毎日の院長

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

ハムスター死去

ハムスターが亡くなった。今年の春に、放棄されていたのをもらったもの。年齢的にはちょっと若いか。飼っていた、といっても、常にスキンシップをしているわけじゃなし、いつもハウスの中に入っていたので、異変に気が付かなかった。といっても、二人(4匹いて、2匹は息子宅へ行き、2匹を飼っていた)とも同じ色と同じ顔、サイズで区別は付いていなかった。(そういえば名前も付けていなかったなあ、ごめん。)
妻がケージの下で動かなくなっているのを見つけたそうだが、しばらくすると、もう一人がそばに寄っていったそうな。ふーん、ハムスターでも悲しんでるんだと思ったとたん、顔をかじりはじめたと言うことだった。で、あわてて籠から出したらしい。それがハムスター風の哀悼の意だったのか、単純においしそうだったのか。

DSC05843.jpg







DSC05848.jpg






でもって、南無阿弥陀仏、(じゃなかった、うちは南無大師遍照金剛か)の次は、鍋の人になってしまった。
  1. 2008/12/31(水) 09:22:08|
  2. ほねほね団|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

やめときゃよかったなあ

午前中は、怒濤のごとく(と言っても、冬なんでたいした件数でもないけど)の来院。
一転、午後からは電話もならなけりゃ、誰も来ない。外は風が吹き荒れている。

あーあ、午後はやめときゃよかった。


2,3日前から、コンピューターの子守にかかりっきり。受付のWIN98でメインコンピューターを開こうとして四苦八苦。
さんざん苦労してネットワークを組めたと思ったのは昨日のこと。今日繋ぐと、やっぱり言うことを聞かない。またまた再起動の繰り返し。結局、受付にXPを置くことにする。98は私の机に来ることに。
まだ使うか、って感じだけど、使えるもんなあ。
メールにネットとなると、セキュリティーが問題に。ウイルスバスターでえらい目に遭っているので、アバストに乗り換える。入れようと思ったら、なんやらジージー言うだけでたいへん苦労なさっている。老体にはしんどかったか。


  1. 2008/12/30(火) 17:56:41|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

カウントダウン

毎年、今ごろの時期になると見るオークション。カウントダウンのチケット。

ディズニーは、定価15000円で、相場は18000円。直前でも、あまり値崩れはしない。
USJは、定価7500円。よくわからないが、カウントダウンチケットに、アトラクションの優先入場券とか、特別ショーの入場券(見やすい場所があるらしい)を一緒に売っていたらしい。最近のUSJは、何でも売る。なりふり構わず、稼ごうと思っている。(まあ、それもUSJに愛想を尽かした理由の一つ。)そんなこんなを付けて一万円ちょっとか。たぶん、定価くらい。もちろん、入場券だけの出品も多い。で、2,3日前からは値崩れを起こしつつある。6000円くらいが実勢価格。

明らかに業者みたいなのが、定価以上で売ってるが、入札はない。素人、っぽいのが、10枚以上出しているのもある。定価。入札はない。こんなん、売れなかったらどうするんだろう?人ごとながら、心配になる。
地方からの出品で、5枚で25000円というのもあった。うちは5人家族。せめて、2万円くらいならなあ、とも思うけど、1月1日は予定が入っているので、やっぱり、4000円でももったいないか。これも売れていなかった。

もう、そろそろ、郵送では間に合わなくなってくる。現地手渡し、環状線の何駅渡し、と言うのがポツポツ出てくる。
ついで、なんじゃ?これ、と思うのがある。終了時間が1日だったり、2日だったり。設定間違いだろうけど。

数年前には、直前に半額で購入したことがある。さて、今年はどうしようか、と思いながらも、半額までのたたき売りは今年は見かけないなあ。
  1. 2008/12/30(火) 07:53:00|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

メールも来ない

漢字が書けなくなったなあと、つくづく思う。検査結果などを患者さんに説明するのだが、結果を書いた紙に、ある程度の説明は付いている。それを示しながら追加で説明し、手書きで文章を付け加えようとすると、簡単な漢字でも出てこない。

親父の痴呆が始まった時、母は「100マス計算」や「漢字ドリル」を買ってきて、それをやらせようとしていた。親父は「プライド」があったからか、相手にしていなかった。それでよくケンカしていた。まあ、ケンカをすると言うことは意志が通じていた証拠でもあったので、ある意味では、その頃はまだ「大丈夫」だったのだろう。ケンカも出来なくなり、意思の疎通がだんだん出来なくなってくる。「痛み」というのは「知能」じゃなく、「反射」なんで、よくあちこちをつねった。反応があるので、意志が繋がっている様に「勘違い」して、自分を納得させていた。


いくつかのMLに入っているが、さっぱりメールが来なくなる。みんな、仕事場からメールしているんだろうな。


仕事はポツポツ。
  1. 2008/12/29(月) 18:28:44|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ボチボチでんなあ

仕事はボチボチ。
神社では新年用の屋台が準備中。
1月のカレンダーで間に合うようになったので、12月のをはずしてしまう。

仕事は30日まで。どうせ用もないので、30の午後診もする予定。つき合わされるスタッフに、申し訳ない。かかってくる電話は、いつまでですか?、ばっかり。30日あたりになると、主治医が休みで流れてくる患者さんがポツポツ。既往歴がわからんし、遠方からわざわざ来るくらいだから、重症例もある。となると、継続診療になる可能性もある。31日、1日、2日・・・・・。毎年、あー、やめときゃよかったか、と思うのを何十年も繰り返している。

送るまいと決めていた年賀状。「計算が間違ってて余った」とかで、妻から残りものが回ってくる。ラベルは以前に打ち出していた。ぺろっと貼って、おしまい。結局は「世間一般」、に押し切られたということか。


長男が帰ってくる。かさばる。うるさい。といっても、ほとんど毎日、外出するんだろうけど。

あー、穴に入りたい。
  1. 2008/12/28(日) 15:09:59|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

海外見聞録

博物館で、友の会忘年会、じゃなかった、海外見聞録という、学芸員が外国へ調査や研究で出かけた時のスライドを見せてもらう。実習室ではなぜか知らないが、いろんな食べ物を作っている。友の会総会の、昼食のノリ。
オデン、魚の煮物、湯豆腐、ミネストローネ、イカ焼きなどなど。
これはシカ肉。ゴボウ、タマネギと炒めて、なんとかという料理になっていた。おいしかった。

DSC06914_20081227225326.jpg
  1. 2008/12/27(土) 22:59:42|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

カニビルと言うんだそうです

スタッフが産地直送でカニを買った。このカニ屋、私が18切符で旅行した時に、電車の待ち時間で見つけたところ。非常においしく、昨年も何回か、送ってもらった。

で、この黒いの。今まで気にしてなかったけど、スタッフが、「これが付いている方が本物でおいしいんですよ」と言う。「カニビル」というらしい。じっとカニを見ていると、「ヒル」の親も見つけた。黒いのは卵らしい。
脱皮直後は当然こんなのは付いて無くって、逆に言うと、付いていると言うことは脱皮から時間も経っていて身が詰まっているとか。ロシア産には付いていなくって、国産のにいっぱい付いているとか。


というのを聞いたり調べたりして、なるほど、と思っていたら、全部ウソらしい。
詳しくはここ

もっともらしい話というのは、信じない方が良いのか。まあ、黙って信じている方が平和、と言うこともあるけど、売る方がこういうゴタクを並べて売っているとしたら、今はやりの「偽装」にもつながるのかもしれない。もっとも、最近は売る方もプロ意識や知識に欠けるので、今日の映画の「ライズ」じゃないが、何がウソで、何がウソじゃないのか、結局は自分でしっかり判断するしかない。
DSC05834.jpg





伝票には、2おち、って書いてあったけど、2本以上足がかけているのもあったように思う。一匹3000円ちょっとだったか。全部足がそろうと、驚くほど値が上がる。

DSC05837.jpg






これが親らしい。黒いのを剥がすと、生まれたての小さな糸みたいなのが出てくるものもあった。
  1. 2008/12/26(金) 21:56:52|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ワールド・オブ・ライズ

やっと、まともな映画にたどり着いた。
そこそこ、おもしろい。80点。
説明してもわからんだろうから、見に行って下さい。やっぱり、役者で選ぶ方が失敗がないのか。
  1. 2008/12/26(金) 21:29:25|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

里親募集

性格は良いので、迷子らしい。
ケガをして搬入されました。さて、どこへ帰ろうか。

どなたか、飼って下さいませんかねえ。(オス、各種検査、ワクチン済み、手術します、食事付けます)

DSC05825.jpg
  1. 2008/12/25(木) 08:27:23|
  2. 仕事:犬猫|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

クリスマス

あっというまに、クリスマス。
病院の音楽用にクリスマスソングをかけたいけど、ちょっと早すぎるかなあ、と思ってたのは、つい先日だった様な気がする。
カレンダーを見ると、この土曜日に「博物館」の予定。はて、なんだっけ?Nature Study を調べると、友の会忘年会。これも、ずっと先のことだと思っていたら、あと3日に迫っている。ナウマン象の下に屋台が出て、飲めや歌えの大騒ぎ、になるのか、ならないのか。すごく楽しみ。

結局、年賀状、まだ書いていない。なんか、もう、どうでも良くなってきた。
今年は送らないような気がしてきた。
病院で本棚を整理していたら、コウモリのハガキの売れ残りが出てきた。年が明けてから、これでも送るか。

DSC05823.jpg






病院のボードに書かれていた。
著作権ムシで掲載。Mさん、ブログネタをありがとう。
  1. 2008/12/24(水) 21:31:53|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

もう、帰れないかと思った

親父の三回忌で、奈良へ行く。ちょっと用事があって、学園前に行く。阪奈道路で帰ろうと思った。カーナビをセットして走り出す。なんか、おかしい。

これ、暗峠やんか。(あ、これ、「くらがりとうげ」、って読みます。)

山でも、引き返す勇気というのはよく言われる。実際、何度もそれが出来ずに、えらい目に遭っている。方向はこっち、距離的に、もうすぐのはず・・・・・。ブッシュで動けなくなってから、引き返す。あわてているもんだから、引き返す時にさらに道に迷って元に戻れない。

カーナビにも、何度も騙されている。一方通行だったり、旧道だったり。

妻は引き返そうと言ったが、どうしようか考えているうちにどんどん車は走る。さらに、この道、一度走っていると勘違いしていた。まあ、ゆっくり走って、夜景でも楽しむか、と思った。

奈良県側は、一方通行で始まる。かなり急。途中でおかしいなあ、と思ったが、引き返すところもない。どうしようか、と思っているうちにかなり走ってしまう。「一度走っている」と思っているので、まあ、ここさえ越えれば、と思ってしまう。まがりなりにも、国道なんだし。
走れば走るほど、道は細くなり、急になる。対向車でも来ればおしまいだろう。やり過ごすスペースなんて、全く無い。不安は募るが、引き返すことも出来ない。ちょっと後悔する。

なんとか、奈良県と大阪府の県境の印を見つけ、「暗峠」の標識を見る。下はなんと、石畳。道は細いまま。が、これを越えれば道は広くなる、と信じていた。

越えたとたん、道が無くなる。見えない。急坂で、急カーブ。車幅は、車一台分。印象的に、30度くらい。まあ、そんな確度ならとても車なんて走れないだろうけど、そんな気にさせる角度。ちらっと前を見れば、大阪の夜景が見える。が、楽しむ余裕なんて、全く無い。
ギアは1速に入れるが、ブレーキに足を載せたまま。走っているのか、止まっているのかわからないくらいのスピードで降りる、というより、落ちる。とにかく怖い。一度でも足をゆるめると、そのまま落っこちそう。
途中で、なんと、対向車。幸い、カーブのところで道幅が少し広くなっていたのと、相手は小型乗用車。なんとかやり過ごす。妻の話では「若いお姉ちゃん二人。迷いこんだんとちゃう?」って言ってたけど、車幅を見るだけで精一杯で、運転手なんて見る余裕はなかった。

zu-1.jpg






これ、某HPから借りた写真。これが国道、って信じられますか?ここはかなり下の部分です。で、これは、大阪側からの写真。私は向こう側から降りてきました。この場所でやっと思い出しました。
国道308号線。
「日本の酷道」に載ってたんだ。

大阪側に降りてきて、人家が見えてくるのに車幅は相変わらず、車一台がやっと。大阪側からなら、絶対に通る気にならないでしょう。
今まで、車で怖い目にあったことも何回かはあるけど、一瞬のことで、まあ、何とかなってきました。今日は、本当に怖かった。途中で休憩しようにも、そんなスペースは全くありませんでしたし。

細い山道で、今度はバイクでで楽しもう、と思うような道は時々ありますが、この道、絶対に、二度と来ることはないでしょう。バイクでも絶対無理です。怖い。

興味がある方は、酷道(国道)308号線で検索してみて下さい。いっぱいひっかっかります。例えば、こんなとことか、こんなとこ。日本で一番、車幅が狭い国道、とか、急な国道、とか書かれているようです。
くれぐれも、車で行こう、なんて思わない方が良いと思います。











  1. 2008/12/23(火) 22:16:04|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

データ整理

昨日は密かに計画していたUSJもあえなく玉砕、映画でも行くかと思っていたが、時間がたつに連れてだんだん外出が億劫になり、M-1グランプリをズルズル見てしまう。それからすることもなく、またまたコンピューターを相手に、コウモリの原稿。
それなりにきっちり書こうと、データを確認すると、けっこう間違いが見つかる。古い会報を引っ張り出す。古いのは「一太郎」で作っている。ファイルが開かない。テキストバージョンを探し出して確認。図が読めない。
会報の初期の頃は、「一生懸命さ」がにじみ出ている。休みごとに穴を捜し、既知の穴はきっちり一ヶ月ごとに調査。キクガシラコウモリ一頭で喜んでいる。
今の会報は、どこへ行きました、キクガシラが50頭いました、で、お仕舞いだもんなあ。

某廃坑。落盤で短くなった。最近、コウモリがいなくなった、と思っていたが、データの整理ついでに、落盤前後の比較をしてみる。見事に、あるコウモリは減っている。逆に、増えている種類もある。ふーん、不思議なもんだ。やっぱり、データというのは、こねくり回さないと見えてこないものもあるらしい。次回の、コウモリの会のネタに使えそうな気がする。博物館の原稿も終わってないのに、次を考え出す。
まあ、研究者なら書くのが仕事だろうからすらすら書くんだろうけど、慣れてないので、四苦八苦。最初の1,2行で何十分とかかる。今年いっぱいは、これで時間をつぶしそう。
  1. 2008/12/22(月) 08:27:32|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

またまた停滞

こないだも、「停滞の1日」って書いたような気がする。

昨日、ホネホネ団から帰ってからずっとコウモリと格闘。いつもは病院に置いてある文献、専門書(と言うほどもないけど)を持って帰り、パソコンの回りに広げる。コウモリの種ごとに文章を書け、とのお達しで、それぞれの文献(これまた、そんなにいっぱいある訳じゃないけど)を引っ張り出し、比較しながら大阪の状況を書く。
ヒナコウモリ?、うん、おもしろかったなあ。
テングコウモリ?、まあ、2,3ヶ所でしか見つかってないので、まあ、らくちん。
で、土曜日はおしまい。

今日も、朝から格闘。
ユビナガコウモリ。とりあえず、大阪のデータを抜き出す。見つかっているのは2ヶ所だけだけど、1ヶ所は今年の夏からなんで、まとめるのは1ヶ所だけ。楽勝かと思ったら、ここ、数年前に落盤して短くなっている。
落盤の前後でデータを整理する。なんか、おかしい。よく見ると、記録が抜けている。会報を見ても載ってない。おかしいなあ。その頃はブログも付けてないし、困ったなあと思っていたら、本家のHPにデータを発見。それを引っ張り出し、記録を訂正して、再び書き出す。
きっちり、毎月調査してる訳じゃないし、生息数も、約100頭だとか、>100とか、きっちり100って書いていたり。
何とか、半日かかってユビナガコウモリ、(とりあえず)終了。

次は、コキクか。これ、けっこうあちこちにいるもんなあ。



USJの年パスを買おうかと、それとなく妻に聞く。
「いらない」の一言でおしまい。


  1. 2008/12/21(日) 12:40:42|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ホネホネ団

午後からホネホネ団。ウミネコの仮剥製を納めて、コウモリの記事について話を聞くつもりでした。また、ちょっと興味があって、タヌキの禿げた皮をこすって疥癬の有無を調べ、いれば標本を専門家に送って同定を頼もうかと思っていました。
たまたま今日は、タヌキがいっぱい並んでいます。ちらっと見た感じでは禿げた子はおらず。さらに、部屋の片隅に積んである処理済みの皮にも、ハゲは見つかりません。どうしようかなあ、わざわざ収蔵庫まで行って探すほどじゃないしなあ、と思い、帰ってコウモリの記事でも書こうかな、と思っていたところ、「浦野さん手が空いてそうですね、シカなんていかが?」、って団長に言われました。

流しに、黒っぽい物体。よく見ると、シカの子供、たぶん新生児でした。溺死していたのを回収したらしいです。腐りかけで、皮は保存不可能。骨だけ取る、とかで、大まかな分解を頼まれました。仕事を離れてからも白衣を着るのがイヤで、ホネホネ団に行っても白衣は着ません。いつもそのままの服装。いけませんねえ、悪い子ですねえ。
おかげで、解剖が終わる頃には、体中、ヘンな臭いが移りまくっていました。今度からはきっちり服を着ます。反省。

でも、みなさん、黙々ときれいに皮むきをしておられました。このシカは皮を残す必要がなかったので引き受けましたが、剥皮からきっちりする解剖は、ここんとこ、さっぱりやったことがありません。老眼で見にくいし、とにかく根気が無くなりましたわ。これまた、反省。

DSC05819.jpg






やけに白いアライグマ。変わってる。

DSC05774.jpg






こないだもらったアライグマ。手術の練習と、局所解剖の実習に使わせていただきました。骨を削ったので骨格標本には出来ず。けっこう大きな子で、骨にしてもりっぱだったろうなあ、と思いました。
せめて、頭骨だけでも置いておけばよかった。反省。
  1. 2008/12/20(土) 21:39:44|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

踏んだり、蹴ったり

パソコンの「G」が飛んでいった。どうも、ネコに踏まれて、どこか、ひっかかりが折れたらしい。そっと押す分には問題ないが、ちょっと力を入れると、はずれてどこかへ行く。このコンピューター、一番新しいの(といっても、2年くらいにはなるか)。今までメインで使っていたのが瀕死状態で、メインのコンピューターに昇格させたところ。ネットで調べてみるが、メーカーでは一文字だけ売るなんて事はしないらしい。こんなんでキーボードごと交換?あほらしい。とりあえず、トナリとテープで留める。

歯が痛む。こないだ治したところの歯。何年も前から痛んでいたが、ダマシダマシ先延ばしにしていた歯。おそらく、中学生くらいの時に治療し、詰め物をしていたが、その奥で歯髄感染を起こして、ろう管を作って排膿した。診てもらうと、歯が十字に割れているという。本来なら抜歯だが、何とか残す方向で頑張ってみます、といわれ、感染をコントロールしつつ洗浄し、金冠をかぶせた。いつだっけ?3,4ヶ月前だったか。歯痛というのは放散して(?)どの歯が痛いのか、はっきりわからない時もあるが、どうも、その歯が怪しい。あーー、うっとうしい。今度行ったら抜歯だろうか。行きたくないなあ。
お医者さんって、怖いもんなあ。

  1. 2008/12/19(金) 20:22:23|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

停滞の1日

うーーん、行きたいところはあったけど、資料をまだ揃えていないし、京都なんで、寒そうでやめた。モンベルクラブの、継続の案内が来る。以前、シュラフと一人用のテント等々を買う時に入会した。ポイントを使いつつ、上手に買ったつもりが、600点残っているという。600円分、もったいないので、某所のモンベルへ行く。600円の物を探すが、たいした物がない。靴下でも、軽く1000円を超える。さんざん探して、1800円の本を一冊買う。山で迷わぬように、コンパスと地図の見方、てな本。さあ、役に立つかどうか。

博物館から、コウモリの原稿依頼が来る。前は、文献だけ渡したらやってくれるって言ってたのになああ。ヒマなんで、すぐに試作品を送ると、仕事が早いのに感心してくれて(だいたい、この手の出版物の原稿というのは、普通は期限をはるかに過ぎてから集まるものらしい。担当者はいかに早く書かせるのかが仕事らしい。)、余分な仕事まで振ってくれた。そんなのも私が書くの?まあ、Wさんより、いくらかはコウモリのことは知っているかもしれないけど、ほとんどが聞きかじりで科学的根拠のない話もあるんだが。まあ、最後の責任は出版側に押しつけるとして、気楽に書いてみるか。

朝一番には、USJへ行く気満々だったけど、なんだかんだ雑用をして原稿を書いているうちに時機を逸した。午後から天気もよくなり、ヒマになったと思ったら、妻は一人で遊びに出かけた。ポチ、タマと留守番。次の原稿でも書くかなあ。

DSC05794.jpg






何の脈絡もないけど、患者さんに頂いたイチゴ。座布団を敷いている。
すごく、おいしかった。
  1. 2008/12/18(木) 15:12:25|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

切れかけた

某医薬品の許可書を、府庁に取りに行く。なんでわざわざ取りに行く必要があるんだろう?送ってくれればいいのに。確かに、重要な許可書なんで、送る途中に紛失でもしたら困るのかもしれないが、書留とか、それなりに方法はあると思うが。
申請の時も、わざわざ持っていった。これも、窓口で、ハイ、って渡すだけで、5秒の仕事のために、電車代も時間も使ってわざわざ出かけた。

で、今日にそれをもらいに行ったわけだが、これも5秒の仕事。書類をもらって、受領書にハンコを押しておしまい。で、帰ろうと思うと、「今度は、今の(というか、期限が切れる)許可書を返しに来てねえ」、といわれる。え、そんなん、聞いてない。こないだの、「取りに来い」の書類にも、そんなこと書いてなかった。

「何で一度に言うてくれへんの、言うてくれたら、今日に一緒に持って来たのに」って言うと、「今の許可書は12月31日までのもの、それまでに返却されると、今から31日まで許可が無くなるでしょ?」、って言われる。ほんなら、新許可書を来年に、古い方を返すついでにもらって帰れば、と思うが、そうすると、1月1日から新許可書をもらうまでの許可が無くなるのでダメなんだそうな。

まあ、理屈は理屈だけど、融通がきかんなあ。

古い方、来年に書留ででも送ってやろうかな。聞くと、絶対、ダメといわれるので、今日は聞かずに帰った。病院で書類に目を通すと、「提出する」とは書いているが、「持ってこい」とは書いていない。郵便で「提出」するのも「提出」なんじゃないかな。

ちなみに、提出期限は1月15日まで、なんだそうな。それを過ぎると、始末書がいるらしい。返却がめんどくさいので、「破棄した」、「無くした」てな事を言っても、それなりに、「無くしました」書類がいるらしい。
  1. 2008/12/17(水) 20:57:50|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

パラダイス

ミクシーをやめて、コンピューターをつつく時間が減った(減る)と思ったが、逆に見る場所が固定化しないだけで、結局は同じ時間、コンピューターをつついているような気がする。
でもって、そんなこんなで、こんなページを見つけた。

日本全国、しかも手慣れた(?)報告。どうも、「プロ」の方の、ページらしい。

1日ではとても読み切れません。
  1. 2008/12/17(水) 00:50:45|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

世間はクリスマス

世間はクリスマス。
こないだ行った、ディズニーランドもクリスマス一色。
USJからハガキが来る。昔、年パスを持っていた人は、半額で入場できるらしい。ついでに年パスを買ってもらおうという趣旨だろう。なぜか知らぬが、USJのクリスマスは来年まで続く。節操がない、というか。

休日を家で過ごすことが多くなっている。
また年パスでも買うかなあ。

DSC05796.jpg
  1. 2008/12/16(火) 08:09:33|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

遺言

先日、苦労しながら写真を切り貼りして作りかけたけど、作っている横から妻に文句をゴチャゴチャ言われて切れて、もうやめた、の、年賀状。娘がサンプルを作ってくる。それに私の写真、妻の写真を載せて完成。趣味が違うというか、センスが違うというか、へそ曲がりだからか、どうも気にくわない。私個人の年賀状はいつだったか、ここに載せた、ムササビかカメにしよう。もらう方はいずれにしても、おもしろくないだろう。

友人から、いくつか喪中ハガキが来る。お父さんが亡くなった、とのハガキが多い。そんな年になったんだなあ。

うちの親父が亡くなって、もうすぐ二年。来週、三周忌をする事になっている。
もう、親戚は呼ばずに家族だけで静かにするつもりが、ある親戚から文句が来て、なんだかんだで「派手」にする事になってしまった。いわく、一周忌というのは残された者のためではなく、亡くなった本人のためにするもんなんだそうな。親父はこういうの、大嫌いだったから、生きていれば一周忌なんてやらなかったと思う。(って、なんか論理がおかしいか。当然、生きていれば無いですよね。)
伯父も昨年に亡くなっていて、それまで滅多に会わなかった親戚と、伯父の通夜、葬式、49日、一周忌、親父のその手の行事と、急に会う事が多くなった。まあ、その名の通り、血を分けた親戚というか、いくらかは似通ったDNAを持っているんだろうけど、それまで滅多に会わなかったのに、急に「一族の結束」というのも、しらじらしい(って、ちょっとニュアンスが違うかなあ)。

いつかは私の番。息子、娘に迷惑をかけぬよう、しっかり、そういう儀式はヤメにして、どこそこの穴に骨を撒いておしまいにするように遺言しておこう。
  1. 2008/12/15(月) 00:52:15|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

今日の出来事

いつも、病院には8時前、早ければ7時30分頃に行く。メールをチェックしたり、返信したり。いくつかのアンケートサイトにも登録しているので、それらに回答したり。仕事が始まる前に一仕事、って感じ。

今日はウミネコを持参。1ヶ月飼育していたが、残念ながら死亡した。剖検と、仮剥製を作らないと。冬とはいえ、長く置いていると腐ってしまう。午後から研究会があるので、朝の時間を使って仮剥製を作る。ある程度大きいと、思い切って腹部を開けられるので、仕事が早い。また、この子、最初からガリガリに痩せていて、やや持ち直したけどやっぱりヤセッポチ。皮下脂肪がないので、それを取る必要もなく、よけいに仕事がはかどる。

肩をはずそうと思って筋肉を切開すると、腐った骨が出てきてびっくりする。かわいそうに、こんな事になっていたんだなあ。これじゃ飛べるはずもない。元気だったんで、レントゲンで経過を追う事はしなかった。オスメスを調べようと思って腹部を開けて、さらにびっくりする。腎臓がひどく腫れている。こんなひどい状態、見るのも初めて。よく生きていたもんである。

この子にとって、この1ヶ月は何だったんだろうなあ。最初の段階で安楽死してやるべきだったか。でも、かすかではあるけど、治る方に期待をかけていたんだが。


昼から、大阪駅の近くで研究会。症例発表会。まあ、それなりに刺激をもらってきました。

あちこちのビルに、クリスマスツリーや、デコレーション。昨日の中之島より、よほどきれい。品がある。

というような日記を書くのがブログなのか。
読む方は、ちっともおもしろくなさそう。
  1. 2008/12/14(日) 21:49:38|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コウモリ調査

そもそも、ブログを始めたのは日記代わり。ただ、HPにも同じ事を書いているので、重複して書いたり、書かなかったり。最近、物忘れが多いので、健忘禄がわりに、こちらにもきっちり日記を残しておこう。読まれる方は、さっぱりおもしろくないと思いますが。

本日、仕事は休みで、Kさんの車でM市の廃坑調査。私は蛾の採集、Kさんはカメラの回収。コウモリは前回より減少。テングコウモリ、見つからず。
駐車場所近くにあった、青空市場で、野菜を購入。妻に、何を買おうか相談しようとするが、圏外で繋がらず。

帰ってすぐに、蛾を着払いで送る。黙ってオオゲジを入れておこうと思ったけど、採集を忘れる。残念。

夕食後、中之島のイルミネーションを見に行く。阪神高速代を奮発し、親父の会社へ車を置こうと思ったら、社員さんが仕事していて駐車場所がない。こんな商業地なんで、夜はほとんどどこも無人だし、駐車違反も来ないだろうと思いつつも、路上に車を置いておくのは不安。仕方なく、コインパーキングへ置く。自転車を積んでいったので、移動は楽チン。
イルミネーションは、がっかり。高速代(片道)、駐車場代1000円。元は取ってないなあ。
  1. 2008/12/13(土) 18:05:37|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

落下の王国

とにかく、見る(見たい)映画がない。そこまでしてみる事もないんだけど、時間つぶしに上映スケジュールを見ていると、「落下の王国」というのが目に付く。けっこう前から上映していたようだけど、気が付かなかった。宣伝も見た事がない。CGじゃなく、実際にその場で撮影したらしい。それこそ、世界中で。まあ、大きなはずれもないかと思って、見てみる事にする。

なんやら、よくわからん。

40点。
  1. 2008/12/12(金) 22:02:29|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

免許

免許の切り替え。いつもは近くの警察でやってるが、今日は休みをもらっているが予定がないので、即日交付に行ってみる。
早く行けば早く終わるのかと思って9時前に行くが、すごい人。みんなおなじことを考えているのか。結果的には昼前に終わったので、まあ、間違いでもないのか。でも、帰る頃は窓口もあまり並んでいなかったんで、昼からでもよかったのか。

運転試験場があるのでその見学でもして時間をつぶそうと思っていたけど、見学する場所は見あたらなかった。ちらっと見たところ、車も走っていなかったけど、時間の都合か。

実は、私の免許は、兵庫県で、飛び込みで取っている。私が大学生だった頃、自動車学校は時間がかかって、「夏休みに郷里で取る」というようなやり方では間に合わなかった。友人が、直接警察で取る、と言ってたので、一緒に取る事にした。どういう訳か、自動車学校では正規の生徒以外に、こういう「飛び込み受験」用にも教習はしていて、これはほとんど毎日、練習させてくれた。また、兵庫県の方が毎日試験しているし受かりやすいという話があって、住民票を友人の家に移して、兵庫県民として須磨だったか、どこか(受験地を、忘れてしまった)へ、通った。

兵庫県の運転試験場は、場内に池があるような広い敷地、だった。初めての試験では、その外周道路で車がふらついて、はい、おしまい。大阪の狭い自動車学校では、そんなスピードを経験できるはずがない。試験では、減点が一定を越えるとスタートに戻らされる。ほとんど、試験らしい試験にならずに終わってしまう。コースの最後まで走れれば、合格の可能性が強い。

毎日、試験場に通っていると顔なじみなんかも出来、「今日で何回目」、てな会話になる。結局、数回で受かったんだったか。時間的には短かったけど、精神的にはしんどかったなあ。仮免許を取ってからは、親父の車に、「仮免許練習中」の自作の看板を付けて、町中で練習。あの頃は時々そういう車があったけど、今じゃ自動車学校以外の車でそんな事をしているのは見ませんね。
結局、費用は安かったのかどうか、よく覚えてない。








何の関係もないけど、最近、写真もなく寂しいので、コウモリの写真でもどうぞ。
  1. 2008/12/12(金) 15:24:46|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

コンピューターの機嫌取り

病院の、メインのコンピューターが調子が悪い。昨日だけで、何回、再起動をかけたか。最後は、ジージー言うだけで、青息吐息。データ管理をこのコンピューターで行い、ネットワークを組んだ他の2台のコンピューターとともに仕事をしている。何故かわからぬが、3台でファイルを共有しているはずなのに、WIN98からXP、VistaからXPは読めても、98とVistaが知らん顔で、言葉が通じない。本当は、一番新しいVistaをメインに持っていきたいのだが、Vistaと98がうまく繋がらないので、XPを酷使してきた感じである。98とvistaは相性が悪いんだろうか?そもそも、98をいまだに使っているのが間違いか。でも、この子も満身創痍ながら、何とか生き残っているのでかわいい。むげに、さいなら、というのはかわいそう。
さらにいじくってみると、Vistaは98を読むが、98がVistaを読めず、XPの仲裁が必要、てな感じ。VistaのWordやエクセルはバージョンが新しいので、こっちで作ったファイルは98は読めないし、不便きわまりない。

XPをリカバリーしてみるか。(リカバリーしたところで、相性はかわらんだろうが。)どうも、印象的にはもっと中枢(ハードディスク?)がおかしいような気がするんだが。

今日も朝から、ネットワークで四苦八苦するんだろうか。ああ、気が重い。
  1. 2008/12/11(木) 08:18:16|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

結局、その時間も、何もしていないのであるが、

ミクシーをやめると、夜がヒマになる。よほど、ミクシーばっかり見ていたんだなあ、と思う。ヒマにはなったが特に困っていないので、それにかける時間は、無駄な時間だった、ということか。まあ、暇つぶしが無くなったと言う事では「困った」ことなのかもしれないが、実害はないわけで、そういう意味で「無駄な時間」だったのかもしれない。
ミクシーを見ていると、どうしても突っ込みたくなる記事がある。つい発言して、それに予想外のRESが来ると、ああ、黙っていればよかった、と思う事もしばしばあり、これもやめた原因。

現在、ほぼ毎日のぞいているHP、ブログは数カ所。街を歩いていて、塀に穴が空いていたらのぞきたくなる(って、そんな状況はマンガだけか)のと同じで、一般公開されていて何かのきっかけで見はじめたHP、ブログというのは、そう簡単にはやめられない。知らなけりゃ知らないで終わっていたのに、知ってしまった以上、ちょっと気になる、という事か。これらも、ずいぶん減らしたつもり。むかしはもっとあちこち、読んでいたなあ。

ちなみに、(前も書いたと思うが)私のHP、ブログに来られる方は、毎日100人ちょっと。ここんとこ、驚くほど、変化がないみたいです。あくまでもブログというのは自分の覚え書き、とかなんというのは表向きだけであって、さすがに、(どなたか存じませんが)これだけの人が読んでいると思うと、書けない事もいっぱいある。本当は、日常から離れて、もっと過激な発言もしたいんだけどなあ。患者さんにブログの事を言われてあわてる事もあるので、よけいに、特に仕事の話は書きにくい。
  1. 2008/12/11(木) 00:14:02|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

迷惑メール

迷惑メール。ウイルスバスターを使っていた時は自動的に振り分けてくれていたが、アバストに変えると、そういう機能は付いていない。とたんに、迷惑メールが目に付くようになる。以前、POPfileというのを使っていたが、メールを取り込む前に分別する仕組みで、メール設定が若干変わる。いつだったか、設定を元に戻すのに苦労した記憶がある。メールを受けられないというのは、まあ、本当はどうでもいい事なんだろうけど(実際、残すメールなんて、数えるほどもない)、女子高生の携帯メールじゃないが、なんか不安。とりあえず、せっせと自分で分別するか。
  1. 2008/12/10(水) 00:28:31|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

大掃除

12月は大掃除、らしい。スタッフが手分けして、あちこち掃除している。
2階の物置、というか、本箱。古いカルテが積んである。3年来院がなかったら、いったんカルテ棚から移動している。それからさらに3年来院がない、すなわち6年経てば処分してもいいかなあ、と思っている。
確か、人でのカルテ保存の法的期間は5年だっけ。現実的には、かなり長い間保存していると思うが。獣医師のカルテ保存期間が決まっていたかどうか、記憶がない。が、人とは寿命が絶対的に違うので、まあ、数年も経てば半分くらいの子が寿命を迎えてるんじゃないか。もちろん、興味がある症例は破棄する事はしていない。

亡くなった子は、別にカルテをファイルしている。これも、普通に寿命で亡くなったような子は、カルテの保存は不要な気もする。いるもの、いらないものを分けていく。「壮絶な死」を迎えた子ら。カルテを見ると、当時の事を思い出す。今なら別の治療法、別の薬もあったのに。今なら手術しただろう、と思う事も多々ある。

いちいち、一枚ずつカルテを眺めていると、さっぱり整理が進まない。
  1. 2008/12/09(火) 00:50:59|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

当選確率

先日の演奏会、クリスマスプレゼントで、20名にワイン、と言うのがあった。座席で当選発表があり、二つ隣の人が当たっていた。ディズニーランドでのあるショーは抽選で、妻はその抽選で当たった「実績」をひっさげて、このワインももらうつもりでいたらしいが、近くまでは来たけど当たりはしなかった。

いつだったか、神戸のルミナリエに行った時、スクラッチくじを売っていた。5枚買ったんだったか。削ると、一枚に何かの模様が並んでいる。その日、老眼鏡を忘れていて、くじに書いてある細かい字がさっぱり読めない。夜なんで、余計に解読できず。とはいえ、絵柄が並んでいるんだから当たったんじゃないかと思って交換窓口へ行くと、50円だか、100円だかを渡されておしまい。末等で、みんなもらえる分だったらしい。

町中を歩いていると、年末何とかくじがあちこちで売っている。大阪のあるところでは行列まで出来ている。当選確率はきっちり、数字で出てくる。そんな確率なら、車に当たったり病気になる確率の方がずっと高いんじゃないか。買わなければ当たるはずもないけど、当たる気もしない。

そういえば、知り合いで、ロトにはまっている人がいた。いわく、当選の数字には法則性があるそうな。今回は「引き戻し」で何の数字が来たので、次は何だとか、なんやらむつかしい単語がいくつも出てきて理解できなかった。理解できたらすでに大金持ちか。法則性があればクジじゃないようにも思うんだが。

全員に100円か、抽選で1万円かという、アンケートがあった。子供の一人は100円をもらい、一人は抽選を選んではずれた。なんとなく個性が出ている様な気がした。
私?、昔ならすぐに抽選を選んだと思うが、今なら100円かなあ。

  1. 2008/12/08(月) 08:12:58|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

鳥の名前、ねえ・・・・

淀川で、鳥の会の観察会。今日の日曜日は休みだったので参加できました。
観察会の目的は、

「ホオジロ識別研修」
内容:12月と1月に分けて、大阪で越冬するホオジロ類7種の識別研修を行います。その後、大阪府のホオジロ類越冬状況を調査する予定です。第1弾は、ヨシ原周辺で見られる5種を狙います。

だそうです。とりあえず、ここではホオジロ、ホオアカ、カシラダカ、アオジ、オオジュリンを識別できるように、とのお達しです。

鳥なんて、昆虫に比べればはるかに種類が少ないので、すぐに覚えられるかと思って始めましたが、昆虫というのは手にとって調べられるんですね。反面、鳥というのは動くし、飛ぶ。そこんとこに気が付いていませんでした。水鳥はまだ呑気にプカプカ浮いていてくれるからいいけど、山の鳥は動き回るし、似たような鳥も多くてとても覚え切れません。また、鳴き声で、「何々」と、いう人が多いけど、声となると、さらに難しい。帰ってネットで調べようにも、どんな声でどんな鳴き方をしていたかなんて覚えられないし、記録と言っても、鳴き声をどう表現したらいいのか。

ホオジロ類だけじゃなく、淀川水系の水鳥の調査も始まっているらしい。春に数カ所行った調査の冬番。こっちは、幸か不幸か、研修会に参加しなかったので調査地はもらわず。たいへんなんで、担当をもらわぬように、こっそり逃げ回ろう。


  1. 2008/12/07(日) 21:51:14|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ
【楽天市場】本・雑誌・コミック