毎日の院長

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

本日3000円

3000円の商品券が送られてくる。以前、電話でアンケートの依頼があり、それに応じると書類が送られてきて、それに答えた謝礼。処方食関連のアンケートだった。
電話での「アンケート」や「無料のお誘い」は非常に多い。たいていは、もちろんインチキ。で、たいていはスタッフが断ってくれる。このアンケートは第6感で「儲かりそうな」気がして受けたもの。一応は勘が当たっていたと言うことになる。

商品を使ってみて感想を送る、というのにひっかかったことがある。なんかイヤな予感がしながら受けたもの。翌日だったか、数日後だったか、なんかわからんもんが送られてきた。その時点で、これはやばそう、と思い直し、受け取り拒否。結果的にはそれで終わってしまった。本当に「やばい」仕事だったのか、こちらの思い違いだったのかはわからない。

受け取り拒否というと、「DMはいりません」というハンコが病院にある。ヒマな時は、DMにはこのハンコを押して投函する。郵便物は差出人に戻り、その送料は差出人が負担する。郵便屋さんも儲かってうれしい、のかな。
いつだったか、知らない会社から郵便が来たので送り返した。2,3日後、その会社から電話があった。「あのー、郵便が帰ってきたんですけど、先日のアンケートの謝礼だったんですが、ご不要でしたか?」
あ、そういえばそういうのがあった。すんません、手違いです。謝礼、欲しいです。
で、またまた送り返してもらった。


P3231468.jpg

今、がんばっているアンケート。毎日何を飲んだか記録して報告するというもの。
事前調査で、「よく買って飲んでまっせ」って答えたから選ばれた、らしい(と、思っている)。確かに、かなり以前は缶コーヒーばっかり飲んでいた時期がある。ケースで買って病院に置いてあった。
最近はほとんど飲まないが、選ばれた以上はそれなりの回答が必要かもしれない。バーコードを記録せよ、とのお達しなので、スタッフが飲んだ分までとりあえずバーコードを記録している。買った日はもちろん、買わなかった日も飲みたくなったという事実でもって、時々飲んだ(つもり)で報告している。
3ヶ月のうち、2ヶ月が経過した。あと1ヶ月がんばれば、ん千円がもらえる可能性がある。

そうそう、座談会への参加の依頼、というのも時々ある。1回1万円近い謝礼が出る。怪しいものではなさそうだが、それには参加したことはない。
  1. 2008/03/31(月) 21:46:25|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

ひとつ、私たちは・・・・・・

母が大回り乗車でびわ湖一周をしたいという。「モデルコース」(というか、列車時刻というか)の問い合わせがあった。奈良在住なんで、奈良から柘植、草津、びわ湖一周、大阪、王寺、てなコースになる。最初に、「期待ほどおもしろくないで」って釘を刺す。私の場合、体調が良くなかった為もあるけど、考えていたほどおもしろくなかった。ただ遠いだけで、乗り換え時間も微妙に短く(けっこう、接続が良い)、田舎の駅でのんびり列車待ち、と言うのもなかった。駅弁云々の話も読んでいたけど、待ち時間が中途半端で買い損ねた。長い待ち時間では売店がなかったり、狙っていた米原では待ち時間がなかったりした。楽しかったのは最初の1時間ほどと、びわ湖西側の雪くらいだったなあ。びわ湖の東西で天気がすごく違うのには興味があった。
母は、ぼちぼち桜の季節なんで、それを狙っているらしい。まあ、木津川沿いにはちょっとあったような気もするが、よく覚えていない。

で、昨晩、時刻表とネットで時間を調べてみる。ふーん、列車時刻って、やっぱり変わるんですねえ。古い時刻表では(さらにこれ、ポケット版で、いくつかは間引いているらしい。)役に立たない。いくつか列車を選び、仕事に行ったついでに駅の窓口の時刻表で確認してきた。

9時過ぎだったかなあ、時刻表をめくっていると奥の方でいきなり大きな声で、「ひとつ、私たちは・・・・・」の合唱(?)が始まった。朝礼で、社訓、みたいなもんを全員で声を出して読むんですね。
「私たちは平成何年、何月何日の列車事故を忘れないで、・・・・・(文言は正確には覚えておりません)」と言う文言もありました。
最後は、ありがとうございました、申し訳ございません、等々で締めくくり。
まあ、意識改革というか、客商売の意識を持ってと言うことなんでしょうけど、うるさいくらいに聞こえてくると、ちょっと迷惑だったりして。

私の世代、国鉄で育ってる世代にとっては、駅で「ありがとうございます」、や、「おはようございます」って言われるのには、いっこうに慣れませんねえ。郵便局の接客にもなかなか慣れませんし。

ちなみに、高校生の時の恩師は、国鉄のことを省電と呼んでいました。
  1. 2008/03/30(日) 14:32:49|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:11

ガソリンは下がるの?

結局、ガソリンは4月1日から下がるんだろうか?(スタンドがそういう対応をするのかどうか。)
メーターがEに近づいている。まあ、スタンドに寄って聞けばいいんだろうけど、もう少し我慢してみるか。

新車はガソリンがほとんど入っていないって、知らなかった。大学生の時から車は乗っていたが、友人のお古を買ったりしていて、新車を買ったのは就職して2年目だったか。台数にして4台目、ということになる。北海道の田舎に住んでおり、買ったのは札幌。営業所で車を受け取り喜んで帰ろうとしたら、途中でガソリンのランプがついてびっくりした。
あのランプ、何十年と車に乗っているが、点灯させたのは2,3回だけ。いつだったか、車の雑誌で、点灯してからどれくらい走れるか試した結果が載っていたけど、肝心の中身は忘れてしまった。(最近、そういうのが多いなあ。文献なんかでも、読んだ記憶はあるが内容や、どの雑誌だったかが思い出せない。机の整理をしていても、どこかにしまった記憶はあるが、どこだったか思い出せなかったり。)
ガソリンを常に満タンで走っていると、その分車両重量が重くなって燃費が悪くなる、って話もあるが、急に遠くへ出かけたとき、知らないところで高いガソリンを買うのも腹が立つので、いつも同じところで半分を切ったら入れている。 今回は入れ損ねているうちに今の時期になってしまった。

2年前だったか、ある本で、新車を買う時は値切るだけ値切って、おまけを付けてもらって交渉が成立したら最後に、ガソリン満タンで納車してもらいましょう、というのがあった。妻が車を買う時にその通りにやったつもりだったが、ガソリンは真ん中あたりだった。押しが弱かったのか、こちらが負けたのか。

  1. 2008/03/29(土) 12:52:58|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

ゆがんだメガネ

どうも、メガネがしっくりしない。何度も書いていると思うが、最初に単焦点のメガネを使い、ついで遠近両用を使っていたが、最近はもとの単焦点に戻っている。遠くは見にくいので鼻メガネにしていたが、最近はひもでぶら下げるようにした。と、ものをかついだときに胸にぶらさっがっていると、たいへんじゃまになる。

先日、何かを持ったとたん、足下にレンズが転がった。フレームがゆがんだみたい。このメガネはイタリア製というふれこみの、金属の細い枠。それとなく枠を整形しレンズをはめ込む。一応は止まっている。しばらくすると、耳当ての棒部分が気になり出す。どうもゆがんでいる雰囲気。なんとなく元に戻す。今度は2枚のレンズの角度が気になり出す。目との距離が一定ではないみたい。鼻当て部分で曲げたり、伸ばしたり。
最終的に、元の形がどうなんだったかもわからず、どんどん変形しているような気がする。簡単な構造のように思うが、難しいもんである。

やっぱり、「セルロイド」のごつい枠の方がゆがまないのでいいのかなあ。
  1. 2008/03/28(金) 08:26:10|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

500円

大阪府南部のダムに、赤外線カメラを設置していた。今日、回収に行くと、ダムサイトの駐車場に、駐車料金500円、の看板が下がっている。どうも、サクラが咲いたら駐車場が有料になるらしい。なんじゃ?それ。
そのつもりでダムサイトを歩くと、確かに、ずらーーーーー、と桜が植わっている。

ここはダム湖の両側も道路になっているし、奥には焼却場や葬儀場まであって、道路は規制されていない。道は当然細い。シーズンになるとここまで車が入り込んで、通行できなくなる雰囲気。そのための場内整理の人件費でもひねり出すのかな。
まあ、確かにサクラを眺めるのは楽しい。が、テレビで見るようなどんちゃん騒ぎは当然、好きじゃない。なんでみんな、おとなしく眺めて時間を過ごすというのが出来ないのかなあ。
  1. 2008/03/27(木) 22:20:17|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

もったいない

ティッシュというものがある。昔でいう、ちり紙か。でも、ちり紙はトイレででも使っていたが、ティッシュというのは水に溶けないので水洗トイレでは使うな、と、昔言われたことがあるように思う。今はどうなんだろう?
と言うのはよけいな話で、確かにちょっとしたことに便利なものではあるが、本当に必要なのかどうか、不可避の使い方がされているのかどうか、いつも疑問に思っている。雑巾で代用できるならその方が環境に優しいのではないか。また、あの大きさが絶対に必要なのかどうか、疑問に思うことが多い。

病院という環境から考えて、確かに使い捨てというか、病原体を拡散させる可能性があるなら、雑巾より使い捨てる紙の方が安全ではあるけれども、ちょっとした水分を取ったり、鼻くそを丸めるのにまで使うのが妥当かどうか。前者なら手で拭いてその手をズボンになすりつける、後者は指ではじいて空中にほり投げる、と言うのが正しい、とは思わないけど、必要なのはほんの何平方cmくらいで、ティッシュ1枚の何分の一かで済むと思う。まあ、そういう意味ではトイレットペーパーを必要なだけ引き出す方が良いと思うが、あちこちにトイレットペーパーを置くというのも見栄えが悪いわけで、確かに真ん中からペーパーを引き出して使うように細工したホルダーもあるけれども、病院では使用していない。

あるメーカーのティッシュは横にちぎれやすいので、必要ない時は少しだけちぎりつつ使用している。とあるメーカーのは繊維が横向きで、縦にしか切れない。これはちぎりにくい。

町で配られているティッシュがたまってくると病院で使う時もある。面積から言うとたぶん小さいんだろうが、それでも十分使用に耐えられる。また、こちらの方が必要な量だけちぎりやすくって使いやすかったりする。


そういえば、子供の頃は、当然ティッシュなんかなかった。トイレには長方形の、くすんだ色のちり紙が四角いハコの上に積んであった様に思う。今でもああいうの、売っているのかなあ。
ついでに言うと、当然、当時はボットン便所。なぜだか知らないが、うんこがうまく貯漕の方に流れずに便器の下に「積もる」時があった。くみ取りを頼むときもあるし、あまり貯まっていないときは親父が長い棒を突っ込んで、漕に方に移動させていた。

小学校では検便というのもよくあったなあ。当時のような和式なら、便器の後ろに新聞紙を敷いてそこにとりあえず少量を出す、残りは普通に便器に、てなやり方だった。必要最低限の量を新聞紙に出すというのが高等技術。それを「マッチ箱」に入れて学校に持って行く。教室では先生がビニール袋を持って待っていて、名前を確認して回収する。
今みたいな洋式便器なら、どうやってうんこを採集するんだろう?そもそも、検便って、まだやっているのかな。(そういえば、うちの子供はそんな事、やっていなかったように思うなあ。あ、シールを貼るのはやっていました。あれは蟯虫。いつだったか、子供がひっかかったことがあります。家族間での感染もあるとのことで、家族全員で薬を飲みました。この薬も、病院にあったのを適当に飲みました。あ、もう一つ思い出した。小学校の検便があってしばらくしたら、何人かだけ呼ばれて、チョコレート味の、黒い薬を先生からもらいました。今から思うと、駆虫薬でしょうね、きっと。なんの虫だったんでしょう?)

  1. 2008/03/26(水) 07:57:40|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:4

日本に住んでいると、宗教がらみの紛争や、民族間の争いというのは理解しづらい。イスラエルの問題も正直、私はじぇんじぇん理解出来ていない。そういえば、高校の世界史なんかでも、そういう歴史は教えてもらわなかった。今から思うと、そういうのこそしっかり教えるべきなんじゃないかなあ。

と言う問題はとりあえず置いておいて、今回のチベット問題。これも十分理解しているわけではないけど、やっぱり民族の弾圧という面が強いように思う。これに対して、いつもながら国は無反応。まあ、いろんな問題でチベットどころでは無いと言うことかもしれないけど、あまりにも無関心すぎる。国が反応しないなら国民レベルでの抗議行動というか、とりあえず聖火ランナーの辞退でもすれば男が上がる(って、なんか使い方がおかしいような気がする。箔が付く?、これもちょっと違うか)のに、星野さん(だっけ?)も萩本欽一氏もそんな気配はない。私にとってのご両人の評価はがた落ち。もっとも、萩本氏は昔から性に合わないけど。

と思って、一応聖火ランナーを確認してみると、まだまだ「有名人」がいっぱい「出演」するんですな。誰一人として辞退しない様子。まあ、政治をスポーツに持ち込むなと言うのはただの大義名分で、中国自体が国家掲揚のためオリンピックを誘致し、都合の悪いところはひた隠しにしている。
報道機関自体も、片一方ではチベット問題で中国を非難しつつ、次の「スポーツコーナー」ではお祭り騒ぎ。もっと一貫した立場を取れんのかな。






  1. 2008/03/25(火) 08:05:09|
  2. 未分類|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

託児所

病院で飼っていたセキセイインコが死んでから、しばらくたちます。
先日、チャボを頂きました。急に鳥が恋しくなり、また飼いたくなりました。

一つ育てるのも、複数を育てるのも手間は同じ。複数いる方が保温という意味では有利かもしれない、ということで思わず「各種取りそろえて」買ってしまいました。
毎日にぎやか。毎日かわいい。
P3211455-1.jpg
  1. 2008/03/24(月) 21:23:20|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:3

使えぬカレンダー

先日の研究会で配られたお土産に入っていたもの。
カレンダーというか、予定表というか。

P3231473.jpg

うーーーん、読めんぞ。

表紙裏に付いていた地図。
P3231471.jpg


わかります?中心はフランスです。


フランスの獣医さんを講師に呼んでの研究会でした。処方食のメーカー主催で、そのメーカーがフランス本社?だったかなあ。
フランス人は英語を知っていてもしゃべらんと聞いていたけど、この講演会は英語でした。よくわからんかったけど、普通の英語に聞こえました。(要するに、フランスなまりには聞こえなかった、と言うこと。もっとも、なまっていてもわからんとも思うけど。)

ご入用の人、差し上げます。
ご連絡下さいませ。

あ、忘れてた。
片側は読めないカレンダーで、反対側やあちこちに、全ページ、犬猫の写真が付いています。これだけを楽しむなら十分利用可能です。
  1. 2008/03/23(日) 20:53:13|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

109円と4000円

カードの請求が来た。個人輸入した薬の、代金の請求があった。
1ドル109円。
今なら100円か。900ドル買っているので日本円で8000円ほどの差。こう思うと非常に大きい。
急ぐ薬じゃなかったので一月遅らせればよかった、というのは誰でも思うことで、先のことがわかっているなら、馬券でも宝くじでも、みんな、結果がわかってから買いますわな。

阪神高速の請求が入っていない。
コウモリはたいてい高速を使っている。ということは、先月は調査に行ってないのかな。本来は冬眠中の方がバンディングもしやすいし、冬にだけ見られるコウモリもいる。1年以上見ていない穴も増えてきた。ちょっとさぼり過ぎか。

映画は1本だけ。


コピー機を結局買い換えた。以前の機械の処分費も含め、8万円。納品書が来たので支払い時まで使い込まないよう、お金をよけておいた。税抜きの8万円。よけたお金が80400円。
パッと考え、84000円をいったん袋に入れたが、税金が4000円もかかるの?そんな高いか?あっ、計算間違いか、400円ちゃうんかなあ、って封筒に入れ直したお金が80400円。
今日来た請求書を見ると、84000円。
電卓を使ってまで何度も何度も計算し直したけど、やっぱり税金は4000円らしい。うーーん、高いなあ。改めて腹が立ってきた。
  1. 2008/03/23(日) 09:58:57|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

コウモリ・休憩モード

油断していると、もうすぐ4月。4月はコウモリの捕獲許可が切れる月。
キクガシラやユビナガなどの普通種は、府県から捕獲許可をもらう。以前は京都、大阪、兵庫から許可をもらっていたが、最近は大阪、兵庫だけ。有効期間が一年間なんで、毎年結果の報告と新規の許可が必要になってくる。
昔は博物館から推薦状をもらっていたが(といっても、文を書くのは私)、この頃は名前が売れてきたのか、推薦なしで許可が出るようになった。それでも書類関係はいろんなのが必要で、おまけに様式が時々変わる。その都度、書き直したり、送り直したり。あー、面倒。

実は明日、調査の予定を入れていたのに仕事と雑用で行けず。友人に頼んでしまった。ずいぶん、コウモリから離れているような気がする。テングコウモリは今の時期だけなんで、もう少しデータを集めないとあかんのやけど。

ちなみに、オオサンショウウオは特別天然記念物なのに、許可は3年間有効。
  1. 2008/03/22(土) 21:45:06|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

明日への遺言

昨日の映画。やっと見に行けた、「明日への遺言」。
あさ、9時30分からの映画で、しかも公開からずいぶん日にちがたっているのに、そこそこ人が入っていた。予想では数組だと思っていたが。今日は何とかの日で、1000円均一。そのため混んでいる、と言うことがあるんでしょうな。
まあ、あんなもんですか。宣伝とか、解説を読んでいたのでストーリーが読めすぎてちょっと興ざめ。といっても、真剣に聞いているとそれなりに(やや)感動もの、かな。


映画が終わると、最近は隣のゲームセンターへ寄る。半券でコインが何枚かもらえる。どうも、ああいうのは全く性に合わない。もらったのはそのまま妻に渡し、ボーっとゲームを眺めているだけ。しかし、オバハンからガキまで、けっこういっぱい人が入っている。あんなんの何がおもしろいんだろう?もっとも、もちろんコインがいっぱい貯まれば楽しそうだが、換金出来るわけでも無し、最終的にはなくなるんとちゃうの?なんだか、むなしさだけが残るというか。
まあ、妻にしてもタダなんで遊んで帰るだけで、お金をつぎ込むことまではしない。うまくいけば30分ほどの暇つぶし、はずれれば5分ほどでお終い。


そういえば、「明日への遺言」を見た直後なんで、よけいにそう思うんでしょうな。「退廃的」ということばがずっと頭をよぎっていました。
  1. 2008/03/21(金) 00:15:13|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

夜の研究会

薬屋主催の研究会が帝国ホテルであった。夜の7時から。休日でも診療している病院があるのでこの時間にしたのか、でも、診療しているとすれば夜7時か、8時までというパターンが多いけど。
最近にしては珍しく、「派手」な研究会だった。会場は広いし、軽食、ケーキ付き。各テーブルにホテルのにいちゃんがコーヒーを入れて回っている。まあ、帝国ホテルという段階で、かなり金がかかっているんだろう。最近は、こういうのは少なくなったなあ。

いわゆるバブルの時代は、メーカーが競ってホテルでの新製品発表会というか、研究会をしていた時期があった。講演の後、立食パーティー。着飾ったおねえちゃんが飲み物を配ってくれたり、吉本の芸人を余興で呼んだり。参加者一人あたり、1万円とか、2万円とかいう話を営業マンが話していた。そうそう、そういう時代はお土産も立派だった。ジバンシーの筆記具、何とかいうブランドの傘。それらは今でも使っている。
今日のお土産は商品サンプルに、磁石。まあ、無いよりましか。



携帯で撮ったけど、もひとつですね。
  1. 2008/03/20(木) 23:56:31|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

目撃者

とあるホームセンターの駐車場。車内で、買い物をしているスタッフを待っていた。
目の前を、あちこちがへこんだ車がゆっくり進んできた。高齢者マークが付いている。その先は行き止まり。駐車スペースに止めるわけでもなく、通路に止まる。しばらく止まっていたが、奥さんとおぼしきおばはん(極端な年寄りではなかった、年寄りマークって、何歳からだったろうか。運転手もそんなに年寄りには見えなかった。)が店から出てきて車に乗り込んだ。

今度は帰るためだろう、ゆっくりゆっくりバックして行った。T字路の真ん中をバックしている感じ。お尻をどちらかに振って帰るんだろうと思っていたが、一向にハンドルを切る気配がない。まっすぐ下がった所に1台分の空きスペースがあり、そこへいったん入って、曲がって出て行くつもりらしい。でも、ほんのわずか、50cmほどラインがずれている。
あのままじゃぶつかるだろうが、運転席側から後ろを見ればわかるはず、と思うまもなく、2台の車が揺れる。助手席からおばはんが降りて後ろをのぞきに行き、ついで運転手も車から降りる。
で、もう一度車の位置を直して、駐車場から出て行った。

ぶつかったのは確かだが、バンパーどおしでたいして痛んでいなかったのか、それでも今の車ではそれなりの傷は入っているはず、と思いながら駐車場から出る時その車を見てみると、バンパーは思い切りへこみ、フェンダーもゆがんでいる。(相手は軽4、乗用。けっこう、きれいにしている車。)あれじゃわからないはずはない。あまりにも痛んでいたのであわてて(って、あわてている風でもなかったが。あわてて出て行く技術があれば、ぶつからなかっただろう。)逃げたんだろうか。

真っ昼間の駐車場で人の出入りも少なくはなかったが、気が付いた人はほとんどいなかった様子。私が一部始終見ていたことも運転手は気が付いていない。(というか、そこまで周囲の状況がわかる人なら、そんな運転はしないだろう。)出て行きそうな雰囲気の時、注意しに行くべきだったんだろうか。
人身事故でもないし、車両保険にでも入っていれば保険は出るだろう。まあ、運が悪かった、としか言えないか。
自分の車だったら当然腹が立つだろうけど、当事者でなかったのは事実。


安全ベルトのチェックでもしているんだろう。信号を曲がったところにお巡りさんがいる。当然、あまり目立つところには立っていない。黄色信号になっているが左折なんで大丈夫と思ったのか、車が曲がっていった。曲がったとたんおまわりさんの姿を見て驚いたらしい。急ブレーキを踏んだ。そのすぐ後ろに車がつて来ていて、一緒に左折しようとしていた。で、前の車が急停車したもんだから、その車に追突。(私は反対車線で見物していた。)


免許の更新に警察署に行くと、おっさんがお巡りさんにいろいろ聞いている。奥さんが免許の更新らしいが、講習会の会場がどうなっているか知りたいらしい。奥さんは足が悪くて、少しの段差も歩けないそうな。歩けないけど運転は出来る。なんだか、わかるような、わからないような。
  1. 2008/03/19(水) 23:11:30|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:4

いまいち

昨日、歯の型を取って、今は仮に埋めているだけ。そこが違和感があって気持ち悪い。
さらに、以前痛かった反対側が本調子ではない。やっぱり痛みがある。
口の中というのはとにかくうっとうしい。
うーーん、ブログを書く気にもならん。
  1. 2008/03/18(火) 21:12:35|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

仕事

日曜日、病院で仕事を片づけていたら、なんやら声がする。何気なく表を見ると、道路向かえの携帯屋のお姉ちゃんが、マイクを持ってなんやらしゃべっている。ただひたすらしゃべっているが、人はほとんど通らんし、明らかに誰も聞いていない。(あ、私は聞いていた?)そもそも、おっちゃん、おばちゃんの買い物客が多いので、この手の商売はこのあたりでは需要が少ないと思うが。しばらくすると声がしなくなったんで引っ込んだんだろうな。
上司に言われてしゃべっていたのか、こういう事って自主的にするのか、あるいは店長だったのか。仕事というのはたいへんですねえ。

映画を見に行く。最近、ここの映画館は注意事項(?)、携帯電話がどうのこうのとかを従業員が、上映直前にしゃべりに来る。きっちりお辞儀をして、そこそこ大きな声でお客さんを見回しながらしゃべっていく。今日の兄ちゃん、ボー、っと入ってきて頭だけペコッ、ぼそぼそ、なんやらつぶやく。でもって、またペコッ、っで帰ってしまった。あきらかに逆効果。
仕事というのはたいへんでしょうけど、こういうのを雇う?指導する?のもたいへんなことでしょうな。

DSC04452.jpg
  1. 2008/03/17(月) 08:04:20|
  2. 未分類|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

よみがえれ大阪の淡水魚

博物館で講演会。
「よみがえれ大阪の淡水魚」

大阪と言っても、50種ほどの淡水魚がまだ生き残っているらしい。といっても、風前の灯火、みたいな種も多い。やっぱり、ダムと堰が非常に問題。特に、風船ダムに問題が多いのかもしれない。
中小の河川に、ビニールみたいなもんでふくらませたダムがある。本来は田んぼなんかに水を引くために、一時的に川をせき止め、水をためるもの。必要が無くなれば空気を抜いて本来の川に戻すべきだが、ほったらかしにしているらしい。結果的に、よどんだ池がいくつも出来ることになる。当然、水質は悪くなり、魚は全くいないんだとか。川に漁業権が無くなり、文句を言う人がいないのも原因だとか。

イタンセンパラはじめ、ものすごく多様だった淀川の魚。今は壊滅状態。これも、河口堰で川自体が巨大なため池状態になっているのが原因。水位が上昇し、ワンドの多様性が失われている。水位を自然に任せて上下させる必要があるが、ここでも取水設備の問題があるらしい。急には水位は下げられないとか。さらに、河川敷の公園利用のため、本流を掘り下げていること。洪水が全く無くなり、河川の浄化機構が働かない。そういえば、オオサンショウウオを調査していた時も、非常に小さな河川ながら、通常は一年に2,3回、大水でいろんなものが流されていたのに、温暖化の影響もあってか、台風や大雨が無くなり、ヘドロやゴミが溜まりっぱなし、って話だった。

魚を守れ、だけでは一般市民への啓蒙も難しい。食料として魚をみれば、市民の認識も変わるかも、と言う意見も出ていた。淀川では商業的にシジミを採るようになっているし、大和川にもアユが登るようになっている。まあ、大和川産のアユ、と言っても今なら誰も食べないだろうが、いずれそういう時代が来てくれればいいけど。
そういえば、道頓堀川の水泳大会、と言う企画もあったはず。
  1. 2008/03/16(日) 18:26:41|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

昨日の映画

土曜日の映画。
「魔法にかけられて」
ディズニーの映画。まあ、おもしろかった。
「明日への遺言」もどないかなあと思っていたけど、そろそろ上映回数が減っていて時間が合わず。
「バンテージ・ポイント」もいずれはみたい、かなあ。

いつも思うが、いわゆる「シネコン」、どうやって内部のチェックをしているんでしょう?入り口を入ってしまえば中はどこへ行ってもわからない?まあ、そんな事をやっていると、朝一番に入ってしまえば一日中、あちこちの部屋に入って時間をつぶせますね。当然、観客数を毎回チェックしてるのかなあ。

チケットはいつもネットで買っていきます。ポイントが付くので。ついでに、他の映画の「売れ数」もチェックしてみると、全く売れていない映画もありますねえ。実際、終わりかけの(つまらない)映画に行くと、2組、3組という事が度々あります。二人だけ、というのは経験していません。
誰も観客がいない時はどうするの?って質問がネットに載っていました。遅刻する人用に、10分ほどは上映するそうです。それで誰も来なければ止めるんだそうです。
  1. 2008/03/16(日) 09:50:47|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

ブルートレイン

いつも書いていることだが、鉄道なんかが廃止されるたびに、惜しむ声、ちゅうのを報道で流す。最後の切符なんて、何十秒で売り切れだとか。
そもそも、儲からないからやめるわけで、常時乗車率100%ならたぶん生き残っていたんじゃないかなあ。あんたが毎日乗っていれば廃止しないで済んだんやで、と思ったりする。

18切符で電車には乗っているが、鉄道の旅行というのはあまりやったことがない。嫌いなわけではないが、やっぱり時間的な要素が大きい。(あれ?、18切符の旅と矛盾してますなあ。)
「自営業」を始めてから長期の休暇というのはめったに取れなくなった。休日を有効に利用するには、やっぱり飛行機での移動になってしまう。子供が小さかった頃は年に一回だけの北海道旅行だけを楽しみにしていた。それも知らぬ間に無くなってしまった。

スタッフが増えて気分も仕事も余裕が出てきた。老後の楽しみに、旅行というのを加えていってもいいのかな。とはいえ、性格的にはやっぱり飛行機で飛ぶ方が性になっているような気もするが。
  1. 2008/03/15(土) 08:34:16|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

踏んだり蹴ったり

踏んだり蹴ったりという言葉は、どうも正確じゃないような気がする。しっかり語源を知っている訳じゃないが、自分にふりかかる災難を言うなら、踏まれたりけられたりじゃないかなあ、と、昔から思っている。

子供に車を貸す。さて、どうやって出勤?天気が悪いとは言っていたが、だんだん晴れるんだと思っていた。で、バイクで行くことにしたが、250ccの方を久しぶりに動かそうと思ったら、バッテリーが上がっている。仕方なく、モンキーで病院へ。

昼に博物館の特別展の、内覧会へ行く。時間的に午後の診療に食い込む。少しでも早く帰れるように(天気も回復傾向と信じて)、バイクで行く。行く時はほとんど上がっていたのに、帰りは豪雨。

病院のストーブが動かない。2,3日前にもおかしくなっていたが、その時はたたくと復活した。今回は何をしても動かない。

湯沸かし器が使えないという。確かに、火がつかない。たたいてもダメ。ガス、火が絡むので、あまり無茶は出来ないと思いつつ、とりあえず(わかるわけ無いだろうが)フタでも開けてみるか。
何故かわからぬが、火がつくようになった。

博物館の特別展、恐竜ラボ。本日は内覧会と言うことで、マスコミと、招待客、さらに、博物館友の会の当選者だけに公開。主催者の親玉が直々に展示解説してくれる。よくわかった。
実は、招待券を一枚持っている。展示は今日にあらかた見てしまった。売れるなら売ってしまおうか。オークションをチェックしてみる。今の相場は一枚200円くらい。200円じゃ、手間ばっかりで面倒なだけ。素直にもう一度、入ろうか。

P3101401.jpg

本人は喜んでいる、ようには見えません。
  1. 2008/03/14(金) 22:27:17|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

新しいおもちゃ

ご存知のように、赤外線カメラを山にかけて楽しんでいます。デジカメタイプはタイムラグが大きくって、何も写っていないことがよくあります。洞穴にかけていた時は入り口でちょっとのんびりしてくれていたのか、いろいろ撮れていましたが、何もない山中では写らない場合がよくあるみたいです。
カメラタイプはタイムラグがないので撮影効率はいいはず。セットで3万円ほどであります。で、どうせ手間は同じなので、カメラタイプを買って2方向で撮影を試みることにしました。
今置いているデジカメのチェックを兼ねて今日、設置に行ってきました。詳細は本家HPで。

P3111404.jpg
  1. 2008/03/13(木) 14:58:39|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

サクランボ

庭のサクランボが満開です。



  1. 2008/03/13(木) 14:45:00|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

愛読者プレゼント

ワールド牧場の入場券。突然入ってきたおっちゃんが、さっと置いていきました。通常、1000円のところが無料、だそうです。そういえば、以前にももらったことがあります。動物霊園を作ったのでその宣伝を兼ねて動物病院にご挨拶、てなもんでしょうか。あまり、営業熱心じゃないのか、挨拶も何もありませんでした。

いつだったか、チケット屋に行くとこの券が山積みされていたのを見たことがあります。500円だったかなあ。一枚100円で「卸して」も、すごい枚数があるのでいくらか儲かるかな、と思ったことがあります。まあ、結局は良心がじゃまをして(?)持っていくことはしませんでしたが。今回も一応、そういうせこいことはせず、病院で配ることにします。
ちなみにネットで調べると、やっぱり、いっぱい出品されています。入札はほとんど無し。相場は何枚でもまとめて100円以内。

で、もったいないのでこの券、ブログの愛読者の方にプレゼントします。ご希望の方は個人メール、あるいは管理人向けのコメントでお送り先をご連絡下さい。送料もサービス致します。
なお、駐車場は1000円、って書いていました。風呂もある(風呂の人は駐車場無料)そうです。



関係者各位。業務連絡です。
博物館の動物の部屋に、20枚ほど預けておきます。どうぞ、勝手にもらって下さい。
足りなければ連絡して下さい。
  1. 2008/03/12(水) 20:08:52|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

オークション

久しぶりのオークション。
たのまれて、みさき公園の入園券を落札。一枚200円。これで、大人と子供(二人)が入れる。正規では大人1000円、子供500円。
そういえば、昨年だったか、私一人で入ったときはネットで割引券を入手して800円で、喜んで入ったぞ。知っていりゃ、先にこっちで券を買ったのに。
ちなみに、相場は200円だがあまり売れていない。入ろうとする人が少ないのか、ほとんどの人が「新聞の景品」なんかでもらっているのか。

通信用の切手。額面の93%。チケット屋なんかでは98%とかなんで、まあまあのところか。ハガキも買ったが、こちらは80%以下のものもあった。ちょっと得した気分。

子供に頼まれてカレンダーの出品。200円で売る。売れたのはいいが、お互いの連絡がうまくいかず何度もメールのやりとり。入金を確認したり、曲がらぬように梱包したり、手間ばっかりかかる。コーヒー一缶買うか買わないか程度の金額。まあそれでも、世の中に200円があちこちに転がっている訳じゃない。気持ちだけ、もうかった、と思っておこう。

カメラの充電池。ソニーのサイバーショットというのを洞穴で使っていた。一時、フラッシュが光ったり光らなかったりした。不安なので新しいカメラを買うと、よくある話で、古い方が調子が戻ってきた。ただ、バッテリーが弱って、十分と持たない。使い勝手はこちらの方がずっと良い。新品を買うと6000円ほどする。買うときっと再び、本体が壊れるんだろうと思って買いそびれていた。
一時は新品でもよく出品されていたが、使えるカメラが減ってきたのか、最近ではほとんど見ていなかった。久しぶりに探すと一件だけ発見。無事落札。半額ほどで買えた。

とある本。雑誌だが、関西では売っているところが少なかったらしい。先見の目があったのか、子供は数冊買って一冊は手元に置き、残りをオークションで売った。定価以上の値段で売れた。今回、残っていた本を出品したが、前回の1,2割の価格でも売れない。やっぱりタイミングというのが重要。
部屋の片隅に空き箱がある。中にはチョコエッグが詰まっている。一時、私も子供も妻も所有していた。ブームはほとんど去っていたが、根強いファンがいるらしく、2,3年前に出品してもそこそこ売れた。子供のも取り上げて売ってしまった。残るのは妻の分。箱に入っているだけなんだから、いらないのなら売れと言うが、置いておくという。結局、売りそびれたような気がする。

P2271382.jpg
  1. 2008/03/11(火) 08:31:59|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

完成

友人に作ってもらった検査テーブル。
上にマットを張って完成しました。試運転はやっぱりうちのワンコ達。


  1. 2008/03/10(月) 20:37:01|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

鳥の会 総会

年に一回(普通、そうですわな)の総会。けっこう、楽しみにしています。
特別講演は、外来種のイラガが鳥の補食によりその数をかなり減らしている、てな話。また、冬にイラガの繭を食べるために鳥が都会に進出してきているということも証明したいらしい。確かに、シジュウカラやコゲラが最近、都市公園にも進出してきています。まあ、イラガと鳥の関係がそんなに簡単な関係だけで増えたり減ったり、ということもないんでしょうけど、おもしろそうな話でした。

で、私の発表。30分の時間をもらいました。2006年に病院に来た動物、ということでスライドを作り、その話をしましたが時計を見ると10分ほどしかたっていません。あわてて、以前作ったヒナコウモリのスライドを持って来ました。それも5分ほどで終わってしまいました。招待講演がなければしゃべろうかと思っていた動物救護のスライドを引っ張り出し、残りの時間を埋めました。
うーん、講演の時間配分、って難しいですね。おまけに、しゃべろうと思っていたこともいっぱい飛ばしてしまい、反省ばっかり。
来年はもっと準備してこよう、って、来年も懲りずに、しゃべる気になっているのか。
  1. 2008/03/09(日) 22:48:14|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:8

USJ

6日の木曜日。
週に一回の、(ほぼ)完全の休日。(日曜日はたいてい、9時前に病院へ来て雑用を片づけている。)

3月末までのチケットをもらっていて、歯痛騒ぎで出かける予定もなかったのですごく久しぶりにUSJへ行きました。
休日に行けば必ず満車の某駐車場。半分くらいは埋まっていたかな。午後からでも悠々駐車できました。チケット売り場も人は少なめ。それに反し、入り口は若干の人の列。人が多くて並んでいるのではなく、おそらく人件費の節約で入り口の数を制限しているためでしょう。

パーク内も閑散というものではありませんが、どちらかというとヒマそうでした。小学生の団体(とおぼしきグループ)が目立っていました。
アトラクションの待ち時間、人の数の割に長いものがあります。スパイダーマンに至っては80分。もっと人がいっぱいでも、前は20分ほどで入れたはず。どうも、動かす台数を絞っているみたい。これも人件費とコスト削減のためでしょうか。なんだかなあ。いまさら並ぶ気もせず、前を素通り。
新しいアトラクション(といっても一年以上たってしまった)のジェットコースターはとても乗る気にもならず。パレードもあるわけじゃなし。なんやら、新アトラクションの準備が行われていましたが、3月中旬予定、ってなっていて、これまた見れず。

まあ、いったん冷めてしまった恋というものは、こういうモンなんでしょう。
ETとターミネーターに入り、ウォーターワールドを見て時間は5時。他にすることもなく、早々に帰ってしまいました。
昔の楽しさはどこへ行ってしまったんでしょうね。
こっちが変わったのか、USJが変わったのか。
  1. 2008/03/08(土) 08:08:10|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

うーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーん、

皆様にご心配をおかけしました歯医者の経過です。
(あ、長くなるかも。)



うーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーん、まいった。




左下顎の大臼歯、1番目が欠けて歯医者を予約しました。こちらには痛みは全く無し。
予約は一週間先。
それから3,4日過ぎた5日だっけ、右下顎大臼歯が痛み出しました。おまけに発熱。37.8度。
風邪の症状は無いし、他に発熱の原因は思いつかないので、歯髄炎から来る痛みと発熱と勝手に診断しました。で、適当に痛み止めと抗生剤の内服。このあたりの経過はブログに書いたとおり。

実は、この歯、2,3年前にも同じような痛みが来たことがあります。その時は熱が出るとか、食事が出来なくなるほどではありませんでした。数日の痛みがあっただけで、そのうち忘れてしまいました。

今日、診察してもらい事情を話しましたが、歯髄炎は無いだろう、との話。歯の発熱は37.5度まで、だそうです。顎まで腫れるような炎症でもその体温以上になることはまず無いそうな。

奥から順番に金属でつついていくと、やっぱりこの歯だけかなりの痛みがあります。でも、あちこちのぞいたりつついたりこすったりして、結果としては前記の通り、歯髄炎の可能性は低いだろうから、今確認のためにもっといじくり回すより(今ある詰め物を取ってみる、ということかな、って勝手に解釈しました。)、かみ合わせの調節だけするので数日様子を見れば?との事でした。
要するに、器質的な変化はなさそうなので特にすることもない、という事かな、とこれまた勝手に解釈しました。

でもって、最初の欠けた歯の処置をして、最後に一応レントゲン、ということで今日の診療は終わりました。レントゲンは最後に撮ったので、結果は聞いていません。

帰ってからどうなったって?
やっぱり痛い。
思わず、またまた勝手に痛み止めの内服。

痛みの原因について、あるいは対策については聞きそびれました、というか、「様子を見ましょう」「はい」で収束させてしまいました。



「なんとなく元気がないんです。」と、犬猫が連れてこられることはよくあります。当然、犬猫はしゃべらないので、患者さんの話を聞き、診察し、あちこちさわりまくって異常を探し、必要があれば(というか、大抵は)採血し、検査します。診察だけで原因(と思われるもの)がわかる時もあれば、血液検査で異常を見つける時もあります。が、視診、触診、血液検査だけでは原因がわからないことも多くあります。そうなると、「何ででしょうねえ」「わかりませんねえ」と、なってしまうのが正直なところ。
で、そういう時はとりあえず点滴何ぞをして2,3日様子を見ると元気になる、あるいは逆に、異常点が表に出てくる、てな経過を取っていきます。

原因がわからなくっても痛みがあるならとりあえずそれに対応するのか(要するに対症療法)、原因がわからない以上、中途半端に治療しないのか(根本療法しかしない?)、どうなんだろうと思いつつ、モヤモヤしたまま今の時間を迎えています。

骨折を他の病気に間違う例は少ないでしょうけど、内科的な疾患では医者によって診断が違うことは(おそらく)多々あるでしょう。そのためにも最近は、セカンドオピニオン、サードオピニオンという事が言われています。お医者さん自身も勧めていることです。
そういう意味でも意固地に一つの病院に通うのではなく、一応別の先生にも診てもらうのも方法と思いつつも、こういう仕事をしていると親戚や知り合いから、「こんな症状で近くの獣医さんを受診したらこういう事を言われた、これで合ってるの?他の獣医さんに行った方がいい?」って聞かれると、よほどの事がない限り、「どこいっても同じやでえ」って返事をしているし、また、実際、転院例を診察していても、前の獣医さんと診断、解釈が同じ事はよくあることです。

転院や誤解の大きな部分は、言った、言わない、とか、説明不足、とかが大きな要因でしょう。今回は当然、こちらが納得するまでこの痛みの原因を聞いて対応を聞いておくべきでしたが、
「まあ、様子見ましょうか」
「はい」
でお終いにしてしまった当方に非があるような気もします。

「痛みの追求」のため、「さらなる痛みを伴う検査」を受けたくなかったという「潜在意識」、痛ければ「適当に薬を飲んでしまおう」、時間が経過すれば「なるようになるだろう」、という安易な姿勢。



結果的に、やっぱり歯はまだ痛い。
(あ、実際は「歯」が痛いんじゃ無くって、他の原因からの放散痛かも。そうなると歯医者じゃなく、内科の領域?)
  1. 2008/03/07(金) 22:08:02|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

きっちり、お休み

食事は噛まないとおいしくない。晩飯を残す。食事を残すなんて、何年ぶりだろう?
昨晩も熱が出て9時前から寝る。

9時になるのを待って歯医者に行く。

「研修のため休診します。」

まあ、世の中、そんなもんですか。

別の医者に行けばいいんでしょうけど、特に歯医者となると知らないところに行く勇気がありません。
昨晩よりは痛みはややまし。また痛み止めでお茶を濁しつつ、明日を待とうか。


以前勤めていた大阪市内で、歯医者に行った。知り合いに聞いて行ったんだが、予約制でもないしいつもすぐ見てくれるという。診察室に入ると看護婦さん(歯科衛生士?ただのお姉ちゃん?)が診察台に寝ころんで編み物をしていた。
その日一度だけ受診して次からは別の所へ行った。
そんな病院、紹介せんといてや。

とある歯医者へ行った。診察台の横にアルコールランプがある。器械を焼いて消毒するんだろうか。何をしていたんだか覚えていないが、アルコール綿花にその火がついて、あわてたお医者さんだったか、お姉ちゃんだったかが、その綿花をほりだした。それが私のズボンの上へ。
何が起こっているのか、理解できないでいたが、その瞬間、お姉ちゃんが横にあるコップの水をぶっかけた。火が飛んできたのも水が飛んできたのも一瞬のことで、その見事さに、怒る前に拍手をしたいくらいだった。
でも、その日からそこへは行かなくなった。


小学校の夏休み前。
歯科検診の用紙をもらう。夏休み中に治して、お医者さんのサインをもらって2学期に提出する、というやつ。
その頃は、診察台の横の仰々しい大きな機械にモーターが組み込んであり、ベルトで手元のドリルを回す、という形式だった。あの音と振動、今思いだしてもおぞましい。
当時は歯医者もそんなに多くなかった。毎年、同じ歯医者に通っていた。夏休みごとに通うというのも、今から思うと「ふだんの管理が悪い」せいだったんだろうが、年中行事になっていた。親から医者に行くように言われるのがどれだけイヤだったか。「今日でおしまい」といわれるのが、どれだけうれしかったか。
その歯医者は今でもある。代は息子に変わったらしい。
子供の時の記憶が残っている。
二度と行きたくない。
  1. 2008/03/06(木) 10:25:24|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:5

絶不調

歯痛。欠けたところではなく、別の歯。見た目は普通。大昔に処置した歯。
発熱。最近、熱なんて出すこと無かったが。(こないだのノロでは出たなあ。)頭が頭痛で痛い。

歯髄炎でも起こしているんだろうか?

予約は金曜日。金曜まで持つかな。気が弱いので、予約なしで飛び込む勇気が・・・・・。
まあ、いよいよ困ったら明日にでも行ってみよう。
とりあえず、痛み止めと抗生剤を飲む。こういう事をしているからいかんのだろうなあ。
  1. 2008/03/05(水) 08:13:06|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
次のページ
【楽天市場】本・雑誌・コミック