が付かなかったのか。まあ、私にしても、妻と過ごしている時間より、スタッフと過ごしている時間の方がずっと長い。

動物園の獣医師をしていた森本君。トライアスロンや山岳マラソンもやっていた。バイクの事故で亡くなった。葬儀で、後ろの方で誰かが、あれだけ鍛えていても死ぬんだなあ、と話していた。

大学の同窓会誌が送られてきた。同期で物故者が1,2名増えていた。


まあ、人間、死ぬ時は死ぬものらしい。私に、それがいつ来るのかわからないが、それまでは平々凡々と生きることにしようか。平均余命から言うと、あと20年以上は生きるんだろうか。
  1. 2009/01/05(月) 17:23:27|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

今年は風邪

やっぱり、昨日の寒空の中の、半日が効いたらしい。
熱が出てうなされる。

どうしても、仕事に行く必要がある。子供と妻がそれぞれ車を使い、残るのはバイクだけ。230ccに乗る元気はない。モンキーに乗って、やっぱり寒空を走る、というより、ヨタヨタ、時速20km。

昨年はノロウイルス。それに比べればまだマシか。

若い頃なら、風邪気味かなあと思った次の日には熱が出て、その日一日うなればなおっていた様な気がする。今回のは、年末からおかしい。タイプによるものなのか、こちらの体力によるものか。

患者さんを待つ間、コウモリの原稿でもつつこうかと思っていたけど、とてもそんな気分じゃない。
居候の世話をするのだけで精根尽き果てた。

あー、早く帰ってくれないかなあ。
帰ったら帰ったで、またモンキーか。
生きて帰れるかなあ。
  1. 2009/01/04(日) 10:55:31|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

3連単で万馬券

懲りもせず、息子に誘われ地方競馬へ。前回、少しは勉強した、かなあ。新聞の見方は少しはわかった、か。が、買い方はよくわからない。前回、3連複で何回か当たったけど、たいして増えず、やっぱり3連単かと、着いてすぐのレースで数点買うと、うち一つが当たる。なぜか知らぬが、13000円。
以降、味を占めて3連単ばっかり買う。かするけど、当たらない。途中で3連複も併せて買うと一回だけ的中するが、配当はわずか。
なんだかんだで、数レースしておしまい。最初の万馬券(って言っていいんですよね、これ)が効いて、差し引きではプラス。前回の負け分も、いくらか取り戻した。

まあ、1日、それなりに遊ばせてもらえました。でも、とにかく寒かった。
  1. 2009/01/03(土) 19:44:12|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

思い出・・・・・

母に、父のアルバムの処分を頼まれる。写真が趣味だったし、マメな人だった。白黒写真は自分で焼いてもいた。(引き伸ばし機、バット、その他いろいろな物は私が引き継ぎ、私も、年賀状は白黒写真で何年も作っていた。それもパソコンの導入でなくなってしまった。機械類も傷んできて、何年か前に処分してしまった。)
家族の分は、それぞれ子供ごとに作っていて、結婚時にもらっている。めぼしい写真はとりあえず母が抜いて、別にストックしたらしい。歯抜けのアルバムに残っているのは、仕事関係や、風景の写真など。もちろん、時々父も時々写っている。

昔の堺の風景、大阪の市電、古くさい車、確かに懐かしさはあるが、本来、これらの写真を見て懐かしさを感じるべき主はすでにいない。傍観者的に、いわゆる昭和のよき時代を懐かしむ感じか。
父の交友関係を知るよしもなく、写っている人物はさっぱりわからない。当然、同じ年代の人たちなんで、すでに亡くなっている人も多いだろう。

家族としての私自身の記憶、思い出はもらったアルバムに残し、父個人としての思い出はここらで区切りをつけようと言うことか。

DSC06930.jpg







ついでに、自分自身のアルバムを引っ張り出してみる。
中学校はいい思い出はない。
高校はそれなりに楽しかった。いまでもつきあいのある友人は多い。
大学はさらに有意義な数年だった。

確かに、これらを眺めていると昔のことが思い出される。が、それが何かを生むことはない。結婚以降のことは妻や子供が共有する思い出だろうが、それ以前のことは私だけのこと。当然、私の死後には単なる紙切れになってしまうだろう。子供が困る前に、一緒に消却しようと思ったが、まあ、あと何年かは大丈夫か。ちょっとだけ、先延ばしするか。
  1. 2009/01/03(土) 09:35:06|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

はやく日常に戻りたい?戻りたくない?

2日の年中行事。福袋。といっても、もちろん、妻と子供の話。
滅多に早起きしない娘も、何時だかに間に合うようにデパートへ行くらしい。(家を出ているのでよく知らないが。)もちろん妻も。
家へ帰ってきて、袋の中身を確かめる。何万円分が入っているとか、いるとか、いらないとか。そもそも、定価以上のものが入っていると言っても、いらないものがいくら入っていても無駄だと思うのだが。その手の話をすると、必ずケンカになるので触れないようにしている。またタンスの肥やしが増えるだけ。一年に一回の楽しみと言われれば、まあそれでストレスを解消しているのなら、良いのかもしれない。

娘もブランドの福袋を抱えて帰ってくる。昨日の、パチンコの稼ぎをつぎ込んだらしい。うち、一つは開封したけど気に入らない、とかで、すぐにオークションに出すという。といっても、私が代理出品。手数料をいくらか上乗せして出品するが、5分も経たないうちに売れる。出す方も出す方、買う方も買う方?確か、昨年も同じ事をやっていたような気がするぞ。並んで買うことだけが目的で、買ってしまうと「燃え尽きる」のか。


その後、妻の実家へ。これも、年中行事。

毎日、息子と娘がいる。じゃま。うるさい。口論、けんか。
刺激にはなるが、そんな刺激が毎日必要なほどはぼけていない。
あー、早く帰ってくれないかなあ。

あー、穴に入りたい。
  1. 2009/01/02(金) 21:32:50|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

13箱

例によって、元日は実家へ。いつもなら初詣に行くのだが、体調がもひとつなのと、寒い、昼過ぎから小雨、で、停滞。コタツで居眠り。

夕方、子供らは近所の本屋へ行くと言ったまま、帰ってこない。おかしいなあと思い、電話してみると、きっちり、予想通りパチンコ屋。出ているので帰れないという。
その話を母にすると、母も行きたいという。もちろん、生まれて初めて。行ってみると、長男は3,4箱出ていて、これでも換金した残りだという。そのうち1箱をもらって始めるが、時々リーチにはなるが、当たりはない。いろいろ説明するのだが、回りがうるさくって、きっちり会話が通じない。ばくちというのはビギナーズラックがあるというが、通じず。あっというまに、一箱無くなってしまう。結局、何がどうなったのか、理解できていない感じだった。

隣に座っていた娘が、当たり出す。もう夕飯時だし、兄が実家で待っている。が、こっちは帰りたくっても、帰れない。結局、また子供らだけ残して帰る。大当たりが終わったら帰るように何度もメールを打つが、そのたびに、確変中だという。私もよくわかっていないんだが、やっぱりやめるタイミングじゃないらしい。
実家では夕食も終わって、兄も帰ってしまう。そのころ、やっと子供らが帰ってくる。
13箱で63000円だと。

うーーん、こんなんで、こんなに稼げてええんかいな。やっぱり、世の中、おかしいんじゃないの?
もっとも、いずれこの稼ぎも、小分けしてパチンコ屋へ返すのかもしれないが。
  1. 2009/01/01(木) 23:17:58|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

正月の肉取り

めでたいんだか、めでたくないんだかわからぬが、正月。
初詣客を眺めながら、いつも通りに、出勤。

病院の子らの世話。電話を待ちながら(一応、休日でも9時過ぎには病院にいることが多い。それをアテにして電話をかけてくる患者さんが時々おられる。)ハムスターの処理、というか、肉取り。なんで正月早々、こんな事をやっているんでしょうね。

正月に手術、と言うのも、過去に何回かあったなあ。骨折の整復をしつつ、窓の向こうの、晴れ着のねえちゃんを眺めていた。実際に電話が多いのは、3日くらいか。2日までは我慢して、3日目にとうとう心配になって電話してみた、と言うパターンが多い。
ということで、無事電話もなく、ハムスターも乾燥待ちの段階まで進みました。
ちょっと一息。


  1. 2009/01/01(木) 09:40:04|
  2. ほねほね団|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
前のページ
【楽天市場】本・雑誌・コミック