FC2ブログ

毎日の院長 改め、日々雑感

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

流派

先週の土曜、日曜はホネホネ団があった。土曜日は極端に参加者は少なく、私も午前中しか空いていなかったので、ちょっと顔を出しておしまい。
日曜日は午前中仕事で、夕方からコウモリ。で、昼過ぎにちょっとのぞきに行っただけ。この日は参加者がものすごく、人であふれている。目玉はハイエナ。近くで見ると、けっこう大きい。その他、キツネ2体に、タヌキ数体、鳥数羽、あちこちで解剖が始まっていた。久しぶりに香る。

こちらではアカミミガメの骨格標本を作るとかで、ある程度除肉して次にどうするかの相談。なんの本だったか、カメの骨格標本の中に電球を入れ、インテリアみたいにしていたのを見て、それを作りたいらしい。

私も、以前、イシガメを焚いた事がある、というか、当時はそんなやり方しか知らなかった。病院中が香って、スタッフのひんしゅくを買った。某氏はパイプスルーに浸けるという。また、某女氏はその両方、すなわち、焚いてからパイプスルー。甲羅をどうするのかも問題。これはいわば、皮膚がかぶった状態。おそらく、焚くと表面ははげて、白い甲羅になる。骨格標本ならこっちが本当かもしれない。ということで、カメを目の前にしての次の相談に、私も巻き込まれる。

そもそも、こういうのに本当のやり方もくそもないわけで、みんな試行錯誤しながらやっているんじゃなかろうか。いつも言うけど、博物館のやり方と私のやり方はだいぶん違う。実習室をウロウロしているといろいろ聞かれるんだが、「流派」が違うので、どう教えて良いのかわからない。そもそも、教えるほど、私も経験している訳じゃないし。

そういえば、病院で生き物を炊くのは、もう何年もやってない、様な気がする。
根気が無くなったなあと、つくづく思う。
ヒナの骨格染色標本を作るつもりでビンにヒナ鳥を入れて固定しているけど、もう随分になる。面倒で、次の段階に進んでいない。
  1. 2008/07/01(火) 22:09:48|
  2. ほねほね団|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
【楽天市場】本・雑誌・コミック