毎日の院長

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

狂犬病予防注射

毎年、何回か書いている、狂犬病の予防集合注射。学校とか公民館で打っているもの。
聴診器を当てるわけでもなく、「元気でっか?」「打ちまっせ」で終わってしまう。注射した後で、「そういえば、昨日下痢してましたわ」、「今朝から元気ないんですよ」と言われて慌てる。
ええかげん、こんな注射方法はやめてすべて個別注射にすればいいんだろうけど、集合注射にくる犬と、病院へ来る犬は微妙に違う。病院へ来慣れている子たちはすでに個別注射に移行していて、集合注射へ来る子は一生、動物病院のドアはくぐらないだろうな、と思われる子も多い。集合注射をやめてしまうと犬社会全体の接種率が減少することも考えられ、行政としてはやめる決心も付かないのか。

インフルエンザワクチンは、昔は学校でガキ全員に接種していたけど、個別に病院へ行くことになって接種率が激減し、インフルエンザの地域での蔓延に影響している、って言われている(んでしたっけ?)。ワクチンというのは個人に対して免疫を作って病気にかからなくすることはもちろんだけど、地域の接種率を上げて病気の爆発的な流行を防ぐという意味もある。その陰で、どうしても何万人に一人の副反応があったりするんだが、インフルエンザそのもので亡くなったりする人の方が、数の上でははるかに多い。ただ、予防注射ではこういう事も起こる可能性があります、って言われると、カゼくらいなら予防注射はやめよう、と考えてしまうんでしょうね。私自身もインフルエンザのワクチンは打ったことがない。副作用が怖いんじゃなくって、お医者さんが怖い・・・・・・。

でもって、先週で集合注射の期間は終わった。今年は3回の出務。
今年は事故が少なかった、と言っていいのか。犬どおしのケンカ、首輪抜けの逃亡犬は、なし。飼い主とのトラブルもなし。ただ一件、飼い主か自分の犬にかまれて腕に穴が開いた。秋田犬で、注射をしたとたん、目の前の飼い主に飛びついて噛みついた。一見おとなしそうな犬だったんで、こっちも驚いた。秋田犬というのは表情を全く変えずに噛みつくので怖い。
獣医師どおしのケンカ、はありませんでした。

何年か前、獣医師会の長老と一緒になったことがありました。話が好きなじっちゃんで、役所の人を捕まえては雑談したり、獣医師の若いのを捕まえては説教しています。こっちは患者さん(というより、お客さん、というか、飼い主さんですな)が来れば健康状態を確かめて、注射しています。長老はいすに座ってだべっているだけ。腹が立って、金をもらうんやったら働け、って怒鳴ってしまいました。それからはよく注射されていました。
今年もそういう風になりかけた場面はありましたが、今回は黙っていました。ちょっとは大人になったかな。

あ、いつもイヤな思いをしながら注射しないでも、集合注射に参加しないという方法もあるんですけどね。日当をくれるのでそれが欲しいために、お金のために魂を売っているんです。
  1. 2008/04/30(水) 08:24:32|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

ガソリン

結局、値段が下がった初日に約70L、終わる前の28日に約70Lの、2回給油した。値下げ幅が20円とすると、2800円のセーブという事になるのか。その2800円で何をするというわけでもないんだろうけど、結局得をしたのかどうか、その分、家計が潤ったのかどうか、よくわからない。

4月は支払いの季節。国民年金の請求書、健康保険の請求書が来る。息子の年金も親が代わりに払っていたが、やっと就職したので自動引き落としをやめようと思って役所に電話する。と、自動引き落としをやめる書類を取りに来いと言う。それを持って、今度は銀行に提出だと。めんどくさいなあ。年金については、これだけ世間で騒がれているのにやることなすこと、やっぱりお役所仕事の域を出ないんだろう。

国民健康保険も抜けることになる。これも問い合わせると、一人抜けても保険料は下がるどころか、アップするらしい。どんな計算をしているんだろう?あー。腹が立つ。今の状況なら健康保険をやめて自費診療にした方が安いんじゃなかろうか。もちろん、病気にならないことを前提にしての話だが、ここ数年の状況から考えると、保険料に見合う診療は受けていない。もっとも、保険というのはその名の通り保険であって、そんな損得計算できるものじゃないんだろうが。

でもって、今度は税金が来るんだろうな。これもねえ、納税は国民の義務ではあるけれど、税金のかなりの部分が借金返済に使われ、いくらかの部分が軍事費に行く。税金を払っているのに、国も大阪府も赤字だからと、サービスが低下する。赤字を作ったのは納税者じゃなく、施政者の為だと思うけどなあ。
  1. 2008/04/29(火) 07:51:57|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:3

1000億円

新聞の拾い読み。タスポ(だったか)に1000億円、だって。
たばこを買うのに、自動販売機ではカードが必要になるんだそうな。その制度の構築に1000億円かけているらしい。「タバコ製造業」は今は民間企業なんで税金云々の話は出ないだろうけど、無駄なことだと思う。しかも、現在、カードの発行実績は予想喫煙者の1割にも満たないらしい。要するに、都会ではそんなめんどくさいことをしないでもコンビニで買えるから、かもしれない。

そもそも、なんでそこまでして規制が必要なんだろう?若者に喫煙させないということらしいが、規制すればするほどアナを捜す輩が出てくるもんで、それにつけ込んだヤツがガキ相手に闇タバコでも売るんじゃないかなあ。タスポさえあれば買えるというなら、今度はその取引が金になるのか。私だって、売れるならタスポを作って売ってもいいけど。一応HPをチェックしてみると、当然譲渡禁止とは書いている。でも、譲渡に対する罰則なんてあるのかな。一民間企業のやることで、その通達を無視したからって罰を与えられるんじゃたまらんな。また、いつどこで誰が(というか、私が)何を買ったまで監視されているって、戦時中の特高警察みたい。

タバコの害ばっかり表に出されて、喫煙者の肩身の狭いこと。自分で自分の首を絞めていることは明らかなんだから、それはそれで傍観していても良いと思うが。ハタのものがゴチャゴチャ言う必要もないだろう。勝手にすればいいんじゃないの?。まあ、タバコ関連の病気で医療費が高騰している、というのも一理あるんだろうけど、現実的な数字が出てくるのかどうか。

タバコの税金はかなりの金額になるはず。それだけ国に貢献しているとも言えるんだと思うが。今、タバコの税金が急になくなったらどうなるんだろう?たばこ産業に関わっている人たち(タバコの葉の農家、作る人、売る人)が一度に全員、職を失ったらどうなる?

ちなみに、私、19才から喫煙して、特に何があったわけでもありませんが、15年ほど前にやめました。急にめんどくさくなったというか。別に体のこととかを心配したわけでもありません。実際、タバコを吸いながら80,90まで生きている人はいっぱいいるわけで、逆に非喫煙者で肺ガンでなくなる人もいます。すべて単純な確率何じゃないでしょうか?もちろん、病気になる確率が違うとは言っても、1%のイベントであっても(99%起こらないと言われても)、それが起こればその人にとっては100%の出来事。なるようにしかならないでしょう。

タバコも酒もやらないので、それらにかける税金はどんどん増額してもらってもいいや。
  1. 2008/04/28(月) 07:54:35|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:4

よかった、のか、どうか

大阪南部でユビナガコウモリの情報が入った。それまで何回も行っていたところ。実は別目的で通っていた。何回目かに穴らしきものを見つけたけど、穴の準備はしていなかったので調査できず。たまたま某氏がその前後にそこに入ってコウモリを発見、これが第1発見となった。うーん、残念。
ここは、ダム関連施設。大阪にはこの規模のダムはいっぱいある。他を調べる必要が出てきた。

一つ目。しっかり鍵がかかっている。ただし、大きな隙間の格子なのでコウモリは不自由なく入れるはず。たぶん、いるんだろうなあ。そのうち、赤外線カメラを置いてこようか。

二つ目。鍵は壊れているので人は入れるが、隙間がない。コウモリが自分で扉を開けるとは思えない。コウモリが入れるように隙間を開けるかどうか、さんざん迷ったけど、結局は元のままに。

そして今日。構造的にはよく似ているが、そこまでのアプローチが難しい。垂直の壁のような所を、ハシゴを使っておりなくてはならない。フェンスや鍵はないが、誰も降りないのかな。ひとつひとつのハシゴ自体はそんなに長くないけど、数個降りなくてはならない。特に一つ目は数mはある。かなり長い間、その上で迷っていたけど、結局こわくてやめた。軟弱やなあ。
もう一度遠くから眺めてみる。よく見ると、大きな鉄のドアがあって、コウモリが入り込めるほどの隙間はないみたい。
あー、よかった。


昔、コウモリ調査を始めた時、見つかるのは数mだけの試掘坑だったり、縦穴だったり、水没した穴が多かった。これらは「いい穴」と呼んだりしていた。というのは、全くコウモリっ気が無ければ、再調査の必要も無いだろうということで。
  1. 2008/04/27(日) 22:25:31|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

映画2題

「大いなる陰謀」。
よくわからん、というか、それがどうした?、って感じ。大統領選挙とイラク戦争をからめた作品。例の映画評のページでは評価が高かったのでちょっと期待したけど、性に合わなかった。国民性というか、やっぱり国が違うと政治の仕組み、政治に関しての考え方なんかが違うので、ピンとこないところも多い。概して日本というのは、そういうのに関心が低い。イラク戦争も、日本もいまだに軍隊を派遣している割にみんな無関心だし。(航空自衛隊がまだ活動しているって、ご存知でしょうか?違憲判断が出ましたね。)
私的には、はずれ、20点。


「スパイダーウィックの謎」。
これって、あんまり宣伝を見ませんね。これまた映画評でそこそこだったので、見てみたもの。まあ、よくありそうな話です。ネバーエンディングストーリーとか、なんだっけ?サイコロを振って未知の世界に入り込む映画とか、そんなのと一緒。開けるな、読むなと言われると当然、開けたり読んだりしますよね。それがなければ映画は始まりません。
私的には60点。



  1. 2008/04/27(日) 08:06:07|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

会葬御礼

机の上に、会葬御礼の封書。
息子が友人の葬儀に行ったときのもの。
親が大学生の息子を見送る気持ち。いたたまれない。
ちょうど、JR事故と重なる。この時も大学生、高校生が多数亡くなっていた。亡くなった方も、いつものように子供を見送ったご両親も、何時間後の出来事は想像すら出来なかったろう。



いつもご夫婦で来られる患者さん。お父さんだけで来られた。ちょっと前、奥さんが具合が悪いって聞いていたので聞いてみると、かなり悪くって病院からも見放され、自宅療養されているとのこと。ほんの一ヶ月前、奥さんから電話をもらったところなのに。今の犬の先代からの付き合いで、10年以上、うちに来て下さっている。先代の犬を連れてこられた時のことから、その子が亡くなったこと、しばらくして次の子が来て、また楽しそうにその子の話ばっかりしておられたことなどが、次々と思い出される。


犬は見たことがあるのに、連れてきたご主人は初めて。聞くと、(まだ若いのに)奥さんが急に亡くなったので代わりに連れてきたとのこと。この奥さんとも、ほんの一ヶ月前、ここで話をしていたのを思い出す。


今日、主人の葬儀なんです。お客さんが立て込むので2,3日、この子を預かってもらえますか?と言う電話。このご主人、定年になってからはいつも一人で連れてきて下さっていた。そういえば、このご主人とも、先代の犬からの付き合いだった。


南方で零戦の整備士をやっていたという、おじさん。整備士といっても、肝心の戦闘機が無くなり、することがないのでガソリン缶に現地で捕まえたサルをほりこんで振り回し、酔っぱらうのをみんなで笑っていた、てな話をよくしてくれていた。もっといろいろ聞きたいなあと思っていたら、訃報を聞いた。

そんなに長く生きているつもりはないのに、鬼籍に入った患者さんが増えている。




この世に奇跡があるなら、文頭のご夫婦、もう一度元気になって、二人と二匹で来院してくれることを願っている。
  1. 2008/04/26(土) 08:07:46|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

ブログ休止のお知らせ

息子が大学の時入っていたクラブの後輩が、事故で亡くなりました。
私自身、彼のことを知っていたわけではありませんが、クラブの活動の話はよく息子から聞かされていました。息子にとっても、大学のクラブの仲間というのは同級生とはまたひと味違った、特別の仲間であったと思います。
また、親御さんにしても、一瞬にして息子さんを失われた気持ちというのは言葉で表せるものではないと思います。

つきましては、彼とご家族に哀悼の意を表し、当分の間、ブログを休止させて頂きます。
この件につきましてはコメントを戴きましても返信できないと思います。ご了承下さい。

  1. 2008/04/21(月) 20:44:28|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

はっきりくっきり

単焦点のメガネは2本ある。「ゆるいの」と「きついの」。「きつい」方は手術用に作ったもので、細かな作業(仕事)以外ではほとんど使っていなかった。日常的にかけても遠くは全く焦点が合わないので不便、だと思っていた。
最近、近くでの仕事以外はほとんどメガネをはずしてぶら下げるようになっている。採血や本を読む時、このメガネをかけると、「ゆるい」のとは格段に違ってよく見える。拡大率も違うのか、世間が広くなった感じ。今日は野外で1mm前後の虫を追いかけていた。うーーん、よく見える。なんで、もっと早く、こういう使い方をしなかったんだろう?でも、あまりこういうのに頼ると、老眼が進む????
たいていの病気などは動物も人もよく似たようなもんだから類推できるが、メガネの話となると、動物では必要のないものなのでよくわからない。
  1. 2008/04/20(日) 20:24:12|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

久しぶりの午前様

何ヶ月ぶりだろう?、久しぶりのオオサンショウウオ。
数日前の雨のためか、やや水量多く、ブランクが長いので歩き慣れない。こわごわ、夜の川を歩く。
で、自宅に戻ったのが1時前。久しぶりの午前様。

うーん、眠たいし、疲れた。いよいよ、年寄りにはつらい仕事になりつつある。


  1. 2008/04/19(土) 01:04:14|
  2. サンショウウオ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

タネ切れ

今日はタネ切れで、ブログは休み。

日曜日に診療をしだして土曜日に休んだりしていると、曜日の感覚が無くなってくる。
子供がいれば学校行事なんかで何となくわかるんだろうけど、もう、何年も前からジジババ世帯になっている。休日と言っても以前ほど出かけることはなくなってきたし、休みもうれしかったり、ヒマだったり。子供をダシにして(というか、子供が欲しがっていたとのこじつけで)一人用のテントとシュラフを買ったけど、使うアテもない。ちゃんと計画すればいいんでしょうけど、なんかめんどくさくなって部屋の片隅に積んだまま。ここ2,3日雨が続いたので頭の中も湿ってるのか。

  1. 2008/04/18(金) 22:56:09|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

つれづれなるままに

いつもは電車から眺めている、新今宮周辺。路上にいつもなら「露天」というか、自分の持ち物を売る店が並ぶところに、ブルーシートがいっぱい。ゴミだか、財産だかわからないものが山積みされている。街自体もきれいとは言えない。アルミ缶を満載した自転車が目の前で止まる。ちょうど、その横の店で買い取ってもらうらしい。あれだけでいくらになるんだろう?雨の中でも集めては持ち込んでいるんだろうな。

次の駅は難波。そのすぐ北には戎橋筋から心斎橋。金髪とか茶髪の、きれいな姉ちゃんが店の前で呼び込み。歩いているのも若い人が多い。そういえば今日は平日だけど、人はいっぱい。みんなヒマなんだか、忙しいんだか。立ち止まる人もいないのに店の前で姉ちゃんが商品説明や、呼び込み。仕事とはいえ、たいへんですねえ。

サクラの通り抜け。同じ名札を下げた、一件、田舎風のおばちゃんの団体が歩いている。なまっている。携帯電話で撮影しているおばちゃんもいる。ふーん、私より進んでいるのかも。屋台がいっぱい。雨でたいへんそう。あまり人も入っていないが、呼び込みに必死。この人たち、お祭りや行事のたびにあちこち行くんでしょうねえ。これまた、たいへんな仕事ですねえ。

時々通り過ぎた、商店街。もちろん、心斎橋なんかは別格。田舎(?)の、暗いアーケードの商店街。あちこち歯抜けにしもた屋がある。野菜なんかはそこそこお客さんが買っているようにも見えるけど、いつも不思議なのは肉屋。あんまり売れているようにも思わないけど、陳列台にはいっぱいの肉。あれって、古くならないのかなあ。服屋とかも、ヒマそうに奥の方でおばちゃんが新聞を読んでいたりする。こういう商店街って、店主同士が買い物をする自己完結型の商売なんかな?って思ってしまう。こういう店の人は、郊外型大型スーパーには行かないのかな。隣が肉屋なら、スーパーの安売りになんか買いに行きにくいだろうな。

まあ、歩いてみるといろんな発見があるもんです。
  1. 2008/04/17(木) 21:38:08|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:4

誰を信じるか

映画の予告編を見ていると、みんな非常におもしろそうに見える。まあ、宣伝なんで、当然と言えば当然。とはいえ、いざ何かを見ようかと思っても、これと言ってピンと来なかったり、前評判の割に人が入っていなかったりする。何でもいいや、と思って見に行って大はずれだったり、期待しないで見たにもかかわらず、非常に感激したりすることもある。まあ、自分で判断して数を見りゃいいんだけど、一応は他人様の評判も気になったりする。で、見つけたのがこのページ

ある人の評を見ていると私の感想に似ていたりしてて、それなりに納得したりするけど、同じ映画でもすごく評価が違ったりしているものもある。また、ここの「評論家?」の間でも、同じ映画で点数がすごく違うのがある。結局はここを読んでも、参考になるんだか、ならないんだか。結局は自分で見てみる以外ないんだろうな。

DSC05654.jpg
  1. 2008/04/16(水) 22:42:14|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

何を信じるか

何かの話の途中で、犬の牛乳って高いんですねえ、って患者さんがおっしゃる。
犬の牛乳?なんじゃ、それ。そもそも、牛乳というのは、牛が自分の子供を育てるためのもの。山羊なら山羊乳、人なら人乳、犬なら犬乳、(???)。牛乳自体、当然人の乳とは成分が違うけど、基本的には成分無調整で人が飲んでいる。ほとんどの人はそれで何ともない。犬にしても、猫にしても、同じように、牛の乳の成分無調整でもほとんどは問題はないだろう。わざわざ犬用に調節した牛乳って初めて聞いた。これって、ただなんやら不要な細工か鼻くそでも足して、それなりの付加価値(もどき)をつけて売っているだけじゃないの?それを信じた一部の人が宣伝を信用して、買っているだけのような気がする。獣医学的な意味合いがあるんだか、ないんだか。

ポチの水だっけ?そんなネーミングの水を売っていたような気もする。犬用、猫用のミネラルウォーターって、どんな意味があるの?これって、どこかの宗教団体と同じ。人ならまだ、信じるものこそ救われるで、プラセボ効果くらいはあるかもしれない。

超音波で蚊を寄せつけないという器械、けっこう付けてた犬がいたような気がする。これはお上が完全にインチキであるって断言した。一方、効かないという文句は全く無かったそうな。犬自体が文句を言わなかったためか、飼い主も、効くと信じて付けていた訳じゃなかったからか。こんなんにしても、売ってた側は大もうけしたんだろうな。

と言う私も、何か買う時、同じような商品が並んでいたら看板の説明とか、裏の解説を読みながらその一部分を信じて選んでいる時がある。もちろん、価格というのも大きな要素ではあるけれど、選んだ根拠を自分に納得させるというのも必要なこと。

世の中、終期末はエセ科学ばっかりがはびこる。世の中や他人に踊らされることもなく、自分の信念で生きていく必要をひしひしと感じている。
  1. 2008/04/15(火) 22:13:10|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

さすがに、忙しい

フィラリアシーズンです。毎日、採血と検査。その合間に診療、みたいな感じ。
今年はすでにフィラリアの犬を2,3頭見ている。心雑音があって散歩中に倒れるという、フィラリアの古典的な症例を見せてもらった。ふーん、今でもそんな子がいるんだなあ。
ということで、ブログはお休み。
ポチでごまかしておきます。

DSC05648.jpg

やっぱり親子か。同じ恰好で寝ます。
  1. 2008/04/14(月) 21:29:44|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

止めときゃいいのに、

土曜、日曜は、たいてい昼飯は食べない。別に欲しくないし、食べるのが面倒で。そのため、夕方に早めの晩飯を食べる時が多い。
今日は夕方、4時過ぎに晩飯(というか、中途半端な時間ですな)を食べる。メニューは焼きそばだった。実は、5時過ぎから映画を見ようかと思って早めに食べた。お茶の代わりに牛乳の封を切る。宅配のビン牛乳を取っていて、一本430cc。半分くらいでお腹いっぱいになったけど、中途半端に残すのがイヤで、一気に飲んでしまった。それからすぐに車に乗って映画館へ。
始まったとたん、気分が悪くなる。いわゆる食べ合わせ(脂っこいのと、牛乳のカゼイン?)か、単に食べ過ぎ、飲み過ぎか。

動くのも苦痛で、お腹が収まるのをひたすら待っていた。最初の30分ほど、ほとんど死んでいた。
うーん、英語だけじゃさっぱりわからん。
おおざっぱなあらすじは予告編で予習していたし、とぎれとぎれに読んでいた字幕でストーリーは、おぼろげながら理解できたが、おもしろいとか、手に汗握るとかの余裕は、ほとんど無かった。
半分過ぎた当たりから、やっと普通に見られるようになる。
まあ、単純な内容で、どんでん返しとか頭を使う場面もそうそうなく、そのままめでたしめでたしでお終い。

なんの映画って?フィクサー、と言うヤツ。まあ、すごくおもしろいというものでありませんが、こんなもんですね、という感じみたいです。

話題の(?)クローバーフィールドだったら、完全に即死しているだろうな。

あー、正月のノロを思い出してしまった。あの時も、最後に飲んだ牛乳半分が破滅の第一歩だった。

DSC05651.jpg
  1. 2008/04/13(日) 23:05:59|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:6

おどおど

金曜日の夜。
さあ、明日1日働いたら日曜日、と気合いを入れ直す。だが、日曜日は当番。都合、半日が二日続くのか。まあ、半日くらいいいや、と思ったら、「あれ、先生、明日来られるんですか?」とスタッフに言われる。勤務表を見ると明日は私の名前が入っていない。そういえば、基本的に勤務は土曜と日曜のどちらかにしたんだっけ?すっかり忘れていた。

で、急にもらったような休日。とはいえ、ここ2,3日体調がおかしい。ちょっと山に登る気分でもない。カメラも仕掛けたところで用事はない。何をする予定を立てるわけでもなく、土曜日の朝が来る。
ベッドでぐずぐずし、朝食後、鳥小屋をちょっといじくる。セキセイインコの巣箱をぶら下げる。それが終わったら、やっぱりすることもない。コンピューターをつついていても、庭をウロウロしていても、仕事をさぼって悪いことをしているようで落ち着かない。

午後から博物館で講演会があるので、先日のシカの骨等々を持っていくことにする。12時過ぎに病院へ寄ってみると、カルテの枚数がそこそこある。12時30分近くになるのに、検査や診療をしてくれている。あー、申し訳ない。
出かけているとそれなりに言い訳できるような気もするけど、家でゴロゴロしていると、罪悪感があるなあ。
休み慣れしていない、って事かなあ。



  1. 2008/04/12(土) 16:54:06|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

あっ、というまに

あっ、というまに大人に。

DSC05638.jpg

えいや、で買ったが、つがいじゃなく、雄どおしみたい。


DSC05637.jpg

こっちは雌雄はわかりません。


P4041557.jpg

この子だけ手乗り。まだ、給餌中。


  1. 2008/04/11(金) 07:57:29|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

今日の収穫

某医療器メーカー。長野に本社があり、高度の技術を持っている、らしい。こういう、地方に本社を置いたまま活躍している会社はユニークな面をもっているんだろうな。
と言いつつも、私が特にこの会社を推薦しているわけではない。数年前、あちこちの獣医師と器械のことでトラぶっていた。また、農水省とも、もめていた。獣医師とのトラブルはそれなりに落ち着いたみたいだし、農水省とは裁判までして勝訴していたみたいだったが、その印象が強くてあまり良い印象は受けていない。DMもしょっちゅう来ていて、内容をそのまま信じるなら非常にすばらしいんだが、そんなに安いものでもなく、ちょっと様子見、という感じである。

先日来たDMに、アンケートが付いていた。販促品をくれるって。まあ、どうころんでも導入するお金はないし、入れる気もない。適当に書いて送り返してみた。
で、送ってきたものがこれ。
やっぱり派手な会社なんだなあ。ティッシュ大小、ウエットティッシュ、文具数点、なんだかんだが4セットも入っていた。こんなんでも、けっこうなお金がかかっているだろうに。医者相手の、こういう商売って、よっぽど儲かるものなのかな。獣医は(こんなんで喜ぶほど)貧乏が多いように思うけど。

P4081598.jpg
  1. 2008/04/10(木) 20:17:50|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

電話2題

いつも書いていることだが、金融とかの勧誘の電話はしょっちゅうかかる。ほとんどはスタッフが断ってくれる。マレに私が受けると、「院長不在です」で切ってしまう。こっちの機嫌が悪いと返事もしないでFAXに切り替える。(たぶん、ピー、って鳴るんじゃなかろうか。)もっと機嫌が悪ければ、電話は切らないでそのまま机にほったらかしにしておく。(向こうが切るまで電話代がかかるんかな、と思って。)

「先生、アニコムさんから電話です。」
(アニコムというのは、動物保険の会社。疑いもせずに電話を替わって用件を聞くと、話がつながらない。)
「アニコムさんじゃないんですか?」
「いえ、ユニコムです。」
「あっ、そうでしたか。」
がちゃん。

「先生、○○の山崎さんから電話です。」
「いつもお世話になっています、で、なんでしょう?」
「今回、おすすめする金融の・・・・・・・」
「あれ、○○の山崎さんじゃないんですか、すみません、間違いました、(がちゃん)」
(なんでこっちが謝る??)


こういう電話はほとんど非通知。非通知拒否にすればいいんだけど、まれに非通知の患者さんもおられるしなあ。そういう私の自宅も病院も、非通知電話・・・・・・・・。
  1. 2008/04/09(水) 15:28:24|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

身辺整理

部屋の片隅に積んでいた本。国立科学博物館友の会の会報。15年分くらいあるのかなあ。
子供の部屋に置いていたが、(一時的に)帰ってきてじゃまになり、処分することに。試しにオークションにかけると、1100円で落札されました。まあ、どうしても見たくなれば、博物館に行けば全巻そろっているし、読み直してもこれといって保存する必要も無かろうかと。
いろんな会に入っていると、この手の本がどうしてもたまってきます。数年前から会を整理しだして残るのは2,3の会だけです。会報もほとんどは博物館へ寄贈しました。この会も止める時期を考えていたら、月刊から季刊に変わったのを期に、会そのものも止めることに。

迷っているのが、東京動物園協会の「どうぶつと動物園」。これは20年分以上あるのかなあ。何度も車に積みかけては部屋に戻ったりしています。当然ながら昔の記事なんて覚えていないんだから、読み直すと新鮮。ただ、記事を見て動物園に行っても、それらの動物はいないんでしょうけど。
こっちも月刊から季刊に変わりましたが、会員は続けています。

大きな会は、年会費の支払いを止めると自動的に退会にしてくれるので止めやすい。(失礼な言い方ながら、)サークルに毛が生えたような小さな会は、こちらからの申し出がない限り会員は継続されるケースが多い。で、お金は払っていないのに会報が年に何回か送られてきたりします。こういう会って、会員規則もあったりなかったりで、一方的に「首」にしにくいんでしょう。悪いなあと思いながら、退会を言いそびれているうちに忘れてしまい、突然会報が来てまた思い出す、というのを何年も繰り返していたりしています。

大口(?)で残っているのがWWFJ。年会費5000円。額は自分で決めるような仕組みで、昔は一万円以上払っていましたが、だんだん減ってきてます。こっちは会報はペラペラで、会費はほとんど寄付みたいなもの。組織が大きいので寄付したお金がどこへ行ってるのか、さっぱりわからないというのも事実。
ただ、病院にも募金箱を置いているし、純粋な寄付と考えて会員だけは続けています。


  1. 2008/04/08(火) 14:39:24|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:3

時代は変わる

ハムスターの食事を仕入れに、近くに出来た大きな商業施設を見に行く。イトーヨーカ堂で、シネマも付いているという、近頃よくあるやつ。さすがにできたてできれい。人もいっぱい。
ペットショップは犬猫(生体とその関連)だけで、他のものは売っておらず、用事は済まなかった。
このペットショップ、動物病院も併設していた。最近、多いなあ。

企業が経営する動物病院を認めるかどうか、数年前議論になっていて、獣医師が経営する動物病院の分院みたいな形なら仕方ないが、全くの異業種参戦というか、株式会社形式の病院は認めないというのを獣医師会で決めていたような気もするけど、獣医師会自体が何らかの権限を持っているわけでもないし、動物病院は届け出制(だったかなあ?許可制じゃないよなあ?)で、最近、この手の複合施設が出来るたびに、動物病院も出来ているような気がする。

まあ、獣医師の過剰が言われはじめ、(大動物臨床獣医師や、公務員関係は不足しているんだけど)確かに都会での開業は過密になりつつある。設備投資もかなりかかるようになってくると、大学出てすぐに開業というのはしんどいでしょうねえ。そうなると、こういう企業経営の病院へ就職する方が手っ取り早い、ということにもなるんでしょうか。

わたしも大学出てすぐの時は「サラリーマン。」仕事が出来ても出来なくても、一定の給料はもらえていました。でもって、最後の責任は共済組合が持ってくれていたし。
「サラリーマンは、気楽な稼業ときたもんだ」というような歌があったっけ。
まあ、技術職なんで、さいごはそのあたりが自分に返ってくるんだろうけど、個人開業のしんどさだけ考えていたら、もう一度サラリーマンにもなってみたく思ったり。

  1. 2008/04/07(月) 08:28:51|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

バイク屋か、中古屋か

病院に置いていた(というより、スタッフから借りている?もらった?預かっている?)モンキーを自宅へ持って帰った。
息子に預けていたバハが、下宿を引き払ったんで帰ってきた。就職し、研修中で持って行けないらしい。
もう一人の息子が車を貸して欲しいとかで、バイクに乗って帰ってくる。
で、バッテリーが上がり気味の、飾り物みたいな私のバイク。

「老夫婦」の家庭にバイクが4台。
DSC05646.jpg


DSC05645.jpg


DSC05644.jpg


妻にじゃま扱いされ、移動させるだけで一汗。
  1. 2008/04/06(日) 10:09:57|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

歩け、歩け

コウモリ調査へ行く。帰ると、かかとに水泡が出来かけている。そんな距離は歩いていないんだが。いかんなあ。ふだん、歩いていない証拠。まあ、運動靴ならそんなことにはならないんだけど、コウモリ調査はたいてい長靴。それでも昔は、月に何回も出かけていたので、足も慣れていた。

何年も行ってない調査地が増えてきている。初心に帰って、データを集め直すか。
でも、さんざん探し回って見つけた穴も多い。もう一度見つける自信があったり、なかったり。
データの整理とか記録が苦手で、さらに記憶が曖昧&健忘症。
せっかくのデータを埋もらせるのも惜しい気がする。だれか、引き継いでくれる人がいれば、もう一度、最初から調査し治すのも良いかもしれない。
といいながら、最近の調査は非公開にしている。事故がこわいので。

危険を承知の自己責任でもコウモリを見たい人、おられましたらご連絡を。
冷やかしお断り、データは私のも含めて、きっちりどこかへ公表して下さいねえ。



そういえば、来週からオオサンショウウオ調査が再開されるらしい。
うーん、こちらこそ夜中だし、夜ふかしは翌日にこたえる。昔は何ともなかったけどなあ。冬でも毎月、きっちり調査していた。しばらく休むと、自信がない・・・・・・。
  1. 2008/04/05(土) 23:30:06|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

困ったときの動物ネタ

この頃、ブログがさっぱりおもしろくない、でしょ?

困ったときは動物ネタですな。

P4021537.jpg


例によって例のごとく、某所に放棄→(警察に寄ったんだっけ?)→役所→ウチ、のルート。
生きてます。死にたてならミグちゃんのごはん。まあ、生きていても食事にならんことはないだろうけど、ちょっとねえ。
とりあえず受け取るのが、ものをもらうときの原則。
とりあえず受け取る、とりあえずケージに入れる、とりあえず餌を入れる、で、それから困る。一気にトリもいっぱい増えたし、スタッフにこれ以上面倒をかけるのも、さすがに気が引ける。
とりあえず家に連れて帰りました。


欲しい人、おられますか?全員メスです。
  1. 2008/04/04(金) 16:05:19|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

どこが休日?

本来、休みですが、狂犬病の予防集合注射が入る。午後1時から4時。
午前中、出かけて帰れなくなったらえらいこと。でもって、家で雑用をして昼から出かける。
4時過ぎに病院へ戻る。一応休みなんで、仕事はスタッフに任せていたけど、その他の雑用がいろいろあって、終わったのは7時過ぎ。結局、いつもの日と同じでした。まあ、ふだん出来ない仕事が片づいて良かった、かなあ。

狂犬病の予防集合注射。毎年書いていると思うけど、そろそろすべて個別注射にしても良いように思うけど。人間の方でも、学校での注射というのはなくなりました。やっぱり、診察台に乗って、聴診器何ぞを当ててから注射する方がよろしいかと存じます。
もっとも、人間の方でも、学校の注射が無くなってからインフルエンザの接種率が落ち、流行の危険が高くなっている、と言う話もあります。動物病院へ来たことのない子が集合注射会場には多いというのも事実かも知れません。集団防疫という観点から言えば、完全になくしてしまうのも危険なのか。

とりあえず、個人病院へ行ける子は病院で接種しましょう、というのが無難かなあ。

  1. 2008/04/03(木) 22:17:26|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

なんでもやめちゃえ

話題に事欠かない橋下君。
ワッハ上方もやめるって?年間2億円だったか、4億円だったか、そんな金額を聞くと確かにいらん様な気がする。そもそも、いくら場所が良いと言ったって、家賃ってそんなにするんだろうか。
大阪は笑いの原点かも知らんが、吉本の存在そのものが大阪なんで、わざわざそんなものをそんな金額を使ってまで置いておく必要はない。笑いなんて、時代と共に変わるもの。未来永劫残すものでもないだろう。
そういえば、これ、横山ノックの置きみやげ、って書いてあるブログもあった。ノックが金に糸目を付けず作ったらしい。

ちかつ飛鳥と狭山池博物館、弥生文化博物館も予想通り俎上の鯉。一緒くたにしてしまおうと思っているらしい。それぞれファンがいるし、いろんな行事をしているみたいだけど、その恩恵を受けているのはどの範囲の人たちだろう?はたして大阪府が持っている必要があるのか。正直言って、地元の人たちだけが利用しているのなら地元で引き取ってもらった方がいいのでは?いわゆるハコもの、作るのは良いけど、あとの管理とか、いずれ来るであろう修繕費とか、それをどう考えてるんでしょうね。
民間では作れないし維持できないものを、公的機関が未来のために残しておくというのはもちろん必要なことだけど、妥当な金額(維持費、運営費)というと難しい。
まあ、大阪市立自然史博物館も、いらないと思っている大阪市民は少なからずいるかもしれない。


でもって、今日、大阪府の野生鳥獣関係の部署から送られてきたもの。
すべての事業がゼロベースで、いまだに予算が付いていないので野生鳥獣救護制度がどうなるかわかりません、存続が危機的です、って。近々、獣医師会とも協議するって書いてあった。

このブログ、某行政の人も読んでくれているらしい。予算が付かないという話はその方から聞いていました。
その中で、傷害保険にも入れないでいる、云々の文言があった。要するに、救護活動での傷害事故に保険がかかっていたそうな。そんなん、聞いていたような、知らなかったような。確かに、目をつつかれた事故があったというのは聞いていたけど、そんなん、府で面倒を見てもらう性格のものじゃないように思うけど。みんな、好きで救護獣医師をやっているんじゃないかなあ。
ゴチャゴチャ言う前に、「予算が付きませんでした。すんまへん。皆さん、タダですがよろしく」、って言えばおしまいの話。救護活動のお金というのは、もらえるからもらっているだけで、もらいたくってやっているわけでもないだろうし、ボランティアというのはそんなもんとちゃいますか?

さて、獣医師会はごねるんでしょうかね。金をくれないなら事業から降りると言いかねない。ヤクザのたかりと同じような気がしますな。
  1. 2008/04/02(水) 21:19:25|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

105円

いつものスタンド。下がっていました。105円。(ディーゼルです。)70L給油しました。結局、ガソリン(切れ)マークは点灯せず。向かいのスタンドは133円。それでも、一台給油しているのを見ました。商売というのは安いだけじゃないんですね。
ここが値下げしない理由は当然、税金のかかった油は今の値段で売っていると言うこと。ということは、(おそらく)5月に税金が復活した直後は税金のかかっていない在庫があるはずなんで、しばらくは安いのかな。こんどはこっちに車が殺到するのか。
20円安くなったからと、ガソリンの消費量がすごく伸びてCO2排出がすごく伸びる、というのも考えにくいように思うけど、どうでしょう?感覚的にはディーゼルは70円か80円でガソリンは110円か120円。それから考えると、今までの価格は異常に高い。ガソリンが高くなったからと言って、CO2の排出はだんだん減少していたのかどうか。

  1. 2008/04/01(火) 22:15:36|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

休みが飛んだ

4月より、日曜日の診療をはじめることにした。今までも日曜日の朝は、仕事と雑用をしていることが多かった。それを知っている患者さんも時々おられて、予定にない診療をすることがまれにあった。それならいっそ、開院する方が親切かと。4月はフィラリアシーズンでもあるので開院する以上はそれなりの準備、スタッフも必要になる。獣医師も基本は1名のつもりだが春は2名は必要だろう。代休を取りつつも、やっぱり勤務日は増えるかもしれない。

先日、狂犬病の打ち合わせ会があった。予定表を見ると木曜日に2回ある。木曜というのは、貴重な私の休日。出務はお昼なんで、朝に片づけて午後から遊びに行くというのも出来ない。午前中に遊びに行って午後に遅れるというのも許されない。中途半端な予定が入ってしまい、頭では出来そうにない雰囲気。日曜日の担当、2回と併せて、休日がいくつか無くなってしまった感じ。
まあ、所詮は「自営業」なんで、仕方のない話か。

そういえば、狂犬病の打ち合わせ会。最初に会長の挨拶。なんやらわからんが、グダグタ関係のない話をしゃべり出す。おもしろくないので爆睡してしまった。夢の中で、夜間診療がどうのこうの、といっている。どうも、堺市獣医師会で夜間病院を受け入れる(経営する)という話があるらしい。起きていた方が良かったかな。でも、今日の会議はそんなことを聞く会ではないはず。それならそれで議題に入れといてや。
狂犬病の方は、毎年のことでなんの変わりもないはずなのに、「バナナはおやつですか?ごはんですか?」的な質問が出る。大学を出て国家試験を受けた獣医師とは思えない質問が多い。
もっとも、どんな会議でも一言言いたい輩はいるわけで、実を言うと私もそんなたぐいの一人だった。
最近は完全におとなしくなって、部屋の片隅でひたすら寝る方に回っている。
  1. 2008/04/01(火) 08:14:14|
  2. 仕事:犬猫|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
【楽天市場】本・雑誌・コミック