FC2ブログ

毎日の院長 改め、日々雑感

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

天気予報

うーーん、晴れてるなあ。天気予報は90%雨なんだが。たしかに、9時頃、ちょっと降った。予報は午後から大雨。
某所での、穴の情報を仕入れる。普通の場所なら、雨でも調査はするのだが、仕入れた情報から考えると藪こぎが必要らしい。雨では、藪は、つらそう。朝早く出ていれば、昼までに調査が終わっていたかもしれないが、急患の電話が入っていて、午前中、動けず。
貴重な休日だが、結局、停滞の1日か。

なんか、もったいない。
穴の禁断症状かな。こないだ、入ったところなのに。


と思っていたら、昼前からかなり降ってきた。
出かけなくって、正解だったか。


何年か前、コウモリを始めた頃は、古文書みたいな郷土史を読みながら穴を捜したり、地質図の鉱山マークから山中をさまよって穴捜しをしたりしていた。その頃は休みが日・祝日しかなかったので、雨でも何でも出かけていた。
知り合いから、穴の地図をもらった。だいたい、人の地図というのは、本人しかわからない事が多い。何の目印もない山中なので、簡単にわかるはずもない。山中をさんざん、さまよった。冬の寒い日で、最初は違う沢を探し回っていて、地図にあった穴を捜し当てた時は夕方になり、吹雪になってきていた。穴は10mほどで終わり、コウモリ的ではなかった。調査していて、こんな試掘坑や、埋められた坑道はいっぱい見てきていた。そういうところは、もう2度と調査の必要ない、「いい穴」とも言える。ここも、そのうちの一つになるはずだった。

帰って地図を確認すると、「これの上にも一つ穴がある」と書いてある。天気が悪いのと日が暮れてきたので、穴を一つ見つけて安心して、そこを見落としていた。同じような穴の感じでコウモリはいないだろうと思ったが、一応、再確認しておく事にした。

後日、天気のいい時に再調査。今回は迷う事もなく、すっとたどり着く。予想通り、どちらの穴にもコウモリはいない。さて、帰ろうか。ここは、もう調査に来る事はないだろうな、と思いながら斜面を眺める。
なんとなく、気になる。時間もあるし、ちょっと登ってみる。別の穴が見つかる。さらに、埋められた坑道や、ズリ山も。最後に、大きな坑道を発見する。ここが本坑らしい。入ると、コウモリがいっぱい。
結果的に、キクガシラコウモリが繁殖する、(今のところ、)大阪最大の生息地の発見、と言う事になった。

こちらにしてみれば非常に感激する出来事ではあるが、コウモリ的にはすごく迷惑な事、か。

  1. 2008/11/24(月) 10:37:56|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
【楽天市場】本・雑誌・コミック