毎日の院長

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

都会の落とし物4

こんなのが、住宅地の中を歩いていたらしい。
ここはガラパゴスか。

DSC03452_20080830204429.jpg




甲長50cm、体重6kg。
あ、右の子がそれです。ケヅメリクガメ。

左の子はヒョウモンリクガメで、3kgくらいかな。病院の看板カメ。落とし物では、ありません。
  1. 2008/08/31(日) 20:55:50|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

都会の落とし物3

落とし物、らしい。回りまわって、うちに来ました。
こんなんがいっぱいほかされると、都会中、こんなカラフルなヘビが走り回るんですかね。

DSC03429.jpg






あ、名前は、カリフォルニアキングスネークです(よね)。
で、この子の食事。

DSC03421.jpg






ちなみに、都会の落とし物1は、ボールパイソン。2は、ロシアリクガメ。
ニワトリ、モルモット、ハムスターなんかは、番外。
  1. 2008/08/30(土) 20:38:14|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:9

ほとんど、遭難

いつも不安な穴。とか何とか言いながら、もう数回は往復している。目印のヒモも増えている。前回、「要するに尾根ばっかり歩けばいいんだ」と、悟った(つもり)。今日は大丈夫だろう。

取り付きの斜面。ブッシュがひどい。ほとんど道が見えない。まあ、尾根にあがってしまえばわかるだろう。予想通り、そこさえ過ぎると、見慣れた道と目印が出てくる。所々、下草が育って道が無くなっている感じではあったが、「尾根だけ歩く」と、また道が出てきて、無事、目的地に到着した。前回、夜中にヒモを張った感じではせいぜい数百mから、1km弱の距離。わかれば楽勝。

さて、帰ろうか。
目印と記憶と地形を頼りに歩き出す。以前、すごく迷った覚えのある風景。あの時、こっちへ降りてたいへんな目にあった。当然こっちだろう。目印のヒモが、あちこちの木にぶら下がっている。その順番通りに歩く。目の前が広がる。あれ、ここ、調査地。また一周回って元に戻っている!!!

慎重にもう一度、歩き出す。磁石を出す。ありゃ?赤いのは北だっけ?南だっけ?
西へ歩くつもりが、どうも、南へ歩いている感じ。でも、このあたりはヒモを間隔狭くぶら下げたので、間違いはない。
また、見覚えのある場所。これをこっちに行くと元へ戻る。磁石から考えても、こっちだろう。こっちが尾根筋だし。

道みたいな感じもあるので、印はないががむしゃらに歩く。一瞬、遠くに電波塔が見える。うん、方向は間違いない。あと、せいぜい2,3百mだろう。こっちの斜面を下れば、道路に出るはず。と思うが、ブッシュはさらにひどくなり、とても歩けない。なんやら、トゲトゲの草があちこちにひっかっかる。手にしていた虫取り網、見るも無惨に穴だらけ。
仕方なく、もう一度尾根を目指して登り返す。しんどい。

なんとか、ヒモを見つける。が、その先がわからない。道なんて、どこにもないぞ。
そういえば、あちこちの木をあまりにもヒモだらけにしてしまったし、印が人を呼び込んでコウモリが生息地を放棄するなんて事になったら申し訳ないので、前回、印の数を減らしたんだ。また、私自身、毎回、全く同じ所を歩いている訳じゃないので、印も2,3のルートにデタラメに付いている。

最後と思われるビニールヒモから、磁石で方向をつかむとどうもこっちらしい。えいや、でまた、ブッシュに入り込む。ちょっと向こうに開けた場所が見え、ヒモとビニールテープを発見した。今度こそ間違いないかも。

結局、1時間くらいもさまよったんだろうか。恐ろしかったんで、長く感じただけか。靴もズボンもドロドロ。腕は傷だらけ。
なんで、どこで迷ったのかはわからずじまい。今度からは面倒がらずに、やっぱりテープを張りながら歩こう。

あ、おそらく、普通の人が歩けば、迷うところもない道なんだと思うんですけど。方向音痴と優柔不断で、迷うはずのないところを全く逆に歩いているんでしょうねえ。
迷っている時も、一瞬、電波塔が見えたり、山麓の風景が見えたりで、方角だけはわかりました。でも、あんなブッシュだらけでは、方角がわかっても歩けませんねえ。さらに、ブッシュや樹木が茂ったところでは結局方向を失って、堂々巡りしそうな気がします。


そうそう、この調査地、逆側から登れば、もっと楽なんだそうです。ただ、民有地があるとかで、許可がないと通れないらしいです。


はー、参った。


  1. 2008/08/29(金) 22:40:35|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

安住の地

うちの看板亀が、転がっていた段ボール箱に顔を突っ込んでいます。
うーん、入れるはずがないのに、わからんのかなあ。
実は、

DSC03418.jpg






ポチに寝床を取られたためのようでした。
DSC03417.jpg






やっぱり、ここが落ち着く。
DSC03423_20080828092353.jpg
  1. 2008/08/29(金) 20:56:15|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

8月29日

お昼に犬の散歩へ行くと、やっぱりピーピー鳴いています。
巣をのぞこうとすると、道路の向こうからヒナが飛んできて、歩道におりました。ついで、へんなおっさんも付いてきます。
この巣から飛び出したヒナが、十分飛べないのに道路の向こうへ行ったり、こっちへ戻ったりを繰り返していて、親も二羽でその後ろを追い、さらにヒナの心配したおっさんが後ろを付いているのだそうです。それなりの知識は持っているらしく、捕まえたりはしませんでした。「メジロやヤマガラやったら飼うんやけど、ヒヨドリなんてなあ」、って、言ってました。
「まあ、ほっときましょうや」で、おっさんと別れて道路を渡ると、向かえの街路樹に、巣立ったヒナが一羽止まり、ピーピー鳴いていました。

散歩の帰りに、ヒナのいた街路樹を観察しましたが、ヒナの姿も声もありません。
巣のある街路樹に戻ると、ヒナが巣の上に二つ見えます。うーーーん、いったん巣立ったヒナが巣に戻ったんでしょうか?
2006年に観察したヒヨドリでも、同じようなことがありました。
ヨソの店の前ですし、人通りも多いのでしばらくしてその場を離れました。

その後、シトシト雨。親の姿は見ず。
さて、ヒナたちはどうしているんでしょうね。

DSC03439.jpg






DSC03434.jpg
  1. 2008/08/28(木) 20:52:13|
  2. 仕事?野鳥|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

8月28日

28日、犬の散歩に出かけると、病院のすぐそばでピーピー、って聞こえます。近くにはヒヨドリの姿。
ご想像の通り、すぐ近くの街路樹でヒヨドリが繁殖したようです。で、ちょうど巣立ちの時期で、巣からヒナが出たところのようでした。
DSC03431.jpg





写真には写っていませんが、このすぐ右側に、ヒナが止まっていました。巣の中にも一羽いるようでしたが。
  1. 2008/08/28(木) 20:32:03|
  2. 仕事?野鳥|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

結局、博物館に

バンディング時に、骨折させてしまった子ら。
キクガシラコウモリは翌日に、ユビナガコウモリは2日後に亡くなりました。残念、申し訳ない。






展翼の仕方(度合い)がちょっと違うけど、何となくキクガシラが幅広で、ユビナガは細長い、ってわかるでしょうか。
  1. 2008/08/27(水) 22:04:11|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

腹減った

朝に、流しの前で用事を始めると催促に来る。
腹、減った、って。
DSC03321.jpg
  1. 2008/08/26(火) 13:03:03|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コウモリ捕獲許可

環境省から、兵庫県全域でのコウモリ捕獲許可が出た。正確には、知り合いが主担者として申請し、私は共同研究者という形である。兵庫県から一般種の捕獲許可は数年間もらっていたが、全域での許可は出ず、さらに、担当者が変わったり、申請書類の様式が変わったりで、毎年、更新するのが苦痛だった。餅は餅屋というか、この手の申請に慣れた人だったので、また、それなりの実績があるからか、環境省を相手に、カスミ網の許可までもらったという。私が初めて許可をもらおうとした時は、だいぶん電話でやりとりし、博物館の館長の推薦状まで付けさせられたのに。

今までは普通種だけを相手にしていたので、テングコウモリを見つけてもさわることすら出来なかった。今からは、(兵庫県に限ってだが)テングコウモリもきっちり調べられるかも。

DSC05450.jpg









こんなのも、貸してくれるらしい。
大阪でヒナコウモリの捕獲許可を環境省からもらった時は、こんな「サービス」、なかったぞ。
DSC05452.jpg

  1. 2008/08/25(月) 20:56:53|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

動物園状態に

なんか、部屋の片隅が動物園状態になっている。

オカメ・病院では、なかなか遊んでやれないので、連れて帰ることに。
ハムスター・飼育放棄された子を引き取りました。
アブラコウモリ・保護で来た子。ペット化しつつあり。早く飛んでくれないかなあ。
ツバメ・もうすぐ放鳥予定。
キクガシラ、ユビナガ・たいへん申し訳ない。バンディング時の事故で骨折・・・・・。


  1. 2008/08/24(日) 21:31:23|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

野球

別に、野球が特に好きな訳じゃないが、新聞報道や星野さんの話を聞いていると、日本の野球は普通にしていて金メダル、というような印象だった。これまた国粋主義でもないが、やっぱりヨソの国が勝つことよりも、日本が勝つ方が気分は良い。特に、ソフトボールの、上野さんの3連投、400球てな試合を見せてもらったあとだけに、ちょっとは気になっていた。昼休みにちょっとネットをつないでみたら、見事に負けていた。

岩瀬が打たれた?上記の通り、野球ファンでもないので岩瀬がどこの人かは知らないが、予選の時も岩瀬がこてんぱんに打たれていた様な気がする。
GG佐藤、って、誰?まあ、エラーも失敗も(あ、同じ意味か)いろいろあるだろうけど、あんな見事な落球もめったに見ない。

試合にかける意気込みというか、気合いがヨソの国と違うんだろうなあ。どうも、勝つ気というか、やる気というのが見えてこなかった。どうせ負けるなら、アマチュアを送り込んだ方が国民の見る目も違っただろうに。

まあ、結果論で話をしていても仕方ないけど、日本の野球のレベルはこんなもんです(優秀な人はみんなアメリカへ行くし)、勝てるかどうがわかりませんけど応援して下さい、てなスタンスで参加していれば、こっちもそんなに期待はしなかっただろうに。

今晩のアメリカ戦?まあ、明日の新聞ででもわかればいいや。
  1. 2008/08/23(土) 08:13:54|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

脱皮

足の皮が、脱皮が始まった。9日の、淀川花火の日に焼いたところ。焼き具合が違ったためか、右足だけが黒くなって、皮が剥ける。前回はいつだったか、全く記憶にない。おそらく、小学校以来か。ついおもしろいので、引っ張って剥がしてみたくなる。これって、無理して剥いてもいいんだっけ?
どれだけ大きな面積で皮が剥けるか、兄弟だっけ?友人同士だっけ?で、競い合った様な記憶があるなあ。
  1. 2008/08/23(土) 07:47:13|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

さて、どうなったのか

巣はカラ。
8月12日には、親は巣に座っていました。18日には、ヒナがいました。
巣立ちまで、ざっと15日らしい。12日に孵化していたとしても、巣立ちは27日?もっと前に孵化していたのか。
巣の下を見ても、羽根が散乱する、等の異常事態は確認できませんでした。

まあ、巣立った、と言うことにしておきましょうか。
なんか、あっけない結末。もっとも、毎日観察していた訳じゃないし、1日のうち、2,3分見ていただけなんで、巣立ちに合う方が奇跡的だったのかも。
DSC03358.jpg
  1. 2008/08/22(金) 21:22:37|
  2. 仕事?野鳥|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

大麻か雑草か

相撲取りが大麻を吸っていたとかで、ニュースになっている。
実は、私も大麻を吸ったことがある、んだろうか?

大学生の時は喫煙していた。北海道の喫煙率は非常に高く、当時、(うちの)大学生の7割か8割くらいは喫煙していたんじゃなかろうか。いや、もっと高かったかもしれない。吸わない方が珍しかった。
田舎に住んでいる友人が、夏に帰省した時、裏山で採集してきたという葉っぱを3枚ほど持って帰ってきた。彼が言うには大麻草だという。山に行くとどこにでもはえていて、お父さんが持って帰ってきたのだという。すでに乾燥していた。

友人数名とその葉っぱをもみ崩し、ほぐした普通のタバコの葉と混合してもう一度、タバコの紙に詰め込んだ。いきなり警察が来るはずもないのに、みんなひそひそ声で、部屋に鍵をかけてコソコソと。
でもって、数名で「回しのみ」したんだが、何らかの効果があったのかどうか。普通じゃない雰囲気だけで高揚している。「大麻タバコ」が気持ちを高揚させた感じはしない。実際は、普通のタバコの味と全然変わらなかったか、いったんほぐしてスカスカだったので、味もスカスカだったような記憶がある。そもそも、そうやって吸うものなのかどうかも、わからなかった。
さて、あれは本当に大麻だったんだろうか。

ちなみに、大麻もケシも、実際はあちこちにはえているものらしい。
  1. 2008/08/22(金) 08:00:56|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

停滞

予定のない休日。
朝から読書。
何ヶ月かぶりに、ボールパイソンのおうちを掃除。顔を見るのも一ヶ月ぶりくらいか。
病院から連れて帰ったオカメインコと遊ぶ。
午後から、ホネホネ団。ちょっとのぞくだけのつもりが、人手不足みたいで、誰も手を付けていなかったピューマの肉取りをちょこっと手伝う。
帰ると夕方。映画を見に行くかどうか迷っているうちに、めんどくさくなって、女子ソフトをずるずる観戦。
かくして、1日が終わる。

うーーん、どうも、まだまだ、休み慣れしていない。
  1. 2008/08/21(木) 22:36:03|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

誰のごはん?

朝、仕事に出かけようと思いカバンを見ると、キュウリが入っている。そうそう、昨日、病院でキュウリをいっぱいもらい、一部を自宅のカメたち用にもらったんだった。野菜も、病院で鳥やカメ用に買ったのを持って帰る時がちょくちょくある。でもって、持って帰った日は忘れて、翌日、ひからびた野菜をカバンの中で発見する時が、時々ある。
ついでに思い出した。昨日は、ヘビ用のマウスも持って帰ったはず。カバンを探すが、見つからない。

いつだったか、「玄関で白いネズミが死んでいる」って、妻に言われたことがある。ふーーん、で終わらせたが、これも私が病院から持って帰ったネズミ。カバンに入れて忘れていると、夜の間にうちの猫が引っ張り出して遊んでいたらしい。

今回もたぶん猫だろうなあ。妻に内緒で、猫がねぐらにしている様なところを探ってみる。ネズミが入っていたビニール袋だけ見つかる。中身はどこかへ運んだのか、見つからない。
朝の掃除が終わっても妻はなんにも言わなかったので、目の付くところには死体は転がっていなかったらしい。一体丸々食べていてくれれば、それはそれでまあいいが、しっぽだけタンスの裏から出てくる、てな事があると、また何か言われるかも。

それにしても、一日ぼーっとしている肥満猫のくせに、こういうのだけはきっちり、よく見つけるもんだ。外でセミやヤモリを捕まえるというのも見たことがないのに。
  1. 2008/08/20(水) 08:08:16|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

やっぱり一羽

やっぱり、一羽みたいです。
けっこう、大きくなっているみたい。
DSC03308.jpg








キジバトは、糞はそのまま下にするんですね。敵を呼び込まないんでしょうか?鳥によっては、糞は親が遠くにほかしに行くと思うんですけど。

DSC03310.jpg
  1. 2008/08/19(火) 21:33:27|
  2. 仕事?野鳥|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

学会の整理

昨日、大学の同窓会のことを書いた。会報は送金を忘れても、5年間は送られてくる、って、以前、どこかに書いていたように思う。6年目から送付がストップするんだと思う。再開時に、2000円払うのか、未納分まで請求されるのかは知らないが、おそらく、請求はされても過去の分までは、なかなか払う気にならないというか、同窓会としても、取れないものは取れないだろう。

某、野生動物関連の会に入っていた。年に1,2回、A4数ページ二つ折りの会報が送られてきていた。症例報告をいつも募集していて、初期の頃は何回か投稿したこともあるが、だんだん投稿者も固定化し、内容もあまりおもしろくないので、会費の納入をやめてしまった。が、会報は止まることもなく、何回も送られてくる。封筒には平成何年から未納、との文字。単純に、会費の振り込みが無くなれば退会扱いにするべきじゃないかなあ。最後のページに会計報告が載っていたが、会員数260名ほどに、会費納入者150名、とか書いてあった。150名が未納者110名の経費負担しているって、ちょっと問題だろう。まあ、こっちが退会の意志をはっきりすればいいのかもしれないが、会費の(未)納入をその意志と考えてくれればいいのに。

かなり以前に書いたが、高校の同窓会は「上」を行く。これも数ページの印刷物を、年に一回送ってくるだけだが、年会費は3000円。同期500名ほどいるはずだが、納入者は一桁か、せいぜい20名まで。20名では同期の送付分、実質360名ほどだったかの、経費分もまかない切れていない。古い卒業生ほど納入率が高く、そちらで世話になっている感じ。平成の卒業生に至っては、ほとんど払っていないんじゃないかなあ。高校に対する思い入れが、全然違うんでしょう。

  1. 2008/08/19(火) 08:12:48|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

孵化

休み、土曜日、日曜日等で、ちょっとご無沙汰していました。
やっと幼鳥、というか、ヒナを確認しました。孵化直後から数日は、親も巣にいるそうです。親が見あたらないところを見ると、数日は経っているんでしょうか。

でも、一羽しか見あたりません。通常は2羽だそうですけど。

DSC03302.jpg
  1. 2008/08/18(月) 20:23:52|
  2. 仕事?野鳥|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

10年生きるかどうか

大学の同窓会より、振り込み用紙が送られてくる。従来、年会費2000円で年に一冊、獣医学部(私の時代は酪農学部獣医学科だった)だけの名簿と、各教室の近況を書いた冊子が送られてきていた。特に欲しいわけでもないが、まあ、年に2000円といわれるととりあえず送っておこうかと、今まで続いて振り込んでいた。3000円なら止めてたかなあ。
ちなみに、5年間振り込みがなかった場合は、送付を中止するらしい。(5年に一回振り込めば、ほぼ毎年もらえるんだろうか?そのあたりの仕組みはよくわからない。)
で、今までまじめに払ってきた人は、今年に2万円払えば、永代会員として死ぬまで会報を送るという。極めて単純に言えば、10年生きていればトントン、それ以上生きれば得、という計算か。寿命から言えば、まあ、生きている可能性の方がずっと大きいんだろうけど、そんな計算までする必要がある年齢になっているんだろうか。

10年までに死亡すれば「もったいない」。
例年通り、毎年支払うか、「得する」可能性の高い先払いにするか、毎日、振り込み用紙を前にして考えている。

  1. 2008/08/18(月) 08:32:20|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

かくして、盆も終わってしまう

例年通り、私の実家、妻の実家に墓参りに行き、食事をして盆は終わってしまう。明日(というか、今日)から再び、日常に戻る。
盆は娘、息子が帰ってきたりで、ジジババ世帯にちょっと会話が戻る。が、静かだった家庭にふだんいない人間がウロウロしていると、なんだか暑苦しくって落ち着かない。

この夏、息子は富士山登山をしてきたという。こんな行動力、息子にあったっけ?成長したモンだ。うらやましくって、いろいろ話を聞く。5合目から数時間の登りというので、まあ、体力的には(今なら)問題はないかもしれないが、優柔不断で、いろいろ理由をつけては、行けないことを正当化しようとしている自分がいる。
一人用のテントとシュラフも買ったが、使う予定はさっぱりない。

仕事一筋が悪で、趣味に生きてあちこち出かけるのが善、というものでも無いとは思うが、非日常世界をもう少し楽しんでもいいのかな、とも思う。もっとも、外泊するような非日常が楽しいかと言われると、正直、家でゴロゴロ、あるいはちょっとコウモリというのが一番好きというのも、正直なところ。
  1. 2008/08/17(日) 11:09:06|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5

大漁、と言うほどじゃないが、

DSC05409-2.jpg

本日の成果。
ユビナガコウモリから採集。クモバエという昆虫で、2種います。この虫自体を調べるんじゃなく、虫の腸管内の細菌を調べるんだそうな。まあ、いろんな趣味、じゃない、仕事があるもんです。

来週はキクガシラコウモリを捕獲して、同じように外部寄生虫を探す予定です。キクガシラコウモリは気が短く、すぐに噛みつく。(とにかく、痛い。手袋がなければ血だらけ。)最近は、ぶらさがったままバンドを付けているだけ。捕獲するのは久しぶりだなあ。
  1. 2008/08/16(土) 23:41:50|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

オリンピック

みんな、それなりに努力してオリンピックに出ているんだろうけど、メダルをもらえるのは3人まで。努力は必ず報いられるというものなら、メダルをもらえなかった人は、努力が足りなかったのか。

坂東英二だったか、「素質もないのに、いくら努力しても、あかんもんはあかん、はよ諦めて他のことをせい」、って、よく言ってた。まあ、これは野球に限る話だったとは思うが。(そういえば、野球選手にも、野村とか、長嶋とか、二世選手は何人かいたように思うが、親を越えた人材はいない、かな。特に野球は、努力だけではどうにもならんものがあるのか。)

中国なんかは、明らかに、「国威発揚」のためにオリンピックを利用し、メダルを取れる選手を国の責任でもって作ってきている。日本でも、一応はメダルを取れれば新聞も世間も喜びはするが、国策として強くなったんじゃなく、個人の資質と努力によるものが大きい、ように思う。(もちろん、一部の選手にはそれなりに、強化選手としての援助はしているんだろうけど、ガキの頃から養成している訳じゃない。)

オリンピックをダシに使って、国のためにメダルを取る選手を応援し、国民が一致団結する図はどう考えればいいのか。

国は領土があって愛国心があって初めて地球に存在する、って某氏が言ってた。
竹島は日本国の領土で、その歴史を国民に教えないで、さらに、「違法占拠」を黙ってみている国は国じゃない、って主張している。
ニッポンチャチャチャを、竹島や尖閣列島、さらには北朝鮮の拉致問題に向けるべきじゃないんだろうか。
今日は終戦記念日。本当は終戦記念日じゃなく、敗戦記念日。
日本人の愛国心が消え始めた日、なんだろうか。
愛国心が戦争を引き起こしたんで、それを薄めるような憲法を占領国が作ったんだ、と、その人はおっしゃっていた。
  1. 2008/08/15(金) 22:46:16|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

なんやら、よくわからんが、

同志社大学の知り合いから、論文をもらった。みんな英語。キクガシラコウモリの音声研究(だと思う)。
うーーん、さっぱりわからん。私が学生だった頃は、英語は敵性言語と言うことで使用禁止だった(って、それ、戦時中の話ちゃうの?ウソばっかり)。

理解できたのは、著者名の知り合いの名前だけ。
が、最後を何となく眺めていたら、

We also thank T.Hagino, M. Fukuda, E. Fujioka, M. Omura and Y. Osawa for analysis and technical support during this experiment; N. Urano for assistance in capturing bats in the field.

と書いてある。N.Uranoちゅうのは私のことか。

ネットを通じて知り合い、キクガシラコウモリを研究に使いたいと言うことで、生息地を紹介した。ただ、大阪の生息数は多くないので、某、1000頭を超える生息地を紹介し、県の許可を取って数頭捕獲、現在、同志社大学で飼育されている。

コウモリがらみでは、クモバエなどの寄生虫を東大の先生に送り、やっぱり論文で謝辞をもらっている。内容はさっぱりわからんが、自分の名前がこんな論文に出てくるのは、何となくうれしいものである。

DSC03278.jpg
  1. 2008/08/14(木) 21:39:43|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

2000円のアルバイト

いつだったか、3ヶ月間、毎日飲んだ飲料のバーコードを報告する、というアンケートがあった。昔は自動販売機でよく缶コーヒー類を買っていたが、もったいないのであまり買わなくなっていた。データが揃わないので、スタッフが飲んだジュース類もサクラで報告したりしていた。
で、それから3ヶ月ほどして、やっとポイントがもらえた。3800円分。
本を買った。2100円。
あとは、何に使おうかなあ。楽しみ。
DSC03298.jpg

また別の、高額アンケートが来ていた。2000円。
内容は、週に何回か、通勤姿と仕事中の服、休日を過ごしている服を画像で送るというもの。とりあえず申し込んだら選ばれたらしい。さて、困った。
通勤中も仕事中も休日もいつも同じ服。(まあ、仕事中は白衣ではあるけど。)
私の中には、ファッションなんて言葉は存在しない。2,3枚のジーンズとシャツを交代で着ているだけ。平日も休日も、区別はない。こんなん、報告しても信じてもらえないか、アンケートの趣旨に合致しないんだろうな。報告しても無視されるような気がするなあ。

もったいないけど、今回は無理か。
  1. 2008/08/14(木) 10:50:42|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

歯髄感染、らしい

以前、痛みがあるが噛み合わせの調節で様子を見ます、と言われた歯。その直後から今度は歯肉が腫れだす。出血したら腫れはなくなり、痛みも少なくなる。また何日か経つと腫れてくる。
痛みは少ないのでほっておこうかなとも思ったけど、やっぱりマズイだろう。といって、前回、たぶん大丈夫と言われているしなあ。これって、歯髄感染して、ろう管が出来てるんちゃうの?

歯医者に行ってみると、やっぱり予想通りで、神経はすでに壊死して、歯肉側へろう管を作っている、とのこと。さらに、歯にヒビが入っていて、歯を残せるかどうか、とりあえず努力してみます、との事だった。

この歯、よく考えると、一年以上前から痛みがあった。たまーーーに痛むけど、数日して痛みはなくなり、というのを繰り返していた。その頃からおかしかったんだ。でも、神経が死ぬほど壊死してるのに、痛みってそんなに来ないんですねえ。ちょっとした虫歯の方が、よっぽど痛い。

聞くと、たぶん40年以上前に治療した歯でしょう、との事。その頃治療した歯は、まだまだ残っている。これから先、若い頃治療した歯も「老化」していくんだろうか。
あー、うっとうしい。

そういえば、詰め物は「銀」。取り除いた「銀」って、売れないのかな。もらおうかと思いながら、言い出せなかった・・・・・。
  1. 2008/08/13(水) 22:34:40|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

毎年の事ながら

毎年、今頃になると、電話ばっかりよくかかります。
「今日はやっていますか?いつから休みですか?」って。
たしか、昨年もお盆中は、午前中診療でやっていました。ナンバーディスプレーにしているので、電話番号でカルテをチェックしますと、何年も来られていない患者さんだったりします。で、お盆中にも来られた試しがありません。

電話の数だけで考えると、盆は忙しくなるか、と覚悟をして仕事に来ますが、忙しかった試しがありません。また、逆に、ヨソが休みになって継続診療がこっちに回ってくることもマレにあります。そういうのでは病気の経過がわからないので(紹介状でも持ってきてくれれば、こっちで新たに検査する必要もないのになあと思いつつ)どこまで治療して良いのか、迷う時もあります。

毎年、「こんなんやったら閉めてもよかったねえ」とスタッフを話をしています。といいつつ、明日から土曜日までは午前中だけの診療にしています。


DSC03286.jpg



  1. 2008/08/13(水) 07:57:51|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

キジバトB

どうなっているんでしょうね。
座りだしてから22日目、かな。
孵化してるのかなあ。
DSC03277.jpg
  1. 2008/08/12(火) 14:24:35|
  2. 仕事?野鳥|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

健康の定義

そうそう、国民健康保険の、500円検診の結果を聞いてきました。
総コレステロールが246、LDLが168、HDL62。

LDLがちょっと高めで、まあ、心配ないだろうけど何もチェックするところがなければ愛想がないので、6ヶ月ごとに再検査にしておきましょうか、てな感じでした。頸動脈にエコーも当ててもらったけど、ほとんど問題なし。まあ、厳密な読み方をすればちょっと脂質の沈着があるかなあ、という程度らしいです。脳の血管も見ないより見た方がいいかも、気になるならどこそこでMRIを撮ってきたら?、とのことでした。気になるならといわれても、気になるような、ならないような。

まあ、自覚症状がないからこそ検診で何かを捜すわけでしょうけど、やっぱり病院、って、古い人間にとっては縁が薄いところで、何もないのに(検査のための採血といえども)針を刺したり、イタイ系はしたくないところであり、症状が何もない状態で、胃カメラとか大腸カメラというのは受けたくないのが心情。

家系的にガンがどうのこうのと言われれば、うちの家系ではガンでなくなった人は思い当たらない。この辺も、検診に消極的になる理由の一つ。

  1. 2008/08/11(月) 08:00:19|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

昨日の続き

昨日は、花火から帰って荷物の整理(大雨の後片づけ)とか、HPをいじくり、オリンピックを見ていたら12時前。あわててブログだけちょこっと書いておきました。今朝はそのおまけ。

今日(9日)は7時間以上の待機時間。十分気合いを入れて本を用意しましたが、結果的にはほとんど読めず。暑くて暑くて、頭が回りません。傘を差してボーと川を眺めたり、人を観察していたり。
いつも定位置に巨大な宴会場(会社関係か。まず段ボールを地面に敷き、その上にブルーシート。ついで、小さなテーブルが10数個。でもって、100円寿司?、オードブル?、様の丸い容器が並ぶ)が出来るのに、今年はありませんでした。

今年のガードマンはちょっとまじめなのが多いのか、無人シートの回収がちょくちょく見られました。さらに、少人数による大きな場所取りも注意対象になっていたらしい。一カ所、若い兄ちゃんたちがかなり大きなシートを敷いて宴会をしていました。注意されること、しばしば。そのたびにシートを少し折り曲げたり、また人がいなくなると伸ばしたり。

土手の上。昨年はかなり厳しい通行制限をしていて、座る場所のない人は通行させなかったけど、今年はほとんどフリー。おかげで、開始時間頃には通れなくなっていました。

この花火の主会場は十三側らしい。そっち側に有料席が多いし、なんやら、ステージも出来ている。知り合いが十三側で見ていたそうな。雨が降ってきたのに、傘を差すなと言う放送が、花火の最中も何度も流れたそうである。なんでやろ?観覧のじゃまになるから?ちなみに、こちら(福島側、左岸ですな)の放送は、「激しい雨が予想されています。あわてないで、冷静に対処して下さい。走ったりしないで下さい」って、2,3度流れただけ。

前日に、ちょっとしょぼい、びわ湖の花火(まあ、場所の選択を間違ったこっちも悪いけど)を見ていただけに、雨とはいえ、たいへん感激する花火でした。
一年先が待ち遠しい。さて、来年は何時から場所取りをしようか。
  1. 2008/08/10(日) 17:16:12|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ
【楽天市場】本・雑誌・コミック